<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

TYPE-MOONSS投稿掲示板


[広告]


No.31354の一覧
[0] 【ギャグ】逞しい桜さん (15禁) [みさりつ](2012/02/01 23:27)
[1] 2話上 姉と妹の関係 蛇足追加[みさりつ](2012/01/28 18:28)
[2] 2話下 兄と妹の関係[みさりつ](2012/01/28 18:30)
[3] 閑話 桜さんの趣味ていうかSAKURA[みさりつ](2012/01/29 20:38)
[4] 3話 幸も不幸も人それぞれなお話 しんじくんの日記[みさりつ](2012/01/29 20:57)
[5] 4話 ある聖夜の奇跡 上編[みさりつ](2012/01/30 00:10)
[6] 5話 ある聖夜の奇跡 下編[みさりつ](2012/01/31 00:13)
[7] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 上[みさりつ](2012/02/01 00:09)
[9] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 下[みさりつ](2012/02/01 00:28)
[10] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 上[みさりつ](2012/02/01 23:21)
[11] 6話番外 逆レイパーしんじくんジュゲム[みさりつ](2012/02/02 19:05)
[12] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 中[みさりつ](2012/02/03 21:31)
[13] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下 [みさりつ](2012/02/03 21:36)
[14] 閑話3 あとかたづけ 桜さんの日記[みさりつ](2012/02/04 11:20)
[15] 7話 レーシック姉妹喧嘩 【第一部終了】[みさりつ](2012/02/05 20:14)
[16] 閑話 ダイジェスト旅行記 2月から4月の間[みさりつ](2012/02/05 20:10)
[17] 閑話 ダイジェスト旅行記 5月から帰国まで[みさりつ](2012/02/08 00:36)
[18] 聖杯戦争編 予告[みさりつ](2012/03/05 23:46)
[19] 第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷[みさりつ](2012/03/05 23:42)
[20] 第二部 一話 彼女が出来ました。[みさりつ](2012/03/09 14:12)
[21] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 上 悟[みさりつ](2012/03/09 21:23)
[22] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 下 り[みさりつ](2012/03/09 22:17)
[23] IF外伝 天より他知るものなく[みさりつ](2012/03/13 22:25)
[24] IF外伝 桜さん家[みさりつ](2012/03/11 00:33)
[25] 二部 2話 上 桜さん準備中 SINJI覚醒(仮) IF 追加[みさりつ](2012/08/22 01:47)
[26] 二部 2話 下 なぁなぁな感じの桜さん準備中 [みさりつ](2012/09/22 00:50)
[27] しょうもない外伝3 ネタ注意 最低系桜さん[みさりつ](2012/09/23 02:09)
[28] 超短編 逞しいKARIYAさん 蛇足追加 若干diesクロス[みさりつ](2012/12/03 16:52)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31354] 聖杯戦争編 予告
Name: みさりつ◆555902c4 ID:67764e4c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/03/05 23:46
聖杯戦争編 予告


僕こと間桐慎二は代々脈々と続く魔術師の大家の息子だ。

いや、ただそれだけだ。

僕は芸術が理解できていないのに絵を見るのが好きなだけだった。
芸術が理解出来ていてなお、妹は、間桐桜は絵を見るのが好きなのだ。


妖しく、そして凄惨な魔術の世界。
僕はあの世界に憧れと誇りを抱いていた。
しかし、違うのだ、あれは人である僕にとって、必要ない。
僕は妹は正直に言うと嫌いじゃない。
多分世の中に怪物が居るのであれば、あれこそ正真正銘の怪物。
彼女を見ていると安心する。


僕はなんて幸福なんだろう、と。



数年前か。


僕を生んだ母親は過去には居た。
間桐というげに恐ろしき害毒に囚われ、蜘蛛の糸に巻かれて死んだ母。

ああ、腐り果て見るも無惨な母の遺骨。

僕が家のソファーで寛いでいる時。
突然、妹はその亡骸を僕の目の前に放り投げ、こう言ったのだ。

「ねぇ兄さん、久しぶりのご対面ですけど……どうですか?」

と言いつつ、その亡骸の頭蓋を拾い上げ、手で割っていく。
まるで爬虫類のような白い手でまるで発砲スチロールを割るような気軽さで砕いていく。
パラパラと白い粉が、間桐家のカーペットに落ちていく。

まるでお菓子の食いカスのように。
そんな価値しかないのだと、告げるように。

なにを、しているのだろう。
別にいつも通りの妹の姿だが、今日は違った。

だからなにをしているのか、と聞く。

「ああ、コレですか?ちょっと燃料がたりないので薪代わりに」

まるで、今日の夕食を告げるような気軽さで妹は砕いたそれを、口に含み

「スカスカですね、兄さん」

ぽきぽきと卵の殻を食べるように咀嚼していく。
その顔には苦渋が溢れていた、そして美味そうに旨そうに食べていく姿は滑稽だった。
そう、生まれて初めて気付いた。

なんでそんなことをしなければ、生きられない。
なんでそういう風にしないと、楽しくないのか。



妖しく、不気味な光景が続いた。


僕は雨が嫌いだ、だから雨に濡れる子犬を見つけると、いつも思う。


辛いだろうに。

雨に打たれ続けなくては生きられないのだろう桜は。
晴れの日の日差しを受けず、ただ雨の中独り歩き続けなくては行けない。
一度濡れて汚れてしまったら、もう幾ら太陽の下に出ようとも濡れ汚れた事実は変わらない。
妹が基本的に魔術を知らない者と関らないのはその為だろうか。
学校という毎日交わす約束のような日々が続く普通の日常を毛嫌いしているのは。

学校?
必要ないんですよ?

