<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

TYPE-MOONSS投稿掲示板


[広告]


No.31354の一覧
[0] 【ギャグ】逞しい桜さん (15禁) [みさりつ](2012/02/01 23:27)
[1] 2話上 姉と妹の関係 蛇足追加[みさりつ](2012/01/28 18:28)
[2] 2話下 兄と妹の関係[みさりつ](2012/01/28 18:30)
[3] 閑話 桜さんの趣味ていうかSAKURA[みさりつ](2012/01/29 20:38)
[4] 3話 幸も不幸も人それぞれなお話 しんじくんの日記[みさりつ](2012/01/29 20:57)
[5] 4話 ある聖夜の奇跡 上編[みさりつ](2012/01/30 00:10)
[6] 5話 ある聖夜の奇跡 下編[みさりつ](2012/01/31 00:13)
[7] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 上[みさりつ](2012/02/01 00:09)
[9] 閑話2 運命がちょっと動きだす日 下[みさりつ](2012/02/01 00:28)
[10] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 上[みさりつ](2012/02/01 23:21)
[11] 6話番外 逆レイパーしんじくんジュゲム[みさりつ](2012/02/02 19:05)
[12] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 中[みさりつ](2012/02/03 21:31)
[13] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下 [みさりつ](2012/02/03 21:36)
[14] 閑話3 あとかたづけ 桜さんの日記[みさりつ](2012/02/04 11:20)
[15] 7話 レーシック姉妹喧嘩 【第一部終了】[みさりつ](2012/02/05 20:14)
[16] 閑話 ダイジェスト旅行記 2月から4月の間[みさりつ](2012/02/05 20:10)
[17] 閑話 ダイジェスト旅行記 5月から帰国まで[みさりつ](2012/02/08 00:36)
[18] 聖杯戦争編 予告[みさりつ](2012/03/05 23:46)
[19] 第二部 プロローグ ピンクい魔女、帰郷[みさりつ](2012/03/05 23:42)
[20] 第二部 一話 彼女が出来ました。[みさりつ](2012/03/09 14:12)
[21] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 上 悟[みさりつ](2012/03/09 21:23)
[22] IF外伝 マセておしゃまで孕んだ幼女 下 り[みさりつ](2012/03/09 22:17)
[23] IF外伝 天より他知るものなく[みさりつ](2012/03/13 22:25)
[24] IF外伝 桜さん家[みさりつ](2012/03/11 00:33)
[25] 二部 2話 上 桜さん準備中 SINJI覚醒(仮) IF 追加[みさりつ](2012/08/22 01:47)
[26] 二部 2話 下 なぁなぁな感じの桜さん準備中 [みさりつ](2012/09/22 00:50)
[27] しょうもない外伝3 ネタ注意 最低系桜さん[みさりつ](2012/09/23 02:09)
[28] 超短編 逞しいKARIYAさん 蛇足追加 若干diesクロス[みさりつ](2012/12/03 16:52)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31354] 6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下 
Name: みさりつ◆555902c4 ID:67764e4c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/02/03 21:36
「いやあ、本当にいるもんなんですねー。バトル漫画の様な人」

てゆうか、本当に人間なんですか?

実は人の皮を被ったターミネーターか何かじゃないですか?

洪水を人力のみで止めるようなものですよ?

つうか、神様と一歩も引かずに戦えるとか可笑しいでしょう?



