チラシの裏SS投稿掲示板




No.16303の一覧
[0] 【習作】サクラ大戦再構成[く~が](2010/11/06 20:40)
[1] 第2話[く~が](2010/02/09 01:20)
[2] 第3話[く~が](2010/02/09 19:37)
[3] 第4話・通常シーン[く~が](2010/02/11 23:16)
[4] 第4話・戦闘シーン[く~が](2010/02/11 23:13)
[5] 幕間(4,5話)[く~が](2010/02/14 20:28)
[6] 第5話・通常シーン[く~が](2010/02/16 20:57)
[7] 第5話・戦闘シーン[く~が](2010/02/21 01:55)
[8] 幕間(5,5話)[く~が](2010/11/06 21:45)
[9] 第6話・通常シーン(上)[く~が](2010/03/03 00:52)
[10] 第6話・通常シーン(中)[く~が](2010/03/10 10:46)
[11] 第6話・通常シーン(下)[く~が](2010/03/11 22:39)
[12] 第6話・戦闘シーン[く~が](2010/04/10 23:15)
[13] 幕間(6,5話)[く~が](2010/04/11 23:21)
[14] 第7話・通常シーン(上)[く~が](2010/04/18 23:07)
[15] 第7話・通常シーン(中)[く~が](2010/04/18 19:27)
[16] 第7話・通常シーン(下)[く~が](2010/07/15 22:51)
[17] 第7話・戦闘シーン[く~が](2010/09/29 21:11)
[18] 幕間(7,5話)[く~が](2010/11/06 21:47)
[19] 第8話・アイリスVer.【大幅加筆】[く~が](2011/01/05 16:29)
[20] 第8話・マリアVer.[く~が](2011/01/05 16:31)
[21] 第8話・カンナVer.[く~が](2011/02/13 22:14)
[22] 第8話・かすみVer.[く~が](2011/05/07 19:45)
[23] 第8話・さくら・紅蘭Ver.[く~が](2011/05/15 23:32)
[24] 第8話・あやめ回想[く~が](2011/06/21 23:17)
[25] 40000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/03/12 11:04)
[26] 80000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/11/20 22:36)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16303] 第4話・戦闘シーン
Name: く~が◆c894d15f ID:eb9efbde 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/02/11 23:13
上野公園。

人々が逃げ惑う中、数体の脇侍が縦横無尽に暴れまわっている。

桜の木を倒す。
出店を壊す。
更には公園内の施設に襲い掛かる。

人々は桜見の最中の出来事に、ただひたすら逃げ回るだけ。

そんな中。


「あっ」


逃げ惑っていた親子の内、幼い子供が躓きこけてしまう。


「ケイ君!!」


母親が助け起こそうと、駆け寄ろうとするが

ズン!!


『ギィッ!?』


「ひぃっ!?」

「お、お母さん!」


脇侍が行く手を阻む。
その脇侍は母親の方を見向きもせず、子供の方へと歩を進める。


「やだ・・・やだよぅ・・・」


泣きながら後ろずさるが、脇侍の方が早い。
次第に追い詰められてゆく。


「だれか・・・だれかぁ!!」


母親は半狂乱となって叫ぶが、周りは逃げ惑う人々、そして複数の脇侍しかいない。
二人が、半ば諦めかけたその時。


「「「「帝国華撃団、参上(だこらぁ!!)」」」」


白銀の機体が素早く脇侍の横に回りこみ、深々と日本刀を突き刺す。
と同時に、桃色、紫色の機体が子供、母親を抱えて素早く離脱。


ドガァァアアアアン・・・!!


その数秒後、脇侍は跡形も無く爆散した。









【大神】

よっしゃ、何とか間に合ったか。
にしてもあの列車、ここに着くと同時に上空に弾き飛ばしやがった。
着地の時に人でもいたらどうしてたんだ全く。
さっきは運良く、あの親子からそう離れてないところに着地したから不幸中の幸いだがな。
これは帰ってから上申すべきか。


だがよ・・・
今のオレは、んなことどうでもいい。

この化け物共・・・無力な親子を狙おうとしやがったな・・・?
命を・・・奪おうとしてやがったな・・・?


全部まとめてぶっ潰す!!!


