チラシの裏SS投稿掲示板




No.16303の一覧
[0] 【習作】サクラ大戦再構成[く~が](2010/11/06 20:40)
[1] 第2話[く~が](2010/02/09 01:20)
[2] 第3話[く~が](2010/02/09 19:37)
[3] 第4話・通常シーン[く~が](2010/02/11 23:16)
[4] 第4話・戦闘シーン[く~が](2010/02/11 23:13)
[5] 幕間(4,5話)[く~が](2010/02/14 20:28)
[6] 第5話・通常シーン[く~が](2010/02/16 20:57)
[7] 第5話・戦闘シーン[く~が](2010/02/21 01:55)
[8] 幕間(5,5話)[く~が](2010/11/06 21:45)
[9] 第6話・通常シーン(上)[く~が](2010/03/03 00:52)
[10] 第6話・通常シーン(中)[く~が](2010/03/10 10:46)
[11] 第6話・通常シーン(下)[く~が](2010/03/11 22:39)
[12] 第6話・戦闘シーン[く~が](2010/04/10 23:15)
[13] 幕間(6,5話)[く~が](2010/04/11 23:21)
[14] 第7話・通常シーン(上)[く~が](2010/04/18 23:07)
[15] 第7話・通常シーン(中)[く~が](2010/04/18 19:27)
[16] 第7話・通常シーン(下)[く~が](2010/07/15 22:51)
[17] 第7話・戦闘シーン[く~が](2010/09/29 21:11)
[18] 幕間(7,5話)[く~が](2010/11/06 21:47)
[19] 第8話・アイリスVer.【大幅加筆】[く~が](2011/01/05 16:29)
[20] 第8話・マリアVer.[く~が](2011/01/05 16:31)
[21] 第8話・カンナVer.[く~が](2011/02/13 22:14)
[22] 第8話・かすみVer.[く~が](2011/05/07 19:45)
[23] 第8話・さくら・紅蘭Ver.[く~が](2011/05/15 23:32)
[24] 第8話・あやめ回想[く~が](2011/06/21 23:17)
[25] 40000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/03/12 11:04)
[26] 80000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/11/20 22:36)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16303] 幕間(7,5話)
Name: く~が◆9b59c775 ID:217c2d27 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/11/06 21:47
思わぬ事態が起きながらも、無事に劇場に戻ってきた花組の面々。
それぞれが、思わぬ緊張の後のせいか口数も少なく、二言三言会話を交わしただけで寝室へと向かった。


極度に緊張し、それが一気にほぐれた場合どうなるか。
軍人である大神には分かっていた。
大神の脳裏に、帝国陸軍との合同総合演習をやったときのことが過る。


2度と戦場に立てないくらいに精神が堕ちた者。
人を傷つけることに全く躊躇が無くなった者。


それぞれが多様の症状だったが、ろくなものではないのは確かだった。


だからこそ、大神は命じた。

あの戦いの後、気を緩めることなく『精神』の修行である座禅をするように、と。
そうすることにより、自分自身へ問いかけ、精神状態の危険さを知ってもらい、徐々に落ち着かせるつもりだった。

上手い具合に、花組全員が即動してくれたお陰で大神が檄を発する必要も無かったわけだが。


(・・・ふぅ・・・あれがあいつらの精神成長の阻害にならなければいいんだがよ・・・チッ・・・やっぱこういうのは米田のおっさんか藤枝の年増にやらせるべきなんだよな)


サロンにあるソファーに深く座り込み、大神は米神を押さえながらも考える。


(くそったれ、『林』だけじゃなく『山』も使うことになったか・・・頭痛が治まらねぇ。あの爺ぃが言うには初期症状って話だが)


「少尉」

「っ・・・おお、タチバナじゃねぇか。何か用か?」


いつのまにかサロンへと足を踏み込ませていたマリアに、大神はソファーから立ち上がって尋ねる。


「はい、あの戦いの時の少尉の指揮についてですが」

「おう、そう言えばお前ぇに問題点を洗い出すように言ってたっけな。どうだ?お前ぇの指揮官としての目から見ての感想は?」


マリアの表情に、わずかながら翳りが見えるが構わずに話し出す。


「えぇ。私は今までの戦いの少尉の指揮手順を、それぞれ把握しようと司令に頼んで作戦室の映像資料を貸していただきました。そして先の全員が揃ったときの指揮手順・・・はっきり言いまして、少尉の指揮には問題点が多すぎでした」

