チラシの裏SS投稿掲示板




No.33152の一覧
[0] 【ネタ】TS転生したせいで彼女ができないなう[かえる](2012/05/16 19:23)
[1] 【速報】俺たちの天使まゆたんがレズだった模様[かえる](2012/05/17 02:29)
[2] ぼくたちわたしたちのまゆたん[かえる](2012/05/18 10:46)
[3] 【速報】まゆたん、彼女できる[かえる](2012/05/17 02:30)
[4] まゆたんがあぶない【前編】[かえる](2012/05/17 02:26)
[5] 【速報】まゆたんの学校がテロリストに占拠されてる件[かえる](2012/05/18 11:02)
[6] まゆたんがあぶない【後編】[かえる](2012/05/17 06:04)
[7] 日常のターン[かえる](2012/05/17 09:05)
[8] 【速報】まゆたんファンクラブ2500万人突破【祝】[かえる](2012/05/17 10:19)
[9] まゆたんの修羅場[かえる](2012/05/18 03:36)
[10] まゆたんが振られた件[かえる](2012/05/18 05:57)
[11] まゆたん留学する[かえる](2012/05/18 11:42)
[12] 【東大合格者】まゆたんハーバード大留学wwwww【おめでとう(笑)】[かえる](2012/05/18 10:29)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[33152] 【ネタ】TS転生したせいで彼女ができないなう
Name: かえる◆d135f0f2 ID:41e57858 次を表示する
Date: 2012/05/16 19:23

高校に入ってますます周りからアイドル扱いされるようになった俺はいつものように途方に暮れていた。

俺は前世、そこらへんに転がってそうな一山いくらの平々凡々たる男であったが、何の運命か知らないが死んでしまった。死因とかもよくわからない。どうやら家でゲームしてたら死んだようだ。積んでいたエロゲをやってみたところ思いの外面白かったので熱中していたのが原因かもしれない。やっていたのはアクション系のエロゲで、近未来の主人公が普通の学園生活を送っていたところなぜか急に記憶を失っていて、「戦争なう」な状況からスタートするなかなか高尚なゲームである。続編も2作発売されており、また、今作品はシリーズものの一つであるため熱心なファンも数多くいるというそうだ。

あまりの面白さに4日間飲まず食わず寝ずのぶっ続けでゲームをしたのが祟ったのかもしれない。ゴールデンウィークだぜ!!とか言いながらついやってしまった。今までも休みをゲームに費やすことは何回もあったけど、まさか死ぬまで熱中していたとは思わなかった。我ながらびっくり。きっと両親も驚いて……ああああああああああああああああああ!!!!!

俺ってエロゲつけっぱの状態で死んだってことじゃん。それってかなりまずくね? 家に入ったら俺がPCの前で死んでて、休止状態になったPCを立ち上げてみるとあら不思議、エロゲしてたことがまるわかりの画面……

いやもういい。前世のことはこの際忘れよう。でも今世を目一杯楽しむというのもなかなか難しい。どこぞの小説では、TSしたら心も女になって男を好きになるとかいう設定とかあるけどさ、ぶっちゃけあれは嘘だ。だって普通に暮らしてる人間のなかでさえも性同一性障害とかゲイとかレズとかいるわけだから元男である俺がおにゃのこになったからじゃあ男を好きになりましょうなんて激しく無理だ。

俺は今でも女の子が大好きです。そして毎日鏡見てうっとりしてますよ。女に産まれたときはどうしようかと思ったけど、このスペックの高さを考えると素直に神様に感謝してもいいかなと思えてくるレベルだ。ただしこれのせいで彼女ができない。まじで深刻。

昔は世の中にはレズとか結構いるわけだし、なんとかなるだろ!と思っていた。でも生憎それはこの俺の美貌(笑)が許してくれなかった。まだ小学4年生までは天国だった。戯れにおにゃのこと遊びでキスなんていう、もし中身が俺だとバレたら一発で刑務所行きになるようなことも結構やった。さすがにビデオに収めたりなんかはしなかったけど、俺は人生の春を謳歌していた。

