<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

とらハSS投稿掲示板


[広告]


No.15302の一覧
[0] 【完結】リリカルなのは ~生きる意味~(現実→リリカル オリ主転生 最強 デジモンネタ)[友](2015/01/12 02:39)
[1] プロローグ[友](2010/01/04 15:51)
[2] 第一話[友](2010/01/04 15:52)
[3] 第二話[友](2010/01/04 15:55)
[4] 第三話[友](2010/01/05 00:19)
[5] 第四話[友](2010/01/17 13:53)
[6] 第五話[友](2010/01/17 14:31)
[7] 第六話[友](2010/01/24 12:46)
[8] 第七話[友](2010/01/31 15:55)
[9] 第八話[友](2010/02/07 10:27)
[10] 第九話[友](2010/02/14 15:40)
[11] 第十話[友](2010/02/21 11:01)
[12] 第十一話[友](2010/04/04 09:45)
[13] 第十二話[友](2010/04/04 09:46)
[14] 第十三話[友](2011/05/03 21:31)
[15] 第十四話[友](2010/03/28 07:45)
[16] 第十五話(前編)[友](2010/04/04 09:48)
[17] 第十五話(後編)[友](2010/04/04 09:49)
[18] 第十六話[友](2010/04/04 09:51)
[19] 第十七話[友](2010/04/18 07:24)
[20] 第十八話[友](2010/04/25 14:47)
[21] 第十九話[友](2010/05/02 21:59)
[22] 第二十話[友](2010/05/09 07:31)
[23] 第二十一話[友](2010/05/16 15:36)
[24] 第二十二話[友](2010/06/06 15:41)
[25] 第二十三話[友](2010/05/30 09:31)
[26] 第二十四話(前編)[友](2010/06/06 15:38)
[27] 第二十四話(後編)[友](2010/06/06 15:39)
[28] 第二十五話[友](2010/06/06 15:36)
[29] 第二十六話 (2013年11月14日 改訂)[友](2013/11/14 22:27)
[30] 第二十七話[友](2010/06/27 17:44)
[31] 第二十八話[友](2010/08/17 21:11)
[32] 第二十九話[友](2010/08/17 21:11)
[33] 第三十話[友](2010/09/19 16:35)
[34] 第三十一話(前編)[友](2010/09/19 16:30)
[35] 第三十一話(後編)[友](2010/09/19 16:34)
[36] 第三十二話[友](2010/11/07 14:58)
[37] 第三十三話[友](2010/12/05 15:37)
[38] 第三十四話[友](2010/12/05 15:36)
[39] 第三十五話[友](2011/01/16 17:21)
[40] 第三十六話[友](2011/02/06 15:02)
[41] 第三十七話[友](2011/02/06 15:00)
[42] 第三十八話[友](2011/03/13 18:58)
[43] 第三十九話[友](2011/03/13 18:56)
[44] 第四十話[友](2011/03/27 15:55)
[45] 第四十一話[友](2011/04/10 20:23)
[46] 第四十二話[友](2011/04/24 16:56)
[47] 第四十三話[友](2011/05/03 21:30)
[48] 第四十四話[友](2011/05/15 14:37)
[49] 第四十五話[友](2011/05/29 20:37)
[50] 第四十六話[友](2011/06/12 22:18)
[51] 第四十七話[友](2011/07/10 23:20)
[52] 第四十八話[友](2011/07/25 01:03)
[53] 第四十九話[友](2011/07/25 21:26)
[54] 第五十話[友](2011/09/03 21:46)
[55] 第五十一話[友](2011/10/01 16:20)
[56] 第五十二話[友](2011/10/01 16:27)
[57] 第五十三話[友](2011/10/01 16:19)
[58] 第五十四話[友](2011/10/30 20:17)
[59] 第五十五話[友](2011/11/27 20:35)
[60] 第五十六話[友](2013/04/21 19:03)
[61] 第五十七話[友](2013/04/21 19:00)
[62] 第五十八話[友](2013/04/21 18:54)
[63] 第五十九話[友](2013/08/22 00:00)
[64] 第六十話[友](2014/03/23 23:15)
[65] 第六十一話[友](2014/03/23 23:13)
[66] 第六十二話[友](2014/05/06 17:27)
[67] 第六十三話[友](2014/08/13 19:34)
[68] 第六十四話[友](2014/11/30 22:33)
[69] 第六十五話[友](2014/12/31 20:29)
[70] 最終話[友](2015/01/12 02:26)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[15302] 第二十七話
Name: 友◆ed8417f2 ID:11075f73 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/06/27 17:44


