ゼロ魔SS投稿掲示板




No.16464の一覧
[0] 幸福な結末を求めて    ゼロ魔転生?モノ(オリ主)[めり夫](2011/06/13 00:20)
[1] プロローグ[めり夫](2010/02/14 11:12)
[2] 第一話・目指せ☆バッドエンド回避[めり夫](2011/02/09 07:42)
[3] 第二話・本編開始[めり夫](2011/02/09 07:51)
[4] 第三話・恩を売りましょう[めり夫](2011/02/09 07:57)
[5] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ[めり夫](2011/02/10 07:37)
[6] 第五話・胡蝶の夢?と不測の事態[めり夫](2011/02/10 07:46)
[7] 第六話・ゴーレムごっついのぉ[めり夫](2011/02/10 07:56)
[8] 第七話・決着、そしてさらば(予定)主要メンバーよ![めり夫](2011/02/10 08:01)
[9] 第八話・計画通り…のはずだよね?[めり夫](2011/02/14 01:53)
[10]  幕間1・嵐の前の平和な日常(才人)[めり夫](2011/02/14 02:02)
[11]  幕間2・嵐の前の平和な日常(ルイズ)[めり夫](2011/02/14 02:17)
[12] 第九話・ちょっと待て・私は行くと・言ってない[めり夫](2011/02/14 07:18)
[13] 第十話・計画変更、軌道修正[めり夫](2011/03/06 13:27)
[14] 第十一話・ワルドの影が薄い気がする[めり夫](2011/02/14 07:30)
[15] 第十二話・泥濘の夢。ワルド空中戦[めり夫](2011/02/16 00:45)
[16] 第十三話・賭けにでてみよう☆[めり夫](2011/02/16 00:56)
[17] 第十四話・すれすれすれ違い[めり夫](2011/02/16 01:04)
[18]  幕間3・絶望のラリカと落日の皇子[めり夫](2011/02/16 01:21)
[19]  幕間4・二人のライアー[めり夫](2011/02/16 01:31)
[20] 第十五話・ドタバタ☆結婚式[めり夫](2011/02/16 02:00)
[21] 第十六話・卑劣なるミョズ!というコトでひとつ[めり夫](2011/02/16 02:00)
[22] 第十七話・交錯する俺と私[めり夫](2010/02/23 21:28)
[23]  幕間5・知らないトコロで話は進む[めり夫](2010/02/25 08:12)
[24] 第十八話・ぐっどもーにんぐ希望の朝![めり夫](2010/02/28 11:28)
[25] 第十九話・原点回帰。思い出せ!目指したものを![めり夫](2010/02/27 12:54)
[26] 第二十話・あれれ~はなしがつうじないよ~[めり夫](2010/02/28 11:28)
[27]  幕間6・キスと夜空と自称薔薇[めり夫](2010/03/02 01:45)
[28] 第二十一話・バタフライ・エフェクト[めり夫](2010/03/03 20:20)
[29] 第二十二話・バタフライ・エフェクト2[めり夫](2010/03/04 21:45)
[30] 第二十三話・ハルケギニアのみんな!私に知識を分けてくれ![めり夫](2010/03/06 17:17)
[31] 第二十四話・恋せよメイド!(命令形)…せめてお友達から[めり夫](2010/03/06 23:44)
[32] 第二十五話・タルブの風と際会の空[めり夫](2010/03/07 19:25)
[33] 第二十六話・涙の理由 Side:B[めり夫](2010/03/14 22:23)
[34] 第二十七話・涙の理由 Side:A[めり夫](2010/03/14 22:24)
[35] 第二十八話・火の思い出[めり夫](2010/03/14 00:32)
[36] 第二十九話・乖離?いいえ予定調和です。だと言ってくれ[めり夫](2010/03/14 20:52)
[37] 第三十話・はぐ[めり夫](2010/03/16 01:51)
[38]  幕間7・平穏で、平和な、小さな宴[めり夫](2010/03/19 00:36)
[39]  幕間8・知らないトコロで乖離は進む[めり夫](2010/03/19 02:43)
[40] 第三十一話・虚無がどこかで覚醒してる頃に[めり夫](2010/05/08 21:35)
[41] 第三十二話・虚無の告白、閃光の叛意[めり夫](2010/03/20 23:18)
[42]  幕間9・異世界の水兵服[めり夫](2012/09/24 02:39)
[43] 第三十三話・捩曲の夢と現実[めり夫](2010/03/26 08:09)
[44] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。[めり夫](2010/03/29 23:35)
[45] 第三十五話・絶望と青銅の惚れ薬①[めり夫](2010/03/31 21:44)
[46] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②[めり夫](2012/09/24 02:47)
[47] 第三十七話・行く先はラグドリアン[めり夫](2010/04/10 02:45)
