チラシの裏SS投稿掲示板




No.41032の一覧
[0] 【習作】SAOで救済[紙カタ](2015/07/19 06:57)
[1] 第一話[紙カタ](2015/03/04 18:27)
[2] 第二話[紙カタ](2015/03/04 09:55)
[3] 第三話[紙カタ](2015/03/04 10:06)
[4] 第四話[紙カタ](2015/03/04 10:19)
[5] 第五話[紙カタ](2015/03/07 08:06)
[6] 第六話[紙カタ](2015/03/12 18:02)
[7] 第七話[紙カタ](2015/03/18 00:08)
[8] 第八話[紙カタ](2015/03/22 09:40)
[9] 第九話 異世界救済に乗り出すそうです[紙カタ](2015/04/03 08:58)
[10] 第十話 マブラヴ編終了[紙カタ](2015/05/05 19:38)
[11] 第11話 帰還そしてリゾート[紙カタ](2015/06/10 07:43)
[12] 第12話 フルメタ編[紙カタ](2015/07/16 03:25)
[13] 第13話 自慢[紙カタ](2015/07/18 00:36)
[14] 第14話 ブラックブレット編[紙カタ](2015/07/20 06:04)
[15] 第11話改訂 帰還そしてリゾート[紙カタ](2016/04/06 05:14)
[16] 第12話改訂 フルメタ編[紙カタ](2016/04/06 04:53)
[17] 第13話改訂 自慢[紙カタ](2016/04/06 05:04)
[18] 第14話改訂 ブラックブレット編[紙カタ](2016/04/06 05:07)
[19] 第15話 ゲート編その1[紙カタ](2016/04/06 05:10)
[20] 第16話 ゲート編その2[紙カタ](2016/04/06 05:12)
[21] 第17話 ゲート編その3[紙カタ](2016/07/25 10:12)
[22] 第18話 複製人間[紙カタ](2016/08/28 07:39)
[23] 第19話 婚約[紙カタ](2017/07/03 12:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[41032] 第五話
Name: 紙カタ◆30a00978 ID:945c91d1 前を表示する / 次を表示する
Date: 2015/03/07 08:06
ビュン、カッ

