<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

TYPE-MOONSS投稿掲示板


[広告]


No.31354の一覧
[0] 【ギャグ】逞しい桜さん (15禁) [みさりつ](2012/02/01 23:27)
[1] 2話上 姉と妹の関係 蛇足追加[みさりつ](2012/01/28 18:28)
[2] 2話下 兄と妹の関係[みさりつ](2012/01/28 18:30)
[3] 閑話 桜さんの趣味ていうかSAKURA[みさりつ](2012/01/29 20:38)
[4] 3話 幸も不幸も人それぞれなお話 しんじくんの日記[みさりつ](2012/01/29 20:57)
[5] 4話 ある聖夜の奇跡 上編[みさりつ](2012/01/30 00:10)
[6] 5話 ある聖夜の奇跡 下編[みさりつ](2012/01/31 00:13)
[7] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 上[みさりつ](2012/02/01 00:09)
[9] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 下[みさりつ](2012/02/01 00:28)
[10] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 上[みさりつ](2012/02/01 23:21)
[11] 6話番外 逆レイパーしんじくんジュゲム[みさりつ](2012/02/02 19:05)
[12] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 中[みさりつ](2012/02/03 21:31)
[13] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下 [みさりつ](2012/02/03 21:36)
[14] 閑話3 あとかたづけ 桜さんの日記[みさりつ](2012/02/04 11:20)
[15] 7話 レーシック姉妹喧嘩 【第一部終了】[みさりつ](2012/02/05 20:14)
[16] 閑話 ダイジェスト旅行記 2月から4月の間[みさりつ](2012/02/05 20:10)
[17] 閑話 ダイジェスト旅行記 5月から帰国まで[みさりつ](2012/02/08 00:36)
[18] 聖杯戦争編 予告[みさりつ](2012/03/05 23:46)
[19] 第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷[みさりつ](2012/03/05 23:42)
[20] 第二部 一話 彼女が出来ました。[みさりつ](2012/03/09 14:12)
[21] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 上 悟[みさりつ](2012/03/09 21:23)
[22] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 下 り[みさりつ](2012/03/09 22:17)
[23] IF外伝 天より他知るものなく[みさりつ](2012/03/13 22:25)
[24] IF外伝 桜さん家[みさりつ](2012/03/11 00:33)
[25] 二部 2話 上 桜さん準備中 SINJI覚醒(仮) IF 追加[みさりつ](2012/08/22 01:47)
[26] 二部 2話 下 なぁなぁな感じの桜さん準備中 [みさりつ](2012/09/22 00:50)
[27] しょうもない外伝3 ネタ注意 最低系桜さん[みさりつ](2012/09/23 02:09)
[28] 超短編 逞しいKARIYAさん 蛇足追加 若干diesクロス[みさりつ](2012/12/03 16:52)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31354] 第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷
Name: みさりつ◆24f58f99 ID:4d7b1387 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/03/05 23:42
現在、空とは只見上げる物でもなく、鳥や虫たちにしか手が届かない侵す事の出来ない幻想ではない。
鉄を纏い、科学という知識を盾に人は空を飛ぶことを選び、空は侵された。


しかし彼女はまた別の方法で空を駆ける。

「ただいま」

御伽噺の様に空を箒で遊泳する。
飛翔するための力は科学の正反対を往く、忘れられた幻想。



風は冬の寒空、全てを凍らせるように吹き荒ぶ。
彼女が跨る現代から忘れられた旧さを体現したような箒の先端には括り付けられ、ぼう、と光る、これまた古風なカンテラ。
カンテラの炎がゆらゆらと箒の行く手を照らす。

