チラシの裏SS投稿掲示板




No.33886の一覧
[0] 【ゼロ魔×封神演義】雪風と風の旅人[サイ・ナミカタ](2018/06/17 01:43)
[1] 【召喚事故、発生】~プロローグ~ 風の旅人、雪風と出会う事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 02:00)
[2] 【歴史の分岐点】第1話 雪風、使い魔を得るの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:52)
[3]    第2話 軍師、新たなる伝説と邂逅す[サイ・ナミカタ](2014/06/30 22:50)
[4]    第3話 軍師、異界の修行を見るの事[サイ・ナミカタ](2014/07/01 00:53)
[5]    第4話 動き出す歴史[サイ・ナミカタ](2014/07/01 00:54)
[6]    第5話 軍師、零と伝説に策を授けるの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:55)
[7] 【つかの間の平和】第6話 軍師の平和な学院生活[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:00)
[8]    第7話 伝説、嵐を巻き起こすの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:57)
[9] 【始まりの終わり】第8話 土くれ、学舎にて強襲す[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:58)
[10]    第9話 軍師、座して機を待つの事[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:07)
[11]    第10話 伝説と零、己の一端を知るの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:59)
[12]    第11話 黒幕達、地下と地上にて暗躍す[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:09)
[13] 【風の分岐】第12話 雪風は霧中を征き、軍師は炎を視る[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:09)
[14]    第13話 軍師、北花壇の主と相対す[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:03)
[15]    第14話 老戦士に幕は降り[サイ・ナミカタ](2013/03/24 19:47)
[16] 【導なき道より来たる者】第15話 閉じられた輪、その中で[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:05)
[17]    第16話 軍師、異界の始祖に誓う事[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:13)
[18]    第17話 巡る糸と、廻る光[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:13)
[19]    第18話 偶然と事故、その先で生まれし風[サイ・ナミカタ](2012/08/07 22:08)
[20] 【交わりし道が生んだ奇跡】第19話 伝説、新たな名を授かるの事[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:13)
[21]    第20話 最高 対 最強[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:06)
[22]    第21話 雪風、軍師へと挑むの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:07)
[23] 【宮中孤軍】第22話 鏡の国の姫君と掛け違いし者たち[サイ・ナミカタ](2012/08/02 23:25)
[24]    第23話 女王たるべき者への目覚め[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:16)
[25]    第24話 六芒星の風の顕現、そして伝説へ[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:17)
[26]    第25話 放置による代償、その果てに[サイ・ナミカタ](2012/10/06 15:34)
[27] 【過去視による弁済法】第26話 雪風、始まりの夢を見るの事[サイ・ナミカタ](2012/08/04 00:44)
[28]    第27話 雪風、幻夢の中に探すの事[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:18)
[29] 【継がれし血脈の絆】第28話 風と炎の前夜祭[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:19)
[30]    第29話 勇者と魔王の誕生祭[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:20)
[31]    第30話 研究者たちの晩餐会[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:20)
[32]    第31話 参加者たちの後夜祭[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:00)
[33] 【水精霊への誓い】第32話 仲間達、水精霊として集うの事[サイ・ナミカタ](2012/08/14 21:33)
[34]    第33話 伝説、剣を掲げ誓うの事[サイ・ナミカタ](2012/08/18 00:02)
[35]    第34話 水精霊団、暗号名を検討するの事[サイ・ナミカタ](2012/08/18 00:03)
[36] 【狂王、世界盤を造る】第35話 交差する歴史の大いなる胎動[サイ・ナミカタ](2012/08/18 00:05)
[37]    第36話 軍師と雪風、鎖にて囚われるの事[サイ・ナミカタ](2012/11/04 22:01)
[38] 【最初の冒険】第37話 団長は葛藤し、軍師は教導す[サイ・ナミカタ](2012/08/19 11:29)
[39]    第38話 水精霊団、廃村にて奮闘するの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:31)
[40]    第39話 雪風と軍師と時をかける妖精[サイ・ナミカタ](2013/04/20 22:17)
[41] 【現在重なる過去】第40話 伝説、大空のサムライに誓う事[サイ・ナミカタ](2013/04/20 22:18)
[42]    第41話 軍師、はじまりを語るの事[サイ・ナミカタ](2012/08/25 22:04)
[43]    第42話 最初の五人、夢に集いて語るの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:38)
[44]    第43話 微熱は取り纏め、炎蛇は分析す[サイ・ナミカタ](2014/06/29 14:41)
[45]    第44話 伝説、大空を飛ぶの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:43)
[46] 【限界大戦】第45話 輪の内に集いし者たち[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:47)
[47]    第46話 祝賀と再会と狂乱の宴[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:47)
[48]    第47話 炎の勇者と閃光が巻き起こす風[サイ・ナミカタ](2012/09/12 01:23)
[49]    第48話 ふたつの風と越えるべき壁[サイ・ナミカタ](2012/09/16 22:04)
[50]    第49話 烈風と軍師の邂逅、その序曲[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:00)
[51] 【伝説と神話の戦い】第50話 軍師 対 烈風 -INTO THE TORNADO-[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:01)
[52]    第51話 軍師 対 烈風 -INTERMISSION-[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:54)
[53]    第52話 軍師 対 烈風 -BATTLE OVER-[サイ・ナミカタ](2012/09/22 22:20)
