チラシの裏SS投稿掲示板




No.37185の一覧
[0] 【完結】一夏がついてくる【IS】[コモド](2014/01/23 06:57)
[1] 一夏がついてきた[コモド](2013/04/10 22:03)
[2] 一夏がついて……?[コモド](2014/01/23 06:56)
[3] 一夏がついてこない[コモド](2013/04/11 22:03)
[4] 一夏がついてない[コモド](2013/04/16 22:58)
[5] 一夏がやってきた[コモド](2013/10/06 00:38)
[6] 一夏がやってこない[コモド](2013/04/15 23:38)
[7] 一夏がやって……?[コモド](2013/04/16 23:20)
[8] 一夏がやった[コモド](2013/04/19 23:48)
[9] 一夏とやった[コモド](2013/04/29 23:08)
[10] 一夏がついてくるの?[コモド](2013/04/29 23:10)
[11] 一夏がついてきてもいいのか!?[コモド](2013/04/29 22:58)
[12] 一夏がついてきたのか[コモド](2013/05/03 20:05)
[13] 一夏がついてこなくてもいいや[コモド](2013/05/11 01:09)
[14] 一夏がついてたらいやだ[コモド](2013/05/19 19:17)
[15] 一夏とした[コモド](2013/12/13 02:38)
[16] 一夏と真夏の夜の悪夢[コモド](2013/06/06 19:33)
[17] 一夏と真夏の夜の白昼夢[コモド](2013/06/06 19:13)
[18] 一夏と真夏の夜の 夢[コモド](2013/12/13 02:44)
[19] 一夏と真夏の夜の淫夢[コモド](2013/09/08 16:09)
[20] 一夏と一夏のアバンチュール[コモド](2013/09/16 13:43)
[21] 一夏と一夏のあいだに[コモド](2013/09/16 13:35)
[22] 一夏と一夏の終わりに[コモド](2013/09/25 00:28)
[23] 一夏がついてきてほしい[コモド](2013/09/25 00:28)
[24] 一夏がついてこないから一夏になる[コモド](2014/01/23 07:24)
[25] 一夏がついてこないからいけないんだよ[コモド](2013/10/06 00:54)
[26] 一夏がついてこないから……[コモド](2014/01/10 01:03)
[27] 一夏がついてくるっつってんだろ![コモド](2013/12/13 02:58)
[28] 一夏がついてこい[コモド](2013/12/22 17:24)
[29] 一夏と[コモド](2014/01/10 02:47)
[30] みんながついてくる[コモド](2014/01/25 05:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[37185] 一夏がついてきた
Name: コモド◆229a533c ID:94594918 前を表示する / 次を表示する
Date: 2013/04/10 22:03
 IS学園合格通知――女性にしか扱えない兵器『インフィニット・ストラトス』を乗りこなせる素質を持つ、その世代の世界中で最も優秀な女性たちが集う学びの苑におれの名前が載っていた瞬間、おれの人生から平穏という文字が抜け落ちた。
 金剛榛名という同姓同名の女性ではないか、と問い合わせたものの、答えは『間違いなく、あなたです』と冷徹な声が返ってきただけだった。
 受話器を置いた瞬間、鳴る電話。出ると、マスコミ関係者を名乗る者から矢継ぎ早に質問が飛んできた。
 何故受かったのか、身の上話、素性に至るまでしつこく問い質す相手に苛立ち、受話器を置くと、その瞬間また電話が鳴った。
 出ると、別のマスコミ関係者だった。すぐさま切ろうとすると、今度は呼び鈴が鳴った。
 大量の記者やカメラマンが押しかけてきた。

『金剛くん、男性初のIS適合者になった気分はどう!?』
『どうやって操縦したの!? 乗り心地はどうだった!?』
『なぜ男の金剛くんが試験を受けられたの!?』
『あ、金剛くん待ってー!』

 おれは引きこもった。そんなの、おれが知りたいくらいだった。
 滑り止めの私立の試験会場に足を運んだと思ったら、なぜかIS学園の試験会場で、案内に載っていた地図がおかしいのかと携帯で調べても、間違いなく試験会場はそこで。
 混乱して行き交う人々に流されるまま入場して、案の定迷子になったおれは、そこでISと織斑一夏と出会った。
 なぜか動いたけれど、それは何かの間違いだろうと家に帰って、しばらくしてからだった。
 なぜかおれは、織斑一夏とともにIS適正を持つ人類史上初の男性として、世界中に認知されていた。

