チラシの裏SS投稿掲示板




No.16303の一覧
[0] 【習作】サクラ大戦再構成[く~が](2010/11/06 20:40)
[1] 第2話[く~が](2010/02/09 01:20)
[2] 第3話[く~が](2010/02/09 19:37)
[3] 第4話・通常シーン[く~が](2010/02/11 23:16)
[4] 第4話・戦闘シーン[く~が](2010/02/11 23:13)
[5] 幕間(4,5話)[く~が](2010/02/14 20:28)
[6] 第5話・通常シーン[く~が](2010/02/16 20:57)
[7] 第5話・戦闘シーン[く~が](2010/02/21 01:55)
[8] 幕間(5,5話)[く~が](2010/11/06 21:45)
[9] 第6話・通常シーン(上)[く~が](2010/03/03 00:52)
[10] 第6話・通常シーン(中)[く~が](2010/03/10 10:46)
[11] 第6話・通常シーン(下)[く~が](2010/03/11 22:39)
[12] 第6話・戦闘シーン[く~が](2010/04/10 23:15)
[13] 幕間(6,5話)[く~が](2010/04/11 23:21)
[14] 第7話・通常シーン(上)[く~が](2010/04/18 23:07)
[15] 第7話・通常シーン(中)[く~が](2010/04/18 19:27)
[16] 第7話・通常シーン(下)[く~が](2010/07/15 22:51)
[17] 第7話・戦闘シーン[く~が](2010/09/29 21:11)
[18] 幕間(7,5話)[く~が](2010/11/06 21:47)
[19] 第8話・アイリスVer.【大幅加筆】[く~が](2011/01/05 16:29)
[20] 第8話・マリアVer.[く~が](2011/01/05 16:31)
[21] 第8話・カンナVer.[く~が](2011/02/13 22:14)
[22] 第8話・かすみVer.[く~が](2011/05/07 19:45)
[23] 第8話・さくら・紅蘭Ver.[く~が](2011/05/15 23:32)
[24] 第8話・あやめ回想[く~が](2011/06/21 23:17)
[25] 40000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/03/12 11:04)
[26] 80000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/11/20 22:36)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16303] 幕間(6,5話)
Name: く~が◆9b59c775 ID:bfaa28d4 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/04/11 23:21
戦闘が終わり、無事に一人の犠牲も出すことなく帰還した帝国華撃団。

劇場にて、メンバーを待っていたのは演目『西遊記』の稽古だった。


主人公である孫悟空はカンナ。
好敵手である羅刹女はすみれ。


以前のギスギスした空気は何処へやら。

罵り合いの場面は変わることは無かったが、それでも相手に対する礼儀が感じられる。


雑用の休憩で客席から盗み見していた大神が見ていてもそう感じるのだから間違いはないだろう。


「へっ、どうやらオレの心配は杞憂に終わったようだな」

「ふふっ、そうね」

「!っうお、いつの間に「シッ」・・・」


背後から急に声をかけられた大神が驚いて振り向くが、あやめの笑顔で差し出す人差し指で声を出すのを阻まれた。


「お疲れ様、大神君。あなたのお陰で花組の結びつきは一層強くなったわ」

「・・・オレぁ何もしてねぇ。そういうのは本人達に言ってくれや」

「ふふっ」

「・・・チッ」


あやめの、『全て分かっている』と言わんばかりの笑顔に、大神は居心地悪く感じ舌打ちしてしまう。
それを見て、その笑みを更に深めるあやめ。


「それにしても驚いたわ。大神君がまさかあそこまでの力を持っているなんてね」

「・・・・・・」

「何も言ってくれないのね?」

「・・・オレにはあんたらの考えが分からねぇ。普通はああいう力の一端を見たならば尋問してくるのが普通だ。
なのにあんたら・・・酔っ払い中将を筆頭に、相当お人よしが揃ってるみてぇだな」

「それはあなたに対する信頼ととって欲しいわね。さくらやマリア達・・・あの子達も本当は聞きたいと思ってる。
でも、あの子達は力を持つ者の苦悩も知っている・・・出来るだけ、あなたの負担にならないように
考えているのよ」


稽古中の花組メンバーを、慈しむように眺めながら訥々と語る。
大神は、苦虫を噛み潰したような表情でこう言うしかなかった。


「狂ってやがる・・・」









演目お披露目当日。
帝国劇場には開演前から長蛇の列が並んでいた。

告知されたのは遡る事5日前。
劇場事務室には問い合わせの訪問が幾度とあり、更には3日前から徹夜で順番待ちをする者まで出てくる始末。

もちろん、こういう時の処理は全て、大神が担当することとなった。


「てめぇら・・・ここに居座って営業妨害しようたぁいい度胸じゃねぇか・・・あ?」

「うっせぇぞ、モギリ野郎の分際で!オレ達は客だぞ?」

「「そうだそうだ」」

「オレ達は演目開演から終演まで1日たりとも欠かしたことは無いんだ、邪魔しないでくれるかい?」

「おう、そうだ!最前列の席を取れなかったら、ふぁんとしてこれ以上の屈辱は無ぇ!」

「「そうだそうだ!モギリはすっこんでろ!」」

「くくくくくく・・・くそったれ共・・・」ジャキッ


客からの野次に反応してしまい大神が懐から出したるは、マリアの愛銃。
その形相は、遥か未来でマンガとなって出てくるであろう下町出身の某角刈り警官の表情と瓜二つ。
抜銃し、照準をつけると同時に撃鉄を起こすのに一秒足らず。


「おう・・・?10数える間だけ待ってやる・・・その間に消えろ・・・じゃなかったら・・・分かるな・・・あ?」

「「「ひぃっ」」」

「ひと~つ」

「ちょ、ちょぉ待って!!どく!どくから」

「ふた~つ」

「「「ひぃ~~っ!!?」」」


大神の尋常ならぬ雰囲気を感じた熱狂的ふぁん。
一目散に逃げ出す。

それを一瞥し、銃を懐にしまう大神。


「けっ、クソが・・・余計な手間増やしやがって」

「って何勝手に私の銃を持ち出してるんですか~!?」
スパ~~~ン!!

