チラシの裏SS投稿掲示板




No.33886の一覧
[0] 【ゼロ魔×封神演義】雪風と風の旅人[サイ・ナミカタ](2018/06/17 01:43)
[1] 【召喚事故、発生】~プロローグ~ 風の旅人、雪風と出会う事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 02:00)
[2] 【歴史の分岐点】第1話 雪風、使い魔を得るの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:52)
[3]    第2話 軍師、新たなる伝説と邂逅す[サイ・ナミカタ](2014/06/30 22:50)
[4]    第3話 軍師、異界の修行を見るの事[サイ・ナミカタ](2014/07/01 00:53)
[5]    第4話 動き出す歴史[サイ・ナミカタ](2014/07/01 00:54)
[6]    第5話 軍師、零と伝説に策を授けるの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:55)
[7] 【つかの間の平和】第6話 軍師の平和な学院生活[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:00)
[8]    第7話 伝説、嵐を巻き起こすの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:57)
[9] 【始まりの終わり】第8話 土くれ、学舎にて強襲す[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:58)
[10]    第9話 軍師、座して機を待つの事[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:07)
[11]    第10話 伝説と零、己の一端を知るの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 14:59)
[12]    第11話 黒幕達、地下と地上にて暗躍す[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:09)
[13] 【風の分岐】第12話 雪風は霧中を征き、軍師は炎を視る[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:09)
[14]    第13話 軍師、北花壇の主と相対す[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:03)
[15]    第14話 老戦士に幕は降り[サイ・ナミカタ](2013/03/24 19:47)
[16] 【導なき道より来たる者】第15話 閉じられた輪、その中で[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:05)
[17]    第16話 軍師、異界の始祖に誓う事[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:13)
[18]    第17話 巡る糸と、廻る光[サイ・ナミカタ](2012/07/15 21:13)
[19]    第18話 偶然と事故、その先で生まれし風[サイ・ナミカタ](2012/08/07 22:08)
[20] 【交わりし道が生んだ奇跡】第19話 伝説、新たな名を授かるの事[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:13)
[21]    第20話 最高 対 最強[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:06)
[22]    第21話 雪風、軍師へと挑むの事[サイ・ナミカタ](2012/09/30 15:07)
[23] 【宮中孤軍】第22話 鏡の国の姫君と掛け違いし者たち[サイ・ナミカタ](2012/08/02 23:25)
[24]    第23話 女王たるべき者への目覚め[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:16)
[25]    第24話 六芒星の風の顕現、そして伝説へ[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:17)
[26]    第25話 放置による代償、その果てに[サイ・ナミカタ](2012/10/06 15:34)
[27] 【過去視による弁済法】第26話 雪風、始まりの夢を見るの事[サイ・ナミカタ](2012/08/04 00:44)
[28]    第27話 雪風、幻夢の中に探すの事[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:18)
[29] 【継がれし血脈の絆】第28話 風と炎の前夜祭[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:19)
[30]    第29話 勇者と魔王の誕生祭[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:20)
[31]    第30話 研究者たちの晩餐会[サイ・ナミカタ](2012/08/12 20:20)
[32]    第31話 参加者たちの後夜祭[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:00)
[33] 【水精霊への誓い】第32話 仲間達、水精霊として集うの事[サイ・ナミカタ](2012/08/14 21:33)
[34]    第33話 伝説、剣を掲げ誓うの事[サイ・ナミカタ](2012/08/18 00:02)
