チラシの裏SS投稿掲示板




No.16303の一覧
[0] 【習作】サクラ大戦再構成[く~が](2010/11/06 20:40)
[1] 第2話[く~が](2010/02/09 01:20)
[2] 第3話[く~が](2010/02/09 19:37)
[3] 第4話・通常シーン[く~が](2010/02/11 23:16)
[4] 第4話・戦闘シーン[く~が](2010/02/11 23:13)
[5] 幕間(4,5話)[く~が](2010/02/14 20:28)
[6] 第5話・通常シーン[く~が](2010/02/16 20:57)
[7] 第5話・戦闘シーン[く~が](2010/02/21 01:55)
[8] 幕間(5,5話)[く~が](2010/11/06 21:45)
[9] 第6話・通常シーン(上)[く~が](2010/03/03 00:52)
[10] 第6話・通常シーン(中)[く~が](2010/03/10 10:46)
[11] 第6話・通常シーン(下)[く~が](2010/03/11 22:39)
[12] 第6話・戦闘シーン[く~が](2010/04/10 23:15)
[13] 幕間(6,5話)[く~が](2010/04/11 23:21)
[14] 第7話・通常シーン(上)[く~が](2010/04/18 23:07)
[15] 第7話・通常シーン(中)[く~が](2010/04/18 19:27)
[16] 第7話・通常シーン(下)[く~が](2010/07/15 22:51)
[17] 第7話・戦闘シーン[く~が](2010/09/29 21:11)
[18] 幕間(7,5話)[く~が](2010/11/06 21:47)
[19] 第8話・アイリスVer.【大幅加筆】[く~が](2011/01/05 16:29)
[20] 第8話・マリアVer.[く~が](2011/01/05 16:31)
[21] 第8話・カンナVer.[く~が](2011/02/13 22:14)
[22] 第8話・かすみVer.[く~が](2011/05/07 19:45)
[23] 第8話・さくら・紅蘭Ver.[く~が](2011/05/15 23:32)
[24] 第8話・あやめ回想[く~が](2011/06/21 23:17)
[25] 40000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/03/12 11:04)
[26] 80000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/11/20 22:36)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16303] 第4話・通常シーン
Name: く~が◆c894d15f ID:2a519efa 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/02/11 23:16
タンッ、ダンダン!!

舞台の上で踊りの練習をしている少女が一人。
特徴的な長髪、そして結ばれた桃色のリボン。

いつもの着物姿ではなく、練習用のレオタードを着て必死に振り付けの練習を繰り返す。
その表情は真剣そのもの。

キュッ・・・タン!ヒュオッ・・・キュッ

誰一人観客も居ない中、本番に向けてただひたすら練習、練習、練習・・・。


だが。


ツカツカツカツカツカ  バタン!!!

「ぅおい!真宮寺ぃ!!飯の時間だ、食堂に来やがれ」
ズルッ
「きゃああぁあ!」

ビタン!!


絶妙の時機に大神からの声がかかる。
それにうろたえ、足を滑らせ、尻餅をついてしまうさくら。

「あぅうう・・・」

「ありゃ、何やってんだ真宮寺」

「大神さんのせいでしょうが~!!もう、急に入ってきて大声出さないでくださいよ!
これでも集中してお稽古してたんですよ?」

「知るかんなもん。大体お前が集中とか言う性質か?
演目が始まらん限りオレの仕事は雑用しか無ぇんだからよ、
あんまり手を煩わせるんじゃねぇ。只でさえ骨折が治ってねーのによ」

「ぐっ・・・」


ああ言えばこう言う。
大神が帝劇に来て3日。

大神とさくらの口喧嘩(さくら視点)は日常茶飯事、帝劇の静かな名物となりつつあった。









【かすみ】

私、帝劇事務所で会計をやってます、藤井かすみといいます。
今、帝劇は新たな仲間を招きいれ新しく生まれ変わろうとしています。

大神一郎さん。
帝国海軍から出向されてきた、口悪くも気が利く軍人さん。

彼が来て、この帝劇に活気が宿ったと思います。

例えば毎朝の如く行われる、大神さんとさくらさんの掛け合い。
あれが聞こえてくると、「あぁ、朝がきたんだな」って思えてくるようになりました。

たった3日。たった3日なのに・・・

あ、それとたまになんですけど大神さんが私達の仕事を手伝ってくれる時があります。
米田支配人からは頭脳優秀と聞いていましたが、まさかこれほどとは・・・
伝票をわずかな間に片付け、そして私や由里がやってる仕事も「ヒマだから」と言って
手伝ってくれます。

