とらハSS投稿掲示板




No.17010の一覧
[0] リリカルホロウA’s(リリカルなのは×BLEACH)[福岡](2011/08/03 21:47)
[1] 第壱番[福岡](2010/04/07 19:48)
[2] 第弐番[福岡](2010/03/07 06:28)
[3] 第参番(微グロ注意?)[福岡](2010/03/08 22:13)
[4] 第四番[福岡](2010/03/09 22:07)
[5] 第伍番[福岡](2010/03/12 21:23)
[6] 第陸番[福岡](2010/03/15 01:38)
[7] 第漆番(補足説明追加)[福岡](2010/03/17 03:10)
[8] 第捌番(独自解釈あり)[福岡](2010/10/14 17:12)
[9] 第玖番[福岡](2010/03/28 01:48)
[10] 第壱拾番[福岡](2010/03/28 03:18)
[11] 第壱拾壱番[福岡](2010/03/31 01:06)
[12] 第壱拾弐番[福岡](2010/04/02 16:50)
[13] 第壱拾参番[福岡](2010/04/05 16:16)
[14] 第壱拾四番[福岡](2010/04/07 19:47)
[15] 第壱拾伍番[福岡](2010/04/10 18:38)
[16] 第壱拾陸番[福岡](2010/04/13 19:32)
[17] 第壱拾漆番[福岡](2010/04/18 11:07)
[18] 第壱拾捌番[福岡](2010/04/20 18:45)
[19] 第壱拾玖番[福岡](2010/04/25 22:34)
[20] 第弐拾番[福岡](2010/05/23 22:48)
[21] 第弐拾壱番[福岡](2010/04/29 18:46)
[22] 第弐拾弐番[福岡](2010/05/02 08:49)
[23] 第弐拾参番[福岡](2010/05/09 21:30)
[24] 第弐拾四番(加筆修正)[福岡](2010/05/12 14:44)
[25] 第弐拾伍番[福岡](2010/05/20 22:46)
[26] 終番・壱「一つの結末」[福岡](2010/05/19 05:20)
[27] 第弐拾陸番[福岡](2010/05/26 22:27)
[28] 第弐拾漆番[福岡](2010/06/09 16:13)
[29] 第弐拾捌番<無印完結>[福岡](2010/06/09 23:49)
[30] 幕間[福岡](2010/08/25 18:28)
[31] 序章[福岡](2010/08/25 18:30)
[32] 第弐拾玖番(A’s編突入)[福岡](2010/08/26 13:09)
[33] 第参拾番[福岡](2010/10/05 19:42)
[34] 第参拾壱番[福岡](2010/10/21 00:13)
[35] 第参拾弐番[福岡](2010/11/09 23:28)
[36] 第参拾参番[福岡](2010/12/04 06:17)
[37] 第参拾四番[福岡](2010/12/19 20:30)
[38] 第参拾伍番[福岡](2011/01/09 04:31)
[39] 第参拾陸番[福岡](2011/01/14 05:58)
[40] 第参拾漆番[福岡](2011/01/19 20:12)
[41] 第参拾捌番[福岡](2011/01/29 19:24)
[42] 第参拾玖番[福岡](2011/02/07 02:33)
[43] 第四拾番[福岡](2011/02/16 19:23)
[44] 第四拾壱番[福岡](2011/02/24 22:55)
[45] 第四拾弐番[福岡](2011/03/09 22:14)
[46] 第四拾参番[福岡](2011/04/20 01:03)
[47] 第四拾四番[福岡](2011/06/18 12:57)
[48] 第四拾伍番[福岡](2011/07/06 00:09)
[49] 第四拾陸番[福岡](2011/08/03 21:50)
[50] 外伝[福岡](2010/04/01 17:37)
[51] ???(禁書クロスネタ)[福岡](2011/07/10 23:24)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[17010] リリカルホロウA’s(リリカルなのは×BLEACH)
Name: 福岡◆c7e4a3a9 ID:4ac72a85 次を表示する
Date: 2011/08/03 21:47
読む前の注意!