『アンタ、なにをしたのよ!? IS!? 男のアンタが動かせるワケないでしょ!? 悪いことしたなら謝りなさい! もう、こんなコに育てた憶えはないわよ!』

 偉業を成し遂げたおれを、母親は半狂乱になってなじった。
 そりゃそうだ。自分の息子が一夜にして世界中で名前と顔を全メディアで公開されてるとなると動揺しない人はいない。
 おまけに家の電話は鳴り止まず、外はマスコミに囲まれ蟻が逃げ出す隙もない。気が滅入るのも当然だった。
 その後、母親は電話線を引っこ抜き、マスコミに謝罪してお引取りを願い、それでも帰らないので警察を呼んだ。
 そこで珍しく勤勉に駆けつけた警察に、おれはこう言われたのだ。

『君は我が国の、引いては世界の最重要人物の一人となった。これからは我々が二十四時間警護するから安心しなさい』

 一介の中学生が、一国の大統領よりも価値があるようになった瞬間だった。
 その日、警察と一緒に帰宅した父に言われた。

『大変なことになったな』
『ねえ、おれ、これからどうすればいいの?』
『うむ……警察や国のお偉いさんの話によると、もう普通の市民には戻れないらしい』
『え?』
『過去にIS操縦者の身内が国内で誘拐される事件があったそうだ。他国からすれば、操縦者の縁者ですら研究の材料になるらしい。世界で初めての男性IS適正者のお前は、もうどうあっても普通の生活なんて送れない。普通に暮らそうものなら直ちに拉致されてモルモットにされるだろう。もう無理なんだ、お前も私も母さんも……せめてお前が女なら問題なかったんだが』

 目の前がぐにゃあ~と歪んで、母親が顔を覆って泣き出した。空気が一家離散するかのように沈鬱で、これから心中でもするのかと思うほどだ。
 ギネスに載るくらい凄いことを達成したのに人生が終わるって、どういうことだよ。

『幸い、重要人物保護プログラムを適用してくれて、私と母さんは別人になるが、生活は保証されるようだ』
『え? おれは?』
『お前は……』
『ここから先は、私が話をさせていただきます』

 父と一緒にきた偉そうな人の一人が名乗りだした。
 名刺を見ると、ニュースをあまり見ないおれでも名前は知ってる大物政治家と、大企業の専務だった。

『これから、榛名くんにはIS学園に入学してもらいます。あそこはあらゆる国の権力が及ばない安全地帯ですからね。榛名くんの生活は保証されるでしょう』
『ですが、それはIS学園の生徒でいられる三年間だけです。それ以後の生活も、我々は榛名くんに安全に過ごして貰いたいと考えています。ですから――』

 聞けば、IS兵器のスポンサーになりたいという話で、莫大な金と専用ISを提供する代わりに、ウチの兵器だけ使え。要するに広告塔になれとの仰せだった。
 冷静になって考えると、その政治家と癒着のある企業だったんだろうな。
 もちろん拒否権などなく、それしかこの先生きのこれる道がなかったおれは、あっさり承諾した。
 普通の中学生だったおれに政財界でのさばってる老獪な人と腹芸なんてできっこないし。
 ……正直に言えば、提示された金額に目が眩んだんだが。0が多くて途中で数えられなくなることって、あるんですね。
 それから――幾度かの身体検査、これからの生活で気を付けること(最近は試験管で子どもを作ることも可能などで、できるだけ遺伝子情報――精液、髪の毛等――を漏らさないよう心掛ける、他国のスパイがいる可能性もあるので、言い寄る女性に気を許さないなど)を簡単な言葉で説明され、入学することになった。
 ……荷物を取りに、売りに出される直前の我が家に戻ると、女性人権団体からの呪いの手紙が大量に郵便入れにあったのを見て、もう一般人として暮らすのは無理なんだと悟った。

 そんなこんなで紆余曲折あって入学したおれを待っていたのは、見目麗しい女生徒たちと、もう一人の男性適合者の織斑一夏だった。
 IS関係者としては開発者の篠ノ之束博士に並んで有名な織斑千冬女史の弟、織斑一夏に全校生徒が興味津々な中で、その渦中の当人は、なぜかおれに興味津々だった。

『もしかして、金剛榛名か?』

 頷くと、一夏は歯を見せて笑い、手を差し出した。

『やっぱりか! 俺は織斑一夏。まさか男性IS適正者が二人もいるなんて、凄い偶然だよな。俺一人だと心細かったから、スゲーほっとしてるよ。これからよろしくな』

 他人行儀にならず、それでいて同年代の心を解きほぐす完璧な挨拶だった。近づく女の子がみんなスパイに見えていたおれにとって、同じ境遇に置かれ、気さくでスパイの心配のない一夏の評価はうなぎ登りだった。
 やはり、男性でもISの操縦者に選ばれるヤツは他の男とは隔絶した超人ばかりなのだと、住む世界が違うな、と感心させられた。
 のだが――

