ゼロ魔SS投稿掲示板




No.2213の一覧
[0] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/11/06 00:43)
[1] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2009/01/02 19:21)
[2] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/05 19:34)
[3] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/08 10:32)
[4] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/14 19:42)
[5] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/05/22 21:47)
[6] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/06/18 01:31)
[7] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/06 18:23)
[8] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/04 03:09)
[9] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/26 01:10)
[10] アナザーストーリー・IF・全開・偽螺旋剣編。[愁雨](2005/07/06 20:36)
[11] アナザーストーリー・そうして魔剣は主と出会う。[愁雨](2005/07/17 22:52)
[12] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/07/24 18:43)
[13] アナザーストーリー・そして世界は歪む。[愁雨](2005/07/19 00:07)
[14] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/08/07 20:12)
[15] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/11/07 02:10)
[16] アナザーストーリー・雪風と微熱[愁雨](2005/11/11 23:51)
[17] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/11/20 13:40)
[18] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2005/12/02 00:34)
[19] アナザーストーリー・メイドさんと赤い外套・接触編[愁雨](2005/12/14 07:09)
[20] アナザーストーリー・メイドさんと赤い外套・接触編[愁雨](2005/12/22 01:37)
[21] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/15 16:20)
[22] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/01/28 23:06)
[23] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/02/14 23:06)
[24] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/04/16 17:32)
[25] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/04/05 22:25)
[26] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2006/06/19 01:24)
[27] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/01/10 01:32)
[28] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2007/01/23 18:30)
[29] ゼロの最強の使い魔(Servant Of TheZERO)[愁雨](2009/01/02 21:35)
[30] アナザーストーリー:胸革命と称された少女の出自[愁雨](2009/01/02 21:30)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[2213] アナザーストーリー・メイドさんと赤い外套・接触編
Name: 愁雨 前を表示する / 次を表示する
Date: 2005/12/22 01:37
ミッシングエピソード・メイドさん接触編
前後編の後編。
前回のアナザーと連結してます。
では。異界の厨房でのエミヤをお楽しみください?
――――――――――――――――――――――――――――――――

メイドさんと赤い外套・抵触編



シエスタが目を見張って私を見やる。
さて? 先の発言になにやら、不自然な点でもあったのだろうか。

「…何かね? 先の発言に対して、意見でも有るのかな?」
「…いえっ! そうじゃなくて…」

シエスタはそこで言葉を切ると面持ちを改めて言葉を繋げる。

「…そんな風に言う方なんて、そうはいませんから」
「そんなに不思議な考えかね?」
「はい。魔法を唯の技術でしかないなんて、プライドの高いメイジの方は絶対に言わないです」

その顔には苦笑が刻まれる。
存外、この少女には苦笑いと言う表情も似合うようだ。

「…でも、メイジで無いなら、エミヤさんはなんなんですか? …普通の平民にはどうしても思えないんですけど」
「む? 君には言っていなかったか? …今の私を律する身分は使い魔だと」

そう。今のこの身は。
異界において、ルイズ・フランソワーズ・ド・ラ・ヴァリエールと言う少女に召喚されてしまった存在。
自我意思を持つ事が許され、その身を律する確たる概念は、己自身と使い魔である事実のみ。

言わせてもらうのならば。
守護者としての任を受け、その役務としての掃除屋稼業等をやるよりは余程良い。

だから、今の私は、『使い魔』で充分なのだ。

「ふむ。まぁ、正直な話、話せる事にも限りがあってな。無為に私の正体は知らない方が良い」
「…え? どうしてですか?」
「いや。大した事じゃない。――― 男であれ、女であれ。多少の秘密が有った方がカッコいいだろう?」

真実を隠して、お茶に濁す。
これも誤魔化しの常套手段。

さぁ、後は余分な思索は不要。
目の前には厨房へ繋がる扉がある。
今は、ただ、主を唸らせる為、ここの厨房の利用権を拝借する事だ。

●○●○●



そして、厨房への扉は開かれる。
その中で忙しなく動いていた人の視線が一気に集中する。

その中で恰幅の良いがっしりとした男がいる。
壮年のその男がこの厨房の支配者。
マルトー親方と呼ばれるその人である。

エミヤは、その視線を受けてもなんら怯む事は無い。
この程度で萎縮するようであるのなら、英雄なんぞには成れないとばかりに。

「…ふむ、シエスタ。時に聞くのだが」

何でもない風に、その後から、入室したシエスタに問いかける。

「…ハイ? 何ですか?」
「この厨房の管理責任者と、実務運営担当者は誰かね?」
「…ええと、小難しい言い方ですけど。要するに厨房長の事ですよね?」

シエスタの顔が一人の男に向き直る。
それを確認したエミヤは、得たりとばかりに首肯する。
二人の位置は大して遠くはなかった。

●○●○●



二人の男の視線が交わされあった。
互いに互いを見据える目。
その目の浮かぶ感情は幾許かの興味。
目指す興味の根本は違えども、互いを見やる目の質は同じだ。

「…おめぇさん、中庭で一悶着起こした片割れだな」

口火を切ったのはマルトーだった。

「む。確かにその通りだが。それが何か問題でもあるのかね?」
「…面白い返し方するな。その言い方だと、何も問題ないように聞こえるぞ?」
「少なくとも、私がここの厨房を使わせて貰うにあたっては、大きな問題は無いと思うが」

