ゼロ魔SS投稿掲示板




No.16464の一覧
[0] 幸福な結末を求めて    ゼロ魔転生?モノ(オリ主)[めり夫](2011/06/13 00:20)
[1] プロローグ[めり夫](2010/02/14 11:12)
[2] 第一話・目指せ☆バッドエンド回避[めり夫](2011/02/09 07:42)
[3] 第二話・本編開始[めり夫](2011/02/09 07:51)
[4] 第三話・恩を売りましょう[めり夫](2011/02/09 07:57)
[5] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ[めり夫](2011/02/10 07:37)
[6] 第五話・胡蝶の夢?と不測の事態[めり夫](2011/02/10 07:46)
[7] 第六話・ゴーレムごっついのぉ[めり夫](2011/02/10 07:56)
[8] 第七話・決着、そしてさらば(予定)主要メンバーよ![めり夫](2011/02/10 08:01)
[9] 第八話・計画通り…のはずだよね?[めり夫](2011/02/14 01:53)
[10]  幕間1・嵐の前の平和な日常(才人)[めり夫](2011/02/14 02:02)
[11]  幕間2・嵐の前の平和な日常(ルイズ)[めり夫](2011/02/14 02:17)
[12] 第九話・ちょっと待て・私は行くと・言ってない[めり夫](2011/02/14 07:18)
[13] 第十話・計画変更、軌道修正[めり夫](2011/03/06 13:27)
[14] 第十一話・ワルドの影が薄い気がする[めり夫](2011/02/14 07:30)
[15] 第十二話・泥濘の夢。ワルド空中戦[めり夫](2011/02/16 00:45)
[16] 第十三話・賭けにでてみよう☆[めり夫](2011/02/16 00:56)
[17] 第十四話・すれすれすれ違い[めり夫](2011/02/16 01:04)
[18]  幕間3・絶望のラリカと落日の皇子[めり夫](2011/02/16 01:21)
[19]  幕間4・二人のライアー[めり夫](2011/02/16 01:31)
[20] 第十五話・ドタバタ☆結婚式[めり夫](2011/02/16 02:00)
[21] 第十六話・卑劣なるミョズ!というコトでひとつ[めり夫](2011/02/16 02:00)
[22] 第十七話・交錯する俺と私[めり夫](2010/02/23 21:28)
[23]  幕間5・知らないトコロで話は進む[めり夫](2010/02/25 08:12)
[24] 第十八話・ぐっどもーにんぐ希望の朝![めり夫](2010/02/28 11:28)
[25] 第十九話・原点回帰。思い出せ!目指したものを![めり夫](2010/02/27 12:54)
[26] 第二十話・あれれ~はなしがつうじないよ~[めり夫](2010/02/28 11:28)
[27]  幕間6・キスと夜空と自称薔薇[めり夫](2010/03/02 01:45)
[28] 第二十一話・バタフライ・エフェクト[めり夫](2010/03/03 20:20)
[29] 第二十二話・バタフライ・エフェクト2[めり夫](2010/03/04 21:45)
[30] 第二十三話・ハルケギニアのみんな!私に知識を分けてくれ![めり夫](2010/03/06 17:17)
[31] 第二十四話・恋せよメイド!(命令形)…せめてお友達から[めり夫](2010/03/06 23:44)
[32] 第二十五話・タルブの風と際会の空[めり夫](2010/03/07 19:25)
[33] 第二十六話・涙の理由 Side:B[めり夫](2010/03/14 22:23)
[34] 第二十七話・涙の理由 Side:A[めり夫](2010/03/14 22:24)
[35] 第二十八話・火の思い出[めり夫](2010/03/14 00:32)
[36] 第二十九話・乖離?いいえ予定調和です。だと言ってくれ[めり夫](2010/03/14 20:52)
[37] 第三十話・はぐ[めり夫](2010/03/16 01:51)
[38]  幕間7・平穏で、平和な、小さな宴[めり夫](2010/03/19 00:36)
[39]  幕間8・知らないトコロで乖離は進む[めり夫](2010/03/19 02:43)
[40] 第三十一話・虚無がどこかで覚醒してる頃に[めり夫](2010/05/08 21:35)
[41] 第三十二話・虚無の告白、閃光の叛意[めり夫](2010/03/20 23:18)
[42]  幕間9・異世界の水兵服[めり夫](2012/09/24 02:39)
[43] 第三十三話・捩曲の夢と現実[めり夫](2010/03/26 08:09)
[44] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。[めり夫](2010/03/29 23:35)
[45] 第三十五話・絶望と青銅の惚れ薬①[めり夫](2010/03/31 21:44)
[46] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②[めり夫](2012/09/24 02:47)
[47] 第三十七話・行く先はラグドリアン[めり夫](2010/04/10 02:45)