だが春が来れば次は夏が来る。それは自然の摂理だ。後に秋が来てやがて冬が来るなどと考えると今から憂鬱になってくるがそれはそれ、これはこれで俺は今まさに「夏」の状況にある。

小学5年生になると周りのおにゃのこは男に目を向け始めた。男と言っても同じ学年のクソガキどもに対しての興味ではなく、大人の男(笑)に対しての興味だ。やっぱり付き合うなら大人の人がいいよねーなんていうおにゃのこたち。おにゃのこというより単なるマセガキのような気もするが、俺は適当に彼女たちに向けて相槌を打っていた。そんなこんなで「かんけいないね」と冷めた目で見つつ、同時にブラチラも視姦しつつ、俺はその日、今日はみなこちゃんと何して遊ぼうかなと考えていた。

だが、その日の放課後、みなこちゃんから言われた一言を俺は一生忘れられないだろう。

「わたし、りょうくんが好きなんだ。」

「そういえばわたしたち、たまにキスとかしてるけどあぁいうのってやっぱり好きな人同士じゃないとダメだと思うんだよね。わたしまゆちゃんのことも好きだけどりょうくんのほうが好きだから……」

俺はその日崩れ落ちた。前世の失恋と比較しても遜色ないかなりの痛手となる失恋を味わった日だった。美少女たる俺がマセガキに負けるだと……と心の奥底で俺は咆哮していた。2日泣いたし、その2日小学校をサボった。しかし3日目にはまぁ次があるさ!と考えて立ち直ったのだから俺という存在は計り知れない。ちなみにまゆちゃんってのは俺のことだ。

しかし次は来なかった。ふと気付けば周りは男ラブな女どもだらけの空間であった。女好きな俺は完全に異端であった。俺にできることと言えばせいぜいスキンシップという名のセクハラじみた触れ合い活動しかなかった。

それからは地獄の日々だ。こないだ彼氏とえっちしちゃったというおにゃのこの話を興味津々で聞くおにゃのこたち。俺は一人「小学生に手出してんじゃねーよオッサン!! うらやましすぎるから死ね!! いいもんね! こっちは修学旅行でばっちりみんなの【このワードは18歳未満には見えません】目に焼き付けたもんね! いつでも脳内で現像できるもんね! 女湯だって入り放題だもんね! しかも触っても問題ないし!」なんて考えて項垂れていた。そしてくだらないクソガキどもの告白を往なす。何頬赤くしてるんだこいつら気持ち悪いわと思いながら。

その地獄は中学に入っても続く。と、いうよりも中学に入ったことでより悪化の一途を辿ったのではないだろうかと思った。告白200人切りとかも達成して町では結構有名人と化してしまった。昔っから開き直って「アイ アム ア レズビアン!」と言っていればこんなことにはならなかったのだろうが、今さら「実はわたし女の子が好きなんです。男には興味ありません。」なんて言ったらこの世の終わりのような仕打ちが待っていると思ったからだ。

そうして地獄の3年間を終えた後、俺は念願の女子高に入ることとなった。県下でも有数の進学校でもあるこの女子高は周りの住人達から一目置かれており、入ってるだけでそこそこのステータスを獲得できるという高校である。