何も気負うものが無く淡々として問答が続けられる。
だが、それは当の本人同士の話だ。
ここは既にして別空間。

「…ここを使いたいって?」
「ああ、私のマスターに、私の料理を食べてもらおうと思うのだがね。それから、その食事の管理も行うつもりだ」

マルトーの顔が一瞬、険しく歪む。が、直ぐにその面持ちが改まる。
品定めするような視線は、事実、この闖入者を品定めしているものだ。
そして、その鑑定が終わったのか。

「…良いぜ。勝手に使いな」
「ふむ? それは素直にありがたいが…構わんのかね?」
「ああ。アンタが中庭で暴れた時の服装のままで、んな事言ったら叩き出していたがな。場所を弁えて着替えてきたってことは、そう言う事だろう?」

そう。身なりは重要な要素だ。
もし、厨房を借りたいと申し出る時に、件の赤い外套のままであったのなら、恐らくはこのような快諾は得られなかっただろう。

○●○●○



エミヤは、その答えを聞くと思案顔となった。
が、それも一瞬の事だ。
即座に面持ちを柔らかなものに変えると感謝の意を示す。

「では、厚意を有り難く受けさせていただく」

そして、二、三言、シエスタに話しかけると、食糧貯蔵庫の方に共に歩き去った。

その背を見つめる者は多い。
その視線はあまり好意的なものではない。
それもその筈だ。
ここで働くものは、貴族メイジを好ましくは思っていない。
無論のこと、自らの生活を支えているのが、その貴族メイジの為にある学び舎の食堂である事も熟知してるのだが。

だが、マルトーは、その意見を大きく改める事にした。

対峙してみればわかる。
アレは突き抜けた者だ。
何がどう突き抜けたかはわからないが、アレは、メイジなどではない。
そもそもの体つきが違う。
あれは、少なくとも貴族メイジではない事は明白だ。
メイジであるのなら、魔法が使える。それゆえに肉体を鍛える者など稀だ。
魔法というものは、筋力も使わずに、簡単に弓矢を超える威力と射程を誇る。
近接攻撃にしてもそうだ。形の無い空気の鎚や接触するだけで体内の水分を蒸発させる魔手。
それらの魔法を行使可能なメイジが、肉体を鍛える事は、余程の事がなければ無い。
そもそも、騎士階級のメイジからして、魔法を使う前提の戦闘技術を磨くのだ。

そして。何よりも目だ。
マルトーの知る限り、あの目ができるメイジは、少なくとも二人、いや、三人くらいだ。
そもそも、そのうちの一人は、その可能性に到達しうる少女に過ぎない。
一人は、この学院の長、オールド・オスマン。今一人は、二十年前、この学院に来た当初のコルベールだ。

目は何よりも全てを物語る。
料理人たるマルトーの目利きは、人物評価にも優れている。
当然だ。材料の良し悪しを見極め、食卓につく人間の顔を見て、どのような料理を作るべきか。
それこそは料理人の基本だ。
そう、料理人とは料理の腕もさることながら、それを食べる者を見る目が必要となるのだ。
体調を推し量ったり、顔色や機嫌から精神状態を推測してみたり。
その上で作るべき料理を作る。
医食同源とは、このような食を作る側の細かい心配りの基本に根ざす言葉なのだ。

その上で。
主の為に食事を作り、なお食生活の管理を行うなどと言ってのけたあの男。
面白いではないか。
あれほど、突き抜けた目と身体を持ち、その上で、自分は料理を作る等と言う。
物珍しいにも程がある。
確か、聞く話にはあの男は、貴族メイジの少女の使い魔とのこと。

そんな男が、どんな料理を作るというのか。
マルトーの興味は、自らのフィールドグラウンドである料理に移っていた。

○●○●○



「…で、エミヤさん。具体的に、どんな料理を作るおつもりなんですか?」

食糧貯蔵庫の中で、シエスタが私に問う。

作る料理か。
レシピは心の丘に。
丘の上より、マスターを唸らせる料理を引き摺り下ろす ――――!

