チラシの裏SS投稿掲示板




No.15332の一覧
[0] 転生武道伝コタ・・・ま? (現実→犬上小太郎憑依・魔法先生ネギま!二次創作)[さくらいらくさ](2011/08/27 01:23)
[1] 転生武道伝コタ・・・ま? 0時間目 有言実行 いやいやいや!!これはなんか違うから!![さくらいらくさ](2010/01/08 01:27)
[2] 転生武道伝コタ・・・ま? 1時間目 愛別離苦 のっけから重たい予感が・・・・・・[さくらいらくさ](2011/07/25 00:26)
[3] 転生武道伝コタ・・・ま? 2時間目 合縁奇縁 原作が崩壊し始めたようです[さくらいらくさ](2010/01/08 01:28)
[4] 転生武道伝コタ・・・ま? 3時間目 一触即発 おっもーいーこんだぁらっ♪とか笑えないし! [さくらいらくさ](2010/01/08 01:28)
[5] 転生武道伝コタ・・・ま? 4時間目 管鮑之交 フラグ?いいえケ○ィアです[さくらいらくさ](2011/08/14 00:06)
[7] 転生武道伝コタ・・・ま? 5時間目 因果応報 用意するもの:鋼の精神力[さくらいらくさ](2011/08/14 00:06)
[8] 転生武道伝コタ・・・ま? 休み時間 掌中之珠 すいませーん!台本くだs・・・・・・へ?あ、ない?[さくらいらくさ](2010/01/19 23:41)
[9] 転生武道伝コタ・・・ま? 6時間目 報本反始 いざ尋常に・・・・・・ん、キャラがおかしい? [さくらいらくさ](2010/10/17 22:03)
[10] 転生武道伝コタ・・・ま? 7時間目 乾坤一擲 某魔砲少女の影をせっちゃんに見た!![さくらいらくさ](2010/10/30 21:08)
[11] 転生武道伝コタ・・・ま? 8時間目 急転直下 行くぜ、行くぜ、行くぜ、行くぜぇ!! [さくらいらくさ](2010/10/30 21:10)
[12] 転生武道伝コタ・・・ま? 9時間目 嚆矢濫觴 思春期ってムツかしい年頃よね・・・・・・[さくらいらくさ](2010/10/19 21:51)
[13] 転生武道伝コタ・・・ま? 10時間目 破鏡重円 使い方間違ってる? いやいや木乃香と刹那は夫婦ですよ?[さくらいらくさ](2010/10/20 22:06)
[14] 転生武道伝コタ・・・ま? 11時間目 膠漆之心 このちゃん可愛いよこのちゃん!![さくらいらくさ](2010/10/21 01:33)
[15] 転生武道伝コタ・・・ま? 12時間目 意気軒昂 明日菜め、いつか見てろ!![さくらいらくさ](2010/10/21 23:54)
[16] 転生武道伝コタ・・・ま? 13時間目 阿鼻叫喚 そもそも13って数字が不吉だって・・・・・[さくらいらくさ](2011/08/26 02:39)
[17] 転生武道伝コタ・・・ま? 14時間目 開巻劈頭 幻想を抱いてるものって、実際に見るとイメージが崩れるよね[さくらいらくさ](2010/10/23 19:06)
[18] 転生武道伝コタ・・・ま? 15時間目 舐犢之愛 いやいやいやいやっ!! これは可愛いがるってレベルじゃねぇぞ!?[さくらいらくさ](2010/10/23 22:13)
[19] 転生武道伝コタ・・・ま? 16時間目 捲土重来 俺にはまだ、帰れる場所がある・・・・・・[さくらいらくさ](2010/10/24 00:50)
[20] 転生武道伝コタ・・・ま? 17時間目 確固不抜 意外とエヴァは可愛いところが多いと思う[さくらいらくさ](2010/10/25 19:55)
[21] 転生武道伝コタ・・・ま? 18時間目 常住坐臥  いや、そんなに闘うことばっか考えてる訳では・・・・・・[さくらいらくさ](2010/10/25 19:54)
[22] 転生武道伝コタ・・・ま? 19時間目 青天霹靂 もうヤダ……女の子怖い……[さくらいらくさ](2010/10/26 01:29)
