とらハSS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第一話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/04/29 11:36


「どこだ、ここ」

目の前に広がるのはただ白い空間だった。
自分の声さえ曖昧で認識が難しい。
誰の声なのか、男なのか女なのか、若いのか老いているのか。
全てが分かりづらかった。

何を見ても、何も分らない。
今まで何をしていて、ここにきたのかも分らない。
五里霧中を字のまま具現化したこうなるような空間だった。

「気分はどうだ?」

いつの間にか誰かが居た。
声に顔を上げる。といっても顔を認識できていないので本当にそう動けたかはわからない。
少女だった。髪は見たことのない色で、長い。
直感的に表現するならば雪のような色。白と蒼とが角度によって変わった。
つまらなそうな顔に無理やり笑顔を貼り付けた表情は何処かふてぶてしい。
――頭ではなく本能でこの空間の主がこの少女だと理解していた。
目の前の少女と向かい合う。
幼いとさえ言っていい容姿と似合わない口調が違和感を覚えさせる。

「……良くはない」
「それもそうか」

何も分らない、分からない事が分からない。
そんな状態が嬉しいはずもなく素直に答えると少女はフッと鼻で笑った。

「お前は死んだ、仕事の最中に子供を助けて」
「ああ、そうか。言われればそうだったかもな」

ぼんやりと情報が浮んでくる。
訥々としたそれは確かに“自分”のことだった。


―後藤達信(ごとう たつのぶ)
―29歳
―海上自衛隊、○○基地所属
―未婚、天涯孤独


自分を思い出す。その瞬間に曖昧だった全てが輪郭を取り始める。
比喩ではなく今まで存在しなかった身体が白い空間に姿を現した。
まずごつごつとした手が目に入った。
視線を動かすと見慣れた服装だった。
試しに触れてみるといつもと何も変わらない感触が返ってくる。

「あーあー……あの子はどうなった?」

声の調子を確かめるように声帯を振るわせる。
低くて僅かにかすれている、慣れ親しんだ男の声だ。

最後に思い出されたのは海難事故。
タンカーとフェリーの衝突で、自分はそれの救助に当たっていた。
最後の子供をヘリに輸送する所で爆発が起こり、今に至る。
恐らく炎上していた炎がタンカーの油に燃え移ったのだろう。
達信が死んだという事に矛盾は少しもない。

「無事だよ、死んだのはお前だけだ」
「そうか、それは良かった」

助けるために達信は自衛隊に入った。
自立するのに一番手っ取り早かったのもある。
だが自分と同じような子供を作らないためというのが昔から考えていたことだった。

「それでだ、お前はまだ死んではいけないのだ」

無表情に少女が告げる。
死んだと言われ、死んではいけないと言われる。
死んだ後の時間、不思議な存在と来たら悪魔か天使か。
どっちにしろ自分には理解できない存在だろうと達信は結論付けていた。

「いや、死んだんだろう?」
「ああ、完膚なまでに完璧にお前は焼け死んでいる。骨も残らない」

達信は今度こそ眉を顰めた。その感覚があった。
この少女の言う事は矛盾している。

「本当はお前の隊長が死ぬはずだった」

隊長と聞いて直ぐにその背中が思い出される。
今の基地に移動してから随分世話になった人だ。
勿論今回の事故にも出動している。

「隊長なら他の場所で救助をしていたはずだ」
「子供を見つけるのも、お前でなく死ぬはずの男だった」

淡々と少女は話を続ける。
そこには達信の意思が入る余地は少しも無いようだった。

「だからお前には余生を生きてもらわねばならぬ」

少女の言う事を纏める。
運命より早く死んだ者には余生を生きる義務がある。
死ぬはずの者を助けた分、能力は加算される。
だが元の世界で生きることは出来ない。
作ることは出来ても、戻すことは少女にはできないそうだ。
世界は完全にランダムで、最初からつまり赤ん坊からやり直すことになる。

「能力を決めろ、そろそろ生まれる時間だ」
「行き成り死なない力が欲しい」

達信の言葉に少女が動きを止める。
だがこの要望を変える気はなかった。
唐突に死んでしまったのは間違いなく自分のせいだ。
やり直せる次があるというならば、今度は生を全うしたい。

「それはどういう意味だ?」
「危ないものは判って、丈夫な身体にしてくれ」

君子危うきに近づかず。
死なないようにするのはそれが一番だ。
あとは丈夫な体、それさえあればある程度は生きていける。
余程の理不尽がない限りという制限が付きはするが今から心配しても仕方ない。

「その位なら大丈夫だ。勘を鋭くし、回復も早くしよう」

こくりと小さく頷いたその姿が頼りに見えた。
素直に感謝の言葉が口を出る。

「助かる」

白い空間が薄れ始める。
何とも奇妙な体験だったと他人事のように思った。

「では行け。もう会うこともないだろうが」
「まあな、ありがとよ」

そうして第二の人生が始まった。
――願わくば今度こそ、生き抜きたい。
そんな思いを持って達信は生まれることになる。


****


「おはよう、龍野ちゃん」
「おはよう」

朝は苦手じゃない。
それは自衛官として習慣もあるが何より朝の空気が好きなことに起因していた。


後藤龍野(たつの)、9歳。
今日も元気に学校へ通っています。




余生におけるある世界との付き合い方 第一話




現世に生まれて最初にしたことは泣くことだった。
大方の赤ん坊がそうであるように、生まれ出た瞬間というのは不安でたまらない。
この頃ふと考える。
あの少女はやっつけにしては良い仕事をしたと。

