チラシの裏SS投稿掲示板




No.31220の一覧
[0] 【ネタ】ヒキコ→リア充(レイセン、戦闘城塞マスラヲ)R-15[uwa](2012/04/26 20:19)
[1] 2話 巫女巫女とらいあんぐる[uwa](2012/04/25 14:00)
[2] 3話 私の妹がこんなにかわいいはずがない by謎の豊満セクシーメイド[uwa](2012/05/03 12:25)
[3] 4話 電波的な彼女[uwa](2012/04/25 14:00)
[4] 5話 ヒデオ君に女神の祝福を![uwa](2012/04/26 21:27)
[5] 6話 伝説の英雄の伝説[uwa](2012/05/03 14:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31220] 2話 巫女巫女とらいあんぐる
Name: uwa◆153f0aec ID:f3b856e3 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/04/25 14:00








「お、おおぅ!!」


元聖魔王である名護屋河鈴蘭は『ゴスロリの妖精』なる人物より送られてきたエロ映像にかぶりついていた。
さすがにこの歳にもなると多少の知識と耐性はあるが、それが知り合いの絡みになるとまた、エロさが有頂天である。
先程から自室で奇声を上げながら、身を乗り出したり悶えたりしている。
これを最近いい感じの元勇者に見せたら100年の恋も冷める勢いである。

画面の中ではヒデオがエルシアを押し倒し、熱い口づけを交わしながら衣服に手を掛け始めた。


「き、き、き……キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」


いやっほぅ!!とガッツポーズをする元聖女にして元魔王。
先程からテンションがうなぎのぼりである。
鼻息も荒く、雰囲気が年頃の乙女のそれではなく、もはやエロオヤジである。



『旦那様。下僕であるわたくしめにお情けをくださいませ』
『…………っ!!!!』








暗黒神の力で暗転


















「おのれっ!!暗 黒 神 !!!!!」


ズドムッ。画面にデフォルメされたノアレが浮かんだ瞬間に鈴蘭の瞳が紅く染まり、液晶テレビに炎獄がぶち込まれた。

往時の魔力こそ失っているが、神殺しの炎は一瞬でテレビを塵に変えた。













2話 巫女巫女とらいあんぐる 勘違いだけど











「睡蓮、すーいーれーんー!!」
「一度呼べば聞こえます。何ですか姉上」
「え、あー……と。何でもないヨ!!」


名護屋河本家。

鈴蘭は先程から睡蓮の名前を呼んでは口ごもることを繰り返している。
いくらチャランポランな姉でもここまで言い淀むのは珍しい。
何やら悪しき気配を感じた睡蓮は眦を釣り上げ姉に詰め寄る。


「先程からなんですか。言いたいことがあるならはっきりと言ってください!!」
「えーと、うん。怒らない?」
「何か怒られるようなことをしたのですか?」
「した、というか。私じゃなくてヒデオ君が……」
「ヒデオが?」


何故、姉の口からヒデオのことが出るのか分からず、戸惑う睡蓮。
そんな睡蓮に鈴蘭は意を決したように聞く。


「睡蓮さぁ……ぶっちゃけ、ヒデオ君のことをどう思ってんの?」
「……っ!ど、どうとは?」
「この間の合コンで良い感じになってたでしょ?恋愛感情はあるのかなぁって」
「…………あ、悪しき質問です!!そ、そもそもあやつは愚鈍で不出来な後輩であって、名護屋河家第44代当代であるわたくしとは釣り合いがとれません!!い、いえこれは別にヒデオが男として駄目という訳ではなく、いざという時の胆力と頭のキレはなかなか頼もしい……ではなく!!物事には順序というものがあってまずは文通から始めてお互いのことをよく知る必要がある……というか、いきなりなにをっ!そのようなことを答える必要はありません!!」