[23] 転生武道伝コタ・・・ま? 休み時間 改過自新 マッチ一本火事の元って言葉がガチだとはな……[さくらいらくさ](2011/08/19 00:49)
[24] 転生武道伝コタ・・・ま? 20時間目 焦唇乾舌 人ってつくづく見かけによらないと思うんだよ[さくらいらくさ](2011/09/04 10:35)
[25] 転生武道伝コタ・・・ま? 21時間目 玩物喪志 本当に大事なもんって、意外と気がつかないよね?[さくらいらくさ](2010/11/01 23:06)
[26] 転生武道伝コタ・・・ま? 22時間目 暗雲低迷 和服もいいけどゴスロリもねっ!![さくらいらくさ](2011/08/26 02:40)
[27] 転生武道伝コタ・・・ま? 23時間目 人面獣心 そこはかとない大荒れの予感……オラわくわくしてきたぞっ!![さくらいらくさ](2010/11/02 19:55)
[28] 転生武道伝コタ・・・ま? 24時間目 金剛不壊 つくづく性格の悪い奴もいたもんだ……あれ? 人のこと言えない?[さくらいらくさ](2010/11/02 23:14)
[29] 転生武道伝コタ・・・ま? 25時間目 大胆不敵 木乃香って本当に良い性格してるよなぁ……[さくらいらくさ](2010/11/03 16:53)
[30] 転生武道伝コタ・・・ま? 26時間目 背水之陣 ……くくっ、今宵も影斬丸は血に飢えてお(ry[さくらいらくさ](2010/11/04 23:37)
[31] 転生武道伝コタ・・・ま? 27時間目 狂瀾怒涛 頭によぎったのは、某狂戦士さんの姿でした……[さくらいらくさ](2010/11/06 16:10)
[32] 転生武道伝コタ・・・ま? 28時間目 一致団結 燃え尽きたぜぇ……真っ白になぁ……[さくらいらくさ](2010/11/07 00:35)
[33] 転生武道伝コタ・・・ま? 29時間目 一陽来復 もう、ゴールしても、いいよね……?[さくらいらくさ](2010/11/09 01:28)
[34] 転生武道伝コタ・・・ま? 30時間目 日進月歩 タカミチはやっぱすげぇ苦労したんだと思うのよ[さくらいらくさ](2010/11/09 01:36)
[35] 転生武道伝コタ・・・ま? 休み時間 辺幅修飾 見栄っ張りって損だと思わない?[さくらいらくさ](2010/11/10 23:46)
[36] 転生武道伝コタ・・・ま? 休み時間 欲念邪意 女の人って本当に分かんないよ……[さくらいらくさ](2010/11/11 23:51)
[37] 転生武道伝コタ・・・ま? 31時間目 旱天慈雨 幼女(見た目)のエロい発言は心臓に悪いと思わんかね? [さくらいらくさ](2010/11/12 23:19)
[38] 転生武道伝コタ・・・ま? 32時間目 八面玲瓏 明日菜姐さん、マジイイ女ッス……[さくらいらくさ](2010/11/14 23:44)
[39] 転生武道伝コタ・・・ま? 33時間目 報恩謝徳 人を驚かせることに、体張ってますから!![さくらいらくさ](2010/11/15 22:18)
[40] 転生武道伝コタ・・・ま? 34時間目 香囲粉陣 ちょっとしたホストの気分だぜ[さくらいらくさ](2011/08/31 23:22)
[41] 転生武道伝コタ・・・ま? 35時間目 有頂天外 調子に乗りすぎたらダメだと、身をもって学んだお……[さくらいらくさ](2010/11/18 00:41)
[42] 転生武道伝コタ・・・ま? 36時間目 冒雨剪韮 ほ、本当に長い闘いだった……[さくらいらくさ](2010/11/20 00:17)
[47] 転生武道伝コタ・・・ま? 37時間目 千客万来 謂れのないことで責められると、訳もなく焦ることってない?[さくらいらくさ](2010/11/27 14:27)
[48] 転生武道伝コタ・・・ま? 38時間目 異体同心 べ、別に妹属性ってわけじゃないんだからねっ!?[さくらいらくさ](2010/11/27 14:28)
[49] 転生武道伝コタ・・・ま? 39時間目 奇策縦横 ちょっと親父にイラッとした[さくらいらくさ](2010/11/27 14:28)
