チラシの裏SS投稿掲示板




No.37185の一覧
[0] 【完結】一夏がついてくる【IS】[コモド](2014/01/23 06:57)
[1] 一夏がついてきた[コモド](2013/04/10 22:03)
[2] 一夏がついて……?[コモド](2014/01/23 06:56)
[3] 一夏がついてこない[コモド](2013/04/11 22:03)
[4] 一夏がついてない[コモド](2013/04/16 22:58)
[5] 一夏がやってきた[コモド](2013/10/06 00:38)
[6] 一夏がやってこない[コモド](2013/04/15 23:38)
[7] 一夏がやって……?[コモド](2013/04/16 23:20)
[8] 一夏がやった[コモド](2013/04/19 23:48)
[9] 一夏とやった[コモド](2013/04/29 23:08)
[10] 一夏がついてくるの?[コモド](2013/04/29 23:10)
[11] 一夏がついてきてもいいのか!?[コモド](2013/04/29 22:58)
[12] 一夏がついてきたのか[コモド](2013/05/03 20:05)
[13] 一夏がついてこなくてもいいや[コモド](2013/05/11 01:09)
[14] 一夏がついてたらいやだ[コモド](2013/05/19 19:17)
[15] 一夏とした[コモド](2013/12/13 02:38)
[16] 一夏と真夏の夜の悪夢[コモド](2013/06/06 19:33)
[17] 一夏と真夏の夜の白昼夢[コモド](2013/06/06 19:13)
[18] 一夏と真夏の夜の 夢[コモド](2013/12/13 02:44)
[19] 一夏と真夏の夜の淫夢[コモド](2013/09/08 16:09)
[20] 一夏と一夏のアバンチュール[コモド](2013/09/16 13:43)
[21] 一夏と一夏のあいだに[コモド](2013/09/16 13:35)
[22] 一夏と一夏の終わりに[コモド](2013/09/25 00:28)
[23] 一夏がついてきてほしい[コモド](2013/09/25 00:28)
[24] 一夏がついてこないから一夏になる[コモド](2014/01/23 07:24)
[25] 一夏がついてこないからいけないんだよ[コモド](2013/10/06 00:54)
[26] 一夏がついてこないから……[コモド](2014/01/10 01:03)
[27] 一夏がついてくるっつってんだろ![コモド](2013/12/13 02:58)
[28] 一夏がついてこい[コモド](2013/12/22 17:24)
[29] 一夏と[コモド](2014/01/10 02:47)
[30] みんながついてくる[コモド](2014/01/25 05:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[37185] 一夏がついてきたのか
Name: コモド◆53cfaf75 ID:fe1b02d0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2013/05/03 20:05


「なんだって!? 榛名が攫われた!?」
『済まない、私が到らないばかりに……』

 ラウラからの報告を聞いた一夏は、鈍器で頭部を殴られたかのような衝撃を受けた。
 榛名が拉致された。かつての自分と同じように。

「ラウラが悪いわけないだろ。攫われたのはついさっきで間違いないのか?」
『あぁ、まだそう離れていない筈だ。私はすぐに奪還に向かう』
「犯人からの要求とかはないのか?」
『今のところは何もない。恐らく、母の命が目的だ』
「……ッ! わかった。俺もすぐにそっちに行く!」

 連絡を切り、激情に駆られながら足を踏み出す。
 同行していた蘭の制止の声も聞こえない。答える間すら惜しいのだ。
 全力で足を踏み抜き、来た道を引き返す。その最中、榛名を呑気に買い物に誘った自分の間抜けぶりを呪った。
 榛名が人権団体から嫌がらせを受けているのは知っていた筈なのに、どうして失念していたのか。
 榛名も乗り気でなかった。自分とラウラが半ば強引に誘ったからついてきただけで――榛名はこうなることがわかっていたのだろう。
 歯が軋むほど強く噛んだ。

(俺は……馬鹿だ……!)

