ゼロ魔SS投稿掲示板




No.16464の一覧
[0] 幸福な結末を求めて    ゼロ魔転生?モノ(オリ主)[めり夫](2011/06/13 00:20)
[1] プロローグ[めり夫](2010/02/14 11:12)
[2] 第一話・目指せ☆バッドエンド回避[めり夫](2011/02/09 07:42)
[3] 第二話・本編開始[めり夫](2011/02/09 07:51)
[4] 第三話・恩を売りましょう[めり夫](2011/02/09 07:57)
[5] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ[めり夫](2011/02/10 07:37)
[6] 第五話・胡蝶の夢?と不測の事態[めり夫](2011/02/10 07:46)
[7] 第六話・ゴーレムごっついのぉ[めり夫](2011/02/10 07:56)
[8] 第七話・決着、そしてさらば(予定)主要メンバーよ![めり夫](2011/02/10 08:01)
[9] 第八話・計画通り…のはずだよね?[めり夫](2011/02/14 01:53)
[10]  幕間1・嵐の前の平和な日常(才人)[めり夫](2011/02/14 02:02)
[11]  幕間2・嵐の前の平和な日常(ルイズ)[めり夫](2011/02/14 02:17)
[12] 第九話・ちょっと待て・私は行くと・言ってない[めり夫](2011/02/14 07:18)
[13] 第十話・計画変更、軌道修正[めり夫](2011/03/06 13:27)
[14] 第十一話・ワルドの影が薄い気がする[めり夫](2011/02/14 07:30)
[15] 第十二話・泥濘の夢。ワルド空中戦[めり夫](2011/02/16 00:45)
[16] 第十三話・賭けにでてみよう☆[めり夫](2011/02/16 00:56)
[17] 第十四話・すれすれすれ違い[めり夫](2011/02/16 01:04)
[18]  幕間3・絶望のラリカと落日の皇子[めり夫](2011/02/16 01:21)
[19]  幕間4・二人のライアー[めり夫](2011/02/16 01:31)
[20] 第十五話・ドタバタ☆結婚式[めり夫](2011/02/16 02:00)
[21] 第十六話・卑劣なるミョズ!というコトでひとつ[めり夫](2011/02/16 02:00)
[22] 第十七話・交錯する俺と私[めり夫](2010/02/23 21:28)
[23]  幕間5・知らないトコロで話は進む[めり夫](2010/02/25 08:12)
[24] 第十八話・ぐっどもーにんぐ希望の朝![めり夫](2010/02/28 11:28)
[25] 第十九話・原点回帰。思い出せ!目指したものを![めり夫](2010/02/27 12:54)
[26] 第二十話・あれれ~はなしがつうじないよ~[めり夫](2010/02/28 11:28)
[27]  幕間6・キスと夜空と自称薔薇[めり夫](2010/03/02 01:45)
[28] 第二十一話・バタフライ・エフェクト[めり夫](2010/03/03 20:20)
[29] 第二十二話・バタフライ・エフェクト2[めり夫](2010/03/04 21:45)
[30] 第二十三話・ハルケギニアのみんな!私に知識を分けてくれ![めり夫](2010/03/06 17:17)
[31] 第二十四話・恋せよメイド!(命令形)…せめてお友達から[めり夫](2010/03/06 23:44)
[32] 第二十五話・タルブの風と際会の空[めり夫](2010/03/07 19:25)
[33] 第二十六話・涙の理由 Side:B[めり夫](2010/03/14 22:23)
[34] 第二十七話・涙の理由 Side:A[めり夫](2010/03/14 22:24)
[35] 第二十八話・火の思い出[めり夫](2010/03/14 00:32)
[36] 第二十九話・乖離?いいえ予定調和です。だと言ってくれ[めり夫](2010/03/14 20:52)
[37] 第三十話・はぐ[めり夫](2010/03/16 01:51)
[38]  幕間7・平穏で、平和な、小さな宴[めり夫](2010/03/19 00:36)
[39]  幕間8・知らないトコロで乖離は進む[めり夫](2010/03/19 02:43)
[40] 第三十一話・虚無がどこかで覚醒してる頃に[めり夫](2010/05/08 21:35)
[41] 第三十二話・虚無の告白、閃光の叛意[めり夫](2010/03/20 23:18)
[42]  幕間9・異世界の水兵服[めり夫](2012/09/24 02:39)
[43] 第三十三話・捩曲の夢と現実[めり夫](2010/03/26 08:09)
[44] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。[めり夫](2010/03/29 23:35)
[45] 第三十五話・絶望と青銅の惚れ薬①[めり夫](2010/03/31 21:44)
[46] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②[めり夫](2012/09/24 02:47)
[47] 第三十七話・行く先はラグドリアン[めり夫](2010/04/10 02:45)
