チラシの裏SS投稿掲示板




No.16303の一覧
[0] 【習作】サクラ大戦再構成[く~が](2010/11/06 20:40)
[1] 第2話[く~が](2010/02/09 01:20)
[2] 第3話[く~が](2010/02/09 19:37)
[3] 第4話・通常シーン[く~が](2010/02/11 23:16)
[4] 第4話・戦闘シーン[く~が](2010/02/11 23:13)
[5] 幕間(4,5話)[く~が](2010/02/14 20:28)
[6] 第5話・通常シーン[く~が](2010/02/16 20:57)
[7] 第5話・戦闘シーン[く~が](2010/02/21 01:55)
[8] 幕間(5,5話)[く~が](2010/11/06 21:45)
[9] 第6話・通常シーン(上)[く~が](2010/03/03 00:52)
[10] 第6話・通常シーン(中)[く~が](2010/03/10 10:46)
[11] 第6話・通常シーン(下)[く~が](2010/03/11 22:39)
[12] 第6話・戦闘シーン[く~が](2010/04/10 23:15)
[13] 幕間(6,5話)[く~が](2010/04/11 23:21)
[14] 第7話・通常シーン(上)[く~が](2010/04/18 23:07)
[15] 第7話・通常シーン(中)[く~が](2010/04/18 19:27)
[16] 第7話・通常シーン(下)[く~が](2010/07/15 22:51)
[17] 第7話・戦闘シーン[く~が](2010/09/29 21:11)
[18] 幕間(7,5話)[く~が](2010/11/06 21:47)
[19] 第8話・アイリスVer.【大幅加筆】[く~が](2011/01/05 16:29)
[20] 第8話・マリアVer.[く~が](2011/01/05 16:31)
[21] 第8話・カンナVer.[く~が](2011/02/13 22:14)
[22] 第8話・かすみVer.[く~が](2011/05/07 19:45)
[23] 第8話・さくら・紅蘭Ver.[く~が](2011/05/15 23:32)
[24] 第8話・あやめ回想[く~が](2011/06/21 23:17)
[25] 40000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/03/12 11:04)
[26] 80000PV記念ネタ的SS[く~が](2010/11/20 22:36)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16303] 第6話・戦闘シーン
Name: く~が◆9b59c775 ID:93204d53 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/04/10 23:15
【さくら】

「そこまでよ!!」
「「「帝国華撃団、参上!!」」」


着いた・・・けど、ここは・・・?
何か、明治初期から建てられ、そして此れほどまでに寂びれている洋館・・・

こんなところで脇侍達は何をやっているのかしら?


!庭の奥に妖気反応!!


「マリアさん!」

『ええ、こちらでも捕捉したわ。まずは邪魔な脇侍共を片付けるわよ!』

「はい!!」


ここからは余計な思考を持っていたら死んでもおかしくは無い。

ジャキン!!


光武に装備された私専用の刀を抜き放つ。

ん?洋館の端から人影が・・・
あ!大神さん達!!

良かった、無事だったのね。


正直、出撃命令が下る以前からとても心配していた。
敵が潜む建物内に潜入し、そして情報を集める。
すなわち偵察活動。

正直、私だったら上手くやりこなす自信が無い。
それはそうだ、何せそういう特殊な訓練を受けているわけでは無いのだから。

それはすみれさんやカンナさんにも言えること。
いくら武の腕に秀で、そして霊力が高いとは言え何かの手違いで命を落とすことになるのが敵地。

多分、米田司令がお二人に大神さんに着いていくよう指示したのは、敵地での仲違いがどれだけ
命取りになるかということを教える為・・・
そして大神さんに、私達がどれだけ『戦場』という場所を理解していないのかを分からせる為・・・

マリアさんの考えだけどこれが一番しっくりくる。


そして目の前には、大神さん達3人の無事な姿がある。


「大神さん!!」

『小娘か!?オレ達の光武はどこだ!』

「この洋館前に降ろしています!その警護を風組の皆さんが」

『分かった!いくぞ、神崎、桐島!』

『『了解!!』』


ふふ。大神さんのおかげですみれさんとカンナさんの連携も今までとは段違いに見える。

今や帝国華撃団の要であり、大黒柱でもある大神さん・・・
末永く、お願いしますね?


ってやだ、この言葉は場違いだったかしら・・・?