・これは「リリカルなのは」と「BLEACH」のクロスオーバーの小説です

・若干、キャラに違和感が出てしまっているかもしれませんが、そこは寛容な心でスルーして下さい

・パワーバランス=作者の独断と偏見

・オサレ=未定です。




////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////













……俺は、消える……



己の体が粒子状の霊子となって分解していく中、ウルキオラは思った
黒崎一護によって致命的なダメージを負った己の体は、既に超速再生ですら回復が不可能なまでに破壊されていた

もはや自身の消滅に抗う術を、ウルキオラは持っていない


自分は、消える……消失する

「死」とは違う……完全なる消滅


「…………」


恐怖は無かった

それは、嘗ての自分が似た経験をしていた故なのかもしれない


自分は、虚<ホロウ>
人間としての死を迎え、ソウルソサエティにも、地獄にも魂が行き着く事なく

虚となり、同属をくらい、大虚<メノス>となり、大虚すらも越えた破面<アランカル>にまでなった存在


人間であった頃の記憶はない
記憶は無い、が……人間であった頃の自分は、それなりに死への恐怖は抱いたのであろう


しかし、一度死を経験してしまえば……二度も変わりは無い



今の自分は、人間ではない

今の自分は、破面

第四十刃・ウルキオラ・シファー



その称号を受けた時から……否、虚となり同属と互いに喰らい合う運命になった時から
己の消滅など、覚悟の上だった



……俺はどうなるのだろうな?……



砂塵となって散り逝く中で、ウルキオラは考えていた



……やっと、心というものが分かり始めたのだがな……



掌に収まり始めたその答えは、するりと己の掌から落ちてしまった
しかし、これも仕方がないのかもしれない


通常、死神の手に掛かった虚は斬魄刀によってその魂を浄化されて、あるべき場所へ帰る。

しかし、自分は違う
黒崎一護の「虚に良く似た力」によって、この身を、魂を葬られた

このまま自分は消滅するのか?
それともソウル・ソサエティに行くのか?
地獄の連中の下へ行くのか?

それとも、霊子に還り虚圏の一部となるのか?



……考えても、無駄か……



今更、自分の運命は変わらない
自分は黒崎一護に破れ、主に命じられた任を果たせなかった



だから、消える
これは、必然



その事を悟りながら、ウルキオラの微かに残された意識も
その身と同様に、完全に消失する……





「もっしもーし、お兄さん大丈夫ですかー?」





筈だった。











第零番「始まり」











「……あ、目が覚めた?」

「…………」



消失を免れたウルキオラの意識、開けた視界
そこに映るのは、限りの無い白い空間と……一人の少女


(……霊体……整<プラス>か……)


その少女の外見は、人間や死神のソレに良く似ていた
恐らく幼体……死神で言えば数十年、人間でいうなら数年程度しか成長していない未熟な体だった
長い金髪が特徴で赤い瞳、衣服は破面の物とも死神の物とも異なるデザイン

薄い翠色の布地で出来た、上下一体のワンピースという部類の衣服を身に纏っていた。



「……あれ、ひょっとして言葉が分からない?」

「……誰だ? 黒崎一護の仲間か?」



口を開いて両目を動かして、現状を探る

辺りの大気・及び霊質から、ここが虚圏および現世でもない事が分かる
そして、同時に己の状態を調べる。





……第二階層<レスレクシオン・セグンダエターパ>解除……

……現形態・帰刃<レスレクシオン>・超速再生稼動……


……頭部・損傷無し……胸部・腹部・損傷有り、危険度・低……

……臓腑形成・完了…稼動に異常無し……


……外殻形成及び再生・98.4%……鋼皮<イエロ>体外形成・92%……

……内部形成及び再生・58.7%……四肢の起動・不可……現在再生中……


……周囲の霊子濃度及び霊質・微濃度/良好……

……再生速度・遅……全再生・可……

……続けて内部形成及び修復続行・修復が完了次第、鋼皮の修復に移る




(……どういう事だ?……)



自分の状態を確認したウルキオラは、僅かに驚いた



「あ、言葉は通じるんだ? ってクロサキイチゴ? 誰ソレ?」



少女は首を傾げながら答える
それは、嘘をついている様には見えない
どうやら、ヤツ等の関係者ではないらしい。


「……お前が、俺の体を治したのか?」

「??? お兄さん、どこか体が悪いの?」

「………」


再び、ウルキオラは黙りこんだ
黒崎一護によって再生不可能にまで破壊された体は、再生可能のレベルまで修復されている

自分の能力のみでは、ここまでの再生は不可能だった筈
目の前の少女が原因か?とも思ったが、どうやら違う様だ。



(……一体、どうなっている?……)



そう、ウルキオラが考えていると
目の前の少女は、口元を綻ばせ笑みを浮べていた。


「……どうした?」

「えへへ、久しぶりに人と話すのが嬉しくってー。でもお兄さん、普通の人と少し違うね?
肌も白いし、目は緑色だし、羽みたいのが生えてるし……」


そう言って、少女は自分の体をペタペタと触ってくる
普段なら振り払うところだが、生憎体は動かすことなど到底不可能な状態だった



(……ダメだ、歩行可能レベルの回復まででも相当の時間が要る。霊子濃度の薄いこの場所では、これ以上の再生速度は不可能だ……)