[48] 第三十八話・ナゾを出すなら答えを用意しといて下さい[めり夫](2010/04/13 22:19)
[49] 第三十九話・顛末、そして[めり夫](2010/04/29 11:24)
[50] 第四十話・かつてない(私の)危機!!てか詰んだ?[めり夫](2010/04/17 12:00)
[51] 第四十一話・思考の渦と、ターニング・ポイント[めり夫](2010/04/29 17:03)
[52] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2[めり夫](2010/04/27 19:57)
[53] 第四十三話・ご崩御ください女王陛下☆[めり夫](2010/04/29 17:00)
[54] 第四十四話・人生?もうどうにでも、なぁ~れっ☆[めり夫](2010/05/16 21:53)
[55]  幕間10・空白の2日間に[めり夫](2010/05/11 21:27)
[56]  幕間11・現実逃避という名の休日①[めり夫](2010/05/17 01:35)
[57]  幕間12・現実逃避という名の休日②[めり夫](2010/05/20 00:41)
[58]  幕間13・霞の夢と、それぞれの日々[めり夫](2011/03/06 13:28)
[59]  幕間14・変化の兆しと、変化した色々[めり夫](2010/06/07 07:30)
[60] 第四十五話・私、目が覚めました!!(ダメな意味で)[めり夫](2010/06/16 07:40)
[61] 第四十六話・作戦開始!神算鬼謀な我が策!![めり夫](2010/06/27 22:31)
[62] 第四十七話・仕込みは上々、逃亡へのカウントダウン[めり夫](2010/07/02 12:15)
[63] 第四十八話・Other Side そして幸福な日常は続いていく[めり夫](2010/07/16 00:27)
[64] 第四十九話・Main Side そして偽りの日常は幕を閉じる[めり夫](2010/07/26 07:51)
[65]  幕間15・その頃。そして残された手紙[めり夫](2010/08/02 06:52)
[66] 第五十話・Side再度ワルド![めり夫](2010/08/18 23:06)
[67] 第五十一話・グリフォンの背に乗って。素敵じゃない空の旅を[めり夫](2010/09/02 03:21)
[68] 第五十二話・語られない物語[めり夫](2010/09/24 03:25)
[69]  幕間16・閉じこもった世界で[めり夫](2010/10/05 00:36)
[70]  幕間17・推理は“踊る”。されど“進まず”[めり夫](2011/02/16 23:46)
[71] 第五十三話・こっちはこっちでナニかが進む[めり夫](2010/11/22 01:42)
[72] 第五十四話・あなたの視線に心臓ドキドキ☆マッハビート[めり夫](2010/12/10 00:03)
[73] 第五十五話・雨の孤島と女の勘[めり夫](2011/01/15 23:32)
[74]  幕間18・ノコリガ[めり夫](2011/02/06 23:36)
[75] 第五十六話・キーワードは“ティファニア”[めり夫](2011/02/25 23:48)
[76] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ[めり夫](2011/04/07 02:05)
[77]  幕間19・悪女の条件[めり夫](2011/05/15 03:30)
[78] 第五十八話・むーびんぐ、ざ、わーるど①[めり夫](2011/06/13 00:13)
[79] 第五十九話・強引愚昧ウェイ(Going My Way)[めり夫](2011/07/20 03:21)
[80] 第六十話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideB[めり夫](2011/09/18 16:48)
[81] 第六十一話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideA[めり夫](2011/11/15 07:54)
[82] 第六十二話・夜空そらごと、絵空事[めり夫](2011/12/25 09:55)
[83]  幕間20・佐々木良夫の諦観[めり夫](2012/06/06 21:56)
[84] 第六十三話・“無能”との遭遇。実際はこっちがアレな方だけど[めり夫](2012/08/27 01:51)
[85] 第六十四話・カンニングを駆使すれば天才に勝てるかどうか挑んでみるテスト[めり夫](2012/09/24 02:25)
[86]  幕間21・アザー、アナザー、アウトサイダー①[めり夫](2012/10/10 08:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16464] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2
Name: めり夫◆9cbc0c0c ID:99efb4d6 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/04/27 19:57
第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2





