<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

TYPE-MOONSS投稿掲示板


[広告]


No.31354の一覧
[0] 【ギャグ】逞しい桜さん (15禁) [みさりつ](2012/02/01 23:27)
[1] 2話上 姉と妹の関係 蛇足追加[みさりつ](2012/01/28 18:28)
[2] 2話下 兄と妹の関係[みさりつ](2012/01/28 18:30)
[3] 閑話 桜さんの趣味ていうかSAKURA[みさりつ](2012/01/29 20:38)
[4] 3話 幸も不幸も人それぞれなお話 しんじくんの日記[みさりつ](2012/01/29 20:57)
[5] 4話 ある聖夜の奇跡 上編[みさりつ](2012/01/30 00:10)
[6] 5話 ある聖夜の奇跡 下編[みさりつ](2012/01/31 00:13)
[7] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 上[みさりつ](2012/02/01 00:09)
[9] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 下[みさりつ](2012/02/01 00:28)
[10] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 上[みさりつ](2012/02/01 23:21)
[11] 6話番外 逆レイパーしんじくんジュゲム[みさりつ](2012/02/02 19:05)
[12] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 中[みさりつ](2012/02/03 21:31)
[13] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下 [みさりつ](2012/02/03 21:36)
[14] 閑話3 あとかたづけ 桜さんの日記[みさりつ](2012/02/04 11:20)
[15] 7話 レーシック姉妹喧嘩 【第一部終了】[みさりつ](2012/02/05 20:14)
[16] 閑話 ダイジェスト旅行記 2月から4月の間[みさりつ](2012/02/05 20:10)
[17] 閑話 ダイジェスト旅行記 5月から帰国まで[みさりつ](2012/02/08 00:36)
[18] 聖杯戦争編 予告[みさりつ](2012/03/05 23:46)
[19] 第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷[みさりつ](2012/03/05 23:42)
[20] 第二部 一話 彼女が出来ました。[みさりつ](2012/03/09 14:12)
[21] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 上 悟[みさりつ](2012/03/09 21:23)
[22] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 下 り[みさりつ](2012/03/09 22:17)
[23] IF外伝 天より他知るものなく[みさりつ](2012/03/13 22:25)
[24] IF外伝 桜さん家[みさりつ](2012/03/11 00:33)
[25] 二部 2話 上 桜さん準備中 SINJI覚醒(仮) IF 追加[みさりつ](2012/08/22 01:47)
[26] 二部 2話 下 なぁなぁな感じの桜さん準備中 [みさりつ](2012/09/22 00:50)
[27] しょうもない外伝3 ネタ注意 最低系桜さん[みさりつ](2012/09/23 02:09)
[28] 超短編 逞しいKARIYAさん 蛇足追加 若干diesクロス[みさりつ](2012/12/03 16:52)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31354] 閑話 ダイジェスト旅行記 5月から帰国まで
Name: みさりつ◆555902c4 ID:67764e4c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/02/08 00:36
閑話 ダイジェスト旅行記 5月から11月まで




5月

疲れたのでお休みを暫く頂く。
4日間は家でだらだらしている。
オーマくんを頭に載せ、読書中。
人の皮で作られた本等を読んでいた。

隣でバゼットさんもだらだらしている。

「家、ないんですか?」

ダンボールだらけで碌に片付けもしていない私の家で一人、ホットドッグをもしゃもしゃ食べている。
口元の辺りにちろりとケチャップが付いていますよ、と指摘しつつ、家に帰れば?と、聞く。



「基本そういうものはないです」

なんと、この人ホームレスというかホテル暮らしの人らしい。
普段あんだけ人とか粉々にする土木事業しといて

ダイアモンドカッターバゼットさんは家がないの?
と、指摘すると実家はあります、と返された。

いや、そういう意味じゃなくて。

まぁいいや、なんか執行者同士での飲み会があるので私も参加させられた。
殆ど誰も来ず、フォルテさん一人だけ来た。

なんでも協会屈指の風使いらしく、剣の腕は協会随一らしい。
魔術協会随一って……ひきこもり集団の中に体育会系が一人混ざってる様なものなんでしょうね。

体育会系はバゼットさんもだし。


戦闘魔術修める人たちって実は皆、執行者?


それはそれとして飲み会での席の話題は二人とも人を殴ってナンボの仕事をしているだけに血なまぐさい話ばかりだ。

私がいっちょ猥談などを、と思い経験した話を1ナノグラム程度喋ると二人揃って顔を赤くして俯く。

え?