[48] 第三十八話・ナゾを出すなら答えを用意しといて下さい[めり夫](2010/04/13 22:19)
[49] 第三十九話・顛末、そして[めり夫](2010/04/29 11:24)
[50] 第四十話・かつてない(私の)危機!!てか詰んだ?[めり夫](2010/04/17 12:00)
[51] 第四十一話・思考の渦と、ターニング・ポイント[めり夫](2010/04/29 17:03)
[52] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2[めり夫](2010/04/27 19:57)
[53] 第四十三話・ご崩御ください女王陛下☆[めり夫](2010/04/29 17:00)
[54] 第四十四話・人生?もうどうにでも、なぁ~れっ☆[めり夫](2010/05/16 21:53)
[55]  幕間10・空白の2日間に[めり夫](2010/05/11 21:27)
[56]  幕間11・現実逃避という名の休日①[めり夫](2010/05/17 01:35)
[57]  幕間12・現実逃避という名の休日②[めり夫](2010/05/20 00:41)
[58]  幕間13・霞の夢と、それぞれの日々[めり夫](2011/03/06 13:28)
[59]  幕間14・変化の兆しと、変化した色々[めり夫](2010/06/07 07:30)
[60] 第四十五話・私、目が覚めました!!(ダメな意味で)[めり夫](2010/06/16 07:40)
[61] 第四十六話・作戦開始!神算鬼謀な我が策!![めり夫](2010/06/27 22:31)
[62] 第四十七話・仕込みは上々、逃亡へのカウントダウン[めり夫](2010/07/02 12:15)
[63] 第四十八話・Other Side そして幸福な日常は続いていく[めり夫](2010/07/16 00:27)
[64] 第四十九話・Main Side そして偽りの日常は幕を閉じる[めり夫](2010/07/26 07:51)
[65]  幕間15・その頃。そして残された手紙[めり夫](2010/08/02 06:52)
[66] 第五十話・Side再度ワルド![めり夫](2010/08/18 23:06)
[67] 第五十一話・グリフォンの背に乗って。素敵じゃない空の旅を[めり夫](2010/09/02 03:21)
[68] 第五十二話・語られない物語[めり夫](2010/09/24 03:25)
[69]  幕間16・閉じこもった世界で[めり夫](2010/10/05 00:36)
[70]  幕間17・推理は“踊る”。されど“進まず”[めり夫](2011/02/16 23:46)
[71] 第五十三話・こっちはこっちでナニかが進む[めり夫](2010/11/22 01:42)
[72] 第五十四話・あなたの視線に心臓ドキドキ☆マッハビート[めり夫](2010/12/10 00:03)
[73] 第五十五話・雨の孤島と女の勘[めり夫](2011/01/15 23:32)
[74]  幕間18・ノコリガ[めり夫](2011/02/06 23:36)
[75] 第五十六話・キーワードは“ティファニア”[めり夫](2011/02/25 23:48)
[76] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ[めり夫](2011/04/07 02:05)
[77]  幕間19・悪女の条件[めり夫](2011/05/15 03:30)
[78] 第五十八話・むーびんぐ、ざ、わーるど①[めり夫](2011/06/13 00:13)
[79] 第五十九話・強引愚昧ウェイ(Going My Way)[めり夫](2011/07/20 03:21)
[80] 第六十話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideB[めり夫](2011/09/18 16:48)
[81] 第六十一話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideA[めり夫](2011/11/15 07:54)
[82] 第六十二話・夜空そらごと、絵空事[めり夫](2011/12/25 09:55)
[83]  幕間20・佐々木良夫の諦観[めり夫](2012/06/06 21:56)
[84] 第六十三話・“無能”との遭遇。実際はこっちがアレな方だけど[めり夫](2012/08/27 01:51)
[85] 第六十四話・カンニングを駆使すれば天才に勝てるかどうか挑んでみるテスト[めり夫](2012/09/24 02:25)
[86]  幕間21・アザー、アナザー、アウトサイダー①[めり夫](2012/10/10 08:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16464] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②
Name: めり夫◆9cbc0c0c ID:99efb4d6 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/09/24 02:47
第三十六話・絶望と青銅と惚れ薬②





