チラシの裏SS投稿掲示板




No.24259の一覧
[0] ◇ 過去に戻って幼馴染と再会したら、とんでもないツンデレだった模様[ペプシミソ味](2011/01/13 12:55)
[1] ・第2話[ペプシミソ味](2010/12/07 13:03)
[2] ・第3話 【小学校編①】[ペプシミソ味](2010/11/19 08:16)
[3] ・第4話 【小学校編②】 [ペプシミソ味](2010/12/07 17:54)
[4] ・第5話 【小学校編③】[ペプシミソ味](2010/12/07 17:54)
[5] ・第6話 【小学校編④】[ペプシミソ味](2011/02/03 02:08)
[6] ・第7話 【小学校編⑤前編】[ペプシミソ味](2011/02/25 23:35)
[7] ・第7話 【小学校編⑤後編】[ペプシミソ味](2011/01/06 16:40)
[8] ・第8話 【小学校編⑥前編】[ペプシミソ味](2011/01/09 06:22)
[9] ・第8話 【小学校編⑥後編】[ペプシミソ味](2011/02/14 12:51)
[10] ・第9話 【小学校編⑦前編】[ペプシミソ味](2011/02/14 12:51)
[11] ・第9話 【小学校編⑦後編】[ペプシミソ味](2011/02/25 23:34)
[12] ・第10話 【小学校編⑧前編】[ペプシミソ味](2011/04/05 09:54)
[13] ・第10話 【小学校編⑧後編】 【ダンス、その後】 を追記[ペプシミソ味](2011/10/05 15:00)
[14] ・幕間 【独白、新江崎沙織】 [ペプシミソ味](2011/04/27 12:20)
[15] ・第11話 【小学校編⑨前編】[ペプシミソ味](2011/04/27 12:17)
[16] ・第11話 【小学校編⑨後編】[ペプシミソ味](2011/04/27 18:35)
[17] ・第12話 【小学校編10前編】[ペプシミソ味](2011/06/22 16:36)
[18] ・幕間 【独白、桜】[ペプシミソ味](2011/08/21 20:41)
[19] ◇ 挿話 ・神無月恋 『アキラを待ちながら』 前編[ペプシミソ味](2011/10/05 14:57)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[24259] ・第4話 【小学校編②】 
Name: ペプシミソ味◆fc5ca66a ID:cf024f42 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/12/07 17:54
 ・第4話 【小学校編②】


 ◆


 桜はボクに実に多種多様な文句――鼻をほじるな、とか、肘をついてご飯を食べるな、とか――を言うけれど、その中で最も多いのが『兄さんは興味がない事に冷淡すぎ!』という事だ。そしてそれは事実で、しかしどうしようもない事だとボクは聞き流している。
 ――約30分くらい前の登校直後にトイレに駆け込んで、教室に置きっぱなしにしておいた体操服へとズボンを着替えたボクは、その事で誰かに突っ込まれないかとヒヤヒヤしながら全校集会の時間を過ごした。
 その所為と、また全く集会に興味を持っていなかった事があり、どんな注意事項があり、また今日から赴任されたという新しい学校の教員がどういう人なのか、全く聞かなかった。もしも重要なことなら聞きたくなくても自然に耳に入る……といつものようにタカを括っていた。
 ドキドキしながら過ごしたが、結局、体操服に着替えている事について、誰も不審に思わなかったようだ。……まぁ元々、勉強ばかりしていたボクに親しいと言える友人は二、三人しかいない為、多数のクラスメートは気付きもしなかったのかもしれないけれども。

「おはよー、アキラって、今日ズボンが体操着? 何かあった?」
「ううん何でもないっ。ちょっとバカ桜に押されちゃってさ、泥にこけて汚れた。おはよ、委員長」

 教室へと移動が終わり、授業が始まる直前の短い自由時間……例外といえる数少ない友人の一人――神無月 恋――がボクへ声をかけてきた。恋と書いて、そのまま『こい』と呼ぶ変わった名前を持つ学級委員長。