い、妹よ!!分かりやす過ぎる睡蓮の反応に思わず頭を抱えたくなる鈴蘭。
なまじ2人をくっつけようと画策したことがあるだけに、あってないような良心が痛む。

実はヒデオ君はエルシアさんと……。い、言えない。
妹の初恋が始まる前に終わっているなんて!!というか、アウター級の戦闘力を持つ2人が恋の鞘当などしたら二次被害でヒデオは死ぬであろう。


「妹よ、お姉ちゃんはずっとお前の味方だからな。(ヒデオ君の)死体の後始末と証拠隠滅はうちの会社に任せろ!!」
「な、何の話ですか!?」




















自分の知らないところで、何やら悪しき企みが進行している。
宮内庁の道場で瞑想をする睡蓮。本来ならば心を無にする必要があるのだが、ここ最近は雑念が消えない。
最近挙動不審な姉と何やら雰囲気が変わったヒデオ。
姉が挙動不審なのは、まぁ、良くあることであるが。ヒデオの様子が変わったというか…………


(格好良くなったような……。はっ、わたくしは何を!!)


心頭滅却。心頭滅却。
今までのヒデオは何をするにつけても自信がなさげで、おどおどしていた。
しかし、最近のヒデオには今までと違って積極性というか、熱意のようなものがあるような気がする。
一体何がヒデオにそのような変化をさとしたのかは分からないが、日本男児としての自覚が出てきたのであろう。














「女だね」


開口一番、長谷部翔香はそのように言い放った。
最近ヒデオの様子がおかしいという話を翔香に相談したら予想外の返答が返ってきた。

思わず睡蓮は目をパチクリとさせる。


「し、しかし長谷部先輩。あのヒデオに色恋沙汰など……!!」
「いーや、分からないよ。私の見たところヒデオ君はあれでなかなかジゴロっぽいからねぇ」


まぁ、本人は無自覚でクサい台詞を言うタイプだね。と言って翔香はからからと笑った。
睡蓮は自分でも理解できない焦燥に駆られて、思わず問いただすように詰め寄ってしてしまう。


「か、仮にヒデオにそのような……こ、恋人がいるとしてっ!!相手は誰なのですかっ!!!」
「それは、あれだ。ヒデオ君と同じような時期に挙動がおかしくなった子が怪しいんじゃないかい?」
「はっ!!ま、まさか……」


そう言えばヒデオと同じような時期に姉の様子がおかしくなったような気が……。

え、う…うそ。そんなことって……!!


「……姉上と、ヒデオが」


ぎりっ


否応なしに胸の奥に黒い感情が湧きあがる。
このような感情は悪しきものである。
名護屋河当代である自分には相応しくない。

姉にこのような感情を抱くのは駄目である。
悪し、き所業である。睡蓮は大きく深呼吸をして、愕然とした。


何故ならば、このような感情を抱いてしまうということは、


(そんな、わたくしは、ヒデオのことが……!!)
















暗黒神が端末の為に新たに生み出した特殊な隔離世。
隠密性に特化して、アウター級の存在でも容易に発見することも、侵入することもできない世界。
以前端末がエルシアに拘束され“超電磁鈴蘭MK-Ⅱスペシャル・ヒデオロケッツ!”の決定的瞬間を見逃してしまい、悔しさのあまり思わず目覚めて世界を滅ぼしかけた事を反省して創り出した、覗き専用の部屋である。




“あら、あららら。てっきりお姉さまと睡蓮がぶつかると思ったのだけれど、まさか、鈴蘭×ヒデオなんて新機軸は想像しなかったわ”

“こんなことで姉妹の絆に罅が入ってしまうのは可哀そうよねぇ”


にやにや
うふふ、くすす。

口では可哀そうとか言いながら、その目はどう見ても面白いおもちゃを見つけたという思いを隠していない。
闇とは実にたちの悪い存在である。


“うふふ、あっはははは。これから大変よぉ、閣下”














続いた。感想ありがとうございます。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.022372007369995