[54]    第53話 歴史の重圧 -REVOLUTION START-[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:01)
[55] 【それぞれの選択】第54話 学者達、新たな道を見出すの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 20:01)
[56]    第55話 時の流れの中を歩む者たち[サイ・ナミカタ](2012/10/08 20:04)
[57]    第56話 雪風と人形、夢幻の中で邂逅するの事[サイ・ナミカタ](2012/10/28 13:29)
[58]    第57話 雪風、物語の外に見出すの事[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:40)
[59]    第58話 雪風、古き道を知り立ちすくむ事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:02)
[60] 【指輪易姓革命START】第59話 理解不理解、盤上の世界[サイ・ナミカタ](2012/10/20 02:37)
[61]    第60話 成り終えし者と始まる者[サイ・ナミカタ](2012/10/20 00:08)
[62]    第61話 新たな伝説枢軸の始まり[サイ・ナミカタ](2012/10/20 13:54)
[63]    第62話 空の王権の滑落と水の王権の継承[サイ・ナミカタ](2012/10/25 23:26)
[64] 【新たなる風の予兆】第63話 軍師、未来を見据え動くの事[サイ・ナミカタ](2012/10/28 21:05)
[65]    第64話 若人の悩みと先達の思惑[サイ・ナミカタ](2012/10/28 20:01)
[66]    第65話 雪風と軍師と騎士団長[サイ・ナミカタ](2012/10/28 20:58)
[67]    第66話 古兵と鏡姫と暗殺者[サイ・ナミカタ](2013/03/24 20:00)
[68]    第67話 策謀家、過去を顧みて鎮めるの事[サイ・ナミカタ](2012/11/18 12:08)
[69] 【火炎と大地の狂想曲】第68話 微熱、燃え上がる炎を纏うの事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:02)
[70]    第69話 雪風、その資質を示すの事[サイ・ナミカタ](2013/01/26 21:14)
[71]    第70話 軍師は外へと誘い、雪風は内へ誓う事[サイ・ナミカタ](2013/01/26 21:10)
[72]    第71話 女史、輪の内に思いを馳せるの事[サイ・ナミカタ](2013/01/26 21:11)
[73] 【異界に立てられし道標】第72話 灰を被るは激流、泥埋もれしは鳥の骨[サイ・ナミカタ](2013/01/27 23:01)
[74]    第73話 険しき旅路と、その先に在る光[サイ・ナミカタ](2013/01/27 23:01)
[75]    第74話 水精霊団、竜に乗り南征するの事[サイ・ナミカタ](2013/02/17 23:48)
[76]    第75話 教師たち、空の星を見て思う事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:03)
[77] 【今此所に在る理由】第76話 伝説と零、月明かりの下で惑う事[サイ・ナミカタ](2013/04/13 23:29)
[78]    第77話 水精霊団、黒船と邂逅するの事[サイ・ナミカタ](2013/03/17 20:06)
[79]    第78話 軍師と王子と大陸に吹く風[サイ・ナミカタ](2013/03/13 00:53)
[80]    第79話 王子と伝説と仕掛けられた罠[サイ・ナミカタ](2013/03/23 20:15)
[81]    第80話 其処に顕在せし罪と罰[サイ・ナミカタ](2013/03/24 19:49)
[82] 【それぞれの現在・過去・未来】第81話 帰還、ひとつの終わりと新たなる始まり[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:03)
[83]    第82話 眠りし炎、新たな道を切り開くの事[サイ・ナミカタ](2013/04/20 22:19)
[84]    第83話 偉大なる魔道士、異界の技に触れるの事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 01:55)
[85]    第84話 伝説、交差せし扉を開くの事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 01:54)
[86]    第85話 そして伝説は始まった(改)[サイ・ナミカタ](2018/06/17 01:42)
[87] 【風吹く夜に、水の誓いを】第86話 伝説、星の海で叫ぶの事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 02:12)
[88]    第87話 避けえぬ戦争の烽火[サイ・ナミカタ](2013/06/13 01:58)
[89]    第88話 白百合の開花と背負うべき者の覚悟[サイ・ナミカタ](2013/07/07 20:59)
[90]    第89話 ユグドラシル戦役 ―イントロダクション―[サイ・ナミカタ](2013/09/22 01:01)
[91]    第90話 ユグドラシル戦役 ―閃光・爆音・そして―[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:04)
[92]    第91話 ユグドラシル戦役 ―終結―[サイ・ナミカタ](2014/05/11 23:56)
[93] 【ガリア王家の家庭の事情】第92話 雪風、潮風により導かれるの事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 20:19)
[94]    第93話 鏡の国の姫君、踊る人形を欲するの事[サイ・ナミカタ](2014/06/13 23:44)
[95]    第94話 賭博場の攻防 ―神経衰弱―[サイ・ナミカタ](2014/07/01 09:39)
[96]    第95話 鏡姫、闇の中へ続く道を見出すの事[サイ・ナミカタ](2015/07/12 23:00)
[97]    第96話 嵐と共に……[サイ・ナミカタ](2015/07/20 23:54)
[98]    第97話 交差する杖に垂れし毒 - BRAIN CONTROL -[サイ・ナミカタ](2016/09/25 21:09)
[99]    第98話 虚無の証明 - BLACK BOX -[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:42)
[100] 【王女の選択】第99話 伝説、不死鳥と共に起つの事[サイ・ナミカタ](2017/01/08 02:09)
[101]    第100話 鏡と氷のゼルプスト[サイ・ナミカタ](2017/01/08 02:14)
[102]    第101話 最初の人[サイ・ナミカタ](2017/01/08 17:42)
[103]    第102話 始祖と雪風と鏡姫[サイ・ナミカタ](2017/01/22 23:14)
[104]    第103話 六千年の妄執-悪魔の因子-[サイ・ナミカタ](2017/02/16 23:00)
[105] 【王政府攻略】第104話 王族たちの憂鬱[サイ・ナミカタ](2017/03/06 22:52)
[106]    第105話 王女たちの懊悩[サイ・ナミカタ](2017/03/28 23:10)
[107]    第106話 聖職者たちの明暗[サイ・ナミカタ](2017/05/20 17:54)
[108] 【追憶の夢迷宮】第107話 伝説と零、異郷の地に惑うの事[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:46)
[109]    第108話 風の妖精と始まりの魔法使い[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:47)
[110]    第109話 始祖と零と約束の大地[サイ・ナミカタ](2017/06/09 00:54)
[111]    第110話 崩れ去る虚飾、進み始めた時代[サイ・ナミカタ](2017/10/28 06:35)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[33886] 【歴史の分岐点】第1話 雪風、使い魔を得るの事
Name: サイ・ナミカタ◆e661ea84 ID:d8504b8d 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/09/30 14:52
 ――建国から数千年という長い歴史と伝統を誇る王国、トリステイン。