ふふっ、大神さんって私よりも年下には見えない時もあれば、歳相応以下に見える事も
あるんです。
ぶっきらぼうに見えて、意地悪口調をしているように見えて・・・
本当は、とても優しい。


「って聞いているんですか、大神さん!!」

「だぁ、うっせぇ!さっさと席に着きやがれ、飯だ飯!!」

「もう!後で話がありますから、絶対逃げないでくださいね?」

「オレの知ったことかボケ」

「ぼ、ボケって・・・!!」


ほら、ね?
相手にされていないようでしっかり相手されているの、さくらさん分かってないでしょう?
無関心な人に、そういう態度は取れないものです。

これから先、面白くなりそうですから教えないですけどね?


あ・・・あら、由里の癖が移っちゃったかしら?









【???】

お~ほっほっほっほ・・・帝劇スタァ神崎すみれ、ただ今戻りましたわ~!
米田さんから聞いた話によれば、どこぞの馬の骨を拾ってきたとの話ですが・・・
このわたくしが、しっかりと見定めてあげますわ!

うふふ、わたくしの採点は辛くてよ?


さてさて、まずは事務所に行くとしますか。
あら、かすみさんに由里さん、お久しぶりですこと。


「1週間ぶりです、すみれさん!」


由里さんは相変わらず明るい方だこと。


「お帰りなさい、すみれさん」


比べてかすみさんは家庭的な所が癒されますわ。


「ごきげんよう、由里さん、かすみさん。
一つお聞きしたいことがあるんですけれど、よろしくて?」

「はい、なんでしょう?」

「ここ、わたくしの帝劇に、殿方がお一人職に就かれたようですが、
その方の所在を教えてほしいんですの」

「あぁ、大神さんならさっきまでここでお手伝いしてもらってたんですけどぉ、
『飽きた』って言ってどこかに行っちゃいました」


な、なんてこと!たかだが新参者の分際で『飽きた』ですって!?
わたくしの表情を読み取ったのか、かすみさんが口を開きましたの。


「あ、あのすみれさん?大神さんは私達が頼んだ仕事を全て終わらせてから
そう仰ったんです。口が悪いと思われがちですが、頼まれた仕事はきっちりして
くれますよ?」

「・・・そういうことでしたら追求しないでおきますわ」


その殿方の名前は大神、と言うことですが・・・これは米田さんに直接聞いて
みるべきですわね。


「あら、お仕事をお邪魔しては悪いですし、わたくしはこれで失礼しますわ・・・
ごきげんよう、お二人共」


さて、総支配人室に向かいますか。



「きゃはははは、おにいちゃんこっちこっちぃ~!」

「待てやこらそこの幼女!そいつはオレんだ、返しやがれってんだこんちくしょう」

「や~だよ~、アイリスの名前を言ってくれるまで返してあ~げない!」

「て・・・てっめぇ・・・上等だこるぁあ!!」

「きゃあああああ」

ズダダダダダダダダダダ・・・・


・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・な、何ですの今のは。
あぁ、長旅が祟ったのでしょう、幻覚ですわ幻覚。

