とらハSS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第四話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/05/30 07:14


君子危うきに近寄らず。
元々ほとんど守れていない座右の銘はここに来て一気に破綻を迎えそうだ。
入院している病室から見える青い空は眩しいのに。
今部屋の中にはアラートがそこかしこから鳴り響いている。


後藤 龍野、13歳。
相変わらず入院中です。




余生におけるある世界との付き合い方 第四話




ちりちり、ちりちり肌が焼ける感覚がする。
鳥肌なんてもので済むものではない。
小学校三年生の時はなのはが近くにいれば確実になった。
その年の秋にフェイトが増えて更に感覚は倍増する。
それからアラートは増す事があっても減る事はない。
鳴りっ放しの警報ほど無意味なものはないと思う。
警戒感は薄れるし、逆に本当に危険なときに気付かなそうである。
最早、実際熱を発しているのではないかと龍野は思った。

「ありがとね、龍野ちゃん」

そう言ってきたのは高町なのは。笑う顔は可憐である。
この顔で笑いながら性格は頑固で、ちょっと手が付けられないレベルなのだから世の中分からない。
小学校から腐れ縁としか言いようの無い確率でずっと龍野となのはは同じクラスである。
いわば幼馴染のようなものだ。
幼馴染に近い関係の龍野が入院したとなれば彼女が取る行動など一つしかない。
―助けたの、フェイトだしな。
事故の時も一緒にいたのを龍野は覚えているし、フェイトがなのはの親友であるのは充分良く知っている。
そう考えると更にあの時助ける必要は無かった気がして少し気分が沈んだ。

「あー、うん?助けたわけじゃないけどね」

勝手に突っ込んで、勝手に死んだのだ。
助けたというのは間違っている。
龍野が自分の中でそう結論付けていると呆れた声がなのは以外から響く。

「いや、あれが助けた以外なんて言うのよ」
「……邪魔?」

一拍考えてみて出てきた言葉はそれだった。
たぶん、そうだろう。
龍野がいなければフェイトたちは魔法を躊躇無く使えたはずだ。
それ以前に元の運動神経が良いのだからどうにでも出来たはずである。

「アンタねー」

アリサが呆れたように息を吐く。
相変わらず強気な態度に、フェイトとはまた違う金の髪が揺れた。
アリサ・バニングス。
なのはと腐れ縁的関係を結んでいるうちに、繋がりができてしまった一人。
本人は普通の人であるのに龍野の警報はこの人物にも反応する事がある。
魔法とは無関係のアリサのはずだが、代わりに金銭というトラブルが付いて回るらしい。
―……皆アラート鳴り過ぎ。
危険が一杯の友人関係に頭が痛くなる。
今病室には龍野以外三人の人物がいる。
なのは、アリサ、すずかといつものメンバーである。
フェイトは用事があるらしく今日は来られないと聞いていたし、はやても同じようなものだろう。
仕事だろうな、とぼんやり考えるも自分に出来ることはほとんどない。
というより関わりたくない為深くは聞かなかった。

「フェイトちゃんを助けたのは龍野ちゃんだよ?」
「なのは近い」

少し考えに耽った内になのはが移動していた。
出会った頃より大人びた顔。前世の記憶にはない狭間の時間が今である。
それでも根本的な性質が変わっていないのは明白で、相変わらず押しが強い。

「だって認めないんだもん」
「事実」

ぷくりと頬を膨らますなのはに龍野はボソリと呟いた。
ぐっと近づけられた顔は女の子同士だとしても問題がある距離だった。
目の前で茶色の髪が流れていく。
フェイトとはまた違う動きにこの頃こういう生活に慣れてしまった自分に気付く。
慣れさせられたといった方が適当なのかもしれない。入院してフェイトの次に顔を見たのはなのはだった。
心配を掛けたらしくて最初に会った時は軽く泣かれた。
涙腺が脆すぎる幼馴染に苦笑しながら宥めたのは近い記憶だ。

「昔から龍野ちゃんは自分がしたことに無頓着すぎるのっ」

激昂するなのはに首を傾げる。
自分のしたことに無頓着――なのはのことだろう。
いや、なのはは自分のこと全てに無頓着の傾向がある。
自分より他人を優先させる悪癖があるのだ。

前世の記憶も龍野としてもそれはとても苦い。
背景が分かる分だけ、なのはの悪癖が更に目に付いてしまうのだ。
―子供にさせることじゃない。
―子供が考え、想うことじゃない。
他人のためというのは素晴らしい考えだが自分をないがしろにするのは頂けない。
二度も死んでいる龍野が言うと説得力は無いが真実の想いだった。

「ていうか、アンタがそういうのするの珍しいわよね」

“そういうの”――フェイトを助けたことだろう。
アリサの言葉に龍野は辛い思いを抱くことになる。
助けたくて助けたわけじゃない、などと言ったらこの少女は怒り天を衝く勢いになること必須だ。
反射というのは人間が抗えない身体の機能の一つなのだ。