[35]    第34話 水精霊団、暗号名を検討するの事[サイ・ナミカタ](2012/08/18 00:03)
[36] 【狂王、世界盤を造る】第35話 交差する歴史の大いなる胎動[サイ・ナミカタ](2012/08/18 00:05)
[37]    第36話 軍師と雪風、鎖にて囚われるの事[サイ・ナミカタ](2012/11/04 22:01)
[38] 【最初の冒険】第37話 団長は葛藤し、軍師は教導す[サイ・ナミカタ](2012/08/19 11:29)
[39]    第38話 水精霊団、廃村にて奮闘するの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:31)
[40]    第39話 雪風と軍師と時をかける妖精[サイ・ナミカタ](2013/04/20 22:17)
[41] 【現在重なる過去】第40話 伝説、大空のサムライに誓う事[サイ・ナミカタ](2013/04/20 22:18)
[42]    第41話 軍師、はじまりを語るの事[サイ・ナミカタ](2012/08/25 22:04)
[43]    第42話 最初の五人、夢に集いて語るの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:38)
[44]    第43話 微熱は取り纏め、炎蛇は分析す[サイ・ナミカタ](2014/06/29 14:41)
[45]    第44話 伝説、大空を飛ぶの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:43)
[46] 【限界大戦】第45話 輪の内に集いし者たち[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:47)
[47]    第46話 祝賀と再会と狂乱の宴[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:47)
[48]    第47話 炎の勇者と閃光が巻き起こす風[サイ・ナミカタ](2012/09/12 01:23)
[49]    第48話 ふたつの風と越えるべき壁[サイ・ナミカタ](2012/09/16 22:04)
[50]    第49話 烈風と軍師の邂逅、その序曲[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:00)
[51] 【伝説と神話の戦い】第50話 軍師 対 烈風 -INTO THE TORNADO-[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:01)
[52]    第51話 軍師 対 烈風 -INTERMISSION-[サイ・ナミカタ](2012/10/08 19:54)
[53]    第52話 軍師 対 烈風 -BATTLE OVER-[サイ・ナミカタ](2012/09/22 22:20)
[54]    第53話 歴史の重圧 -REVOLUTION START-[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:01)
[55] 【それぞれの選択】第54話 学者達、新たな道を見出すの事[サイ・ナミカタ](2012/10/08 20:01)
[56]    第55話 時の流れの中を歩む者たち[サイ・ナミカタ](2012/10/08 20:04)
[57]    第56話 雪風と人形、夢幻の中で邂逅するの事[サイ・ナミカタ](2012/10/28 13:29)
[58]    第57話 雪風、物語の外に見出すの事[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:40)
[59]    第58話 雪風、古き道を知り立ちすくむ事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:02)
[60] 【指輪易姓革命START】第59話 理解不理解、盤上の世界[サイ・ナミカタ](2012/10/20 02:37)
[61]    第60話 成り終えし者と始まる者[サイ・ナミカタ](2012/10/20 00:08)
[62]    第61話 新たな伝説枢軸の始まり[サイ・ナミカタ](2012/10/20 13:54)
[63]    第62話 空の王権の滑落と水の王権の継承[サイ・ナミカタ](2012/10/25 23:26)
[64] 【新たなる風の予兆】第63話 軍師、未来を見据え動くの事[サイ・ナミカタ](2012/10/28 21:05)
[65]    第64話 若人の悩みと先達の思惑[サイ・ナミカタ](2012/10/28 20:01)
[66]    第65話 雪風と軍師と騎士団長[サイ・ナミカタ](2012/10/28 20:58)
[67]    第66話 古兵と鏡姫と暗殺者[サイ・ナミカタ](2013/03/24 20:00)
[68]    第67話 策謀家、過去を顧みて鎮めるの事[サイ・ナミカタ](2012/11/18 12:08)
[69] 【火炎と大地の狂想曲】第68話 微熱、燃え上がる炎を纏うの事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:02)
[70]    第69話 雪風、その資質を示すの事[サイ・ナミカタ](2013/01/26 21:14)
[71]    第70話 軍師は外へと誘い、雪風は内へ誓う事[サイ・ナミカタ](2013/01/26 21:10)
[72]    第71話 女史、輪の内に思いを馳せるの事[サイ・ナミカタ](2013/01/26 21:11)
[73] 【異界に立てられし道標】第72話 灰を被るは激流、泥埋もれしは鳥の骨[サイ・ナミカタ](2013/01/27 23:01)