Side out









『少尉、よくぞご無事で!』

『おぉ、タチバナか。おめぇ達こそよくぞ時機を狙って来れたな』

『ありがとうございます、ですが少尉。この話は戦闘が終わった後で存分に』

『おう、頼むわ』


無事に光武へと搭乗を完了した大神、すみれ、カンナ。
3人が加わり、帝国華撃団の陣容が更に濃密になる。


前衛としてさくら、カンナ、すみれ。
後衛としてマリア、アイリス。

そして隙あらば横から食いつかんとばかりに気勢を上げる遊撃の大神。


「さぁ・・・こっからが本番だ。かかってきやがれ!!」










脇侍が光武に攻撃を仕掛ける。
そして、その後方からは大筒を搭載した敵機が長距離攻撃を浴びせる。


「くぅっ!?」

「マリアさん、敵にも長距離射撃ができる機体が!」

「えぇ、ひとまず前方に群がる脇侍をさくら達前衛が突破。『大筒』と呼称しましょうか、
あの敵機を撃破することを第1の目標とするわ!!」

「分かりました!」

「私たちの光武に傷をつけることのできる敵は今のところ居ないわ、援護は私達に任せて
あなた達は存分に打ち倒して頂戴」


マリアが隊員に命令を下していく。


「へっへ、こういうガチンコこそあたいの好きな戦いだぜ!」

「あーら、あまり自分の力を過信してますと足元を掬われますわよ?・・・はぁっ!!」
ザシュゥッ・・・!!


脇侍の1体に掴みかかろうとしていたところに、大筒からの砲弾が降る。
その弾丸を一刀のもと切り伏せるすみれ。


「ヒュウ・・・やるじゃねぇか、すみれ」

「ふふ、いつまでも同じと思ってもらっては困りますわね」


口では軽口を叩きあいながらも、臨戦態勢を強くする二人。
それに対してさくら達の戦意も上がる。


『お前ぇらいつまでくっちゃべってんだ!おらぁっ!』
ズバァッ!!ザシュザシュ・・・ズドン!!

洋館の屋上から姿を現した大神機が、後方に陣取る大筒の直上に降下。
その強靭な2刀をもって次々に斬りふせていく。


『神崎!!桐島!!お前ぇらは水と油。混ざることは無ぇ!だが・・・お互いの性質を
利用すれば強大な力となる!いつもの調子でかまわねぇ、とっとと殲滅してこい!』

「「少尉・・・」」

「もちろん、お二人の周りには私達もいます!怖いものは・・・ありません!!」
ザンッ!ドシュゥッ・・・

「あははっ!アイリス達はとっても強いんだよ?敵さん達なんて・・・え~~い!」
パパパパパ・・・ガツン!!パヒューン・・・

「ふふ、私と撃ち合いをしようとは・・・10年早い!!そこぉっ!!!」
ドンドンドンドン!!ババババババ!!


前と後の絶妙な連携。
解消された、優れた攻撃力を持つ二人の確執。
花組に最早、弱点は無いように思われた。


「「「「「帝国華撃団の名にかけて!!」」」」」

「てめぇら全員・・・ぶっ殺おおおぉす!!!」









良い調子で敵を殲滅していく花組。
脇侍を突破し、カンナとすみれが大神の元へ前進。大筒を撃破にかかる。

さくらは脇侍の元に残り、マリアとアイリスの援護を受けながら確実に仕留めていく。


残りも後わずかになろうかとした時、翔鯨丸の妖気センサーが警報を上げる。


『!?大神さん!マリアさん!敵の妖気反応が増大、そちらに現れます!!』

「ちっ、親玉のお出ましか」

「花組各員へ!敵の出現箇所へ包囲陣を敷く!少尉、カンナ、さくら、すみれで四方を固め、アイリスがすみれ機の後方、私がさくら機の後方に付く。いいわね?」

「「「「了解!」」」」

「了解だ・・・なかなかどうして、指揮が板についてきたじゃねぇか。タチバナ」

「・・・ありがとうございます。!!来るわよ!」


ドン!!!


「あいつぁ・・・まだ生きてたのか?いや・・・色が違う・・・妖気もあいつのとは全然
違う・・・どうなってやがる・・・?」

「少尉?」

「何でも無ぇ。それより余所見すんじゃねぇ、やられるぞ」


大神の低く警戒感を感じさせる声に、すみれは慌てて前に向き直る。


そして、その敵は言葉を発した。


『お前達が帝国華撃団か・・・?オレの兄貴をやっちまった奴はどいつだぁ!!??』


ゴウッ・・・!!


