ゼロ魔SS投稿掲示板




No.11205の一覧
[0] ハーレムを作ろう(ゼロ魔設定、15禁程度かな)[shin](2009/10/11 00:46)
[1] ハーレムを作ろう(物語をはじめようその1)[shin](2009/09/13 22:29)
[2] ハーレムを作ろう(物語をはじめようその2)[shin](2009/09/12 10:59)
[3] ハーレムを作ろう(家を探そう)[shin](2009/09/13 22:29)
[4] ハーレムを作ろう(メイドさんを作ろうその1)[shin](2009/09/24 23:21)
[5] ハーレムを作ろう(メイドさんを作ろうその2:15禁注意)[shin](2009/09/06 22:11)
[6] ハーレムを作ろう(メイドさんを作ろうその3)[shin](2009/09/06 22:26)
[7] ハーレムを作ろう(オムレツを作ろう)[shin](2009/08/26 00:17)
[8] ハーレムを作ろう(発電機を作ろう(おまけ))[shin](2009/08/23 21:44)
[9] ハーレムを作ろう(トイレに行こう:15禁かな)[shin](2009/09/24 23:22)
[10] ハーレムを作ろう(館を案内しよう)[shin](2009/08/26 21:44)
[11] ハーレムを作ろう(部屋に呼ぼう)[shin](2009/08/26 23:37)
[12] ハーレムを作ろう(歯磨きで仲良くなろう)[shin](2009/08/28 03:23)
[13] ハーレムを作ろう(話を聞こう)[shin](2009/10/21 00:49)
[14] ハーレムを作ろう(彼はいい人です(おまけ2))[shin](2009/08/31 16:38)
[15] ハーレムを作ろう(研修を始めよう)[shin](2009/08/31 16:55)
[16] ハーレムを作ろう(お昼ご飯を作ろう)[shin](2009/09/01 23:28)
[17] ハーレムを作ろう(アマンダの一日を語ろう)[shin](2009/09/04 02:21)
[18] ハーレムを作ろう(お留守番をしよう)[shin](2009/09/05 00:55)
[19] ハーレムを作ろう(お仕事をしよう(おまけその3))[shin](2009/10/21 00:51)
[20] ハーレムを作ろう(ご主人さまを起こそう)[shin](2009/09/12 12:07)
[21] ハーレムを作ろう(おかたづけをしよう)[shin](2009/09/12 12:14)
[22] ハーレムを作ろう(八王子さんはいい人です)[shin](2009/09/12 12:26)
[23] ハーレムを作ろう(観光案内をしよう)[shin](2009/09/13 22:27)
[24] ハーレムを作ろう(村に行こう)[shin](2009/09/24 23:24)
[25] ハーレムを作ろう(友に会おう)[shin](2009/09/15 00:11)
[26] ハーレムを作ろう(お買い物に行こう)[shin](2009/09/16 22:23)
[27] ハーレムを作ろう(お仕事をしよう(おまけその4))[shin](2009/09/16 22:15)
[28] ハーレムを作ろう(売り物を探そう(おまけその5))[shin](2009/09/17 22:25)
[29] ハーレムを作ろう(失敗しよう(おまけその6))[shin](2009/09/18 22:23)
[30] ハーレムを作ろう(虚無の曜日は休日です)[shin](2009/09/24 23:01)
[31] ハーレムを作ろう(料理人を選ぼう)[shin](2009/09/24 23:02)
[32] ハーレムを作ろう(水道を引こう)[shin](2009/09/22 00:08)
[33] ハーレムを作ろう(出張に行こう)[shin](2009/09/24 23:03)
[34] ハーレムを作ろう(監視をつけよう)[shin](2009/09/24 23:04)
[35] ハーレムを作ろう(計画を練ろう)[shin](2009/09/24 22:33)
[36] ハーレムを作ろう(躾は必要です)[shin](2009/09/26 00:44)
[37] ハーレムを作ろう(秘密をばらそう)[shin](2009/09/27 17:31)
[38] ハーレムを作ろう(呆れられよう)[shin](2009/09/28 08:47)
[39] ハーレムを作ろう(風呂に放り込もう)[shin](2009/09/29 00:55)
[40] ハーレムを作ろう(宴会を始めよう)[shin](2009/10/01 22:28)
[41] ハーレムを作ろう(小麦を売ろう)[shin](2009/10/01 22:28)
[42] ハーレムを作ろう(お風呂に入ろう(おしまい))[shin](2009/10/02 10:58)
[43] ハーレムを作ろう(外伝小ネタ)[shin](2009/10/03 01:19)
[44] ハーレム、作ってみたけれど(15禁)[shin](2009/10/04 03:52)
[45] ハーレム、作ってみたけれど(二話目)[shin](2009/10/06 10:40)
[46] ハーレム、作ってみたけれど(爺さん来襲!)[shin](2009/11/07 22:45)
[47] ハーレム、作ってみたけれど(記念すべき第一号)[shin](2009/10/10 05:02)
[48] ハーレム、作ってみたけれど(小ネタ)[shin](2009/10/14 23:29)
[49] ハーレム、作ってみたけれど(そうだボモージュへ行こう)[shin](2009/10/14 23:55)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[11205] ハーレムを作ろう(外伝小ネタ)
Name: shin◆d2482f46 ID:993668df 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/10/03 01:19
子ネタです。
PON様の感想から、アイデアを思いつき、書いてみました。
続きません。
では、宜しく