一応注意:今回の話は、一時的なキャラ崩壊があります。一応ご注意を。





第二十七話 ユーノの里帰り






突然だが、今俺達はとある異世界に来ていた。

理由は、数日前に遡る。






闇の書事件から数日後、身体の調子も漸く戻ってきた俺は、何時もの通り、高町家の皆+ユーノと朝食を食べていた。

因みに、この数日間で、“看病”と書いて“そうだつせん”と読む、女の戦いがあった。




闇の書解決の翌日。

朝起きた⇒何故か布団の中に桜が⇒これ以上無いタイミングでなのはが部屋に&リニスが起床⇒ポジトロンレーザー&セブンヘブンズ⇒ブレイブシールドで防ぐ⇒そのせいで少し回復していた魔力がスッカラカン⇒俺、倒れる⇒3人が大慌て⇒何故かフェイトやはやて達が次々と来客⇒俺が倒れた事を知る⇒誰が看病するかで揉める⇒魔導師組、バトルロイヤルに発展(ユーノ、ヴィータ、ザフィーラ、アルフ以外)

簡単に言えば、こんな流れ。

因みに勝利者は、魔導師組が争っている間に、3人仲良く看病役を掠め取ったアリサ、すずか、アリシアの非魔導師組だったりする。

意外だったのが、リニス、シグナム、シャマル、挙げ句にリインフォースまで俺への好意を認めるような言動があったことだ。

何時フラグ立てたよ俺?




てな事があったが、現在は静かな朝食。

その朝食の席で、桜が思い出したように言った。

「そういえばユーノ。 ユーノって、無限書庫の司書に誘われたらしいじゃない」

「う、うん・・・・・そうなんだけど・・・・・」

桜の言葉に、ユーノは頷く。

ユーノは、アニメの通り無限書庫に誘われているのだ。

「む、ユーノはそれほどに優秀なのか?」

恭也さんが尋ねる。

「まあ、無限書庫は、普通なら何人かでチームを組んで、数ヶ月単位で目的の資料を調べるのが常識な所だから。 それをユーノは、たった1人・・・・・しかも2週間で、目的の資料を調べ上げたから、無限書庫の人たちからすればユーノは、喉から手が出るくらい欲しい人材だろうね」

俺はそう説明する。

「ほう」

恭也さんは、納得といった表情をする。

「それで、ユーノは如何するんだ?」

俺が尋ねると、

「うん・・・・・正直余り乗り気じゃないんだ・・・・・リンディさん達はともかく、時空管理局自体には、もう余り良い印象がないから・・・・・」

ユーノはそう言った。

「そうか・・・・まあ、それはお前の将来に関わる事だからな。 俺達が口を挟むことじゃない」

ちょっと暗くなった雰囲気を変えるため、俺は、前々から気になっていた事を尋ねる事にした。

「なあユーノ」

「え、何?」

「お前、ジュエルシード事件の時からずっと居るけど、スクライア一族の方には連絡してあるのか?」

俺がそう尋ねた瞬間、まるで、時間が止まったかのようにユーノは動きを止めた。

そして、高町家全員の顔が、ほぼ同時にユーノの方を向く。

その瞬間、

「あああぁーーーーーーーーーッ!!!!!忘れてたぁーーーーーッ!!!!」

ユーノが大声を上げた。

・・・・・っていうか、忘れてたのかよ!?