「小娘ぇ!露出狂!相手は数十体、こちらは3体だ。相手が雑魚だろうが被害を最小限に
することがオレ達の仕事だぁ!オレと小娘が最前線。露出狂はオレ達2体の背中を守れ!
お前の武器はその薙刀。それでいいんだな?」

「その通りですわ、少尉。わたくしの武器は至近距離から準中距離まで攻撃範囲のある薙刀。
その陣形、そしてわたくしの役割。しかと承知しましたわ!」

「大神さん、私も同じく了解!」


けっ、初めての実戦のはずなんだがいい度胸してるじゃねぇか。
さすがはあの酔っ払い中将達に選ばれただけあるな。


「よし、いい返事だ!・・・あぁ、言い忘れたが小娘がこの前やったような大技は指示が
あるまでは絶対に使うんじゃねぇ。いいか?」


ちっ、化け物共がこっちに向かってきやがった!


「おるぁ!!」ザンッ!

ドガアアアァン・・・


おぉ、この光武とやら、なかなかすげーじゃねぇか。
機械の力とはいえ、こいつらを一撃でぶっ殺すとはよ。


「な、何故ですの!?こんな下々、わたくしの必殺技で・・・」
「てめぇは出撃前、何を聞いてた!?」
「っ!!」


ふぅ、やっぱここらへんは素人か。


「いいか、今回の敵はあくまで『偵察』の可能性が高いわけだ。とすると後ろにこいつら
よりも手ごわい奴がいてもおかしくはねぇ。だとするとオレたちの切り札を簡単に見せたら
その対策をされてしまうわけだ。
戦いはこれで終わるんじゃねぇ。今から始まるんだ。
初っ端の雑魚共にお前らの大技を見せるにゃあもったいねぇ。そうだろ?」

「・・・分かりましたわ。わたくしの短慮、お詫び申し上げますわ・・・はぁっ!!」

ヒュオッ・・・ドオオオォォン・・・!!

露出狂の正面、つまりはオレ達の背後から迫っていた化け物3体が一気に叩き伏せられた。
ほう、やりやがる・・・今の斬撃、悪くねぇ。
しっかり霊気を篭め、遠心力を利用した攻撃。
力と技を高い技術で融合させていやがる。


「そういうことだ。小娘もいいか!?」

「了解です、大神さん!!せいっ!!」

ザシュ、ザシュ・・・ザンッ!!・・・ドォォオオン・・・!!

小娘に向かってきた化け物1体、小娘の連続斬撃で撃破、か。
こいつは完成された剣術、って感じがするな。
おそらく免許皆伝、もしくはそれに近い腕。


「くっくっく・・・なかなかどうして、頼もしいじゃねぇか!真宮寺!!神崎!!」

「!せ、戦闘中に初めて名前を・・・」
「え、えぇ。こんなものはお茶の子さいさいですわ!少尉、ご指示を」

「よし、まずは正面の敵を叩く!二人共続け!!」

「「了解!!」」

side out









作戦室では。
米田とアイリスの二人が安堵の表情で中継拡大映像を見ていた。


「しっかし大神の奴、なかなかやりやがる。あの光武を初めての搭乗でいとも簡単に操って
みせるたぁ・・・いやはや、世の中分からねぇなぁ」

「むぅ~、おにいちゃんはすごいんだよ!?アイリスちゃ~んと知ってたもん!」

「そうかい、アイリスは知ってたかい」


そう言いつつも、画面下に表示されている霊力値を見る米田。


(相変わらず大神の霊力値は0・・・なのに光武は動いてやがる。一体どういうこった?)


表情を変えることなく、米田は心の中で疑問を浮かべる。
有り得ないからだ、霊力反応無しにも関わらず光武が動くのは。

かつて開発段階の時、神崎重工及び陸軍の霊力を持たない屈強な男で試運転させたが、少しも
反応しなかったのが資料としてあるのだ。

何回も実験し、そしてその当時の霊力測定器により一番の霊力をもったすみれが、若干10歳にして
起動を成功させ、そこから世界中から霊気持ちの能力者を集めたのだ。

大神は色々な意味で規格外過ぎる。

(だが、こういう規格外が時代の先端を切り開く、『英雄』の資質を持っている可能性は高ぇ。
・・・大神、おめぇさんがどこまで行けるか・・・じっくり見せてもらうぜ)


「おにいちゃん、そこだ~!やっちゃえ~!!」

(くっくっく、アイリスが此れほど懐くたぁな・・・)


内心で喜び、驚き、楽しみを混ぜ合わせながら米田は映像に意識を集中した。









【さくら】

大神さんと組んで戦うなんて。最初は不安でいっぱいでした。
だって大神さん、普段から私にいろいろ意地悪言って、私が文句を言っても簡単に流すし。
でも。


「くっく、よく来たな雑魚共ぉ!!うおりゃあ!!!真宮寺、お前そっち頼む」
「了解!」ザシュッ!!