―自然だったもんなぁ……。

不自然なほど自然に龍野は達信だったことを受け入れていた。
自我が生まれてから今まで何も弊害はなかった。
前世の記憶を持った赤ん坊なんて、生まれた瞬間に『天上天下……』なんて言い出しそうなものだったが、そんな達信の心配なんて無視して当然とばかりに龍野は普通に育ってきた。

ちなみに今の龍野の姿は小学三年生の“女子”である。
それに関して最早葛藤も困惑も無い。
生まれたときから龍野は女子であって、スカートだって嫌悪感は抱かない。
ただ興味を持つものが女の子らしくないのは正しく前世の影響だろう。

「おはよう、龍野ちゃん」
「おはよ、なのは」

そして“危うきに近寄らず”を座右の銘にしているくせに、それを果たせないで居る。
今挨拶をして来た少女、高町なのはのせいである。
―この子は危ない。一等級に。
笑顔で挨拶をしながら感じる体が発するアラート。
私立聖祥大付属小学校に入学してからチリチリと肌の焼ける感覚が止まらない。
それは少女がくれた能力の一つ、危ないものがわかる能力のせいである。
現時点でこの力が最も敏感に働くのは彼女に対してであって、龍野の前世の記憶からもそれは確定されている。

後藤龍野は後藤達信だった頃から高町なのはを知っている。
“画面の向こう”で活躍する姿を暇つぶしで見ていた。
自衛官というのは身体を鍛え、仕事をする以外余りすることがないのである。
持ち場を離れすぎるわけにもいかないのでインドアな趣味を持つものも少なくはない。
その一つがリリカルなのはだった。
大量の暇つぶしの中の一つである作品を覚えていたのは印象に残っていたからである。

飛び交う魔法。
こんなはずじゃなかったばかりの世界。
そして戦うのは幼い“子供”。

はっきり言おう。
後藤達信はリリカルなのはが嫌いである。
戦いなんて子供のするべきことじゃない。
普通の魔法少女ものなら此処まで印象に残ったりしない。
ただなのはたちがしている戦いは何時見ても死と背中合わせのものであった。
それが嫌だった。確固たる意思が選んだ道だとしても達信は認められない。
死を感じるなんて碌なことはない。
死を感じる事無く死と背中合わせの場所に行くなんてとんでもない事だ。
それは慣れ。子供が死に慣れるなんてそれだけで達信は許せなくなる。

「龍野ちゃん、今日の宿題で分んないとこあるんだけど」

席に着くとすぐになのはが来た。
登校手段が違うためにいつも龍野よりなのはの方が早く教室に居る。
時々であるがこういう時間が無かったわけではないので驚きはしない。

「いいよ。どこ?」

にゃははと苦笑いしながらなのはがプリントを差し出す。
大きな空欄が一つ空いていた。今日の宿題は国語だった。
しかもなのはが苦手とする作者の心理を読み解くタイプの問題だ。
昨日これに目を通したときから、なんとなくこうなる気はしていた。

とりあえず机の上に置きっぱなしにしていた鞄を片付ける。
中身を出してロッカーに入れるだけだから数秒で済む。
なのはにイスを勧めつつ、説明に入る。

「これはこの部分が――――」
「うん、うん」

真剣に聞き入る顔を垣間見ながら考える。
“達信”としての記憶はリリカルなのはを認めない。
だが“龍野”としての自分は認めないまでも理解はできる。
それが小学校に上がってからなのはを身近で見てきた感想である。
画面の向こうでどのような日常があったかは良くわからない。
達信が見たのは365日の内のほんの少しを三十分の中に凝縮させたものなのだから。
描かれない残りの時間の重さはきっと描かれたものの重さと余り変わらない。
それが龍野の感想であった。

「龍野ちゃんって本当に人物の感情の把握が上手いよね」

一通り説明が終わって、感心したようになのはが言う。
その反応を見るに理解してもらえたようで一先ず息を吐く。
時間はホームルーム開始五分前、ぼちぼち席に着く生徒も見え始めた頃である。

なのはの褒め言葉に苦笑する。
こういう手の問題は経験がものを言う。
過ごして来た年月や実際に結んだ人間関係が自分はなのはたちより圧倒的に濃い。
その時点でアドバンテージである。出来て当然なのだ。

「そんな事ない、たぶんバニングスさんや月村さんの方が上手」

実の所、何故自分に聞きに来るのか龍野には理解できなかった。
流石に前の記憶があるため小学生の授業で苦労はしない。
なのはが教えてくれと尋ねてきたら答えるくらいは問題ない。
文系に限ってという括りは付くが、今のところ聞かれるのは文系だけである。
理数系は成績からしてなのはの方が良い。

「というか私より彼女たちに聞いた方がいいと思うけど」
「にゃははは……」

誤魔化し笑い。龍野は知らない。
なのはが龍野に聞くのは友好を結びたいがためだと。
小学校に入学して直ぐに、それこそアリサ達と仲良くなるより前に最初に印象が焼きついたのは龍野だった。
―妙に懐かれている。
龍野にしてみればなのはとの関係はそれだけだ。
何かをした覚えはないが何かをされた覚えも無い。

ガラリと扉が開いて、先生が入ってくる。
その音に少し身体を跳ねさせるとなのはは慌てた様子で席に戻る。
龍野はそれをただ見ていた。

「なのは、色々頑張って」
「?うん、ありがと」

ぽつりと呟いた言葉はなのはに聞こえたらしい。
微かに首を傾げこちらを伺う表情は可愛らしかった。
―願わくば何もないことを。
無理だと分かっていても願わずにはいられない。
小学校三年生。
それは龍野にとって、いやなのはにとって運命の年だろうから。



第一話 end






勢いでやった。
後悔はしていない。
一言だか言わせてくれ。
俺はなのはより、フェイトが好きだ。
そして百合を愛している。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027486085891724