 後悔しても仕方ない。事は一刻を争う。すぐに助け出さなくては――

「一夏! 話は聞いたわよ」
「鈴、何でここに!?」
「わたくしもいますわよ!」
「セシリアまで……」

 併走する二人に戸惑う。どうしてここにいるのか。どこで話を聞いていたのか。
 問い質したい気持ちはあったが、今は堪えた。二人の精悍な眼差しが一夏を見据える。

「同じ学び舎の学友がピンチなのを見捨てるなんて、この凰鈴音にはできないのよ。水臭いわね、あたしにも手伝わせなさいよ、このバカ」
「榛名さんには相談相手になってもらった恩があります。それを返すときは今。オルコットの家名に懸けて、必ず悪しき組織から救い出してみせますわ」
「二人とも……」

 いつもはISで一夏を襲ってくる恐ろしい二人が、これほど頼もしく見えたことがあっただろうか。
 瞳の奥にたたえた清冽な光の強さが眩しい。大丈夫だ、この四人でなら、絶対に榛名を助けることができる。
 待っていろよ、榛名!
 一夏は再び前を見据え、親友の救出を心に誓った。



●その頃の例のアレ



「で? なに、これ?」
「榛名が悪いんだよ! 榛名が僕を避けて、ラウラとか、知り合ったばかりの男の人とイチャイチャするから……」

 路地裏に連れ込まれ、身動ぎできない状態にされたおれは、しばらくしてからシャルロットと向かい合った。
 初めは人権団体の刺客だと肝を冷やしたので、シャルロットでよかったと安堵すべきか。
 表参道からは死角になっている場所のようで、おれたちの姿は見えない。よくこんな場所見つけたものだ。ラウラの警戒を掻い潜っているし、シャルロットって本当に多才だな。
 おれは感心ながらも、シャルロットの言い分にため息をついた。

「イチャイチャなんてしてないよ。文字通り親子っていうか、妹みたいなものじゃん。あと、さっきの人は一夏の中学時代からの友達」
「嘘つかないで! だ、だって、榛名は一昨日、ラウラと……え、エッチなことするって約束してたじゃない!
 榛名のエッチ、ロリコン、変態! サイテーだよ! そういうのは本当に好きな人とするものなのに!」
「寝るって、そのままの意味だよ。添い寝して欲しいって言ってきたんだ、ラウラは」
「え?」

 シャルロットの目が点になる。日本語に慣れてないというより、このコはただ目と耳に邪なフィルターがかかってるんだよね。
 思春期だから仕方ないのかな。

「ラウラはさ、誰かと一緒に寝たことがないから、親みたいに思ってるおれに一緒に寝て欲しかったんだ。おれも最初は拒否してたけど、少しだけならいいかなって気になって……そこにシャルロットが入ってきたんだ」
「え? ……え? う、あ」
「確かに紛らわしかったかもしれないけど、ろくに話も聞かないでエッチなことだと一方的に思い込んで喚き散らしてたシャルロットさん。
 おれがラウラとエッチしようとしてるとか、男とキスしたとか勘違いして人を変態呼ばわりした耳年増なシャルロットさん。
 本当にエッチなのはどっち?」
「うわぁぁあぁぁ! やめて! やめてよ榛名! 僕が悪かったからぁ!」

 あたふたとしだすシャルロットに追い討ちをかけると、羞恥心が限界に達したのか、顔を覆って絶叫した。
 頭も良くて機転も効くのに、どうしてこう視野狭窄というか、猪みたいになっちゃうんだろう。
 これシャルロット以外の女子にも言えるよな。すぐ手が出る……というかISが出るのがいるし。
 顔から火が出そうなほど赤面して悶えるシャルロットを見て、またため息が漏れた。

「あとでラウラに謝ろうね。ルームメイトなんだし、ギクシャクしてるのはよくないよ」
「うん……」

 反省したらしく、しゅんと意気消沈するシャルロット。このコは要領が良い。
 誤解さえなくなれば、気難しいラウラとも仲良くやれるだろう。
 同時に、自分の行いを振り返って反省した。後ろ髪を掻く。

