とらハSS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第九話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/14 13:15


なのは撃墜から二年。
魔法と出会い撃墜までの年数も二年。
つまり、再び疲労のピークは近い。


後藤 龍野、中学生。
相変わらずなのはは無理をしています。




余生におけるある世界との付き合い方 第九話




ことり、と消しゴムが落ちる。
なのはの机から落ちたそれは単に肘に当たって落ちただけだった。
それを見ていた龍野は側まで転がってきた消しゴムを取ると渡す。
なのはは消しゴムが落ちたことに気付き直ぐ側まで取りに来ていた。

ありがとうと笑った顔をじっと見つめる。
付き合いの長さだけならフェイトやはやてより長い。
何より龍野は疲れを読み取るのだけは優れていた。

「なのは」

立ち去ろうとした背中に声を掛ける。
―そろそろ、時期か。
定期的になのはの疲労を取る事はしていた。
命に関わる事件の記憶はないが、何があるかなど分からない。
実際、なのは撃墜については記憶と差異が出た。派生するものも少し変化すると考えていいだろう。
警戒はしないまでも油断する事は出来ない状況なのだ。

「たつの、どうかした?」

少し緊迫感を含んだ声だ。
常に冷静で、怒らない龍野にしては珍しい。
フェイトはそんな声でなのはを呼ぶ理由が分からなくて首を傾げる。
龍野はフェイトには答えずただなのはを見つめていた。
自然とフェイトの視線もなのはに動かされる。

「にゃっ?」

そそくさと席に戻ろうとしたなのはが足を止める。
フェイトには分からなくてもなのはには心当たりがあったらしい。
ピクリと背中を跳ねさせると困った顔で龍野に振り向いた。

「ちょっと、手貸して」
「……はい」

素直に手が差し出される。
以前拒まれた時はその後で思い切り痛く揉んであげた。
少し力の込め方を変えるだけでも中々変化は大きいものである。
勿論、体調を整えるという目的には支障はない。いつもより痛いだけで効果も変わっていない。
その甲斐あってか、なのはは龍野がなのはの体調を見るのを拒まなくなった。
拒めないとも言うがこれだけ無理をする人物になら許されるだろうと龍野は一人納得していた。

龍野はなのはの掌を上にした状態で繋ぐ。親指で掌の中心を押すような状態だ。
微弱に気を流すと、「んっ」となのはの声が漏れた。

「なのは」
「何かな?」

龍野が閉じていた瞼を上げ、なのはを見る。
厳しさを含んだ瞳になのはは誤魔化すように笑った。
―仕方ない。
ここで話していても埒が明かない。
なのはは疲れていることを他人に見せるのを嫌がるし、休ませるためには移動しないといけない。

龍野は席を立つ。
なのはの手は掴んだままである。逃げないようにという措置でもある。
話の展開についていけないフェイトたちはただ二人を見つめていた。

「ごめん、ちょっと保健室行ってくる」
「え?どうかした?」

“保健室”という単語にフェイトが腰を浮かす。
龍野の具合が悪いならば付き添う気なのだろう。その動きを、首を振る事で押し留める。
龍野一人ならば諦めもつくがなのはもいるとなると話は別である。なのはは余り弱さを見せたがらない。
フェイトにはきっと他の人よりは見せているだろうがそれでも見られたくないと言う気持ちに変わりはないと思う。
―難儀な性格だ。
なのはの溜め込む体質に龍野は僅かに顔を顰める。
フェイトにも言えるが困ったものだ。
溜め込んで、溜め込んで限界になると爆発する。
背負うなとは言わないが背負い込みすぎるなとは言いたい。
仕事ならば仕方ない。しかし今は学校で、日常生活の一端なのだ。
それはつまりなのははただの女の子ということで休みが必要なら取れば良い。

「私じゃない」

じとりと隣に立つなのはを見つめる。
僅かに低い位置にある瞳は泳いでいた。
必死で言い訳でも考えているのだろうが逃がす気はない。
なのははいつもこうである。
龍野が無理にでも休ませなければ倒れるまでも働きそうな気がする。
いや、実際一度墜ちているのだから倒れても働いていると言った方がいいのだろうか。

「ほら、行こ」
「にゃはは……」

なのはの手を引っ張る。掠れた苦笑が漏れていた。
余りゆっくりしていてはチャイムが鳴って授業が始まってしまう。
そうなれば悪目立ちすること間違いなしだ。
ただでさえ、なのはは注目されているというのにそんな時間帯に歩きたくない。
色々有名人な幼馴染は慣れているかもしれないが龍野は極普通の一般生徒である。
人の視線を感じないほど鈍くは出来ていないのだ。そして一般生徒のままでありたいと願っている。

