とらハSS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第十八話
Name: Fath◆282e9af7 ID:5624322d 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/14 13:06


はやてはエリートということもあるのかとても良い病院を紹介してくれたらしい。
裏にフェイトの母親の影も確り見えたが気にしない事にする。
さて、今問題なのはここが魔法の世界ということではない。
慣れた警報も無視できる強さである。
いかに普段自分の側にいる人物が危険の多い人たちなのかを確認できてしまった。
そして今。

「どうしたの?」

目と目が合う。
見たことのある顔立ちにアラートが吹き出した。
それは言うなれば衝撃、つまり龍野は再び危険の階段を一つ上ってしまったのであった。


後藤 龍野、ミッドチルダ来訪。
いつかこういう時が来るのではないかと思っていました。





余生におけるある世界との付き合い方 第十八話





「……あの、すみません」
「いい、気にしないで」

どうせ、次の検査に回されるまで時間はある。
はやてーこの場合リンディかもしれないーが龍野に課した検査の量は中々に莫大で金曜の放課後から土日が丸きり潰れてしまうものだった。
それでも結果が最終日には全て出ると言うのだから権力と言うのは凄まじい。

オレンジ色の髪を持つ女の子にジュースをおごる。
ミッドの通貨は事前に幾らか持たされていた。
お目付け役としてシャマルが一緒に来ているが、彼女はまだ医師と話しこんでいる。
暇をもてあましているというのが事実であった。

「あの、タツノさんはどうして?」

龍野の隣に座るのは10を過ぎたくらいの年の子である。
実際なのはと三歳差だったはずだから11という所か、と龍野は前世の記憶を引っ張り出した。
変に記憶力の良い自分に苦笑するも、全員暗記していたかと言えばそうではない。
この女の子――ティアナ・ランスターが特別だった。
印象に焼きついたリリカルなのはの世界で、特に印象づいた一人の少女。
ある意味一番共感と遣る瀬無さを齎した人物が達信にとってのティアナだったのだ。

明確な理由は分からない。
天涯孤独というのが自身と被ったのかもしれない。
無力さ-最も龍野はそう感じない-に嘆く所に感じ入ったのかもしれない。
天才ばかりの中で凡人だと努力する所を気に入ったのかもしれない。
ただ達信の感じた特別を龍野もはっきりとティアナに感じている。
そのため、この状態になってしまっては逃げられなかった。

「左腕動かないから、検査」

端的に自分がこの病院にいる理由を教える。
ティアナの理由は聞かない。
あんな暗い表情で病院の端にいたのだ。
初対面の人に言える内容ではないだろう。
また聞き出すという事も龍野は苦手にしていた。
ティアナが話し出さない限り、龍野にできる事は側にいる事だけだった。

「あ、そうなんですか」
「うん」

沈黙が続く。
龍野はなのはに必要なことしか話さないと評される人物である。
初対面のティアナを相手に交わすものなどない。
ただ暗い顔をしているのが放って置けなくてジュースをおごっただけなのだから。

「ティアナ、は」

そしてちりちりする肌を抑えつつここにいるのにも理由がある。
幼い顔に見えたものがなのはとそっくりだった為だ。
何かのために自分のことを省みず生きている表情とでも言えばいいのだろうか。
ずっとなのは達を見てきた龍野には、あれは無理をする顔だと断言する事が出来た。
―実は似たもの師弟なのか?
前世、最もなのはの訓練の効果があったのはこの少女に違いない。
たとえ傷ができたとしてもそれはきっと心の勲章だ。

「はい」
「なんか、無理してるでしょ?」

はきはきと返って来る返事に龍野は言葉を選びつつ尋ねた。
まだこの子となのは達の縁は結ばれていない。
しかし未来において重要になってくる事に変わりはない。
それならば龍野がここで少し介入した所で問題は少ない、はずである。
―ティアナは無理する要素大だしな。
機動六課において周りの才能に置いてけぼりにされてしまうと焦った少女だ。
その上、負けず嫌いと言うのも明文化されているに近い。
きっとそれまでもある程度の努力は重ねていたに違いない。
働き過ぎで墜ちたなのはと同等とは言わないが、無理は無理である。