 保有する国土はさほど広いとはいえないものの、王都トリスタニアやその周囲は四季折々の花や噴水などによって美しく彩られ、国内にある世界最大の湖が観光名所となっているなど、風光明媚な『水の王国』として名高い国家である。

 そのトリステイン王国にある、名門貴族の子女たちが数多く集う学舎。それが、ここトリステイン国立魔法学院だ。かの学院では、毎年春になると、必ずある儀式が執り行われる。それが<春の使い魔召喚の儀>である。この儀式によって、学生たちは己の『パートナー』となる<使い魔>を呼び出し、契約する。

 ここで<召喚>されるのは、一般的に犬や猫、鳥などといった動物が多く、召喚者によってはバグベアー、バジリスクといった魔獣を呼び、特に素質のある者が儀式を行った場合、グリフォンやドラゴン、サラマンダーなどといった幻獣が現れることもある。

 つまり。呼び出した<使い魔>の種類を見、召喚者の資質を計るという目的でもって、この儀式は長年継続されてきたのだが……この日。思わぬ『事故』が発生した。

 本来ならば、ありえない事態――なんと『人間』を召喚した者が出てしまったのだ。しかも、その事故を起こしたのは……学院内でも特に優秀な生徒として、それなりに名の知られた少女だ。二重にありえない事態に、周囲は騒然となった。事故を起こしてしまった本人も、呆然とその場に立ち尽くしている。

 と――その場を収拾すべく動いた者がいた。この儀式の現場監督責任者にして、学院に勤める教師『炎蛇』のコルベールだ。彼は、周囲の生徒たちに静かにするよう声をかけると、ごくごく丁寧な口調で『呼び出されてしまった』少年に声をかけた。問いかけられた相手も特に慌てた様子はなく、素直に自分の名前を告げた。そんな相手の態度を見て安心したのであろうコルベールは、言葉を続けた。

「ええと、ミスタ・ジェイコブでしたかな?」

「タ・イ・コ・ウ・ボ・ウ、だ」

「わかりました。では、ミスタ・タイコーボー。早速ですが、質問をさせてもらってもかまわないでしょうか?」

「別にかまわぬぞ。答えられるかどうかはわからぬがのう」

 まるで、今日の天気について答えるような気軽さでもって、コルベールの問いかけに頷いたのは『タイコーボー』という、このあたりでは聞き慣れない……というよりも、まず存在しないであろう名を持つ少年だ。周囲の喧噪など、どこふく風といった様子で、悠然とその場に立っている。

 ここに至って、ようやく……瞳に絶望の色を浮かべていた少女タバサは、現在の状況を把握し――改めて自分が呼び出した相手を観察する余裕ができた。

 ――まずは、相手をよく見なければいけない。タバサは即座にそう判断した。

 自分が召喚した――おそらく自分と同じ、あるいは1つか2つ程度年上であろう少年。彼は、このハルケギニアではとても珍しい黒髪で、異国のものとおぼしき衣服――一見してわかる程度に高級な布地で作られたものを身につけている。また、突然見知らぬ地へ呼ばれたにも関わらず、まったく動揺した様子がない。

 それどころか、ふてぶてしいとも言える態度で大人のコルベールに相対している。その様子から察するに、それなりに場数を踏んでいる可能性がある。もしも、彼が状況を見抜けないただの馬鹿者だとしても『普通の人間』でないことだけは確かだろう。