「ふふっ、どうせアキラが悪いに決まってる。ホントにキミは何というか……決めた目標以外には鈍い所があるからねぇ。それが安心というか、憎たらしいというか……あはは」

 可愛らしい……という形容詞はコイツの為にあるんじゃないか? というほど魅力的な笑みを浮かべつつ、ボクの肩をパンパンと叩く恋。陸上競技が好きで、五月だというのにすでに褐色へ日焼けした肌、ゆるくウェーブした猫のように柔らかい茶色のショートカット。健康的に引き締まった手足。
 誰が見ても健康的な美少女といった外見だが、コイツはれっきとした男。明るく人気者の学級委員長、神無月 恋。

「言っとけよ。あ、恋、コレありがとな。コピーし終わったから返す」

 知らない人が見れば100%美少女の外見である委員長だけど、その内面は責任感が強く、前向きで、皆を引っ張っていく素質に満ち溢れている。 そんな恋と、医師になるための勉強に必死で、妹同然の桜と尊敬している義母以外には冷淡なボクが親友……というのも奇妙だけど、そうなるにはいくつか事情があった。が、今は関係ない。
 数日前に恋に借りていた中学校受験用の過去問題集をバッグから取り出して手渡す。

「うん。アキラ、どう? ……やっぱり東京の学校を受験しちゃう?」

 現在、ボク達が通っている小学校は、創立100年を越えた伝統ある学び舎を持つ――と言えば聞こえはいいのだけれど、単なるボロボロな校舎のありふれた公立小学校。全校生徒数は350人くらいで、ひとつの学年がだいたい30人くらいの1組と2組の2クラスにわかれ、学年60人くらい。イジメなどは無い、落ち着いた校風だけど、学力に関しては私立小学校に遅れていることは否めない。
 このまま受験せずに進学するなら地域にある公立中学になるけれど、同級生にも数人、東京の中学校の受験を考えている生徒がいた。問題集を貸してくれた委員長は当然そうだし、昨日までのボクもその一人だったけど……。

「うーん、正直、ちょっとわかんなくなっちゃったよ」
「へぇ、やっぱり何かあった? なんだかアキラ、少し余裕がある表情をしてる。うん、そのほうがずっといい」

 ポンッと軽くおでこを撫でるように叩かれて、なんだか少し恥ずかしく感じる。目前で柔らかく微笑んでいる恋。ずっと勉強だけをしていたボクに強引に話しかけてきて、教科書以外の様々な事を教えてくれたのはコイツだ。
 ボクだけじゃなく、桜や他の後輩からも男女を問わず絶大な人気がある。外見は下手なアイドルよりも可愛い女の子なのに、中身は親分肌……というか、大物、器が大きいと言うんだろう。

「はい、皆、席につくように」

 そこに突然、クラス中に響く低いガラガラ声。いつのまにか教室のドアが開いており、担任の先生が姿を見せていた。60歳くらいに見える男性、白髪で黒ぶち眼鏡、ブルドックのように垂れた頬。普段はおだやかだけど怒るととても怖い担任……巌切先生。
 あわてて席に着席を始めるクラスメート達、そして全員が席につき、巌切先生が合図のように咳払いをした瞬間、恋の張りがある声が教室に響き渡った。

「起立、礼、着席!」

 ガタガタと机を鳴らしながら礼を行って着席をした後、ボクはバッグの中から教科書と参考書、そしてコピー用紙に印刷した小学生全国統一模試の過去問題を取り出して開く。ペラペラと参考書――二ヶ月くらい前に、母さんに無理を言って買ってもらった物――を流し読みし、統一模試の過去問題をチラっと眺めた後、静かにため息をついた。

(やっぱり意味が無い……か)