そう、寂しそうに言ったその姿こそ、自分が穢れた事を実感させられるのだからと、言外に述べていた。


そう僕が思ってる、と桜に言えば。



「そんな殊勝なこと感じてるわけないでしょうに」

と哂われて返されるだろうが。

ていうか、そういう風に考えなくちゃ僕が報われないだろう?





僕はあれほど嫌っていた間桐の家に逃げ込んだ。

しかし、妹のような怪物は僕に追い縋り、僕の生命を奪おうとする。
僕にとって僕が持つ唯一、誇れるもの、命を。



「お前も粘るじゃねぇか、だがな……さっきみたいな奇跡はお前にはおきねぇよ、残念だが死んで貰うぜ」

青い全身タイツに赤い槍、目の前にするだけで殺意の強風により、只の人間である僕にとってそれは体をがんじがらめにし、心を凍らせる寒波。
赤い、赤い槍が、僕にゆっくりと迫る。
あの槍で雑草を刈るような気軽さで僕の首を撥ねる事が出来るだろう。

報われない。

このまま死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ
死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ
死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ。


死ぬ。

「た、助けてくれ!桜!」

僕は神様でも誰でもない、あの妹に助けを求めた。



その瞬間。


妹が


「やはり巻き込まれましたね―――――なら、死なない程度に助けてあげましょう」

僕の脳裏で厭らしく妖しく艶然と微笑む。










光が溢れる。

僕の手の甲に奔る2本の引っかき傷のような痣が光る。
間桐の家の妹が僕の出入りを禁止した全ての部屋から光の帯が僕の手に集まり、爆ぜる。


目の前の青い男が突っ込んでくるトラックのような暴力ならば、その猛る光の爆発は台風。

男の目の前にその爆発が迫る。


そして現れ出でる、人のカタチをした怪物が、もう一人。




「なにぃ!?まさかっ!まただとぉ!?」


そしてこの日から僕は運命に巻き込まれる。

またってなんだ、またって。



一人の英雄の目的。


此度アーチャーとして聖杯戦争に招かれた一人の英雄は壊れた部屋の掃除をしながら溜息を吐く。

そうして思い浮かべるのだ。
自分の望みを。
「衛宮士郎の抹殺」
過去を振り返りながらその目的以外のもう一つの光景を思い出す。
世界と契約し、掃除屋になる直前の記憶。
世界と契約する瞬間に現れた一人の女の記憶。

あの女はこう言った。


「愚かですね、それを選ぶなんて……ヒーロー気取りさん。これでもう貴方は自分の理想からも見捨てられたでしょうに。
教えてあげましょう、貴方は確かに自らが持つ正義というシンプルで寄りかかっても崩れない指針を持って戦ってきた。
貴方は酷く直向で生きてきた。しかし、世界っていうのはね、直線じゃないんですよ?」

「世界はとても純朴で純粋に合理的に在るでしょう、そして貴方は何れその純粋さに耐えられなくなるでしょう」


「それでも、私は……正義の味方だ」

目の前に救える命があるなら、私自身など如何でも良い

「正義ねえ………独善で戦うならば、まだ救いは合ったんですけどね……処置なしです」

「何度も言うが、お前は此処で死ね」

「貴方の邪魔はしませんよ?私の目的はこれから得られる一つの聖遺物の回収ですから」

ああ、あの魔女だ。

いつ出会ったのだろうか、奴には。
己の正義の味方としての有り方を見定め、故郷を離れ、世界を転々とし始めた頃か。
魔術使いとして協会や様々な所から眼をつけられた頃に、自分と同じく眼を付けられた存在を知った。
マキリという魔女。
その女は詐欺の魔女とか第三者強盗の魔女などと呼ばれていた。
自分と同じく世界を股に掛ける女。

魔女が行なった悪行は魔術の世界に置いて悪名高い。

有名なのが、時計塔に保存された封印指定者の臓髄を全てが盗み出された事件。
ある時聖堂教会と魔術教会の大々的な争いが起り、その引き金を引く決定的な要因になった事件。
一つの姉妹喧嘩から始まった多くの怪物たちの争いの原因。