 タバサは、よりにもよって人間を召喚してしまったという衝撃など既に忘れてしまったかのように、相手を見極めるべく観察を続けている。しかし、現場監督者のコルベールはというと、そんな彼女の様子には全く気付かず、件の少年へ問いかけた。

「それではお伺いします。あなたはどちらの国の貴族でいらっしゃるのでしょうか?」

 コルベールの質問に、周囲がざわつく。もっとも、それに対する答えは……彼らをして、やや斜め上を行くものであったが。

「う~む……今のわしには、その質問全てに答えることはできぬ」

「ええと、それは一体どうしてでしょうか?」

 その場でズッコけそうになるのを必死にこらえたコルベールは、さらに問うた。

「そうだのう……まず、わしは周という名の国からこの地へ呼び寄せられた」

「シュウ、ですか? 失礼ですが、聞いたことがありません」

 首をかしげるコルベールに、我が意を得たとばかりに答える太公望。

「まあ、そうであろうな。こう見えてもわしは、自国を含めた世界各地を旅をして回った経験がある。だが、ここは確かトリステイン……と、申したか? かような地名は、初めて耳にしたものなのだ」

 再び周囲が騒がしくなる。トリステインを知らないなんて、とか、どこの田舎者? とか、シュウ、なにそれ? などという心ないものがほとんどであったが、それらの反応もこの少年――太公望にとっては折り込み済みのものであるようだ。

「どうやら、まわりにいる者たちも『周』を知らぬようだ。つまり、わしは……お互いに、その存在すら知らないほどに遠方からやってきたことになる、と。ここまではよいかのう?」

「ええ、ですが……」

「国が違えば文化も異なるものだ。すなわち、わしの持つ常識がおぬしたちの持つそれと同じ可能性は非常に低い」

「ま、まあその通りですね」

「つまりだ、おぬしの言う『貴族』とやらの定義が、わしの国では全く別のものを指すのかもしれぬということだ。よって、今のままではおぬしの質問全てに正しく答えることができぬ、と……まあ、こういうわけなのだよ」

 このやりとりを聞いたタバサは、太公望という少年に対してさらなる興味を持った。

 彼は、コルベールの「どこの国の貴族なのか」という、自分の所属する国とメイジであるのかをいっぺんに聞き出そうとする質問を逆手に取って、必要な情報を集めるために己のペースに巻き込もうとしているのだと判断したからだ。そして、そんな彼女の推測を裏付けるかのように問答は続いてゆく。

「そこでだ、質問に質問を返す形になってしまうが、まずは答えてほしい。先程、そこにおる娘にも問おうとしたことなのだが……さて、いかなる理由でわしはここへ呼び寄せられたのかのう?」
 
 ――まずいことになった。コルベールは、既に内心の焦りを表に出さないようにすることだけで精一杯であった。

 異国の装いをした少年を呼び出してしまったことで、すわ国際問題勃発か!? と慌てて場の調停を行おうとしたものの。生徒たちとほぼ同年代(と、思われる)若い太公望に対して、正直油断していたことは否めない。ゆえに深く考えずに発言してしまったが、その言葉の隙を突かれ、会話の主導権を握られてしまった。

 彼が本当に、お互いに存在も知らないほどの遠方から来たのか、また貴族……メイジであるのか。ハッキリ言って、それはもはやどうでもいい。問題は、現時点でこの少年が何者であるのか、全く判断がつかないことである。もしも、彼が異国における貴族だったとしよう。その彼に、

「使い魔にするために、あなたを呼び出しました」

 などと答えたらどうなるか。質問をしなおす? 問題外だ。

 こっそり<魔法探知(ディテクト・マジック)>を使う? 既に会話を始めてしまっているこの現状ではありえない選択だ。もしも相手の身分が高かった場合、大変な失礼にあたるからだ。コルベールは焦った。だが……焦りは、思考を鈍くする。

 この失策を取り返すためには時間が欲しい。そう考えたコルベールは、問題を先送りすることを選んだ。目の前の生徒と上司には申し訳ないが、事は既に自分の手にあまる。

「そ、そうですね……と。実は、今ここに集まっている彼らは……この学院の生徒たちなのですが……今後の人生に関わる、非常に大切な儀式を行っている最中でして、はい。私には、その監督をする義務があります。ですので……ミス・タバサ」

 と、側に立つタバサに声をかけた。そして懐から1枚の羊皮紙を取り出し、素早く何かを書き付け手渡す。

「彼を学院長室へ案内してください。そのメモを秘書のミス・ロングビルへ渡せば、優先的に通してもらえるでしょう。あっと、急ぎの用件ですので<フライ>を使ってくださいね」

「わかりました」

 タバサは、じっと彼の目を見て頷き返した。せめてもの抵抗に、どうやら自分の教え子は気付いてくれたようだと、コルベールは内心でほっとしていた。これで、もしも彼が魔法を使うことができなければ、話はずいぶんと楽になる。

「ついてきて」

 タバサは太公望にそう告げると、ふわりと宙に浮いた。

 口をあんぐりと開けて、太公望はその様子を見つめた。

 と、飛んだ? 宙に浮いた?