[74]    第73話 険しき旅路と、その先に在る光[サイ・ナミカタ](2013/01/27 23:01)
[75]    第74話 水精霊団、竜に乗り南征するの事[サイ・ナミカタ](2013/02/17 23:48)
[76]    第75話 教師たち、空の星を見て思う事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:03)
[77] 【今此所に在る理由】第76話 伝説と零、月明かりの下で惑う事[サイ・ナミカタ](2013/04/13 23:29)
[78]    第77話 水精霊団、黒船と邂逅するの事[サイ・ナミカタ](2013/03/17 20:06)
[79]    第78話 軍師と王子と大陸に吹く風[サイ・ナミカタ](2013/03/13 00:53)
[80]    第79話 王子と伝説と仕掛けられた罠[サイ・ナミカタ](2013/03/23 20:15)
[81]    第80話 其処に顕在せし罪と罰[サイ・ナミカタ](2013/03/24 19:49)
[82] 【それぞれの現在・過去・未来】第81話 帰還、ひとつの終わりと新たなる始まり[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:03)
[83]    第82話 眠りし炎、新たな道を切り開くの事[サイ・ナミカタ](2013/04/20 22:19)
[84]    第83話 偉大なる魔道士、異界の技に触れるの事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 01:55)
[85]    第84話 伝説、交差せし扉を開くの事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 01:54)
[86]    第85話 そして伝説は始まった(改)[サイ・ナミカタ](2018/06/17 01:42)
[87] 【風吹く夜に、水の誓いを】第86話 伝説、星の海で叫ぶの事[サイ・ナミカタ](2013/06/13 02:12)
[88]    第87話 避けえぬ戦争の烽火[サイ・ナミカタ](2013/06/13 01:58)
[89]    第88話 白百合の開花と背負うべき者の覚悟[サイ・ナミカタ](2013/07/07 20:59)
[90]    第89話 ユグドラシル戦役 ―イントロダクション―[サイ・ナミカタ](2013/09/22 01:01)
[91]    第90話 ユグドラシル戦役 ―閃光・爆音・そして―[サイ・ナミカタ](2014/03/08 00:04)
[92]    第91話 ユグドラシル戦役 ―終結―[サイ・ナミカタ](2014/05/11 23:56)
[93] 【ガリア王家の家庭の事情】第92話 雪風、潮風により導かれるの事[サイ・ナミカタ](2014/03/08 20:19)
[94]    第93話 鏡の国の姫君、踊る人形を欲するの事[サイ・ナミカタ](2014/06/13 23:44)
[95]    第94話 賭博場の攻防 ―神経衰弱―[サイ・ナミカタ](2014/07/01 09:39)
[96]    第95話 鏡姫、闇の中へ続く道を見出すの事[サイ・ナミカタ](2015/07/12 23:00)
[97]    第96話 嵐と共に……[サイ・ナミカタ](2015/07/20 23:54)
[98]    第97話 交差する杖に垂れし毒 - BRAIN CONTROL -[サイ・ナミカタ](2016/09/25 21:09)
[99]    第98話 虚無の証明 - BLACK BOX -[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:42)
[100] 【王女の選択】第99話 伝説、不死鳥と共に起つの事[サイ・ナミカタ](2017/01/08 02:09)
[101]    第100話 鏡と氷のゼルプスト[サイ・ナミカタ](2017/01/08 02:14)
[102]    第101話 最初の人[サイ・ナミカタ](2017/01/08 17:42)
[103]    第102話 始祖と雪風と鏡姫[サイ・ナミカタ](2017/01/22 23:14)
[104]    第103話 六千年の妄執-悪魔の因子-[サイ・ナミカタ](2017/02/16 23:00)
[105] 【王政府攻略】第104話 王族たちの憂鬱[サイ・ナミカタ](2017/03/06 22:52)
[106]    第105話 王女たちの懊悩[サイ・ナミカタ](2017/03/28 23:10)
[107]    第106話 聖職者たちの明暗[サイ・ナミカタ](2017/05/20 17:54)
[108] 【追憶の夢迷宮】第107話 伝説と零、異郷の地に惑うの事[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:46)
[109]    第108話 風の妖精と始まりの魔法使い[サイ・ナミカタ](2017/10/08 07:47)
[110]    第109話 始祖と零と約束の大地[サイ・ナミカタ](2017/06/09 00:54)
[111]    第110話 崩れ去る虚飾、進み始めた時代[サイ・ナミカタ](2017/10/28 06:35)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[33886]    第10話 伝説と零、己の一端を知るの事
Name: サイ・ナミカタ◆e661ea84 ID:d8504b8d 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/09/30 14:59
「それでは、話を聞こうか」