妖気が迸る。


「くっ・・・私達の中に、あなたみたいな機体に乗ってる奴を倒してる者はいないわ。
人違いよ。それに・・・」
ジャキッ!

マリアの砲身が敵の機体に向く。


「あなた達は帝都に仇為す存在・・・ここで仕留める!!」

『くっくっく・・・お前ら人間如き、オレに敵うと思ってんのかぁ!!
白銀の羅刹とこの銀角が・・・皆殺しにしてやる!!』









大神が2刀を振りかぶって攻撃する。それを受け、反撃しようとする羅刹に対し背後から
さくらが斬り付ける。
と同時に、カンナとすみれが呼吸を合わせて同時攻撃を発動。
銀角の脇が空き、そこにマリアが集中緻密射撃を浴びせる。


『くそったれ、うろちょろとしやがって・・・ガァッ!!!』


全方位に銀角からの衝撃波が飛ぶ。


「「「防御態勢!!」」」
「すみれを守って・・・お願いジャンポール!!」

キィン・・・


だが、防御力の高い大神、さくら、カンナの機体は防御体勢に入っていた為ほとんど傷らしい傷もついていない。

そして防御力の弱いすみれ機には、アイリスが後方から衝撃遮断膜を張り無傷状態のままだ。

そして。

「隙有り、よ。そこぉっ!!」
ドンドンドン!!

マリアが煙に紛れて集中砲火を浴びせる。


『ぐぅぅううううっ!!』


ズシン・・・

たまらず、銀角は地に膝を着く。


『クソォ・・・くそがぁぁぁぁぁあああ!!!!』


銀角から迸る妖気が更に上がる。
そして後ろに手を回したかと思えば、その手には鋼鉄で作られた板の周りを刃が高速回転する、大正時代にはあってはならない武器。

チェーンソーだ。

そしてそのチェーンソーに妖気を注入、攻撃力を更に上げる。


『グハハハハ・・・オレがまさか、こいつを使うことになるとは思わなかったぞ・・・
褒めてやる、帝国華撃団のクソ共.』


花組に対し、チェーンソーを振り回して威嚇する羅刹。


「な・・・何て妖気なの・・・」

「こいつ・・・また強くなりやがったぜ・・・」

「くっ、大神さん。このままじゃあ・・・」

「ちぃっ、ひとまず全員防御態勢!!敵の攻撃に備えて!」

『うおらぁあっ!!』

「!ジャンポール、お願い!!」


キィンッ・・・ピシ・・・ピシ


「!!バ、バリヤーが持たないよぉ!!」

『こんなんでオレの攻撃が止められるかぁっ!!』


ギュイィィィン!!!
ザシュゥッ!!ガシィッ!!ズバァッ!!



「「「「きゃああああああ!!!」」」」
「ぐぅっ!?」


アイリスのバリヤーを破られ、大神、さくら、すみれ、カンナ、そしてアイリスに攻撃が届く。



『クックック・・・お前が指揮官か?・・・死ね』


そして包囲を破り行動が自由になった銀角が残ったマリア機に迫る。


「くっ!!はぁっ!!!」ドンドンドン!!!


マリアも己を奮い立たせながら攻撃を仕掛けるが、


『今更そんな攻撃が効くかぁっ!!』


強い妖気に覆われた銀角に効くはずもなく、逆にチェーンソーを振りかぶられる。


「っ!!!」


マリアは死を覚悟し、目をつぶる。
さくら達4機も既に戦闘不能状態だ。援護は期待できない。
やられる・・・
やられる・・・・・・
殺られる・・・・・・・・・


ガキィィィン・・・!!!


「・・・?」


衝撃が無い。
生きている。

だが何故?


目を開ける。

そこには。



「・・・指揮官が諦めた時点でその陣営は負ける。お前ぇは指揮官失格だ・・・
だが・・・よくここまで踏ん張ったな」


白銀の光武。

先ほどの攻撃で一緒に吹き飛ばされたはずの大神機。


光武の全身から霊気を迸らせ。


『ぐぐぐ・・・な、何だと・・・?オレのこの状態の攻撃を・・・受け止めた、だと?』


霊気が通された2刀を交差させ。


マリアの機体の前で羅刹の攻撃を受け止めていた。









【大神】
まさか敵がここまでの力を持っていたとはな。

先だって倒した、蒼き刹那。
あいつの弟、か。

肉親を殺されたとあっちゃあ、あそこまでの激昂も分かるぜ。


こいつをここまで増大させたのはある意味オレの責任だ。

奴の攻撃のたった一撃で、既に4機は戦闘不能一歩手前。
それに加えてタチバナまでやられたらこいつらは帝国華撃団として、一生立ち直れないだろう。

遊撃、ってのはオレからの提案だがこういう現状を認識させられるとやはり、か。

けっ、オレが隊長なんて器じゃねぇことは重々承知。
だが、こいつらが独り立ちできるその時まで、オレが引っ張ってやる!



