<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

とらハSS投稿掲示板


[広告]


No.15302の一覧
[0] 【完結】リリカルなのは ~生きる意味~(現実→リリカル オリ主転生 最強 デジモンネタ)[友](2015/01/12 02:39)
[1] プロローグ[友](2010/01/04 15:51)
[2] 第一話[友](2010/01/04 15:52)
[3] 第二話[友](2010/01/04 15:55)
[4] 第三話[友](2010/01/05 00:19)
[5] 第四話[友](2010/01/17 13:53)
[6] 第五話[友](2010/01/17 14:31)
[7] 第六話[友](2010/01/24 12:46)
[8] 第七話[友](2010/01/31 15:55)
[9] 第八話[友](2010/02/07 10:27)
[10] 第九話[友](2010/02/14 15:40)
[11] 第十話[友](2010/02/21 11:01)
[12] 第十一話[友](2010/04/04 09:45)
[13] 第十二話[友](2010/04/04 09:46)
[14] 第十三話[友](2011/05/03 21:31)
[15] 第十四話[友](2010/03/28 07:45)
[16] 第十五話(前編)[友](2010/04/04 09:48)
[17] 第十五話(後編)[友](2010/04/04 09:49)
[18] 第十六話[友](2010/04/04 09:51)
[19] 第十七話[友](2010/04/18 07:24)
[20] 第十八話[友](2010/04/25 14:47)
[21] 第十九話[友](2010/05/02 21:59)
[22] 第二十話[友](2010/05/09 07:31)
[23] 第二十一話[友](2010/05/16 15:36)
[24] 第二十二話[友](2010/06/06 15:41)
[25] 第二十三話[友](2010/05/30 09:31)
[26] 第二十四話(前編)[友](2010/06/06 15:38)
[27] 第二十四話(後編)[友](2010/06/06 15:39)
[28] 第二十五話[友](2010/06/06 15:36)
[29] 第二十六話 (2013年11月14日 改訂)[友](2013/11/14 22:27)
[30] 第二十七話[友](2010/06/27 17:44)
[31] 第二十八話[友](2010/08/17 21:11)
[32] 第二十九話[友](2010/08/17 21:11)
[33] 第三十話[友](2010/09/19 16:35)
[34] 第三十一話(前編)[友](2010/09/19 16:30)
[35] 第三十一話(後編)[友](2010/09/19 16:34)
[36] 第三十二話[友](2010/11/07 14:58)
[37] 第三十三話[友](2010/12/05 15:37)
[38] 第三十四話[友](2010/12/05 15:36)
[39] 第三十五話[友](2011/01/16 17:21)
[40] 第三十六話[友](2011/02/06 15:02)
[41] 第三十七話[友](2011/02/06 15:00)
[42] 第三十八話[友](2011/03/13 18:58)
[43] 第三十九話[友](2011/03/13 18:56)
[44] 第四十話[友](2011/03/27 15:55)
[45] 第四十一話[友](2011/04/10 20:23)
[46] 第四十二話[友](2011/04/24 16:56)
[47] 第四十三話[友](2011/05/03 21:30)
[48] 第四十四話[友](2011/05/15 14:37)
[49] 第四十五話[友](2011/05/29 20:37)
[50] 第四十六話[友](2011/06/12 22:18)
[51] 第四十七話[友](2011/07/10 23:20)
[52] 第四十八話[友](2011/07/25 01:03)
[53] 第四十九話[友](2011/07/25 21:26)
[54] 第五十話[友](2011/09/03 21:46)
[55] 第五十一話[友](2011/10/01 16:20)
[56] 第五十二話[友](2011/10/01 16:27)
[57] 第五十三話[友](2011/10/01 16:19)
[58] 第五十四話[友](2011/10/30 20:17)
[59] 第五十五話[友](2011/11/27 20:35)
[60] 第五十六話[友](2013/04/21 19:03)
[61] 第五十七話[友](2013/04/21 19:00)
[62] 第五十八話[友](2013/04/21 18:54)
[63] 第五十九話[友](2013/08/22 00:00)
[64] 第六十話[友](2014/03/23 23:15)
[65] 第六十一話[友](2014/03/23 23:13)
[66] 第六十二話[友](2014/05/06 17:27)
[67] 第六十三話[友](2014/08/13 19:34)
[68] 第六十四話[友](2014/11/30 22:33)
[69] 第六十五話[友](2014/12/31 20:29)
[70] 最終話[友](2015/01/12 02:26)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[15302] 第二十八話
Name: 友◆ed8417f2 ID:11075f73 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/17 21:11
第二十八話 波乱のデート。 そして、新たなるフラグ!?