「どどど・・・・・どーしよう!?」

ユーノは、珍しくとても焦った様子だ。

「如何するもこうするも、早く連絡を取るべきだろう」

恭也さんがそう言った。

「でも、ユーノ君の部族って、遺跡発掘の旅で、いろんな世界を回ってるんでしょ?まだ、同じ世界にいるのかな?」

美由希さんが、思い出したようにそう言った。

「え、え~っと・・・・・・」

ユーノは混乱して、上手く考えが纏まらないようだ。

「・・・・・ミッドチルダに行けば、何処の世界にいるか、手がかり位つかめるんじゃないのか?」

俺がそう言うと、

「だったら、クロノやリンディさんに頼んで、スクライア一族の居場所を調べてもらった方が手っ取り早くない?」

桜がそう言った。

確かにそっちの方が簡単だ。

「そ、そっか!」

ユーノは、食べかけのご飯を口にかき込むと、慌ててリンディさんに連絡を取りに行った。

ご飯を残さない所は、律儀である。



その後、無事リンディさんと連絡が取れ、現在のスクライア一族の居る世界が分かり、現在に至る。

因みにここに居るメンバーは、俺、リニス、ユーノ、なのは、桜、フェイト、アルフ、はやて(リインフォースユニゾン)、シグナム、ヴィータ、シャマル、ザフィーラ。

何処からか聞きつけた(多分なのは経由だろうが)フェイトやはやて達もついて来たのだ。

尚、アリサ、すずか、アリシアの非魔導師組は、何があるか分からないので何とか残ってもらう事に成功する。

その代わり、埋め合せとして3人と今度デートする事を約束させられたが・・・・・・

それはともかく、今居る場所は、砂漠のど真ん中にある岩山の上。

「で、ユーノ。スクライア一族は何処に居るんだ?」

俺がそう尋ねると、

「あ・・・・・・・・」

ユーノが何かに気付いたように声を漏らした。

それにやな予感がした俺は、

「おい、もしかして、スクライア一族の居る場所を聞いてこなかったってオチか?」

そう尋ねた。

「・・・・・・・ゴメン!」

ユーノは勢い良く頭を下げる。

「・・・・はぁ」

俺はため息を吐いて頭を掻く。

「どうするの?」

桜が尋ねてくる。

「如何するって、ユーノにスクライア一族が集落を作りそうな場所を聞いて、サーチャーを飛ばして隈なく探せばいいんじゃないか? これだけの人員がいれば、それほど時間は掛からないと思うけど・・・・・・・」