 学院長室へ案内された太公望・タバサ・ルイズ・才人の4人は、来客用のソファーに腰掛け、学院長と向き合っていた。オスマン氏の後方には、コルベールが控えている。

「才人。すまんが、まずはわしに話をさせてはくれぬかのう」

 俺のほうが最初に申し込んだのに。と、一瞬躊躇った才人だったが、コイツがわざわざ確認を取ってきたってことは、何か理由があるんだろう――そう思い直し、頷く。

「……すまんのう」

 太公望は、才人へ頷き返すと、まっすぐと学院長を見据えて会話を始めた。

「さて、それでは『金一封』とやらについて具体的に聞かせてもらおう。今回わしが行った仕事は――情報収集、犯人の割り出し、『破壊の杖』回収……他にも、まだまだたくさんあるわけだが。中途半端な金額で納得するとは思うなよ?」

 ――才人は思った。なんか……映画の名場面集を見てるみたいだ。それも、極道モノとかマフィアの交渉シーンをダイジェストで並べたやつ。

 あーあ、ルイズは横で固まってるし。あのなんだっけ、コルベット……とかいう先生、顔が真っ青だし。タバサは……あれ、目がキラキラしてるな。もしかして好きなのか、こういうイベント。

 才人は、すぐ側で繰り広げられる『交渉』を、まるで劇場へ赴いた観客になったような気分で、ぼんやりと眺めていた――。

 太公望の先制攻撃で始まった『交渉』は、時折学院長が攻勢に出るものの、そのほとんどが太公望側の優勢で進んだ。この話し合いの過程で、太公望がフーケ捕縛作戦全体の立案――なんと学院の教師たちを説得するための演説草案作成までこなしていた事実が判明し、この場に立ち会った者たちは驚愕した。

 ついには1ドニエ(銅貨1枚)単位での攻防が始まるに至って、太公望はこれ以上攻めるのは無駄と判断したのか、折衷案を提示してきた。

「まあ、わしも鬼ではない。金銭以外での交渉もやぶさかではないぞ」

 その白々しい物言いに、学院長を含む全員が「鬼以外のなんなんだ!」と心の中でツッコんでいたのだが、当の本人は涼しい顔だ。

「ふむ……君はわしに、いったい何を望んでいるのだね?」

「『フェニアのライブラリー』の閲覧許可を。なお、これはわしとタバサの両方へ出してもらいたい」

 この提案に驚いたのはコルベールだ。

「なっ……あそこは、教員以外立ち入り禁止、学院秘蔵の書物庫ですぞ」

 しかし、そんなコルベールを抑えて学院長は鷹揚に頷いた。

「……まあ、ええじゃろ。ただし、その許可と引き替えに金一封は無しじゃぞ」

「よっぽど教員へのボーナスで懐が寂しくなったようだのう。わしとしては、もうひと声欲しいところなのだが……まあ、無い袖は振れぬというからな。仕方あるまい」

 不承不承といった風情で納得した太公望の姿を見た全員が、コイツやっぱり鬼、いや悪魔なんじゃないだろうか……と、内心評価を修正していた。

 机の引き出しから2枚の羊皮紙を取り出したオスマン氏は、ペンでさらさらと何事かを書いて、太公望とタバサに手渡す。

「それを、図書館の入り口にいる司書に見せるがええ。そうすれば『フェニアのライブラリー』に立ち入って、収められている資料の閲覧ができるようになる。ただし、あそこの書物は持ち出し禁止じゃからな」

 許可証を受け取り、頷くふたり。タバサの目が歓喜できらきらと輝いている。勲章申請の時よりも遙かに嬉しそうだ。それだけこの許可証が欲しかったのだろう、太公望の手を両手でガッチリと握り締めている。一方の太公望も、そんな彼女の様子を見て満足げに笑み崩れていた。

「と、いうわけでだ。このあとサイト君たちとの話があるのでな、君らふたりは部屋へ戻って、舞踏会の支度をしたまえ」

 そう促す学院長に応え、席を立つタバサ。だが、太公望はその場から動こうとしない。彼は相変わらず笑っていたが……その笑みの質が、先程までのそれとは変わっていることに、タバサは気がついた。

「その話には興味があるのでな。同席させてもらいたい」

「さすがにそれは許可できん。これは……」

 と、そこまで口にしてやっと学院長は気がついた。苦虫を10匹くらいまとめて噛み潰したような顔をして太公望を睨み付ける。

「ふふん、才人の左手に刻まれたのは、相当特殊なルーンらしいのう。だが、それも『フェニアのライブラリー』に行けばわかってしまう内容……どうだ? わしの推測は間違っておるか?」

 ――ここで聞けずとも、自力で調べる。太公望は、そう主張しているのだ。

 なるほど、この流れに持って行きたかったからこそ、最初に話をさせろと主張したわけか。つまり、金銭交渉は囮。本命はライブラリーの閲覧許可証とルーンに関する情報だったって訳だ……うん、こいつ悪魔だ。決定。太公望に対する全員の評価が確定した瞬間であった。

「わかった、ミス・タバサも同席したまえ。まったく……君がトリステイン貴族の子弟なら、学院卒業後に次代の宰相候補として王宮で修行を積ませるよう、マザリーニ枢機卿宛てに推薦状を書いとるところなんじゃが」