ウルキオラは、現状を改めて理解する
体さえ動けば、即座に目の前の霊体……この少女を喰らって、己の糧にしただろう



しかし



(……この霊体、量も質もゴミ同然……こんなのを喰らったところで、腹の足しにもなりはしない……ならば……)


今の体では、再び闘いに趣く事も主の下に行く事も不可能
回復は時間に任せるしかない





だが、





(……いや、俺はもはや不要な存在かもしれんな……)



現状を考えながら、ウルキオラは思った


(……黒崎一護に破れ、虚夜城<ラス・ノーチェス>も守れず……死に体同然のこの体たらく……)


今の自分の姿を見れば、あの主は自分を斬り捨てるだろう
あの主は、自分が不要と判断したものには一切容赦はしない


任務を遂行できなかった自分が再び体を回復させて、あの主の下に馳せ参じたところで


自分は、きっと斬り捨てられるだろう……

自分の結末は、きっと変わらないだろう……



(……いや、それすらも不可能かもしれん……)



心の中で呟く。

自分がいるこの場所
自分の記憶の中に、今居る場所と一致するところは一つも存在しない

現世でも虚圏でもないこの白い空間


まるで「無」をそのままに表わした様なこの空間


無、ひたすらの無



(……現世からも虚圏からも……俺は、消滅したのかもしれんな……)



ひたすら白い空間を見上げながら、ウルキオラは思った


これからどうする?
ウルキオラは考える


考えて、考えて……ひたすら考えて、ウルキオラは思った。



(……まずは、現状を把握するか……)



体を動かす事が不可能ならば、せめて情報を集めるしかない

そして、唯一の情報源に目を向けた



「?? どうしたの?」

「俺の質問に答えろ……ここはドコだ?」

「……ここ?」


視線を少女に向けて、ウルキオラは尋ね
少女は、顎に指をちょこんと当てて考えた後


「わたしも分からないや」

「……なに?」

「もう、どのくらい前かな? ずーと前に、わたしもね…気がついたらここにいたの」


少女は答える、その言葉を聞いてウルキオラは自分の考えが当たっている可能性が更に大きくなった事を感じた。



「わたしもね、どうやってここに来たかは分からないけど……たまにお兄さんみたいにね、人が来るの」

「……そいつ等はどうなった?……」

「うーんとね、分からない。いつのまにか、いなくなっちゃってるの……」



少女は、思い出す様に言葉を繋げ

ウルキオラはこの少女が先に言っていた言葉を思い出していた



(……久しぶりに、人と話す……嘘ではない、か?)



そうウルキオラが考えていると、少女は再びウルキオラの顔をじっと見ていた


「う~ん、お兄さんも違うかな?」

「……何がだ?」


少女の言葉を聞き返す
今はどんな些細な情報でも欲しいため、ウルキオラは咄嗟に聞き返していた



「会いたい人がいるの」



少女が語る



「誰に会いたいか、忘れちゃったけど……わたしね、会いたい人がいて……ここでずっと待ってたんだけど……
たくさんたっくさーん待っている内にね……誰を待ってたか、誰に会いたいか、思い出せなくなっちゃたの…」


「…………」



少女は僅かに視線を遠くに置きながら、思い出す様にじっくりと噛み締める様に言葉を呟いた



(……駄目だな、今一つ……情報の整理がつかん……)



ウルキオラは考える
幾つか参考になった情報はあったが、核心的なものは得られなかった

そして、ウルキオラは再び問いかけた。



「次の問いだ……お前は、何者だ?」



ウルキオラの問いを聞いて
少女は、ゆっくりと答えた







「わたし? わたしはねアリシア、アリシア・テスタロッサ」









あとがき
 どうも、作者です! ここまで読んでくれた方々、ありがとうございます!!
自分はなのはとブリーチが好きなので、これらをクロスオーバーさせた作品を描かせて貰いました!

ウルキオラはブリーチでもトップクラスに好きなキャラだったのに、あの退場の仕方に若干不満を覚えて今回、小説を描かせて貰いました!

そしてなのは側は、アリシア
この子の出番が多い作品になるかもです

ちなみに、自分の友人はまだウルキオラの生存を信じています。

友人曰く「ウルキオラは過去の回想をしていないから!!!」だそうです。

ちなみに、今のウルキオラは黒翼大魔の状態です
たしか破面って、帰刃状態じゃないと能力が使えるヤツとそうじゃないヤツがいますが
ウルキオラってどっちのタイプなのか分からなかったので、帰刃状態のままでかきました。

それでは、次回に続きます。





次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.053285837173462