世界が上辺を“語る”間に、私は何を“騙ろう”か。誰が何を思い、何が誰を動かすのか。知らない間にナニかは進む。はてさて。







<Side アンリエッタ>



どこまでも、孤独だった。

愛しい人を失い、悲しみに臥す時間もなければ、それを分かってくれる人もいなかった。
枢機卿をはじめとする城の者たちは口うるさく自覚を求め、飾りの王は決断を迫られる。
責任と重圧だけが日に日に膨らみ、心の休まる暇などない。自由な時間は王女の時より格段に減った。

誰も、自分を分かってくれない。
幼き日の大切な友人、ルイズでさえも昔とは違ってしまった。
友情は確かに感じる。でも、何か変わってしまっている。
タルブでの“奇跡”を問うた時、はっきりと感じた。
今のルイズは、何でも私の言う事を聞いてくれた、昔のルイズじゃない。

時間が彼女を変えてしまったのか。
違う、アルビオンに行ってもらう前までは変わらぬ彼女だった。
愛しい人を失った悲しみで気付けなかったが、確かにあの時からルイズは変わった。“おともだち”なのに、どこか枢機卿たちのように、私に“女王の自覚”を求めているような。
そんな、胸が痛くなる感覚。


愛する人を永遠に失い、友人も変わってしまった。
何も遺されず、残されない。ただ、喪失と孤独。
“奇跡の勝利”をおさめても、“聖女”と言われようとも、心は沈んだままだった。

誰も理解してくれようとしない。本音を語り合える相手がいない。
孤独は心を蝕み、眠れない夜が続いた。


だから、彼が私の部屋に訪れた時。

それが“違っている”のを理解しながらも身を委ねてしまった。
彼が囁く言葉に、自分を何も知らない少女へ戻してしまった。

そして、何を捨ててでもついて行くと決意した。
後悔はなかった。
たとえ相手がルイズでも、邪魔をするなら戦うつもりだった。
結局、ルイズが“虚無”かどうかまでははっきり語ってはもらえなかったが、たとえ“虚無”でもウェールズと一緒なら怖くはなかった。
迷いなんてなかった。

………はずだったのに。




衝撃と痛みは全ての感情を塗り潰し、彼女の叫んだ言葉が、頭の中を駆け巡る。

女王に文字通り“弓を引いた”彼女の意思と、自分の選択。
僅かに残っていた冷静な部分が、“少女”を“女王”へ戻していく。

私は何をしていて、何をされたのか。

何を憎み、何を選ぼうとしていたのか。

感情に任せ、何を言ってしまったのか。


愛しい人は、彼女の言葉で死を決意した?
なら憎んで当然のはずだ。だって、彼女のせいで彼は死んだのだから。
彼だってはっきりと言った。彼女の言葉が背中を押したと。
『王家の誇りを示す討死』でなく、『大切な誰かのために殉ずる道』などと唆して。


………たいせつなだれかのために?


え?

彼が死を受け容れた理由がそれなら。“だから”亡命しなかったのだとしたら、

私の嘆きは、

怒りは、

悲しみは。





褐色の女生徒が放つ炎によって、傷付いても死なないはずの騎士が少しずつ斃れていく。

ルイズたちは彼女のサポートにまわり、その連携は素人目で見ても息を呑むほどだ。
爆発と矢が牽制に飛び交い、風に雨から守られた炎が襲いかかる。放たれる魔法は土壁と使い魔の剣が悉く防いだ。
ウェールズとその部下たちも統一のとれた動きはする。でも、彼女らとは根本が違う気がする。
言葉なくとも交わされる意思、繋がった心。互いが互いを想わないと叶わないだろう動き。
うらやましいな、と、場違いなことを思うほどに。

杖を握ることができれば水の鎧で炎を無力化できたかもしれない。
そうすれば戦況は一気に変わる。ウェールズたちの勝利は揺るがなくなる。
でも、動くはずの左手は右肩を押さえたままで、自由なはずの足は立ち上がれなくて。