 そう言って深いため息をついた学院長は、普段よりもさらに老けて見えた。


○●○●○●○●

「ガンダールヴ?」

 その名前に覚えがあったルイズは、首をかしげた。以前、自分の魔法について調べていた時、何かの本で見た覚えがある名前だったのだが……思い出せない。

「そう、あらゆる『武器』を使いこなす能力を持つ<伝説の使い魔>の証じゃ」

 伝説……これが? 才人は、あらためて自分の左手に刻まれたルーンを見た。

「だから『武器』を持つと身体が軽くなったり、使い方が頭の中に流れ込んでくるのかな……デルフも、そんなようなこと言ってましたし」

「デルフ、とは?」

 問う学院長に、才人は後ろに立て掛けていた剣を見せ、鞘から少しだけ引き抜いた。

「話は聞かせてもらったぜ! 俺っちがご紹介に与ったデルフリンガーさまだ。<ガンダールヴ>ね。そうそう、確かそんな名前だったな」

「なんと! <インテリジェンス・ソード>ですか」

 身を乗り出して興奮するコルベールを制して、オスマン氏は話を続ける。

「武器の情報に、身体の強化……やはり間違いないか。デルフリンガー君といったな。他に、君が知っていることはあるかね?」

「う~ん……あるはずなんだが、6000年以上生きてるもんでな、記憶がどうにもあいまいなんだよ。すまねえな」

 そうか、それは残念だ……と呟く学院長。

「でも、何で俺がそんな<伝説の使い魔>に?」

 そう尋ねた才人に、学院長は肩を落とし、さっぱりわからんと答える。すると、それを聞いた太公望が何かに気付いたのか、腕を組んで考え込んでいる。

「タイコーボー、何か知ってるのか!?」

「いや、いくらなんでもそこまではわからぬ。少々気になることはあったが、こっちの話での。でだ、ルーンについてはだいたいわかったことだし、『破壊の杖』についても聞いておいたほうがよいのではないか?」

 そう促されたことで、今度は『破壊の杖』の由来について、学院長が滔々と語り出す。曰く、今から30年ほど前。他国をひとりで旅行していた際に、突如飛来したワイバーンに襲われ危機に陥ったこと。

 そこに現れた人物が、持っていた2本の『破壊の杖』のうち1本で、ワイバーンを吹き飛ばした後にばったりと倒れ、気を失ったこと。

 彼は深手を負っており、看病の甲斐なく息を引き取ってしまったこと。そして、彼が使った1本を彼の墓に埋め、残されたもう1本を彼の形見として持ち帰り、学院の宝物庫へ厳重に保管していたこと――。

「彼は、死の間際までうわごとのように呟いておった。『ここはどこだ。元の世界に帰りたい』とな……」

 なんとか助けたかったのじゃが……と、オスマンは遠くを見るような目で語った。当時を思い出しているのだろう。と、そんな彼の感慨を打ち壊したのは、才人の言葉だった。

「そのひと……きっと、俺のいた世界から来たんです」

 オスマンの目が光った。

「君は、彼の故郷を知っているのかね?」

「そこまではわかりませんけど……あの『破壊の杖』は<マジック・アイテム>なんかじゃなくて、俺がいた世界の『武器』なんです。さっきケースを貸してもらったとき確かめたから、間違いありません。あれの本当の名前は『M72対戦車用ロケットランチャー』。フーケのゴーレムを一撃で吹き飛ばす程の威力があります」

 その場にいた者達が、驚きに目を見張る。そして才人は語り始めた――自分が、ここではない別の世界から<召喚>されてきたこと。そこには月が1つしかなく、魔法が存在していないこと――。

 異なる世界――本当にそんなものがあるのか?

 目の前にいる老人と教師は、そう言いたげな表情をしている。才人は内心で苦笑した。まあ、ルイズだって未だに信じてくれないし、この世界の人間にとってはそれが普通の反応だよな。だいたい、俺が地球にいた頃に、もし『自分は異世界から来た魔法使いだ』って名乗る奴が出てきたら……やっぱりそう感じただろうし。

 と、才人が半分諦めたように周囲を伺うと……ひとりだけ、あきらかにおかしな反応をしている人物がいた。太公望だ。腕を組み、目を閉じてなにやらぶつぶつと呟いている。

「なあ、タイコーボー……もしかして、お前は信じてくれるのか!?」

「ああ、信じる……というか、まさか『異界人』だったとは……いや、ひょっとすると『異星人』か? おぬしと初めて会ったときから、どうも他の人間と毛色が違うと感じておったのだが、いやはや……」

 信じてくれた! おれの、この世界に来て初めての友達が!! 才人は感激した。だが、あまりの嬉しさに我を忘れてしまったせいで、彼は太公望がうっかり漏らした爆弾発言を聞き逃してしまっていた。

 ――ひょっとすると『異星人』か?