「確かにそうかも」

アリサとすずかの言葉に同意する。
基本的になのは達五人には関わらないようにしていた。
龍野の思惑を振り切って構ってくる人物―言うまでも無くなのはだが―はいたがそれだけだ。
この事故まで龍野は誰にも深く関わっていない。
ましてや助けるために自分を犠牲にするなどアリサが見たことないのも当然である。

「龍野ちゃんは昔からそういう人だよ!」

握りこぶしを握って力説する姿は年より幼く見える。
龍野には何故なのはがここまで自分のことを買っているのか分からなかった。
彼女が内に抱える孤独という根本は知っているつもりだ。
本人から聞いたわけでもないが、前世で見ている。
孤独だからこそなのははフェイトに共通性を見つけ出しあそこまで拘ったのだろうと勝手に推測している。
優しい言葉が欲しいのではなく感情を分かち合いたいといっている時点で、しかもそれをフェイトに言っている時点で、其処まで外れた考えでもないはずだ。

――なのはは覚えている。
龍野が小学校でしてくれたことを。何だかんだで優しいその性格を。
ひっそりと、さり気無く自分を見守ってくれて助けてくれたことを。
だからこそ龍野の低すぎる自己評価に腹が立つのだ。

そんな事を龍野に言ったとしても話は進まないだろう。
龍野にしてみれば“ひっそり、さり気無く”は自分が危険に近づきたくなかっただけだ。
見守った覚えも、助けたこともない。なのはが大変なときに力になれたとも思えない。
無理しそうななのはを止めたことはあるが、それにしたって傷つくのは放っておけなかっただけだ。
つまりこの二人の話は永遠に平行線を辿る可能性が高かった。

「それ証言してるのなのはだけだから」

アリサが呆れた視線で地団駄を踏む親友を見つめる。
腕を組んで冷静に観察する瞳は中学生らしさが抜けている。
お嬢様ってのは違うんだなと前は縁の無かった人種を眺める。

「助けていないから、見てないのも仕方ない」
「龍野ちゃん!」

コクリと頷いた龍野になのはが再びにじり寄る。
動く右手で制するも、片手で済むほどこの幼馴染は甘くない。
右手だけを使っている姿になのはは動かない左へと視線を動かす。
一瞬、ほんの一瞬だけなのはは唇を噛んで苦しそうな顔をした。
ちらりと見えた感情は後悔だろうか。彼女がする必要のないものである。
―なのはもか。
考えてみれば当たり前かもしれない。
龍野が手を出さなければフェイトを助けていたのは隣にいたなのはだろう。
それは今までの行動や彼女たちが親友であることからして疑う必要はない。
つまりなのはの中で龍野の怪我は自分がフェイトを助けなかったからだと終結している。
自分一人で抱え込む性質のある彼女が自分のせいで、龍野が怪我をしたと思うのも無理はない。
なのはのせいじゃない。
そう言うのは簡単であるが、今の状態で言ったとしても彼女は納得しないだろう。
何でも自分のせいだと思うのも考えものだ。

「フェイトちゃんを助けたのは間違いなく龍野ちゃんなの!」

聞いたセリフ。同じことを力を込めてなのはは言った。
その姿は理解しない子供を空気で納得させようとしているようだった。

「……うん、何となくわかったわ」
「私も」

なのはと龍野、二人のやり取りを外で見ながらアリサは言葉少なに頷く。
多分に呆れが含まれている視線が微かに痛い。
何がわかったのか見当がつかなくて首を傾げれば、すずかが苦笑した。

「龍野はあれね、目立たないのに人気を集めるタイプね」
「しかも知らない内にって雰囲気だね」

唐突に切り替わった話題に付いて行けない。
何故そういう話になるのだろうか。

「そうなの?龍野ちゃん」
「知らない」

素直に首を横に振る。
人気なんて考えたことも無かった。
それは学校の憧れを大方分担している幼馴染たちがいるからだ。
―なのはも、アリサもすずかも、誰もその話しはできないと思う。
誰も彼もが美少女で人気も高い。噂も多いし、つまりは注目されている。
なのはたちは、今いないフェイトとはやても含め酷く目立つのだ。順当な配列だと龍野も思っている。
何となく目を引く。カリスマ性という奴のだろう。
怖いくらいの強さでこちらを見るなのはから逃げるようにそう考えた。

「へー、ふーん。フェイトちゃんもこの頃なんか違うしなぁ……」

ぶつぶつと小さい声で言い募る。
聞こえてきた断片に疑問はあるが流す。面倒臭い事以外なりそうになかった。
龍野にはフェイトが前と変わったようには少しも思えない。
確かに龍野とフェイトが一緒にいる時間は事故の前に比べれば倍増ではすまないぐらいである。
だがフェイトが一番良い笑顔なのは、変わらずなのは達と一緒にいる時だ。
龍野はそれを確信している。