[48] 第三十八話・ナゾを出すなら答えを用意しといて下さい[めり夫](2010/04/13 22:19)
[49] 第三十九話・顛末、そして[めり夫](2010/04/29 11:24)
[50] 第四十話・かつてない(私の)危機!!てか詰んだ?[めり夫](2010/04/17 12:00)
[51] 第四十一話・思考の渦と、ターニング・ポイント[めり夫](2010/04/29 17:03)
[52] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2[めり夫](2010/04/27 19:57)
[53] 第四十三話・ご崩御ください女王陛下☆[めり夫](2010/04/29 17:00)
[54] 第四十四話・人生?もうどうにでも、なぁ~れっ☆[めり夫](2010/05/16 21:53)
[55]  幕間10・空白の2日間に[めり夫](2010/05/11 21:27)
[56]  幕間11・現実逃避という名の休日①[めり夫](2010/05/17 01:35)
[57]  幕間12・現実逃避という名の休日②[めり夫](2010/05/20 00:41)
[58]  幕間13・霞の夢と、それぞれの日々[めり夫](2011/03/06 13:28)
[59]  幕間14・変化の兆しと、変化した色々[めり夫](2010/06/07 07:30)
[60] 第四十五話・私、目が覚めました!!(ダメな意味で)[めり夫](2010/06/16 07:40)
[61] 第四十六話・作戦開始!神算鬼謀な我が策!![めり夫](2010/06/27 22:31)
[62] 第四十七話・仕込みは上々、逃亡へのカウントダウン[めり夫](2010/07/02 12:15)
[63] 第四十八話・Other Side そして幸福な日常は続いていく[めり夫](2010/07/16 00:27)
[64] 第四十九話・Main Side そして偽りの日常は幕を閉じる[めり夫](2010/07/26 07:51)
[65]  幕間15・その頃。そして残された手紙[めり夫](2010/08/02 06:52)
[66] 第五十話・Side再度ワルド![めり夫](2010/08/18 23:06)
[67] 第五十一話・グリフォンの背に乗って。素敵じゃない空の旅を[めり夫](2010/09/02 03:21)
[68] 第五十二話・語られない物語[めり夫](2010/09/24 03:25)
[69]  幕間16・閉じこもった世界で[めり夫](2010/10/05 00:36)
[70]  幕間17・推理は“踊る”。されど“進まず”[めり夫](2011/02/16 23:46)
[71] 第五十三話・こっちはこっちでナニかが進む[めり夫](2010/11/22 01:42)
[72] 第五十四話・あなたの視線に心臓ドキドキ☆マッハビート[めり夫](2010/12/10 00:03)
[73] 第五十五話・雨の孤島と女の勘[めり夫](2011/01/15 23:32)
[74]  幕間18・ノコリガ[めり夫](2011/02/06 23:36)
[75] 第五十六話・キーワードは“ティファニア”[めり夫](2011/02/25 23:48)
[76] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ[めり夫](2011/04/07 02:05)
[77]  幕間19・悪女の条件[めり夫](2011/05/15 03:30)
[78] 第五十八話・むーびんぐ、ざ、わーるど①[めり夫](2011/06/13 00:13)
[79] 第五十九話・強引愚昧ウェイ(Going My Way)[めり夫](2011/07/20 03:21)
[80] 第六十話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideB[めり夫](2011/09/18 16:48)
[81] 第六十一話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideA[めり夫](2011/11/15 07:54)
[82] 第六十二話・夜空そらごと、絵空事[めり夫](2011/12/25 09:55)
[83]  幕間20・佐々木良夫の諦観[めり夫](2012/06/06 21:56)
[84] 第六十三話・“無能”との遭遇。実際はこっちがアレな方だけど[めり夫](2012/08/27 01:51)
[85] 第六十四話・カンニングを駆使すれば天才に勝てるかどうか挑んでみるテスト[めり夫](2012/09/24 02:25)
[86]  幕間21・アザー、アナザー、アウトサイダー①[めり夫](2012/10/10 08:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16464] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。
Name: めり夫◆9cbc0c0c ID:07f4466b 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/29 23:35
第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。