「ほう?それで?」


なかなか興味深い、と感じた大神が先を促す。


「はい、特に最初の方の人数が少ない時の戦闘。攻撃に特化された味方ばかりで敵の情報もあまり知られていなかった時・・・隊長である少尉が先頭を切って戦闘するのは正気でありません。他の時でもほぼ、少尉は先頭で戦っていらっしゃいました。・・・ですが何が起きても良いように配置される人員、統率。最終的には誰かの脱落者も無く、・・・私には少尉が、それぞれの戦局を先読みしているとしか考えられないのです」


無言のまま、スッと眼を細くしてマリアを凝視する大神。
それによって、マリアは全部が、とは言わないが少なからず当たっていることを確信する。


「私には戦場を先読みし、それを念頭に陣形を決め、戦闘中においても変幻自在に変えることは難しいと考えます。ですので、少尉にはこれらを体得する為の方法を教えていただきたいのです」


ここでマリアは言葉を切り、大神を真っ直ぐ見つめる。


「・・・・・・」

「・・・・・・」


「・・・タチバナなりに良く観察してんじゃねぇか。ちっと、いや、かなり見直したぜ」


そう言い、大神はサロンから自室へと歩を進める。


「少尉?どちらへ・・・」
「オレの部屋だ。ちっと待ってろ」


そのまま自室へ入っていく。

しばらくすると、大神は何やらを抱えてサロンへと戻ってきた。


「ほれ」

「少尉・・・?これは・・・」


大神から渡された資料の束に、マリアは目を見開いて尋ねる。


「前から作っていたんだがよ、隊長を申し送る時に必要かなと思ったことを書き連ねた資料だ。これにはそれぞれの隊員の特徴や隠し玉、そしてそれぞれを生かした戦術・陣形が書かれている。軍で言えばこいつぁ極秘に値するモンだからな、絶対ぇに無くすなよ?」

「しょ、少尉!?このような物を私に」

「勘違いすんな?オレはお前ぇだからこそコイツを預けんだ。もしさっきの質問で、やっぱりオレに任せようとか、自信が無いとか言うようならコイツを預けようとは思わなかったぜ。お前ぇは自分の力にするため、その方法をオレに聞いてきた。分からない時は聞く。そしてやってみる。それが成長する為の骨子なんだ。それが分かってるお前ぇだからこそ、だ」

「少尉・・・」


マリアが、感極まった声を上げる。
が、そこに注意が入る。


「だがな、これでお前ぇの負担は倍以上になるぜ?只でさえ霊力指向の修行まで行ってねぇんだからよ」

「いいえ、これこそが私の忌まわしき過去を洗い流す絶好の機会です。やってみせましょう」

「・・・いい返事だ。じゃあ確かに申し送ったぜ?タチバナ隊長」

「はい!」


マリアの返事に満足し、踵を返して部屋へと戻る大神。

その後姿を見送りながらも、マリアは先ほどの会話を反芻する。


「私が隊長・・・ん、頑張るわよ」


マリアも歩を進め、自室へと歩き出す。

その表情は、覇気で溢れていた。









【カンナ】

あたい・・・どうにかなっちまったのか?あの戦闘の時の迸るような霊気・・・今でもあたいの体の中で荒れ狂ってやがるぜ。

落ち着け・・・もう戦闘は終わったんだ・・・落ち着け・・・

少し力を入れるだけで・・・あたいの霊気が体からにじみ出てくる。



少尉は・・・どうやってたっけ・・・

ん、そうだ・・・確か。


霊気に逆らうんじゃなく、それを自分が制御するような・・・感じか?

あたいは・・・やっぱり肉弾戦が好きだからな、どうしても拳か足に集中させちまう。
これはこれで良いのか?

な、何だ?体中の霊気が・・・集中していく。
はっきりと見えるぜ、拳に集中しているのが。


こいつぁ・・・やばい。桐島流空手でも気合を篭めて殴る蹴るはやるもんだが、これはそれ以上に・・・出鱈目だ。

やばいやばい・・・落ち着け・・・落ち着け・・・


ここで力に溺れ切ったら最後、あたいは二度と空手家としてやっていけなくなる・・・

くっ・・・少尉・・・あんたぁコレをずっと抑えてやがるのか・・・?
脇侍を化け物扱いしてるがよ、本当の化け物はアンタだぜ、少尉。

普通の精神をしているヤツにゃあこいつは手に余るぜ。


ふぅ・・・ようやく落ち着いてきた。


まだだ、まだ時間はある。
それまでにこの、あたいの中に潜むじゃじゃ馬を飼いならしておかねぇと・・・




はぁ、いつからあたいってこんな考えるようになったんだろ・・・

side out









帝都劇場の屋上。西洋建築技法がふんだんに使われたその建物の屋根の上には、帝劇最年少のアイリスが膝を抱えて座っていた。

その腕には、友達のクマのジャンポールがしっかりと抱えられている。


そんな見るからに可愛らしい出で立ちのアイリスの表情もまた、明るいものではなかった。


初めて感じた、『死』の恐怖。
あの時は無我夢中で動いて九死に一生を得たわけだが、それは同時に、アイリスにあることを思い出させていた。


それは大神が遊撃隊員として動き始めて初めての戦闘。


あの時の大神は、敵の主戦力の機体に只一人戦いを挑み、光武もその身も傷だらけで帰ってきた。
その時大神の光武を、極秘で修理し他の花組隊員への秘匿を図ったのはアイリスであり、司令・副司令であり、大神であった。

