<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

TYPE-MOONSS投稿掲示板


[広告]


No.31354の一覧
[0] 【ギャグ】逞しい桜さん (15禁) [みさりつ](2012/02/01 23:27)
[1] 2話上 姉と妹の関係 蛇足追加[みさりつ](2012/01/28 18:28)
[2] 2話下 兄と妹の関係[みさりつ](2012/01/28 18:30)
[3] 閑話 桜さんの趣味ていうかSAKURA[みさりつ](2012/01/29 20:38)
[4] 3話 幸も不幸も人それぞれなお話 しんじくんの日記[みさりつ](2012/01/29 20:57)
[5] 4話 ある聖夜の奇跡 上編[みさりつ](2012/01/30 00:10)
[6] 5話 ある聖夜の奇跡 下編[みさりつ](2012/01/31 00:13)
[7] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 上[みさりつ](2012/02/01 00:09)
[9] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 下[みさりつ](2012/02/01 00:28)
[10] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 上[みさりつ](2012/02/01 23:21)
[11] 6話番外 逆レイパーしんじくんジュゲム[みさりつ](2012/02/02 19:05)
[12] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 中[みさりつ](2012/02/03 21:31)
[13] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下 [みさりつ](2012/02/03 21:36)
[14] 閑話3 あとかたづけ 桜さんの日記[みさりつ](2012/02/04 11:20)
[15] 7話 レーシック姉妹喧嘩 【第一部終了】[みさりつ](2012/02/05 20:14)
[16] 閑話 ダイジェスト旅行記 2月から4月の間[みさりつ](2012/02/05 20:10)
[17] 閑話 ダイジェスト旅行記 5月から帰国まで[みさりつ](2012/02/08 00:36)
[18] 聖杯戦争編 予告[みさりつ](2012/03/05 23:46)
[19] 第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷[みさりつ](2012/03/05 23:42)
[20] 第二部 一話 彼女が出来ました。[みさりつ](2012/03/09 14:12)
[21] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 上 悟[みさりつ](2012/03/09 21:23)
[22] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 下 り[みさりつ](2012/03/09 22:17)
[23] IF外伝 天より他知るものなく[みさりつ](2012/03/13 22:25)
[24] IF外伝 桜さん家[みさりつ](2012/03/11 00:33)
[25] 二部 2話 上 桜さん準備中 SINJI覚醒(仮) IF 追加[みさりつ](2012/08/22 01:47)
[26] 二部 2話 下 なぁなぁな感じの桜さん準備中 [みさりつ](2012/09/22 00:50)
[27] しょうもない外伝3 ネタ注意 最低系桜さん[みさりつ](2012/09/23 02:09)
[28] 超短編 逞しいKARIYAさん 蛇足追加 若干diesクロス[みさりつ](2012/12/03 16:52)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31354] 閑話3 あとかたづけ 桜さんの日記
Name: みさりつ◆555902c4 ID:67764e4c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/02/04 11:20
あとかたづけ 桜さんの日記


あの学校のグラウンドで明日あたり、死体が沢山見つかる、というニュースが入るかもしれない。

とりあえず群馬と言えば草津温泉なので、飛び入りでなんとか泊まろうと思いきや
大規模な温泉開拓により最後の独自の源泉のアルカリ性の白濁の温泉は老神温泉がオススメらしいのでバゼットさん
と一緒にそっちの方に泊まりに行った。

すると

「水着はないのですか?」

などと、流石、外人。


「スパと温泉旅館を一緒にしないでくださいね?」

と、取りあえず出来るだけの殺意を籠めて睨んでおくと素直に裸で入浴してくれた。

なんというか無駄がない肉体だった。

若干、此方をちらちら見てくるのが気になったが、取りあえず疲れが溜まっていたので純粋に温泉を楽しむことにする。

強引に迫れば、体の左胸に小石サイズの穴が開けられるかもしれないので。

依頼料の追加は私との三泊四日の観光旅行です、と言った時のバゼットさんの顔が面白かったのでカメラで取っておく。

富士カラーのインスタントカメラがいつのまにか粉々になっていた。

恐るべし、執行者。

ていうか旅館の客室の襖の開け閉めで襖を大破させるってどんだけ、ゴリラなのか。

最初、押すドアと勘違したのか知らないが即行に障子に穴開けてるし。

木枠ごと穴が開くとか意味分からん。

魔力強化なしでそれって、本当に人なのかどうか、不安になったりした。

旅館のお土産コーナーで、概念武装として使い、少し壊れてしまった矢の変わりに竹刀が有ったので兄にお土産として買っておく。

5千円というお手ごろだったので丁度よかった。

なんで竹刀があるのか、と聞けば竹刀剣術の開祖でもある剣聖上泉伊勢守の故郷なので取りあえず置いてある、とのこと。

しかも上泉伊勢守はあの藤原秀郷の子孫らしいので驚いた。

なんという因果なのだろうか?