「あと、おれも悪かったよ。ちゃんと話す場を設けるべきだった。誤解させちゃったね」
「うぅ……榛名に謝られるとますます僕が惨めになるよ」

 気落ちするシャルロットにまた嘆息しそうになった。意地悪しすぎたか。

「シャルロットはまだ水着用意してなかったよな? おれもないんだ。一緒に選びに行かない?」
「え……榛名、憶えててくれたの?」
「うん。言い出す機会がなくて誘えなかった。せっかく来たんだし、一緒に回ろうよ。それとも、男と水着選ぶなんて嫌?」
「ううん、全然! むしろ、嬉しい……よ?」

 なぜ疑問形で返すのか。シャルロットの真似してみたんだけど、あまり上手くいかないな。
 女の子だから有効なんだろう。シャルロットだから、かもしれない。一夏も偶にやるけど。

「手……」
「ん?」
「はぐれたらいけないから、手、握って欲しいな」
「……あー。うん、そうだね」

 遠慮がちに言う声と握った手は愛らしくて――女ってずるいな、と心の底から思った。
 おれの手は、シャルロットが初めからずっと握り締めてた。





 そういえば、一夏たちは何をしているんだろう。ラウラと弾が一夏と再会できただろうか。
 連絡がないってことは遊んでいるのか。こちらから連絡すべきか。
 というか、はぐれたのに連絡一つ寄越さないなんて、ラウラも薄情しすぎではないか。
 おれから連絡すべきなのか。おれはどうするべきなのか。

「ねえ、榛名はどっちがいいと思う?」
「赤」
「んー、こっちかぁ。でも僕はこのパレオも捨てがたいんだよねー」

 水着を両手に持ち、眉根を寄せて悩みだすシャルロット。これで何回目だろう。
 もう帰りたくなってきた。ショピングモール二階の水着売り場でシャルロットに水着を見立ててくれと頼まれ、了承するまではよかった。
 女の買い物が長いのは知っていたが、シャルロットは状況判断力も高いので即決できるものと思っていた。甘かった。そんな訳がなかった。
 そうだよな。シャルロットだって女の子だし、男みたいにぽんぽん決められるワケないよな。
 女性って決断力ないって言うし、国政までこんなんじゃそりゃ政治も滞るよ。

「榛名。僕ってどの色が似合うのかな?」
「シャルロットは……そうだな、白かな」

 リヴァイヴのオレンジとで迷ったが、制服の印象が強かったのでそう答えた。
 部屋で見慣れたジャージの紺色だと、どことなくセシリアさんと被るし。

「白かぁ」

 呟いて白のビキニを手に取る。露出が少なく、シンプルで清楚なデザインだ。
 下着と変わらない水着で清楚も糞もないが。

「でも、白はやめといた方がいいと思う」
「どうして? 似合わないかな?」

 掲げて体に合わせるシャルロット。普通に似合ってる。たぶん、黒と赤以外は似合うと思うが……

「白だと水に濡れると透けるから」
「……榛名のえっち」

 ジト目で咎められた。おれ、そんなにスケベなこと言ってるかな。

「ったく……そんなこと言うなら、もう何も言わない。自分で決めなよ」
「あっ、ごめんごめん。悪い意味じゃないよ?」

 悪くないえっちって何なんだよ。おれが呆れていると、シャルロットは含み笑いを浮かべた。

「ただ、もしかして榛名……僕の勘違いだったら謝るけど……今のって、僕の裸を一夏に見られたくなかったからだったりする?」
「……なあ、シャルロット。キミ、ひょっとしなくてもさっきの仕返ししてるだろ」
「あ、ごまかした!」

 拗ねたように追求してくるシャルロットを、おれははぐらかし続けた。
 何で女子の水着売り場に連行されて、あれこれ水着の品評会もどきまでさせられた上に羞恥プレイまでさせられなきゃいけないんだ。
 シャルロットが水を得た魚みたいに活き活きしておれをからかって、おれが消沈していた時だった。
 シャルロットの顔がぎょっと固まって、何だと振り向こうとした瞬間、いきなり試着室に押し込まれた。

