チラシの裏SS投稿掲示板




No.22577の一覧
[0] 【習作】ヴァルキュリアなオリ主【VP×ネギま!】[天子](2010/10/25 18:00)
[1] プロローグ№2[天子](2010/10/17 20:36)
[2] プロローグ№3[天子](2010/10/25 18:03)
[3] プロローグ№4[天子](2010/10/18 18:40)
[4] プロローグ№5[天子](2010/10/19 19:40)
[5] プロローグ№6[天子](2010/10/25 18:09)
[6] プロローグ№7[天子](2010/10/21 18:41)
[7] プロローグラスト[天子](2010/10/22 17:36)
[8] №1「不死者の女王」[天子](2010/10/25 17:58)
[9] №2「広範囲凍結殲滅呪文」[天子](2010/10/25 19:33)
[10] 番外 エヴァ[天子](2010/10/25 19:35)
[11] №3「憑依」[天子](2010/10/30 20:38)
[12] №4「親馬鹿」[天子](2010/10/30 20:41)
[14] №5「昨日の終わりは何時なのか」 編集再投稿[天子](2010/11/01 00:32)
[15] №6「邂逅」[天子](2010/11/03 12:48)
[16] №7「参戦」[天子](2010/11/06 18:07)
[17] №8「将軍」[天子](2010/11/08 23:27)
[18] №9「日頃、感じる事」[天子](2010/11/11 18:22)
[19] №10「姫」[天子](2010/11/14 18:03)
[20] №11「孤児、意地、師事、誇示」[天子](2010/11/16 18:03)
[21] №12「疑惑」[天子](2010/11/19 22:01)
[22] №13「考察」[天子](2010/11/23 12:12)
[23] №14「準備」[天子](2010/11/25 19:25)
[24] №15「召喚魔」[天子](2010/11/28 18:00)
[25] №16「手加減」[天子](2010/12/02 19:27)
[26] №17「離別」[天子](2010/12/05 19:34)
[27] №18「高慢な神、優しい人」[天子](2010/12/18 18:47)
[28] №19「不完全なる世界」[天子](2010/12/11 14:12)
[29] №20「終わり、始まり。」[天子](2010/12/15 17:55)
[30] №21「長居」[天子](2010/12/19 22:24)
[31] 番外 アリカ[天子](2010/12/22 21:11)
[32] №22「凶兆」[天子](2010/12/28 21:03)
[33] №23「問題」[天子](2011/01/05 20:44)
[34] 番外 ナギ[天子](2011/01/12 02:29)
[35] №24「イト」[天子](2011/01/19 20:21)
[36] №25「白駒過隙」[天子](2011/01/28 00:29)
[37] №26「馬鹿な選択」[天子](2011/02/05 02:16)
[38] 番外 エヴァ2[天子](2011/02/17 01:24)
[39] №27「アナタの青写真」[天子](2011/02/27 02:04)
[40] №28「こたえて」[天子](2011/03/14 00:28)
[41] №29「色々」[天子](2011/03/26 21:05)
[42] №30「勘違い」[天子](2011/04/10 18:53)
[43] №31「魂」[天子](2011/04/27 03:25)
[44] №32「蛇足」[天子](2011/05/08 02:53)
[45] №33「可知」[天子](2011/09/21 21:57)
[46] 番外 タカミチ[天子](2011/10/24 03:26)
[47] №34「幻日」 序奏[天子](2011/11/30 22:25)
[48] №35「現実」 奏功[天子](2012/02/04 16:09)
[49] №36「訪れ」[天子](2012/06/16 02:20)
[50] №37「理想鏡」 [天子](2012/11/24 01:50)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[22577] 【習作】ヴァルキュリアなオリ主【VP×ネギま!】
Name: 天子◆8cbc9fac ID:ddb9d17b 次を表示する
Date: 2010/10/25 18:00
この作品は一作目、つまり処女作で、駄文です
もちろんSS投稿が初めての素人で
そして憑依物です

【注意!】
これはVP、いわゆるヴァルキリープロファイル(以下VP)のオリ主とネギまのクロスSSです。
といってもVP編はAエンディングのラストあたりから始まりますのでプロローグ的な話になります。VP未プレイの方にはネタバレ、そして話の流れでわかりにくい所が多々あります。原作沿い、つまりレナス達の仲間でーとかにはなりません。設定借りの方が正しいでしょう

以下の点に注意

・ オリ主憑依物
・ ご都合主義
・ 厨二病
・ 原作知識
・ 独自解釈、独自設定
・TS要素が含まれます
Etc…
と色々ございます。これらの内容が含まれますので不機嫌になる方もおられると思います
それらの方々には先に謝ります。本当に申し訳ありません

最後となりましたが感想などいただけるとありがたいです。
ではでは



プロローグ№1

「はあはぁ」

もう無理じゃ~戦いは始まったばかりじゃが、こんな装備でどうしろというのじゃ
リセリアが新しく仲間になってからという物
わらわに対する態度が豹変しすぎじゃ、武具、防具、アクセサリに至るまで全てリセリアに譲渡するし
その上神界転送じゃと?わらわに残ったのは今までに鍛え上げた魔術くらいで
今や前衛もはぐれておらぬ、そんな壁のいない魔法使いなど殺してくれと言うてるようなものじゃ

諦めたくないが、残っているものなど嫌がらせのような消費アイテムと
神界転送した時の餞別だと渡してくれたエーテルセプターとフェアリィリングにプロテクトチャームのみ……

なにが「運が良ければ生き残れるわ」じゃ!あのクソ女神!
せめて防具ぐらい用意せんか!
こんな壊れ物ばかりで戦闘など自殺行為に等しいではないか!
今まで一緒に戦った仲間に余りに酷い仕打ち!万死に値するぞ!