まるで世界のちょっとした不思議に足を踏み入れた気がする。

奇跡のように強力な概念武装の誕生はもしかしたらなにかしらの因縁があるのかもしれない。

そもそも、私は今回の依頼には適当な道具をかき集めて来ただけであったのだ。

まぁ、私の研究の一つである永久機関の贋物が大破してしまったが。
あそこまで小型の贋物を造るのにどんだけ金と時間が掛かったのかはわからない。

ま、数少ない現存する宝具の発動の拝見とはじめての概念武装の作成が出来たので、よしとしておこう。

ご当地キティちゃん一体を犠牲に私の新しい携帯ストラップも完成したことだし。

それに百足の中から薀蓄たっぷりな脳みそもこっそり手に入ったし。

取りあえず生き残った王蟲ちゃんに食わせ、帰ったらお味噌汁にして飲もう、と、うきうきした。





しかし、もう一つ興味深いことがある。


そもそもあんな、お遊びのブログに偶然辿り着き、今回の依頼をバゼットさんが私に頼んだのも全て
群馬を守るために「何か」が、私という存在を引き寄せたのかもしれない、とも考えさせられた。


齢100も経ていない私にはわからないが、大変面白い。

何れ、その因果律の観測さえも成し遂げよう、とやる気が俄然増した。

取りあえず、バゼットさんの「謎の世界グンマー・ケン」説は強ち嘘ではないのかもしれない、と結論をつけた。


そんな私を傍目に私の分の焼き饅頭を根こそぎ食べてしまったバゼットさんに文句を言っておこうと思っていたら
高カロリーで良い、とか言いながらバゼットさんが温泉の水割りをがぶがぶ飲みながら焼き饅頭をポイポイと胃袋に詰め込んでいくので
高塩分と高血糖で死なないかな、と思いながら放置しておくことにした。

