チラシの裏SS投稿掲示板




No.35334の一覧
[0] 【ネタ】幻殺【とある魔術の禁書目録×ニンジャスレイヤー】[パンツメンポ](2012/10/20 00:01)
[1] 「インデックス・フォール・イン・ケオス」[パンツメンポ](2012/10/20 00:00)
[2] 「エレクトリック・ペイバック」[パンツメンポ](2012/12/07 23:54)
[3] 「エレクトリック・ペイバック#2」[パンツメンポ](2012/12/08 00:12)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[35334] 【ネタ】幻殺【とある魔術の禁書目録×ニンジャスレイヤー】
Name: パンツメンポ◆1cab6a1a ID:2f83f702 次を表示する
Date: 2012/10/20 00:01
第1巻「禁書目録崩壊」より 「ヨタモノ・プレイド・イン・ジ・アシッド・レイン」#1




 科学的な脳開発に邁進し、人工的な超能力開発技術が普遍化した未来空間。神様の頭脳など稚気じみた夢。生徒達は灰色のドミトリィに棲み、夜な夜なパーソナルリアリティに逃避する。政府よりも力を持つ行政機関が、首都の只中にて非倫理的な人体実験を敢行する。ここはネオ学園都市。東京都の三分の一を占有する鎖国都市だ。



 ネオ学園都市第七学区。深夜。


 重金属酸性雨の降り注ぐ路地裏を、一人の男子高校生が駆けていた。PVCアマガッパも身に着けず走る男子高校生のカッターシャツは濡れそぼり、跳ね上げた水溜りの飛沫が学生ズボンの裾とスニーカーを汚している。「外出厳禁」「アブナイ」「実際危険な」などという文字が浮かび上がったネオン広告板からの雨垂れが男子高校生の頬を打つが、しかし黒くウニめいたヘアスタイルだけは豪雨の中にあってもその尖り具合を失うことは無い。

「何処だ!」「路地に逃げたぞ!」「捕まえたら囲んで棒で殴打重点!」男子高校生が走り抜けた道の向こうから暴力的な文言が木霊する。彼らはこの第七学区の各所にたむろするヨタモノ集団、スキルアウトのメンバーだ。ファミリーレストランで見つけた女子中学生に粉を掛け、あわよくば路地裏に連れ込んで前後しようとしていたところ、妙に刺々しいヘアスタイルの男子高校生に邪魔をされ、気付けば雨の中で逃げ出したそいつを追いかけている。折角の前後機会を邪魔されて、実際彼らは業腹だった。ズバリとバリキもキメて実際楽しい夜になる筈だったのに、どうして雨の中を防水コートも無しに走り回らなければならないのか。先頭を走るスキルアウトが、重金属酸性雨によって左右に崩れてしまったモヒカン・ヘアーを手直しする。「これじゃ実際オチムシャ・ヘアーだ……」

 その時である!逃げ続ける男子高校生の背中を追って曲がり角を曲がったモヒカン・ヘアーは、路地の前方、道の中央に仁王立ちする小さな人影を目にした。ついに観念したのかと思い、スキルアウトたちは嗜虐的な笑みを浮かべた。しかし、その人影はなんと、先程彼らがファミリーレストランで絡んだ女子中学生ではないか!「ナンデ?」「女子中学生ナンデ?」「ウニ・ヘッドは?」スキルアウトたちは口々に疑問の声を上げ、スバリやバリキ等の麻薬成分に犯された頭で彼女が此処にいる理由について考え始めた。しかし、その答えの出現を待たぬうち、短めの茶髪をヘアピンで留めた女子中学生が口を開いた。

「ドーモ。スキルアウト=サン。レールガンです」レールガンと名乗った女子中学生は、半目に開いた瞳でヨタモノ集団を睥睨した。降雨の中にあって何故か、彼女の服装には濡れた箇所が全く無い。その不思議な少女は、再度口を開く。「私の名前、知ってる?」「ナンデ?」モヒカン・ヘアーが訊ね返した。彼の煤けたニューロンは女子中学生が仁王立ちしている理由の糾明に忙しく、彼女がわざわざ自らの名乗った意味にまでは意識が向かわないのだ。「……そ。じゃあいいわ。仕方ないから、相手したげる」

「前後ー!」スキルアウトの一人がレールガンに飛び掛った。彼女の言葉を最大限淫靡的に解釈したのだろう、無防備な体勢でのチャージを敢行!しかし!「イヤーッ!」「アバーッ!」瞬間、レールガンの体がにわかに発光した!同時に無防備なスキルアウトが一瞬で黒焦げとなる!これは一体!?

