チラシの裏SS投稿掲示板




No.37185の一覧
[0] 【完結】一夏がついてくる【IS】[コモド](2014/01/23 06:57)
[1] 一夏がついてきた[コモド](2013/04/10 22:03)
[2] 一夏がついて……?[コモド](2014/01/23 06:56)
[3] 一夏がついてこない[コモド](2013/04/11 22:03)
[4] 一夏がついてない[コモド](2013/04/16 22:58)
[5] 一夏がやってきた[コモド](2013/10/06 00:38)
[6] 一夏がやってこない[コモド](2013/04/15 23:38)
[7] 一夏がやって……?[コモド](2013/04/16 23:20)
[8] 一夏がやった[コモド](2013/04/19 23:48)
[9] 一夏とやった[コモド](2013/04/29 23:08)
[10] 一夏がついてくるの?[コモド](2013/04/29 23:10)
[11] 一夏がついてきてもいいのか!?[コモド](2013/04/29 22:58)
[12] 一夏がついてきたのか[コモド](2013/05/03 20:05)
[13] 一夏がついてこなくてもいいや[コモド](2013/05/11 01:09)
[14] 一夏がついてたらいやだ[コモド](2013/05/19 19:17)
[15] 一夏とした[コモド](2013/12/13 02:38)
[16] 一夏と真夏の夜の悪夢[コモド](2013/06/06 19:33)
[17] 一夏と真夏の夜の白昼夢[コモド](2013/06/06 19:13)
[18] 一夏と真夏の夜の 夢[コモド](2013/12/13 02:44)
[19] 一夏と真夏の夜の淫夢[コモド](2013/09/08 16:09)
[20] 一夏と一夏のアバンチュール[コモド](2013/09/16 13:43)
[21] 一夏と一夏のあいだに[コモド](2013/09/16 13:35)
[22] 一夏と一夏の終わりに[コモド](2013/09/25 00:28)
[23] 一夏がついてきてほしい[コモド](2013/09/25 00:28)
[24] 一夏がついてこないから一夏になる[コモド](2014/01/23 07:24)
[25] 一夏がついてこないからいけないんだよ[コモド](2013/10/06 00:54)
[26] 一夏がついてこないから……[コモド](2014/01/10 01:03)
[27] 一夏がついてくるっつってんだろ![コモド](2013/12/13 02:58)
[28] 一夏がついてこい[コモド](2013/12/22 17:24)
[29] 一夏と[コモド](2014/01/10 02:47)
[30] みんながついてくる[コモド](2014/01/25 05:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[37185] 一夏がついて……?
Name: コモド◆229a533c ID:94594918 前を表示する / 次を表示する
Date: 2014/01/23 06:56
「お引越しです」

 おれと一夏の部屋を訪れた山田先生が唐突にそう告げた。

「はい?」

 疑問の声をあげたのは一夏だった。おれたちはちょうど暇つぶしにプロレスをしていた最中で、一夏がかけてきたアームロックに抵抗していたため、おれは声が出せなかった。

「ですから、お引越しです」
「えと……どっちがですか?」
「ゲホッ! ……そうなると、この学校って男子が二人しかいないんで、必ず片方が女子と一緒になっちゃうんですけど」
「あ、金剛くんはこの部屋のままですよ。織斑くんは織斑先生の部屋に移動です」
「え”?」

 一夏の声が裏返って、顔が青褪めた。

「な、待ってください! 何でおれだけ……!」
「うーん。これは秘密だったんですけど、二人は当事者だから教えちゃいますね。実は明日、転校生が来るんです」
「転校生?」
「はい。しかも、あなたたちと同じ、三人目の男性操縦者が来るんですよ」
「なに!?」

 普通に言ってるけど、それって世界的に重大な案件じゃないのか?
 ていうか、今まで男性は操縦不可能とされてきたのに、なぜ今年に入ってこう何人も出てくるんだ?
 そいつも同時に発表されていたら、世界で最も有名なIS操縦者の弟である一夏より、おれの方が純粋に男性操縦者として優れた研究対象になるとか、真の意味での初めての適正者として注目を集めることもなかっただろうに。
 おれが思惑の坩堝に落ちていると、山田先生は童顔を綻ばせて言う。

「そこで、転校生が早く馴染めるようにと配慮し、金剛くんと一緒に生活してもらうことにしました」
「だからって、何で俺が仲間はずれにされるんですか!?」
「流石に男子生徒と女生徒を同室にさせる訳にはいかないので、織斑先生と姉弟の織斑くんに引越ししてもらうことにしたんです。不満なら一人部屋にしますけど……織斑先生は嬉しそうにしてましたよ? 興味ないように装ってましたけど、久しぶりの姉弟水入らずですし、喜びが隠せていませんでした」
「う……」