 予想はしていたが、やはりここに集まる者達は、ただの人間ではない。改めて周りを見ると、みな棒状の何かを持っている。今飛んでいった少女も、長い杖を持っていた。もしや、アレは宝貝(ぱおぺえ)の一種なのだろうか? ここは、自分の知らない場所に存在する仙人の修行場なのであろうか?

 そんなことを考えているうちに、徐々にタバサの姿が小さくなってゆく。太公望は焦った。せっかく主導権を握りつつあるというのに、このままでは置いて行かれかねない。しかし、今の姿で……かわいがっていた霊獣に乗ることなく飛ぶことができるのだろうか。

 太公望はふと不安を覚え、懐をさぐった。彼が愛用している宝貝『打神鞭(だしんべん)』は……そこにあった。念のため取り出してみるも、これといって問題はないように見える。何故か周囲の空気が変わったように感じるが、それはまた後で考えるとして。体内に巡る<力>も……自分本来の状態に比べて大幅に落ちてしまってはいるようだが、空を飛ぶ程度ならば問題なくできそうだ。そう判断した彼は、利き手に『打神鞭』を握りしめたまま、小さく呟いた。

「はてさて……鬼が出るか蛇が出るか。楽しみだのう」

 ニヤリと笑みを浮かべた彼は、すぐさまふわりと浮き上がり――既に豆粒ほどの大きさになってしまったタバサを追って空を征く。

 ――その場に残されたコルベールの、正直寂しいと言って差し支えない頭髪が数十本単位ではらはらと抜け落ちたのは……太公望と名乗った少年の飛翔によって巻き起こった<風>のせいだけではないということを、念のため付け足しておく。

 『雪風』のタバサは驚いていた。その驚きの対象は、自身の執り行った<使い魔召喚の儀>で人間を呼び出してしまったことではない。師と仰ぐ人物の、思わぬ失態について……でもない。彼女をして最も驚かせたもの、それは。先に飛び立ち、既にそれなりの距離を稼いでいた自分に追いついてきただけでなく、

「う~む、これはまた異国情緒あふれる風景だのう」

 などと軽口を叩きながら、田舎から出てきた観光客よろしくきょろきょろと周囲を観察している彼が見せた『余裕』。それこそが彼女を驚かせた最大のポイントだ。

 空を飛ぶ魔法<フライ>は、それを扱うメイジの力量によって、飛翔速度を大きく変える。この魔法学院内で、タバサに『空』で追いつける者はほとんどいない。少なくとも彼は、それなりの腕を持った<風>の使い手であることは間違いなさそうだ。

 タバサは、自分が呼び出した少年に対する評価をまた1段階上げた。


○●○●○●○●

 ――ちょうどそのころ。トリステイン魔法学院の学院長を務めるオスマン氏は、長く白い口髭と髪を揺らし、本塔の最上階にある学院長室で、背もたれつきの高価な椅子に腰掛けながら、ゆっくりと水ギセルの煙を燻らせていた。

 今、この部屋には「健康のために喫煙はおやめください」などと言う無粋な人物はいない。喫煙は身体に良くない。そんなこと、とうの昔に自覚している。だからこそ求めたくなるのか……などとぼんやり考えながら過ごすこの時間は、彼にとって至福の刻。

 オスマン氏の顔に刻まれた数多くの皺は、彼が過ごした歴史の証だ。齢100歳とも、300を越えているとも言われているが、本当の年齢は誰も知らない。本人も、とうに忘れてしまっているに違いない。

 そんな彼の元へ、彼の秘書ミス・ロングビルが難題を持ち込んできた。いや、正確に言うと、彼女はメッセンジャーの役割を果たしただけに過ぎないのであるが。

「オールド・オスマン。これをご覧下さい」

 オスマン氏は、彼女から手渡された羊皮紙を一瞥すると、つ……と眉を寄せてため息をつき、水ギセルを仕舞いながら答えた。

「ここへ案内しなさい、ミス・タバサとその……異国のメイジとやらを」

 学院長室の中へ案内された太公望とタバサのふたりは、椅子を勧められると、太公望がこの地へ呼び寄せられてしまった『原因』とやらについて聞くことになった。

「なるほどのう。つまりわしは、この娘御が起こした事故によって、この地へ呼び出されてしまった……と。そういうことかの?」

 ここまで約1時間程、太公望は先方の事情とやらの説明を受けていた。

 曰く、この国では<魔法>という技術を使う『人間』が『貴族』と呼ばれること。

 曰く、ここは貴族の子弟たちが魔法を学ぶための場所であること。

 曰く、そんな彼らに最も適した魔法を探すために行われる儀式があること。

 曰く、その儀式は「使い魔を喚び、その性質を見て決める」ものであるということ。

 そして、今自分がここにいるのは、その『儀式』とやらのせいであることを。

「わしも、それなりに長くこの職に就いておるが……<サモン・サーヴァント>によって人間が召喚されるなどという事故は初めてのことでの。一学生の起こした不手際ということで、事を大きくしないでくれると助かるのじゃが」