『と、なる訳ですが――はい、織斑くん。ここはどうなるんでしたか?』
『は、はい! え、と……すいません、わかりません』
『もうっ、ちゃんと予習してきてくださいって言ったじゃないですか』
『はい、すいません……』

 一夏は勉強が思いのほか苦手だった。おれでさえ必死こいて勉強して頭に入れたことがまだ入ってないのか、と少し呆れたが、それで一夏の評価がマイナスになりはしない。
 むしろ、有志以来、男尊女卑が蔓延っていた世界を一変させたISの男性操縦者の中身が、普遍的な男子高校生に過ぎないという事実に親近感さえ懐いた。
 おれが一夏に心底呆れたのは、女性関係だ。

『へえ。箒、お前ブラジャーなんてつけるようになったんだな』

 六年ぶりに再会した幼馴染に対しての第一声。
 篠ノ之さんの部屋に一夏が招かれ、なぜかおれも一緒に連れて行かれた――篠ノ之さんは露骨に嫌そうな顔をしていた――のだが、そこで篠ノ之さんがしまい忘れていたブラジャーを掴んでのひとこと。

 凛然とした美貌とクラス一の垂涎なスタイルの大和撫子である篠ノ之さんがブラジャーを付けていないという発想がまずおかしい。胸を見れば一目瞭然だろう。あれで付けていなきゃ、もう公然猥褻だ。
 そういえば、髪型が昔と変わっていないから一目で判ったとか言っていたが……一夏って篠ノ之さんのこと、髪型でしか把握してないんじゃないか?
 眼福ではあったが、その後、一夏とともに篠ノ之さんに叩きのめされ、「何で箒はあんなに怒ったんだ?」と戸惑う一夏に少し懸念を懐いた。
 普通、ちょっと考えれば判るよね?



 セシリアさんに喧嘩を吹っかけられた時は、正直かっこよかった。
 今の世の中、女尊男卑の傾向が顕著で、ここの女生徒もその思想が根底に根付いている。その筆頭であるセシリアさんに真っ向から対決し、男も中々やる、とみんなに認めさせた。
 見世物小屋のパンダ扱いだったおれたちも、セシリアさんと一夏の対決以降は対等な立場になれたのだ。
 ……ちなみに、おれは専用ISも持っているが、データ収集が主な目的であることと、先ずは操縦になれることが先決との理由で戦闘向けに造られていないので、ぶっちゃけ最弱だ。スペックだけなら打鉄よりも遥かに上なのだが、如何せん武器が貧弱なため、たぶん打鉄使用の篠ノ之さんにも余裕で負ける。
 喧嘩を売られたのがおれではなくて本当によかった。

 そのセシリアさんだが、対決での一夏の勇姿に心惹かれるものがあったのか、初見とは一転して見事にデレた。
 その変貌ぶりは、目から鱗どころか、セシリアさんから逆鱗が取れてしまったのではと思うほど。
 流石のおれも戸惑ったが、険のとれたセシリアさんは、育ちの良さが滲みでる分別のある人だったので、これで良かったのだと納得した。クラスメートなんだから仲睦まじい方が良いに決まってるしね。

 なのに……また一夏がやらかした。
 IS操縦に基礎知識もなく、操縦も不慣れな一夏に操縦を教えると、セシリアさんが言い出し、篠ノ之さんも嫉妬丸出しで自分こそがと名乗り出た時だ。
 睨み合う二人に、何気ない語調でさらりと一夏が言った。

『あ、おれは榛名に教えて貰うからいいよ』

 ――なに言ってんだコイツ。
 一瞬の間をおいて、凄まじい殺気が込められた視線がおれに向けられた。恋する乙女のエネルギー全てが、指向性を持つ憎悪となって襲ってきた。
 確かにおれは、一夏とは違って搭乗訓練を行ってきた。だが、それでもキャリア、実力ともにセシリアさん以下だし、武芸の心得などないので戦闘技術も篠ノ之さんに及ばない。知識はあるが、それは二人も同じだろう。
 だからおれが教えるのはナンセンスだし、何より二人が怖い。
 丁重に断って、二人に教えて貰うようアシストし、彼女らの怒りを沈めて尚且つ、気遣いのできる男だと好感を得ようとしたのに、一夏はおれが口を開く前に肩を組んで、強引に連行しやがったのだ。

『さ、行こうぜ。男同士で秘密の特訓だ!』
『ちょ――待て一夏。おれより、セシリアさんたちに教えてもらった方が絶対良いって!』
『俺は榛名がいいんだよ。それとも榛名は、俺といるのが嫌なのか?』
『……そういうワケじゃないけど』
『はは、じゃあいいじゃないか』