 わかっていた事だけど、こうやって問題を眺めてはっきりと自覚した。ほぼ全ての問題が、見た瞬間に答えがわかる。
 やはりボクの現在の知識はバリバリの若手医師並み……つまり、医学部に入学できる程度の学力と、医師国家試験をクリアできる知識、瞬発力がある。流石に入試直前に少しは勉強をしなければならないだろうが、それでも充分に合格圏内だろう。
 ――つまり、無理をして今、東京の難関中学へ行く必要は無いという事。
 例えば……ここから目標の大学を変え、東Ⅲや京医、またはアメリカのイェールやハーバードなど、世界的な超最先端の医療技術を目指すなら、それを目標とした勉強をしなければならない。けれど、そこまでは求めていない。あくまでボクはNGOや田舎で働く臨床医を目指したかった。
 最先端の研究や医療技術もとても素晴らしい……それは人類の未来の創造と言える。ただし、それには物凄くお金がかかる事も現実で……、一般の人や貧しい国の人には全く手が出せない。
 ボクは貧富など関係無く、緊急救命現場での医療技術こそを磨きたいから。ならば、東京の中学に行くよりも桜と母さん――家族の側にいるべきではないのか? そして……。

「……今、医療器具があればなぁ」

 先生の授業をぼんやり聞きながら、小さく口の中で呟く。頭の中に今くっきりとある知識と技術、それが万が一にでも消えてしまうことが無いように、勉強よりも手術スキルの練習を重ねたかった。学校の勉強よりも医学のスキルを鍛えたい。
 けれど、肝心の医療器具が無かった。母さんの診療所から盗む……というのは問題外だし、通信販売で買おうと思っても値段がかなり高額で、小学生に買える物じゃない。ピンセット一つとっても高価な物は2万円くらい、そもそも電気メス、外科用電動ノコギリ等の危険な器具は売って貰えないだろう。

「それじゃあ、続きを……柊アキラ君、読んで」
「は、はいっ」

 考え事をしていたボクを指名する先生の声に、少し驚きながら大きく返事を行ない教科書を持って席を立つ。しかし、内心とても焦る。あまりに真剣に手術道具の事を考えていた為に、どこから読めばいいのかが全くわからない……。

「……42ページ、下の段、3行目から」

 その時、すぐ背後に座っている委員長からの囁き声。慌てながらも声に指定された場所を見つけ出し、なんとか朗読を始めた。どうやら間違っていなかったようで、巌切先生は何も言わずに頷いている。
 委員長への感謝を覚えながら、僕は朗読を続けていく。ただ頭の中は、どうやったら医療器具を手に入れる事ができるだろう? という思いでいっぱいだったけれど……。


 ◆◆

 

 昼休み……体育館近くのトイレで、ボクは鏡を見ながら手を石鹸で洗っている。指の間から手の甲、手のひら、爪の間、手首までキッチリ泡立てて、丁寧に洗っていく。これはほとんど儀式みたいなもので、意識する必要も無い。
 が、そうやって時間をかけて洗っても、トイレの個室に入った親友――神無月 恋――はまだ出てこない。委員長は皆に内緒にしてるけど、お腹が弱いらしく、普段は誰ともトイレにいかない。例外は昼休みだけで、こうやって必ず個室に篭る。委員長の立ちション姿ってのは、この六年間で誰も見たことが無い、ある意味伝説だ。

「おい、委員長、まだ? もう行っていいだろ。桜が待ってるからさ、図書室に行きたいんだけど」
「ええっ、アキラ。集会で先生が言ってたじゃん、不審者が目撃されたから注意して下さいって。ボク怖いんだよ、お願いだから待ってて、ね? 授業中、助けてやったろ」

 そんな事を言ってたんだ……という驚きと、オトコの癖に不審者のドコが怖い? と不満に思うけど、確かに委員長の外見なら危ないかもしれない。幼馴染の桜は可愛いと綺麗がバランスよくミックスされた少しツンとした印象があるけど、恋は100%可愛い、といった外見だ。スカートなんか履いたら、絶対に女の子だと思われる。
 なぜかメイド服を着た恋の姿を想像してしまって、ボクはなんだか気まずい思いになった。その照れを隠すように、奥の個室へ向かい大きな声を上げる。