「久しぶりの日本、ですね……此処よりも寒い場所を歩いて日々を過ごした事がありますが
やはり、故郷ですからね、此処の寒さが一番体に合ってるのでしょう、ああ、寒い」


おどけるように、軽々しく空に挑み、それでもいて尚、笑う。

手が寒さで震えるのを感じる彼女、悴んだ手が間違いそうになる。
科学であれほど慎重に挑む空だ、幻想でもいとも簡単に手に入る空ではない。

高度300メートルの空を往くには生身ではなく、魔術で武装した彼女でも中々の苦行。

「うーむ、幾ら努力しても寒さだけは防げないですか……ソロソロ降り立ちましょう、どうせなら人のいない場所が宜しいかな?」

箒に跨り彼女は思考する。
調子に乗って空を使い、冬木上空をエーテルで飛翔するのはいいが、着陸場所を考えていなかった。

両手で捕まえる箒の柄から右手を離し、人指し指を出し、くるり、と宙に丸を一つ描く。

『我、もし墓に片足を入れようとも、我は学ぶことを欲する』

それとともに、ダンテの一節を口ずさむ。

「態々寿命減らしてナビゲートって私も馬鹿ですねぇ、いくら此処一年で大分知識が着いたからって、こんな事で実践しなくてもいいでしょうに」

今も万札燃やして飛んでるようなものですし。

と、彼女は意地悪な継母の様に自分を笑う。

彼女が宙に描いた丸はまるで、空の星のように光を持ち、崩れ、淡い燐光を残して消え去る。
朝になれば消え往く星達のように。

すると、カンテラのぼう、とした炎が燃え盛り、彼女の往く手の導になるかの如く炎で描かれた矢印が点る。

「あっち?んーそうですか、冬木中央公園ですか?あそこ結構おどろおどろしくいいですね、良い判断です」

ではお礼、と彼女は自らの人差し指を口の中に入れ、思い切りよく、奥歯で齧る。
顎の力で噛まれた指は不細工な傷を作り、血を流し始める。
そして両手で箒の柄を再び掴み始めると、傷ついた指から血がどくどくと箒の柄に流れ出し、まるで当たり前の様に血が柄を伝い、カンテラに流れていく。

ぼう。

まるでカンテラが燃料を勢いよく注ぎ込んだように勢いよく燃える。
炎が機嫌よく喜ぶようにゆらゆらと揺れる。


「美味しいですか?たかが、鉄分」

痛いんですからね、それなりに働いて貰いますよ。

と言い

「では、スピーダっ!」

勢いを乗せて重力を伴い彼女は落下していく。
「寒っ!寒い!」と言いながら流れ星の様に地上にエーテルの光を纏い奔る。


その姿は御伽噺に残る幻想の魔女。











冬木の夜の街を走りぬけ、一通り空を満喫した彼女は着陸点にゆっくりと降下する。


「なにもかもが懐かしい、などと思いながら到着」

ぽす、と公園の芝生の上に箒から飛び降りる。

「あれ、ちょっと壊れてしまいましたね?」

箒が文句を言うようにミシミシと枯れ木が割れる音を立てる。
2メートルはありそうな長い箒の柄のカンテラが括り付けられている先端に亀裂が一つ。
カンテラの炎がその命の光を失うように消えていく。

「日本の空は好みじゃないって?いやいや頑張って?」

カンテラの火はプスプスと断末魔を上げ消える。

「あーあ」

せっかく熊本からここまで飛んできたのに…と一つ文句。

「結構高かったのに…日本に火蜥蜴っているんでしょうか?」

姉が持つ一級品の宝石以上に高価な魔術道具が一つ損失したにも関らず
彼女は嘆いているようで、全く反省も後悔もしていない。

「でも、楽しかった――――魔女の宅急便ごっこ」

その一言で十分、という様な価値の見方。


さようなら、と箒を地面に放り捨てる、命を失った箒はそのまま亡骸を見せたまま、何も物語らない。


彼女が地面に転がる箒に一振り手を振るうと、箒は灰になる。
それを一瞥すると芝生の上を歩き始める。

闇の中、草原の海の中を歩く彼女は酷く奇怪な格好をしていた。

年齢は既に成人を過ぎ去った様な大人の熟成された色気を持つ肢体をもっていた。
その体に巻きつくのは幾何学模様を施された黒いロングコート。

コートの下は桜色のスーツ。
ネクタイは巻かれておらず、Yシャツの首周りの襟に少女らしいフリルが着いたリボンが結ばれている。

それよりも気になるのは異様な程の髪の長さだろう。
絹のような弱さではなく、まるで青銅のような強さを持つ、艶やかな青の光沢を持つ髪。
地面に着くほどは伸ばされていないが、その髪は彼女の腰よりも下にまで達している。