と、200メートル先で繰り広げられている戦闘を見て純粋に驚愕する。


あれは

題名をつけるのなら、【神話の英雄と神話の怪物の戦い】だ。

最初からお互いの必殺の交差から始まった戦闘。

それは最早、間桐桜には理解できないものであった。


一応、魔力の肉体強化で動体視力を上げて観戦しているが

頭がついてこない。


そもそも、実はバゼット・フラガ・マクレミッツに勝算無し、と言われたら、尻尾巻くって逃げていたところなのだ。

そして、日本にある退魔組織に速やかに連絡していた。


大百足のアヤカシ。


アレは間桐桜の手に負えるものじゃない。

あの百足の俊敏さ頑丈さ生命力の強さは常軌を逸している。

蟷螂は人のサイズだと地上最強の生物になる、と、どこかの格闘漫画は言っていた。

アレはそれだ。


その超、大百足版。



もし間桐桜がアレの目の前に立ったものなら、瞬きをする前に殺されてしまう。

元々、間桐桜の本領は裏方で手薬煉を引いての陰謀戦。

もし魔術師と戦うのならば、魔術師が魔術回路を起動する前に毒でも飲ませて
人間が魔術師の機能を発揮する前に殺す、というのが間桐桜の対人戦闘方法だ。

ある程度戦闘が出来る、高位の魔術師ならばマキリの蟲達など只の害虫にしか過ぎない。

キンチョールを吹きかけるような気軽さで蟲たちは死に至る。

ようは普通の人が殺虫剤を持ち出す前に毒で殺す、ということ。

虫に気付かない時に刺されることは多いが。

刺すよ?刺すよ?と、ぶんぶん飛んできたらそれなりに対応は取れる。




蚊取り線香でも置いとけば良いのである。

だからこそ、凛おねえちゃんを荒事専門の魔術師としてパシッてるのだ。

五大元素使いっていいよね、どんなポケモン来ても弱点つけるとか。


まぁ、戦闘力はバゼット・フラガ・マクレミッツと比べれば

全属性パンチを覚えたエビワラー(Lv16)


程度なのだが。










「いやぁ、虫トレーナー勝負してたら100パー負けてましたよ」


こっちがストライク(Lv16)ならあっちはカイロス(Lv350)ぐらいの差がある。

と、私は思った。

そして前言撤回。


私のほうが短パン小僧(キャタピーLv3)でした。


一応持ってきてた、鞄に収納していた持ち運び用の蟲倉(お爺様3号機)じゃ絶対勝てなかった。

私の片手にぶら下がる旅行鞄の中で「みしょみしょ」と言って、怖がっている。

中身は王蟲ちゃん(戦闘用)なのだが、アレに比べればワラジ虫みたいなものだろう。

これでもサシバエちゃん(大群)の

どくどく

よりも対人戦闘では致死性は低いが


王蟲ちゃん(単体)の

とっしん


は中々強力だ。


軽自動車ぐらいなら穴を開けて突き抜けるぐらいは出来る筈なのだが。


いかんせん、ノーマルタイプなので微妙。


目の前で


ばぜっと・ふらが・まくれみっつ(えいゆう)

得意技

はかいこうせん(属性 宝具)