誰かを好きになったとして。それは“私”?それとも、好きになったと“嘘”をついてるだけ?まったく、ムズカシイ問題ですなぁ。





「それで、お話って何かな~と」

夜。
約束通りにミス・モンモランシの部屋にやって来た私は、さっさと用件を聞くことにした。とりとめのない話をするほど親しくないし、正直あんまり長居したくない。
あんまり得意じゃないんだよね~モンモンさんって。頑張って親しくなったとしても、メリットなさそうだし。

「そっちに座って。今、ワインを出すわね」

用意されていた椅子に座る。
そういえば、今朝ミス・モンモランシはセーラー服着てこなかったな。ギーシュはまだプレゼントしてないのだろーか?

「おかまいなくー。いやー何だかいい匂いがしますな~。香水?」

「そうよ。わたしの二つ名、知ってるでしょ?」

「“香水”だったよね。うんうん、納得の二つ名かも」

「そういえば、あんたも香水を作ったとか。メイドが話してたわよ」

「あ~、『働くメイドの香り』。アレを香水と呼ぶかどーかは疑問だけど」

あはは、と笑ってみせる。
もしかして呼ばれた理由ってそれか?営業妨害するな的な。でも、モンモンさんの香水とアレは用途が全く被らないハズだ。

「まあ、着眼点はなかなかじゃない。平民用としてはね。貴族は誰も使わないけど」

…私はたまに使ってるんだけどねー。
でも、この言い方からすると香水の件は特にどーも思ってないようだ。

「貴族とかが使うのを作るには実力不足ですから。あ、どうも~」

ミス・モンモランシがワインを注いでくれる。高級なのか安物なのかは微塵も分かんない。
でも多分、私がいつも飲んでるやつよりはモノがいいだろう。

「ま、弁えているのはいい事よ。そう、何事も身の程を弁えないと、ね?」

「…?」

笑顔がちょーっと怖いですよモンモンさん。

「それで、お話とは何だったかな?私もあんまり遅くなるのはちょっと。使い魔にオヤツを与えないといけなかったり」

「使い魔、あのムカデね。そういえばあんた、いつか夜中に学院を抜け出して、誰かさんと夜のデートしたそうじゃない?その使い魔に乗って」

「デート?」

何だそりゃ?
自慢じゃないが、私とデートしてくれるようなキトクな男の子に心当たりはなっしんぐ。
才人やギーシュあたりなら、頼めば一緒に出掛けてくれるかもだけど…って、もしかしてアレか?
ココアと再契約した夜の話か。

「それって、もしかしなくてもギーシュ君を乗せて帰って来た時の事じゃ~ないかな。でもあれはついでに送っただけで、デートとかそんなのじゃないんだけど」

ああ、なるほど。それが気になって呼び出したのか。
で、当事者っぽい私に確認と。
まあ、私が浮気相手だと思われる確率はゼロ(ミス・モンモランシのライバルに認められるほどの魅力ないし)だから…ギーシュが女の子を片っ端からナンパし始めた…つまり、自分とヨリを戻すのを諦めて新たな彼女作り活動し始めたとでも思ったんだろうか。
そんな心配しなくても大丈夫なのに。ギーシュは何だかんだでモンモン一筋なんだから。