ここで女子高というものを知らない諸君たちに講釈を垂れるとしよう。

女子高は「花の園というイメージがあるが実際はそんなことはなくめっちゃ自由奔放」と、いうイメージをあなたたちは持っているかもしれないが実際は違う。自由奔放というか、男がいないからただ格好や言動がだらしないだけだ。女の魅力のかけらもない。エロゲでは、女子高はお嬢様の代名詞のようなものだったが、実際はお嬢様なんていない。金持ちの娘はいるけど、「ですのよ」とか「ですわ」とか「オーホッホッホ」なんてキャラは完全に存在しない。というか存在してたまるか。てか、金持ちの娘ほど男遊びしたがる傾向が強いと言うのが、ここ一年での俺の調査結果であり、昔の俺のお嬢様像というやつは音を立てて崩れ去った。(ちなみに、貧乏の娘は当然金持ちよりもビッチ率高し。だから低偏差値の女子高は非処女だらけである。援交も多発しているようだ。相場はゴムつきで3万だとこの前クラスの女の子が発言していた。俺はドン引きだったが、一部を除いてみんな興味津々であったのがとても恐ろしい。あとここの高校の制服は、特注品でもともと値段が高いし、しかも高偏差値の制服はあまり『市場』に出ないため高く売れるそうだ。それと元値は12万円であるというのだからぼったくりもいいところである。)

しかし俺が項垂れているのはそんな女の子たちのあまりの酷さに幻滅しているからというわけではない。彼女たちは普段はそれはもう言いたい放題やりたい放題しているけれど、それはそれで彼女たちの「素の姿」なのだ。それに幻滅するということは、彼女たちの中身を全く見ていない、彼女たちの中身が見えていないというわけであり、『なんだこの車は! 買ったばかりだというのにキズがついておるではないか! 展示品にはついていなかったぞ!』と言うようなものである。……あれ、なんか幻滅するのが正しいような気がしてきた。

ま、まぁともかく俺はおにゃのこが心の底から好きなので、そんな程度で「女怖いよがくぶる」なんていうようにはならないのである。大体男とセックスするほうがよっぽど怖いわ。まじで俺を性的な目で見るのはやめてください吐き気がします。

話を戻す。俺が項垂れているのは何を隠そう「俺のファン」のことだ。

どこから伝わったのか、俺のキュートな可愛さは県外にも知れ渡り、なんかしらんがファンクラブができている。ファンクラブができた一因はあれしか考えられない。

昔俺がハマっていたエロゲのキャラのコスプレをして、ネットに投稿したせいだ。あまりに似合っていたので、自慢したくなって投稿したらあっという間に10万アクセスを叩きだし、一躍有名になってしまったのだ。やべぇと思って消したのも束の間、まさかの中の人の特定までされて、家にまでファンという名のストーカーたちに突撃された。特定の原因はうちの隣に住んでいるやつがそのエロゲのファンで、俺のことを知っていたからネットに情報をもたらしたせいだと言う。「ついやっちゃったんだぜ☆」とか言いながらふざけた笑みで俺に近付いてきたので、俺はその隣人に無理矢理コスプレをさせられたと言い張って警察にしょっ引いてもらった。はっはっは、因果応報とはこのことだな。

ついでに言えば、うちに突撃してきた巡礼者(笑)も警察のお世話になっていた。ストーカー規制法に引っかかって金輪際俺に近付けなくなったとか。喜ばしい限りである。

女子高の前にいる俺のファン、もといストーカーたちは現在の俺の悩みの種である。一応前よりは数は減っているがそれでもなお、FPSの猛者のように女子高の壁に張り付く姿はもはや呆れを通り越して敬意すら抱きたいところだ。

「まゆぴーも大変だね……あれのせいで彼氏できないんでしょ」

ため息をついているとクラスメートCが声を掛けてきた。本名はちゃんとあるけど、お顔があまりよろしくないのでヒロイン扱いはしない。あくまでクラスメートCだ。属性が『女子校+高校生+低身長』だからと言って過分な期待を抱くと後悔するぞ!!! 気をつけろ!!