ほぼ一日中魔術を使い続けさせられた私に何か言うことはないのか、と思ったが

とりあえず、明日行く吹割の滝でバゼットさんに「あれって遊泳OKですよ」とか言って東洋のナイアガラに叩き落そう、と考えた。


「日本の旅館に泊まれば最初に枕投げをするのが作法」とか、また間違った日本の知識で旅館の客室の壁をぶち抜き、私に隠蔽させた仕返しとして。

枕が私の顔を掠った時から耳の調子が悪くなったのも含めて。

少し遅い夕飯も食べ、腹が一杯になるとバゼットさんは睡眠を開始した。

散々旅館の物を壊して満足したかのように。

ガチでこいつ………駄目人間だ、と感想を抱いた。


でも、あわあわと慌てて、どんどん災害を引き起こしていく姿が面白いので許した。



目に見えるほど元気凛々と顔を変えたアンパンマンのように体力と魔力を回復させて行くバゼットさんに、本当に人間なのかなぁ、でもいいなぁ、体丈夫で、と思う。

人を殴ってナンボの仕事をしているだけ、ある。


しかし、清浄な力を持つ概念武装なんて物を作ったせいか、せっかく獲物が目の前に寝て居るのに、淫らな気持ちにならないことに腹を立てて不貞寝する。

どうやら「何か」がお礼として私のタバコ山盛りの灰皿の水並に溜まっていた穢れを禊払いしてくれたようだ。

しかも、この邪悪な私に少しだけ神性が宿ったのだ。

私の体に出所不明の清浄な気が流れてくるのだ。

多分、名づけるならば大百足退治の八幡祈念矢の巫女としての加護とかそういう感じ。


ちっ



余計な事を。


そういうのは大学生の可愛い巫女さんアルバイトに上げてくれ、と思いながら目を閉じる。



その晩、夢をみた。


ヘビとタツノオトシゴのデフォルメキャラクターにお礼を言われる、という


夢を見たかもしれない。


そして一言、あんまり淫乱なのはいけませんよ、と説教を一つ言われた。





本当に余計だ。



1月5日



朝になり目を覚ますと

蛇と龍の神様の癖に蛇足という言葉をしらないのかと、思いながら朝風呂に入る。

朝風呂からでるとバゼットさんが朝のバイキングで山盛り食べているのにゲンナリした。

料理の皿ごと持ってくるので取りあえず、叱っておく。


どんだけ周囲に迷惑を掛ければ気が済むのか。




とりあえず、吹割の滝で絶対バゼットさんを叩き落とすことにする。

あそこは竜宮伝説があるので丁度良い。

バゼットさんに期待しよう。

とりあえず滝壺にでも投げ込めば、神様達も迷惑がるだろう、と玉子焼きに舌鼓を打ちながら一人、哂った。




昼ごろ



バゼットさんが旅館のお風呂に入りに戻るらしいので一人観光。



目的の蚕を手に入れる。

そもそも今回の旅行の目的はこの為だったのに、どういうことでしょう、と一人嘆く。

姉のお土産に絹の下着上下セットを購入しておく。

やっぱりムラムラしない。


いつもだったら上下セットと中身も一緒にペロリ、とか考えるのに。

純粋に姉にいい物を着せてあげよう、と思い買ってしまった。


バゼットさんを滝壺に本当に突き落としてから
体に流れる出所不明の清浄な気が増してきた。

体に精気が充実する。


これならば、これから人から精気を絞り取る必要もないだろう。

ムラムラしない。






















嫌がらせか。







取りあえず冬木に帰ったら、蛇の天敵となる毒蜘蛛を繁殖させて冬木全域に解き放ってやろう、と決めた。



その後


人間国宝大隅俊平遺作展なるものがあるらしいので行ってみる。

自分のためのお土産として上野国新田住大隅俊平作の刀を購入。

日本の退魔関係の組織の末席の人がキュレイターとして働いていたので八幡祈念矢の残った部品と物々交換での購入。

残していてもしょうがない、というよりもこんな呪いのアイテムはさっさと捨てたかったのでキュレイターさんに渡すと

「ど、どこで…っこれを!?」

等と驚かれ、これとこれ、ちょーだい。それと交換するから、といったら直ぐに名刀を4本くれた。

中にはこっそりと来国俊の古刀が混じっていたのにこちらも驚いたが。

貴方達が遅いせいで、と思ったが、まぁ余計な面倒は増やしたくないので何か聞かれる前に退散する。


次に作る概念武装に丁度良い、とホカホカ気分で旅館に帰ることにする。

竹刀袋にたっぷりと詰まった刀は大変重かった。

20キロは流石に重い。

途中で来国俊の古刀を除いた大した歴史が無い刀は全部、王蟲ちゃんに食べさせた。

王蟲ちゃんの甲皮がとても固くなった。

王蟲ちゃんが概念武装蟲に進化した。

今度からこの子を繁殖用にしようと、決めた。





旅館に帰るとバゼットさんが落ち込んでいたので、慰める。


またなんかやらかしていたようだ。


色々後片付けをしてあげると助手としてスカウトされる。

後片付けしてる時も災害を引き起こすのでイタチゴッコに近い後片付けだったが。


戦闘の助手じゃなくて、日常生活の助手としてスカウトってどうなんだろう?