米田のおっさん・・・あんたの値踏みするその視線、今も感じてるぜ・・・
あまり使いたくねぇがあいにく、この場においては仕方無ぇ。
オレの力の一端、とくと目に焼き付けろ!!


「はぁっ!!」
ガキィン!!

2刀を払い、奴の武器を弾き飛ばす。今のオレの状態なら倒すことすらいとも簡単にできる。

だが、こいつらの成長の為にはこいつらが敵を倒さなくちゃ意味が無ぇ。

ならば。


「霊気拡散・・・僚機掌握・・・。分散密集・・・性質変化。
全ての霊気は不動の形!個々を守る盾となれ!!『山』発動!!」


こいつが爺ぃから受け継いだ奥の手の一つ。
自分自身から霊気を味方に分け与え、その霊気に指向性を持たせる。

今回の場合は防御力増大への指向された『山』。


「うぅ・・・」
「くっ・・・どうなってますの・・・?」
「おにいちゃんの霊気が・・・あったかい・・・」
「少尉・・・なのか?」
「これは・・・光武の出力が上がっている!?」


お、戦闘不能寸前だった4人も意識を戻したか。
蒸気霊力変換機関を活性化させたから多少なりとも回復したわけだ。
無傷のマリアも、光武の変化には気が付いたようだな。


「アイリス!!オレがコイツを抑えてる間に全機の回復を頼む!そして真宮寺!神崎!
桐島!タチバナ!お前らのへし折れた心を戻せるのはこいつを撃破したときだ!全力をもって倒せ!!」

「「「「了解!!!」」」」


さて、オレに出来るのはここまでだ。あいにく、オレの今の霊力じゃ現状維持が精一杯だ。
とても攻撃できるもんじゃねぇしな。


お前ぇ達の力、オレに見せてみろ!!

Side out









【米田】
・・・大神よぅ、こいつがお前ぇの本当の力なのか?
改めて尊敬するぜ、これほどの力を持っておきながら『陰』に向かわなかったその精神力によ・・・

こいつぁ人間が持つには過ぎた力だ。力に飲み込まれ、『陰』に堕ちる奴も少なく無ぇ。

一馬やさくらの『破邪』の力。
花組全員が持つ、霊気の力。

そして・・・大神の、言うなれば『守護』の力。


こいつらが出会ったのは偶然じゃなく、寧ろ必然だぜ。
今なら確信できる。

オレがあの時、駄目出しをして大神を江田島に置いてこようが関係無かったってことだ。


「司令!光武の霊気の出力が5割増、そして防御力が3割増の状態で安定しました」

「大神さんの機体は依然霊力放出を続けています。ですがこれ以上の行動は不可能かと思われます」

「大神さんの霊気、大神機を中心としてほぼ庭全域に拡散。同時に敵機の妖気が押さえ込まれています」


大神よ、此れほどまで分かりやすくしたってことは、オレ達のこと、ちったぁ認めてくれたってことだよな?
ならば・・・


「洋館全域に結界を張れ!翔鯨丸に積み込まれた結界用の即席柱を4隅に落とし、霊気情報を遮断する!」

「「「了解!」」」


オレもお前ぇを認め、全力で援護してやる!

Side out









『ぐ・・・が・・・?何だ、力が・・・出ない?』


呆然として呟く羅刹に、復活した花組が押し寄せる。


「私達一人一人では勝てない・・・でも、仲間がいる!」
ザンッ!!

さくらが先陣を切り、銀角の肩から腹にかけて斬りつける。

「そして守ってくださる殿方がいらっしゃる・・・それだけでわたくし達は強くなれる!」シュバッ!

すみれが対角線上から薙刀を足に払う。

「あたい達は知っている・・・信頼と絆こそが、最大の力だということを!」
ドコォッ!

カンナが上空から勢いをつけて下降し、頭部に拳を叩きつける。


『黙れ!!!お前ら人間如きが!このオレに!!敵うものかぁ~~!!!』
ドンッ!!!