「ああもう、わかったよ。じゃあ、すぐ外で待ってるから」

 手の泡を水で流し、ハンカチで丁寧にふき取ってトイレの外へ出た。
 ポツンとした校内外れにあるココ……体育館近くのトイレは、日中なのにどこかひんやりとした雰囲気がある。最近リフォームしたばかりで綺麗なのに、ほとんど利用者がいないのも、そういったどこか不気味な感じがするからかもしれない。

「……あら、柊クンじゃない? こんな場所に……って、ふーん、もしかして、また神無月クンと仲良くトイレ? 貴方たちっていつも一緒にいるもんね。こんな寂しいところまで、仲がいいのね」

 その時、ぼんやりと物思いにふけっていたボクの背後から、小学生とは思えないほど艶のある声がかけられた。……こんな大人っぽい声を持つ生徒は一人しかいない……ボクはため息を堪えながらゆっくりと振り返り、予想が的中したことを知って、そのため息を押し殺した。
 
「うん、恋待ちだよ。こんにちは、新江崎さん。そういう新江崎さんこそ、こんな場所にどうして?」

 そこに居たのはこの学校で唯一、ブレザーの制服をキッチリを着込んだ少女。黒タイツを履いた長い足がグレーのチェック柄スカートから伸びている。何度も東京でモデルとしてスカウトされたと噂される美貌は、キリッと整ってクールな印象。そして、小学生には思えない大きな胸……それは窮屈そうにブレザーの胸元、赤いリボンを押しあげていた。
 ――隣のクラスで最も優秀な生徒、新江崎沙織。そして、ボクはこの新江崎沙織とは致命的に仲が悪いのだ。

「不審者が出たと先生が言ってたでしょう? だから見回り。我が新江崎家の領土内で……おかしな人物は許さないから」

 ゾクリとする視線がボクを貫く。彼女の家、新江崎家というのは、江戸時代からこの地方を支配してきたお殿様の家柄だという。明治になってからは、この地域唯一の医者の家系として代々、尊敬を一身に集めてきた。
 そう、医者だった沙織さんのお父さんが(無責任な噂では愛人と一緒にらしいけど)失踪し、急遽、ボクの母さんがこの地域へ赴任するまでは……。
 そして新江崎さんの将来の夢は、当然というべきだろうか、旧家を継ぐ為に医者。だが、小学校五年生の時に行なわれた全国統一小学生模擬試験。その順位でたまたまボクが上回り、そこあたりから彼女の悪意ははっきりと強くなってきていた。

「だからって、新江崎さん一人だともしもの時に危ないよ? そんな危険な事しちゃ駄目だろ」
「黙ってっ、他所者の柊クンなんかに指図される覚えは無いわ。それとも、去年テストで勝ったからって調子に乗ってるの? ふざけないでっ、次は絶対に私が勝つから!」

 ギリッとどこか悔しそうに唇を噛み、鋭い視線で睨んでくる彼女。腰までありそうな長い黒髪が春の突風に揺られて、さらさらと舞いあがる。
 その風景は、まるでファッション雑誌に載っている写真のようで……本当に小学生に見えない。
 スパルタだっていう噂の新江崎さんのお母さんは、彼女に華族の嗜みとして、武道、華道、雅楽、茶道を躾けているという。その為か、彼女の立ち居振る舞いには、指先からつま先までピンと緊張感が張り巡らされ、繊細なガラス細工にも似た美しさと迫力がある。

「新江崎さんに指図するつもりなんか無いよ。ただ、なにかあったら家族が心配するだろ? それに、ボクはもう統一模試を受けないから」
「――ッ!? 何よそれ、私から逃げる気!? そんな事許さないわ!」
「別に許してもらう必要なんて無いし。トイレに行くから。危険な事しないで早く教室に戻りなよ」

 烈火のように顔を赤く染め、怒りを露にしている彼女。とても相手になどしていられない。そう思ったボクは、新江崎さんの声を聞きつつ、素早く背後へと振り向き、恋がいるトイレのドアを開こうとした、が、それより一瞬早く、