 心の底から申し訳なさそうな顔をしつつ語るオスマン氏と、固い表情を崩さないタバサの顔を交互に見やりつつ太公望は考えた。正直なところ、召喚されたことに関して言えばどうでもいい。むしろ、感謝さえしていると言っても過言ではない。何故なら、彼は心の底から休息を欲していたからだ。

 太公望と名乗ったこの少年――実は、本名を伏羲(ふっき)という。

 彼は、見た目はただの少年のようだが、実際には違う。現在の肉体を得てから、なんと100年近く生きている、人間を超えた存在たる<仙人>なのだ。

 伏羲は、本当に疲れていた。何故なら、彼はこれまで生きてきた永き時の流れの中で『世界の命運』という、たったひとりで背負うには、あまりにも重過ぎる責任をその両肩に乗せ、見守り、待ち望み、仲間を集め……戦い続けてきたからだ。

 だから、彼は全てが終わり、見守ってきた世界に平和が訪れた後――あらゆる束縛を捨て去り、人々の前からその姿を消した。

 ……いちばん面倒な戦後処理を他人に押しつけたんだろう、とか、元来持っていた重度のサボリぐせが再発したんだろう、とかいう諸説はさておくとして。

 とにかく、ここに至るまでの数ヶ月間――己を慕う者や、さらに仕事をさせようと自分を追い掛け続ける、大勢の部下たちの厳しい捜索の目を逃れつつ、野を渡る風のごとく気ままな旅を続けていたところなのだ。そんな時に、誰も知らない土地へ呼び寄せられたというのは、伏羲にとって、その場で飛び跳ねたいほどに喜ばしい出来事であった。

 自分の『心』を構成するうちの半分である『太公望』の部分のみが、この地へ引き寄せられるという事態が、いったい何故発生したのか。その原因は、未だ不明ではあるものの――伏羲は、既に確信していた。ここが『空間』を越えた『異界』であることを。

 かつての仲間達、あるいは周の地へ残してきてしまった残りの『半身』が、ほぼ間違いなく自分を連れ戻しにこの地へやって来るだろうが、それまでの数ヶ月間……いや、もしかすると数年はのんびりぐうたらできるのではないか。伏羲は、そう考えた。

 伏羲――現在『半身』である太公望へ、姿だけではなく持っていた<力>までもが戻されてしまった彼は、改めて現在の状況を整理した。

 ここまでの情報から判断するに、タバサという少女は本来<使い魔>……自分に隷属する存在を呼び出そうとしたものの……何の手違いか、伏羲から太公望の部分『だけ』を切り離し、この場所まで連れて来てしまったらしい。そして、使い魔を呼ぶことができなかった場合、今後の生活に不都合が生じるというのだ。

 つまり、彼女の命運は彼の手中にあるといっても過言ではないだろう。

 ならば、やるべきことは決まっている。

 そう……今ある手札を利用して、この地における己の立場を確立するべし!

 追っ手の気配に神経を尖らせることなく、悠々自適の毎日を送れるであろう土地へ招いてくれたことには感謝するが、それはそれ、これはこれである。別に誰かに頼らずとも、この世界でひとり生きていく自信はある。しかし、せっかく用意された『ぐうたら生活』のチャンスをふいにするほど、この男『太公望』は生真面目ではない。

 なにせ、この男は……とある自給自足の村で、食料を盗んで捕らえられた際に――大勢の村人たちに囲まれ、彼らを纏める長から「労働か処刑か好きなほうを選べ」と迫られるという、ある意味極限の状況下においてもなお、

「働くぐらいなら食わぬ!」

 と、突っぱねた程に生粋の怠け者なのである(結局働くはめにはなったが)。

 とはいえ、まだ顔に幼さを残すような少女に対して、意地の悪い駆け引きを行うほど彼の性根は腐っていない。よって、目の前にいる老人――師であり、かつての上司と似た雰囲気を持つ者に、その矛先が向くこととなる。

 ――かくして、トリステインを代表する偉大なメイジ・オスマンと、仙人界No.1の腹黒と謳われた軍師・太公望の仁義なき戦いは幕を開けた。


○●○●○●○●

 ――ここは決戦場(コロセウム)だと、タバサは思った。

 魔法はもちろんのこと、剣同士がぶつかる音も聞こえないけれど、目の前で繰り広げられるこれは、間違いなく『戦い』と呼べるものだろう。風の刃ではなく、言葉をぶつけ合う戦場。競い合うは、トリステインのみならず、他国にまでその名が知られた偉大なるメイジ、オールド・オスマン。その彼に一歩も引かず火花を散らしているのは――わたしが呼び出した『使い魔候補』。タバサは、その激戦を固唾を飲んで見守っていた。

「話し合い」が始まる前に、太公望は彼女に向かってこう言った。

「事故の責任は、おぬしにはない」

 ……と。

 わざとやった訳ではない。とはいえ、彼を故郷から無理矢理見知らぬ場所へと誘拐同然に連れ去ったのはタバサである。にも関わらず太公望は、それを責めるどころか、にっこりと笑ってこう続けたのだ。