銀角から再び放たれた全方位に向けた衝撃波。

だが。


「クカカカカカ・・・そんなんでオレの『山』は破れねぇぜ!」
キィン・・・

大神が衝撃波を弾き飛ばす。

「ねぇ・・・たたかいなんて・・・もう終わりにしようよ・・・楽に・・・なろ?」
ヒュゥ・・・ジピピピピ・・・

アイリスが念動力をもって銀角を宙に浮かべる。と同時に動きを奪う。

「羅刹・・・あなたには感謝する。お陰で私達は更に、強くなれた!」
ドン!ドン!ドン!

マリアが宙吊りになって動けない銀角に集中砲火を浴びせる。


『クソ・・・クソ!!オレが!兄者の仇も取れずに・・・!!グガアアアァァァァアア!!』


ドォォォオオオオオオン・・・


無防御状態で渾身の霊力を込めた攻撃を受け、銀角は跡形も無く爆散した。




「「「「「勝利のポーズ、決め!!」」」」」









「さて・・・と。今回の敵は私怨とはいえ潜在能力を超えた力を付けて来やがった。加山に頼んで
背後関係をもうちっと詳しく探ってもらわねぇとな・・・」


光武の中で一息吐きながらも、冷静に分析をする大神。

そこへ、


「少尉!あんたの力、すっげぇんだな!!」

「あ?桐島か。さっさと帰還すんぜ?いろいろとやらねぇといかんことが有りすぎだぜったく」

「あのぉ・・・その前によ?」

「あ?何だ?」

神妙に言葉をかけてくるカンナに嫌な予感がしながらも大神は尋ねる。


「あたいと少尉、本気でどっちが強いのか勝負してくれ!」

「はぁ!?何でまた、んなかったるいことすんだよ・・・って待てよ!?桐島、てめぇ。
オレのメシ食ってそのままだったな!?ぶっつぶしてやらぁ!」

「ちょ、大神さん!?カンナさんも止めて!?」

「邪魔だ、小娘ぇ!この戦闘狂には躾ってもんをだなぁ・・・!」

「やっと戦闘が終わったのに、何をしてるんです!?常識をわきまえなさい!!」

「あ!?吊り目、てめぇも躾けてやろうか!?」

「何ですって!?いいでしょう、相手になります!」

「へぅ、ま、マリアさんまで~・・・」

「少尉、わたくしは少尉のお味方ですわよ?」

「あ~!すみれってば抜け駆けだよ~!?」

「あ、アイリスったら・・・どこでそんな言葉を」

「・・・・・・!!」
「・・・・・・!!」
「・・・・・・!!」



翔鯨丸では。


「くっくっく、一度は全滅しかけたのを立て直しただけじゃなく、それぞれの精神まで
叩きなおすたぁ大神も役者じゃねぇか・・・ちょいと荒療治だが、あの手腕・・・
やはり隊長は大神がすべきだな」

「あら、司令はそう思われてます?」


あやめが意見をさしてくるのが面白いのか、米田はあやめに問いかける。


「ほう、ならばあやめはどう思ってんだ?」


その問いに、あやめは。


「簡単なことですわ・・・大神君が隊長であっても、隊長じゃなくても・・・大神君が
居る限り、花組は決して壊れることはない・・・そういうことです」


その答えに、米田は軽く頷きながらにこやかにその情景を眺める。



「そいつはな・・・あいつらがよく知ってんよ」









花組が磐石の態勢をとる中、再び混乱の渦に巻き込まれる。
何故か爆発する発明品、作成するは花やしきが誇るマッド。
知る人ぞ知る、帝劇においてのムードメーカー。

次回、サクラ大戦『戦闘は爆発やで~?』

大正桜に浪漫の嵐!!









あとがき:長い間空けてしまい本当にすみませんでした。
ようやく年度末が終わり、時間が取れるようになりました。
これからまた、続けて書いていきますのでよろしくお願いします。

今回の戦闘シーン、何故か最終回みたいなノリで書かれてますが、終わりではないのでそこはスルーの方向でw
今回の大神の特殊な技については、ゲームをされたことのある人ならバレバレの、例のコマンドです。不評もあるかと思いますが、その時は感想に書くなりして教えてください。
皆さんからのアドバイス、意見がSSの昇華のカギになります。


ネタ的なSSはどうやら不評だったみたいですね^^;
また、そろそろ50000PVに届きそうな感じなので本当にびっくりです^^
15禁ネタは出来上がってますので、もし希望があればキリ番記念として載せたいと思います。


それでは次回作をお楽しみにしてください。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02853798866272