TYPE-MOONSS投稿掲示板




No.31354の一覧
[0] 【ギャグ】逞しい桜さん (15禁) [みさりつ](2012/02/01 23:27)
[1] 2話上 姉と妹の関係 蛇足追加[みさりつ](2012/01/28 18:28)
[2] 2話下 兄と妹の関係[みさりつ](2012/01/28 18:30)
[3] 閑話 桜さんの趣味ていうかSAKURA[みさりつ](2012/01/29 20:38)
[4] 3話 幸も不幸も人それぞれなお話 しんじくんの日記[みさりつ](2012/01/29 20:57)
[5] 4話 ある聖夜の奇跡 上編[みさりつ](2012/01/30 00:10)
[6] 5話 ある聖夜の奇跡 下編[みさりつ](2012/01/31 00:13)
[7] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 上[みさりつ](2012/02/01 00:09)
[9] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 下[みさりつ](2012/02/01 00:28)
[10] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 上[みさりつ](2012/02/01 23:21)
[11] 6話番外 逆レイパーしんじくんジュゲム[みさりつ](2012/02/02 19:05)
[12] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 中[みさりつ](2012/02/03 21:31)
[13] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下 [みさりつ](2012/02/03 21:36)
[14] 閑話3 あとかたづけ 桜さんの日記[みさりつ](2012/02/04 11:20)
[15] 7話 レーシック姉妹喧嘩 【第一部終了】[みさりつ](2012/02/05 20:14)
[16] 閑話 ダイジェスト旅行記 2月から4月の間[みさりつ](2012/02/05 20:10)
[17] 閑話 ダイジェスト旅行記 5月から帰国まで[みさりつ](2012/02/08 00:36)
[18] 聖杯戦争編 予告[みさりつ](2012/03/05 23:46)
[19] 第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷[みさりつ](2012/03/05 23:42)
[20] 第二部 一話 彼女が出来ました。[みさりつ](2012/03/09 14:12)
[21] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 上 悟[みさりつ](2012/03/09 21:23)
[22] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 下 り[みさりつ](2012/03/09 22:17)
[23] IF外伝 天より他知るものなく[みさりつ](2012/03/13 22:25)
[24] IF外伝 桜さん家[みさりつ](2012/03/11 00:33)
[25] 二部 2話 上 桜さん準備中 SINJI覚醒(仮) IF 追加[みさりつ](2012/08/22 01:47)
[26] 二部 2話 下 なぁなぁな感じの桜さん準備中 [みさりつ](2012/09/22 00:50)
[27] しょうもない外伝3 ネタ注意 最低系桜さん[みさりつ](2012/09/23 02:09)
[28] 超短編 逞しいKARIYAさん 蛇足追加 若干diesクロス[みさりつ](2012/12/03 16:52)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31354] 2話下 兄と妹の関係
Name: みさりつ◆555902c4 ID:6298de81 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/01/28 18:30
僕は間桐慎二 

今日も美味しく衛宮が作る夕食に舌鼓を打っていると
今日も暴力虎教師が僕の皿から何も言わずにおかずを奪っていく。

今日の夕食は天麩羅と刺身ととても豪華だった。

最初は怒鳴るほどイラついたが、もう慣れた。

美味しそうに海老の天麩羅を食べていく虎。

僕は海老が好きではないので気にしない。

虎は僕の海老天を捕食すると、こう言う。



「そういえば間桐君、今日妹さん帰ってくるんですってね」


それにしても小鉢の芋の煮っ転がしは美味しいな、衛宮が女だったら家の家政婦として雇ってやったんだが。



芋…



妹……



「ああっ!?」

アレがこの街に居ない安息の日々がいつのまにか過ぎ去っていたのだというのか!?

そうだあれが居なくなってから三日は過ぎて………って!?