[50] 転生武道伝コタ・・・ま? 40時間目 甘言蜜語 ……なぁ? これって番外編扱いじゃねぇの!?[さくらいらくさ](2010/11/27 14:30)
[51] 転生武道伝コタ・・・ま? 41時間目 暗中模索 刹那の活躍に全俺が泣いた(主人公的な意味で)[さくらいらくさ](2010/12/01 20:01)
[52] 転生武道伝コタ・・・ま? 42時間目 不倶戴天 ようやく出番!!……って、刹那と扱いが違い過ぎるだろっ!?[さくらいらくさ](2010/12/01 19:59)
[53] 転生武道伝コタ・・・ま? 43時間目 悪漢無頼 最悪の状況ってのは、起こるべくして起こるんだよな……[さくらいらくさ](2010/12/03 12:04)
[54] 転生武道伝コタ・・・ま? 44時間目 金科玉条 出番の少なさは俺へのいじめか?[さくらいらくさ](2011/01/24 21:44)
[55] 転生武道伝コタ・・・ま? 45時間目 悪酔強酒 いや色んな意味で……どうしてこーなったっ!?[さくらいらくさ](2011/01/28 17:24)
[56] 転生武道伝コタ・・・ま? 46時間目 羊頭狗肉 結局のところ何も解決しなかったし俺の活躍少ないし……[さくらいらくさ](2011/01/30 00:26)
[57] 転生武道伝コタ・・・ま? 47時間目 首尾一貫 そろそろタイトルのネタも尽きて来たなぁ……[さくらいらくさ](2011/02/01 00:23)
[58] 転生武道伝コタ・・・ま? 48時間目 頓首再拝 やっぱ学ランが一番楽だわ[さくらいらくさ](2011/02/08 22:40)
[59] 転生武道伝コタ・・・ま? 49時間目 乱痴気騒 賑やかなのは良いけど、偶にはまったりとしてぇよな……[さくらいらくさ](2011/02/08 22:41)
[60] 転生武道伝コタ・・・ま? 50時間目 時世時節 一つ事が絡むと、女子ってビビるほど大胆だよな[さくらいらくさ](2011/02/13 17:04)
[61] 転生武道伝コタ・・・ま? 51時間目 時期尚早 恋愛に時期もクソもないとは思うけど原作的に[さくらいらくさ](2011/04/24 22:25)
[62] 転生武道伝コタ・・・ま? 52時間目 艱難辛苦 世界の悪意が聞こえるようだよ…………[さくらいらくさ](2011/06/29 22:56)
[63] 転生武道伝コタ・・・ま? 53時間目 苦心惨憺 あれ? 死亡フラグが立った音が聞こえたよ? [さくらいらくさ](2011/07/02 21:18)
[64] 転生武道伝コタ・・・ま? 54時間目 周章狼狽 き、貴様!? 裏切ったのかっ!?[さくらいらくさ](2011/07/05 00:05)
[65] 転生武道伝コタ・・・ま? 55時間目 竜騰虎闘 たかが鬼ごっこ、されど鬼ごっこってとこか?[さくらいらくさ](2011/07/06 21:57)
[66] 転生武道伝コタ・・・ま? 56時間目 一件落着 まさか俺にこの技を使わせるとはな(ニヤリ)[さくらいらくさ](2011/07/08 12:36)
[67] 転生武道伝コタ・・・ま? 57時間目 一虚一実 オリキャラはあれほど慎重にって…………!?[さくらいらくさ](2011/07/11 19:12)
[68] 転生武道伝コタ・・・ま? 58時間目 烏兎匆匆 だから捏造設定も慎重にって…………!![さくらいらくさ](2011/07/11 19:16)
[69] 転生武道伝コタ・・・ま? 59時間目 一旦緩急 俺、今めっちゃ主人公してる…………[さくらいらくさ](2011/08/26 02:41)
[70] 転生武道伝コタ・・・ま? 60時間目 意趣遺恨 良かった…………最後の最後で役に立って、本当に良かった[さくらいらくさ](2011/07/18 00:21)
[71] 転生武道伝コタ・・・ま? 61時間目 金蘭之契 祝!! 俺様、復・活!!!![さくらいらくさ](2011/07/20 23:53)