龍野といる時も笑いはするがやはり何処か後ろめたさのようなものを感じる。
それが事故に対する罪悪感からきているのか、魔法を知らないという膜で仕切られているのかは分からない。
ただ“違う”という事だけは丸分かりで、龍野は抽出された何十分でしかなくとも重ねられた日常より大事なものがフェイトにはあるのだろう。
―あんな体験じゃ仕方ないか。
捨てられて、立ち直って、その結果命と同じくらい大切な友達―下手すると命より大事そうだが―ができても不思議ではない。

「まぁ、良いじゃない。なのは」

アリサがなのはの肩に手を置いて宥める。
そしてちらりと龍野を見てから、すずかと視線を合わせた。コクリと頷きあう。
その仕草は龍野に嫌な予感しかさせなかった。

「今までは良く分からなかったけど、アタシはなのはの意見に賛成するわ」
「うん、私も、かな」

―やっぱりか。
何となく分かってはいた。元々理由があって思考があれば彼女たちは互いの想いを否定しない。
アリサが龍野のことに関して何も言わなかったのはただ知らなかったから。
龍野に何か言える程、龍野自身を知らなかったからだろう。
付き合いがあったとしても、友達と言えるほどの関係はなのはとしかなかった。
その前提が龍野の入院によって崩れた。

「助けてないのに」
「それが間違いなのよ。アンタの中の助けるって定義、一回見てみたい気がするもの」

アリサに呆れたように溜息を吐かれる。
龍野としては勘違いもいいところである。
助けようとしたのは否定しない。龍野の体は“反射的”にフェイトを助けようとしたのだ。
それはしかし助けになっていなかったし、結果を悪化させただけだ。

「普通だよ」
「普通だったら今回のことは助けた以外の何でもないわ」
「でも助けてない」

頑なに否定する龍野にアリサは今にも「アンタ、バカ?」とでも言いそうである。
はーと大きく溜息を吐くと、海外の血を示すかのようにオーバーアクションで肩を竦めた。
どうしようもない駄々子を目の前にしている大人のようだ。

「ほら、みなさい。諦めて助けたって認めることね。これ以上粘るとなのはが五月蝿いわよ」
「う」

アリサが顎でなのはの方を示す。
それに従うように視線を動かせば先程よりご立腹な幼馴染の姿が見えた。
―これは中々に怖い。
怒りが積もり積もって、怒っているのに笑顔になる一歩手前という感じだった。
前世で「ちょっと、頭冷やそうか?」の場面を見ている身としては冗談では済まない。
あれは見ているだけで冷や汗が出るものだ。

「具体的にはきっとフェイトと一緒に世話をするから始めて、助けたって認めるまで詰め寄られることになるけど?」

少し想像してみて、直ぐに頭から消した。
フェイトだけでも手を焼いているのになのはまで加わったら手に負えない。
きっと懇切丁寧に世話をしてくれるだろう。
左腕が動かないだけなのにご飯まで食べさせてくれる気がする、というかフェイトに食べさせられそうになった。
他にも少し移動するだけなのに着いてこようとしたり、こっそり着いてきたりしていた。
心配性も此処までくると過保護だ。
それにこれ以上龍野の判断では問題のない身体のことで疲労を重ねて欲しくない。
龍野より余程死が身近な世界に住んでいるのだからなるべく万全の体調でいて欲しいのだ。

「わかった、認める。認めるから、それはしないで」
「分かればいいのよ」

ふんと鼻を鳴らしてアリサが満足そうに頷く。
余りに似合う態度に龍野は苦笑した。

事故で迷惑をかけたのにこれ以上何かをしてもらうわけにはいかない。
龍野は表情が見えないように俯いてきゅっと唇を噛んだ。忸怩たる感情を押し込める。
なのはの邪魔も、フェイトの邪魔もしたくない。
そう思っているのに龍野の現状は迷惑をかけざるを得ない。
何を言っても龍野の手伝いをするだろう。
否定すれば倍、押しが強くなる。そんな性格の彼女たちだから。

「アリサちゃん、凄い!」
「ま、このくらいちょろいわね」

感心したようになのはが歓声を上げる。
すずかもにこにこ微笑んで胸の前で軽く手を合わせていた。
何も変わらない光景だ。
達信だった頃から、龍野になってからずっと見てきた。
これを見ていたくて守りたくて自分は飛び出したのだろうか。

今更ながらに事故の原因を考察する。
前世から変わらず観察者の立場だったのに、介入してしまった理由。
反射なのだから理由など不確かなものに違いない。
ただ、一つだけハッキリしている事がある。
―笑っていて欲しかった。
それが叶っている今、自分は幸せと言えるのだろうと龍野は思った。


第四話 end






感想感謝する。
手違いで削除してしまったのでもう一度投稿。
自分の雑さに腹が立つ。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024296998977661