ゼロ魔SS投稿掲示板




No.2213の一覧
[0] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/11/06 00:43)
[1] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2009/01/02 19:21)
[2] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/05 19:34)
[3] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/08 10:32)
[4] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/14 19:42)
[5] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/22 21:47)
[6] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/06/18 01:31)
[7] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/06 18:23)
[8] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/04 03:09)
[9] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/26 01:10)
[10] アナザーストーリー・IF・全開・偽螺旋剣編。[愁雨](2005/07/06 20:36)
[11] アナザーストーリー・そうして魔剣は主と出会う。[愁雨](2005/07/17 22:52)
[12] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/24 18:43)
[13] アナザーストーリー・そして世界は歪む。[愁雨](2005/07/19 00:07)
[14] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/08/07 20:12)
[15] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/11/07 02:10)
[16] アナザーストーリー・雪風と微熱[愁雨](2005/11/11 23:51)
[17] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/11/20 13:40)
[18] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/12/02 00:34)
[19] アナザーストーリー・メイドさんと赤い外套・接触編[愁雨](2005/12/14 07:09)
[20] アナザーストーリー・メイドさんと赤い外套・接触編[愁雨](2005/12/22 01:37)
[21] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/15 16:20)
[22] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/28 23:06)
[23] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/02/14 23:06)
[24] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/04/16 17:32)
[25] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/04/05 22:25)
[26] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/06/19 01:24)
[27] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/01/10 01:32)
[28] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/01/23 18:30)
[29] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2009/01/02 21:35)
[30] アナザーストーリー:胸革命と称された少女の出自[愁雨](2009/01/02 21:30)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[2213] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)
Name: 愁雨 前を表示する / 次を表示する
Date: 2005/05/08 10:32




「・・・ねぇ。エミヤ。あなたが何処から来たのか。それを教えて。それだけじゃないわ。聞きたい事がいっぱいあるの」


そう。訊かなくてはならない。
この人はどんな存在であるかを。
本来、ハルケギニアの生物を召喚するはずの【サモン・サーヴァント】
それに応じて現れたこの赤い騎士の事を。
そう。訊ねなくてはならない。
ハルケギニアの住人でないのならば
一体どんな場所からやってきたのか。
わたしは。ルイズ・ド・ラ・ヴァリエールは。
彼の主たらんとするならば。知らなくてはならない。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――

英霊・魔法・虚無


ルイズのその言葉に私はこう応える。
ベッドの渕に腰をおろし見上げる形で私を見るルイズに相対する。

「ふむ。奇遇だな。私も知るべき事があるからな。信頼関係を醸成するのにお互いの疑問を解消することも大切だろう」

そう。知らねばならない事はたくさんある。
正式な形での召喚で無い以上、この身は『世界』に接続し情報を得る事はかなわない。
ならば、私をこの場に引き込んだマスターにその義務を負ってもらう。
これぐらいはしてもらっても問題あるまい。

「では、マスター。そちらからの提案だ。まずはこちらが君の疑問に応える事にしよう」
「・・・なら、エミヤは何者なの?あなたは自分を指して『英霊』と言っていたわ。【サモン・サーヴァント】はね。元来は
この世界の生物しか召喚できないはずなの。私、この世界に英霊なんて種族の生物がいるなんて聞いた事が無い」

ふむ。そこが疑問か。
聡明な少女だ。その一つの問いで『英霊エミヤ』を知る事が出来よう。
だが、しかし。この世界にはこの世界のルールがあろう。
したがって、私の知る世界法則での説明をしてもこの少女には理解出来まい。
ならば、異なる法則を翻訳して彼女にわかる形で説明せねば。