「はい?」
「知り合いとそっくりの顔してる」

龍野の言葉にティアナが首を傾げる。
当然の反応だと龍野自身も感じた。
自分も初対面の人物に“無理している”と言われたら似たような反応を返すだろう。

「そう、なんですか」
「うん。凄く頑張り屋な子と」

頑張り屋な子-なのはの事である-は今も何処かで仕事をしているはずである。
なのはもフェイトも放課後になった途端に出かけていったのを龍野は覚えている。
相変わらず、習い事ということになっているがいい加減その言い訳は拙いのではないだろうか。
―あんなに大急ぎで向かう習い事は少ないと思う。
少し心配になるが、変だという話はまだ聞こえてこない。
いや、そう思っている生徒はいるのかもしれないが表に出てきてはいない。

「手貸して?」

まさかこの少女に会ってしまうとは予想していなかった。
当然である。どこに偶々決まった日に出会うと思う人がいるだろう。
ティアナが病院にいるということ自体考え辛い。
しかし逆に考えれば、ミッドに来た時点で誰とでも出会う可能性があるということだ。
流石は魔法の世界というべきなのか、龍野は自分の運の無さーいや、この場合は運の良さというべきかーに呆れた。
出会ってしまったものは仕方ない。
その上、ある意味誰より気になっていた人物でもある。
事故以来、諦観と開き直りを重ねてきた龍野はここでまた一つそれを増やした。

「いいですけど、何するんですか?」

ティアナの言葉に微笑を返しながら手を取る。
毒食わば皿までとはよく言ったものである。一度関わってしまえば後は全て同じなのだ。
まして未来において関わる事が決まっている人物ならば尚更放っておくという選択肢は無くなる。
悲しい事が一つでも減るように、付けられる力は付けておくべきである。

「頑張ってる子にご褒美かな」

ならば龍野ができる事は一つしかない。
彼女達の未来が少しでも明るくなるように手を貸すことだ。
意識を集中させる。まずはティアナの身体が壊れてしまわないように手を尽くそう。
自分の中にある流れを感じ、誘導し、繋がった手からティアナの身体へと渡す。
―なんだかな。
龍野は一人心の中で苦笑した。
魔法になんて関わらないつもりだった。
ミッドチルダの地を踏む事なんてあり得ないと思っていた。
そう信じて数ヶ月前までは生きていた。
だがたった一度の事故により龍野の人生は大きく変わった。
関わらないはずだった力が近くなり、今では魔法の世界にいる。
人生とは儘ならないものであると肩を落としたくなった。

「…っ…なんか変な感じです」
「マッサージ。効果は保障されてる」

ティアナの手に伝わるのは温もりである。
マッサージと言いながら先ほど知り合った人物―龍野である―の手は動いていない。
それなのに握られている部分から確かに揉まれた時の様な温かさが感じられた。
共通しない感覚が違和感としてティアナの表情を曇らせる。
幻術魔法という感覚を狂わせるものを使用する彼女だからこそ感じたものかもしれない。
しかしそれも一時的なもので直ぐにお風呂に浸かっている様な感覚に頬を緩ませる事になった。

「疲れてたみたいだから」
「ありがとうございます」

そう時間はかけられない。
龍野は人を待っている時間であり、ティアナとて用事があるだろう。
何より最初からしすぎることは何事においても良くない。
今まで聞いたことはないが、マッサージにおける揉み返しのようなものが来ても可笑しくはないのだ。

「これで暫く大丈夫」

数分に満たない短い時間であった。
なのは達に行った気功よりはとても微弱な、それでも今のティアナには充分な処置を済ます。
ある程度の無理も利くがして欲しくはないのが本音である。
そう思いながらも回復してしまったのは間違いなくティアナに思う所があったからである。

「不思議ですね、タツノさんって」

龍野の力により血行が良くなったのだろう。
少し頬を染めたティアナが薄らと笑顔に近いものを見せる。
それはどんなに薄くても龍野が初めて見た笑顔だった。
思っていた通りの少女らしい可愛らしい微笑みに龍野も普段使わない筋肉を使って笑い返す。

「努力は報われないといけないと思っただけ」

考える。
はやてとの話し合いや自分を突き動かす衝動について考える。
それでも龍野の中にある答えは一つしかない。
人間頭で考えて納得できなければ結局感情に委ねるのだ。
―最早、魔法の世界に関わらないのは不可能。
はやての要求が何かは分からないが上手くすれば龍野の要望も通るだろう。
いや、通らせなければならない。龍野にも譲れない一線はあるのだ。