 正当な理由と長らく離れ離れだった姉と暮らせる魅力に、一夏が黙り込む。
 実は一夏って、重度のシスコンだから、こう言われれば頷くしかない。
 狙っているのか判らないが、そうだとしたら山田先生はかなりの策士だろう。

「わ、分かりました……」
「わ、わかってもらえて嬉しいです! じゃあ、私も手伝いますから、今日中に荷物を移し終えましょう!」

 がっくりと肩を落とした一夏は、眉尻を下げながらおれを見つめてきた。なぜか目が潤んでいる。

「榛名……引越してからも此処にきていいか?」
「もちろん、良いに決まってるだろ。またゲームしよう。今度は三人でな」
「! ああ!」

 一転して、満面の笑み。感情が面に出やすいな、一夏は。
 ――で、翌朝。

「シャルル・デュノアです。よろしくお願いします」

 歓声。姦しい声に教室が揺れた。
 小柄で華奢な体躯。セシリアさんの艶美な金髪とは異なる、少し乱れたブロンド。
 新調された男子制服に身を包む、紅顔の美少年の登場に女生徒は湧いていた。
 だが、皆が湧いている中で、恐らくおれだけは疑惑の眼差しでデュノアを見つめずにはいられなかった。

 ――だって、どう見ても女の子じゃん。胸ないけど、肌の艶とか、声とか、どう見ても女の子だろ。
 そもそも男性のIS適正者が見つかったなんて話、山田先生以外でおれは聞いてないぞ。
 本当に居たなら、おれと一夏の時ほどではないにせよ、世界中で大ニュースになっている筈だ。しかし、ケータイで確認する限りではそんな情報は全く流れていない。
 フランスの代表候補生らしいから、国家絡みの機密情報として隠蔽されているのか? でもIS関係でそんなことしてメリットあるか? もしそうなら、絶対国外に出さないだろう。いや、でもデュノアっていうのは確か、フランス最大手のIS企業だった筈。その関係者なら、他国のIS技術の偵察として送り込まれた可能性もある。
 ……考えたところで、今は判断材料が少ないか。色々あったから、陰謀論とか信じやすくなってるのかな。

 顔を上げると、そのデュノアがおれの横を通り過ぎるところだった。目が合う。微笑まれた。

「君が金剛榛名? 同じ部屋って聞いたよ。これからよろしくね!」
「うん、よろしく」

 綻んだ顔は愛嬌と可憐さが同居していて、やはり男には見えなかった。



 興味はあったんだ。一夏がおれ以外の男にどんな態度を取るのか。
 おれに対してだけ近いのか、それとも誰に対してもこうなのか。
 結果は後者だった。着替えのために更衣室に向かう途中、女生徒に追われていた時(みんな一夏とデュノア狙いだった)、一夏は迷わずおれとデュノア二人の手を取った。
 やはり誰に対しても――というか、男には距離感のない接し方をするようだ。ほっとした反面、その接し方が女性陣に出来ていればおれは恨まれなかったのに、とため息が漏れそうになった。
 ……その間、デュノアが男と言われ、答えるまでに間があったのに、疑問は確信に変わった。

「ん? どうしたんだよ。早く脱げよ」
「え? う、うん……」

 更衣室に着くと、躊躇わず制服を脱ぎ、裸体を晒す一夏。男らしく、無駄のない上半身を正視できず、頬を赤らめるデュノア。……見慣れてないんだろうな。
 おれでさえ初めは面食らった一夏の明け透けな言動は、女の子は耐性がないと恥じらわずにはいられないだろう。

「着る度に思うけど、やっぱり股間が引っかかって痛いんだよな、これ。押し潰してるから圧迫感凄いしさぁ」
「引っかか……! 押し潰……!?」
「一夏は毎回それ言うな」
「榛名だってそう思うだろ? 絶対に改善が必要だって。元々女性用に開発してあるから、そこまで配慮されてないんだよ。シャルルだってそう思うだろ?」
「え!?」
「何だよ、まだ着替えてないのか。早く脱がないと授業始まっちまうぞ」
「う、うん、そうだね。き、着替えなきゃ」

 脱ごうとはするものの、一夏が全裸でデュノアを凝視しているので、脱ぐに脱げないでいる。その仕草からして、もう女の子以外の何者でもないのだが、一夏は男だと信じきっているみたいで、目を離そうとしない。
 仮に女の子だと気づいてやっているのだとしたら、かなりのドSだが、一夏だから間違いなくないだろう。
 ……仕方ない。