「ふむ。英霊とは・・・実体無き魂のみの存在。そうだな。人が辿り着き得る結果の可能性の一つとでもしておこうか。この世界にも『伝説に語られる存在』がいるだろう?それと同じ者だと理解するのが一番早い」
「伝説に語られる存在?始祖の魔法使いブリミルの事?」
「まぁ、解り易い例が浮かんだのならそれで良い。そういった存在が人の信仰を得て上り詰めた現象。それが英霊だ。最もこれは一般的な例だ。中には亜種もいる。私はその後者に分類され「守護者」とも言われるな」
「しゅごしゃ?なにかを守る人の事よね?」
「そうだ。人を滅ぼすあらゆる災厄に立ち向かいその災厄の打破を担うもの。それが守護者だ」

そう。私の有り方がそれだ。
人々を守る為ならば世界すらも敵に廻す。アラヤの尖兵たる者の有り方。

「私が守護者になった理由は・・・やりたい事があったから生前、死ぬ間際に【世界】と契約したから。その命を対価として【世界】に対して奇跡の執行を願ったのだよ。今、君の前にいるのはそのなれの果てだ」
「・・・【世界】と契約?」
「私の知る世界ではな。選ばれた資格を持つものがそれを許される。その命を対価に、その死後を譲る代わりに成し得ぬ奇跡をなすことが許される。こちらの世界にはその図式は無いようだがな」
「・・・こちらの世界にその図式がない?どうしてそう思うの?」
「簡単だ。この世界に【世界】の意思が明確に存在しているのならばその尖兵たる私はそれを知覚できるから。だが知覚出来ない。おそらくは【世界】に意思があっても人に積極的な関与をするのではないのだろうな」

あるいは。英霊とは違った形での抑止の存在を所有するか。

「・・・よくわからないけど、人間とは違う存在なのね?」
「ああ。そのとおりだ。人の上位存在程度の認識で構わんよ。神秘に対する造詣が全く違うからな。下手に理解しようとすると君の理性を破壊する事になりかねん」
「疑問は残るんだけど・・・じゃあどこから来たの?」

そうだ。英霊を語るのであれば座の説明もしなければならない。
さすがに神秘に対する造詣が根底から異なる世界だ。
あちらの世界では説明せずに済む事を、理解出来るようにそれでいて侵食しないように教える必要がある。
ルイズはこの世界の住人である以上、この世界の神秘に従わねばならないのだから。

「英霊は『座』と呼ばれるところにその意識の集合体がある。君の前にいるのはその複製体だ。我ら英霊は成すべき任を負い現界する際に座にてその複製を作り送り出すのだ」
「『座』?そこがあなたのいた場所・・・?」
「そう。ありとあらゆる次元から切り離され時間すらも有り得ない場所。それが『英霊の座』だ」

・・・その答えを聞いたルイズの顔が青くなる。
何故だ?この座の説明に何か彼女に関係することがあるのか?

「ルイズ?どうした。気分が優れないようだが・・・?」
「…違うの。契約する前に思い出すべき事を思い出したの・・・」
「何をだね?」
「ごめんなさい・・・多分、あなたをそこに帰してあげることが出来ない」

…座に帰還できない?ああ、別にたいした事でもないが・・・何故だ?
彼女はその青ざめた表情で俯きながら言った。その理由を。

「【リターン・サモニング】。送還の術式なんだけど・・・これにはある条件があるの」
「ある条件?何かね」
「・・・『執り行なう者が対象となる存在のいた場所を知覚し理解している事』。あなたがいた場所の事を理解し知覚している人なんて・・・貴方しかいない。執行者と送還対象が同じ存在ではこの術式は成立しないの」

なるほど。確かにそれでは私は戻れまい。だが・・・
その程度の事で彼女が気に病む事などあるだろうか。

「・・・なるほどな。それでは私は確かにもどれんだろうさ。だが問題は無い」
「どうして?戻れないのよ?」
「別に大きな問題は無い。守護者としての任からも解放された自我意識有りの現界だ。原因こそはわからぬがほぼ実体に近い器も与えられた。ならば精々楽しむ事にするさ」