ユーノの里帰りから数日。

今日は、アリサ、すずか、アリシアの非魔導師3人娘とのデートの約束の日である。

事前の約束があるため、魔導師組が尾行するなんて事にはならない・・・・・・・・はず。

あ、因みにユーノはスクライア一族の所へ戻った。

いつでも連絡は取れるようにしてあるが、ヴィータは微妙な顔をしてた。

まあ、寂しいのだろう。

会いに行こうと思えばいつでも会えるので、駄々をこねる事はなかったが・・・・・・




ともかく話を戻すが、今日はユーノの里帰りについていけなかった非魔導師3人娘との埋め合わせのデートである。

家を出る時の、なのはと桜、リニスの視線は痛かった・・・・・・・

とりあえず、待ち合わせの場所まで行くと・・・・・

「ちょっと!遅いわよ!!」

いきなりアリサに怒鳴られました。

待ち合わせ場所には既に、アリサとアリシア、すずかがいて、何故かファリンさんまでいる。

「いや、遅いって・・・・・待ち合わせの時間まで後30分あるんだけど・・・・・・・」

そうなのだ。

俺にとって、何気に前世からも含めての初デートなので、早めに来たんだけど・・・・・・

「うっさい!男なら1時間前に来て待ってるぐらいの気概を見せなさい!」

それって、待ち合わせの時間の意味あるのか?

そう言うのなら、待ち合わせの時間をずらした方がいいのでは?

アリサの言葉にそう思ったが、口には出さないでおく。

「まあ・・・・・すまん」

とりあえず謝っておく。

そして、改めてアリサ、すずか、アリシアの姿を見ると、何時もより容姿に気を使ってるのに気付く。

デートだから当然かも知れないが。

でも、改めて思うと、まだ9歳なんだよな、こいつら?

いくらなんでも、精神年齢高すぎないか?

「ところで、何でファリンさんが居るんだ?」

俺は気になったことを尋ねる。

「あ、それはね、私達子供だけだと、不都合があるかもしれないからってお姉ちゃんが・・・・・・・」

すずかがそう言った。

「あ、なる程。保護者代わりってことね」

俺は納得して頷く。

「そういう事なのです。今日は私もご一緒しますね」

ファリンさんが笑顔でそういった。





行き先は、デートの定番である遊園地。

先ずはジェットコースター。

「んんっ・・・・・・・・!」

悲鳴を堪えるアリサ。

「きゃうぅ・・・・・・!」

小さく悲鳴を漏らすすずか。

「あははっ! すっごぉーい!」

笑顔で声を上げるアリシア。

「キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」

一番大きな悲鳴を上げるファリンさん。

あ、俺は特に如何という事はなかった。

前世では情けなく悲鳴を上げてた所だが、今なら、普通にこのジェットコースター以上の機動ができるから、この程度は慣れっこだ。




次、お化け屋敷。

「きゃぁああああああああああああっ!!」

突然出てきたお化けの人形に、思いっきり悲鳴を上げるファリンさん。

「ううっ。 結構リアルね・・・・・」

アリサが震えながら、そう言って俺の右腕にしがみ付いている。

因みに、左腕にはすずかが。

背中にはアリシアがピッタリとくっ付いている。

お化けの人形が出てきて脅かすたびに、ひしっとくっ付いてくる。

因みに、俺は内心ガクブルでした。

俺はホラー系駄目なんだよ・・・・・・・

そして、またお化けの人形が飛び出る。

うおっ!?