-------------本文-----------------

この世界は、ゼロの使い魔の世界そのものである。

トリステイン魔法学院のコック長のマルトーがいた。
調べてみると、トリステイン魔法学院長は、やはりあのオスマンだった。

帝政ゲルマニアに、ツェルブストー家がちゃんとあった。
皇帝は、アルブレヒト3世であり、ガリア王国には、ジョゼフとシャルルと言う二人の王子がいた。

ここまで共通点があれば、疑う理由も無い。


まだ、ヴァリエール家の三女が生まれていないのか、既に生まれているのかは確認まではしていないが、間違いなく三女は魔法が使えないだろう。



それは、別に良い。

トリステイン王国がどうなっても、俺には痛くも痒くも無い。
原作が開始されればその影響を受けたくないばかりに、わざわざガリア王国から帝政ゲルマニアに移って来た程だ。


ただ、一つだけ困った事がある。
アルの記憶だ。

アルバート・デュランは、生粋のガリア生まれ、ガリア育ちなのだ。
その記憶の中には当然祖国愛らしきものもある。

そして、俺はゼロの使い魔のストーリーをわざわざ全巻集めてきて読み通してしまったのだ。
最初は良かった。

特に何も思わず、大変になるんだなあ程度の感慨だった。
だが、15巻辺りになると、もういけない。

読んでいて、何故か気分が悪くなるのだ。
しかも、ジョゼフが自殺すると、怒りは益々強くなる。

最悪は、17巻だ!
吾が偉大なるガリア王国が、くそったれロマリア如きの言いなりになって、エルフとの聖戦に同意する!!!

もう駄目だ、こんな馬鹿な歴史なんて、絶対この通りにしてはいけない。
何とかしなければ…
何とかしなければ…



そこで、ハッと気が付いた。
これは、俺の感情ではない。

アルバート・デュランの記憶の成せる技だと言う事に。

彼の記憶では、確かに宮廷争いは醜いの一言だった。
だが、それでもガリアは故国だ。

内部で争っている内は目を逸らしていられるが、外からの影響を受けるなんて、断じて許せん!




いや、落ち着こう、俺…
それは、アルの感情だって。



ヤバイ…
このままだと、いつ何時アルの感情で動き出すか判らない。

まあ、少なくともジョセフが変な事するまでは大丈夫だろう。
少なくともその辺りを読んでいる時は影響は無かった。

国王の自殺、シャルロット女王も少し憤慨を覚えたが、問題は無かった。
となると、問題はやはり他国の干渉だ。

ジョセフがアルビオンにちょっかい出すのは問題ないのに、ガリアに他国からちょっかい出されるのは憤慨する。
なんと素晴らしい故国愛。

だが、この感情が俺の行動に影響を及ぼすとなると、問題だ。




何とか、しなければ…










それは、ある日の昼下がり。
虚無の曜日と言う事で、みーんなのんびり過ごしていたのです。

すると、突然ご主人さまが、転移して参られました。


「ヴィオラ、オムツとミルクの用意を頼む!」
突然のご主人さまの声に、皆パニックです。

特に、ご主人さまが抱えている上等そうな着物の中から、泣き声が響いて来るので、それが混乱に拍車を賭けます。


赤ん坊です。
ご主人さまが、赤ん坊を連れてお戻りです。


だ、誰が相手なんでしょう。
一体、ご主人さまの過去にどのような女性関係があったのでしょう。


あっ、グロリアが行きます。
私は、とっととミルクとオムツを捜しに行きましょう。



「ご、ご主人さま…」
冷たさでは、比べようの無い冷え切った声に、ビクッと身体が震える。

うーむ、グロリアは勘違いしているな。
いや、全員そうか。


「そ、そそその…あ、ああああか…」
うわあ、声が震えて言葉にならないよ。

「赤ちゃんが何者かって言いたいんだろう」
コクコクと頭が動く。
全員が俺を見つめている。

「えーっと、グロリアの姪っ子? もしくは妹かな?」
「えっ、わ、わわわわ…」

「ハイハイ、私の姪っ子って言いたいんだろう」
再びグロリアの頭がコクコク動く。




そう、それが俺の結論だった。
ジョゼットの存在は、ジョゼフの死後明らかにされる。

タバサやイザベラすら気づいていない。
じゃ逆に、皆が知る前にこちらに連れてきてしまえば良いんじゃね。


幸い、こちらにはグロリアと言う親族、もしくは姉がいるし。

と言う事で、タバサが生まれるタイミングを計り、預けられた孤児院から速攻引っさらって来ました。


うん、これって完璧。
これで、アルも煩く言うまい。


「ご、ご主人さま…」
うん、今度はゼルマか。

「どうした?」
「あ、貴方はなんて事を!」
あれっ?

どうして、ゼルマが怒るのだ?

「判っているのですか? こんな幼子を浚ってくるなんて!」
ヤバイ、完全に人攫いだと思われている。

いや、間違いじゃないか。
どう説明すべきだろう。






結局、全員に納得してもらうのに、一晩掛かりましたとさ。



ちなみに、グロリアはジョゼットを抱いて、それはもう幸せそうな顔をしてました。
あっ、でもグロリア、母乳は出ないとおもうぞ…


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026558876037598