そう。問題は無い。だから私は軽い口調で言ってやる。
この複製体である身の上を座に戻す為に彼女が気に病む必要などどこにも無い。

「・・・ほんとに?」
「ああ。この身は本来肉体無き魂で構成される霊的存在だ。肉体と言う唯一のモノに縛られる事が無い。故にありとあらゆる時間にあらゆる世界に呼ばれうる。こうしている今でも、『別の私が別の世界』での任に就いている事もある。この場に受肉した肉体で存在している私にはそれを知覚出来ないが、座にある本体には記録されているだろうよ」
「本当に人間じゃないのね・・・」
「・・・こわくなったかね?」

それも仕方あるまい。この身は英霊。
如何に受肉した肉体を与えられたとは言え、人間とは根本が異なる。
異なるモノに恐怖を抱くのは当然の事だろう。未知の恐怖は踏破するには厳しいものだ。

「・・・違う。怖いなんて思わないわ」
「ほぅ。何故。私は人間とも違う異能の存在。それが怖く無いと?」
「当然よ。だって、何より契約を結んだ以上は貴方はわたしの使い魔。その使い魔を恐れるなんて事は御主人様として有り得ないことだもの」

クッ。何たる事。彼女は強い。
自らの使い魔であるなら、それが如何なる存在でも恐れる必要が無いとまで言い切った。
凛。君を見ているようだ。
君と同じように、彼女もまたこの身を御するに相応しかろう。

「・・・良い答えだ。ならせいぜい期待を裏切らないでくれよ。マイ・マスター」

○●○●○



「さて・・・すこし話し疲れたな。紅茶でも淹れてくる。ここらで一息入れるとしよう」

私は話を切り場を立つ。
これ以上は私の生前の事になるからだ。英霊となり長きを経た私はかつての記憶を鮮明には思い出せない。
場面場面の重大事が記録として残る程度。あとは人名。そこにあった筈の過ごした日常は朧げだ。
そして、愚かだった頃の自分。だがそれでも間違っていなかった自分。
確かに答えは得たが・・・これを人に語り聞かせる事が出来るほど誇れるわけでもない。
そう。衛宮士郎が愚かであった事実は変わらない。

私の存在は大まかではあるが理解出来ただろう。
次は此方の疑問に答えてもらわねばなるまい。
推測出来る事はある。
一般常識含む社会通念等は大きく剥離してはいまい。恐らくは文明レベルとして中世欧州。
この世界に溢れる膨大なるマナがある故に『神秘』が普通となった世界。
魔術があるが故に科学や文明が発達しない稀有な例。
だが、魔術観を含めた神秘の造詣は大きく異なっているようだ。これを自らの知識とすり合わせねばならない。

ルイズは元からこの世界の神秘に属する者である。故に私の知る神秘の観念を押し付ける必要はない。
英霊エミヤは別の世界の神秘に因る存在。故にこの世界の神秘を僅かなりとも理解せねば力を振るう事が出来ない。

「さて。ルイズ。受け取りたまえ。君の分だ」

思考展開しながら淹れた紅茶を彼女に渡す。
もはやこの手の作業は、知識で理解するのではなく魂が覚えている。

「・・・っん。ありがとう・・・あ、おいしい。これ部屋にあった紅茶の茶葉?」
「ああ。すまんな。勝手に使わせてもらったが・・・気にいって貰えたようで安心したよ」

不思議なものだ。この手の嗜好品の種別は大して違わない。
恐らくは名称が少し違う程度なのだろう。

さて、これからは私が訊かねばならぬ。
この身を彼女の使い魔として契約したのであればその責務を果たす為にも。

「・・・次は私の疑問に応えてもらおうと思うのだが」
「うーん・・・正直聞きたい事とかはまだあるんだけど・・・まぁ、良いわ。わたしに答えられる程度ならね」
「まず一つ目。場所の名称等だ。異世界と言う区切りは私から見たものだからな。正しき名称を刻む事で僅かなりとも理解の内に取り入れる必要がある」
「場所の名称?・・・ハルケギニアよ。ここはハルケギニア大陸。トリステイン王国のトリステイン魔法学院。その宿舎が今、わたし達が居る場所よ」