あんたらさっきグロ話してたやん。

なんでそんな顔、赤から青にしてるの?

バゼットさんなに?

え?


なに初めての彼女に実は元彼がいてその彼女が元彼に開発されきっていた事を知る彼氏みたいな顔してるんですか?
セレッソ、貴方は少し自分を大切にした方がいい、とお説教。
いや普段掠ったら死ぬような仕事してるくせになにを言う。

しかも貴方、仕事で――――。


と平和な日々が少し続く。

フォルテさんは自分より強い人が好みとか言いそうなタイプだった。
何百メートルも先の相手を切れる剣士より強い人ってあんまいないんじゃないかな、と思う。
純正のシリアル・キラーにでも今度出遭ったらフォルテさんに紹介しよう。




なら、熊さん牧場使いが好みであったんだろうか。

いや、でもあれは―――。

やめよう、あれは死の恐怖。







次の任務が南米に行くかトルコに行くかの選択枝二つ
南米は先任がいて、その応援に行くらしいです。

南米、急遽。

と先任の人が言い残して、音信不通。


嫌な予感が珍しくしたのでトルコを選択。

うん、なんか私達よりも先に南米に行った人、なんか死んでるみたいですね。

なんか運が悪くて――――。

んな仕事寄越さないで欲しいです。
バゼットさんに南米行きは蹴ってもらった。

まぁいい、私たちはとり合えずトルコの山の奥地、村一つが魔術師によって人間牧場にされているらしいので、その牧場主の抹殺に出発。
なんでも抹殺対象者は人形師らしく、人形を一々作るよりも、人を栽培してパーツにした方が楽だ、という作るタイプの魔術師にしては発想が豊か。

人形師ってフィギュアの原型師みたいな人ばっかりだと思ってたんだけどなぁ。

とりあえず、人で作った人形で不気味の谷という心理に陥るか、見物。



現地には交通機関も碌になく、山々と絶景な景色が広がっている。
現地に行くため、他の村の交通機関となっているジープの運転手にお金を一杯渡して無理を言わせて行くことにする。

現地に着くと、バゼットさんが横に居なかった。

何故ですかっ!?

なんか、山に昇るジープを間違えたらしい。
今、他の村に着いたらしい。

全然、気付かなかった。

私一人だった。


「んー、待ってたら日が暮れるから、私が終わらせて上げましょう」

若干、和んだ。
やっぱり可愛いですね。
ラインをこの前の飲み会で繋げていたので、バゼットさんがあわあわしてるのがよく分かる。

今から行きますからっ!

