とらハSS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] StS 第八話
Name: Fath◆995c8f6d ID:ba5169b7 前を表示する / 次を表示する
Date: 2016/11/18 15:45



地上本部襲撃。
龍野はその事を知っていた。
機動六課が襲われることも分かっていた。
ならば、龍野がすべきことはそこに近づかないこと。
わかっていた。それでもそうすることはできなかった。

――何だかなぁ。

甘くなったというのか、何というか。話の筋書きは知っている。
色々あっても最後には終結するのを知っている。
放っておいても問題はないはずなのに。
――龍野は何故かヴィヴィオの手を引きながら逃げていた。

「タツノ?どうしたの?」
「ここが襲われてる。ヴィヴィオがここにいると危ない」

襲撃はすぐに気づくことができた。
何せ自分には便利なアラートがついている。
いつもは役に立たなくとも、今日は活躍することは予想済みだ。

一直線に転送ポットへと向かう。
龍野なりに考えた結果、ヴィヴィオを逃がすことにした。
聖王のゆりかごはこの少女がいなければ発動しない。
スカリエッティのアジトが発見されるのは時間の問題だ。
ここでヴィヴィオさえ捕まらなければ、負担はぐっと減るのだ。

「タツノ?やだっ、タツノ!」

転送ポットの近くには幸いにも誰もいなかった。
襲撃を受けている最中なのだから全員が戦闘配置についているからだろう。
とにかく、龍野がしたかったことは上手く行きそうだ。
まだ混乱しているヴィヴィオを転送ポットに入れる。
涙が瞳に溜まり始めている彼女を宥めるように頭を撫でる。

「ごめんね、ヴィヴィオ。でも、君だけでも」

笑ってみせる。ヴィヴィオと知り合ってから上手くなったといわれる笑顔だ。
スバルたちはもう戦っているだろう。
彼女達はそれが仕事だから止めることはできない。
でもこの少女は、ヴィヴィオは違う。完璧なる被害者なのだ。
そして襲撃者の目的も彼女で、捕まったら母親と戦う破目になる。
余りにも可哀想ではないかと龍野は思った。
ヴィヴィオとは一緒にいる時間が多かったから、情が移ったのかもしれない。
それでも龍野は自分の行動に疑問を持っていなかった。

「向こうには私の友達がいるから。助けてって言うんだよ?」

時間がない。
必要最低限の事をヴィヴィオに伝える。
向こうにはすずかがいるはずだ。少なくともここよりは安全である。
すずかがいれば、アリサに話が行く。そうなればなのはにも連絡が取れる。
海鳴の場所がバレるのは時間の問題だが、それよりも早くなのはがヴィヴィオを保護するだろう。
だから、今さえ乗り切れればヴィヴィオが連れ去られることはなくなる。

「タツノも、一緒に」

転送ポットから手が伸ばされる。
ヴィヴィオの片手にはお気に入りのぬいぐるみが掴まえられていて。
必死に握っていたからだろう。少しだけ皺が寄っていた。

涙目で自分を見上げるヴィヴィオの手を取る。
そっと握ってから、転送ポットの中に戻す。
龍野はいけない。
転送ポットを起動させるスイッチを押さなければならないからだ。
それでも自分を心配してくれた小さい子が可愛くて、龍野は自然と微笑んでいた。

「後でなのはたちが来たら、すぐそっちに行くから」

なのははきっとヴィヴィオを放っておけない。
だから、無理してでも海鳴に迎えにいくだろう。
だから、その言葉はまるきり嘘というわけではなかった。
ただ、全て本当というわけでもない。

――あとで、怒られるんだろうなぁ。

龍野は親友達に怒られたり泣かれたりしている自分の姿を思い描いた。
不思議な事に、余り嫌な気はしなかった。

「タツノ」
「ばいばい。ヴィヴィオ」

呼ばれた名前に微笑む。
どうか、この子が無事に事件が終わりますように。
そんなことを願って、虫が良すぎる願いか、と龍野は苦笑した。



余生におけるある世界との付き合い方 StS 第八話



アリサはその日大学も早めに終わり、家に帰ってきていた。
することもなかったので、すずかに連絡を取ると家にいるとの返事が来る。
それならば久しぶりに家でお茶でもしようかとアリサはすずかの家にいた。
アリサの家に行こうかとは言われたのだが、何となくすずかの家に行きたかった。
何となくは何となくでしかない。
しかし、どこか虫の知らせのようなものが働いたのも否めない。

