チラシの裏SS投稿掲示板




No.28146の一覧
[0] 【改訂】トトトトトリップ!~錬金釜で萌知魔エ!~(オリ世界多重クロス)[ミケ](2011/12/10 15:08)
[1] エルーシュ・ディガー1[ミケ](2011/06/02 00:22)
[2] フーデル・フォン・デルフィン1[ミケ](2011/06/02 15:45)
[3] カリュート1[ミケ](2011/06/03 20:57)
[4] 櫻崎萌子1[ミケ](2011/06/05 08:32)
[5] それぞれの原作[ミケ](2011/06/06 20:52)
[6] 閑話 1[ミケ](2011/06/06 08:22)
[7] エルーシュ・ディガー2[ミケ](2011/06/06 20:49)
[8] フーデル・フォン・デルフィン2[ミケ](2011/06/07 17:32)
[9] カリュート2[ミケ](2011/06/12 12:24)
[10] 櫻崎萌子2[ミケ](2011/06/13 01:18)
[11] 閑話 2[ミケ](2011/06/14 08:32)
[12] フーデル&エルーシュ&雅[ミケ](2011/07/06 00:12)
[13] カリュート&萌子&浩太[ミケ](2011/07/18 23:53)
[14] 閑話3[ミケ](2011/07/19 23:56)
[15] 【エピローグは】最終回【頑張ります】[ミケ](2011/07/20 20:11)
[16] 俺達の冒険はこれからだ![ミケ](2011/07/20 21:38)
[17] 設定[ミケ](2011/07/20 22:13)
[18] 改訂予告 2[ミケ](2011/12/10 13:59)
[19] 改訂版 プロローグ[ミケ](2011/11/29 13:01)
[20] 改訂版 エルーシュ1章[ミケ](2011/12/07 21:23)
[21] 改訂版 暫定最終話 プロローグ[ミケ](2011/12/10 13:37)
[22] 改訂版 暫定最終話 1話[ミケ](2011/12/10 13:37)
[23] 改訂版 暫定最終話 2話[ミケ](2011/12/10 16:59)
[24] 改訂版 暫定最終話 3話[ミケ](2011/12/10 22:20)
[25] 改訂版 フーデル・フォン・デルフィン 一章[ミケ](2011/12/17 21:59)
[26] 改訂版 フーデル・フォン・デルフィン 二章ー1[ミケ](2011/12/18 10:59)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[28146] 【改訂】トトトトトリップ!~錬金釜で萌知魔エ!~(オリ世界多重クロス)
Name: ミケ◆8e2b4481 ID:9a8f54f5 次を表示する
Date: 2011/12/10 15:08
うん、また新作なんだ。ミケサイテー。
しかも書く予定の物とどんどんずれて行く……。
一年で全登場人物が追い出されるはずだったのに! 題名に沿った完全ギャグのはずだったのに!
さようなら、書く予定のシーン達。こんにちわ新展開。
そして最後になるに従って急速に短く、駄目になっていきます……orz
いつものミケと思ってご覧ください。
長い年月が経って気が向いたら二章書く事もあるかもしれません。






















「では、これより帰還祝賀会を始めたいと思います!」

 秋葉原のカラオケボックスで、女の子が元気よく言った。
 それに、パラパラと拍手がなる。そこにいるのは、随分と年や背格好の異なる者たちだった。彼らの様子がおかしいのは、それだけではない。
 一人はどこにでもいるような、肩までのストレートの黒髪に制服の女の子。
 顔は十人並で、名を櫻崎萌子という。
 
「ふ……随分掛かってしまった物だな。異世界に転生してはや二十年か……。私の世界ではたったの一年だったがな。お陰で、仕事探しから始めなくては。治療費を払うのが大変だ」

 インテリっぽい白衣の男が告げる。大体、三十半ば位だろうか?
 その腰まで届く長い髪は真っ白で、染めているにしては髪の根元から綺麗に真っ白で、その瞳は赤い。その顔立ちは酷く整っていた。名を、エルーシュ・ディガーという。

「……長い時間眠っていたからな。体が重い」

 赤茶色の髪の毛に茶色い目の、暗い顔立ちのローブを着た二十代の青年が不機嫌そうに告げる。こちらは三十歳位である。カリュート、と言う。

「しかし、二十年生まれ育った体を錬金の材料にした時は、心が痛みましたね。元の世界の体があるから、もう一つの体は必要ないとはいえ……」

 四十代程の金髪碧眼のフーデル・フォン・デルフィン。これも美しい壮年が言うと、それぞれ頷いた。
 それから、四人は色々な話をして、持ちよった様々な物を見せあった。
 一年眠り続けていたという事実は、四人の現実に重い影を落としていたが、彼らは精一杯笑っていた。
 宴会が終わった後、四人が互いに手を伸ばす。その指には、一様に同じ指輪が光っていた。

「じゃあ、ね。また一年くらいして落ち着いたら、皆で遊びに行こうよ。それまでに私、いっぱいバイトしてお金貯めるから」

 萌子が寂しそうな顔をして告げる。

「金儲けなら手伝おう。お前と私の世界は近いからな」

「あはは、いいよ、エルーシュ。大騒ぎになっちゃうから。でも、勉強は教えてね」

「約束しよう」

「とりあえず、今を精いっぱい生き伸びないといけませんね」

「……ふん」

 フーデルの言葉に、カリュートが鼻を鳴らす。
 そして、萌子以外の三人が消え去った。
 かつて、四つの世界から、ある世界へ転生してしまった者達がいた。
 彼らは、協力し合って帰還を果たした。
 ここに、物語は一つの終わりを迎えた。
 ……そして、新たな物語が始まる。これは、トリップでトリップでトリップでトリップでトリップな、カルチャーブレイク物語なのである。


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.014933109283447 / キャッシュ効いてます^^