検索検出開始。
料理に気をてらった趣向を施す必要は皆無。 基本且つ単純な料理で十分。雑でなければ良い。
地域や風土による食文化の差異を考慮。 米食は日本米が無ければ、百パーセントこの身の技術を生かせない可能性あり。
時代的風潮や調理器具による調理方法の差異を熟慮。 電子レンジ等の電気機具の使用前提の料理を除外。
この世界においても食の基本は変わらない模様。 自分の料理経験とマッチングを開始。
材料や調味料によって許される選択肢の絞込み。 先述の電気器具使用でないのならば、殆どの料理を再現可能。

「…ふむ。基本スタンダード単純シンプルでいく事にする」

そうして、選び取る材料は決まった。
後は語るべき言も無い。
その材料は正しく調理されるのみだ。

○●○●○



食糧貯蔵庫から出て来たエミヤの動きは、その厨房にいる者の目を奪った。
手早く、且つ無駄が無いその調理方法はまるで一連の舞台劇のようだ。
都合が良いのか、シエスタに細かい手伝いをさせながら、進められていくその手際の良さには、マルトーも目を奪われた。

そして作られていく料理。
焼き物、和え物、煮物で構成される三品。
即ち、単純基本の【ひき肉とジャガイモの重ね焼き】・【緑黄色野菜のグリーンサラダ(ビネガーオイルのガーリックあえ)】・【ビーフシチュー】である。

主食としてパン食が多いと見受けたエミヤが選んだのは、パンの代わりにジャガイモをベースとした食事だ。
ジャガイモというのは、地域によっては正しく主食となるほど空腹を満たすものだ。
それをただ蒸すのでは味気が無い。いや、それはそれで一つの完成された形だが。
エミヤがそのジャガイモを生かす手法として選択したのが、ひき肉と合わせた重ね焼きである。
これは歯応えを重視した焼き物というよりは一種の揚げ物でもあるが、見た目以上にボリュームがあるものだ。

グリーンサラダはその性質上からの汎用性の良さが決め手だ。
そう。サラダは余程の組み合わせで無い限り、破綻する事はない。
エミヤは、このサラダを作るのにこの世界ならでは食材を取りいれた。ハシバミ草と呼ばれる物である。
その歯応えは、生食でこそ生かされると断じたエミヤは即座にそれを組み込む事を決断した。

ビーフシチュー。これについては多くは語る事もあるまい。
幸いにしてこの世界には仕込みに使うワイン等にも事を欠かぬ。
それでいてシチューというものは、実にパン食と相性が良い。それで無くとも先述の重ね焼きとも問題なく馴染む一品だ。
エミヤが気をつけたことは一点のみ。野菜の型崩れを引き起こさぬ事だった。
これは僅かな工夫で済む。炊き合わせと呼ばれる手法で、尤も崩れやすいジャガイモを別茹でを行い、後にあわせて煮込むのだ。

調理に掛かる時間は都合二時間三十分。
ビーフシチューが二時間必要とし、その過程でサラダと重ね焼きのを並列調理した上での所要時間であった。

「全工程調理終了――――是、基本的な夕食也」

そして、エミヤはその盛り付けを完了させその括りの言葉を告げた。

○●○●○



マルトーは素直に感心した。
あれは確かに基本的な料理でしかない。
だが、それゆえにその行程に一つたりともミスが許されないものだ。
単純な料理は誤魔化しを効かせ難いのだ。
そう。その料理を一つのミスをする事なく仕上げる手順とその手際のよさ。
あそこの領域に上るには、相当の修練と天賦の才が必要だ。
――――― あの男は、ともすれば何処かで名を馳せた料理人なのかもしれない。

あとは特筆すべき事も無い。
その仕上がった料理をルイズが食し驚きに言葉を失った事も。
料理過程を見た厨房のコック達が、料理人としてエミヤを迎え入れる事に満場一致であったり。
たまたま、食堂にいた青髪の少女がグリーンサラダを食べ、その味に取り付かれてしまったりなど。
以降に続く日常の一幕になったに過ぎないのだから。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

後書きらしきもの

以上。料理に対する薀蓄は専門家から見るとハァ?の世界です。悪しからず。

感想をくれた皆様、ありがとうございます。
感想が増えると作者のテンションが上昇して書く気が増加するので忌憚無い感想を。

原作より、面白いとか言われるのはかなり微妙です(汗
何せ、純正ゼロの使い魔の設定を思い切り改変してる作品ですので。

この作品はFate/stay nightと Fate/hollow ataraxia。ゼロの使い魔。
この三作品のネタは容赦なく使われます。
ネタバレの可能性もでるので悪しからず。
まぁ、ネタというのなら、古今東西あらゆる作品がネタの対象ですが。

では。次回は本編を進めます。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.059513092041016