ハルケギニア。やはり知らない名だ。大陸としての名か。正しくして伝承より伝わる『世界』の名か。
トリステイン。・・・セイバーの円卓の騎士団に似た名前の者がいたが・・・似ているだけで関連はあるまい。

「ふむ。やはり知らない名だな。では次だ。この世界にも魔術があるのだろう?それを君の知る範囲で教えてもらいたい」
「・・・?魔術?魔法でなくて?」
「・・・まて。『魔法』と言ったか?つまり、この世界おいて使われるものは魔術ではなく魔法だと?」
「そうよ。尊ぶべき貴族の血を持つ者が使う事が許される。それが魔法」

・・・その時点で違うのか。つまり魔法が普通。術などではないのだ。
私の知る世界では五つしか存在が確認されなかった魔法。
それがこの世界の通常。だが、真に『魔法』たるものなのだろうか?
次元干渉や魂への干渉。それらも内包し得るのであろうか?
だが、共通している事項がある。貴族の血を継承した者がこれを行使する事が出来ると言う。
これは私の世界の魔術回路を持つ人間の事だ。

「・・・詳しくはどのように力を成すものだ?法則であるなら形式が決まっているはずだが」
「基本的に四大元素に干渉するのよ。火、風、水、土。世界に満ちるこの四つを作る粒を利用するの」
「・・・自然現象に対する干渉か?それを術者の思うように使うと?」
「思うようにって訳にはいかないけどね。得意属性を持ちスクウェアになれば大体の事は出来るわ。それに自然現象に限定された訳でも無いしね。怪我とかの治癒の魔法は水の属性よ。これって人の身体の仕組みにかかわってくるでしょう?」

私の世界の魔術では【定められた形式に接続する事】で魔術は成立した。
こちらの世界は術者の能力でその引き起こす現象を作り上げる事が出来るようだ。
だが、四大元素では魂や次元などの領域には到達してはいまい。
それでも四大元素をもって物質を構成している因子には干渉可能と言うことか。
目に見えない形で存在する四大元素への干渉で物質、自然、その双方に影響を及ぼす力。
その影響効果範囲は定められたものではなく術者の能力に依存する。
それがこの世界における魔法の定義なのだろう。
等価交換の基本すらなく魔力を持って魔法を織り成す。
我が世界の普通の魔術師が知ればなんと思うだろうか。

私の固有結界はこの法則には左右されまい。
固有結界は術者の心象を現実世界に侵食させるものだ。
つまり、私自身がそれを理解出来ていれば如何なる世界にも侵食可能。
投影もそれに順ずる。私の投影は名義上投影と名付けられただけのものだ。

「ふむ・・・そうなるとやはり実例を見せてもらうのが一番か。ルイズ。君の得意なもので構わない。何か魔法を使って貰えないか?実際に目で確認し魔力の働きを解析すれば具体的な事がわかるのだが」

私のこの言葉にルイズの表情が固まる。
何故だ?私はただ魔法を使って欲しいだけなのだが・・・

「・・・何か問題でもあるのかね?」
「・・・わたしつかえない」
「は?」
「・・・わたし、よんだいげんそのまほう、つかえない」

ルイズは乾ききった口調でそう切り返す。
・・・使えない?四大元素に干渉できないと言う事か?
だが、それでは・・・

「ルイズ。それは妙な話になるぞ。君は貴族であるなら魔法を使えると言ったな?そして君は自らが貴族であるとした。ならば魔法は使えねばならないはずだ」
「・・・分かっている。おかしいってことくらいは。でも・・・使えないのも事実」

