ゼロ魔SS投稿掲示板




No.2213の一覧
[0] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/11/06 00:43)
[1] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2009/01/02 19:21)
[2] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/05 19:34)
[3] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/08 10:32)
[4] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/14 19:42)
[5] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/22 21:47)
[6] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/06/18 01:31)
[7] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/06 18:23)
[8] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/04 03:09)
[9] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/26 01:10)
[10] アナザーストーリー・IF・全開・偽螺旋剣編。[愁雨](2005/07/06 20:36)
[11] アナザーストーリー・そうして魔剣は主と出会う。[愁雨](2005/07/17 22:52)
[12] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/24 18:43)
[13] アナザーストーリー・そして世界は歪む。[愁雨](2005/07/19 00:07)
[14] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/08/07 20:12)
[15] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/11/07 02:10)
[16] アナザーストーリー・雪風と微熱[愁雨](2005/11/11 23:51)
[17] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/11/20 13:40)
[18] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/12/02 00:34)
[19] アナザーストーリー・メイドさんと赤い外套・接触編[愁雨](2005/12/14 07:09)
[20] アナザーストーリー・メイドさんと赤い外套・接触編[愁雨](2005/12/22 01:37)
[21] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/15 16:20)
[22] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/28 23:06)
[23] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/02/14 23:06)
[24] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/04/16 17:32)
[25] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/04/05 22:25)
[26] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/06/19 01:24)
[27] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/01/10 01:32)
[28] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/01/23 18:30)
[29] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2009/01/02 21:35)
[30] アナザーストーリー:胸革命と称された少女の出自[愁雨](2009/01/02 21:30)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[2213] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)
Name: 愁雨◆c96b7bb0 ID:43576b4e 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/01/02 21:35

「……さて、マスター。余分なおまけが付いて来てる様だが如何するね?」



 エミヤがそんなことを半目で後ろを振り返りながら問いかける。
 言うだけ無駄だとは思うけど。
 わたしとエミヤは、【土くれのフーケ】を捕らえねばならない。
 いや、もしかしたら捕らえるだけではすまないのかもしれないけれど。
 それでも、彼女をどうにかしなければならないのは確実だ。
 そんな私たちを追うようにして、見慣れた何人かが後からついてくる。

「……いいわ。何時かばれるなら早いうちのほうが良いし。それに もしもの場合の口封じは お手のものでしょ?」

 そんな冷たい思考が頭によぎった。
 自分がそんな思考をしている事を疑問にすら思わず。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

捩れ狂っていた世界。その断片



 もしもの場合の口封じ……と来たか。
 いや、それに叛意は無い。彼女の決断はおおよそ、魔の道を志す者としては当然の事だ。
 それが正しいかどうかは別にして。
 神秘の秘匿。これは、私の知るの魔術師の基本でもある。
 彼女は、おそらくはこの世界においてのレアスキル保有者。
 特異に過ぎる力は他者に知られて得をする事は少ない。

 生前、欠片のような記憶の中にある私は、己が魔術を極めた結果、大禁術たる【固有結界】に辿り着いた。
 これを会得し、人々を救うために行使した私は、いつしか神秘を秘匿する側の魔術師に狙われる事となった。

 封印指定。
 常人から見比べて異端たる魔術師。その中でも更に異端なるモノは、排斥されるか利用される。もしくは封印される。
 神秘の秘匿は後者の封印。その神秘を失伝しないように封印し後世に伝えるのだ。
 その封印の形は、術者の脳髄を生きたまま引きずり出し、生きたままホルマリン漬けにするなど、常人の倫理からかけ離れたものを是とする。
 だが、魔術師はその血に刻まれる神秘、魔術刻印に歴代の魔術師たちの研鑽した技術、知識を重ねて【根源】へ至る道を探す求道者である。
 封印指定はその道を閉ざす処置でもある。
 指定が執行されればそこで根源に至る道は断絶されるとみていいだろう。
 矛盾したことだ。
 根源に至るのが魔術師であるのに、根源に辿り着く術を見出すに足る者を封印する。
 突きぬけた存在である『魔法使い』ともなれば別なのだろうが。

 ルイズの属性【虚無】。
 これを隠匿する為に、発動を目撃し、その効果を推測するに足る情報をもつ者を処分せねばならない。
 処分の内容こそは状況次第だ。オスマン老もこの一件は公にするべきではないとの示唆をしている。
 然るに後ろからついてくる者達にも同じ事が言える。
 最終的な決断こそは、マスターに預けるべきなのだろうが……
 ふむ。それはともかくとしても、斬り捨てるものは少ない方が良いな。

「……」
「どうしたの? 急に立ち止まって…遠見の手鏡で追跡できるからと言っても、本格的に逃げに回られたらどうしようもないんだけど?」
「いや、この際だから、後ろのオマケも手駒として利用させてもらおうか。それの方が手間が減る」

 私は足を止め、改めて後ろを向き直る。

○●○●○


 唐突に止まり振り返る騎士の表情は、呆れたとでも言うかの面持ちだった。
 それに応じるかのようにその主である少女も歩みを止める。
 振り返る少女の目は半目。
 不快げな溜め息を吐いた後でぼやく。