俺は悲鳴を上げるのを何とか堪える。

だが、

「うきゃぁ!?」

ファリンさんが情けない声を上げる。

そのまま進んでいくと、

「きゃぁああああっ!?」

「ひゃぁあああっ!?」

「やだぁああああああっ!?」

「ふぇええええええええええん!!」

ファリンさんの悲鳴が次々と響く。

お化け屋敷を出る頃には、

「えっぐ・・・・・・ぐすっ・・・・・・」

ファリンさんは目に涙を浮かべていた。

「あ・・・・あの・・・・大丈夫ですか? ファリンさん・・・・・・」

「ふぇええ・・・・」

泣き声を漏らすファリンさん。

「ファリン、もう大丈夫だから。 ね?」

そう言いながら、ファリンさんを慰めるすずか。

あの、ファリンさん?

あなた、保護者代わりに付いて来たんですよね?

如何見ても逆なんですが・・・・・・





お次はメリーゴーランド。

俺としては、微妙なんだが、今の歳ならセーフ・・・・・なのか?

「きゃはははははっ!!」

さっきとはうって変わって、満面の笑みを浮かべているファリンさん。

いや、ホントにあなた保護者代わりに付いて来たんですか?




「すずかちゃ~ん! 次はあれ乗りましょ! あれ!」

ファリンさんは、次の乗り物を指差しながら言った。

「ファリン! もうすぐお昼だから、先にご飯だよ」

すずかはそう言う。

そんな様子を見て、

「何気にファリンさんが一番楽しんでるよな・・・・・・」

俺はそう呟く。

「ホントね・・・・・ファリンさん、性格が少し幼いかなと思ってたけど、まさかここまでとは・・・・・」

アリサも同意する。

「まあ、偶には良いんじゃないかな?」

アリシアがそう言った。





遊園地内のレストランで食事を取っていると、放送のチャイムが鳴り、

『ただ今、警察より園内に近場で起こった強盗の犯人達が潜伏しているとの情報が入りました。 お客様は速やかに退園してください。 繰り返します・・・・・・・・』

そんな放送が流れた。

何だこのお約束的展開は?

レストランの中にいた客達が我先にと逃げ出していく。

「ごごご、強盗犯~~~~!? 大変ですぅ~! すずかちゃん! 早く逃げましょう!!」

ファリンさんがテンパッた様子でそうまくし立てる。

「ファリン落ち着いて」

そんなファリンさんをすずかが宥めようとする。

「ともかく、俺達も避難した方がいいな。 行くぞ」

俺はそう言って立ち上がる。

「そうね」

アリサ達は落ち着いた様子で立ち上がった。

「・・・・・・何でそんなに落ち着いてられるんだ、お前らは? はっきり言って、ファリンさんの反応の方が正しいぞ」

俺は、落ち着きすぎているアリサ、すずか、アリシアに尋ねる。

「だって、魔法だの何だのに関わってから、普通の強盗犯って言われても驚くほどじゃないし・・・・・・」

「この前みたいに直接誘拐されたわけでも無いし・・・・・・・・・・」

「それに、私達には、最強の騎士ナイト様がついてるし!」

アリサ、すずか、アリシアの順でそう言った。

特にアリシア。

最強の騎士ナイト様っていうのは俺のことか?

この前のオメガフォームとパラディンモードの印象が強かったのか?

「そうか・・・・・ともかく、行くぞ」

既に店の中には誰も居なかった。

俺を先頭に店の出入り口のドアに手を掛ける・・・・・・前にドアが開いた。

「あら?」

手が空振り、思わず声を漏らす。

「なっ!? まだ客がっ!?」

そんな声が聞こえたかと思うと、目の前に銃が突きつけられた。

俺は、反射的に魔力で身体強化を施す。

その瞬間、

――ドォン!!