武蔵の後ろ髪がうねり、標的にした木の的に突き刺さる

「ふむ、射程は3メートルで、力もなかなか」

突き刺した木のブロックを髪がバキバキと粉砕するとヒュと手元に戻して手触りを確認する。

「伸縮自在、しかも汚れが付かないとは素晴らしい武器ですね――以上」

「物を掴んだり斬ったりも出来るしね」

「超近接での警護に使い出がありそうです――以上」




平成27年8月18日

宇宙船計画の船体設計を開始。

全長45メートル、全幅40メートルのリフティングボディ形状で、内部に50人分の旅客スペースと長さ25メートル幅5メートルの貨物室を持つ。

連続10日間の1G加速が可能で、火星までの往復飛行を視野に入れる。

船体にはナノマシン素材を多用し、建造の迅速化と自己修復性を備える。



「船体設計は十分だな。発注するか」

発注と言っても、ナノマシンを用いた三次元プリンターで部品を製作して組み立てるだけだ。

期間はそう掛からない。

後は殆ど主機の完成待ちに成るだろう。




平成27年9月8日

失業者の激増を受け、国会でベーシックインカム関連法案が相次いで可決される。

また、子供の健全な育成を支援するという名目で、18歳以下の子供が居る世帯には、自動人形一体を交付するという法案が成立。

登場当初は、自動車と同様だった自動人形の価格帯もこの頃には、大型テレビ程度へと下がっていたから出来た事である。

これにより、自動人形が一般家庭へと一気に入り込んで行く事となる。



「いよいよ、自動人形による人類の浸食が始まるんだな」

「人聞きの悪いことを言わないで下さい。――以上」

武蔵はそういうけど、浸食は浸食だ。

自動人形が人と共にある世界。

労働から解放された社会。

それは人類の夢だろう。

反対派がなんと言おうともう止まりはしない、止まらせはしない。




平成27年9月3日

最近は、多段階核融合炉の設計、シミュレーション、検討、更にブラシュアップしての設計と繰り返し続けてる。

小型化、高出力化、高信頼性、運転容易性と矛盾する要求を満足させるべく、

神に貰ったチート頭脳と脳内シミュレータをフル活用してる。

いい加減、神棚でも作るべきかな。

最近は真剣にそう思う。

「武蔵さん神棚とか造れる?」

「宮大工用高度技量パッチを導入すれば可能です。ですが神棚ですと買ってきた方が早いかと。――以上」

「じゃあ買ってきて……、いや、やっぱり作ろう」

こういうのは気持ちだろうしね。



どうせなら木材から拘った方が良いだろうと、伊勢の式年遷宮で出た木材を手に入れそれで作る事にした。

「うん、立派立派」

殆どは武蔵たちが作ったが、神鏡などの金属類は僕が工作機で自作したし、気持ちは籠もってるだろう。

でーんと佇む1.5メートルはあろう神棚は、ラボの一番良いところに飾られた。

掃除などは脚立が無いと届かないが、自動人形なら飛べるので問題ないだろう。




平成27年10月25日

漸く、漸く、多段階核融合炉の商用炉がシミュレーション上で完成した。

出力12ギガワット、発電コストは1kw/h0.02円

データをゼタフロップスマシンに突っ込んでシミュレーションする。

「これで漸く完成か」

「まるで上手く行くのが当たり前かのような物言いですね――以上」

「そりゃね」

『あの主様、問題が発生しました』

「どうしたオモイカネ?」

統括AIを勤めるオモイカネが問題を提起するなんて大事だろう。

『要求された通りに一次原理計算を行うと、本機のスペックでは演算に半年掛かってしまいます』

あー、忘れてた。

脳内シミュレータと性能が違うんだった。

「国内の稼働機を動員しても1日は掛かるな」

『はい、正確には28時間32分必要です』

それぞれ重要な案件を抱えてる国内のスパコンを其れだけの時間占有する事は出来ない。

なら改良するか




平成27年11月21日

ラボにて、ヨタフロップスマシンが完成。

早過ぎるブレークスルーに世界中が驚いたらしいが、そんな事は関係ない。


「いや、漸く計算できる」

素粒子レベルでの演算には、ヨタフロップス級の演算能力が必要だったのだ。

この1ヶ月は、計算機を如何に大規模化させるかだけを考えてた気がする。

しんどかった。

宇宙船が出来たら暫く休もう。





平成27年12月15日

日重、JAXA共同開発の宇宙船富士シリーズが完成。

地上テストを経て、空中試験へ。

「芍薬、調子はどうだい?」

『頗る順調です。試験項目の消化も前倒しで進んでます』

話し相手は富士の統制AI芍薬だ。

今は身体を持たないが、実運用時には真空運用型の自動人形ボディを与える予定で、乗員が全滅しても無事帰って来れるように考慮されてる。

因みにモデルは某長門だ。

切れ長の美人で、実直の感じという事で、評判が良かった。


まあ、1番船が芍薬というだけで、AIは誰でも良いのだ。

2番船からは武蔵さんを始めとしたセカンドシリーズで構成される予定だ。




「はあ~、癒される~」

今日は伊香保温泉に来てる、勿論宿毎貸し切りだ。

「ふむ、お湯加減は何時もより熱めですが宜しいのですね――以上」

「露天だからね。頭は涼しいから」

自画自賛かも知れないが武蔵たちと入る風呂は最高の眺めだ。

きめ細かく透き通るような白い肌、桜色に色付く乳頭、それぞれアップにした髪、首筋から覗く項。

望めば下だって見せてくれる。

綺麗だ

「気持ちいいねぇ」

「ん、はい」

正面に居た多摩の胸を両手で揉みしだく。

彼女たちは刷り込みで、清潔にしたり主に触られると快感を感じるように出来てる。

勿論強弱は有るし、好悪のパラメーターも影響するが、基本的に彼女たちは清潔にしたり主人と触れ合う事が好きなのだ。