こんなのは間違ってる………はずなのに。





予期せぬ両想いになりました。

………。
あー。
うん。
その、
ええと…、
あばばばばばばばばばばばばばば!!!



よ、よし、冷静になれ。今のギーシュ君はクスリの力で私を好きに…わたしをすきに……
わ、わたしなんかをすきに…えへ///

!?
じゃなくて!!
あーうーあーうーあ~!!
ひっひっふーひっひふー!ラマーズラマーズ!!よしわたしはれいせいだ!

今のギーシュ君は正気じゃない。
こんなのは違う。こんな形じゃ彼は幸せになれないんだ。



「ギーシュ君、あの、」

「ラリカ…、愛してるよ………」

抱き締められた。
こ、こうかはばつぐんだ!らりかに9999のだめーじ!!

「や…、ぁ、」

うわー!すてーたすいじょうだ!のうみそがねつぼうそうしはじめたぞ!!
こえがでないし、ちからがでない!!だめだ!にげられない!!

「思ったより華奢なんだね…。強く抱き締めると壊れてしまいそうだよ。でも柔らかくていい匂いで、あぁ、何て素晴らしいんだ、僕のラリカは!!」

…よ、よせやぃ、照れるじゃーないですか。
ギーシュ君の方が力強くて温かくて、安心でき………あぁぁぁぁぁぁぁ!!また思考がダメな方向に!?

「ぎー、しゅ…くん、」

だめ、このままじゃギーシュ君が不幸に、

「僕は大ばか者さ。少し考えてみれば分かるはずだったのに…。離れてしまった愛にばかり目を向け、すぐ傍にある大切な存在を見落としてしまっていたよ」

そんな!大馬鹿者は私の方だよ!?
身の程も知らずに貴方を好きになってしまって。名門のグラモン家なんて、メイルスティアにとって雲の上の存在なのに。

……いやいやいや!!じゃ、じゃなくて、

「ラリカ、でも僕はもう迷わない。これからは君だけを見つめ、君だけを愛し続けよう!僕のラリカ。君のギーシュは今、ここで変わらぬ永遠の愛を誓うよ………」

ここってモンモンの部屋で!?
見てるって!モンモン唖然としながらもしっかり見てるから!!
ギーシュ君が私の髪を優しく撫でてくれる。モンモンが、みてるのに、

「ラリカ」

離してくれ…てない。両肩に手を置いて、そ、そんなに見つめないで…
と、とゆ~かこの体勢って、あ、あれですか?

「ギーシュ、くん…」

やだやだやだやだ!こんなのダメだ!
ダメだけど!…だめじゃないっていうか、その、あの、ええとぉ!!

あうぁ、ダメだ。無理。やっぱり私は最低の屑。
流れに逆らえない。好きな人を不幸にしてしまう。ごめんなさい、ギーシュ君。

「…ラリカ」

顔が近付いてくる。
ファーストキス(ムカデはカウント外)を初恋の相手に捧げられるなんて、信じられない。
でも肩に置かれたギーシュ君の手の温もりは本物で、私だけを見つめてくれている彼は幻じゃない。

モンモン、ギーシュ君が好きなら、止めて。
私はもう、止められないから。

顔が近付いてくる。不思議と心が落ち着いてくる。
凪のように静かに、でも炎のように熱く。
何だろう、この感覚?

モンモンは私たちを止めない。私たちは止まらない。それが結論。
彼が惚れ薬で正気を失っているという事実はもう、何の抑止力も持たない。
私は何度もしているかのように、自然に目を閉じる。

………あ、分かった。
たぶん、これが“幸福”なんだ。
私の独りよがり、でも心の底では望んでいた“幸福”。

唇が、触れ―――――、


なかった。

「うごぉっ!?」

鈍い打撃音と共に吹っ飛ぶギーシュ君。
へ?一体ナニが!?