「アイエエエエエ!」眼前で謎の発光現象を見せ付けられたスキルアウトたちは恐怖により失禁する!「レ、レ、レ、レールガン=サン!思い出した!」モヒカン・ヘアーの背後で誰かが叫んだ!「ヤツは、ニ、ニ、ニ、ニンジャだ!」

「ニンジャ!?」「ニンジャナンデ!?」スキルアウトたちは驚愕の事実に対し再失禁し泣き叫ぶ!ナンパした女子中学生がニンジャ!なんたる不運!「おい」レールガンが狂乱するスキルアウトたちに対して高圧的に呼びかけた。「アイエエ!アイエーエエ!」「おい!」「アイエッ!?」レールガンのシャウトによって、モヒカン・ヘアーは強制的に正気へ戻される。「あんたら、もう私にナンパしてきたりしないよね?」「アッハイ」「エート、んで、もう他の女の子にも悪さしたりしないよね?」「アッハイ」「よし」実際犬のシツケめいた光景である。女子中学生に見下ろされて失禁するヨタモノ集団。なんと退廃的な光景か!しかしそれも仕方の無いことなのだろう。一般人がニンジャの言葉に反抗することなど、ましてやその威光を目の前にして萎縮せずにいられることなど、そう無いのだ。それほどまでに、ニンジャとは強大な存在なのである。

 このネオ学園都市に住まう生徒達は、人体に対する科学的コンタクトによって様々な超能力ジツを開発される運命にある。しかし、血管への薬物注射や電極を用いた大脳への直接作用を経てもスプーン一つ曲げられない者たちは無能力者と呼ばれ、ネオ学園都市二百三十万の人口を構成する六割のマケグミとして扱われる。

 一方で能力開発に成功した他四割の生徒はカチグミと呼ばれる。しかしカチグミ内部にも序列が存在し、上位存在へとクラスアップするには血を吐くようなトレーニングを行い、センタ試験と呼ばれる難解な能力開発テストに合格せねばならぬイバラの道である。下から順に、低能力者、異能力者、強能力者、大能力者と呼称され、そしてさらにその上――あらゆるヒエラルキーの頂点に立つ者こそが即ち――ニンジャと呼ばれるのである。

「じゃあ散っていいわよ」「ヨ、ヨロコンデー!」スキルアウトたちはその言葉にほっと胸を撫で下ろした。ニンジャと言えばこの広いネオ学園都市にも七人しかいない半神的存在である。そんな相手に喧嘩を売って、五体満足で帰れるなど実際奇跡だ。降雨と失禁で湿ったズボンを袖で拭いながら、スキルアウトたちはもと来た道を帰ろうとする。その時、モヒカン・ヘアーの背中に声が掛かった。「あ、そうだ。あんた、さっきの男を知らない?」「男?」「あんたらが追いかけていった、ウニめいたヘアスタイルの男よ。そいつに用があるの」

 モヒカン・ヘアーは思い出した。そういえば自分たちはその男を囲んで棒で叩くために雨の中を走っていたのだった。「この路地の先に走っていきました。レールガン=サンが立ちふさがらなければ、追いつけていたんですが」「……ナニ?」レールガンの表情がにわかに曇った。マズい!相手に非があるようなもの言いは奥ゆかしさに欠け、実際シツレイだ!機嫌を損ねたか!?「アイエエ!決してレールガン=サンを糾弾する意図は無いんです!言葉の綾で……!」

「ザッケンナコラー!」レールガンが叫び、にわかに発光した!雨粒が空中で弾けたように吹き飛び、モヒカン・ヘアーに降りかかる!「アイエエ!」そのとき、彼は見た!レールガンの周囲で球体めいて発光する光の膜を……ゴウランガ!これはレールガンの行使するエレキ・ジツの応用!彼女の体表から発される電気がエネルギー・バリアめいて重金属酸性雨を弾いているのだ。それが今、極度の興奮によって発光している!「シャッコラー!また逃げられたオラー!入れ違いかコラー!」「アイエエエエ!」激昂する彼女のシャウトに萎縮し、周囲のスキルアウトはまたも恐慌状態に!「スッゾコラー!」「アイエッ……アバババーッ!」電気膜から無差別に放たれた電流がスキルアウトの一人に直撃!感電して気絶!周囲の者たちは泣き叫びながら腰を抜かすしか無い!おお……まるで古事記に記されたマッポーの世の一側面だ!コワイ!