だから僕も膝枕をしてもらったり、抱きついたり、抱きしめて貰ったり、添い寝して貰ったりして、積極的に甘えるようにしてる。

「気持ちいい」

多摩のスベスベもちもちのおっぱいが顔に当たり潰れて気持ちいい。

「それはよう御座います――以上」

「じゃあ、次は品川ね」

立ち上がると両手をワキワキさせながら品川に近付いていく。

「ふぅ、どうぞ――以上」

やれやれ仕方ないなぁという感じで品川が中腰に成るのを見ると、僕は品川に抱き付いた。





平成27年12月21日

モイラシリーズ、SeinFrauシリーズなど海外向け自動人形の販売とサポートを12カ国で開始。





平成28年1月3日

正月は今年も実家で過ごした。

絵見と公正も順調に育ってた。

2人とも最近は、さくらの髪で遊ぶのが楽しいらしい。

実家に置いてきたさくらのボディーは、勿論更新を頻繁に行ってるハイエンドカスタムだから、髪をうねうね動かせるのだ。

重力制御と併用して、人ひとり持ち上げたり放り投げたりするのは容易い。

髪の毛を巻き付けて上に放り投げ、また髪で受け止めるとか中々にアグレッシブな遊び方だ。

事実、面白かった。




平成28年1月12日

人類の夢は叶えた。

次は何だろうと考えたら、人類最大の疾患が残ってた。

寿命だ。

不老長寿こそ、人類の伴侶、無限のエネルギーの次に手に入れるべき存在だろう。

フラクトライトに付いては取り敢えず置いておくとして、体機能の維持は完全に義体化すれば解決する。

解決すべき問題は脳の老化からだろう。





平成28年2月29日

ナノマシン置換による脳の完全機械化が動物実験で成功。

マウス、猿の脳を完全に機械で代替した。

その個体固有の癖なども変わらない完璧な置換だ。

後は人体実験を残すのみ。

取り敢えず、ヨタフロップスマシンでシミュレーションさせてる。

発表が楽しみだ。



「発表やめ」

「何故ですか?楽しみにしておられたでは無いですか――以上」

武蔵は研究大好きで、次々と発表する僕の珍しい奇行?に戸惑ってるようだ。

「そうなんだけどね。脳置換を発表すると必然的にフラクトライトについても触れないと成らないからさ」

「ああ、対策が取られプランが崩壊する可能があると言うのですね――以上」

「そういう事、学者連中も馬鹿じゃないから」

せっかくフラクトライトに刺激を与えて、一時的に肉体に仮死状態にするという

強制切断を阻止する都合のよい発見をしたのに

それを対策されると、それこそ茅場の求めてたデスゲーム

体感時間加速によるフラクトライトの消耗しか無くなるなどプランが崩壊する。


「変わりに何を研究するかなぁ」

お、今日のおやつはシュークリームか

そうだ




平成28年3月21日

日重は、空間の時間の流れを極限まで遅くする技術、時間停滞技術を発表。



壇上で男が説明してる

「一見すると鏡で出来た箱ですが、中と此方の時間の流れが違って此方からの光が反射してるだけです。止めると」

中にはシュークリームが

「あらゆる食品を作りたての美味しさで、何年間も置いておけます」





「はあ、お見合いですか」

『ああ、本家からどうしてもって、顔を合わせるだけで良いから、な。もしかしたらお前が気に入る娘が居るかも知れないぞ、な。頼むよ』

今まで僕の本名を書いてなかったが、僕の名前は結城飛鳥、京都にある結構な名家である結城の分家筋に当たる。

今まで一族の集まりにも出ないような遠い繋がりだったが、叔母経由でお呼びが掛かったらしい。

そう、僕は結城明日奈の親戚なのだ。

因みに続柄を調べたが、明日奈は父とはとこだった。

多分、集まりには年頃の少女が集められると思う。

明日奈も来るだろう、楽しみと言えば楽しみだが、どう対応すれば良いだろうか?

「まあ、なるようになるか」




唐突だが詩乃とは友達だ。

精神年齢が同級生の中で一番高く、話が合うからだ。

「へー、お見合いするんだ」

「そう、形式ばった物じゃなくて、顔合わせって感じ何だけどね」

「お坊ちゃまは大変ねぇ」

そう言って、詩乃はケラケラ笑う。

「お坊ちゃまねぇ、自分じゃそう思ってないんだけど。世間的にはそう見えるのかな」

「そりゃ、自動人形に出迎えさせてるし、家には自動人形一杯居るし、家はビルだし」

出迎えと自動人形一杯は、警備上仕方なくだし、家がでかいのはラボ併設したからだけど。

「ふむ、お坊ちゃまかぁ」

「そうよ。お坊ちゃま、次はあなたの番よ」

そう言って、トランプを差し出して来た。





平成28年4月4日

エイズ治療薬としてのナノマシンの臨床試験が漸く始まる。

上手く行くと分かり切ってるが、いよいよと思うと緊張する。

いよいよと言えば、お見合いももう直ぐだ。

明日奈も来るらしいし、色々と楽しみ。



事前情報通りに一族の関係するホテルのパーティースペースで行われた。

親睦会という名のお見合いパーティーだ。

母も付いてきてるが、張り切ってるのは僕の叔母と子女を携えたおば様方だ。

親睦会だから、男は勿論僕だけなんて事は無い。

ただ、一番の目玉は僕だろう事は参加者の目線が物語ってる。

娘さんはどの子もおめかしさせられて、そこそこ可愛い子が揃ってる。

その中で一際目立つ茶髪の子が明日奈だろう。

明らかに抜きん出てる美少女っぷりだ。

事実、可愛い。

自動人形かと思うほど容姿が整ってる。

「はじめまして、結城明日奈です」

「此方こそはじめまして、結城飛鳥です。名前似てるね」

「そうですね」


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025568962097168