「お待たせアキラ。ありがとう。さ、図書室に行こうよ。桜ちゃんが待ってる……って、えっ、姫!?」
「しっ、バカ」

 ガラリと開くドア。その中から現れた委員長が新江崎さんの姿を見つけ、驚いた顔で呟いた。『姫』というその単語を聞いたのか、ヒクッといった感じで、整えられた細い眉を動かす新江崎さん。腕組みをした指先、その長く細い人差し指がトントンと動く。
 ――いつ、誰が言い出したのか、それはわからないけれど、新江崎沙織のニックネームは『姫』だった。ボク達の住むこの田舎で、現在でも強い影響力を持っている一族のお嬢様。当然、彼女の影響力も強く、まるで家来のように見える取り巻きを数人引き連れている事も多い。まさにお姫様。
 今は何故か誰も引き連れていないけれど……。

「ッッ!? 柊クンっ、誰が姫ですってっ! ふんっ……まぁいいわ。次の全国模試は絶対に負けない。貴方、逃げたりしたら許さないからねっ」
「ちょっ、姫って言ったのはボクじゃ無いし、それに、そんな一方的なっ」

 ボクの抗議を全く聞かず、ギラリ……とした視線で睨んだあと早足で校舎へ戻って行った新江崎さん。黒タイツに包まれた長い足をスッと動かし、腰くらいまで伸びた黒髪は春風にたなびいて、その後姿はまさにお姫様……といった雰囲気。
 追いかけて文句を言おうか? と一瞬思ったけれど、何を言っても無駄な気もする。それに図書室では桜が待っているハズ。

「あの……ごめんねアキラ。まさかキミと姫が会話してるなんて思ってもなくて、吃驚しちゃってさ」
「ううん、まあいいさ。図書室に行こう」

 まだ昼休みは始まったばかり……けれど疲れてしまった体を動かして、図書室へと向かって歩き出す。
 校舎に入る寸前、ボクは振りかえり、チラリと『姫』新江崎さんが不審者を探していたと言った方角を見る。そこは、薄暗いこの外れでも更にジメジメと暗く、とても寂しい雰囲気。あんなとこにたった独りで……。

「新江崎さん、どうして?」

 不思議に思う。新江崎さんは確かに気が強く、内心、彼女の事を良く思って無い人も多い。けれどそれと同じ位、彼女には友人も多いハズ。それなのに、どうしてこんな薄暗い場所へ独りで? 彼女が一声かければ、いくらでも一緒に見回りしてくれる友人が集まるのに?

「うん? アキラ、どうかしたの」

 一瞬、立ち止まっていたボクの背後から、気を使うような恋の声。

「ううん、ちょっと。ごめん」

 明るく返事を行い、恋の肩……華奢で折れそうな、まるで少女のように見えるそこを軽くたたき、ボク達は一緒に廊下を進んだ。


 ◆◆◆


 昼休み、こうやって図書委員で貸し出し本の受付をしてる時の桜は、ちょっと大きめの黒縁眼鏡をかけている。ボクの母さんが眼鏡を新たに作り直した時、不要になったフレーム。それに度数の入っていないレンズをはめた物を彼女はつけていた。
 昔「意味ないだろ?」ってからかったら、「ウルサイッ、図書委員って感じでしょ? 雰囲気よ」と返された。確かに、普段見慣れている幼馴染の顔よりも、なんとなくツンッと鋭く、知的で大人っぽく感じられる。
 しかし、雰囲気と桜は言うけど……、この学校で図書室を利用する生徒は少なくて、あまり意味が無いとボクは思う。それというのも、去年、小学校のすぐ近くにある街の図書館が、改築と増築をされた為で、多くの生徒はそちらで本を読むからだ。
 この図書室は三階の一番端にあって古い本しか置いてない上に、あちらの図書館には(内容は限定されてるけど)漫画まで置いてあって大人気。なので昼休みはほとんど、ボクと桜、恋の三人の貸切と言ってもいい状態だった。