危ないところには連れて行きませんからと、言われ、思わず爆笑しそうになった。




ふむ


悪くないのかもしれない。

大分読み物も冬木から無くなってしまったし、秋口ぐらいから用意すれば


あの一大イベントの



聖杯戦争も間に合うだろう。


60年周期が早まっていたのはジジイの脳みそから聞いていたし。


既に大体の準備も終えた。


聖杯に叶える願いなどあるわけがない。
しかもあんな汚れたやつ。


でも聖杯自体が欲しいので参加することにする。

荒事は苦手なので、掠め取る気持ちで裏方に徹しよう。




元々、高校も態々サボるために姉の居ない隣町の高校に通うことに決めていた。

だって魔術でサボったら絶対怒られそうだし。


面白そうな日常があるような気がするが、兄さんに蟲をつけておいて鑑賞すれば、良い。

目の前の面白い人の傍にいた方が絶対面白いことの連発が待ち受けている気がする。




それに海外留学も悪くない。


いい加減、冬木で蟲や男や女で遊ぶのも飽きてきたころだ。

というか限界が来ている。

埃かぶったジジイの知識では完成しない物もある。


思考を切り替え、外の世界を知るのもいいだろう。

それに、ジジイの知識は大変不味かった。

美味い薀蓄を探すのもいいだろう。






















例えば時計塔の封印指定された脳髄とか。





は流石に無理だろうが



これからは魔術師の精気を絞るのもいい手だ。

体に流れる出所不明の清浄な気も日本から離れれば、多分大丈夫だろう。



わくわくしてきた。


ああ、もっと知りたい、見たい、聞きたい、という好奇心が溢れ始める。


この誘惑には抗えない。



「で、私の助手になってくれますか?」

いや、握られた手が痛いんですけど。

断ったら砕く気か。


でもいいでしょう。


こういうのも悪くない。


なにせ英雄が傍にいるのだ。

私に身に危険は起きないだろう。


では、どうする?


勿論


「いいですよ」

と、快く引き受ける。

ま、2月までは日本に居ましょうかね、と決める。



取りあえず兄さんにお礼を言っておこう。


ムラムラしないので純粋に。








痛い。


砕ける。



コアラか。















あとがき


桜さん海外に飛び出るの巻。


すげぇ超展開、と思われるでしょうが、桜さんは一皮剥けないと駄目だ、と思ってたので

桜さんをパワーアップの旅に出させようと決めてました。


だってほら、ご老体も海外ではソフィアちゃんでしたし。




日本の土地神様達「祝ってやる」

と桜さんに目をつけ始めました。

桜さんが周囲をあんまりにも突付きすぎるので
悪いことをしないように見張ろうとしてます。

ご老体の因果律のゆり返しに近いかもしれません。


帰ってすぐに冬木市の蛇達は絶滅するので出所不明の清浄な気が流れるだけですが。












ちょっとした説明


桜さんの旅行鞄 限定的に力を循環させ、増幅させる∞マークの鞄型限定的永久機関。

マキリの水の流動の魔術をカタチにしてみた物。

一種の個人使用の為の令呪ですね。

マキリの令呪運用技術で作られました。

しんじくんの日記で語られた家のリフォームで作られた魔術礼装。

装置の設置だけで数億円掛かってます。



八幡祈念矢



正式名称 


八幡七星祈念矢


射幸の神楽を七星の式に基づく兎歩で代演したのでこれが本当の名称。


ハイパーSAKURAさんタイム以降の矢自体のランクは実は相当低いです。

本体自体には歴史の重みがまるでないので。


精々、虫が近寄りにくくなる、くらい?



桜さんが本気のお遊びで作ったものなので。

桜さんの擬似永久機関のブーストと発射前の祈念祝詞の神楽。

それが上手くグルグル巡って神話再現がなされたのであの威力。


ちゅうかバゼットさんが全力で投擲したから阿呆みたいな威力になったのかもしれません。

あの時ばかりは大百足に対してのみサーヴァントの宝具並の威力となりました。

絶対に大百足は殺すEXランク宝具。


使い勝手が悪すぎます。


だから桜さんもさっさと捨てました。

虫が近寄りにくくなる、という効果は最高に相性が悪すぎるので、今回の話で少し苦労もしてます。

これから先、日本の術者が大切に使ってくれるでしょう。

美少女の唾液つきだし。


ストラップについて

あの遺物は実は百足に対する嫌悪感で起動します。

アレを手に入れるとムカデなどに這いずられる悪夢を見させられます。

そうして嫌悪感を膨らませられ起動。

そして所有者の負の想念を食い続け、所有者を食い殺そうとします。

負の想念が大きいほど巨大化します。

大体所有者の精神エネルギーの元の魂が無くなる頃に元に戻ります。

そこらへんの人の魂だと100人食べるぐらいしか持たないので100人で止まるというアバウトな物。

でも桜さんにそんなのは効かないです、普段もっとドギツいので遊んでる子なので。

所有者としてはぴったりです。

出所不明の清浄な気も流れているし。



ちなみに清浄な気が流れていると桜さんの口調が荒くなります。
機嫌も大荒れなので。



次回


姉妹喧嘩の回



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024820804595947