をくりだしている彼女にとっては鎧袖一触であろう。






ちなみに百足の好物は草鞋虫なのである。

昔、童話であったものだ。

百足の草鞋にワラジムシと。


本当に撒き餌にしかならなかったようですね。

一応ある程度、弱らせようと、ちょこちょこ攻撃させながらアレを呼び寄せたのだが、HP1も減らせなかった。

と、私は溜息をつく

「それにしても、バゼット・フラガ・マクレミッツさん――――貴女は本当に美しく強い」


彼女は戦っていた。

美しく、気高く、誇り高く、あれほどの怪物と正面切って威風堂々と。

卑怯な魔術師としてでは無く正々堂々とした戦士として。

彼女がもし、男であったのであれば、彼女の子供が欲しいところだ。

絶対に大切に育てて、小さな頃から「お父さんは英雄なのよー」と言い聞かせファザコン娘に仕立て上げるくらい。








私は所詮、精々、周囲をかき乱すことしか出来ない道化。

何もなしでのガチンコ勝負をしたら小学生にも負けるぐらい、弱いのだ。

醜く弱い。

目の前で死闘を行なっている主役にはなれない。

いや、道化役にさえ、なれない。

出来る配役は精々、幕を引く黒子ぐらいか。

「しかし、それでも荒魂の神性を得てしまったアレには中々苦戦するようですね」

宝具での攻撃は強力だが、穴を開けても破壊は出来ていない。

あの大百足は面制圧でないと倒せない。

必殺の攻撃をしても、アレは体全体含めて攻撃しないと再生されてしまう。


切り札がデイジーカッター爆弾くらいの広範囲攻撃であれば一撃で葬ることも出来たのであろうが。



流石にそこまで出来たら

題名を「神と怪物の宵闇の戦い」とかに変更しないといけない。


早々と切り札に諦めをつけ、彼女はルーンの炎などを駆使して戦っているが、いかんせん火力が低い。

50体の雑魚達は焼き払えるようだが、大本には大した効果がない。


このままではジリ貧だ。

人間には限界がある。

段々とバゼット・フラガ・マクレミッツの動きが精彩を欠いて来始めた。

切り札を使った消耗が現れてきている。

このままだと、矢がつき剣折れ、明日の朝日は見れないだろう。


ならば?


私はどうする?


決まっている。




「黒子らしく幕を引いてあげましょう」

好きになった人が目の前で戦ってるのに逃げるなんて阿婆擦れもいいところ。

私は魔女。

魔女とは昔から英雄に力を貸すと決まっているもの。

英雄の矢がつき、剣が折れたのならば。















新しい矢と剣を用意しよう。


往こう。

私は歩き出した。


「なに―――私にも切り札が無い訳じゃない」

さっきのは嘘でした、と

マキリサクラが旅行鞄をポン、と叩くと

旅行鞄に描かれていたリボンのマークが

ポウ、と光を帯びる。


「先ほど逃げる時、反復横跳びしながら歩いた甲斐があった………やっと起動しましたね。それに運良く空が晴れて月明かりが見えてきました。
うん、弦月には三日ほど足りませんが、そこはなんとかしましょう、とりあえず戦闘区域は南にして良かった」