と、そこまで言った時、リニスが何かに気付いたように空を見上げた。

俺もそれに釣られて空を見る。

そこには、黒い影が見える。

「何だ?」

俺が声を漏らした時、

「伏せてください!!」

リニスが叫んだ。

その言葉で、ヴォルケンリッターたちは反射的に行動した。

シグナムははやてを庇いながら伏せ、他のメンバーも伏せる。

一瞬送れて、リニス、桜、ユーノ、フェイト、アルフも伏せた。

だが、

「ふ、ふえ?」

なのはだけは訳が分からず立ち尽くした。

その間にも、巨大な影が迫る。

「なのは!あぶねえっ!!」

「きゃっ!?」

俺はなのはに飛び掛るように抱きしめながら押し倒す。

次の瞬間、巨大な影が俺のすぐ後ろを通過した。

それによって衝撃波が発生して、俺達は吹き飛ばされまいと踏ん張る。

衝撃波が収まると、

「あっぶね~・・・・大丈夫か、なのは?」

「う、うん・・・・・ありがとう」

そう言うなのはの顔は赤くなっている。

まあ、抱きしめてるからな。

俺は、そう思いながら顔を上げる。

するとそこには、全長20mほどの巨大な怪鳥が飛んでいた。

どうやら、俺達を餌と思っているらしく、空中を旋回して、再び俺達に襲いかかろうとしている。

「チッ、仕方ない」

俺は起き上がると、左手に炎を発生させる。

「メガ・・・・・・」

俺は、向かってくる怪鳥にメガフレイムを放とうと、左手を振りかぶる。

そして、俺達のいる場所から約100mの所に差し掛かった所で、メガフレイムを放とうとした瞬間、

――ドオォォォォォォォォン

突如、砂漠が爆発した様に砂を巻き上げ、怪鳥を包み込んだ。

「ギャァァァァァァァァァ!!」

すると、怪鳥の断末魔の鳴き声がした。

砂煙が晴れてくると、そこには、

「デカッ!」

俺は思わず声を漏らす。

「こ、これは大きいな・・・・・」

シグナムも若干動揺した声でそう呟く。

俺達の目の前には、胴の直径が30mほどもある巨大な蛇のような生物がそこにいた。

しかも、全長は砂に隠れて分からないが洒落にならないほど長い。

下手すれば、1kmを超えているかもしれない。

なのは達も、開いた口が塞がらない状態だ。

その蛇の口には、先程の怪鳥が咥えられており、既にその怪鳥は絶命している。

すると、その蛇は上を向き、口を大きく開けると、

――ゴクン

と、20mもある怪鳥を一飲みにした。

その光景に、声も出ないなのは達。

怪鳥を飲み込んだ蛇は、俺達を見る。

なのは達は身構えた。

だが、蛇は興味をなくした様に俺達から視線を外し、再び砂の中へ消えていった。

少しすると、

「な、なんなのよこの世界は!?」

桜が声を上げた。

流石に今のはショックがデカかったようだ。

「あ、そういえば・・・・」

ユーノが思い出したように言う。

「この世界の砂漠地帯は、危険度S級だから気をつけるようにって、リンディさんが・・・・・」

「それを早く言いなさい!!心臓に悪いわよ!」

ユーノの言葉に、桜が叫んだ。

「そんな世界に来て、ユーノ君の一族は大丈夫なんか?」

はやてが尋ねる。

「ああ、それは大丈夫。危険なのは砂漠だけで、それ以外はいたって平和だから。砂漠地帯の大きさも、この世界の20分の1も無いって話だし」

ユーノの言葉に、この世界への転送で20分の1以下の確率に遭遇する俺達って何だろうと俺は思う。

「そういう事なら、さっさと移動するぞ。俺はともかく、お前らの身が危ないからな」

俺はそう言った。




――2時間後。

漸く砂漠が終わった。

この2時間で、10m級の巨大な虫に襲われること68回。

20m級の怪鳥に襲われること36回。

50m級のワームに襲われること10回。

100m級の竜種に襲われること5回。

1000m級の蛇の様な生物に襲われること1回。

シャレにならん。

はっきり言って、危険度S級を確実に超えている。

とりあえず、50m級のワームまでならば、なのは達でも相手に出来たが、100m級の竜種からは俺しか相手に出来なくなった。

ポジトロンレーザーすら耐え切る鱗ってどんだけだよ!!