「神無月先輩、今日、兄さんったらおかしくなかったです?」

 眼鏡の縁を指で弄りつつ、ボクをジトリした瞳で睨みながら幼馴染が言う。朝の悪い機嫌は少しは治まったようで、ボクは内心ほっと安堵のため息をついた。
 そんな桜の質問に対し、窓際で日向ぼっこをしながら動物辞典を見ていた委員長が、顔を上げ綺麗なソプラノで応える。

「へ、そうかな。あんまり感じなかったけど? ふふっ、何かあったの?」
「なんか昨夜からヘンなんです。妙に優しいし。その……恥ずかしい事言うんです……あいかわらず、すっごいバカだけどっ!」
「ちょ……桜、それは」

 幼馴染の言う『恥ずかしい事』って言うのは昨夜、ボクが言った『家族としてずっと一緒にいる』という言葉だろう。別に他人に知られても、嘘偽りの無い本心だから、痛くも痒くも無い。でも、やっぱり恥ずかしい。 

「へぇ……何? 真面目なアキラが恥ずかしいコトを言うなんて、ふふっ、すっごく興味ある。教えて桜ちゃん」

 ニヤリとした笑顔で嬉しそうにコッチを見る恋。桜と委員長は、かつてボクが引き金となった事件がきっかけで親しくなり、そのまま今に至る。が、こうやって二人して会話をしている所は先輩、後輩と言うよりも、まるで姉妹のように見えてしまう。
 明るくスポーツが好きで活動的な姉と、図書室が好きで何事にも負けず嫌いな妹。……まぁ、委員長は男だけど、外見は100%可愛い女の子だから仕方ない。

「バカ桜。恋にヘンなコト言うなよっ」
「あははっ、どうしよっかな。兄さん、言われたくなかったら今度買い物に付き合ってっ」
「あっ、いいな。ならボクも一緒に連れてってよ。当然アキラのおごりでさ」

 好き勝手なコトを言いながら笑い合う。図書室にボク達以外に誰もいない時は、こうやって本を読みながら、雑談や時には勉強をしたりするのが日課と言ってもいい。のんびりしてリラックスした空気。
 今だけは、受験も手術道具のコトも忘れて、昼休みのどこか気だるい時間を桜、親友と共に楽しく過ごそうと決める。
 
「ん……あれって?」

 数分後、本を読み終わり、窓際の棚へ持っていこうとしたボクの目にチラリと眼下の風景が映った。そこは校舎の端……昼休みの最初にボクと委員長がいたトイレの辺り。

「姫……」

 口の中でポツリと呟く。トイレの更に奥……人影の無い寂しい場所から姿を見せたのは、間違いなく新江崎さんだった。再び一人ぼっちで、この距離からは表情がわからなかったけど、どこかとても寂しそうな雰囲気。
 不審者を探すためのパトロール……というより、その人物にどうしても会いたい、と捜し求めているよう。

「兄さん、どうかしたの?」
「ううん、何でもない」

 窓の外を見ていたボクにかけられた桜の声へ返事をしつつ、ゆっくりと机に戻る。が、胸の中では少し衝撃を受けていた。
 ――ボクの知っている新江崎さんは、いつも強気で傲慢、自信に満ち溢れている雰囲気がある。けれど、今日に見た彼女の姿は、まるで親を探して泣いている迷子の子供のような脆さを感じた。
 それに……五年生の時にボクは模試で全国でトップクラスの成績を取り、彼女もほとんど同じだった。けれど、その時のボクは本当に勉強の事しか考えておらず、周囲に迷惑をかけ……母さんや桜、そして恋の助けがなかったら、今でも大変だったと思う。
 なのに新江崎さんは他の習い事をしつつ、周囲の期待、名家の跡取りとしての責任から、僕よりも更に大きなプレッシャーの中、独りで戦っているんだ。

「アキラ、桜ちゃん、片付けてそろそろ教室に戻ろう」

 委員長の声に頷き整理整頓をしながら、ボクはなんとなく、新江崎さんのことばかりを考えていた。何か、不安……ボクの勘が嫌な予感を告げている。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023849964141846