この後はやてとの交渉があるのはまず間違いないだろう。
彼女が動いていた左腕について何も言わなかったのはとりあえず龍野の左腕の結果が出ていないからだ。
動くか動かないかで龍野の虚実がハッキリするためだ。
その辺りが彼女は本当にきっちりとしており分かりやすい。
―面倒くさい事になった。
龍野の荒唐無稽な身の上話は結局の所、左腕麻痺という障碍しか証明するものはないのだ。
どのくらいこの世界の医療が進んでいるかは分からない。
だが原作におけるなのはの怪我とそれからの復帰具合を見れば地球よりは余程高度だ。
それでも龍野の中では左腕は動かないだろうという推論は出ている。
あの少女が、治る程度の軽い代償で済ますとは思えなかった。
したがって龍野の話の信頼性は保障される。
全てをはやてに持っていかれると言う最悪の事態には成り得ない。

「あー、ティアナはもっと強くなりたい?」

回していた思考回路から意識を浮上させる。
恐らくティアナにこっそりと会いに来る程度はさせてくれるだろう。
はやてにしても龍野が魔法の世界と密になってくれるのは嬉しいことのはずだ。
――あれから龍野は改めてはやての目的について推理してみた。
彼女の考えを正確に予想する事は難しい。
龍野にははやてに協力できる事など皆無に等しいからである。
その事を前提に、それでも龍野が影響する事を考える。

一つ目は、なのはとフェイトのことだ。
龍野が一番関係するものとなるとこれ以外無い。
仕事量を元に戻して欲しいやその為に離れて欲しいなどが考えられる。
しかし、これははやての友達思いの性格からすると相応しくない。
親友達が働きすぎというほど働いている事は彼女も知っているだろう。
そしてなのは達が休みを取るようになったことにほっとしているもの知っていた。
二つ目は龍野個人について用事があるというものである。
こちらだとすると最早何を言われるか分からない。
龍野が彼女たちに伝えていないのは前世の事と、左腕の事である。
左腕の事はともかく前世については知られるわけが無い。
台所のような、目に付く何かが一つもないためだ。
つまり、サッパリ分からないというのが情けないことに本当の所であった。

「ええ、そう思ってます」

ティアナは迷う事無く頷いた。
前世の記憶からしてその返事は充分に想像できる。
彼女は亡くなった-もしかしたらまだ生きているのかもしれないが-兄の分まで強くなりたいのだろう。
執務官という夢も兄のものを継いでのものだった。

「少しなら手伝えるかも」
「本当ですか?!」
「うん、あんまり期待されても困るけどね」

呟くより少々大きい音量で龍野は告げる。
それでもティアナには確りと聞こえたようで、表情も明るい。
後で落ち込ませるのも忍びないと諌めるも彼女の嬉しそうな顔に変化は少なかった。

天秤はとうとう魔法の世界に傾いた。
安寧とした世界からアラートが大きくなる世界へと龍野は心を決める。
――もう逃げるのは止めだ。
なのはと知り合って、フェイトと知り合って、その時点で逃げる事など不可能だったのだ。
しかも彼女達は龍野のために心を砕いてくれている。
命が惜しいからと知らぬ振りを出来る期間は終焉を迎えてしまった。
今からは出来る限り彼女達が悲しむのを少なくしたい。
そう決意した所で、できるのは今までと変わらず疲労の回復くらいだろう。
なのは撃墜のときのように上手く行くかも分からない。
だが僅かな差異がどう変わるかなど誰にも分からないのだ。
龍野はそれに賭けることにした。

「とりあえず、一週間過ごしてみて。効果が実感できればいいんだけど」
「はい」

遠くからシャマルが歩いてくるのが見えた。
その顔はキョロキョロと辺りを見回していて誰かを探しているのは明白である。
龍野は腰を浮かせる。
まだ今日の検査は終わっていない。
なのは達より早く帰るためにものんびりとはしていられない。

「じゃ、また会いにくるよ」
「はい!」

隣に座ったままのティアナに言う。
元気な声に見送られつつ龍野はシャマルの元へと歩を進めた。
はやての権力を最大限使わせてもらおうと思った。
どうせはやても龍野を最大限利用-言葉は悪いが-しようとしているに違いないのだから。
そのために必要なのは、まず証拠と納得させる話力だけだ。
前世の分だけ年は食っているのだ負けられない。
そう考えながら、龍野はシャマルに笑いかけた。


****


龍野がある種運命的な出会いをしている頃、なのはとフェイトは仕事を既に終えていた。
とても重要な事が決意されていたなど知る由もない。
それでも二人の脳裏に浮んだのは、やはりたった一人であり、会話もそちらに流れる。

