チラシの裏SS投稿掲示板




No.28082の一覧
[0] 【チラ裏から】 魔法少女だらけの聖杯戦争[浅田湊](2012/04/06 10:16)
[1] 聖杯戦争開始前日[浅田湊](2011/09/17 01:57)
[2] 平穏なる買い物[浅田湊](2011/09/17 01:59)
[3] 高町 なのは登場[浅田湊](2011/09/17 02:00)
[4] 始まった戦争[浅田湊](2011/09/17 02:02)
[5] キャスター[浅田湊](2011/09/17 02:03)
[6] ライダーVSキャスター[浅田湊](2011/09/17 02:06)
[7] アサシンの強襲[浅田湊](2011/09/17 02:07)
[8] 誓いと協力と[浅田湊](2011/09/17 02:10)
[9] 番外編 没話 セイバーVSバーサーカー[浅田湊](2011/09/17 02:15)
[10] 二日目~三日目予告と全話編集のお知らせ[浅田湊](2011/09/11 15:01)
[11] 静か過ぎる始まる[浅田湊](2011/09/17 02:12)
[12] 策謀[浅田湊](2011/09/17 02:14)
[13] 立ちはだかるもの[浅田湊](2011/09/19 15:52)
[14] 虐殺と増援[浅田湊](2011/09/24 04:10)
[15] 動き始める事態[浅田湊](2011/10/21 01:48)
[16] 宝具破壊、そして……[浅田湊](2011/10/30 00:06)
[17] 連合と襲撃[浅田湊](2011/11/11 00:17)
[18] 災いと策謀[浅田湊](2011/12/20 01:21)
[19] 侵入[浅田湊](2012/01/01 15:52)
[20] ほむらの決断(そして、オマケ)[浅田湊](2012/01/17 01:15)
[21] ライダー覚醒[浅田湊](2012/04/06 03:03)
[22] 反抗[浅田湊](2012/04/08 14:37)
[23] 火力不足[浅田湊](2012/05/27 01:33)
[24] 人形師の敗北[浅田湊](2012/07/15 19:24)
[25] 希望[浅田湊](2012/09/11 00:42)
[26] サーヴァントステータス表 更新しました[浅田湊](2012/07/15 19:22)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[28082] ライダーVSキャスター
Name: 浅田湊◆90ff2c1d ID:93eaa46f 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/09/17 02:06
「それで、他にも何かあるんじゃないの? 特にキャスターに関して……」

 ほむらの言葉に言峰は小さく頷くとある映像を見せる。
 その映像はつい先ほど行われたであろう戦闘の鮮明な様子だった。
 そして、その映像を見せながら言峰はこう呟く。

「何とも面白いとは思わないかね? 聖職者でありながら、その身は“穢れた存在”と矛盾している……私の推測では彼女は此度の聖杯戦争において強敵になりうると思うのだが……」

 愉しげに話す言峰の言葉など、ほむらには届いていなかった。
 映像に映っているのは、佐倉杏子……
 この世界には魔法少女などいないが、あの姿は紛れもなく佐倉杏子だった。
 それにあの戦い方もどうみても見知った佐倉杏子の戦い方である。
 ほむらの頭にはあの悪魔の存在が浮かび上がってきた。



「まさか、この世界にも奴はいるの!」



「奴? 何のことを言っているのかはわからんが、私の調べた限り彼女はすでに死んでいる……数年前に埋葬機関の手によってね……なのに、今こうしてここに参戦している……実に興味深いと思わないかね?」



 言峰の言葉になどほむらには興味などなかった。
 死んだ身体、まるでソウルジェムを抜き出された魔法少女のようではないか……
 その事で頭がいっぱいで言峰の話など全く入ってこない。
 埋葬機関や時計台、封印指定……この世界のルールなどまどかが救えるのであれば破ってでも救って見せる。
 それ故に佐倉杏子の姿をしたソレの出生には全く興味が無い。
 ほむらの中で興味があるのはこの戦争に勝ち抜く手段とその方法、そしてこの世界に奴がいるか否かだけだ。





「少し、一人にしてくれないかしら? 考え事があるの」





 抑揚のない、平坦な声でほむらはそう告げると言峰は小さく頷き部屋を後にする。
 そして、部屋に残ったほむらは俯き、感情の籠っていない眼でもう一度その映像を最初から再生し始める。
 別に佐倉杏子に興味がある訳ではない……
 もしかしたら、この世界にもあいつ……QBが存在している可能性がある事を懸念しているのだ。
 あいつがいたとするならば無限のエネルギーを生むことができる可能性がある聖杯を見逃すはずがない。
 だが、結論の出ない答えにほむらは深くため息を吐いた。






「ハロー キャスター?」

 その言葉に夜道を歩いていた二人の少女は振り向く。
 少女たちの振り向いた先には灯の消えかけた電燈が一つあり、その点滅する灯の下で着物を着た女性が此方を見下ろしていた。

「へぇ……随分と禍々しい英雄がいたもんだね……これじゃ、悪霊じゃないか」

 赤い髪をポニーテールにした少女は口にくわえたポッキーを折ると懐から槍を取り出す。
 それに追随する形でもう一人の少女も星を模した杖を取り出した。

「意外ね? 私のマスターと違って前線に出て来るんだ……そこは評価してあげるけど、所詮は人間、敵ではないわね」

「速い!」

 気が付くとライダーは目の前から消えており、次の瞬間キャスターの目の前が真っ赤に染まる。
 そして、隣でゆっくりと倒れていくマスターにそこで初めてマスターが刺されて事に気が付いた。
 その光景にキャスターは言葉を失うが、地面に当たる直前、マスターは飛散して消滅してしまう。
 そして、同時にライダーの右腕が吹き飛んだ。
 全く、状況が理解できないライダーはその理解できない状況に一度距離を取ると辺りを見回す。