月の光がマキリサクラを照らす。


「ありがとうございます三号ちゃん、貴女の犠牲は忘れません」


そして


「ようやくこれで改造終了です」







見せてやろう

私が憧れて止まない魔女らしい戦い方を

















6話 ハイパーSAKURAさんタイム 下


「……ちぃっ!限が無い!」

相手は実体を取っているが半分は既に神性として高次な概念として姿を変えていた。

概念的な存在を打ち破るにはそれを超える神秘でなければ打ち崩せない。

フラガラックでの攻撃は有効だが

攻撃範囲が狭い。

穴を開けても直ぐに再生されてしまい意味が無く、足止め程度にしかならない。

全身を強化し、人類の肉体性能を超える駆動を行い大百足の攻撃を避けながら

自分がもう、持たないことに気付きはじめていた。

「せめて中身の大本の場所が分かれば…っ!」

だが諦めていない。


バゼット・フラガ・マクレミッツは炎や雷のルーンで牽制をやめずに勝利を探そうとしていた。

狙いはフラガラック(斬り抉る戦神の剣)での「百足の怪物の遺物」の破壊だ。

それしか方法がないのは最初の一合で直ぐに解っていた。

しかし

「でかすぎる……何処にあるのかが分からない」

こちらも好きなほど切り札を切れるほど、人間をやめてはいない。

どうするべきか、一旦逃げるべきか

退くべきか悩んでいると


「くっ!?」


力の消耗で防いでいた瘴気に耐えられなくなり、体が思うように動かなくなってきた。

「アンスズ!!」

取り合えず、炎のルーンによる魔術を全力で行い、相手と間合いを取り、自分の進退を決める。


炎は1分ほど全力で燃やし続けることにして相手の動きを遮る。


とりあえず未だに安全地帯にいる。


とは、言えない少女の手を引いて逃げる、と決めることにする。

あれだけ大口叩いたわりに情けないが、仕方が無い

命を賭けてもアレは倒せない。



などと、バゼット・フラガ・マクレミッツは考える。





すると


「結構苦戦してますね………加勢しますか?」

「何故っ!?……来たんですか!」


横に妖しく厭らしい微笑を湛えた少女が立っていた。

「何故って……ほら、苦戦をしているようなので加勢に?」

「何を考えているんですか!?最早アレ私には勝つ手段はなく、倒せない!苦戦どころではない、敗戦です!」

「そうですか」

「私の魔術が持つ内に貴女だけでも逃げてくださいっ!貴女は私よりも若く才気があり、これから先に未来があります!」


そうバゼット・フラガ・マクレミッツは少女の愚行を窘めず、逃げるように言う。


すると


少女は

「これから先の未来ですって?ははっ―――はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははっ!」


狂ったように笑う、哂う、嘲笑う。


そして




「―――バゼットさん、私のこれから先に未来があるっていいました?」


「いいえ、私のこれから先に、私の未来なんてものはありませんよ?」










「だってもう既に―――11年前のあの日から――既に私の未来は私の手の中にあるのだから」



「そして、これから先も私の手の中から未来が零れることは無いでしょう」


「これからも、これから先も――――私は、私の未来と共に在り続けるでしょう」


「だから、ねぇ、虫けらさん。私の邪魔ですよ?
私の未来がそこを通るんですよ?……。
だから――――――此処で死ね」


そう、言って。

少女は微笑み哂う。


「さて、ちょろっと本気を出しましょう、気張りましょう」


未だに燃え続ける大百足にマキリサクラは手を伸ばし口を開く。


「そして―――閉幕しましょう!黒子として!」


そして唱える。



『―――脆き者―――汝の名は女なりけるや?』


マキリサクラの腕から宵闇よりも深い影が


『――然り』

溢れ出す


『しかし我は全てを嘲笑い』

そして体を巡るように


『全てを喜びながら』


まるで繭のように

『虚ろな願いを願い続ける者』

マキリサクラを包む


『そして』

そして




『我は』







『その―――虚ろな願いを掴み取る』


彼女の黒衣となる。


それはマキリサクラの架空元素使いとしての魔術の起動ワードだった。

自らの架空元素・虚数の魔術による防護衣である。

彼女が使用できる唯一の彼女個人のみの戦闘用魔術。

その名も虚数術衣。

自らの負の想念にエーテルを持ってカタチを与えた術衣である。


『捕食せよ』

術衣の影が伸びだし、炎で怯んでいた、大百足を捕まえる。


バゼット・フラガ・マクレミッツとの戦闘で少なからず疲弊していた大百足を拘束する。

でも、これは下準備、肉は縊る前に押さえつけなきゃいけない。

「やっぱりきついですね、だから嫌いなんですよ、荒事は……胸が恐怖でワクワクします」


マキリサクラは妖しく厭らしく、笑う。

そして、こう、言う。


『起動』


突き出した手の反対にぶら下がっていた旅行鞄が光る。

そして、突然、∞マークの旅行鞄が割れる。

割れた瞬間に圧倒的な魔力が噴き出す。

まるで光の帯のごとく。

「折角、大金掛けて作った限定的な機関でやっとこの力かぁ、夢は遠いなぁ」

一本の矢が割れた鞄の中から飛び出す。

そして、ありったけの魔力を矢に集結させていく。

光の帯を矢は吸収していく。

「兄さんの無駄遣いも―――たまには役に立ちますね」

それは兄からくすねた物。

兄が去年買った、部活動の弓道で使う矢だった。



「わざわざ宇佐八幡宮の祈願なんて―――流石兄さん、馬鹿ですね」

と言いつつ、それを片手に持ち、ゆっくりと舐める

魔力を込めながら唾液を塗っていく。

妖怪大百足は一般的に人の唾が有効とされるが、しょせん唾は唾。

霊的加護がなければ、でんぷんを溶かすのが精々。


「巫女というには穢れすぎていますが……まぁこういうのは気持ちですからね」

概念ってのはそういうモノと、笑う。


マキリサクラの唾液に濡れ、手に持った矢は光を益して。

「では完成せよ!誉田別命の矢よ!」

一つの概念が産まれる。




「弓矢の冥加の概念付与武装」


『八幡の矢』




溢れる神聖な力に目を剥くバゼット・フラガ・マクレミッツ。

少女が突然戦線に飛び出し、助力を始めた時も大変驚いた。

まさか彼女が希少な架空元素・虚数の使い手だったとは、と。

しかし、その驚きも目の前でカタチ創られた莫大な量のエーテルに包まれたその矢に驚愕していた。

これはまるで

「そ、それはっ―――宝具なのですかっ!?」


「いえ、宝具の贋物の贋物もいいところでしょう、射幸の神楽を兎歩で代演、魔力に物を言わして無理矢理作っただけです。
ま、代行者達がよく使う一種の概念武装だと思っていただければ」