「何か知っているの?」

 この部屋に入ってきてから初めて口を開いたタバサへ、太公望はぼりぼりと頭を掻き毟りながら答えた。

「異世界云々については、これから検証せねばならぬだろうが、ひとつ確実に言えるのは――ルイズが、とてつもない可能性を秘めたメイジだということだ」


○●○●○●○●

 このわたしが、とてつもない可能性を秘めたメイジ――?

 ありえない。でも、ロバ・アル・カリイエから来たメイジが。調査をお願いしたひとが。学院長が、トリステイン貴族だったら王宮に推薦するとまで言った人物がそう言っている。ルイズは、その一言に縋った。

「おねがい、教えて。わたしの魔法がどうして失敗するのか。先生たちも、お父さまやお母さまにも、王立アカデミーで研究している姉さまにすらわからなかったの。どんなに勉強しても、毎日ぼろぼろになるまで練習してもできなかったのよ。おねがい……!」

 最後はもう言葉にならない。気がついた時、ルイズはほろほろと涙を零していた。

「こっ、これ、泣くでない!」

 一方、ルイズの様子を見た太公望は、いつもの人を喰ったようなそれから一転、まるで別人のように慌てふためいた。ぐずり続けるルイズをあやし、困ったように空中へ視線を這わせる。ついには、助けを求めるように学院長に目を向ける。オスマン氏はしばし迷っていたようだが――ついには、頷いた。

 そしてオスマンが口を開こうとしたその時。彼の代わりに、別の人物が声をかけてきた。それは、この場に同席していた教師『炎蛇』のコルベールであった。

「私も、是非きみの見解が聞きたい。己の無力を告白することになりますが、私たち教師がどんなに調べても、ミス・ヴァリエールが失敗する理由がわからなかったのです。彼女はこんなにも追い詰められていたというのに」

 そう言って、頭を垂れる。しん……と静まった室内に、唯一ルイズのぐずる声だけが響いていた。

 ――数分後。ルイズがようやく落ち着いたのを見計らって、太公望は説明を始めるべく動き出した。彼はその手始めとして、椅子から立ち上がって頭に巻いていた布を取ると、捻って縄状にした後、テーブルの上に乗せた。

「さて、ここに1本の縄がある。これを使って簡単に説明する」

 一同を見回すと、皆真剣にテーブルに注目していた。

「その前に<サモン・サーヴァント>について確認したい。オスマン殿、この魔法は、ハルケギニアのどこかにいる生物の前に『入口』を作り、自分の前へと呼び出す『出口』を開く魔法……この認識で間違っておらんかのう?」

「うむ。開かれる場所や、選ばれる対象がどうやって決まるのかについては不明だが、己に最も相応しい使い魔との間に一方通行の『門』を創り出す」

 うむ、と頷いた太公望は、テーブルに置いた縄を指差す。

「この縄の両端、これを『門』。そして縄の長さを『距離』と考えて欲しい」

 そう言うと、彼は縄を持ち上げてその両端を掴み、ぴたりと繋ぎ合わせた。

「『門の接続』とは、こういうことなのだ。中間の『距離』をねじ曲げ、空間同士を繋ぎ合わせる……タバサよ」

 自分の主人に声をかけた太公望は、持っていた縄をテーブルへ戻した。

「今わしがやってみせたように、この縄の端と端をくっつけてみてくれ。ただし、手ではなく魔法を使って、だぞ。よいか、ぴったりと合わせるのだ」

 頷いたタバサは、得意の<ウインド>を使って接続を試みる。だが、なかなかうまくいかない。ようやく太公望から合格の声がかかった時、彼女は肩で息をしていた。

「このように『接続』にはたいへんな<力>と、先端同士……つまり、向こう側とこちら側の空間をしっかりと認識する『感覚』を必要とする。コモンとされておる<サモン・サーヴァント>だが、実は無意識にこのようなとんでもないことをしているのだ。ここまでは理解してもらえたであろうか?」