「へぇ、夜中に2人きりで帰ってきてデートじゃなかったと」

「帰宅は一緒だけど、会ったのは殆ど偶然だったしね。森で使い魔を洗ってたらギーシュ君がつけて来ちゃって。窓から抜け出すのを見られてたみたいですな~」

「…ふぅん」

イマイチ信じてないっぽい。真実なんだけどね。
てか相手が私って時点でデートは有り得ないでしょーに。

「それと、少し前の夜にもキュルケ達と飲み会したって聞いたけど。ギーシュ以外は全員女の子で。あんたの発案らしいわね」

「才人君…ルイズの使い魔君も男の子だよ。それと、あれは飲み会と言うより、」

宝探しの反省会…でいいのか?名目は確かにそれだけど…。
ギーシュのためにモンモンさんの機嫌を直す方法を考える、ってのも一応あったが、誰も微塵も考えてなかった。むしろキュルケなんて、もう別の恋を探せとか言ってたし。

「飲み会というより、何よ」

「一応、反省会?」

あくまで一応。

「宝探し旅行のよね?」

「うん。結局金銀財宝は見付からなかったワケなので、残念会も兼ねて」

「残念会。ふぅん、そう。残念会ね」

…さっきからやたらと突っかかるな。
ギーシュが誰かと浮気してるか気になってるならハッキリそう訊けばいいのに。
確かにルイズは極上の美少女だし、キュルケは超絶ナイスバディ。タバサも神秘的な魅力がある。メイドのシエスタも脱いだら凄い実力を秘めてるし。
そんなのと一緒に行動するボーイフレンドを疑う気持ちも納得かもか~も。
でも彼女らに直接聞くのはプライド的にもアレだから、私から間接的に聞き出そうってトコロだろう。

「ええと、ミス・モンモランシ。不安なのは分かるけど、別に嫉妬とかしなくても大丈夫だと思うよ。だって、」

「ちょっと。誰が不安なのよ?いつ、誰に対して嫉妬したっていうの?」

うわ、言葉選びを間違えた!?
ミス・モンモランシはこちらを睨んで…あ、笑顔になった?
でも目は笑ってない。コワイですよー、そんな笑顔似合いませんよー。

「ええと、」

「ま、いいわ。今日はそんな事のために呼んだんじゃないのよ。今日はね、あんたにとっても素敵な人を紹介しようと思って呼んであげたの。感謝しなさいよ、もしかすると未来の夫候補になるかもしれないんだから」

…何だそりゃ。
モンモンさんはキトクにも、私に誰かを紹介したくて呼んだと?
ワケが分からない。展開も話にも、脈絡がなさ過ぎる。

「お気持ちはひじょ~に嬉しいんですが。なぜに私に?」

「その人が、あんたに一目惚れしたのよ。で、わたしに是非紹介して欲しいって言ってきてね。それで仕方なく手を貸してあげることにしたの」

私に一目惚れ?
どーいう感性してるヒトだろ。自慢じゃないけど、一目惚れされるホドのものは持ってない。
ちょっぴり悪い目付きがツボに?でもそれならもっと綺麗な子は大量にいるし。

「う~ん、微塵も心当たりありませんなー。誰?」

「会ってからのお楽しみよ。それよりワインをどうぞ?あんたじゃ買えない高級ワインなのよ?」

オマエさんだって貧乏…まあ、メイルスティア家とは比べられないか。

「あ~、それじゃいただきまーす」

注がれたワインを飲む。
高級なのか安物なのか、私の三流な舌じゃ判別つかない。でもマズくはない。
…てか、モンモンさん。その満面の笑みは何だ?怖いって。

「そろそろ来るはずよ。楽しみね、メイルスティア」

うむ、何がそんな楽しみなんだろう。
超もしかして、ミス・モンモランシも恋のキューピッド的なお節介を楽しむ女の子だったとか?
“俺”が中学生くらいの頃は、そんな事をして喜ぶ女子とかいた気がする。
でもミス・モンモランシがねえ…。

「ふむふーむ。まあ、会うだけ会ってみましょ~か。ミス・モンモランシがせっかく紹介してくれるんだし」

ま、いいや。
どんな人でも私なんかに惚れてくれたのなら、素直に嬉しい。
いつかは恋人とか見付けたいな~とか思ってたし。丁度いいかも。
願わくば、その人が私よりも貧乏とかじゃありませんように。


ドアがノックされる。
ミス・モンモランシは不自然なほどの笑顔のまま、“アンロック”した。

「来たわね、マリ…、え?」

そして入ってきた誰かに驚いたのか、固まる。
自分で紹介するとか言っといてその反応は何ぞや?
私も振り返っ、

「メイルスティア、だ、だめっ!!」

…た。



………。



ん?
モンモン、コレは何の冗談ですか?