全ては魔女の手では行なわれていない。

が、多くの人々は確信していた。

あれは全て、究極の愉快犯マキリの所為だ。

魔女が間接的に関る物事は、殆どの人々の争いにより終結する。
しかし、奴はのらりくらりと一人争いの利益を貪り、人々から証拠が無いので捕まらない。

幾度も私は魔女を悪と断じて処断しようとした。

しかし

「私はここで終わるようだ……貴様を殺せないのは聊か残念だが」

「ま、そうでしょう。これから貴方は裏切られて死ぬようですから」

「君の姉には悪い事をした」

「あっはっはっは、どうやってもこれ以上悪くならない所まできといて、その台詞は無いでしょうに、そんなこと言ったら、法廷に上がる前に姉さんに殺されますよ?」

「はっ貴様もいい加減、姉に大人しく捕まったらどうだ」

「んー、姉さんにですか?嫌ですよ、世界最強のお爺さんに引き渡されるのは嫌です」

そういい残し魔女は箒に跨り姿を消す。

本当に残念だ。



絶対殺してやりたかったのに。

今回、自分が友に裏切られたのも絶対にあの魔女が関ってるだろうし。

とりあえず、奴の姉にこういって置こう。

「お前の妹、またやりやがったぞ」

と。

そして何時も通りに

「アレを私の妹と呼ぶな!」

と叱られてから死ぬとするか。


などと、生前を思い出す。

「………聖杯戦争の時期はまだ冬木にいたはずだ」








始まる聖杯戦争。


「慎二お前もマスターなのか!?」

「そうだけど、お前も!?ていうゆかお前!?僕の気持ちを裏切ったな!?お前もそっち側かよ!?」

「本当に魔術師じゃないのにサーヴァントを召喚したっていうの!?」

聖杯に願いを叶えるべく集まる魔術師達と、一般人一人。


聖杯戦争に参加するべく冬木市の教会に行く三人と英霊三体。


「おい衛宮」

「なんだ慎二」

「なんで僕だけ、あのエセ神父に何も声を掛けられなかったんだ」

ずっとこっちみてニヤニヤしてるだけで何も言ってこねぇ!




そして前哨戦。


「なんか余計なの居るけど、マスターなんでしょう?じゃあ死んで?」


「おおぉおおい!?なんで僕を真っ先に狙う!?」

「弱そうだからじゃない?」

「慎二、お前は俺が守ってやるよ」

「衛宮!お前だけはやっぱり、僕の親友だ!」



浚われるへっぽことワカメ

「やっぱり貴方足手まといね、同盟解消しましょうか?」

「お前、散々人のことコキ使っておいて最悪だな!?妹が妹なら姉も姉だな!?」

「桜と一緒にしないでよ!?ていうか貴方何もしてないでしょ!?」

「桜ってなんで二人にそんなに邪険にされているんだ?」

いい子だろ、と何も知らずにのほほんとしている衛宮士郎。

「いいなぁ衛宮は」



その裏で

「大体、計画は順調ですね」

「そうね………ところでコレなによ?」

「100万画素のデジカメです、可愛いあの子も盗撮します」

せっかくの英雄出演の映画なんですから、是非とも映像化しない、と哂う少女。

「じゃあ私はセイバー担当でいいわね?」

そして哂う魔女二人。




そして戦いは終盤へ


「やはりお前が裏に居たのだな、マキリ」

「なんですか弓騎士さん?私のこと知ってるんですか?」

衛宮士郎との死闘前。

二人は出遭う。

正義の味方と魔女。

「ああ、衛宮士郎の抹殺も私の目的だったんだがね……遠くない未来。
この世に災厄を巻き起こすだろうお前も此処で果てて貰う」

「なんか面倒な人ですね……ていうか未来?」

「魔女に掛ける言葉などない、多くの無辜の命を軽々しく玩び、破滅させておきながら哂う貴様は不愉快だ、消えろ!」

「まだやってないことで怒られても――――やるのかもしれませんが」

でも、とマキリサクラは妖しく哂う。

「何?」

「――――力とはこれ見よがしに振るう物じゃないんですよ、ヒーロー気取りさん」

きゃっ言っちゃった!

と喜ぶ、マキリサクラ。

「言ったな!?魔女め!」

「魔女で悪いですか?」


正義の味方VSハイパーSAKURAさん

勝利はどちらに?



そして金ぴか


「雑種にも劣る虫けらが、速く消えうせろ、不愉快だ」

「なんか最近嫌われてばっかですね、何が悪いんでしょうか?」


でも、お宝一杯ですね、いいですね。










聖杯の前で誰の願いが果たされるのか。


「ここに至っては貴方は用済みです、神父さん」

「それは此方もだ、マキリサクラ」

「なら」

「そうだな」

「「いっそこの場で千切れて消えろ!」」

向かい合う二人。

そして

「と言いたいところなんですけど……私は戦いません」

「なに―――!?」


「出番ですよ―――バゼットさん」

アヴェンジャー・ダメット登場。




そして終幕。


「あと片付け、皆さんよろしく」






予告編終了。



あとがき


ちょっと仕事の関係で長旅に出てくるので3月まで休業します。

3月から聖杯戦争編スタートします。

ルート的にごちゃ混ぜルートで行きます。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029531002044678