不思議なくらい自然に動ける。
私が大神さんの補助をすることもあれば、私が窮地の時は大神さんが補助してくれてる。


「フハハハハハハハハハ!死ねっ!滅べっ!!地獄に落ちやがれ!!」
ザシュザシュザシュザシュザシュッ!

すごい・・・これが本当に初めて光武に乗った人の動きなのかしら・・・

「てめっ、小娘ぇ!油断すんじゃねぇ!」ザクッ!

「ご、ごめんなさいっ!?」

あぅ、失敗しちゃったらすぐ「小娘」呼ばわりされる・・・
落ち込んだ私を横目に、大神さんが投擲した刀を拾う。

「あ、あぶなっ・・・!」
ヒュオッ!!

後ろから!?
す、すみれさん?

「少尉、わたくしを信じてくださるのは嬉しいのですが、少々隙を空けすぎですわよ?」

「はっは、わりぃな神崎」

・・・むぅ。
いつのまにすみれさんとこんな・・・


「負けてられません!!」

ザシュッ!ザンッ、ザクッ、シュバッ!!


「真宮寺機、12体目撃破!!」

「おぉ、気合入ってんじゃねぇか、真宮寺。神崎ぃ、オレ達も負けてらんねぇぞ!!」

「当然ですわ!」


左手のみで刀を振りかざし、残骸の山を作っていく白銀の機体。
この人なら・・・大神さんなら!!


「真宮寺さくら、見敵必殺!全ての敵を斬り捨てます!!」

Side out









【すみれ】

わたくしの武器は薙刀。
少尉はわたくしの武装を見て即座に、陣形を命令されましたわ。

確かに、刀を武器とする少尉とさくらさんが前衛。
攻撃範囲が刀よりも広いわたくしが後衛援護兼後方警戒。

これにも驚かされたのですけど、わたくし達の『必殺技』の封印命令。
これには最初納得がいきませんでしたわ。
戦場はわたくし達の舞台。
華々しく舞ってこそのわたくし達だと思っていた常識を、粉々に打ち砕いてくださいましたわ。

ですが説明を聞いて、わたくし達がいかに戦場において『素人』か、ということを知らされました。この規模の敵ならば、少尉の仰る通り使うまでも無いでしょう。

そして先ほどから続いている戦闘。
少尉は、左腕のみという制限が有りながらも上手くさくらさんを補助し、そして目の前の敵を斬り伏せています。
左腕のみで此れほどの強さ。ならば右腕もが戻った状態ならば?
二振りの刀を装備しているからには、二刀流を修めていらっしゃるのでしょう。


一番不可解なのは、少尉の攻撃の際霊力を感じられない所ですが・・・


少尉の力、まだまだ奥が深そうですわね。


「神崎すみれ、人生初の桧舞台!華麗に舞ってみせますわ!!」

side out









【大神】

ん~む、さっきから二人の勢いが凄すぎるな・・・
二人とも、戦闘になると好戦的になる性質なんか?

だとしたら指揮官としたら頼もしいんだが普段の対応に困るよな・・・

くそったれ、指揮官なんて下の奴の世話も仕事に入るわけで、だとするとオレの有意義な
自由時間が少なくなるってわけで・・・

あぁクソ!どうも悪いようにしか考えらんねぇぜ、ったく。


まぁそれは後においとくとしてだ、こいつら脇侍つったか。こいつらの目的は何なんだ?
兵士はその戦いに勝つ為に戦い、指揮官はその後のことをも考えて戦術を練る。
これが士官学校で習ったことだ。

これに当てはめると、だ。
この程度の質を複数送り込むってだけで相当な規模の組織が背後にあることが照明されるわけだ。

この機体を作るにしても、やっぱ予算ってのがかかってくる。
そしてこいつらを量産できるってのは相当・・・
しかもこいつら以上に手強い機体が出てくるのも考えられる。
だが出し惜しみや偵察をしてるんじゃなく、総力戦という可能性も・・・
・・・
・・・・・・
くそっ、ヤメだヤメ!!
こういうのを考えるのはあの酔っ払いの仕事だろ。
これくれぇやてもらわないと割りにあわんぜ、ったく。

オレがやるべきは、損害をいかに少なくしてどれだけ効率よく敵をぶっ倒すか。
そして戦場における改善点の上申だ。
あ、あとあまりやりたくねぇが、あの二人の戦闘の後の精神状態も補助しないとな。