ガイアフォースやコキュートスブレスで黙らせたが、流石に疲れる。

俺達は、砂漠を越えて10kmほど進んだ所にあった岩山で休憩している。

驚く事に、砂漠の終わりにあった山脈を越えたら、世界が変わったように森が広がっていた。

「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・・」

俺は息を整える。

「大丈夫か?ユウ」

シグナムが声をかけてくる。

「ああ、少し疲れたけどな」

俺はそう言う。

「すまんな、我らが未熟な所為で、お前に負担を掛けた」

シグナムはそう言ってくるが、

「仕方ないって。 あんな生物を相手に出来る方がおかしいんだよ」

俺はそう言う。

「フッ・・・・そういう自分を悪く言うところはまだ変わらんな」

シグナムは、薄く笑ってそう呟く。

闇の書事件以来、少しは前向きになろうと意識はしているが、後ろ向きな性格はすぐには直せんな。

「まあ、スクライアの集落を探すのは任せて、今は休め」

シグナムはそう言いながら、水の入ったペットボトルを差し出してくる。

「ああ、サンキュ」

俺はそれを受け取って、口をつける。

周りでは、なのは達がサーチャーを飛ばして、スクライア一族の居場所を探しているようだ。

少しすると、

「あっ! それらしい集落を見つけました!」

シャマルが声を上げた。

「場所はここから北西へ20kmほど行ったところです」

思ったより近くに居たな。

「よし、じゃあ行くか」

俺達は、そこに向かって飛び立った。




暫く飛ぶと、森の中にある広場に、テントで作られた集落があった。

「あ!あれはスクライア一族のテントだ!間違いない!」

ユーノが叫ぶ。

それを聞いた俺達は、集落の真ん中あたりに降り立った。

いきなり集落の真ん中に降りた俺達が気になったのか、人が集まってくる。

「誰かな?君達は?」

その中で杖を突いて、一番の年長者らしき老人が尋ねてきた。

「長老!」

ユーノがその老人の前に出た。

「ユーノです。ただいま戻りました!」

長老は、驚いた表情をして目を見開いた。

「ユーノか!? 無事じゃったのか! 心配したぞ!」

「も、申し訳ありません・・・・・」

長老の言葉に、ユーノは少しバツが悪そうな顔をする。

音信不通の原因が、忘れてたからでは仕方ないだろうが。

「それで、あちらは・・・・」

長老が、俺達の方を見る。

ユーノは姿勢を正し、

「別の世界で出会った、友人達です!」

はっきりとそう言った。

そんなユーノの姿を見た長老は、ニッコリと笑顔になり、

「ホッホッホ、ユーノよ。 よき友人達に巡り合えた様じゃな」

「はい!」

長老の言葉に、ユーノはハッキリと返事をする。

長老は、振り返って一族皆の方を向くと、

「皆の者!ユーノの帰還祝いじゃ!今夜は宴じゃ!」

長老がそう言うと、「オー!」という声と共に、皆が準備を始める。

「というわけじゃ。皆さんも今夜はゆっくりとしていきなされ」

長老の言葉に、

「ありがとうございます」

俺は頭を下げた。





【Side 桜】




その夜は、正にドンチャン騒ぎだった。

広場の真ん中でキャンプファイヤーのように火を囲っている。

踊りも踊ったりして、みんな楽しそうだ。

ユーノは一族の人達に囲まれてるし、アルフは骨付き肉に夢中。

なのは達は何でかお酒を飲んだらしく、妙にハイテンションだ。

かく言う私もお酒飲んだし。

静かにご飯食べてるのは、ザフィーラ。

あと、ヴィータ・・・・・・・・は、静かだけど、ドサクサに紛れてユーノの隣をキープしてるし、女の人がユーノに寄ってきたときには、黒いオーラを出して威嚇している。

この世界に付いて来る時には、「アタシはユーノが心配だから行くんじゃねーぞ!アタシははやてが心配だからだ!間違ってもユーノの為じゃねーからな!ホントだかんな!!」って言ってたのに。

典型的なツンデレね、ヴィータって。

ああ、ユウは、お酒を一口飲まされて、一発でダウンしたわ。

ユウの一番の弱点よね、お酒って。

因みに、今、ユウの頭は私の膝の上。

役得役得。

そんな時、はやてとのユニゾンを解除したリインフォースが近付いてきた。

「何をやっているのだ?桜」

そう言ってくるリインフォースは何故かニコニコしている。

「特に何も・・・・・って、何でそんなにニコニコしてるのよ?」

「アハハハハッ! 何故かとても気分がいいのだ♪ 不思議だなお酒というのは♪」

そう言いながら笑うリインフォースは、普段とかけ離れている。

リインフォースって、笑い上戸だったんだ。

っていうか、ユニゾンデバイスって酔っ払えたのね。

因みにその横では、

「ううっ・・・・・ユウ~~~! 私は一番付き合いが長いのに何で私の気持ちに気付いてくれなかったんですかぁ~~~~~~!?」

リニスが涙を流しながらグチを零している。

リニスは泣き上戸なのね・・・・・

その時、シャマルに言い寄る男が1人。

「失礼、私と一曲如何でしょうか?」

どうやらシャマルを踊りに誘っているようだ。

シャマルは、ニッコリと笑って、

「何ふざけたこと言ってるんですか? リンカーコア引っこ抜きますよ?」

とんでもなく物騒な事を言った。

怖っ!

笑顔がいつも通りなのが更に怖いわ。

良く見れば、シャマルの頬がほんのり赤く染まっている。

どうやら、シャマルも酔っ払ってる最中のようだ。

「しぐなむ~、よっぱりゃってりゅんじゃないんれすかぁ~~~?」

「な、何をひうか、てすたろっしゃ。我らベルカのきひ、酒を飲んでも呑まれりゅことなど・・・・・・」

「そんなりょりぇちゅの回らない言葉でひわれても、しぇっとくりょくありましぇん」

と、どちらも呂律の回ってない声で言い合っているのは、フェイトとシグナム。

どっちも酒に呑まれてるわね。

「おにょれ~~~私をぐりょうしゅるのはゆるしゃんぞ」

そう言いながら、レヴァンティンを起動させるシグナム。

「うけてたちましゅよ、しぐなむ」

フェイトもそう言ってバルディッシュを起動させた。

2人がデバイスを振りかぶった瞬間、

――ゴウッ!

2人は桜色の閃光に飲み込まれた。

「あはは~~。2人とも、駄目だよ喧嘩は~~。 ちゃんと『お話』しなきゃ」

いい笑顔でレイジングハート・バスターモードを構えていたなのはが言った。

やっぱり、それが『お話』なのね、なのは。

「テメーらアタシのユーノに近付くなーーーーーっ!!」

ヴィータはそう叫びながら、酔いか怒りか、顔を真っ赤にして、グラーフアイゼンを振り回している。

因みに、当のユーノは酔いつぶれてお寝んね中。

にしても、凄い事言ったわねヴィータ。

「ユウく~ん」

という声に振り向けば、いつの間にか近くに来てユウに抱きついているはやて。

抜け目が無いわね。

「フ~・・・・・・」

そんな様子を見て、ため息を吐きながら肉を齧るザフィーラだった。







あとがき

やはり、完全なオリジナルを書くと、レベルがガタ落ちすると痛感した二十七話の完成です。

グダグダ、つまらん、訳分からんの3拍子が揃ってます。

今回は何とも言えんです、はい。

すいません。

次も頑張ります。





前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.047821998596191