「シャルロット! 何で此処に!?」
「あ、ああ、偶然だね一夏! み、見ての通り水着を買いにきたんだ。あはは、あはははは……」
「そうか。ところで榛名を見なかったか?」
「う、ううん。見てないよ」
「クソッ! どこに行っちまったんだ榛名……!」
「……」
「榛名を見かけたら連絡をくれ! できればシャルロットも探してくれよ、頼む!」
「え? うん……」

 何か聞きなれた声がしたんだけど、カーテンで外の様子がさっぱりわからん。
 騒々しい足音が去った後、シャルロットがカーテンを開いた。

「ふう……出てきてもいいよ」
「いま一夏がおれを探してなかったか?」
「き、気のせいだよ! 榛名の幻聴だよ、うん!」

 それは流石に無理があるんじゃないかな。シャルロットってテンパると支離滅裂になるし。

「さ、続きしよう。これなんかど――」

 外に引っ張られた瞬間、また押し込められた。

「シャルロットさん! 緊急事態ですわ! 榛名さんが大変ですの!」
「せ、セシリア。榛名がどうかしたの?」
「どうかしたどころじゃありません! 悠長にしているこの時間も惜しいくらいです!
 榛名さんが拉致されて、今にも殺されようとしていますのよ!?」
「ええ!?」
「わたくしも全力を挙げて捜索しております。シャルロットさんも協力してください。
 遅くなれば最悪――もう会えなくなるかもしれませんから」
「あの……」
「では」

 ……今のはセシリアさんだよな? 平素とは全く声色が違ったけど。
 またカーテンが開く。冷や汗を流すシャルロット。何かヤバイ事態に発展してないか。

「なあ」
「こ、この水着なんてどうかな? 僕には少し派手かなぁー?」

 現実逃避してる……
 流石に無視できないので、外に出て一夏たちを探そうとしたら、また試着室に放り込まれた。

「今ここに金剛くん来なかった!?」
「う、ううん。見てないよ」
「そう……つーか、なにやってんのよアンタ! 金剛くんが人権団体に攫われたっていうのに!」
「え……」
「あたしはあっちを捜すから、アンタは向こうを捜しなさい。手遅れになってもしらないからね」
「……」

 今の快活な声は、鈴音さんだな。段々状況が掴めてきたぞ。

「おい、シャルロット。たぶんアイツ等、おれがいなくなったのを拉致されたって勘違いしてるぞ」
「うん……大事になってる」
「とりあえず連絡しとくか。無事だって。警察沙汰になったら嫌だし」
「そうだね……誤解は解かなきゃ――!?」

 ISで連絡を取ろうとした瞬間、また押し込められた。何でだよ!

「シャルロット、何をしている!」
「や、やあ、ラウラ。き、奇遇だね」
「呑気に挨拶している場合ではないぞ。母が……母が攫われてしまった……私のミスだ」
「あ、あのね、ラウラ。そのことなんだけど……」
「相手には凄腕がいる。私の警戒網をものともしない実力者だ。私一人では母を取り返せるか、悔しいが判らない。
 奪還には万全を期したい。同行を頼む、シャルロット」
「え? ちょ、ラウラ!?」
「モタモタするな! こうしている間にも母に危機が迫っているのだ! 母よ……無事でいてくれ……!」
「わっ、は、話を聞いてってば~!」

 遠ざかっていく二人の声。シャルロットがいなくなったので、ようやく試着室から出ることができた。
 さて、

「誰に連絡すれば一番早いのかな」

 ラウラの誤解はシャルロットが解いてくれるとして、やっぱり一夏か。
 ケータイでいいかとか思っていたら、赤髪の中学生くらいの女の子が、息も絶え絶えの様子で走ってきた。