「使い魔とやらに、なってやらんこともないぞ」

 タバサは耳を疑った。いくらなんでも人が良すぎるだろうと。

 そんな彼の言葉を聞いて、満面の笑みを浮かべたオスマン氏が、それでは早速契約の儀式を……と、言いかけたその時。タバサは見た。太公望と名乗った少年の瞳の色が、瞬く間に黒く変わるのを。

「では……さっそく条件を詰めるとするかのう。そうだな、まずはここに足止めされることに対する補償その他について、学院側がどの程度支払う用意があるのか、そこから始めるとしようか」

 その言葉を起点に発生した『交渉劇』は、オスマン学院長・太公望のどちらも相当な食わせ者であることを実証した。太公望が『学院に対して求める待遇』についての詳細を提示するやいなや、学院長は「あくまでこれは生徒が起こした事故であり、そのような条件を学院側が飲むいわれはない」と返した。

 すると太公望は、事故の責任の所在について「生徒は、教師の監督のもと召喚の儀式を執り行ったのであり、故にその場で起きたことに対する責任は監督者、ひいてはこの学院の長たる者にある」と、追求した。責任問題に関して圧倒的な不利を悟った学院長は、それに対して一歩譲ると、学院にいる間の食事、及び寝床の提供を申し出た――補償金の大幅減額と引き替えに……。

 両者の戦いはそれから小一時間ほど続き、最終的に、双方がある一定の条件――

 ・書類上は<使い魔>とするが、お互いを尊重し貴族とほぼ同等の権限を与える
 ・タバサが卒業するまでの間、学院が太公望の衣・食・住の面倒を見る
 ・同期間、学院は太公望に対して、所定の給与を支払うこととする
 ・太公望は<使い魔>として常にタバサの側にあることとする
 ・太公望は、事故ならびにこの場での交渉について口外しない

 ……を、飲むところで決着した。

「ふむ。結局のところ、この交渉はだな……学院が、生徒をどれほど大切に思っておるのか、それに尽きる。わしは、そのように考えておるのだがのう?」

「カァーッ! ミスタ・タイコーボー。君は、まだこのわしから引きだそうとするか。まったくその若さで抜け目のない……将来が恐ろしいわい」

「かかかか、オスマン殿こそようやりおるわ……ここまで条件を剥ぎ取られたなぞ、わしの記憶の中でもそうはないぞ」

 微妙な盤外戦を繰り広げる両者を尻目に、いつのまにか席へ戻っていたミス・ロングビルが書面の作成を行っている。おそらく、ここまでに交わされた契約内容をまとめているのだろうが、心なしか少々顔色が悪いようだ。

 それにしても……と、タバサは考えた。人間を召喚したこともそうだけれど、使い魔が学院に対して待遇の交渉をするなんて、前代未聞の出来事なのではないだろうか。交渉のテーブルへついた手腕といい、あの高速<フライ>といい……まさしく彼は、規格外の使い魔だ。最初のうちこそ絶望しかけていたけれど、わたしは思わぬ当たりを引いたのかもしれない……と。

 その後、書面を交わし<コントラクト・サーヴァント>の儀式を終えたタバサと太公望が部屋から退出した途端。オスマン氏は、全身の力が抜けてしまったかのようにソファーへ沈み込んだ。

 ――オスマン氏は、全身に冷や汗をかいていた。

 先程の一戦は、かつて宮廷に住まう魑魅魍魎どもとやりあっていた、今は遠い昔の出来事を彼の脳裏にまざまざと蘇らせていた。どう高く見積もっても20歳には届かないであろう少年の交渉術は、まるで老獪な政治家そのものであったからだ。

 と……彼の秘書、ミス・ロングビルが心配そうな顔をして彼の側へと近づいてきた。

「オールド・オスマン? その……大丈夫ですの?」

 オスマン氏は、くわっと目を見開いた。ミス・ロングビルがいつになく優しい! と。そして彼は、そっと手を伸ばした……彼女のお尻に。だが、僅かに触れるか否かといったあたりで見事阻止されたばかりか、おもいっきり手の甲をつねられてしまった。

「あいたたた……。まったく! 老い先短い老人の、お茶目なスキンシップなのに」

 などとぶつくさ言い続けるオスマン氏を睨み付けながら、ロングビルは言った。

「まったく、ちょっと甘い顔をするとこれなんですから! ……それにしても、さきほどの件は、いくらなんでも譲りすぎではありませんの?」

 彼女の言葉に、オスマン氏は小さく笑った。

「本当にそう思うかね? ミス・ロングビル。わしとしては、なかなかうまくいったものだと自負しておるのだが?」

 オスマン氏は学院長室で水ギセルを燻らせながら、さりげなく見ていたのだ――離れた場所の光景を映し出す効果を持つ魔法具『遠見の鏡』を使い、学院の中庭で執り行われていた<使い魔召喚の儀>を。

 そこに突如現れたイレギュラー。異常事態に全く動じぬ度胸。異国の技であろう系統魔法に近いようでいて、ごく一部が微妙に異なる未知の魔法の使い手にして、今すぐ宮廷で通用するほどに洗練された交渉術の持ち主。