僕は妹のことはヨクワカラナイ。

間桐桜

傍から見れば大変容姿は美しいだろう。

しかしあれば妖怪桜だ。

人の血を吸って美しく咲くという怪談の桜の化身そのものだ。


「突然叫んでどうした?お、慎二。まさか桜のこと忘れてたのか?」


忘れることが出来ればドレだけ良いのだろうか。

衛宮の発言に思わず怒りが湧く。

忘れたのではない、思い出さないようにしていただけだ。

あの妹という名の怪物を。


「駄目だぞ慎二、今日家に桜が帰ってくるんだろう?今日は家に泊まらないで家に帰って桜を迎えてあげないと駄目だぞ」

正論を述べる正義の味方を目指しているという、もっぱら学園では使いパシリ野郎が余計な事を言う。


「そうね、桜ちゃんが帰ってくるんだから今日は帰りなさい、間桐君」


先生が言うから絶対ね、と虎が言う。



糞、糞糞っ!


余計なこと言いやがって!



ぴんぽーん


突然、衛宮家の呼び出しフォンが食卓になり響く。


まさか


「あ、藤ねえ、おれ玄関行って来るよ、あと勝手に俺のおかず食べるなよ、慎二は見張っていてくれ」



そういって席を立つ衛宮。


僕は衛宮が向かった方に耳を澄ませる。


虎が衛宮のおかずを食い荒らし始めているが気にしない。


それよりも


「おお、いつもありがとうな!」

「いえ兄さんがいつもお世話になっているので、本当なら食費だけでもそちらに渡したいんですけど」


やっぱりだ、帰ってきやがった。



「いやいいんだよ、慎二は俺の友達で好きでやってるんだから、それに慎二の正直な意見の方がただうまいうまい食べる藤ねえよりも参考になるから気にしないでくれ」

「ありがとうございます!先輩!」

「ところで今慎二が丁度夕飯食べているけど上がっていくか?」


やめろおおおおおおおお!そんなこというな馬鹿衛宮!?

僕の最後の安住の地にそんな怪物入れようとするな!



「いえ、いまからまっすぐ帰ってお夕飯の準備しないと、しばらくお爺様もレトルトばっかり食べていたらしいので、今日はすぐ帰って作ってあげないと」


「あいつも家に帰ればいいのに……反抗期だっけ?」

「ええいつも家に居るとお爺様とケンカばかりしていて家に寄り付かなくて……」

嘘つくなよ、お爺様は話しかけても「みしょみしょ」とか「ぶんぶん」とかしか言わないマネキンだろうが!

この前なんか「たまに干さないと腐っちゃう」とか言って洗濯物の横の木陰に座らせて陰干しして放置してただろうが!

どうやってケンカするんだよあれと!?あんな合成皮革と!?

そのあと「あ、蛆わいちゃった失敗、失敗(笑)」とかいって間桐の家の地下室に引きずっていくのを僕はみたんだぞ!


「ねえ間桐君」

「なんですか藤村先生」

「もう夕飯なくなっちゃったし桜ちゃんと一緒に帰りなさい」

「え?」

気付けば虎は衛宮のおかずばかりか、僕のおかずまで食い荒らしていた。

殺意が湧いた。

「ちょうどいいじゃない?士郎みたいな男の子が作った手料理よりも可愛い妹さんの手料理の方がいいでしょ」

頼んで一緒に作って貰っておじいさんと一緒に食べなさい、と虎は言う。

どいつもこいつも正論ばっかり言いやがって……。

「そうだな慎二、そうしろよ家族で仲良く夕飯食べろって」

「いえ、いいんですよ兄さん、私の手料理って先輩ほど美味しくないし、そんなにおじいさまが会うのが嫌ならそちらに残っても………その…私、平気ですから」

いつのまにか現れやがった。

なに僕の親友のスソをそんなあざとく掴んでるんだよ!?


「桜ちゃんの手料理は美味しいわよ!」

「ああ、この前の蝗の佃煮は凄い美味しかったぞ!俺はあんなに美味しく作れないぞ」

こいつ、僕の知り合い達に何食わせてるのよ!?

「あれは素材が良かったんですよ、でもお兄さんが嫌だっていうなら……」

「慎二」

「間桐君」


くっそもう逃げ場はない……最後の安住の地は既にこいつの手に落ちていたのかっ!?