「……おまけって言うから、誰かと思えば…何よ? キュルケ。それにタバサ」
「何よ?とは、ご大層な言葉ね? 無能(ゼロ)の貴女を心配してあげたって言うのに」

 ギシィ と比喩表現では無い音が空間に響く。
 一触即発の空気が場を支配する。
 だが、その空気すらも無視して、一人の少女が口を開く。

「……貴方に興味がある」

 少女の目は紅い騎士に向けられていた。
 その目は真直ぐに揺らぐ事無く。
 
「私にかね? 取り立てて君に何かをしたとは思えないのだが? 一度は君に矢を射掛けたかも知れんが」
「…だから、気になる。私の使い魔も貴方に……興味を覚えたようだったし」

 彼女は言ったように、この紅い騎士に並々ならぬ興味があった。
 自身の使い魔が、ただ一度の邂逅で
『あれは怖い人ですよ! お姉様! その気になればきっと 竜種を一刀両断する剣とか投げてくるに決まってるです! きゅい!』
 等と涙目で訴えかけてきたのだ。
 こうしている今でも僅かに後方に控えたシルフィードからその感情は伝わってくる。
 韻竜。古き力を脈々と繋げる強大な幻獣。幼生体とは言え、その力は抜きん出たものがある。
 その韻竜たるシルフィードが本能で知覚したのだ。
 この紅い騎士が危険であると。
 
 それだけでは無い。タバサ自身も思うところがある。
 あのとき、投げ放った刀剣、黒と白の双剣と装飾の無い直剣。
 それらを上空高く威力を保ったまま投擲する技法。
 投擲、弓による投射、様々に考えられる要素がある。
 トリスタニア、アルビオン、ガリア、ゲルマニア。
 それらの王国の歴史書を紐解いても、それほどの武技を持つ者はいない。
 そもそも、武器をあそこまで扱いこなすと言う事、その事自体も異質。
 いや、一つだけ、例外がある。
 イーヴァルディの勇者の原型とも目される御伽噺の中の使い魔ぐらいだろう。

 武器は、魔法を持たざる平民が貴族に抗いうる手段の一つでもある。
 だが、アレは。
 そんな領域を大きく超えていた。
 対処の手段は魔法を使う前提であるのなら無数にある。
 だが、重要なのは、対処の手段ではなく、それを成す技巧。
 
 錬金の魔法を扱う と見えるがそれともどうも違う。
 そもそも、錬金の魔法で武器をあそこまで精密に鍛ちあげる事の出来る者はいないだろう。
 その【魔法】の本質を知りたいと思った。
 彼女が他者に興味を持った稀な事例でもあった。
 
 タバサ。二つ名として雪風。
 彼女自身がその本来の姓と名をかたる事は現状では有り得ないだろう。
 個人に固有の様々な事象があるように。
 彼女もまたその生きてきた道程に覆さねばならぬものを抱える身である。
 その心の底に眠るものは 渇望 と言っても良いものだった。
 伏したるその願いは、心に根付き、力を求めていた。無意識の内に。

 遅かれ遠かれ、彼女はこの紅い騎士に何らかの形で接触をしていた。
 いや、接触と言うのならば、既に。
 彼女が望むのは、おそらくはその先の事なのだろう。
 だが、彼女自身、この紅い騎士を"まだ"知り得てはいない。
 故に【興味がある】
 知り得る価値があると判断したのだ。本以外のこの存在に。

「……ところで、ルイズ。貴方の使い魔とタバサ。何やら、見つめ合っているんだけど、一体どういう関係なのよ?」
「わたしが知るわけないじゃない」

 タバサが二人の少女が口論をやめ、自分を見ていたのに気がつくまで数瞬を要したと言う。

○●○●○



 土くれのフーケこと、ロングビルは激しく狼狽していた。
 よもや、よもや、まさか、まさか。
 その類の思考の連続である。
 
 山野を駆ける足は魔力を帯びている。
 樹木、草木、それらは自然の結界とも言える。
 人の手の入らぬ森の中は、気位高い貴族などが好んで踏み入るような場所でもない。
 正式な軍や警邏組織が動けば話は別だろうが、オスマンはその介入を望まない。
 それが、フーケにとっての利点。
 組織的な捜査網、包囲網を学院を中心に展開さえされなければ、幾らでも逃げ遂せる事が出来る。

 だが、その追っ手となるものが自己の理解を超えた存在であるならば、話は違う。
 そう。
 狩る者と狩られる者。彼女は、正しくして 狩られる側の存在となってしまった。
 頭に過ぎるのは、残念。
 念を残すとはつまり、悔いがあるという事だ。
 フーケは。彼女はここでつかまるわけにはいかない。
 そうするだけの理由があった。

「……しくじったっ…! けど…まだ、こんなところで捕まる訳には…っ!」

 口からは誰に言うのではなく自身に言い聞かせるかのような言霊が。
 フーケの脳裏に、懐かしい光景が過ぎる。
 妹のように思っている少女。
 その少女が召喚した三人の異世界人。
 そして、少女の元に集まった身寄りのない子供達。
 
 そう。家族の元に。あの子の元に戻る。
 ここでは立ち止まれない。
 褒めれるような事をしてきたわけではない。
 義賊のようなものでもない。
 自身は罪を犯す側の存在であることも理解している。
 それでも。
 それでも、ここでは終われない。止まれない。
 その意志を強く思ったとき、胸のペンダントが薄く、鈍く光を放った。

-------------------------------
後書きらしきモノ
 私は生きています(何
 さて、今年中に後もう一回更新できたら御の字という事で(何


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.022286891937256