頭に衝撃が走る。

脳が揺らされ、意識が遠くなる。

俺は、子供相手にいきなり発砲するなよと思いながら意識を手放した。






【Side ファリン】



「え?」

何が起こったか一瞬分からなかった。

ユウ君がドアを開けようとする前にドアが開いて、何故かいきなり銃が突きつけられて・・・・・・

そして、銃声と共にユウ君が軽く吹き飛ぶように倒れた。

「ユ、ユウ君!?」

私は思わず叫んでしまいました。

すずかちゃん達が慌てて駆け寄っている。

「バ、バカ野郎! 何いきなり撃ってやがる!!」

怒鳴り声が聞こえる。

私が其方に振り向くと、4人の男達が戸惑うように話し合っている。

「す、すまねえ兄貴・・・・つい」

「ついで済むか! 殺っちまったら重罪確定じゃねえか!」

「ど、どうしやす? 兄貴?」

「ぐ・・・・そこの女とガキ共を人質に取って逃げるぞ! こうなった以上、捕まったら俺達は終わりだ!」

「「「ヘ、ヘイ!」」」

その男達はナイフを取り出し、

「お嬢さんたち、悪いけど俺達と一緒に来てくれねえか?」

そう脅しながら言ってくる。

「すずかちゃん達は下がってください」

私は、すずかちゃん達を庇うように前に出た。

男の1人が私を捕まえようと手を伸ばしてくる。

「えいっ!」

でも、私は逆にその手を掴み、その男を投げ飛ばしました。

「ぎゃっ!?」

床に叩きつけられた男は悲鳴を上げます。

普段はドジな私ですが、これでも夜の一族が作った自動人形です。

普通の人間には負けません。

「な、何だこの女!?」

「片手で投げ飛ばしやがった! 何て馬鹿力だ!」

私は残りの男達を倒そうと動きだそうとしました。

その瞬間、

――バキュン

突然銃弾がすずかちゃん達の目の前の床に撃ちこまれました。

「そこまでだ。 それ以上動けば、後ろの嬢ちゃん達の命は無いぜ」

その言葉に、私の動きは止まります。

いつの間にか、リーダー格らしき男がすずかちゃん達に銃を向けていました。

「あ・・・・・」

私は、後悔しました。

銃が1つだけだとは限らない事に気付けなかったから。

すると、先程投げ飛ばした男が立ち上がりました。

「ぐ・・・・・げほっ!・・・・」

その男は咳をしながら私に近付いてきます。

「このアマ!!」

――ドゴッ!

「あうっ!」

私は、その男に頬を殴られて床に倒れます。

「テメェ・・・・・舐めてんじゃねぇぞ!!」

“外見”が女の私に投げられた事が屈辱なのか、その男の顔は怒りに染まっている。

――バキッ!

「うっ!」

身体を起こした私は、また頬を殴られる。

「ファリン!」

すずかちゃんが心配そうな声を上げる。

そんなに心配しなくても大丈夫ですよ・・・・・・

私は自動人形です・・・・・・

女でもなければ、人間でも無いんですから・・・・・・・

だから、泣かないでください、すずかちゃん・・・・・・・

また男が私を殴ろうと拳を振り上げる。

私は殴られる事を覚悟して目を瞑る。

でも、

――ドドドゴォ!

「「「ぎゃっ!?」」」

爆発音のような音がして、私は目を開ける。

その瞬間、

「女の人は、もっと丁寧に扱え! このボケが!!」

――ドゴッ!

そう叫びながら私を殴ろうとした男の頭を掴んで床に叩きつける、ユウ君の姿があった。





【Side Out】




「このアマ!!」

――ドゴッ!

「あうっ!」

そんな声が聞こえ、意識が覚醒する。

まだ頭がグラグラするが、状況を確認しようと周りを見渡す。

その時、

「テメェ・・・・・舐めてんじゃねぇぞ!!」

――バキッ!

「うっ!」

ファリンさんが殴られて床に倒れる所を目撃した。

その瞬間、朦朧だった意識が完全に覚醒する。

状況を確認する。

アリサ、すずか、アリシアは俺の周りに。

そんな3人に、銃を向ける男とその両隣にいる男2人。

そして、再びファリンさんに近付くファリンさんを殴った男。

俺は、3人を人質にとられてファリンさんが抵抗できない事を瞬時に悟った。

俺は瞬間的に動いた。

床に倒れたまま魔力弾を3発作り出し、それを1発ずつ銃を向けていた男とその両隣にいる男達に向かって放つ。

その瞬間俺は立ち上がり、ファリンさんに向かって拳を振り上げていた男に向かって駆け出した。

――ドドドゴォ!