 それほどの人材を、たったあれだけの条件で手元に囲うことができたのだ。彼としては、まさに僥倖といって差し支えない。

「それに……」

 契約の書面に、オスマン氏がどうしても紛れ込ませたかったのはたったの一文だけ。それ以外は、ただの目くらましに過ぎない

 『使い魔として、常にタバサの側にあること』

 ミス・タバサはただの学生ではない。あの若造、これから間違いなく苦労の連続になるじゃろうて……そう心の内で嗤う老爺の姿は、まさに狸そのものであった。


○●○●○●○●

 太公望――地球に残る歴史においては、古代中国・周の軍師にして政治家。

 その実体は、人間たちの住む世界の遙か上空に存在する<仙界・崑崙山>教主・元始天尊より、殷の王を影から操り国を乱す、邪悪な仙人たちを打倒せんと立てられた壮大な作戦――『封神計画』の実行責任者として下界に遣わされた<仙人>である。

 周囲の期待に応え、周軍の軍師として殷(いん)を滅ぼし、仲間の仙人達を率いて『封神計画』の影に巧妙に隠された真の目的『歴史の道標』打倒を果たした最大の功労者は今――ひとりの少女の使い魔になっていた。

「ごめんなさい」

 トリステイン魔法学院は、本塔とその周囲を囲む壁、それらと一体化した5つの塔からなる。自室がある寮塔5階へと向かう道すがら、タバサは自分の使い魔となってしまった少年――太公望へ謝罪していた。

「む、何のことだ?」

 学院長とあれほどのやりとりができるのだから、そのくらいわかっているだろうに。わざわざ聞き返すなんて、実は結構意地悪なひとなのかもしれない……そんな思いを欠片も外へ出さず、タバサは再び言葉を紡ぐ。

「あなたを召喚してしまった」

「さっきも言ったが、おぬしに責任はない。これはあくまで事故なのだ。そもそも、自分の意志でわしを呼び寄せたわけではなかろう?」

「でも」

 それでも、変わらない事実がある。

「あなたを、故郷から無理矢理引き離してしまった」

「そのことなら気にすることはない。そもそも――」

 そこまで言った太公望は、先程までの饒舌ぶりが嘘のように、ほんの一瞬口ごもった後――タバサにとって、完全に予想外となる言葉を返してきた。

「呼んでもらえて、逆に喜んでいるくらいなのだ」

 思わず絶句してしまったタバサだが、なんとか思考を立て直す。

 励ましの言葉……ではないだろう。

 単なる強がり……でもなさそうだ。

 喜ぶ? 彼の言葉が本当なら、異国へ拉致されたことを歓迎するような何かがあるということだろうか。そこまで考えるに至って、まさか、悪事を働いて追われるような事をしていたのではあるまいか……という不安がよぎる。そんな彼女の胸の内を見透かしたかのように、太公望は続けた。

「ここ何年ものあいだ、ずっと働きづめでのう。いい加減疲れておったので、暇をもらってのんびり旅をしておったところなのだよ。そこへ、なんと! 見たことも、聞いたことすらない国から招待を受けたと、まあそういうわけなのだ。ハッキリ言って、こんなに嬉しいことはないわ」

 タバサは、それを聞いて呆然とした。

「学院長には」

「建前上、というやつだよ。それに」

 ニヤリと笑った太公望は、人差し指をピッ、と立ててのたまった。

「もらえるモノは、もらっといたほうが良いであろう?」

 ……と。

 タバサは思った。このひとは、とんでもない曲者なのではないだろうか。使い魔として契約したのはいいが、果たしてわたしに使いこなせるのだろうかと。いや、この程度の人材を御せぬようなら、秘めた目的を果たすことなど到底できないに違いない。もしや、これはわたしの信仰心の低さ故に与えられた『始祖』ブリミルによる試練なのでは……。

 俯き、押し黙ってしまったタバサを見て……太公望は、彼としては珍しく焦りを覚えていた。学院長室でのやりとりを彼女に見せたのは、失敗だったのではなかろうか、と。

 先程の言葉は本心だ。実際、彼女に対して含むところなど全くない。だが、あの応酬を側で聞かせてしまったせいで、罪の意識を持たせてしまったのではないか。ならば、なんとかその重さを取り除かねばなるまい。何かよい方法はないものか――そう考えた。

 ――この男。腹黒そうに見えて、実は根の部分は非常にお人好しなのである。

「そうだのう……そんなに気になるのなら、頼みがあるのだが」

 その一言を聞いて顔を上げたタバサを見て、内心「食いついた!」と安心する太公望。釣り師の面目躍如である。もちろん、それを顔に出したりはしない。

「わしは、喚ばれてから説明を受けたこと以外、ここについて何もわからぬ。だが、これから生活をしていくにあたって、知らぬと不便なことが多いと思うのだ……ここまではよいか?」

 頷くタバサ。

「よって、おぬしにそういった細かいことを教えてもらいたいのだ。それを引き受けてくれるのなら、おぬしとわしとの間に貸し借りはナシ。それでどうだろうか?」

「わかった。貸し借り無し」

「では、契約成立だのう」

 そう言って太公望が差し出した片手を、タバサは両手でしっかりと握り返した。二度と手離さない、と言わんばかりに強く、しっかりと。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.033422946929932