あの時も、大神があと少しの所で死んでいたかもしれないという危機感を持たざるを得なかったが、その身に脅威を感じるほどではなかったのだ。
だが今回の戦闘ではっきりと認識し、普通の生活に戻りながらも心はどこか、その辺を彷徨っているような感じだ。
が、そんな目に遭いながらも、大神は次の日には他の隊員とけんか腰に話していたり、実に自然体で過ごしていた。
そのことがどうしても、アイリスには不可解だった。


自分と違い幾ら大人とは言え、命のやり取りを行っている戦場において、果たしてあれほど冷静でいられるだろうか?


「わかんないよぅ・・・どうすればいいの?ジャンポール・・・・?」


アイリスの呟きは、ただ静かにぬいぐるみだけが聞き取っていた。









「あら?お母様からの手紙・・・どうしたのでしょう?」


自室にて、普段と変わらぬ様子で母からの手紙を手に取るさくら。
生身で脇侍と相対したり、最初から戦闘をこなしているだけの経験が不屈の精神を作り上げていた。

小刀で便箋の端を切り落とし、中の手紙を読んでいく。
が、途中まで笑顔だったのだが、ある文面からその表情が蒼くなる。


「え゛・・・何故お母様が大神さんのことを・・・」



『拝啓  
仙台の緑も多くなり、夏への歩みは着々と進んでいるみたいです。帝都の方もそろそろ暑くなってきているのではないでしょうか?さくらさんも変わらずご健勝であることでしょう。
さて、前置きはこれくらいにしておきまして、まずは真宮寺総領でありますお婆様からの伝言です。
【手紙をくれるのは嬉しいが、たまには仙台に帰ってきなさい。私じきじきに剣の上達振りを見てあげましょう】

お婆様なりに、さくらさんのことをとても気にかけていらっしゃるみたいです。帝都にも何人か人を・・・(横線・斜め線が入り、そこからは読めない)

私からはまずは母親として、この言葉を送りたいと思います。
【あなたの意中の殿方は既に数多の女性から慕われている様子。うかうかしていると子孫断絶となりかねませんよ?】
そして女として、この言葉を。
【帝都には骨のある殿方は他にいますか?もしあなたの目に適うようでしたらその方を拉・・・(横線ry)もし帝都でオススメの甘味がありましたらお土産にお願いします】

敬具

追伸:彼・・・大神さんとおっしゃったかしら?胸枕からの鳩尾打突の連続技・・・見事でした。私でもあのような妙技を披露することはありませんでした。次に狙うのは関節技からの股間枕はいかがでしょう?

それではお元気で。

真宮寺 若菜』

「って下話じゃない!?」


いろいろと台無しな手紙を破りたい気分でいっぱいになったが、何とか抑え手紙を元の封に戻し、机の中に封印する。


「それにしてもお婆様ったら何を考えていらっしゃるの!?真宮寺一族の手の者が帝都に・・・あぁ、うかつにも全然気づかなかった・・・」


げんなりとしながらも、さくらはうつろな眼に力を入れなおす。


「これも全部大神さんのせいです!えぇ、そうと言ったらそうなんです!責任・・・ポッ」


うら若き乙女が妄想に入る・・・なんと平和なひと時であろうか。

真宮寺さくら。
周りがどういう雰囲気であろうと我を突き通す、大正桜どころか江戸桜と言ってもいいような精神の持ち主に成長していた。









あとがき:シリアスな展開になりがちになります。どうしてもリアルに考えていくと10~2※歳の女性にとっては仕方無いかと・・・^^;
今回の話で、無理矢理に明るい方向に持っていってますが、あまりにも批判がある場合は書き直しを考えていますので、意見や感想、ガンガン下さい^^

そして前回指摘を受けた場所、特に大神の将校時代の問題行動で首席は有り得ないんじゃないか、上官抗命罪なんじゃないのか、というところは前半は私としても迷いました。首席にするか、おちこぼれにするか。後々パリとかにも行く関係上、無理がありますが首席とさせていただきました。どうかIFの世界と思って勘弁を^^;
抗命罪については只の勉強不足です^^;後々、修正致します。

指摘、ありがとうございました。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027781009674072