とバゼットさんの連絡が入るが

「あ、落ちた」

バゼットさんが魔力で全身を強化し、猛スピードで走った所為で足場が砕けて谷底に落ちていった。

朝から5時間掛けてとろとろとジープで向かった現地付近に降り立つと
ジープの運ちゃんが

「帰りは自分で帰れ」

と、言い残し逃げた。

お金で無理を言わせて走らせただけでしたし、しょうがない。

でも、こんなところに女性を一人おいて逃げるのか。


ふーん。


「でも、そんなに慌てたら――――落ちろ」

ジープが谷底に落下。
ゴロンゴロンと景気よく落ちていく。




「じゃ、お疲れ様でした」

ひらひら、と私は谷底に手を振る。
お金を蟲に回収させてから歩き始める。




帰りは箒で帰るか、と一人ごちて、私は件の村に入る。
なんでも、村の人間は全てゾンビみたいになってるらしく、余所者をみつけると襲い掛かってくるらしい。

じゃ

「遠慮はいらないですね」

蝿をばら撒く。

「おしまい」


村の人々は蟲の大群に襲われ、蟲の大群が通ったあとには物言わぬ肉に戻る。

さぁ一緒に人形師さんも死んでる筈だから、脳みそ戴こうっと。





と思いきや、人形師登場。

なすすべも無く捕まる私。
なんかどっかの改造忍者みたいに強かった。

逃げられないように足を切り落とされ、腕を捥がれ、ダルマにされて転がる私。

「くはっ、貴様は魔術師か、全ての神経一本ずつバラして分解して、女だからな、子宮は取り出して私と掛け合わすか」

と笑い始める。














のを遠く離れた場所から蟲の複眼で作った双眼鏡で見ています。

「出てこないと思ったら、作業場にいましたか」

私の姿をした蟲倉兼、蟲人形を反撃モードにすることにする。

「凶暴でお腹を好かした育ち盛りの子達ですから、そうですね、頭と首以外美味しく食べていいですよ?」

『解除』

起動ワードを言うと、達磨にされていた私のそっくりさんが、蟲の群に変化し、一斉に男に襲い掛かる。

なすすべも無く、ボロボロとクッキーのように食べられていく男。

「さようなら……バゼットさんがいないので折角ですから舐める程度で収めず、みんな戴いちゃいましょう」

と、軽やかにステップを踏むが如く


「うわっ」


落ちる。






とりあえず箒に掴まり、なんとか這い上がり男の頭が有る場所に向かう。

次は足元に注意して行く。


「あ、生きてます」

「貴様………何故、私の真理への追究の邪魔をするのだ」

声帯とかどうなっているんだろうか。
首だけになっても流石魔術師、しぶとい。

ぴょんぴょんと跳ねて逃げそうだったので、横顔を踏みつける。

それでも口だけは達者なようで。

「貴様も私と同じようだな………ならば何故、貴様が私を殺して先に進む?」

同類?

「いや、なんか勘違いしてません?」

「何をだ、貴様の眼をみればわかる……人の道を外れても構わない、という魔術師の顔だ」

「答える気はありませんよ、どうせ貴方―――私に食べられるんですから」

貴方が何を考えているのか分かりませんが。

「私の舌でよく聞いてあげますよ?」


とりあえず魔力で肉体を強化して顎から下を踏み砕く。
味噌汁をつくる暇もないので、最近よくしている、脳の直接摂取を行なう。

「踊り食いは2回目です」


ぴちぴち、とまだ動いている。


生きが大変よい。


よく味わって食べる。
こういうのも、悪くはない。
生きた蟹から蟹味噌を穿って食べるようなものだ。

世の中、弱肉強食です。

ですが。

私は弱いですけど、食べるだけ専門ですから。
戦うのは誰かに任して、あとから美味しく戴きます。

と哂う。

ハゲタカとかハイエナのような事を考えるがうん、どっちかって言うとバゼットさんが狩猟犬だから、私はその飼い主ってところか。

首輪をつけたバゼットさん。
ああ、ぐいぐい引っ張られる私の姿が眼に浮かぶ。

ああ!駄目です、他所の子食べちゃ駄目!


とか、そんな感じになりそう。




「ふーん、あなた真理へのなんちゃら、とか言ってるわりに、やってることはお人形さんゴッコだけじゃないですか」

大したことしてない。
人間牧場まで作ったわりに、死徒に血を吸われた犠牲者みたいな物を作って満足してる。
真理の追究とかなんとかの為に人の道外れるんなら、もっとましな近道探してくださいよ。


とゲンナリした。

でも

「知識はそれなりですね」

舌鼓を打つ。

とりあえずバゼットさんを回収して帰ることにする。
蟹味噌で汚れた手と口は蟲達が綺麗にしてくれるので便利。
ドクター・フィッシュみたいなものです、とついでに口の中も綺麗にして貰う。

妖精の煙突は見にいきたいので無理をいって見に行った。

さすが世界遺産。
ハッティ人の青銅器がうんさか手にはいりました。

あ、なにこれ将棋盤?

なんか難しいルールですね。
でも王子を王に出来るって面白い発想。


6月


何もなかった。


何もなかったのだ。



7月


うん、何もないよ

ちゃんと証拠は隠滅したし、大丈夫、な筈。




時計塔、魔術の実験用の小動物、大丈夫だよね?




やっぱり見つかり、ロードなんちゃらさんに叱られる。
実験用だから私も実験しただけですよ?


「学生じゃないだろ?」

そうですけど、時計塔の備品ですよね?
一応、時計塔に所属してるんだからいいじゃないですか。
ちょっとお腹が空いたから、普段私を避ける学生達と交流を深めるためにジャパニーズ鍋パーティーしただけじゃないですか。
これも実験ですよ実験。

「どこが実験だ」

と、言われたので「魔法の三分間クッキングです」と返すと頭を叩かれる。
みんな鳥鍋、美味しく食べてたのになぁ―――でも、流石にボヤまで出したらバレるか。


過去に魔術用の小動物を自分で捕獲し、手が血まみれになり、糞で全身が汚れた苦労話をされる。
翌日、学生達にその話をあたり構わずばら撒くと、ロードなんちゃらさんの家に大量の動物が送られたらしい。