「なんか胸騒ぎがするのよね……」

カップをソーサーに置く。
カチャリと陶器の澄んだ音が響いた。
アリサは額に手を当て小さな溜息を吐く。
すずかは静かに微笑んでいた。

「アリサちゃんの勘は当たるものね」
「半々よ。大体、勘なんて勘以上のものではないわ」

ひらひらと手を振り大したことじゃないと示す。
勘に頼るつもりはない。
自分に出来る努力をして、状況を把握すれば大抵のことは乗り切れるのだ。
あやふやな直感に頼るよりも余程確実な方法だとアリサは思っていた。

「それでも、あるとないとじゃ違うんじゃない?」
「そうかしら」

小さく首を傾げるとすずかは微笑したまま頷いた。
そんな彼女に流されるようにアリサも微笑んだ。
微苦笑としか言えないそれは、それでも笑顔だった。
――何もない方が良いに決まってる。
アリサとすずかの親友たちは命のやり取りをする職場に勤めている。
それも小学生の頃から。けれど心配が薄くなることはないのだ。
どんなに強い人でも倒れることはある。
それは他ならぬ親友が撃墜されたことで証明された。

「なのはちゃんたち、元気かな」
「大丈夫じゃない?教え子もできたとか言ってたし」
「元気そうな子達だったね」
「龍野に妹ができてたことの方に驚いたわ」

なのはが休暇にこっちへと戻ってきたことがある。
その時、今教えている子たちと紹介された四人の姿を脳裏に思い浮かべる。
そして人嫌いに近い友人が一人と知り合いだったということも。
また隠して、とその時はイラつきもしたが、今その炎はほとんど鎮火されている。
それでも残り火が燃えているのは、きちんとした説明を龍野から受けていないからだった。

「確かに。あの時は驚いたね」
「聞いたら中学校からとか言うし、全く」

再び溜息を吐いたアリサの視界の端で何かが輝いた。
いや、今のはなのはたちが転送してくるときに見える光だったはずで――なのはたちが今日来るとは聞いていない。
アリサは席を立つ。
胸騒ぎは胸騒ぎのまま終わってくれるのが一番だ。
しかし、起こってしまった何かには対処しなければならない。

「すずか」
「アリサちゃん」

お互いの顔を見合わせて頷きあう。
お茶会は残念ながら中止にしなければならないようだ。
二人はすぐに転送ポットへと向かった。

転送ポットの側には見知らぬ人影があった。
金の髪に左右で色の違う瞳を持つ少女だ。
記憶の中に当てはまる容姿を持つ人物はいない。
そう思い――そういえばなのはが子供を保護したと言っていた事を思い出す。
アリサはまだその子供を見たことがなかった。
誰とも重ならないこの子こそが、保護した子供ではないか。
その結論にたどり着くのにそう時間は要らなかった。

「タツノの、友達?」

その子供から龍野の名前が出た時、アリサは嫌な予感に襲われた。
ぱっと見た雰囲気では身奇麗にしてあり観光に来たといわれれば納得してしまいそうだった。
しかし、あの冷静な龍野が子供を一人で寄こす筈がない。
ましてや親友達の心配性をアリサは良く知っていた。

「そうよ。アタシはアリサ」
「私はすずかよ。あなたのお名前は?」
「ヴィヴィオは、ヴィヴィオ」

一瞬ヴィヴィオが目を伏せた。
その顔にあるのは焦りか、悲しみか。
どちらにしろ嫌な予感が当たりそうでアリサはは身構えた。

「タツノを助けて」

ぎゅっとお気に入りのぬいぐるみを抱きしめながらヴィヴィオはそう言った。
強い視線は身に覚えがある。
――なのはが何かを決めた時の顔にそっくりだった。
ああ、とアリサは自分の体から力が抜けていくのを感じた。
だがここで腑抜けになるわけにはいかない。
アリサは自分の身体に気合をこめた。





「あんっのバカっ!」
「タツノ、バカじゃないよ」

なのはが保護した子供――ヴィヴィオは激昂するアリサに冷静にそう返した。
その瞳は幼いながらに怒っている事を伝えてきて、言葉を飲み込む。
龍野はバカじゃない。知っている。あの友人の頭の良さをアリサは分かっていた。
そして時折顔を出す無鉄砲さも充分に知っていた。
だからこそ、今出るのはバカという言葉だけだった。