「よっしゃー!ギーシュ、決闘だな?決闘したかったんだな?よし今から広場へ行こうぜ!」

「だめよサイト。ギーシュは今から私が爆発させるんだから。大丈夫、塵も残さないわ」

「ぼくには何がなんだか分からないけど、とりあえずぶっ飛ばされて欲しいとは思うよ」

才人?ルイズ?あと、ミスタ・グレンドプレ?
何でオマエらがモンモンの部屋に?
え?なにこのカオス。

「ラリカ、もう大丈夫だからな。薔薇野郎が二度と好き勝手できないようにしておくから」

「ギーシュ。失望したわ。別れた彼女の部屋で別の子とキスしようとするのはともかく、ラリカに手を出すなんて」

「ぼくには何がなんだか分からないけど、とりあえず羨ましすぎて憎いとは思うよ」

何だか分からない。分からないけど確かな事が1つ。
ギーシュ君が危ない!

「2人とも何するの!?」

ギーシュ君を庇うように前に出る。一瞬、2人は不思議そうな顔をしたが、すぐに困ったように笑った。

「そんなヤツ庇う必要ないぜ、ラリカ。大丈夫、ちょっと半殺…、四分の三…、いや十分の九殺しにする程度だから」

「ラリカは優しいわね、無理矢理あんなことされそうになったのに。でもいいのよ、ここは私たちにまかせて」

「ぼくには何がなんだか分からないけど、とりあえず静観しとくよ」

2人は必ず止めるとして、まあ、とりあえずミスタ・グランドプレは放っとけばいいや。

「…痛たた、ルイズにサイト?いきなり何をするんだ?」

ギーシュ君が立ち上がった。良かった、怪我とかはしてないみたい。

「てめえギーシュ…」

「全く野暮天だなぁ。愛しい女性と愛を育んでいる時くらいは自重して欲しいよ。親しき中にも礼儀ありというじゃないかね。それとも、こんな所じゃなくて自分の部屋でやれという注意だっかのかい?それにしても乱暴な、」

「何言ってやがる!お前モンモンとヨリを戻すんじゃねえのかよ!!」

「モンモランシーとはとっくに終わっているよ。未練はあったが、修復は無理だし、何より僕が真に愛するのはラリカだと気付いたからね。誓おう、このギーシュ・ド・グラモン、今後はラリカのみを愛し、二度と浮気なんてしないと!」

嬉し…じゃなくて、このまま会話させ続けたらマズい気がする。
ギーシュ君は惚れ薬のせいでこんな事を言ってるのだ。私なんかを愛するとか、普通じゃありえないし、あっちゃいけない。
それを真に受けられたら彼の人生に汚点が付いてしまう。
…キスできなかったのは残念だけど、これで良かったかもしれない。これで、いいんだ。

「何が『二度と浮気しない』よ!あんたにラリカは渡さな、」

「待って!!」

全員がこっちに注目する。
私は視線を集めたまま、モンモンに顔を向けた。

「ミス・モンモランシ。ギーシュ君に“何を飲ませた”の?」

「うっ!!」

今まで黙っていた部屋の主の、明らか~な反応。誤魔化せば誤魔化せたのに、そのあからさまな反応にみんなの感情が1つになる。
というか、プライドが高くて自己まんせーな彼女が、自分の部屋で元カレと別の女の子が抱き合うのを放っておいたり、勝手に入ってきたルイズ達に文句も言わずに黙ってたこと自体からして怪しさ爆発だ。
現にモンモンの額からはたらーりと冷や汗が垂れている。

「なななな何の事かしら?わたしにはさっぱり、」

「正直に言わないと、あんたの顔面を全力で“錬金”するわ。あんたの大好きな“失敗魔法”でね」

「惚れ薬を飲ませたわ」

全員が、「はぁ!?」とか「それ禁制よ!?」とか「ぼくにも作ってくれ」とか反応する。
でも、飲まされた本人のギーシュ君は笑い飛ばした。

「僕に“惚れ薬”?あの水に混ぜていたとでもいうのかい?ははは、面白い冗談だねモンモランシー。まさか僕とヨリを戻したかったとかかな。でも、その話が仮に本当だとしても、僕のラリカを愛する気持ちは変えられなかったようだ。残念ながら君の計画は失敗さ」