「はぁ、はぁ……あ、脚早すぎ……一夏さぁん……」

 一夏を知っていることと、外見が弾に似ていたことで、彼女が例の弾が捜していた妹ではないかと思い、声をかけた。

「ねえ、もしかして弾の妹さん?」
「はい? 確かに弾は私の兄ですけど……って、うわわ、IS学園の制服ぅーっ!?」

 反応で確信した。驚き方がそっくりだ。





「そうなんですか。あなたが一夏さんと一緒に遊びにきた友人さんだったんですね」
「うん。それで途中ではぐれてね」
「あはは、初めは新手のナンパかと思っちゃいました。ウチの愚兄と友達になってもいいんですか? 身内から見ても相当な馬鹿ですよ?」
「人の良さって頭の良さは関係ないからね。さっきもキミを一生懸命捜してたよ。良いお兄さんじゃないか」
「また大声で私の名前呼んだりしてませんでした? もう子どもじゃないんだから、そんなに心配しなくていいのに」

 蘭ちゃんと世間話をしていた。ひとつ年下なのに礼儀正しい良い子だ。
 女尊男卑の傾向もないし、普通の子だ。久しく出会っていなかった、普通の子だ……!
 IS学園にいると感覚が狂うけど、普通ってこういうのを言うんだよな。
 幾ら優秀でも腐ってたりしたら、その時点で普通じゃないよ。まぁ、IS乗れる時点で普通じゃないんだけど。

「なんか変な感じですね。テレビで見てた人が目の前にいて、直接喋ってるなんて。
 友達に自慢できそうです」
「絶対にそんな大層なものじゃないよ……」

 いつの間におれの立場が芸能人みたいなものになったんだろう。
 ちょっと自分に嫌気がさしてきた時だった。

「あ、見つけた! 榛名! 見てろ、いま助けてやるからなーッ!」

 気迫のこもった大声に振り向くと、弾がいた。拳を振り上げてこっちに向かってくる。
 拳の先は――蘭ちゃん!?

「お兄!?」
「うおおおおおお! 悪党成敗!」

 しまった。おれ影になって蘭ちゃんが見えていない。このままだと妹に殴りかかってしまう。
 おれは咄嗟に蘭ちゃんを庇おうとして――やっぱり女の子に抱きつくのは躊躇われたので、弾の拳を躱して、弾の肩を掴み、力任せに地面に引き倒した。下になっているのはおれで、背中が痛かった。
 立ち上がろうとする弾を掴んで止める。

「な、何しやがる榛名!」
「落ち着け、よく見ろ。弾の妹だ」
「は?」
「お兄……なにやってんの……?」
「は!?」

 ……あれ? 鬼がいる。おかしいな……さっきの大人しいJCはどこ行ったんだろう。

「いきなり妹に殴りかかるわ、人様に迷惑かけるわ……いい加減にしてよ、この馬鹿お兄!」
「ま、待て。俺の話を聞いてくれ! 仕方なかったんだ!」
「何が仕方ないのよ! 髪切れ、ギター下手くそ、馬鹿お兄ィ!」
「うわぁ! カバンの角はやめろ! やめてくれ!」
「……」

 周囲の視線が痛い。何でおれの上でSMもどきが始まってるの?

「む、アレは……」
「……何で男に押し倒されて、その男の人は女の子に叩かれてるんだろう」
「ど、どういうことですの?」
「弾!? 何やってんのよアンタら!?」
「あれ? 弾と蘭? それに榛名も……」

 騒ぎを聞きつけたみんなも集まってきた。お願いだから早くやめてください。
 弾が暴れるたびに変なところが押し付けられるんです。



「まったく、人騒がせにも程がありますわ!」
「本当に拉致してどうすんのよ馬鹿ぁ!」
「ごめんなさい……」

 事情を話すと、怒られたのは案の定シャルロットだった。正座させられて、ぷんぷん怒っているセシリアさんと鈴音さんに説教されていた。
 すぐに連絡しなかったおれも悪いんだが、槍玉に挙げられたのは主犯のシャルロット。
 まあ、二人もシャルロットと共同で何かを企んでいたっぽいが、そこは指摘しないのが賢明か。