「なあ、一夏。ちょっといいか。ISスーツがキツくて履けないんだ。手伝ってくれないか」
「はは、もしかして太ったのか?」
(今だ!)
「――!?」

 目配せし、この隙に着替えろと訴える。どうやら通じたようで、凄まじい速度で荷物に手を伸ばしたのを見て視線を外した。

「ほら、これでいいか? ったく、こんなんも一人で出来ないなんて、ダメだろー? なあシャルル?」
「あ、あああ、うん! そうだね! はは……」

 如何なる神業か、目を離した瞬間には着替えが終わっていた。
 ISスーツになると、華奢な肢体と体のラインが如実に出る。胸は板みたいだったが、骨盤の丸みを帯びたラインは、どう見ても女の子だった。
 んー。これでバレないと思ってるのかな。

「あれ、もう着替えたのか。……そのISスーツ、着やすそうだな」
「うん、デュノア社特製なんだ」
「苗字と同じだな。やっぱり関係者なの?」
「父がデュノア社の社長だから」
「へえ、社長の息子なのか。道理で気品とかあるわけだ」

 どうやら一夏は気づいてないようだ。まあ、期待はしてなかったけど。
 ……でも、やっぱり男の体は凝視するんだな。女子は視線を向けすらしないのに。






今日の授業は、専用IS機を持つ候補生による、生徒への講義だった。
 臨時講師役は、一夏、セシリアさん、鈴音さん、デュノア、おれ。
 案の定、人気は一夏とデュノアに集中し、おれが教えるのは四人と少なかった。来たのはのほほんさんや谷本さんといった、普段から割と話す人たちだったので返って安堵していたが。

「そう、あくまで手足の延長にある感覚を忘れずに。思っている動きとは一手、二手遅れるから初めは慣れないけど、徐々に慣らして行けばいいから」
「う、うん」
「いやー、金剛くんは教えるのが上手だね~」
「そう?」

 のほほんさんが話しかけてきた。茶化しているのかと思ったが、どうも素直な感想のようだ。しきりに頷く。

「うんうん。だって、私たちの表情とかで、どこに困ってるかとか判らないとことかすぐ気づいてアドバイスしてくれるし、どれも的確だもん。先生とか向いてるんじゃないかな?」
「あー……そうだね。そうかも。人の顔色窺うのは誰よりも得意かもしれない」

 此処に来るまで、疑心暗鬼にならざるを得なかったから、そういう方面でのスキルが上達してしまった。
 こっちに来てからも、一夏を好きな女性陣の顔色を窺ってばかりだったし……怪我の功名かな。

「アハハ、金剛くんって、良い人だけど、モテないタイプだよね。誰からも良い人って言われるけど、そのまま良い人で終わるタイプ」
「顔も整ってる方だし、普通にモテそうなのにね」
「一夏がモテすぎるんだよ……」

 皆が呵呵大笑する。特徴がないから悪くも思われないけど、印象に残らないっていうのは自覚してるつもりだ。
 そう務めてきたし、IS操縦者っていう泊がつくまでは、限りなく普通の学生だったと思う。
 家族とは離れ離れになったが、此処での三年間は、地球の男性でおれと一夏しか経験できない貴重な体験になりそうだから……そう不満もない。
 卒業してからの身の振り方は考えなくてはいけないけれど、だからこそ、それまでの三年間は精一杯楽しみたい。
 とりあえず、おれを敵視しないのほほんさんたちとは友好な関係を築いていけそうだ。できれば彼女たちとは卒業してからも友人でいたい。

「あ、おりむーが篠ノ之さんをお姫様だっこしてる」
「それ見て、凰さんとセシリアが鬼みたいな形相で睨んでるね」
「あ、何か言ってるね。なになに……『ア・ン・タ・の・差・金・じ・ゃ・な・い・で・し・ょ・う・ね?』だって」
「読唇術できるの!? セシリアはなんて?」
「えっとねー。『い・っ・た・い・何・を・吹・き・込・み・ま・し・た・の?』、『私・も・し・て・も・ら・い・た・い・で・す・わ・ー!』だって。相変わらずおりむーモテモテだねー」
「金剛くん、気持ちはわかるけど、現実には向き合わないとダメだよ?」
「そうだよ。昔から言うじゃない、上を向いて歩こうって!」
「下ばかり向いてちゃ涙がこぼれちゃうよ」

 一夏……お前が誰かと幸せになろうとすると、おれに不幸が襲いかかるみたいだ。
 人生ってしんどいなぁ。一夏、お前が結婚しても、仲人はおれに頼まないでくれ。刺されたくない。