人気あるんだ。


でも養鶏場ごとって。





8月

夏休み

イタリア旅行、行ってきた。
本当にイタリア人は女好きなのか試してみた。










うん、精気いっぱい。

路地裏で盛ってると、横でシスターが盛っていた。

なんか他人の気がしなかったのでそのまま4Pに縺れ込む。

履いてないスタイル。

私も真似したいが、私はむっちりタイプなので違和感が……。
なんか凄い暴言をシスターさんに吐かれたけど
暴言言いつつも、ここはこんなに濡れ濡れですよーげへへ。


しばらくそのシスターに付き纏った。

ああ、なんか暴言最高。

容赦なく吐かれる言葉に

「いやぁ!ソレッソ、そんなに悪い子じゃないもん!」

などと、遊ぶ私。

ああ、そんなことないもん!

感じてなんかないもん!



とか、喚いて遊ぶ私。
そして暴言。









牛脂って――――誰が牛脂か。






ちょっと、ブチ切れそうになる。
流石にメス豚扱いじゃなくて、牛脂扱いされると腹が立つ私でした。
私の巨乳をスーパーの肉売り場で無料で貰える物扱いするとは何事か。
履いてないスタイルをもっと履いてないスタイルにしてやる。

はっはー。

きこえんなぁ

そんな言葉きこえんなぁ










は?


誰が―――。


こうしている内に一月たっていた。



9月

そろそろ帰る準備をし始める。
それと最近、遊んでばっかりいたけど久しぶりに大仕事が入る。


バゼットさん、OSV96アンチマテリアルライフルあれば大丈夫かな?
ロケットランチャーとか一杯持ってきますよ。
私撃つの下手だから……うん、私の蟲達に搭載しますよ。

航空支援用も一杯。
クラスター爆弾、効きますかね?


毒も勿論忘れません、前回の反省を生かして。

インド象だろうが鯨だろうが瞬殺できるやつ。

王蟲ちゃんも戦線投入します。
ヘリに積むやつとか、空の戦車に積むやつとか一杯載せます。




あと蜂蜜もっていきます。






【熊牧場】再び。


しかも御本人が再生怪人『熊』になって。

帰る準備とかやめて、もう帰ろう。
ああ、バゼットさん、あの存在自体が一撃必殺なので、いきなりフラガラック撃ちましょう、そうしましょう。
時速50キロなんで、気をつけてくださいね。








10月


熊さんは森の中に消えていった。
そろそろ冬眠の準備をするらしく、私達に餌を集めさせた。

許してくれた。

帰国一月前、慌しい日々が続く。

あの戦いで妖精さんを未亡人にしてしまった。
妖精さんは夫に代わって自分の子を実家で育てる、帰る。と言い出すので。
王蟲ちゃんを急遽作り直す。

個は全、全は個。

っていうタイプの子なので大丈夫だよ?
みんなおんなじですって。
だから、まだまだすくすく育っていく孫を私から奪わないで。

あ、逃げられた。

ま、友達一杯連れてきてくれたからいいか。
みんな出来ちゃった結婚していくし。





とりあえず、ロードなんちゃらさんに蜂の子を上げに行く。




11月


「楽しかったですよ、セレッソ」

「いいえ違います、私の名はサクラです。マキリサクラ、です」

「マキリサクラ……それが貴方の名前」



などと、しみじみとしながら別れの時。








「とりあえず来年の春、契約更新でいいですね、マキリサクラ?」

名前は完全に覚えたので、これで完璧なギアスを掛けれます、と哂うバゼットさん。


なんか貴方性格変わってません?

貴方の傍にいるとこうもなりますよ、とバゼットさん。


「痛い、モゲる」

「いいですね?」

「は、はい」


とりあえず、空港で分かれる。
すごいあっさりした別れだが来年またお仕事するので、別にいいだろう。


そして、セレッソとして日本に帰ることにする。



「姉さんには2年間留学するって嘘つきましたからね」

そう、来年の冬、私はイギリスに居ることになっている。
イギリス在住でそのまま聖杯戦争に参加。
絶対、協力要請とかさせられて巻き込まれそうですし。
令呪ばれたら教会で

「僕達、私達は正々堂々、聖杯戦争を戦い抜くことを誓います」

とか、やらされそうだし。













あとがき





ダイジェスト完了。

聖杯戦争編おわったらイタリア編書きたいですね。
知り合いが新婚旅行をイタリアにしたので。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027241945266724