うぅ自身の境遇に泣けてきよるわ

はぁ、四の五の言うてはおれん、まずは味方を探す、話はそれからじゃ

おぉ噂をすれば、あの背中は味方の神族ではないか!た、助かった

そうとなれば善は急げ、走るのじゃ

なんとかなったかの、後は敵の魔法使いを締め上げて、防具根こそぎ奪ってくれようぞ!
ふははははははははh

うん?なんじゃ奥の方から何やら話し声が……んん?これは羽?

「汝、その諷意なる封印の中で安息を得るだろう。
 永遠に儚く。 」

へっ?  

――セレスティアルスター

















――今北産業

トラックに
轢かれて
魂昇天

あぁ死んだなと思ったら、何ここ?リアルに天国ですか?

こんなに綺麗で空気の澄んだ場所、見た事も聞いた事もないな
ずっと日本に住んでいた俺には知らない景色だ
それにさっきまでいた街中じゃないよね

これってアレですか所謂、転生ですかコレ

二次小説だけかと思ったが、じゃあマジでここ天国だな、うん

だって綺麗過ぎるだろ此処、ずぅっっっと平原だし

だいたい視線が低くて向こうまで良く見えません……って

ハッ!?

なにこの視線、俺の体小さっ!

なんか杖持ってますけど服装からして女の子だよ、細いし小さいしこの体orz

転生じゃなくて憑依か~しかもTSって

誰に?

ってわかるわけねえよ、鏡くれ鏡

「ねえ、あなた大丈夫?」

あん?

「倒れていたから、治療したのだけれど…」

「倒れていた?俺が?」

「まあ、俺だなんて、ずいぶん男勝りなお姫様ね」

しまっ

「しかも魂がとても不安定……あなた女性よね?」

「ア、アタリマエジャナイデスカ」

「…ふーん、まぁいいわ、間違えて男を治療するなんて死んでも御免だからね」

「男…ですか?」

「そう!私女性しか治療したくないの!本当はオーディン様に皆分け隔てなくと言われているけど男の治療なんて虫唾が走るわ!」

「オーディン様?」

「あっ、今の内緒ね」

ニッコリ笑うこの人は綺麗だが、

ビクッッ「はい!」

なんだ今の寒気は

「話がそれたわね、体の方は平気?」

「ぇえ、大丈夫だと思います」

「思います?」

…どうする、この人はおそらく味方
自分が何者かは分からないが何の疑いもなく治療したって事は
良くて味方、最低でも中立は保てる立ち位置にいる存在
赤十字みたいな?

…ここは一つ情報収集と行きますか

「いえ、やはり少し体調が悪いみたいです、」

「やっぱりね、そんな不安定な心身で戦うものじゃないわ、無理は良くないわよ?」

「そう、ですね」

「じゃ戻りましょう」

「ちょ、ちょっと戻るって一体どこに?」

「うーんそうね、此処から一番近いのはヴァルハラね」

「ヴァルハラ…」

「そこで治療して、また隊を編成してからラグナロクに参戦すればいいわ」

ラグナロク…

「さっ行きましょう、エインフェリアさん」

「我らが主神、オーディン様も近くにいらっしゃるわ」

オーディン…エインフェリア…

まさかな…

「失礼ですが、あなたのお名前は?」

「あらあらそんなに硬くならないで、私の名はアース神族の、最良の医師と呼ばれる女神」

「エイルよ」










あとがき


エイルはちょびっとだけVPに登場するキャラなので、性格弄くり倒しました。
申し訳ない
なにせ情報が少なく、場面的に神様の中で医師といえば彼女しかいなかったのです。
こんなんイメージとちゃうわゴラァという方、本当に申し訳ありません
性格はそのまま、北欧神話の逸話などを題材にしていますので、興味があれば調べてみて下さい。しかし彼女は女神が列挙される中でも3番目に名前を挙げられほどの良神だったんですね

えぇ~この様にこの先もこういった独自解釈、設定や改変は出てきます、なるべく世界観を壊さないよう、あまり明かされなかったキャラクターやモノを題材にしたり、ネタは北欧神話原典から引用させていただいたりします。VP自体の物語には、そんなにカラミはないです、そのため、VP小説とは言い難い為、それらを嫌う方には先にここで注意書きとさしていただきます




次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.047466039657593