「私を……」レールガンの纏う光は次第に強くなり、そして……!「無視すんなやゴラァァァァ!」薄暗い路地裏は一瞬、太陽が地に落ちてきたかのような光に包まれた!カブーム!爆発!雷の筋が四方に散り、スキルアウトたちが吹き飛ばされる!

 衝撃から壁に叩きつけられ意識を失う直前、モヒカン・ヘアーは目前に繰り広げられる自分の半生を見た。死の直前に見るという幻覚……ソーマト・リコールだ。ろくでもない人生。挫折と停滞……開発を逃げ出して、ズバリに逃避する日々。薄れ行く意識の中、彼はブッダに祈った。もしもう一度眼を覚ますことが出来たのなら、もう一度センタ試験に挑戦してみます……開発も受けます。だから自分もいつか、こんな強い能力者に……。彼は古い自分に決別を告げるべく、即興のハイクを詠んだ。


「レールガン/実際コワイ/インガオホー」




――――――――




 都市を少し離れた場所にある河川部にて、鉄橋の上に座る一人の男子高校生の姿があった。鉄橋を構成する曲形の鉄骨の真上、ゆうに十数メートルはあろうかという高所にて彼はアグラ・メディテーションを行なっていた。白いカッターシャツに学生ズボン、ウニめいた刺々しいヘアスタイルを月夜に晒してザゼンを組み、眼を瞑り、規則正しい呼吸を繰り返す。「スゥーッ!ハァーッ!」カブーム!どこか遠くで光が迸り、巨大な爆発音が!しかし、彼はアグラ・メディテーションを崩すことは無い。凄まじい集中力である。「スゥーッ!ハァーッ!」

 そのまま数十分程が経過しただろうか。ザゼンを続ける男子高校生の背中に……不意に、亜音速で飛び来る謎の小物体が!ナムサン!しかし接触の寸前で彼は眼を開くと、掛け声と共に即座に空中へ飛び上がって回避!「Wasshoi!」身を捻った彼の背中を掠めるようにして亜音速の物体が通過!数メートル先で消滅した!これは一体!?

「アンブッシュを回避する、その身のこなし……」鉄橋の入り口に立つのは……レールガンだ!サムズアップめいた形に握られた彼女の右手は、青白い火花を纏い帯電していた。先ほどの亜音速弾は、彼女の持つ何らかのジツであろう!彼女は手を振って火花を払うと、慇懃な態度でオジギした。「やはり只者じゃないみたいね……ドーモ。レールガンです。今日こそ決着を付けるわよ、今度は逃がさない」

「……」鉄橋の下部、道路上へと降り立った男子高校生は、レールガンの挑戦的な瞳に対し、刃物めいた鋭い視線を返す。その禍々しい色を秘めた瞳に、レールガンは気圧されたように後ずさった。彼の顔面の下半分は鋼鉄のメンポで覆われ、その表情の全てを読み取ることは出来ない。しかし、そのメンポの両頬に当たる部位には、禍々しい書体でレリーフが施されている。その文字とは……「幻」「殺」!

「ドーモ。レールガン=サン。イマジンブレイカーです」ウニ・ヘッドの男子高校生――イマジンブレイカーは素早くオジギすると、鋼鉄メンポのスリットから蒸気のような息を吐き出しつつ、厳かに告げるのだった。「ゲンソウ殺すべし」


「ヨタモノ・プレイド・イン・ジ・アシッド・レイン」#1終わり #2に続く……?



――――――――



※忍殺書籍化記念に一筆。実際オメデタイ。
※二日酔いで指痛い中で書いたので誤字報告でケジメ重点。
※続きは書きたいけどスシが切れたのでまた今度。オタッシャデー!


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.044296979904175