「龍野はバカじゃない。それは確かね。でもね、ヴィヴィオ、よく覚えておきなさい」

アリサは怒りに燃えていた。
とりあえず庭からすずかの部屋へと場所を移した。
ヴィヴィオから聞いた事情はアリサ達にしてみれば最悪のもので。
今、すずかはなのはたちに連絡を取りに行っている。
龍野への怒りで今一冷静に成り切れないアリサよりは適役だ。

「自分を犠牲にして何かを助けるのは"大バカ"っていうのよ!」

苛々する。全くもって、苛々する。
原因はわかりきっている。龍野である。
アリサは荒い手つきで前髪を握った。

昔から龍野にはその気があった。
自分を省みないで、自分を過小評価しすぎている。
世の中で自分などちっぽけな存在であるという態度をアリサは改めさせようとした。
何回も注意した。何度も、何度も。
アリサだけではない。なのはもフェイトもはやても、すずかだって。
口調は違えど、龍野のズレを直そうと努力してきたのだ。

「でも、タツノ、ヴィヴィオのこと助けてくれた」
「そうね。昔からそういう奴よ」

いつもは「周りなんて関係ない。自分が一番大切」という顔をしている。
怏々の事態もそうやって乗り越えてきたのだろう。
だが龍野は突発的に、致命的な人助けをする。
一度目はフェイト。
二度目はヴィヴィオ。
基準がどうなっているのか、アリサには少しも理解できない。
少なくない代償を払っているくせに、まだ龍野は懲りていない。
その行動が周囲の人を悲しませるのを理解していないのだ。

「ヴィヴィオは龍野のこと好き?」

アリサは決めた。今度会ったら龍野を一発殴ってやると。
平手打ちくらい安いものよね、と自分自身を納得させる。
親友達を心配させたことにアリサは怒っていた。
そして、何より自分を大切にしない龍野に怒っていた。

「うん」

アリサの問いにヴィヴィオはすぐに頷いた。
後から聞いた話では、なのはやフェイトが仕事で忙しいため龍野といる時間が長かったらしい。
龍野も仕事が入っている場合は寮母さんに預けられていたらしいが詳しくは知らない。
ただ大半を龍野と過ごしていたことで、かなり懐いていたというのが重要だった。

「なら、龍野がいなくなったら悲しいわよね」
「……うん」

ヴィヴィオの顔が曇る。
感情が顔に出やすい子のようだ。
その姿はなのはの小さい頃を思い出させる。

――なのはの子供っていうのも、あながち間違いじゃないかもね。

ふっとアリサは口元を綻ばせた。
いい子ねとヴィヴィオの頭を撫でる。
大切な人がいなくなったら悲しい。
こんな子供でもわかることだ。
それを龍野は微塵も理解していない。

「龍野は鈍いの。それも飛び切り」
「にぶい?」
「そう。だから、言わなくちゃわからないわけ」

アリサはヴィヴィオに視線を合わせる。
左右色の違う瞳が真直ぐにアリサを見つめていた。
にっこりと微笑む。それから秘密の呪文を教えるようにヴィヴィオに伝える。

「"勝手にいなくなったら許さないんだから"って」

わかった?と聞くアリサにヴィヴィオは素直に頷いた。
それに答えるようにアリサはもう一度微笑む。
龍野は直球でぶつけられる感情に弱い。
特にヴィヴィオのことは可愛がっているようだし、効果は抜群だろう。
アリサが一つ龍野対策を打った時に丁度良く部屋の扉が開き、すずかが戻ってきた。

「どうだった?」

顔を見た時点で大体の答えは予想できたが一応尋ねる。
するとふるふると首が横に振られ、アリサの一縷の望みは絶たれた。
すずかは悲しそうな悔しそうな微妙な表情で状況を口に出す。

「ダメみたい。まだ仕事中なんだと思う」
「そう。まぁ、襲撃されたってヴィヴィオも言ってたし、仕方ないか」

襲撃も戦闘もピンと来ない言葉ではある。
それは平和な日本では当然とも言えた。
だが親友達の世界の危険さは充分に分かっている二人は一刻も早く連絡を取りたかった。

「なのはママたち、まだお仕事?」
「そうみたい。もう少し待ってようね」

不安げな顔で自分を見上げるヴィヴィオ。
すずかと一瞬顔を見合わせた後、優しく言い聞かせる。
今できることは待つことだけだった。



第八話 終


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026851177215576