瞳は新月の夜空の様な輝きを持ち、その上にアンティークの眼鏡を掛けている。
OLが職場の帰りにそのままハロウィンのパーティーに出るような出で立ち。


「最後の最後に介入をしようと思ってたんですけど、気が変わりました」

聖杯戦争の此度の参加者にバゼット・フラガ・マクレミッツの名を協会の監視役から

「お前の上司はどうなっている!?襲われた!どうにかしろ!」

のような連絡が入ったので、あの彼女が参加しているのを聞いていた。

「それにしても……もう既に敗北したとは、信じられません」

あの人間兵器が負けるなんて。
日常生活はともかく、一旦戦闘モードに入れば冷酷無比な人のカタチをしたギロチンの様な彼女が負けるのが信じられなかった。


「だとすれば、騙されましたか」

彼女はよく切れる名剣だが、それは戦闘に用いられる為の物。
日常生活では鋏の方が便利なのだ。
だからこそ、一旦、荒事でもない一般的な常識になると、疎いのではなく取り回しが利かない。
所詮彼女も23歳の女性だ。
人生経験が酷く偏っている。

「そもそもですね、私が協会の御偉い方達であったなら聖杯戦争に参加しろではなく――――聖杯戦争に参加する者を全て皆殺しにしろって依頼をしますね」

彼女は猟犬。
猟犬に獲物を食い殺せと命令するのが当たり前な話。
どこの誰が、ワンちゃん競技会に参加せよと命令するのか?

慣れないことさせるんじゃない。


余計な事をしたな協会も。

等と、マキリサクラは悪態を吐く。

「あの人の弱さは迷うこと、迷えば弱くなる。故に迷わないように思う存分、殺戮させて上げればよかったんですよ」

彼女と一年間近く居て思ったことがある。
鉄の様な、まるで戦闘以外全てにおいて駄目な人。



一度、どうして執行者となったのか、と聞けば。

いつのまにか、そうなっていた。

と寂しそうに告げた人。

素晴らしい人だ。
私が捨て去った少女らしさ、と言うべきか。
自己の存在の有り方に悩む人。

私はどうだ?

ああ、蟲倉に放り込まれてから、んなこと考える暇なかった。
殺されず、死ねず、ただ実験用のマウスごときの存在に身に堕ちてから。

人が想像する範囲の地獄に落され、本当の地獄よりも生ぬるい陵辱の日々。
丁度言い位、誰か助けに来てくれるかな、とか淡い希望抱ける地獄。
そして丁度良いくらい希望を持たせてくれたあの優しい人。