「やあモンモランシー!やっと扉を開いてくれたんだね!!きみへの永久の奉仕者ギーシュが、…って、ラリカ?」

「や、ギーシュ君。こんばんは~」

ああ、分かった。そういう事ね。
私をからかったって~ワケか。ボーイフレンドとかいそうにない私に淡~い期待をさせて、実は嘘でしたーって感じでネタばらし。なるな~る。
そんな事する理由は不明だけど、どーせそんなコトなんだろう。趣味悪いなぁ。


…でも残念。私はどんな理由だろうと、ギーシュ君に会えるだけで嬉しいのですよ~。


「え?メイルスティア?」

モンモンの不思議そうな声。残念がってないから意外だったかな。

「ん?どーしたミス・モンモランシ」

「その…何ともないの?」

何が?

「私は至って健康そのものだけど。それより、お客さんですよー」

ギーシュ君を無視するなっての。
全く、どーしてこう見る目がないんだろうね。やっぱり、彼女はギーシュ君には相応しくないですな。
プライドばっかり高くて高慢なヒトには、薔薇のホントの良さなんて分からないのだろう。

「え?あ、ああそうね。ギーシュ、なにしに来たのよ。もう、あなたとは別れたはずよ」

とか言いながらも私の方をチラチラ見るモンモン。何を気にしてるんだ?
見せ付けようとかそういう意味かな。うん、いよいよ感じ悪いなぁ。

「僕はちっともそんな風に思ってなかったよ!君だってすんなり扉を開けてくれたからには僕を許してくれたんだろう?」

「それは、…それより、メイルスティア。あんたホントに何ともないの?」

だからギーシュ君を後回しにするなってーの。
あと、意味不明な質問がしつこ過ぎ。そんなに私にどうにかなって欲しいのか?

「だから全然全くこれっぽっちも何ともないって。さっきから意味不明だよ?」

「そ、そんな…。どこか間違ってたっていうの?レシピは完璧だったはずなのに…」

何だか愕然としながらブツブツ呟き始めるモンモン。
可哀相にギーシュ君がしょんぼりしてる。おのれモンモンめ。

「ギーシュ君、ミス・モンモランシに何か用だった?」

ま、その間にお喋りさせてもらいますか。好きなだけブツブツ言ってて下さいな。

「ああ、コレをプレゼントしようと思ってね。メイドに頼んで仕立て直してもらったんだ」

持っていた包みを少し開いて見せてくれる。なるほど、セーラー服か。
シエスタが不在だから仕立て直す時期がズレたのかも。

「セーラー服、気に入ったの?」

「いや、そのあれだよ。こういう変わった装いもいいんじゃないかと思ってね、うん」

「ふむふ~む。私で良ければまた着るんだけど。でもミス・モンモランシほどキレイじゃないからなー。やっぱ美人に着てもらった方がいいよね?」

「そんな謙遜は…って、今なんと?」

「お望みとあらばまた着ちゃいますよーと。昨日は時間がなかったけど、時間がある時ならいつでもオケ~イ」

私なんかで良かったら、何でもしちゃうんだぜー。だぜー。
膝上15サントだって、おヘソが見えちゃう上着だって全然余裕。恋する乙女の前には、羞恥心などミジンコ以下、

「ちょっとギーシュ!」

モンモンの怒鳴り声。せっかくお喋りしてたのに、空気を詠み人知らないにも程がある。
でも、ギーシュ君は笑顔で反応した。

…くそぅ。分かってるけど、何だかモヤモヤ。
でもでも、ギーシュ君が幸せそうなら!…あうぅ。




実にジレンマ。されど現時点の私に為す術はなっしんぐ。
私の人生の目的、『なるべく幸せな人生』と『ギーシュ君の幸せ』。

両方を叶えるために、これからも頑張らないといけませんな~。



………うん?

うん。






##############


暫く振りに更新です。
新年度で引越しやら何やらで、落ち着くまで速度落ちそうです…orz


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028747081756592