彼女の声には先ほどまでの会話の力が無い。
・・・どうやら順番を間違えたな。もう少しちがう方向でアプローチすべきだったか。
しかし、妙なことだ。彼女は確かに魔力がある。それは確実だ。
契約を結んだこの身にはレイラインを通す事でそれが知覚できる。
だが、その魔力を正しく四大元素に干渉させる事が出来ない。
・・・もう少し踏みいる必要があるな。彼女に道筋を見つけるためにも。

「ふむ。どの時点で魔法が成立しないのだ?マナを体内に取り込みオドに変換する。これは出来ているな。オドを外界に接触させる為の魔力変換もできていよう」
「・・・一番最後。魔力を四大元素に干渉させ、書き変える瞬間に、どうしても爆発現象がおきるの」

彼女はそう言うとフルフルと肩を振るわせわななく口調で次を続ける。

「・・・魔法成功確立ゼロ。人はこれを揶揄して私をゼロのルイズと呼ぶわ・・・っ」
「あー・・・すまない。触れるべきではなかったな。だが・・・」
「何よ?!使えないものは使えないんだからしょうがないじゃない!!」
「いや、そうではなくてな。ふと思ったんだが・・・」

そう。ルイズは魔力を使う段階までは出来る。結果が想定とは異なるが。
ならば、彼女は魔法を使えなければならない。だが四大元素の運用は出来ない。
ここで仮定をしよう。
もし、この世界の属性系統がもう一つあったとしたらどうなるだろうか?
四大元素以外の構成因子に働くものがあるとするならば。
彼女がそれに特化している故に他の属性が使えないと言う仮説が成り立たないだろうか。

「君は魔法が使えるのは確かだ。だが四大元素に働きかけるものではないとしたらどうなる?」
「・・・四大元素に働きかけない?」
「そう。四大元素以外の属性であるが故に四大元素に干渉出来ない。なおそれに特化しているが為に」
「・・・一つだけ。四大元素に含まれない伝説にしか伝わらない系統があるの」

彼女は目を瞑りそれを告げる。

「虚無。名前しか伝わっていない。どのような力であるかさえ不明。始祖ブリミルが行使したとされる力よ」
「・・・なるほどな。四つの系統が使えないのであれば消去法だ。残るのはその系統になる」
「これは伝説よ?こんなもの使えるわけが・・・」
「マスター。一つ警告を。自らでそれが出来ないと思うのは早計だ。出来ないと決めた時点でその物事は絶対に成し得なくなる。出来ると盲信するのも悪いが、頭から使えないと否定するも悪しだ」

そこで私は言葉を区切る。
思い出す。かつての未熟だった頃を。
正しい魔術の使い方も知らず、使う魔術の本質も知らなかった頃を。

「後は知る事だ。それが如何なるものであるかを。それが正しくして君の知るべきものであるならば、一度理解してしまえば後は真綿に水が吸い込む様に。パズルのピース。その全てが当てはまるように上手くいく筈だ」




――――――――――――――――――――――――――――――――――――


後書き

第四話です。
ツッコミどころ満載です。訳ワカリマセン。

私の構築した世界ではルイズは『知識があるが実践がまるでだめな娘』です。
まともに魔法が使えないからそれを知識で無理やりに補っていると言う感じですね。
作中でも魔法が使えないだけで知識は十分にあると見受けられたので。

このおはなしをやっておかないと次が続かないんですよね。
英霊エミヤをこちらの世界に取り込む為に通過せねばならない事をここで消化したつもりです。
かなり独自の解釈が入り混じってる事は痛感しています。
自分なりに上手くすり合わせたつもりですが見過ごせない点があったら容赦無く。

まぁ、原作の祖筋に沿って展開していくと原作のキャラ置換ものにしかならないのでここで独自展開を加えてみました。
『エミヤ、ルイズの属性を推測する』です。
ここで彼女に属性を理解させる事で物語りは微妙に変化を見せ始めます。
今はまだ小さなうねりですが・・・?

まぁ、一番大きく変化するのは人物相関図でしょうが。
次回は一気に登場人物が増えます。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023722887039185