 一夏は心の機微も情緒もわからない。まして乙女心など存在すら把握しているのかすら危うい。
 先ほどの授業中、一夏を食事に誘った篠ノ之さんが沈鬱な面持ちで呟いた。

「……どういうことだ」
「大勢で食った方が美味いだろ。それにシャルルは転校してきたばかりで右も左もわからないだろうし」
「それもそうだが……」

 啀み合う恋敵三人。火花が散っては初夏の空気に溶けてゆく。今は学校での団欒と憩いの時間である昼休みの筈なのに、どうしてこうなったのか。

「……」
「……」
「……」

 修羅場だ。修羅場が形成されているぞ。
 一夏、何でお前は進んで修羅の道を進むんだ? そしてなぜそこにおれも呼び出すんだ?
 教えてくれ。

「ねえ、本当に僕たちも同席してよかったのかな?」
「一夏が良いって言ったんだからいいんじゃない?」

 三人の視線がおれに向いた。空気を呼んで断ってデュノアさんと食べてきなさい、と瞳が訴えかけていた。
 おれもそうしたかった。でも昼になった途端、一夏に腕を掴まれてデュノア共々連行されたんだ。仕方なかったんだ。
 その一夏が言う。

「良いに決まってるだろ? 俺たちは男子同士なんだし、仲良くしようぜ。それに榛名とシャルルは同じ部屋だろ? 俺だけ仲間外れみたいで寂しくてさー」
「あはは、一夏って寂しがり屋なんだね。大丈夫だよ、除け者になんてしないからさ」
「いつでも遊びに来いよ。待ってるから」

 女の子だとわかってるから、二人きりになると思うと気まずいし。

「そ、そうか? な、なんか照れるな……」
「……なに顔赤らめてんのよ、気持ち悪い」
「そんなことねえよ!」

 顔真っ赤じゃないか。それから、女性陣が一夏のために早起きして作ってきた弁当の試食会が始まり、おれとデュノアは蚊帳の外。極力刺激しないように購買で買った弁当を啄いていた。

「ねえねえ、もしかしてあの三人って一夏のことが好きなのかな?」

 耳打ちするように尋ねるデュノア。なんだ、まさかおまえもか。

「見た通りだよ。少しでも素直になったもん勝ちなのに、プライドとか性格が邪魔してちっとも前進しないんだ」
「ふーん。でも、一夏って全然気づいてる素振りないよね。鈍感なのかな」
「鈍感っていうか、愚鈍っていうか、純粋っていうか、子どもっていうか……」

 あれは中身が小学生から変わってない気がする。もし好きな子ができたらイタズラで応えそうだ。友達に好きな子ができたら、真っ先にその子に「アイツ、お前のこと好きなんだって」とか報告しそう。……いや、それはないか。

「まさか、ゲイなんてことはないよね?」
「――っ! ゴホ、ゲホッ」

 唐突に真面目な顔で口にするものだから、咽てしまった。
 そうか、お前もそうなるか。

「だ、大丈夫?」
「あ、ああ……で。やっぱりデュノアもそう思ったのか?」
「うん……だって、幾ら何でもあの態度は、ちょっと」

 そうだよね。早く脱げよとか言われて、恐ろしい速さで着替えしてる最中に振り向いて隙を見せなかったり、体を凝視されたりしたもんね。
 普通は勘ぐっちゃうよね。

「は、榛名もだよ?」
「え?」
「ISスーツが着づらいからって、着替えを手伝ってもらうのって、その……あわわ、お、おかしいよ!」
「……あ」

 そういえば、デュノアを助けるためとはいえ、全裸で一夏に着替えを手伝って貰ったんだっけ。
 赤面して狼狽するデュノア。何てことだ……一夏だけではなく、おれまで疑われている……!

「ち、違う! あれは、その……」
「……その、なに?」

 否定しようとしたが、面と向かって「君が女の子だから」なんて言えない。デュノアに何かしら事情があるのは間違いないのだから、公然の場で言うのは躊躇われる。
 言い淀むおれに、デュノアは神妙な表情で詰め寄ってきた。

「あのね榛名! 同性愛ってイケないことだと思うんだ! 非生産的だし、神様だってイケないって禁じてるんだよ? 最近は世界中で同性婚が認められてきてるけど、日本では認められてないし、何より――そんなの誰も得しないよ!」
「……うん」

 勢いに押されて、首肯してしまった。そうか、デュノアってフランス出身だもんな。
 フランスってカトリックが主流だっけ。だったらデュノアは同性愛否定派だよね。だって、宗教が禁じてるんだもん。
 おれが頷いたのを見て、なぜかデュノアは満足げだった。

 ……周囲では一夏と三人が火花を散らしながらもラブコメしてて、おれと一夏の組み合わせなんて誰も幸せにならないよな、と図らずして再確認させてくれた。
 でもな……おれだってそんなの御免だよ。



あとがき
すいません、反応が嬉しくて続かせていただきました。
でもこれくらいで許してください、なんでもしますから。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025255918502808