「「「ぎゃっ!?」」」

魔力弾が3人の男に着弾したのとほぼ同時に、俺は床を蹴って跳び上がり、ファリンさんに拳を振るおうとしていた男の顔を掴む。

「女の人は、もっと丁寧に扱え! このボケが!!」

――ドゴッ!

思っていた事をそのまま口に出し、男の頭を床へ叩き付けた。

男は気絶し、動かなくなる。

俺はすぐにファリンさんへと駆け寄る。

「ファリンさん! 大丈夫ですか!?」

ファリンさんは床に倒れた状態で上半身だけを起こし、呆気に取られた顔で俺を見ている。

大方ビックリしたんだろうけど。

そんな時、ファリンさんの顔に殴られた跡があることに気付く。

少し痛々しい。

俺は、試しに治癒魔法を発動させてファリンさんの頬に手を添える。

だが、やはり人間の身体とは違うのか、治る気配は無い。

「う~ん・・・・・やっぱり無理か・・・・・・それにしても、女の人の顔を殴るなんて、最低な野郎だな」

俺は、ファリンさんを殴った男を一瞥して呟く。

「あ、あの、ユウ君?」

「はい?」

ファリンさんに名を呼ばれてファリンさんに向き直る。

「ユウ君は、私が自動人形であることは知ってた筈ですよね?」

「はい。 前に聞きましたから」

ファリンさんは確認するように問いかけてきたので俺は頷く。

「それがどうかしたんですか?」

俺がそう尋ねると、

「いえ・・・・あの、私は自動人形ですから、人でも無ければ、女でもありませんから・・・・・・・・」

ファリンさんは、遠慮がちにそう言う。

「何言ってるんですか? 確かに人間じゃないかもしれませんけど、俺から見たら、ファリンさんは十分に女の人だと思いますが・・・・・・」

「ふえっ!?」

ファリンさんは顔を赤くして声を漏らす。

あれ?

何か変な事言ったか俺?

「ユ、ユウ君!? な、何言ってるんですか!?」

「いや、普通に思ったことを言っただけなんですけど・・・・・・ファリンさんはちょっとドジかも知れませんが、逆にそこが可愛らしくて、素敵な女性だと思ってますよ」

俺はそう言って笑いかける。

「あ・・・・・・」

すると、ファリンさんは声を漏らして何故か涙を零した。

「え? あの? ファリンさん!? 何で泣くんですか!?」

いきなり涙を流したファリンさんに俺は焦った。

「ね、ねえ・・・・ファリンさん・・・・・・もしかして堕ちちゃった?」

「うん・・・・・多分・・・・・・・・・ファリン、自動人形だってことにコンプレックス持ってたみたいだから・・・・・・・・・」

「あ~~・・・・・・そこにあんな風に言われればイチコロかぁ・・・・・・・」

「あはは・・・・・・ユウって見境無いね・・・・・・・・」

「それが意識してやってるわけじゃないから、逆にタチ悪いのよ」

「でも、その優しい所がユウの良い所なんだよね」

「クスッ、そうだね」

「また女が増えた事を知ったら、桜やなのはが暴れそうね」


後ろで3人が何やら話していたようだが、声が小さくて聞き取れない。

ともかく、俺は、目の前で泣き止まないファリンさんを慰めながら、この現状を如何するのかを考えるのだった。








あとがき


やりたい放題やった割にはどこか面白みに欠ける二十八話の完成です。

あれ?

非魔導師3人娘とのデートだった筈なのに、何故かファリンの独壇場。

フラグ立てちゃったし・・・・・・・

性格が何か違うか?

う~ん・・・・・この先どうなる事やら・・・・・・・

まあ、次も頑張ります。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.048910140991211