嫌だ


いや


「帰りなさい」

「桜と一緒に帰れ」


いやだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ











結局


僕は桜と一緒に歩いている。

昨日までスキップするほど気分よく歩けたのに今は凄い足が重い。


なんだか今日の桜の機嫌はとてもよろしく、僕に一切話しかけてこない。


こいつ機嫌がいい時は僕に話しかけてこないし見向きもしない。

時たま突然意味の解らないことを言ってくるが

例 「兄さん、知ってます?肉食獣って獲物を狩った時一番最初に食べるのは肝臓なんですって」

  とか

  「ねえ兄さん百舌のハヤニエってしってます?」

  とか

よかった。

話しかけてこないし、機嫌が悪い時にぼくに向けるねっちょりとした視線とひたすらくすくすくすくすくすっていう笑いがない。


よかった。



桜の作る夕食はとりあえず衛宮邸でお腹いっぱい食べたと逃げて、即行風呂入って即行布団かぶれば……。

やり「ねえ、兄さん」すごせない


「な、ななななななんだいさ、さささくら?」

「今日の夕飯はなんだと思います?」

「な、なんだろう、教えてくれないか桜」

「蜂の子の野菜炒めと蝉のから揚げですよ」

栄養たっぷりですよ、と微笑む。


そして


「今日の帰り道いっぱいとれたんです」


いやあああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ




いもうとからはニゲラレナイ。






「ふふっ冗談ですよ」


はいコレ、と白いスーパーの袋を僕に渡す桜。

帰り道買ったであろう食材がつまったスーパーの袋。

よかった。

とスーパーの袋をみると普通の食材が――――。

「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」


骨だった。



「すいません間違えました」

本物はこっちですと同じスーパーの袋を渡してくるとそこには本当の食材が入っていた。

「嘘だろ絶対!?」

「はいうそです」



こいつは、いつも僕を玩具にして遊んでいる。

昔からずっと。


僕を精神のギリギリまで追い詰めて遊ぶのだ。


苦しむ僕をみて妖しくくすくすくすと笑うのだ。







ちなみに今日の夕食はホイコーローとマーボー豆腐と中華スープだった。

大変美味だった。

しかし、僕の茶碗や汁椀に隙間ができるとお代わりをひたすらつぎたしていくのは如何なものか、僕を丸々太らせようとするつもりか。

まるでお菓子の家の魔女のようにねっちょりと捕食者の視線で僕をみながらお替りをつぎたしていく姿は恐ろしい。


横に座っているお爺様は「みしょみしょ」といいながらゼリーとスイカを食べていた。


桜はそれを静かに夕食を食べながら見て、ときたまニヤニヤしながら「ヘラクレス、やっぱりヘラクレス」とつぶやいていた。








お風呂にはいってさっぱりとしながら居間のソファーで明るい笑い声と夢みたいな朗らかな世界を演出するバラエティをみていると。

「はい兄さん、アイス」

といってハーゲンダッツの抹茶味を僕にくれた。

警戒しながら、それを口に運ぶと

「甘い」

「ふふ、美味しい兄さん?」


そしていきなり桜が僕にしな垂れかかってきた。

覆いかぶさるように。

意識を強制的にジャックするような甘い甘い香り。

胸に圧し掛かる暴力的な二つの丘。

首元に吐き出される彩りをつけたのならば桃色になりそうな吐息。

食べかけのアイスは落下してべとりとカーペットを汚していた。


「ねえ兄さん、私も食べていい?」


意識が飛んでいく、そして朝になったら僕はまたいつもどおり何も思い出せずに




くすくすくすくすくすくすくす

















うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!




僕が夏休みの大半、衛宮邸で過ごしたのは言うまでもない。


























ちょっとしたギャグ風味

兄と妹の関係。


桜さん

意外としんじくんのことはあまり嫌っていない。

子悪党っぷりと小物さ加減が面白くていつも玩具にしている。

昔優しくしてくれたおじさんにほんの少し顔立ちが似ているから、大切にしている。

とことん追い詰めても死にそうになったら引っ張りあげる。

性処理道具兼可愛いペット扱い。

ありえないが、もし子供が欲しくなったら種馬にでもするかな、とか考えている。


あげるお小遣いは申請方式。

必要な理由を言えばちゃんとあげている。

お弁当もつくってあげている



しんじくん

とりあえず高校卒業したら家出しようかな、と考えている。

結構貧乏。

小遣い欲しいと怖くて言い出せないので士郎くんと一緒にバイトしている。

これだけ虐げられながら、基本原作とあまり変わらない性格。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.052019834518433