ゼロ魔SS投稿掲示板




No.35339の一覧
[0] 【オリ主,ルイズ魔改造】あらゆる方向に顔をむけた使い魔【チベットの禅師国王を召還】[山田太郎](2013/12/19 16:34)
[1] プロローグ 「運命の子」(11/22 増補改題)[山田太郎](2013/12/19 16:33)
[2] 第一話 勧請と調伏の儀(サモン・サーヴァントとコンクラクト・サーヴァント)[山田太郎](2014/01/18 15:16)
[3] 第二話 異世界からの訪問者(改訂)[山田太郎](2012/10/26 17:22)
[4] 第三話 禅師国王猊下の使命[山田太郎](2012/10/28 13:32)
[5] 第四話 ガンダールヴ、覚醒 !?[山田太郎](2012/11/13 20:53)
[6] 第五話 伝説の目覚め[山田太郎](2012/11/14 00:12)
[7] 第六話 爆発魔法のひみつ[山田太郎](2012/12/28 14:36)
[8] 第七話 “魔法学院”の午後[山田太郎](2013/01/05 22:14)
[9] 第八話 “始祖の宝剣デルフリンガー”の最期[山田太郎](2013/01/20 14:22)
[10] 第九話 怪盗フーケ、参上![山田太郎](2013/01/18 19:10)
[11] 第十話 破壊の杖[山田太郎](2013/01/28 18:15)
[12] 第十一話 ヴァリエール公爵、娘の系統を知る[山田太郎](2013/02/22 11:31)
[13] 第十二話 ヴァリエールとツェルプストーの宿怨[山田太郎](2013/03/14 00:15)
[14] 第十三話 和寧公主の憂鬱[山田太郎](2013/03/02 22:09)
[15] 第十四話 アルビオンへの旅立ち[山田太郎](2013/05/13 18:38)
[16] 第十五話 ワルドとカンドーマたち[山田太郎](2013/05/13 03:09)
[17] 第十六話 ラ・ロシェールにて[山田太郎](2013/07/14 00:42)
[18] 第十七話 アルビオン王家の最後の晩餐[山田太郎](2013/07/14 00:07)
[19] 第十八話 (準備中)[山田太郎](2013/07/13 00:56)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[35339] 【オリ主,ルイズ魔改造】あらゆる方向に顔をむけた使い魔【チベットの禅師国王を召還】
Name: 山田太郎◆c8b14625 ID:55a6cbb5 次を表示する
Date: 2013/12/19 16:34
【タグ】オリ主,ルイズ魔改造

【本作の紹介】
本作品は、もし才人くんのかわりに、チベットの国王でもある(あった)、とある高僧が使い魔として召還されたら……というお話です。

ルイズ嬢がチベット密教を修行したら、彼女の魔法能力がどのように発現し、成長するであろうか、というテーマについて、いかにリアルに描写できるかがもっとも力をこめて書きたい部分です。

○チベット密教を、ご都合主義により変容させることなくいかにリアリティーを保ったまま描写できるか。
○そのうえで、いかに原作の系統魔法+虚無魔法の設定とうまくすりあわせができるか

を目標として、取り組んで参りたいと思います。

             ※                ※

【この作品のスタンス】(方針)(2012/10/03 05:44策定)

(1)本作品はフィクションです。主人公としては、いくつかの宗派の歴史上の禅師国王さまたちや、身分を隠してチベット諸地方を漫遊し、悪領主や悪知事、悪荘園長たちを成敗した水戸黄門みたいな大摂政などのひとびとの事跡を参考にしてモデルにしますが、この物語そのものはあくまでもフィクションです。
(2)タイトルの「あらゆる方向に顔を向ける者」は、観音さまの別名です。
(3)モデルにした(する)人物は、具体的には、実在の人物としては、まず、ダライラマのうち「偉大なる」という形容詞が着く方々3名および6世(本物)、パクモドゥパの大司徒さま、サキャパのパスパ法王、ドゥクパのシャプトゥン猊下など歴史上の禅師国王さまたち、サパンなどの大学者、大摂政やミワン・ポラのような政治家など。また架空の人物としてはアク・トンパ。この物語の主人公は、このような人々を合成した、架空の禅師国王さまです。(2012.10.8改)

(4)モデルを追加。ミラレパとその師匠マルパ。(2012.11.9) 玄奘三蔵と孫悟空。(2012.11.12)

(5)モデルを削除。ダライラマ6世(本物)はモデルから外します(2012.11.22)
(6)禅師国王猊下のお名前を「ダールミカ・サッタールーハ・サムドゥラ」に変更(2013.12.19)

********
最終更新:2013.7.13「第十七話 アルビオン王家の最後の晩餐」を投稿
更新履歴:
2013.6.11「第十六話 ラ・ロシェールにて」を投稿
2013.5.13「第十五話 ワルドとカンドーマたち」を投稿
2013.4.2 「第十四話 アルビオンへの旅立ち」を投稿
2013.3.1 「第十三話 和寧公主の憂鬱」を投稿
2013.2.22 「第十二話 ヴァリエールとツェルプストーの宿怨」を投稿
2013.2.17 「第十一話 ヴァリエール公爵、娘の系統を知る」を投稿
2013.1.28 「第十話 破壊の杖 」を投稿
2013.1.18 「第九話 怪盗フーケ、参上!」を投稿
2013.1.14 「第八話 “始祖の宝剣デルフリンガー”の最後」を投稿
2013.1.5  「第七話 魔法学院の午後」を投稿
2013.1.4 予告編全6話を分離し、【チラ裏】板の「イザベラ殿下、インド魔力を召喚!」に収録
2012.12.16〜2012.12.28 予告編全6話を投稿
2012.9.28 第1話「プロローグ」を投稿

*************
【予告編】全7話+α

魔法が苦手だったルイズは仏法の奥義を究め、神通力を駆使して大暴れ。虚無にも目覚めて、もう無敵。“世界扉”で十万八千里をひとまたぎ。お師匠は【使い魔】ガンダールヴだけど、仏法の奥義をルイズに伝えた後は、荒事はぜんぶルイズが担当しちゃうので、東方へ仏典を求める旅にでます。ルイズはアル・ロバ・カリイエ諸国も巻き込み、ジョゼフの野望、教皇ヴィットーリオの陰謀を粉砕し、ハルケギニア2300万の民を救うためがんばります。

2013.1.4 全7話を【チラ裏】の「イザベラ殿下、インド魔力を召喚!」に分離・移転
2013.1.22 新しいお話「ルイズ、アンリエッタを追放する!」を【チラ裏】「予告編」に投稿

*********************

上記でも述べていますが、この作品の主人公は「歴史上の実在・非実在の人物を合成した架空の禅師国王」です。各話で実際にモデルモデルとした人物は次のとおりです。今後随時列挙します。( 2013.2.14)

プロローグ:
 【ダライラマ14世】1940年に即位したチベットの法王。
第一・二話
 【ゲンドゥンチュンペー】20世紀半ばの僧侶、学者。チベットではじめて近代文献学の手法により仏教文献を研究した。またチベット人ではじめて敦煌文書を使用して歴史書を執筆。
第五話
 【ダライラマ五世】1616年ダライラマに即位。1642年、25才のときダライラマ位がチベットの法王となり、以後歴代のダライラマは「チベット国の法王」となった。

 全体の雰囲気としては、弟子が強力な神通力を以て師匠につかえるマルパとミラレパ、玄奘三蔵と孫悟空みたいな方向でいきます。


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025454998016357