教室から出て行く後姿をアリサ達はただ見つめていた。
フェイトは浮かしていた身体を思い出したように戻す。
思ったより力が抜けて、いつもなら出ない大きさの音が出た。
―なんだろ、これ。
フェイトはそっと制服の上から自分の胸に手を当てた。
ぽっかりと空虚な空間が心にできた気分だ。今まで感じた事のないものだった。
喪失感でも、絶望感でも、悲壮感でもない。そんな大きなものではなくて、それでも見過ごせない何か。
分からないのに原因だけははっきりとフェイトにも理解できた。
“置いていかれたから”だ。なのはと龍野に。
あの二人が仲の良いのは前からであるが、事故があってからその場面を目にするのは初めてだった。
思えば龍野とは仕事と自宅以外で離れた事はなくなっていた。
少し-龍野やアリサはこの言葉に猛反対するに違いない-、過保護かなと思うほどいつも側にいて色々手伝ってきた。
それを断られたのは、龍野が優しいのもあってこれが初めてだった。

「アイツも、何だかんだなのはには甘いわよね」
「付き合いも長いし、仕方ないんじゃない?」

アリサが腕を組んだまま呆れたように呟いた。
すずかは僅かに苦笑しながらも、微笑みつつ首を傾げて見せた。
フェイトの耳に二人の声が通り抜けていく。
幼馴染、いつか龍野が言っていた言葉が妙に思い出された。

「あれで助けてるつもりはないって言うんだから笑っちゃうわ」

龍野はなのはを助けている。
それは幾ら龍野が否定してもフェイトたちが判断する事だ。
アリサの言葉にすずかが頷く。
あの二人の関係は昔からこうだったという事のようで、フェイトは更に胸が痛くなった。

「……なのは…たつの」

フェイトの小さな声は授業の始まりを告げる鐘に紛れて消える。
右隣に人がいない。それだけで物足りない気持ちになるなんてフェイトは知らなかった。


****


廊下を歩く。
先ほどチャイムは鳴ったが、教室の前は通り過ぎていたので然程目立つ事はなかった。

「無理しないって約束した」
「無理なんてしてないよ」

保健室へ向かう道すがら小声で話し合う。
龍野の声はいつもより張り詰めていてなのはは苦笑する。
―良く見てるなぁ。
龍野はなのはが任務についている事を知らない。
魔法の存在自体を知らないのだから当然だ。
それなのに誰よりもなのはの体調については敏感で驚かされる。
任務のために少し根を詰めると直ぐに休みを取らされてしまう。

予定を知っているフェイトやはやては何も言わない。
心配してくれているのは分かっているがなのはに任務を減らす気はないのだ。
――自分の力で助かる人がいるならば助けたい。
そう思う事になのはは少しの疑問も持っていなかった。
親友達はそんな気持ちを分かってくれている。だから言わない。
だが龍野は違う。
魔法も、何も知らないから、ただ純粋になのはの心配をしてくれるのだ。

「嘘」
「にゃっ、わざと痛くするのは酷いの!」

ぎゅっと握られて、ずんと何ともいえない痛みが走る。
龍野の手は不思議だ。そんなに力を込められたわけでもないのに痛い箇所を突く。
戦闘の時とは違い、体の奥に響くとでも言うのだろうか。そういう類の痛みなのだ。
逆にどうしようもないほど心地いいことも多くて-むしろほとんどなのだが-なのはは困ってしまう。

「痛いのは疲れてる証拠」

平坦な声で言われてしまい、なのはは言葉を失くす。
疲れてないとは言わない。
それでも龍野に心配を掛けるほどではまだないはずなのだ。
任務のリズムには変化がないし、数が増えたわけでもないのだから。

「うー」

保健室の前に着く。
最後に抵抗にと呻ってみるも龍野には通じない。
今までずっと握られていた手が離されて、扉へと掛けられる。
―あ。
なのはは目の前で扉を開ける背中を見つめる。
離れた温もりが少し寂しい。同時に動かなくなった龍野の左手を今更に思い出す。
彼女は少しも気にした様子を見せなくて、しかも普通に生活をするものだから忘れてしまうのだ。
特に手を使わないものだと気付かない。
なのはの手を握っていてくれた右腕しか龍野は使えないのだ。
そんな当たり前のことを龍野が左手を使わず、右手で態々戸を開けるまで気付かなかった。