 立ち返ると、発言がおかしいことに気づく。
 女性陣に敵視され始めたのも、この頃からだった。
 ちなみに、一夏の真意は、

『ふう、助かった。アイツ等かなりのスパルタで、しかもアドバイスは感覚的なことばかり言ってて、話を聞いても要領がさっぱり掴めないんだ。その点、榛名は教えるの上手いし、優しいから助かるよ。
 それに――女の子に情けないところ見せたくないしな』

 要するに、教えが厳しい二人が怖くて、おれに逃げたのだ。
 女の子に情けないところを見せたくないという点は理解できるが、その代わりにおれは一夏を好きな女性の憎しみを一身に背負うハメになってしまったんだぞ。
 どうしてくれんだよ。……どうもするワケないよな、そもそも一夏は、自分への好意なんて全く気づいてないし。



 セカンド幼馴染らしい凰鈴音さんと再会した時が一番酷かった。
 初めこそ、一夏の幼馴染というポジションから余裕すら感じられる態度で一夏と接していた鈴音さん。
 幼馴染が、片や史上初の男性IS適正者、片や中国代表候補生となって再会を果たすという感動的なドラマを持っていた筈なのに、どうしてこうなったのか。

『お前鈴か? なにカッコつけてんだよ』
『ただの幼馴染だよ』
『箒がファースト幼馴染。お前はセカンド幼馴染ってとこだ』
『中学の友達に連絡したか? お前が帰ってきたって知ったらすげえ喜ぶぞ(久しぶりに帰ってきた幼馴染に対して)』
『そろそろ戻るわ。榛名もシャワー浴び終わった頃だしな』
『ああ、憶えてるぞ。鈴の料理の腕が上がったら、毎日俺に酢豚奢ってくれるって話だろ?』

 憧れの男の子との期待を胸に秘め、帰国した可憐な少女は、一夏の鈍感発言の数々で消滅してしまった。
 鈴音さんは目に見えて荒んで行き、

『いま謝るなら、少し甚振る程度で済ませてあげるわよ』
『殺さない程度に痛めつけることだってできるんだから』

 と、好きな男の子にえげつない言葉を吐くようになってしまう始末。
 彼女がどんどん変わってゆくさまを間近で見せつけられたおれは胸が痛かった。
 何だよ、小さい頃に幼馴染と結婚の約束してたんなら、しっかり憶えてろよ。何で変な方向に捻じ曲がって記憶してんだよ。
 幾ら友達だって庇えないよ。もう女の子が可哀想だよ。

 一夏の目に余る愚鈍さに、おれもこれは鈴音さんを応援しなきゃ、という使命感に駆られていた。が、なぜか鈴音さんの怒りの矛先は一夏のみならず、おれにも向いた。

『お願い! あたしと部屋代わって!』
『無理だよ。鈴音さんと代わったら、おれが女の子と同室になるじゃんか』
『何でよ! 可愛い女の子と同じ部屋になれるんだからいいでしょー?』
『いや、倫理的に無理だから。男女七歳にして同衾せず、っていうじゃん』
『うー、こんなに頼んでるのに~! アンタまさか、ホモなんじゃないでしょうね!?』
『違う』
『じゃあ何で四六時中ベタベタしてんのよ! さっきだって、仲良さそうにくっついてゲームしたりしてさ! 何よ、見せつけてるつもり!?』
『違う』
『うわ~ん、男に一夏を取られたー!』

 ……好きな男に無碍に扱われて、情緒不安定になってたんだろう。
 だが、以後、おれは目の敵のように毎日鈴音さんに睨まれ、これで三人に恨まれるようになった。
 ……主に一夏の所為で。
 美少女に睨まれるのは、意外ときつい。目鼻立ちが整っているから造形的に迫力があるし、本気で恋してるから精神的にも悍ましい気迫が込められているからだ。
 でも、そんな目にあっても、おれは一夏を憎めない。
 純粋だから悪意がないし、女性関係以外では限りなく善人な気持ちの良い男で、おまけに同姓相手だと察しが良いから、一緒にいて悪い気がしない。
 一夏といると、女性陣からの視線で気苦労は嵩むが、それでも一夏は、二度と平穏に暮らすことの叶わないおれの暗い人生で出会えた、境遇を同じくした親友なのだ。
 言動に惑わされたり、困らせられたりはするが、嫌いになれる筈がない。

 そう――仮に一夏が、噂通りにゲイだったとしても。

「おーい、聞いたか榛名。とうとう俺たちも大浴場使ってもよくなるらしいぞ。やったな! 今度一緒に入ろうぜ」
「ああ、そうだな……」

 嬉々としておれに笑いかけてくる一夏。
 その発言にクラスの女子が黄色い声をあげ、篠ノ之さんとセシリアさんから不穏なオーラが放たれた。
 おれは背筋に汗が伝うのを感じながらも、精一杯微笑む。
 ああ――今日も、一夏が子犬のようについてくる。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026949882507324