チラシの裏SS投稿掲示板




No.18480の一覧
[0] 【ネタ】今宵の虎徹は血に飢えている【恋姫無双×装甲悪鬼村正】[ぬー](2010/05/20 21:32)
[1] 第一編 悪鬼来訪-1[ぬー](2010/05/05 20:15)
[2] 第一編 悪鬼来訪-2[ぬー](2010/05/05 20:15)
[3] 第一編 悪鬼来訪-3[ぬー](2010/05/08 21:22)
[4] 第一編 悪鬼来訪-4(5/9 加筆)[ぬー](2010/05/09 19:08)
[5] 第一編 悪鬼来訪-5[ぬー](2010/05/14 22:22)
[6] 第二編 歳在甲子-1[ぬー](2010/05/19 15:01)
[7] 第二編 歳在甲子-2[ぬー](2010/05/20 21:29)
[8] 第二編 歳在甲子-3[ぬー](2010/05/23 00:17)
[9] 第二編 歳在甲子-4 ※15禁相当[ぬー](2010/05/24 20:55)
[10] 第二編 歳在甲子-5[ぬー](2010/05/24 21:12)
[11] 第二編 歳在甲子-6[ぬー](2010/05/25 02:46)
[12] 第三編 延焼拡大-1[ぬー](2010/05/26 01:04)
[13] 第三編 延焼拡大-2[ぬー](2010/05/26 21:48)
[14] 第三編 延焼拡大-3[ぬー](2010/06/03 14:15)
[15] 第三編 延焼拡大-4[ぬー](2010/06/11 15:47)
[16] 第三編 延焼拡大-5[ぬー](2010/06/14 02:47)
[17] 第三編 延焼拡大-6[ぬー](2010/06/14 02:44)
[18] 第三編 延焼拡大-7[ぬー](2010/06/15 05:31)
[19] 第三編 延焼拡大-8[ぬー](2010/06/15 05:43)
[20] 第三編 延焼拡大-9[ぬー](2010/06/18 23:39)
[21] 第三編 延焼拡大-10[ぬー](2010/06/21 13:37)
[22] 第四編 覚醒-1[ぬー](2010/07/02 11:10)
[23] 第四編 覚醒-2[ぬー](2010/08/28 02:28)
[24] 第四編 覚醒-3(9/12加筆修正)[ぬー](2010/09/12 16:33)
[25] 第四編 覚醒-4[ぬー](2010/09/15 18:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[18480] 【ネタ】今宵の虎徹は血に飢えている【恋姫無双×装甲悪鬼村正】
Name: ぬー◆eda86ea1 ID:ad17056c 次を表示する
Date: 2010/05/20 21:32
彼は自分の幸運に感謝していたはずだった。
やたら身なりの良い二人組が彼らの視界に入ったからだ。
二人とも武装はしている。
遠くから見ても、男の方は腕が立ちそうではある。
が、女連れという点は致命的だ。
しかもこちらの存在に未だ気付いていない。
何やら二人で言い争いのようなものをしているのだ。
隙だらけ、といえる。

金や装飾品はそう持っているようには見えないが、あの剣や鎧は質が良さそうだ。
売ればしばらくの食い扶持は得られるだろうし、この動乱の世を考えれば、自分達で使うという手も有りだろう。

そんなことを考えていたのだ。先程までは。
しかし。
悪い予感が拭えない。
近づくにつれ、その予感は膨らんでいる。
あの男の異様な雰囲気はなんだ?
あの女もどこか普通の人間とは違った空気を纏っている。
もしかしたら、自分はとんでもないものの尾を踏もうとしているのでは?

「アニキ、どうしたんですか?早いとこやっちまいましょう!」

小声で部下が話しかけてくる。
そうだ。部下達の手前、獲物を見逃すことなどあり得ない。
荒くれ者のリーダーで有り続ける為には、力を示すことが必要なのだから。
そうして、彼は相手を威圧するように——自分を鼓舞するように——力強い声を出した。

「おい!そこのお前!!」









「これはどういう状況だ?」
「…あてにもよく分からないよ、おにーさん」


あの瞬間、確かに神は——光は現れたはずだった。

最愛の存在である光への想い、それ以外の全てを切り捨てて辿り着いた結末。
親王殿下、署長、そして村正…彼らの想いを振り切り、六波羅最強の武者をも乗り切って成した神降ろし。
自分はそれを茶々丸と共に眺めていたはずだった。

だがしかし。

「ここはどこだ、茶々丸」
「それも分からないよ、どっか遠くに飛ばされたみたいだねー」

能天気なその声に苛立を覚え、首根っこを強く掴む。

「イタタタタタ!!相棒への暴力反対!!!」
「誰が相棒だ」

じたばたと暴れる茶々丸をそのままに、景明は考える。
神下ろしは成った。
あとは光がその存在に打ち勝ち、飲み込めむだけだった。
そうすれば、光は生きることができる。
期待感と、ある種の達成感を感じながらそれを眺めていたはずだった。

そして、「神」が目がくらむほどに眩い輝きを発したと次に瞬間。
二人は荒野にいた。

「まるで神隠しだな」
「神だけに…ってこと?い…痛い!ほ…本当に首がもげる!!へるぷみー!!!」

いつまでもこうしていては埒があかない。
いい加減五月蝿くなってきたので茶々丸を離す。

「おにーさん、もう少し優しくあてへ接してくれても…」
「うるさい、道具は道具らしく身分を弁えろ」
「あ…」

頬を染める茶々丸。
そうだ、あてはこの人の「道具」なんだ。
万感の想いで胸が満たされる。

「おにーさんと一緒なら、あてはなんでもいいよー!!」

そう言って、抱きつく。
しかし。
ひょい、と景明は身体を動かす。
勢い余った茶々丸は地面と抱擁することになる。

「イタ!!…躱された!?この状況でこの乙女の抱擁を躱すかふつー!!」
「……」

しかし、景明は反応しない。
どこかあらぬ方向に視線を向け、目を細めている。
その様子に、茶々丸も冷静になる。

「おにーさん、誰か近づいてくるね」
「あぁ。とりあえずはこれで事態は動くだろう」

この選択を、後に二人は深く後悔することになる。
しかしこの時点でそれを察することは不可能であった。
それはそうだろう。
自分達がいるのがまさか、数千年前の中国・・・・・・・であると気付けというのは酷だ。
結果として。

「おい!そこのお前!!」

縁は結ばれ、存在が時代に固定される。
こうして二人は、容易に元の時代に帰還することはできなくなったのである。








ーーーーーーあとがきーーーーーーーーーーーー

装甲悪鬼村正大好きです!
中でも茶々丸が圧倒的に好きです!

恋姫無双の華琳はどことなく光に雰囲気似てる。
そんなちょっとした思いつきでこんな妄想が生まれました。
時間旅行ネタなんてSS書いてくれと言っているようなもんでしょう!


誰かこんな話書いてくれないかなー
自分で書くのは面倒くさいですw



4/30  指摘があった誤字、茶々丸の自称を修正。陛下の「あて」を間違うとは、これは恥ずかしいw
4/30  さらに誤字修正。すみませんorz


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025151014328003