あの人見知りするアイリスが見知らぬ男性とあのようにはしゃぎまわるわけが
ないですもの。


いけない、米田さんの部屋へ・・・


「大神さん!アイリス!!どこに行ったんですか、もう!!」


あら、その声は・・・


「ごきげんよう、お久しぶりですわね、さくらさん」

「あ、お久しぶりですすみれさん・・・ってえぇえええ!?す、すみれさん!?」

「随分なご挨拶ですわね、わたくしが居るのがそんなにおかしいんですの?」

「い、いえ。そういうわけでは・・・あははは」


相変わらず、自分に不利と知ると愛想笑いで誤魔化すのは変わっていませんわね。
まぁ1週間やそこらで変わられてても混乱してしまいますが。

それはいいとして。


「ちょいとさくらさん、あなた今、『大神』、とおっしゃいまして?」

「あ、大神さんのこと、ご存知なんですか?」

「米田さんから連絡が入りましたの・・・どこぞの馬の骨を拾ってきた、と」

「ぶっ・・・ちょ、ちょっとすみれさん。そういうこと、大神さんの前で言わないほうが
いいかと」

「・・・さくらさん?あなた随分と偉くなったものですこと・・・このわたくしに意見
するのはトップスタァに輝いてからにしてくださる?」

「あぅ・・・で、でもすみれさん、私が言ったこと、ちゃんと覚えていてくださいね?」


ふむ、さくらさんにここまで言わせる殿方も珍しいですわね。
ふぁんの方で怪しい方がいらしても素で流していましたのに。


「ちょうど良いですわ、さくらさん。その『大神』とやらに会わせていただけるかしら?」

「えぇ!?・・・で、でもいずれは顔を合わすんだからいっそ今のうちに・・・
あぁ、でもぉ・・・」

「何をぶつぶつおっしゃっていますの!?わたくしはそこの長椅子で待ってますから早くなさい!」

「はっ、はい!」

ダダダダダダ・・・


全く、日本女性ともあろう者が足音を立てて走るんじゃありません。
これだから田舎者は・・・

あ、そういえば支配人室に向かう途中でしたわね。
いろいろとありすぎて忘れてましたわ。

はぁ、この神崎すみれ、一生ものの不覚ですわね・・・


「てめっ、真宮寺!お前のせいで幼女に逃げられたじゃねぇか!」

「そんなことは私の知ったことではありません!もう、帝劇の団員の方が帰って
こられたから紹介するって言ってるじゃないですか」

「そんなもん余計に知ったことか」

「!!」


ふ・・・ふふふ・・・
聞きましたわよ、馬の骨のお方。
この帝劇トップスタァ、神崎すみれを・・・知ったことか・・・ですってぇ?

許すまじ許すまじ許すまじ許すまじ・・・

お父さまに報告差し上げて社会的に抹殺するのが最上ですかしら・・・


「すみれさん、すみれさん」


あ、あら。考え事をしていたらいつのまにかさくらさんの姿が。
そして・・・
その後ろに立ってらっしゃる方・・・この方が「大神」さん、とおっしゃったかしら。

ここは帝劇の先輩として、トップスタァとして器の見せ所ですわね。


「初めまして、わたくしはこの帝劇トップスタァ、神崎すみれと申しますわ」

「あぁ?・・・おい真宮寺、この肩裾露出狂、本当にこの劇場の踊り子なんか?」

「あ、あわわ・・・お、大神さん・・・!」

「誰が天然丸出しついでに肩裾胸まで丸出しの露出狂なんですってぇ!?」

「・・・真宮寺。オレ疲れてるみたいだわ。部屋帰って一眠りしてくる」
「あ、わわわ、ま、待ってください大神さん!すみれさんが自己紹介したんですから、
大神さんも自己紹介するのが礼儀ですよ!」


は・・・は・・・腹が立ちますわね・・・
わたくしも腹を探る社交パーティを数度経験し、それなりに嫌な性格の殿方を見てきた
つもりですが・・・この男!!


「さくらさんの言う通りですわ!さぁ、あなたも自己紹介してくださる?」


ですが何とか感情を抑え、先を促したのです。


「チッ・・・」


!し、舌打ちまで!!
ここまで露骨にされたことありませんわ!!


「しゃぁねぇな・・・アァッ!・・・ウン!!
初めてお目にかかる、元帝国海軍少尉、大神一郎だ。
今は米田のよっぱら・・・じゃなかった、支配人からモギリ、雑用の仕事をしている。
よろしく頼む」

「「!!」」


・・・い、意外ですわね。
この男、元海軍少尉。
それも驚きですけど、さっきまでとは全く違う言い回し・・・
それに瞳の奥に見え隠れしている『激情』・・・

全くわたくしとしたことが、此れほど綺麗に騙されるとは。
物言いに気を取られ、真の姿が見えていなかった。

かすみさんや由里さん、そしてさくらさんにアイリス・・・
意識的、無意識的の違いはあるみたいですがこの男の真の姿を朧げながら認識している、ということですわね。

ならば。


「ふふ、こちらこそよろしくお願いいたしますわ、少尉」


満面の笑顔でこう言うしかないですわね。

それにしてもさくらさん、少尉のこと、じっくり見すぎですわよ?