「何はともあれ、榛名が無事でよかったよ。マジで誘拐されてたら今頃死んでたかもしれないしな」
「物騒なこと言うなよ、一夏」
「相手がシャルロットとはいえ裏をかかれるとは……私もまだまだ精進が足りんな」

 臍を噛むラウラの頭をぽんぽんと叩く。ラウラがいなければ刺されていたかもしれないから、あとでお礼を言っておかなきゃ。
 弾はまだ蘭ちゃんに折檻されていた。やっぱり女の子って怖いや。

「さて、これからどうする?」

 シャルロットへの説教も一通り済んだところで、一夏が切り出した。

「もちろん、デ……買い物を続けましょう!」
「そうね。せっかくだし、色々見て回りましょうよ」
「そうか。なら俺と弾と榛名は男物の水着見てこようぜ」
「何でそーなるのよ!」

 自然に男だけになろうとした一夏を鈴音さんが止めた。すぐさま再起動したシャルロットも続いた。

「榛名は僕とさっきの続き! 一夏はみんなと回ってきなよ」
「え?」
「ほら来なさいよ」
「ささ、一夏さんはこっちですわよ」
「わ、私も行きます!」
「む……私はどうすれば」
「ラウラも言ってきなよ」
「何でだよ!? 何で俺だけなんだ!?」

 強引に連行される一夏。哀愁が漂っている。出荷される家畜を見送る気分だった。

「ほら、榛名もこっちこっち」

 ぐい、と腕を引かれ、おれも連行される。またあの長い買い物に付き合わされるのか……

「……え? 俺は?」

 ひとり残された弾が呟いた。申し訳ないけど、助けられそうになかった。





 ようやくシャルロットの買い物を終えたおれは、男物の水着売り場で大きく息を吐いた。
 疲れた……本当に疲れた。途中で一夏組も加わり、ラウラの私服選びに女性陣が参戦した為、長い買い物はさらに長く、終わりが見えなくなった。
 足は棒のようだし、頭も寝不足でうとうとしている。買い物に来ただけなのに、どうしてこんなに疲れるんだ。

「これでいいや……」

 ざっと眺めて、黒の膝丈の水着を手に取り、カゴに入れる。
 金だけはたんまりある。値段は気にしなくてもいいので、本当に即決だ。こういうのでいいじゃん、買い物って。
 直感で良いと思ったものでいいじゃん。
 レジに向かおうと重い足を動かす。何か女性陣が慌ただしいが、どうしたんだろう。
 試着室の横を通り過ぎる。そしたら、中に引きずり込まれた。

「うむっ!?」
「暴れんなよ……暴れんな」

 またか。今度こそ人権団体か、とISを展開しようとしたら、一夏だった。
 上半身裸の一夏だった。水着を試着している一夏だった。

「う、うもう」
「しっ! 静かにしてくれ!」

 おれの口を抑え、鏡に全身を押し付ける一夏。何だよ、マジで何なんだよ!?
 吐息とか裸身の生暖かさが気持ち悪い。

「むがむが(何やってんだよ)」
「千冬姉と山田先生が来たんだ……見つかったらヤバイ。隠れるぞ」

 いや、どう考えてもこの状況を見つかる方がヤバイだろ。お前なに考えてんだよ。
 おれはこれから起こる出来事が予測できたので、どうにかして脱出しようともがいた。

「うくっ……! 離せ……!」
「馬鹿! いま外に出たら……!」

 一夏を突き放すおれと、おれを押さえつける一夏。何でこんなことになってんだよ。
 その時、試着室のカーテンが軽快な音をたてて開いた。
 無表情の織斑先生と赤面して驚愕している山田先生がいた。

「な、何をやっているんですかあなたたちはーッ!?」

 父さん、母さん……何でこんなことになっちゃったのかな……?
 とめどなく大粒の涙がこぼれ落ち、震えるおれの手のひらを濡らした。
 おれは声をあげて泣いた。山田先生に説教されながら、心の中で。


あとがき
媚びを売る(至言)


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024455070495605