「おかしいわね? 確かに殺した筈なのだけど……感触もあったし……」



 そう呟きながらライダーは右肩を軽く回した。
 すると、飛ばされた右腕が飛散し、消滅し始める。
 そして、吹き飛ばされた右腕のあった場所の肉が不気味に蠢き、やがてはもとの右腕として皮膚まで再生するのだった。
 その状況にキャスターは思わず、声を上げて驚いてしまう。
 だが、戦いの真っ最中に長時間驚く暇などある訳がなく、一枚のカードを取り出すとそれを宙へと投げた。



「クロウの創りしカードよ。我が『鍵』に力を貸せ。カードに宿りし魔力をこの『鍵』に移し 我に力を!ソード!」



 そのカードを星の杖で叩くと同時にその杖でライダーへと斬りかかる。
 だが、ライダーは携えていた刀でその杖を防ぐと面白そうに笑った。



「それが貴女の宝具って事なのかしら? なら、私も使わせて貰うわね? 乱紅蓮、遊んであげなさい!」



 ライダーがそう呟くと突如、背後に巨大な影が出現する。
 ライオンのような体に複眼のように並ぶ目、尾には何匹もの蛇というおぞましい姿にキャスターは一瞬、怯えるも何かを呟き動揺した心を落ち着ける。
 そして、すぐさまキャスターは次の手を考えるが、それよりも早くその不気味な化物が襲い掛かってきた。



 しかし、その化物の爪も牙もキャスターへと届く事は無かった。




「ったく、世話の焼ける餓鬼だな……」




 その声と共に、どこからともなく出現した槍が先程、ライダーを襲ったように乱紅蓮を襲う。
 その攻撃により、その化物はライダーの背後へと吹き飛ばされてしまう。


「まだ、こんな所で切り札の一つなんか使いたくなかったんだけどさ……アンタは私と同類らしいし、その手の奴って確実に破壊しないと消滅しないからさ……手加減は出来ないよ?」


 突如、キャスターと化物の間に現れた殺した筈のキャスターのマスターはライダーと背後の化物に殺気を放ちながら睨み付ける。
 まるで無傷な様子にライダーは忌々しげに睨み付けると大声で叫んだ。


「舐めた事、抜かしてんじゃないわよ! 人間風情が!」


「人間ね……アンタから見れば、私はまだ人間って事なのか……、さくら! あんたはライダー本体に集中しろ!この化物を潰し次第、一気に畳み掛けるぞ!」


「えっ! わかったよ! 杏子ちゃん!」


 あんな化物を一人で相手をするというマスターの言葉に耳を疑うも、二人を同時に相手にする程の力が無い事が判っている以上はそれ以外にこの場を打開する方法は無い。





 そのあとに映ったのはまるでランサーの如く槍を振るう佐倉杏子と杖でライダーを追い詰めるキャスターの姿だった。




 ここから先は記録が無いが、最後に僅かに映った映像から判断するに佐倉杏子が独力でライダーの宝具と思われる化物を撃破、その後キャスターと共にライダーに瀕死の重傷を負わせている。
 その高い実力から考えるに、この世界の佐倉杏子もあの世界でベテランとして生き延びてきた相当な熟練者であるとほむらは判断する。
 

 映像の中で気になる点としては最初のライダーの攻撃を喰らった筈なのに無傷という点だ。


 それ以上に気になったのは、何度か映像からも見て取れたが体の輪郭がぶれている場面が見て取れたという事だ。



 高速で移動しているわけでもないのに、当たらないのは何かしらの魔術と考えるのが妥当だろう。
 それも、相当なレベルで対魔力D……いや、Bですら防げないレベルの魔術と考えるべきかもしれない
 つまり、何らかのアクションを見せずにそのクラスの魔術を行使できるマスターともなれば、それにも対策を立てながら戦わなければならない。
 今回の事で救いがあるとすれば、戦う前にその能力の一部を掴めたことだろう。
 もしも、何らかの魔術で惑わせているのであれば、ほむら自身の攻撃すらも躱されてしまう可能性がある。
 その上、気になって仕方が無いのは切り札の一つと言っていた事だ。
 まだこれ以上の切り札が存在する可能性を意味している。
 そうなれば、こちらとしても本気で相手にせねばならなくなってしまう。
 前回からの累積もあり、使える回数は数えられるほどしかないほむらの持つEX級宝具の使用も考えなければならないかもしれない。
 そう思い至ると小さな声でこう呟いた。



「これで、キャスターは相当厄介な敵になったわね……」



 しかし、ここでほむらは大きな見落としをしてしまう。
 ライダーの能力である再生ばかりに気を取られて、禍々しい膨大な魔力にだ……
 此度の聖杯戦争で最も魔力を保有し、それが穢れている存在……
 この時はまだ、このライダーの真の脅威について気付く者は誰一人としていなかった






ライダーに関して若干のパワー変更を行いました
強化です。狂化ではありません。
本来の能力を考えればこれくらいはゆるされるかな?レベルでwww


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.096843004226685