「別に彼氏はいらないんだけど……大変だよ。」

「お、レズ発言いただきましたー 危ない危ない。」

自分で自分の体を抱きしめながらそう茶化すクラスメートC。安心しろ。お前には興味ない。俺は顔フェチなんだ。

「レズ発言っていうかまゆレズだもんね。可愛そうに……こんなに可愛いんだから彼氏なんてより取り見取りなのに。」

「え、そうなの!?」

「え、知らなかったの? だってまゆ着替えのときいっつも私たちの体見てるもんね~ 可愛いのに視線だけは男なんだから。産まれる性別間違えたのかもね。」

「ま、まゆぴー! 私のこと視姦してたの!?」

「大丈夫。クラスメートCは興味ないから。」

「なにそれ! ていうかクラスメートCって言うのやめてー まじやめてー 傷つくー」

会話に割り込んできたのはみさきという名前の女の子だ。俺がレズ(というか単に女の子が好きなだけなんだが)であることを早々に把握するほど感覚が鋭く、そして性に関してかなり奔放的であり、援交をバイト代わりにしているという強者である。顔は可愛いというよりも綺麗な感じで、お姉さんタイプ。女の子に人気がある。俺の容姿はものすごく幼女系なので、男に対しては絶大な人気を誇るが、女から見ると、「きゃ~ 可愛い~!!」というリラックマ並の扱いだから、とても羨ましい。みさきが援交をしている理由は「単に時給換算で高いから」というかなり割り切ったものらしく、スポーツ万能で成績はかなり優秀。強くてニューゲームな俺とタメを張るぐらいの成績なので頭の良さはヤバい。ゴムつき3万の相場を力説していたのは彼女ではなく別の女の子だ。みさきは援交1回で3万とかではなく、時給3万くらい稼いでいるらしい。恐ろしい魔性の女だ。……その実態は家計の苦しい母子家庭で育っている彼女が大学に進学するため……そしてその資金を稼ぐためという……設定を作っているそのへんの一般家庭のお子さんである。お父さんも健在である。でも進学をするのは本当らしく、大学卒業と同時に服飾関係で起業する予定らしい。確固とした将来のビジョンを持った自立した女の子だと思う。

俺の将来のビジョンは前世の職業の焼き直しである。前世はこれでも翻訳家としてなかなかの収入を得ていたので、今回もそれでいこうと思っている。プログラミングも少し齧っていたので、幼少時に真面目に勉強したらなんかものすごい勢いで理解できたのでWEBサービスを作ったら、結構ヒットし、なんと、月10万円の不労所得を得ている。(サービスそのものはそういう契約で売却した)

あ、それとおにゃのことにゃんにゃんすることかな。ただし職業としてやってるおにゃのことはしない!というのが俺の生き方だ。あと、別に前世が童貞だとかそんなことは別にないです。普通に彼女作ってヤりました。寝取られたけどな!!!!!! 他にはワンナイトなのが3回くらいかな。海外旅行に1人で行って現地で知り合った日本人とえっちしたという話さ! 海外の一人旅はいいものだぞぉ~

「まゆさー レズって公言した方がいいんじゃない? そんなんじゃいつまで経っても彼女できないよ。」

「えぇー まゆってまじでレズなのー」

「ちょっと黙っててクラスメートC」

「みさきちまでクラスメートCって呼ばないでよ! 私にはちゃんとち……

「でもレズってみんなに言ったら何言われるかわからないし……」

「え、何! 無視なの!? 無視しないで!」

そう。俺が恐れているのはこれだ。中学生時代が地獄だったというのはこれもある。女という生き物は恐ろしい。まるで異端を排除するかのように遺伝子にプログラムされていて、少しでもみんなと違う発言をした女の子をみんなでハブにしていた。俺は幸いにもマスコットキャラのようなポジションにいたのでそういうことはなかったが、見えないところで相当陰険ないじめが行われていたようだ。見えないところと言っても俺が見てないふりをしているだけだが、安っぽい正義感を振りかざして中学校を過ごしても無駄に苦しんで日々を過ごさねばならないのは目に見えて明らかだったので俺はそのいじめを放置した。それに、いじめられていた女の子も見た目が不潔だったので、わざわざ助けようという気持ちも起こらなかった。