「これは……まるで考えてもみなかった理屈じゃが……納得できる」

「ええ、アカデミーで研究していてもおかしくない内容ですぞ」

 研究者としての血が騒いできたのだろう、オスマンとコルベールが興奮したようにまくしたてる。しかし、ひとり納得していない人物がいた。ルイズである。

「でも、これとあたしの魔法に、何の関係があるの?」

「そう急くでない。これからちゃんと説明する」

 そう言うと、太公望はどっかと椅子に腰掛けてひと息ついた後、再び持論の展開を開始した。

「さて。『空間』をねじ曲げるのが大変な作業であると理解してもらえた、そう判断して話を進める。普通のメイジはあくまでハルケギニアの中でしか『接続』することができない。ところがルイズは……」

 一端言葉を句切り、ルイズにまっすぐ視線を向けた太公望は、結論する。

「空に浮かぶ月よりも遠い『異世界』と自分を結ぶ縄の両端を、寸分の狂いなく繋いでみせた。そんな娘が無能だと? 絶対にありえん。もしもルイズがわしらの国に生まれておったら、間違いなく幹部候補生としてスカウトが飛んで来るわ。『空間ゲート接続』というのはそれだけ難しく、強い<力>を必要とする高度な技術なのだよ」

 静まりかえる室内。と、コルベールが手を挙げた。

「ミス・ヴァリエールが素晴らしい可能性を秘めている、ということはわかりました。しかし、何故魔法を失敗するか、それについてわからないことには……」

 コルベールの疑問はもっともだ。ルイズとしても、自分がどんなに優れた力を持っていると言われても、失敗の原因が判明しなければ意味がないのだ。

「ここからは、あくまでわしの仮説に過ぎないのだが……今度はコルベール殿にお訊ねしたい。普通のメイジが魔法を失敗した時にも<爆発>するのかのう?」

「いえ、ありえません。何も起きないのが普通なのです」

「うむ。わしらの間でも、基本はそうなのだ。しかし、とある失敗をした時に<爆発>を伴うことがある」

「そ、それって……」

 震える声を抑えきれず、ルイズは尋ねる。そんな彼女を見た太公望は、真剣な表情で続きを話しはじめた。

「大きすぎる<力>を制御できずに暴走させてしまったとき、行き場を失った<力>が暴れ回り、結果<爆発>することがある。これは、炎を伴う場合も、袋の中に限界を越えるまで物を入れ続けると、あちこち破れて中身が飛び出してしまうように……火を一切伴わない<破裂>となることもある」

 ――と、そこまで太公望が述べたところで、これまで話の中に入れず少し退屈そうにしていた才人が大声を上げる。

「そうだよ! ルイズの<爆発>ってさ、燃えてないじゃん!!」

「えっ?」

 一斉に才人に振り返る一同。

「なんかおかしいって思ってたんだ。やっとわかった。教室で爆発させたとき、色々吹っ飛ばされたり、煤で真っ黒になってただろ? けど、ルイズもあの赤土先生も火傷してなかったし、火事だって起きなかった!」

 ルイズをはじめとしたメイジたちが、あっと声を上げた。言われてみればその通り、これまで何度も彼女は失敗してきたが、火災が発生したことなどなかった。せいぜい、爆風で机が吹き飛んだり、周囲が煤けたりする程度だった。

「ギーシュと決闘したときだって、ルイズはあんなに土煙があがるほど爆発させてたのに、俺、ちっとも熱くなかった。なあ、これってルイズの<爆発>が特別だっていう証明にならないか?」

 全員が、息を飲む。思わぬ場所から援護をもらった太公望が破顔する。

「よく覚えていてくれた、才人よ。確かにそれは証明のひとつになる。ルイズよ、おぬしが魔法を失敗していた理由。それは……巨大すぎる<力>が、魔法という器に収まりきれずに溢れ出し、破裂してしまっていた。その可能性が高い。つまり<力>のコントロールを覚えれば……」

 その言葉を引き継いだのは、コルベールだった。

「彼女は『スクウェア』……いや、それを凌駕する可能性を秘めている、と」

 室内は一瞬の静寂の後……大きな歓声に包まれた。

 ――ルイズは、泣いていた。だが、今流している涙は、これまで幾度となく溢れさせていたものとは異なり、暖かいものだった。

 自分の肩を無遠慮にバンバンと叩きながら「だから言ったろ! お前はゼロなんかじゃないって」と、笑いかけてくる使い魔。無礼だなんて思わない。不思議なことに、この痛みすら心地よく感じていた。

 最初は、初めて成功した魔法でただの平民を呼び出してしまった、と、やり場のない怒りに囚われていた。でも、そんな彼が、実は伝説と呼ばれる使い魔で。しかも、その存在そのものが、誰にもわからなかった失敗の、原因判明の為に役立ってくれたのだ。