「ってぇ!?何しやが・・・吊り目?・・・ってやべぇ!」

「!待ちなさい!!まだ話は終わってませんよ?ってまた吊り目って言いましたね!?」


背後からスリッパで引っ叩かれ、背後へ振り返り大神が見たのは、憤怒の表情で睨みつけるマリアの姿。
大神の米神から、つつ~と汗が流れ落ちる。


「くっ、かくなるうえは・・・戦略的撤退!!」

「待ちなさ~~い!!」


マリアが右手に銃を象った形を作り、大神に人差し指を向ける。


『スネグーラチカ!!』ドウッ!!

「って馬鹿、んな公衆の面前でんな技だすんじゃねぇ~!!」

「問答無用!!」

「ぐおっ・・・っと」


劇場玄関で霊気弾を大神に向かって放つマリア。
だが、背面越しにその気配を察知し、スレスレで回避する。

幸か不幸か、そこはギリギリ劇場の敷地内でありそこから発生する霊気は、劇場を覆っている結界のお陰で
外部に漏れることは無い。
それを計算した上でマリアは大神に粛清の嵐を打ち続けた。


「そこそこそこぉ~~!!!」

「うりゃっ、とぉっ、くぅっ!?」


大神とマリアの追いかけっこは、様子を見に来たアイリスに二人揃って宙に磔にされるまで続いた。









そんなこんなで多少の混乱も見受けられたが、いざ開演となればモギリの大神の出番である。

いかに早くモギり客を通すかによって流れを悠長にするか。
これすらも、アイリスのお仕置き(?)によって仕事の鬼となった大神にはたやすいことであった。

残像が出来るくらいに手を動かし、一度に3つの入場券をモギるという早業に客はおろか、
風組の面々すら視認できないくらいであった。


「おら、モギられたんならさっさと入れ!今ので119人目か、そこのメガネのおっさんまで1階席で見れる。
そっから後は2階席に上がってくれ!」


手元を見ないでモギりながらも人数を掌握し、エントランスホールで仕分けをしている椿の支援も怠らない。
素早く客に指示を出し、ごった返さないように心がける。


「1幕はもう始まった!2幕開始は10時だ!それまで土産を買うなりして時間を潰してくれ!」


そして、第1幕の開始9時の鐘が鳴った時、まだ並んでいる客の第2幕までの時間つぶしの提案として
売店でお土産購入を薦める。
最早大神一人で5人分は動いている計算になる。


「お疲れ様です、大神さん」

「相変わらずすごいですねー・・・」

「ふふっ、はい、大神さん。お茶ですよ」


一息入れていた大神に、3人娘が声をかけて労う。
かすみはお茶を淹れてきて大神に渡す。


「あー、疲れた・・・ありがたく頂くわ。・・・ズズッ・・・っかぁ・・・うめぇ」

「はい、お手拭もどうぞ?」


椿から、冷たい水で湿らせた手ぬぐいが渡される。


「おぉ・・・って梅。お前売店の売り子だろうが。んな所で油売ってていいんか?」

「もぅ、大神さんへ労いのお世話したかったんですよ!?」

「あ?そうなんか?」

「あぅ・・・ハイ。それと私、椿です」

「・・・あんがとな?充分労われたからよ、自分の持ち場に戻んな?」

「・・・はい!!」


椿がこうも動くとは、大神にも理解できなかった。
そしてお約束とも言える呼び名の間違い。
それにより、椿の表情は沈むが最後の言葉で笑顔が戻り、我知らず大神はほっと息を吐く。


「それじゃあ私達も仕事がありますので戻りますね?第2幕の時もお願いします」

「頑張ってください、大神さん」

「あいよ」



椿が売店に戻り、そして由里とかすみも入場券の仕分けに戻って大神一人となる。


耳を澄ませてみれば、所々で聞こえる歓声、笑い声。


どうやら演目は無事に進行しているみたいだ。


「頑張れ・・・オレにはできねぇ、お前ぇ達だけができる事・・・邪魔する奴はオレが排除してやるからよ」

大神の、劇場を見つめる表情はいつしか穏やかに変わっていた。










稽古の時にもあった、カンナとすみれの息の合ったコントじみたアドリブ劇。
それに脇役であるさくらの天然が場を盛り上げ、マリアが男前な演技で沸かせる。
そしてアイリスが念動力を使った裏技で小道具を動かして抜群の演出を見せ。

最後には。


「はあっ!!」

「きえぇぇいっ!!」


カンッ!ガキィッ!ガンガンガン!!ヒュッ!シュバッ!!


劇としては過分の迫力を見せるカンナとすみれの殺陣。





最初から最後まで客を飽きさせない、それでいて魅了する演目『西遊記』。
開演から終演する3日後まで、劇場内は満員御礼の札を掲げる事となる。









次回、『戦闘は爆発やで~?』









あとがき:思わぬ伏兵(仕事)が残っており、それにかかりきりになってました^^;
あれだけ間を空けたのに、今回は少なめとなりました。本当にすいません。

ストーリーの流れがおかしかったり、こういう外伝が読みたいというリクエストがありましたら教えてください。
できるだけそれに応えていきたいと思います。

次回の更新は、早ければ明日。遅ければ火曜日になるかと思います。
引き続きご愛読していただければ幸いです。


※毎回誤字を指摘してくださる俊さん、本当に感謝です。ありがとうございます^^


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.034101963043213