こうやって内面を描写すれば、人生2回目なのになんて非道な人間なんだと思う人もいるかもしれないが、実際その立場になれば無理な行動は早々起こせないものだし起こさないものだ。あれはしなきゃだめだ、これはしてはいけないだのとぎゃーぎゃー騒ぐのはいつも当事者以外の人間なのだ。

「大丈夫だと思うけど。まゆだったらキスくらいいいかなーとか思ってる子は結構多いと思うよ。」

「うそ! まじで!?」

「なんかまゆぴーのキャラが変わった……」

柄にもなく大声を出してクラスのみなさんの注目を浴びてしまった。やべぇ、めっちゃ素が出た。くそっ、おしとやかまで行かずとも清楚系のおとなしいキャラで今まで生活していたのに男精神の俺がまさかこんなところで如実に現れるとは。

「そうだねー 例えば私とキスしない? まゆ……」

「へ?」

「ちょ、何このあまあまな空気。私場違いじゃないかな……ち「ダメ……かな?」最大のピンチ!」

「ダメじゃないけど……」

「ちょっとみさきちさーん。私の名前にセリフかぶせないでー ほら画面の向こうのみんなが私の名前知りたがってるじゃん!」

「まゆってキスしたことはあるの?」

「あるけど……」

「……」

「ふぅ~ん。いつしたの?」

「しょ、小学生のときかな。」

にやにや笑いながら俺の顔に自分の顔を近づけてくるみさき。正直援交してるというのだから商売女のカテゴリに入るのだろうが、その吸い込まれそうな瞳に俺の大昔の決意が揺らぎそうになる。というか、決意は現在完了の形で揺らいだ。くそぅ魔性の女め。

「顔赤くなってるよまゆ。」

「う、うるさいな。」

心臓がばくばく言っている。前世でこんな美人にここまで接近されたことはなかった。今世でも幼女以外とキスはしたことなかったから、顔が赤くなるのは正直仕方ないと思う。俺はみさきのその唇に吸い寄せられるように……

「ま、待って! やめて!」

「え?」

「えー いいところだったのになんで止めるのクラスメートC」

「な、何その目。私が異常~みたいな目で見ないでよ! 仮にも昼休みの教室なんだからそんな衆人環視の場所でやらなくてもいいじゃん! ほらみんな見てるよ! あとクラスメートCって呼ば

「私は気にしないけど」

うぉ。クラスのみんなこっち見てるじゃん。なんでこんな場所で俺はキスしようとしてたんだ。マジパネェ魔性の女。今回ばかりはクラスメートCに感謝しないといけないかもしれない。

「まゆレズだったのかよwwwwwきめぇwwww」

「あの二人付き合ってたんだ……私みさきちゃんいいと思ってたのに……ショック……」

「おまえもレズやったんかーい」

にわかに騒がしくなる教室。何か言われるかと思ったけど意外にもストレートに気持ち悪いと言うのは少数だった。むしろ皆愛の形はいろいろだからしかたないね。というか私の体で興奮する? なんて言われて興奮した。

「まゆさぁ、レズって引かれるとか思ってたみたいだけど、女子高だと割とあるんだよ。知ってた?」

「え、そうなの?」

「まぁ頻繁にあるわけじゃないけどたまにあるんだよ。少数派なのは確かだけど。」

「そうなんだ……」

騒がしくなっていく教室の中で俺は安堵のため息をついた。TSのせいでセックスはできなくなってしまったけど、どうやら彼女ができる兆しが見えてきたようだ。それを見越して女子高に入ったわけだけどこれで一安心というもの。ようやく春が終わりを告げて夏が来たのだ。




後日、二人のキスシーンの写真の低画質版がなぜかネット流出し、高画質版をダウンロード販売して一儲けした女子高生がいたとかいないとか。


――――――

ノリで書いてみた(´・ω・`)
オチが無理矢理な気がするけどぼくは設定厨なので話の流れとか考えるのは苦手です。

つづきというか外伝的なものは構想だけあるので今から書きます。


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025231838226318