 『メイジの実力を測るには、その使い魔を見よ』

 この言葉は、真実だったのだ。

 太公望の言うとおり、本当にそれが失敗の理由なのかはわからない。だが、ルイズにとって一筋の光明となったのは間違いない。

 ――タバサは、胸の奥が熱くなるのを感じた。

 そう、ルイズと同様……彼女も、ハルケギニアの『外』にゲートを開き、太公望というまさに『規格外』の使い魔を召喚しているのだ。つまり、研鑽次第では今よりもずっと強くなれるということを、己の使い魔が証明してくれた。そんな彼は。

「まあ、乗りかかった船だ。<力>のコントロール方法についてはわしがある程度見てやろう。そのためにはルイズ、あとでおぬしの魔法をよく見せてもらう必要がある。かまわぬか?」

「も、もちろんよ! こっちからお願いするわ」

 自分と同様、厳しい顔をして誰も寄せ付けなかった少女を、笑わせていた。


○●○●○●○●

「さて、だいぶ時間がかかってしまったが、今からでもまだ遅くない。舞踏会の支度に戻るがええ。君たちは主役なのじゃから……と、すまんがミスタ・タイコーボーは少し残ってくれ。フーケの件について尋ねたいことがある」

「……まだ何かあるんかい。まあよい、手早く頼むぞ」

 タバサ、ルイズ、才人、そして先程の講義によって研究熱に文字通り火が付いてしまったコルベールの4人が学院長室を後にすると、オスマン氏と太公望のふたりは椅子に座り向かい合った。

「……で、人払いをしてまで話したいこととはなんだ? まあ、だいたいの想像はついておるが」

 対面に座る太公望の言葉に、オスマンは舌を巻いた。これは下手に騙して不信を買うより、正確な情報を与えたほうが今後のためだろう。そう判断し、話し始める。

「君のことだ、おそらくわしが黙っていても結論にたどり着いてしまうじゃろう。まったく……<ミョズニトニルン>にならなかったのが不思議なくらいじゃわい」

「それは一体なんのことだ?」

「<ガンダールヴ>と同じ、伝説の使い魔の1柱じゃ。『神の頭脳』『神の本』とも呼ばれ、<ガンダールヴ>を含むその他3体の使い魔と共に『始祖』ブリミルによって使役されていた存在じゃ」

「ルイズは『始祖』と呼ばれる存在が使役した使い魔を呼び出した。つまり、始祖と同様の<力>を持ちうる可能性を秘めている……と?」

「その通りじゃ。さっき君の話を聞いて、確信した。彼女の系統は失われしペンタゴンの一角<虚無>じゃろう」

「<虚無>か……土・水・火・風の4大系統に属さぬ、既に失われて久しい『伝説』の系統、だったな?」

「そうじゃ。失敗の理由も、それで説明がつく。合わない系統に、大きすぎる<力>。当然の流れじゃな……もしも君に刻まれたルーンが伝説の使い魔のそれであったならば、この仮説は崩れておったのだが」

「わしの左足の裏に刻まれとるアレは、それらに該当しないということかの?」

「うむ。君の<アンサズ>は『知恵』を象徴する古代ルーン文字だ。それに、そもそも始祖の使い魔のルーンは、現れる場所が決まっておるようだからの。左手、右手、頭……最後のひとつは不明じゃが、さすがに足の裏ということはあるまいて」

 なるほど……と、太公望はテーブルに両肘を付いてぼやく。

「これは、絶対に他言無用の案件だのう……タバサは勿論、本人たちにも言えぬわ」

「話が早くて助かる。もしこんな話が王宮にでも漏れたら大変じゃ。暇を持て余した宮廷雀どもが、戦がしたいと鳴き出しかねんわ」

「ま、わしとて戦乱なぞご免被りたいからの。しかし、異世界に、そこからやってきた使い魔、そして武器か……そのあたりも含めて、例の件を詰めておいたほうがよさそうだのう」

「うむ。かかるであろう予算は組んである。だが、ほどほどに頼むぞ?」

「しかし、やはりおぬしは狸ジジイよのう」

「君にそう評価してもらえるのは光栄だ、と返しておこうかの。ホッホッホ」

 ――お互いを認め合った曲者達は、その後舞踏会が始まる直前になるまで、夜空に浮かぶ赤い月も真っ青になるような談話を続けた――。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.031368017196655