諦めることができない地獄。


幾たびの絶望と諦観の狭間。

どうせなら諦めが出来る地獄の方が良かった、そう思ったとき。

しょうもない、と思ったものだ。

別に半身不随にされた訳でもない、人前に出れない醜悪な怪物にされた訳でもない。

少々、整形手術されたようなものだ。

腕が動く、足が動く、多少頭も回る。

なら、やることは簡単なのだ、と。

仕返しをしてやればいい。

そう思って幸運にも自由を掴み取った私は全て開き直ることにした。

11年過ぎれば今や一端の蟲使いだが、私は元々大の蟲嫌いだったのだ。

前世は頭でっかち女で化粧の一つも出来ない万年処女だった私で
昔友達に見せられたレイプ物のAVを見て、ゲロった女だ。


人間は慣れる、経験すれば不得意も得意に出来る。
人にとって非日常な魔術も、今の私からすれば日常。

何事も楽しいから笑うのではなく、笑ってこなしていけば何れは楽しくなるものだ。

辛いことも、ほら、やりがい見出すとかそんな感じで。
不幸だからこそ幸せそうに笑う。

強く生きるのは簡単だ。






バゼット・フラガ・マクレミッツという私の可愛い可愛い人は
15で既に戦闘屋になったという。


幼き頃から何事にも熱を持てなかったという人、唯一持てたのは一つの御伽噺と言う人。

その御伽噺の英雄を召喚し、今回の聖杯戦争に参加した彼女。

ああ、油断が出て当然だ。

冷酷にして無情に行なっていた戦いという行為に何かの意義を見つけた彼女。

「可愛いかったんだろうな……召喚した英雄、白馬の王子様に会って色々あったんだろうなぁ」

あの人の少女らしさって、普段日常で何かやらかして落ち込んだ時のモードしか見たことがなかったんだですよねぇ。

年齢23歳のバゼットさんの心は13ぐらいの少女らしさに溢れてたのかなぁ。

「あ、心の処女取られたかも」

仕事の関係で性体験は済ませたらしいが、それは非処女とは私は思わない。
処女と書いてオトメ。
乙女は恋して大人になるとかそういう陳腐な過程を経て非処女となるもの。
恋した男性に抱かれて乙女は女になるのだ。

私の場合、性行為に楽しみを見出してるから、まぁビッチ?というよりも性豪。
ビッチはあれですよ、彼氏をNTRさせる人。
前の飲み会で粘膜結合のような物をしたけど、実はあれは不名誉だが、私の方が食われた。

力づくとかよくないです。
酔ってるからって普段ご飯を3分チャージ栄養補給するかの如く、食うのはよくないです。

楽しかったけど。


「合って即行に好きな人に股を開くタイプじゃないので、多分未遂…って早く行こう」

ラインから伝わる彼女の感情。






死にたくない。

死にたくない。





という、戦闘機械のような彼女らしくない感情が頭に響く。
死ぬ時まで勝機を戦意を失わない彼女らしくない、実に人らしい感情の発露。

それをゆっくりと味わうように彼女は微笑みを描きながら歩いていく。
目指すは冬木の幽霊屋敷。


「その前に一度、近所のアジトその4に向かって欠損部位を補う物を取りにいかなくちゃ、どうせまだ死なないですし」


くるり、と方向転換。

「うーん、このまま歩くと時間が掛かりそうですね………取りに行ってもらった方が楽の様です」

そしてまたくるり、とマキリサクラは典雅に回る。

その時彼女の黒のロングコートの裾から燐光が漏れ出す。
人魂の様に円の形を持った光。

蛍だ。

「三番をよろしくお願いします」

蛍が夜空を光を瞬かせながら夜空を浮遊する。
夜空の星達の仲間に入るかのように空を舞う。

「では、私は彼女の所に向かいましょう」

どうせ暫く、バゼットさんは戦争からご退場。
聖杯戦争の敵にはならない。
助けても別にいいだろう。

「でも、しばらくは落ち込んでもらいますか」

遠足に向かう少女の様にマキリサクラはハミングしながらその場を後にした。


第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷




バゼット・フラガ・マクレミッツは己の命脈を保つためにルーンの力を必死に使い、片腕を亡くすという瀕死の状態でありながら
大量出血によるショック死から免れていた。
常人であれば片腕をなくすほどのダメージを受ければ多量出血により数分で死亡することもある重症。
魔術による傷口の停滞でなんとか意識を保ちながら逃げ延びた先の廃屋で這いずり回る。