うっし、考え事は後だ後!!
今はこいつらぶっ殺すのに集中するか。
あの親子の借りもあるしな。

あ、思い出したらだんだん腹が立ってきた。


「大神一郎!てめぇらをぶっ殺す者の名前だ!!冥土の土産に覚えていきやがれ!!」

side out










脇侍にとって、目の前を集団で切り込んでくる3体の機体が鬼の姿に見ただろう。

わずか一振りで斬り裂かれ、爆散されていく仲間達。
隙を突こうとしても、3機が連携して動いているのでそれすらも叶わない。

時が過ぎる毎に、脇侍の数は減り続け、対して花組の方は傷らしい傷も無い。


残り10体を切り、いよいよ追い詰められていく脇侍達。
だが、『意識』無き機体に、有数の能力者である人が搭乗した光武に敵うはずもなく。


「これでっ!!」

「「とどめです(わ~)っ!!」」


光武1機が脇侍1体を殲滅し、残り3体だった脇侍は全滅。
ここに、帝国華撃団の勝利が確定した。



「っし、敵殲滅を確認!おい、よっぱら・・・じゃなかった米田中将、こっちはあらかた片付けたぜ」

ピコンッ!
『おう、ごくろうだったな大神ぃ。よくやってくれた。初めて光武を動かしたにしちゃあやるじゃねぇか』

『おにいちゃん、さくらもすみれもすごいすご~い!』

「お、幼女も見てたか?約束は守ったぜ?」

『うん、ありがとうおにいちゃん!』

「へっ、ざっとこんなもんだ」

「・・・ちょいと少尉?」

「ん?なんだ露出狂」

「んなっ!?また戻ってますわよ!?・・・まぁよろしいですわ。聞きたいことがあるのですがよろしくて?」

「なんだ?これから酒飲むんだからよ、早くしてくれや」

「では手短に。少尉は本当に光武に乗ったのはこれが初めてなんですの?」

「あぁ?あったりまえじゃねぇか。そこの米田のおっさんに騙されて雑用ばっかしてきたんだ。
出撃する前に急に言いやがってくそったれが。それがどうかしたんか?」

「少尉・・・あなた攻撃する際、霊気を使っていませんわね?」

「あ、それ私も気になってたんですよ」

「あ?何だ、霊気って?んなもん気合と根性があればどうにでもなるだろうが」

「そんなわけはないでしょう!この光武は霊気を持つ人間で無いと操れないはずです!それに『おぉい、すみれ。この辺にしとこうや』米田司令・・・」

『まぁ今回は初陣でありながら見事勝利したんだ!さっさとけぇって花見の準備すんぞ』

「くはっ、これが楽しみだったんだ」

「あ、そうだ大神さん。私達花組がせっかく勝利したんですが、決めポーズ、作っちゃいません!?」

「あ?何だそのきめぽーずって?」

「ですから勝利した後の勝ち鬨みたいなものって考えてください。どうですか?」

「勝ち鬨か・・・おもしれぇ、やってみようじゃねぇか。露出狂もそれでいいよな?」

「ですから何度も・・・はぁ、もう良いですわ・・・勝ち鬨、でしたわね?わたくしもよろしくてよ」

「アイリスもやるやる~!」

「はは、おいらも混ぜてくれぃ」

「ふふっ、アイリスも米田司令もこちらに。・・・それじゃあ行きますよ?」



『勝利のポーズ・・・決めっ!!!』








「ぐぁ~~じんましんが出てくるわ!!やっぱやめぇい!!」







※※※

「オレの秘密・・・しゃべるわけにはいかねぇ・・・そうだろ?爺ぃ・・・」









風が吹く。桜が舞う。そして鉄の礫が雨と降る。
実戦の後の帝劇に、前隊長が姿を現す。
あなたの性根・・・叩きなおしてあげます!!

次回、サクラ大戦『氷の才媛、帰場す』

大正桜に浪漫の嵐!!









あとがき:戦闘シーン、一応上がりました。前々から苦手な戦闘シーンなので、所々おかしい
ところがあるかと思いますが、気になりましたらご指摘願います。

勝利のポーズの際、米田とアイリスが出てきたのは戦闘後に作戦室からアイリスが付近まで
テレポートした、という設定です。
光武搭乗時ならば制限がありますが、2人でならということで出てきてもらいました。
無理矢理かもしれませんがw


ゲームにおける、初めての戦闘のやり方、動かし方、そして作戦(風林火山)については省いております。
どうぞご了承願います。

※指摘に基づき、すみれ機の色を修正


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029649019241333