「龍野ちゃん、今頃何してるのかな?」
「さぁ?土日は検査で家にはいないって言ってたけど」

通信ウインドウの向こうにいるのは数時間前まで同じ教室にいた親友である。
離れた所にいるにしてもこうやって連絡を取る事はよくある。
特に龍野の事故があってからは以前より日程を合わせる事が多くなった。
フェイトもなのはも目的-龍野を一人にしない-は同じであるため、協力は惜しまない。

なのはは僅かに首を傾げると、難しい顔で呻った。
土日とも龍野が出かけるなど非常に珍しいことである。
それについては何も言える立場ではない。
むしろ引きこもりの気のある彼女が出かけたと言うならば嬉しい事のはずなのだ。
だが何か素直に喜べない何かがある。

「なんでかなぁ、嫌な予感するんだ」

フェイトは画面越しに心配そうな表情でなのはを見る。
嫌な予感でフェイトが思い出す-しかもなのはのことで-のは一つしかない。
なのはが任務で怪我をしたことだ。
死ぬようなものではなかったが、あれ程の傷を彼女が負うのは初めてだった。
防御の硬さには定評のある親友だからフェイトは安心していたのである。

「大丈夫?なのは、また無理してるんじゃない?」
「ううん、この頃は前より休みも増えたし」

過去のそういったものがフェイトを心配性にさせる。
なのはは掛けられた言葉に笑顔を見せると首を横に振る。
自分の周囲には本当に優しい人ばかりで、心配してくれる事が嬉しくなるのだ。
同時に心配を掛けて申し訳ない気持ちにもなるがこの際それは仕舞っておく。

「なんか、そういうのじゃないんだよね」
「仕事以外のこと?」
「うん」

任務以外で嫌な予感をさせるものなどあるのだろうか。フェイトには分からなかった。
しかもなのはの嫌な予感をフェイト自身は感じられないのも問題であった。
なのははあの怪我以来こういう勘が鋭くなったように感じられる。
いや、その言葉は適当ではない。
彼女自身が前より注意するようになったという事だろうか。

任務のことではないとなると残るのはそれ以外のことである。
日常生活において心配な事とフェイトが考える。
――出てくるのは彼女の事以外なかった。

「龍野ちゃんに関係してる気がするんだけど」

それはなのはも同じだったようで、困ったような表情を画面は映す。
フェイトも全く似たような思考をした親友に苦笑を返した。

「あはは、まさか」
「にゃはは、だよねぇ」

乾いた笑いが響く。
龍野に一体なんの心配があろう。
彼女は危険とは一番遠い所にいるのだ。
そう思えるからこそ、一人にすることは分かっていてもなのは達は任務をこなせる。

―たつの、困ってないかな。
なのはの言葉に仕舞っていた彼女の姿が脳裏に浮ぶ。
フェイトがいる時は困った様子など見せないが、それは心配を掛けないようにだろう。
ただでさえ龍野は自分の生活を阻害していると思っている節がある。
そんな事気にしなくていいのにとフェイトは思う。
龍野の側にいるのはフェイト自身が決めた事である。
任務の数は確かに減ったがそれは他人に言わせれば働きすぎが普通に戻ったに過ぎない。
優秀な執務官であった彼女の元には人より多くの仕事が舞い込んでくるのである。
―出かけた先で、ナンパとかされてるんじゃ……。
それに比べてなのはの考えはもっと具体的である。
しかも事実に近いのだから恐るべきは女の勘といった所であろう。
もっともナンパされてるのではなく、しているの方が状況的には正しい。
だがそんな事を知る由もないなのはは純粋に心配になるだけである。

「……早く、帰ろうか」
「……私も出来るだけ頑張るの」

刹那の沈黙が空間を覆った。
お互いが龍野のことについて考えていたからである。
さすが、親友というべきだろう。
二人が出した結論も考える時間も見事にシンクロしていた。
――早く帰って龍野に会いに行こう。
結局はそれが一番の解決法であった。


第十八話 end








Ifとも前回とも余り違和感なく繋げたつもりだ。
とはいえ、話の展開が違いすぎる二つのため少々の穴はあると思う。
それはどちらを本筋にするかを決めてから訂正したい。
とりあえずティアナが出せて満足している。

感想・誤字報告・指摘、感謝する。
Ifを作っていたら投稿が遅れた。
自分にはない視点を色々考えさせてくれるので本当に助かる。
はやては私的に好きな人物なんだが、歪んだ愛が発露しているかもしれない。
キャラと話の展開を擦り合わせるのが難しいが楽しい。
では、ずるい戦略への反応を待っている。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026390075683594