Side out









大神一郎。
真宮寺さくら。
イリス・シャトーブリアン。
神崎すみれ。

この4人が帝国劇場にて肩を並べた。
その時機を狙ってたが如く、上野公園で脇侍の集団が現れたとの報告が上がり。

そして事態は急速に動き出す。
けたたましく鳴り響く警報。

それに、いち早く反応し作戦室へと急行する米田。
廊下を走り、秘密の入り口から身を滑らせ、作戦室へと滑り降りる途中で
戦闘服に着替えるさくら、すみれ、アイリス。

そして。


「っだぁ!!機械の分際でオレの服を脱がそうとしてんじゃねぇ!!
いてっ、いててっ!オレにケンカ売るたぁ上等じゃねぇか!ぶっ壊してやる!」

ドコォォオオ!!


ドサッ「いてっ・・・何だここは」

大神一郎。


非常時だというのに、作戦室は微妙な空気が流れた。









「じゃあ気を取り直して、だ。何ださっきのバカでけぇ警報は?
何かあったんか?」

「「「その前にさっさと着替えて((きなさい))(ください)!!」」」

「チッ」

「また舌打ちされた!?」

「はぁ・・・」←(米神を押さえる米田中将)


更に5分後。
軍人の習性で3分で着替えた大神は駆け足で作戦室に戻ってきた。

それを確認し、同じく陸軍軍服姿の米田が話し始める。


「よし、みんなそろったみてぇだな・・・大神、いろいろ言いたいことはあるだろうが
後にしろ」

「・・・・・・」


先に釘を差した米田に、大神は忌々しげに頷く。
それを見て口元を歪ませた後、再び話し始める。


「今入った情報によればだ、上野公園に脇侍が数十体現れたとのことだ。おそらくだが、
先日大神とさくらが撃破した脇侍とつながりがあると考えられる。・・・大神。軍人として
聞くが、これをどう思う?」


簡単に状況を説明し、米田が大神に矛を向ける。
それに対し,大神は


「偵察、もしくは陽動だろ」

「ほう、どうしてそう思う?」

「簡単な話だ。あんな化け物を、単体だったとは言え人間がぶっ倒した。あの化け物の
背後に何か居るとすれば、オレ達は未知数なわけだ。ならば数を用意し、時間を稼ぎ、
そしてこちらの戦力を測る。もしくはここが既に突き止められていて、あちらに気が向き
すぎたところを急襲か。ちったぁ考えれば同じ場所に出現した、ということで容易に推測
できる」

「「「・・・・・・」」」


大神の推論に、他の3人は何も口を挟まない。いや挟めないのだ。
それほど大神の推論には説得力があった。


「くっ、さすがは海軍学校首席なだけはあるな。こちらも概ね同じ考えに至った。
だが陽動は可能性が低いな。今回のは偵察だろう」

「ならばどうする?敵はあの化け物数十体。こちらは酔っ払い、元不良軍人、小娘、
幼女、露出狂の5人しかいねぇ「「ちょ、ちょっとおおが(少尉)」」黙ってろ!!
米田『中将』、何か対策でもあるのか?」


名前を言わず、屈辱的なあだ名で呼ばれ激昂するが逆に大神に怒鳴られ、口を閉じる二人。

そして、事情を知る彼女ら3人が窺うように米田の顔を見る。


そこにあった米田の表情は、まるで子供がいたずらを考え付いたかのように輝いていた。









【大神】

あの化け物共、調子に乗りくさりやがって!
ぜってぇぶち壊す!

だがそうは言うものの、オレ『達』には戦う手段が無ぇ。
この前の戦闘ですら、右腕1本の犠牲と裏技を使って何とか倒したんだ。

米田のおっさんの顔、ありゃあ何か隠してるな・・・


促され、更に地下へと降りてゆく。

・・・何だここは・・・?格納庫・・・なのか?
そこに鎮座しているのは・・・色とりどりの人型の機械。

銀、桜、紫。
3体の人型がある。

まさか・・・これを使って戦うってぇのか?