「失礼します」

龍野は姿勢良く挨拶をする。
身についてしまった動作とでも言うのだろうか。
こういう目上の人がいる場所に入る時には気が引き締まる。
学校でもそれは変わらなかった。

「なのは?」

動かないなのはに龍野が振り返る。
なのははその視線に小さく頷いてから足を動かした。

「今、行くよ」

歩きながらぐっと拳を握る。
龍野には本当に甘えてばかりだ。
昔からの癖のようなもので、なのはは龍野には無条件に心を預けてしまいそうになる。
―だめ、なの。
頼ってばかりでなのはは龍野に何も返せていないと思う。
出逢いからして甘えていたのだからそれも仕方ないのだろうか。
“振り向いて欲しいなら自分から声を掛ければいい”
龍野から言われた一言は今もなのはの胸に残っている。
誰とでもまずお話しようと思ったのはその言葉があったからだ。
アリサとすずかの間に入れたのも龍野が背を押してくれたからで、それによりなのはは友人を得る事ができた。

この時のなのはの感情を聞いたら龍野は間違いなく否定しただろう。
―助けてもいないし、甘えられてもいない。
そう言い切ったに違いない。
出会いの時の言葉とてなのはが感じているほどの重さは持っていない。
なのはの背中を押したのは事実だが、それからの全てはなのはが全て成した事である。
感謝する事自体存在しないのだ。

「先生、いない」
「そうなの?」
「確かめた」

なのはが入ってくるまで、少し時間があった。
その間に狭い保健室を見回すくらいできる。
ベッドのカーテンも引かれていないし、無人で間違いない。
無用心さに苦笑する。この様子からすれば直ぐに帰ってくるだろう。
だが丁度よかったと言えば丁度良かった。なのはをスムーズに休ませる事ができる。
龍野は何処かぼんやりしているなのはの右手を掴む。
その時ピクリとなのはの肩が震えた気がしたが気にせずベッドへと引っ張る。
睡眠=休息である。
寝ない事には休まるものも休まらないのだ。

「ねぇ、龍野ちゃん」
「何?」

上半身だけ起きた状態で、なのはは龍野を見つめていた。
――珍しくなのはが素直にベッドへと入っている。
それだけで龍野は気分が良くなって、現金な自分に苦笑する。
保健医には自分から上手く言っておこうと決める。

「左手、ごめんね」

なのはの中から出たのはそれだけだった。
ぐるぐる、ぐるぐる回る思考で唯一謝罪の言葉だけが口から飛び出て行った。

龍野はその言葉に虚をつかれる。
まさか今左腕について謝られるとは思わなかった。
何か考える事でもあったかと思うが、とりあえずその言葉は否定させてもらう。

「なのはが謝る事じゃない」

左腕は自分が飛び込んだ代償である。
少なくとも龍野の中ではそうなっている。
なのはに謝られるのはお門違いだ。龍野のほうが申し訳なくなってしまう。

「気にしてるなら、無理しない」

それよりなのはの事だ。
なのはの無理はそれだけで命に関わる。
気を巡らせられるようになってから更に身近に感じられる。

「……わかったの」

返事までの間に苦笑する。
―分かる気なんてないくせに。
結局、無理をする幼馴染に龍野は呆れるしかない。
できる事は何度も言うが休ませることだけだ。
ただゆっくりと流れていく時間が、龍野にはとても大切なものだった。


第九話 end






此処から暫くなのはのターン!
……フェイトは何処行った、おい。
なのフェイが鉄壁なら、なのフェイごと食べてしまえと思った俺が間違いだったか。
この頃なのはに話を食われている気がする。
後悔は尽きないがなのはが思ったより可愛くていいかと思ってしまう。
なのはって魔王だよね、と時々ふと思い出すが仕方ない。
この調子でStSはどうなる事やら。むしろ其処まで続くのだろうか。
甘くなりすぎて、この頃さっさとくっ付けちまおうかと悪魔が囁く。
だがティアナは欲しい……悩む。
ミッドに行っても普通に過ごしていたら一般人なのだろうか。
行かない事にはティアナには出会えないし、というか絶対移住しないだろこの二人。
勢いで進めてきた分、今後の展開で頭の痛い問題が色々増えてきた。
もっとサバサバと関係薄くフェイトに萌える話だったのにおかしい。
鋭意努力しようと思う。

感想・誤字報告・指摘、感謝する。
はやてにはこれから色々暗躍してもらう予定だ。
フェイトの名字については素で間違った。謝罪する。
改題への提案は快く受け付ける。俺にはセンスがない。
また移動の前に、移動する旨と題を報告する。しばらくはここにいる事になると思う。
では、再び感想を待つ。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026577949523926