戦場に、ただ呆然としているだけ。




杖が、遠い。






<Side 生き残りの衛士>



『もし彼女が陛下だったとしたら…私たちは、ここで彼女を倒さないといけない!!』



その言葉を思い出し、戦いの最中にも関わらず口元が緩む。

なるほど、この国もまだまだ捨てたものじゃない。
女王陛下が自分の意思で国を捨てるなどと仰った時、目の前が暗くなった。そんな主のために我が隊は犠牲になったのか、と叫びたくなった。
今まで自分たちが命を、そして誇りをかけてやってきた事を否定されたようで、絶望に杖を落としてしまいそうになった。

しかし、あの少女はやってくれた。
折れかかっていた自分の心を奮い立たせてくれた。
そうだ、自分が忠誠を誓い、命を捧げたのは“聖女”でも“アンリエッタ様”でもない。
この、トリステインという国だ。
女王陛下が国を捨てるのなら、それはもう、ただの“敵”。
自分は“敵”からトリステインを守る為に戦うだけだ。そんな簡単な事を、まさか学生に教わるとは。

女王陛下に弓を引くなど、並大抵の覚悟ではできない。それも“聖女”とまで謳われた今のアンリエッタ女王陛下に、一介の学生が。
傍目で分かる、少女の強張った表情と決意の眼差し。
あんな少女が、これほどの覚悟を持って王を諌めようとしている。ひとつ間違えば自分の命などなくなるというのに。

…これは、死なせるわけにはいかないだろう。

誇り高き者に、大人も子供も関係ない。あんな者たちにこそトリステインの未来を担う資格があるのだ。



少女に放たれた風の刃を土壁で遮る。

叩き伏せても押し潰しても再生する、人ならざる化け物ども。だが、少女の仲間が放つ炎で着実にその数を減らしている。
4人の女学生に、1人の少年剣士。魔法衛士隊の自分が遅れを取っていては、死んだ仲間に何を言われるか分からない。

「化け物どもめ。“トリステイン”を、舐めるな!」






<Side フーケ>



「は、ははっ、やってくれるじゃないのさ!」

思わず乾いた笑いが漏れた。

まさか、女王を射るとは。
予想だにしなかった展開。あのメイルスティアが、アンリエッタ女王に先制攻撃。
寝惚けた事を言う相手に痛い思いをさせて叩き起こすのは分かる。でも、相手は一国の主だ。それを普通に射抜いてしまった。
掠らせるなどという生易しいものではなく、肉を抉り骨まで貫く重傷を負わせて。
すぐ傍には魔法衛士隊の隊員までいるっていうのに。


ウェールズの死体を使った策に、例の“聖女”がどう動くのか。
それを確認するため、ゾンビ連中を尾けてきた。

トリステインという国にも、“聖女”とやらにも興味はない。クロムウェルの傀儡になったゾンビウェールズでさえ、最早どうでもいい存在だ。
ただワルドにどうしてもと言われたし、今後の対応のためには確かに把握しておきたい情報なので、結末を見届けるだけの傍観者に徹していた。
それが、こんな面白い展開になるなんて。
それもこれも、全部あの娘のお陰だ。

ロングビルとして学院にいた頃、彼女はただの成績不振な少女でしかなかった。
“破壊の杖”の時もなぜ捜索隊に加わったのか理解できなかったし、戦いでも正直なところ、何の役にも立ってなかった気がする。
………あの忌まわしい使い魔は別として。

使い魔、いないわよね?どこかに隠れてて、ラ・ロシェールの時みたく、いきなり巻きついて来ないわよね?
あのわさわさ蠢く脚で…、あしで、あし…あああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!
よ、よし、大丈夫。落ち着くのよ私。こんな時はテファの顔を思い出して…。
ふぅ。落ち着いた。もう忘れよう。忘れた、忘れたから。

…しかし、まさかこんな場所まで出張り、あんな事までやらかしてしまうとは。
一体何を考えているのか。
もちろん、やろうとした事は分かる。あの場では誰かがやらねばならなかった事かもしれない。でも、それにしたって。

「まあ、どうなるにせよ、後で大変そうだねぇ」

女王を殺す気なんてさらさらないだろう。
それはそれとしても、彼女は(事情は知らないが)女王に相当恨まれているらしい。加えてこの行動はどう影響するか。
見かけによらず直情型だったのか、ただオツムが足らないだけなのか。
どちらにせよ、この顛末は見届けなければ。



…面白い、土産話ができた。

ワルドには、せいぜい面白おかしく話してやろうか。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030041933059692