「これこそ我が陸軍が研究・開発し、神崎重工で作られた人型蒸気霊子甲冑、『光武』だ!!」


なるほど、『霊子』甲冑ね?
そうかいそうかい・・・こいつらは全員が選ばれし、『霊気』持ちの集団。
んで、言わばこの劇場は蓑隠れする為の表の顔。
戦闘員はそこで踊り子をすることによっていたずらに情報が漏れるのを防ぐってわけだ。
ならばオレみたいなのをここに配置したのも頷ける。
かぁ、誰が考えたんだか知らねぇが緻密に考えてるじゃねぇか。

オレにあいつらをぶっ壊せ、と。そう言いたいんだな?
上等!あいにく平和な生活にも飽きていたところだ!

溜った鬱憤もとい帝都の平和の為・・・やってやらぁ!!


「それでは大神『隊長』、出撃の合図を!」


ってあぁ!?隊長だぁ?


「待てやこらぁ!オレぁただの戦闘員じゃなかったんか?隊長だなんて聞いてねぇぞ!」

「おう、だから今言ったじゃねぇか」

「ってこら中将。言っていい事と悪いことあんだぞ、あぁ!?」

「それ、大神さんには言われたくないと思います」

「だぁってろ小娘ぇ!オレはいやだぜ、隊長なんてかったりぃのはよぉ!」


オレがこういうと米田のやろう、にやけてこう言ってきやがったんだ。


「大神『少尉』。米田『中将』が命令する。帝国華撃団花組隊長に任命する」

「き、きったねぇぞてめぇ!!」
「しょ、少尉?少し落ち着いてくださいな」
「大神さん、中将に向かってそんな・・・!」


露出狂に小娘!また邪魔するか!


「だからだぁってろっつっただろうが!」
「おにいちゃん!!?」

「んぁ?おう、幼女。おめぇも何かあるんか?」

「アイリス・・・おにいちゃんに隊長、やってほしいな・・・」


はぁ・・・ため息しか出ねぇ。


「・・・幼女。10年はえぇ」
「ひどっ!?」

「だぁ!ら致があかねぇ!!大神、よく考えてみろ。さくらもすみれもアイリスも、全員
一般人だぜ?おめぇみたいに戦術叩き込まれてねぇんだ・・・できることならよう、
オレが行きてぇところなんだ・・・でもオレには霊力が無ぇ・・・頼む、大神。隊長、
引き受けてやってくんねぇか・・・?」


・・・そうか、良く考えりゃあこいつらは『力』の運用すら知らねぇ素人。
言わば一般人と変わんねぇわけだ。
米田のおっさんも霊気が使えない、最上指揮官。
なら・・・適任はオレしかいねぇじゃねぇか。


「分かった・・・オレがやってやらぁ!だがどうなっても知らねぇからな!」


オレにはこう答えるしか無かった、ちくしょう。

Side out









「帝国華撃団花組、出撃だぁ!!あんの雑魚共を地獄に叩き込めぇ!!」

「「了解!!」」


大神一郎の檄を受け、華々しく進み出す三体の光武。

だが


「ん?三体??オレ、小娘、露出狂・・・あれ、幼女は?」
ピコンッ
『アイリスならお留守番だよ?まだ機体ができてないの』

「そうか、ならそこでじっと見ていやがれ・・・敵は必ず殲滅させる」

『うん、おーえんしてるからね、おにいちゃん!帰ってきたらお花見だよ~?』

「何ぃ?よっしゃ、全開全速で片付けるぜ!任せとけ!!うっひょぉお!酒だぁあ!!」


ほろ酔い気分で弾丸列車『轟雷号』に乗り込む大神。

作戦室の二人は、若干不安を覗かせながら見送るのだった。









次回、引き続いて戦闘開始

作戦は?
陣形は?
周りの被害は?
回復物資は?
援護は?

『だぁあ、うっせ~!オレに指図すんじゃねぇ!!』









あとがき:ゲームにおける、アドベンチャーモードを終了、次にバトルフェイズになります。大神がおかしなテンションに・・・wどんどん私の手を離れていきそうな予感が^^;皆様から指摘があるまでこのまま突っ走らせますのでよろしくお願いします。

あと、感想にも書かれていました「表題」は、今のところ考え付いておりません。
インスピレーションが起きるまで、このままを維持していく予定です。

皆様の感想を見て、更にやる気が起こっています。
続々と執筆中です。本当にありがとうございます。

※指摘に基づき、すみれ機の色を修正


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.022941827774048