「それならば」

「ええ、目の前の百足ちゃんぐらいの怪物しか殺せませんが、効果は抜群です」

はい、とその矢をバゼット・フラガ・マクレミッツに手渡す

「矢があるのだけれど、弓は作れませんでした、今日が弓張月であれば作成できたかもしれませんでしたが」


弓はないのですが、大丈夫ですか?




バゼット・フラガ・マクレミッツにマキリサクラは問う。




「いえ――十分です」

これならば、倒せる。

と、確信に至ったバゼット・フラガ・マクレミッツは

まるで、弦のようにしなやかに―――。

矢を持った手で、投擲の用意をする。

「あと投げる時にこう言って、ください」

マキリは言う。

「なんと、言えば?」





「『南無八幡』と」

「分かりました」

大百足は暴れ狂い、マキリサクラの影の拘束を逃れる。

「くっ……!お願いします!」

自分の想念を破壊され、マキリサクラはフィードバックを受け、苦痛に顔を歪める。

剥き出しにした自分の影をビリビリと破かれているのだ。

本人には多大な負担がかかる。



バゼット・フラガ・マクレミッツはそれでも彼女に目を向けず、投擲の姿勢をやめない。



少女の助力を無駄にしない為に。



では、と全身をリラックスさせ、最大限の投擲を引き出せるようにしたバゼット・フラガ・マクレミッツは


投擲を開始する。






バゼット・フラガ・マクレミッツが矢を投擲する瞬間に。




『南無八幡』


と、唱えた。


すると


概念武装が起動し


バゼット・フラガ・マクレミッツという弓で投擲された矢は清浄な光を纏い発射される。

「いっけえええ!!」















光が奔った。


かつて大百足を討伐した藤原秀郷は唾を塗り、八幡神に祈念して射った矢で大百足を撃退した。


ならば



八幡の総本山宇佐八幡宮の祈願を受けた矢でマキリサクラが作った概念武装は

その神話を再現する。

名づけるならば「宝具 八幡祈念矢」


それは

大百足の目を貫き、神秘の力で大百足を食らう。

大百足の形を取っていたエーテルが強引にバラバラにされ、崩れていく。

暴力的なまでの焚殺。

強引に百足の瘴気さえも、かき消され


そして


カタチを失った大百足は大百足としての存在格を失い。

原型を見せる。





「やったか!?」

と、バゼット・フラガ・マクレミッツが吼える。












それは「やってない」フラグが立ちます。


と、思いながら、苦笑しつつ。

「本体みっけ」

それをすかさず逃さず、マキリサクラは影を使い、捕まえる。

そして


『強化』


した手で掴みとり。


小さなキーホルダーのような


それを












「はい、これでお仕舞いです」






「さようなら」

握り潰した。














次回


後片付けの回。

桜さんの被害総額1億円の回








あとがき



魔女の本気終了。

ハイパーSAKURAさんタイムはこれにて終了。


普段、金に糸目をつけない桜さんは
ハイパーSAKURAさんモードになると時間と金を湯水のように焼却炉に放り込んでしまいます。



そして


ハイパーSAKURAさんモードの「必殺!ブロッサム・フィンガー!」の回でした。

桜さんは出かける前に「百足――?なら、いちおうこれをもっていこう」的な生存フラグを立てていました。

桜さんの切り札は500年のジジイの薀蓄です。




あと数話で聖杯戦争編に突入となります。

次回もお楽しみにしてくれれば幸いです。

仕事の関係で更新スピードも落ちると思いますが 

よろしくお願いします。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.047215223312378