「惚れ薬だな」

「惚れ薬ね」

「モンモランシー、ぼくにも作ってくれ!1000エキューまでなら出す!!」

…実に説得力のあるコメントだったようだ。一撃で全員が信じてくれた。
やはりギーシュ君が私を好きになるはずないってみんな思ってたんだろう。当然なんだけど、少しだけ悲しい。

「モンモンお前、何考えてんだ!」

「仕方ないじゃない!それにこれは事故よ!わたしは悪くないわ!!」

うわ、逆切れ!?

「だいたいねぇ!全部あんたが悪いのよ!!」

そして私を指差した。って、私!?

「私!?」

「あんたが“惚れ薬”飲んだのに、全然効いてないみたいだったから!大枚はたいて高価な材料使って…失敗なんてするはずないのに、」

「ちょっと待ちなさい」

ルイズが逆切れモンモンを止める。
いや、それよりモンモンは何て言った?私にも“惚れ薬”を飲ませた?
…冗談。
私にそんなもの飲ませる理由が見当たらない。それに、原作だと“惚れ薬”はギーシュ君に飲まそうとする1杯分だけだったはず。

「な、なによ」

「どういうこと?何でラリカにも“惚れ薬”なんて飲ませたの?ギーシュとラリカをくっ付けようなんて思うはずないし…あんた、何を企んでたの?」

「そ、それは…」

言いよどむモンモン。と、ミスタ・グランドプレが口を出した。

「そういえば、ぼくは何で呼ばれたんだ?何の用事かは聞いてなかったけど」

む、そういえば私も。

「ミス・モンモランシ、確か私を呼んだ理由って“素敵な人を紹介する”とか」

私に一目惚れどーのとか。でも、ミスタ・グランドプレは別に私に惚れてないし。あの時点じゃ薬を飲んでなかったギーシュ君も私を好きになってないはず。

「…おいモンモン、お前、まさかラリカをマルコに惚れさせて“惚れ薬”の実験台にしようとか思ってたんじゃないだろうな?だとしたら…」

才人が斬伐刀に手を掛ける。
目が本気と書いてマジな状態だ。

「それで、成功したらギーシュに飲ませた“惚れ薬”を自分が使うつもりだったの?…もしそうだったら、」

ルイズが杖とクロスボウを取り出す。
目が本気と書いて(略。

「何だって!!じゃあ上手くいったらメイルスティアがぼくに惚れてたって事か!」

ミスタ・グランドプレは放っておこう。
でもなぜか目が本気(略。

でも、…いやいやいや、そんな、ありえないって。
いくら何でもそれはダメ過ぎだし、ギーシュ君が好きになった相手がそんな最低人間なはずない。それに私の想いは薬の力なんかじゃない。

「ルイズ、才人君も。私は“惚れ薬”なんて飲んでないって。ど~見ても普段どおりじゃーないですか。ね?ギーシュ君」

「ああ、いつもどおり魅力的だよ…僕のラリカ!」

ギーシュ君が私をがばっと抱き締める。そして強引に頬を持ち、さっきやりそびれたキスを…、
またルイズ&才人に引き離された。

「また!!どうして邪魔するんだよ!?」

「うるせえ!“惚れ薬”だろうと関係ねえよ!!やっぱお前はブン殴る!!」

しかも彼を叩こうと、

「才人君!お願いだからギーシュ君に乱暴しないで!!」

…あ。
ギーシュ君を殴ろうとした姿勢のまま固まる才人。
思わず彼の前に飛び出し&叫んじゃったけど、マズった?
いやいや、でも普通の友達とかだって乱暴されようとしたら止めるはずだよね。うん。
人として当然の主張をしたまでなのです。



だから、こっち見んな。




私は“惚れ薬”なんて飲まされてないって~の!!









##################


新年度、引越しが完了してようやく落ち着けました。
滞っていた更新も元に戻せそうです。
それにしても…光は速~い。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.063338041305542