今彼女にあるのは死の恐怖からの逃避の意志。
激痛に飲まれながら、死にたくないと言葉を吐く。


「死にたくない」

ああ、彼女は思った。
あれ程、私は戦ってきて、結局はただの人でしかないと。
結局自分が憧れてきた戦士のように誇り高く死ねず、常人だ。

自ら戦士になる時、死を宣告されながら戦士になった彼のようにはなれない。


「死にたくない」


命を繋いでいるのは魔術の力。
己に絶望している彼女にとってその権能は精神の衰弱を引き起こす。

肉体と精神の消耗は激しく、彼女は瞳を閉ざしそうになる。

その時。


廃屋の窓が割れる喧騒。
窓の格子ごとガラスが吹き飛ぶ。

粉々になったガラスがパラパラと舞い散る。


バゼット・フラガ・マクレミッツは意識を覚醒させ激しい音の鳴る方を見た。


「あ…なた…は」

よいしょ、と窓枠に残されたガラスを蹴り砕き、まるで猫のようにスルリと廃屋に侵入する者は

一年間近くバゼットの傍にいた一人の少女。

窓をなくし、廃屋内に風が吹き荒れる。

ぱたぱたと黒いロングコートが風に揺れる。
艶やかな髪が風に靡く。

そして少女はくるり、と風と一体化したように舞う。

少女のコートに付いていたガラスの小さな破片が風に吹かれながら舞い落ちる。
破片たちは月光に照らされ、まるで光の粒となり落ちていく。



「ああ寒い【修復】」

少女が一言言うと割れたガラスが元に戻り、風が止む。
靡く黒いコートも髪も静かに舞うのを止める。

基本的な魔術だが、その様は魔術師のバゼットから見ても、本当に御伽噺の魔法の様に見えた。




まるで御伽噺の魔法使いの様な少女の名は

「セレッソ……」

「いいえ、違います」

バゼットの口から搾り出された言葉を少女は否定する。

そして

「こんばんわバゼットさん、そしてお久しぶりです―――マキリサクラです」

少女は艶然と微笑みながら自らの名を名乗る。

ああ、やはりこの少女は綺麗だ。
自らを見る眼差しは海の様に深く、宵闇の様に暗く透き通っている。

どこまでも有りの儘、私を見る。

そして口元は微笑を称え、優しげにこう言う。

「とりあえず―――――助けましょうか?」

バゼット・フラガ・マクレミッツは最後の力を振り絞り、頷いた。

そして最後まで目の前の少女を見ながらゆっくりと瞼を閉じていく。




「急がないと死んでしまいますね……でも、可愛い寝顔ですね」


マキリサクラは安堵の表情を浮かべながら眼を瞑るバゼットの顔を優しく持ち上げ、バゼットの唇に自らの唇を落とす。
そしてゆっくりと舌でバゼットの口をこじ開け、息を吹き込んでいく。

息と共に送られるのは精気。

「ん……はぁ…ん」

寄せ合った唇から吐息が漏れる。
マキリサクラはバゼットの舌根を自らの舌で絡ませるように捕らえ、唾液と共に精気を送り続ける。
段々と、土気色になっていたバゼットの顔に赤みが帯び始め、不規則だった呼吸もゆっくりとした呼吸となっていく。
失われた片腕の傷はバゼット自身で塞がれていたので、まずは失われた生命力を補う。



「ん………」

ある程度の回復を見たのか口を離す。

「おっと」

バゼットとマキリサクラの口元に雫が糸を引き、ねとりと落ちる。

それを指で拭い、マキリサクラは一息吐く。

「はぁ……人工呼吸って疲れますね」

ちなみに人工呼吸はどちらかというとさほど重要ではない。
気道確保後の心臓マッサージこそ心肺機能停止した場合に有効である。
胸と胸、ようは左右の乳首の頂点を線で結び、その線の中心に両手を合わせ、力強く押す。
リズムは一分間に100回。

おすすめなのはアンパンマンマーチ。
相手の肋骨を砕く勢いで押しても大丈夫。

アンパンマンを歌いながら心臓に抉りこむ様に衝撃を与えるのだ。

アーンパーンチと。





「なんて阿呆なこと考える前に治療しなきゃ駄目ですね」

別に心臓止まった訳じゃないし。
マッサージはいらないです。
あとでお礼にいっぱいモミモミさせてもらいますけど。

と笑い、マキリサクラは架空元素による魔術を発動させ、バゼットの失った腕に魔力で架空の腕を作り上げる。

黒い架空の腕。

それに擬似的な神経までつくり、肩口の神経と繋ぎ合わせる。

「ま、応急処置ですけど、この上に偽腕を嵌めれば、術後の幻痛と拒絶反応も少しは抑えられるでしょう」

リハビリは自分でお願いします、とマキリサクラは微笑んだ。










あとがき

おひさしぶりです。

とりあえずリアルが忙しいので
これからはゆっくり更新となりますが、楽しんでもらえれば幸いです。


あと誤字修正でsage忘れてすいません。

お詫びに予告にちょこっと追加入れときました。






前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.035912990570068