[72] 転生武道伝コタ・・・ま? 課外授業 閑話休題 夢の内容なんて大体覚えてない[さくらいらくさ](2011/07/21 20:55)
[73] 転生武道伝コタ・・・ま? 62時間目 天罰覿面 いや、これは天罰って言うか人誅だろっ!?[さくらいらくさ](2011/07/23 10:53)
[74] 転生武道伝コタ・・・ま? 63時間目 円転滑脱 手際が良いを通り越して、むしろ恐ろしいけどな[さくらいらくさ](2011/07/23 23:37)
[75] 転生武道伝コタ・・・ま? 64時間目 十人十色 だからって許容出来ないこともある[さくらいらくさ](2011/07/25 16:16)
[76] 転生武道伝コタ・・・ま? 65時間目 一期一会 嘘だと言ってよ、バー●ィィィィィィイイイイイッッ!!!!!![さくらいらくさ](2011/07/28 10:53)
[77] 転生武道伝コタ・・・ま? 休み時間 進取果敢 思い切りが良いって言えば聞こえは良いけどさ…………[さくらいらくさ](2011/07/29 00:34)
[78] 転生武道伝コタ・・・ま? 66時間目 前途多難 いや、可愛いよ? 可愛いけどもさっ!?[さくらいらくさ](2011/07/30 23:46)
[79] 転生武道伝コタ・・・ま? 67時間目 脚下照顧 早急にインフラ整えないと俺が死ぬる!!!![さくらいらくさ](2011/08/02 16:27)
[80] 転生武道伝コタ・・・ま? 68時間目 複雑怪奇 これが偶然だとしたら、ミラクル以外の何物でもねぇよ[さくらいらくさ](2011/08/03 00:12)
[81] 転生武道伝コタ・・・ま? 69時間目 益者三友 ひ、一先ず首は繋がった…………のか?[さくらいらくさ](2011/08/07 23:40)
[82] 転生武道伝コタ・・・ま? 70時間目 海千山千 俺はまた、奴の掌に居る訳ね…………[さくらいらくさ](2011/08/26 02:41)
[83] 転生武道伝コタ・・・ま? 71時間目 奇奇怪怪 予想外の連続に、俺のハートはブレイク寸前だぜ[さくらいらくさ](2011/08/12 01:51)
[84] 転生武道伝コタ・・・ま? 72時間目 闘志満満 久々の見せ場キターーーーッ!!!![さくらいらくさ](2011/08/14 01:00)
[85] 転生武道伝コタ・・・ま? 73時間目 伝家宝刀 しかし、この温度差はどうにかなんねぇもんかね?[さくらいらくさ](2011/08/15 01:18)
[86] 転生武道伝コタ・・・ま? 74時間目 一諾千金 約束は絶対守りたいけど…………この状況はねーよな?[さくらいらくさ](2011/08/19 00:52)
[87] 転生武道伝コタ・・・ま? 75時間目 鶴鳴之士 過剰な期待に応えたくなるではないか…………!!(CV.子●武人)[さくらいらくさ](2011/08/19 01:21)
[88] 転生武道伝コタ・・・ま? 76時間目 異体同心 親のこと知らなくても、子は親に似るもんだ[さくらいらくさ](2011/08/21 12:30)
[89] 転生武道伝コタ・・・ま? 休み時間 難行苦行 …………くー…………(←爆睡中)[さくらいらくさ](2011/08/26 02:39)
[90] 転生武道伝コタ・・・ま? 休み時間 氷山一角 …………(←死体のように爆睡中) アル:…………息、してますか?(ニコニコ)[さくらいらくさ](2011/08/26 02:43)
[91] 転生武道伝コタ・・・ま? 77時間目 用意周到 レッツパァァァリィィィイイイイッ!!!!(寝起き=テンションMAXIMUM)[さくらいらくさ](2011/08/26 08:01)
[92] 転生武道伝コタ・・・ま? 78時間目 意趣遺恨 怨霊、物の怪困ったときは…………レッツパァアアアリィィィイイイイッ!!!!(最後までクライマックス)[さくらいらくさ](2011/08/27 01:23)
[93] 転生武道伝コタ・・・ま? 課外授業 閑話休題 こたろーーーーっ!! うしろうしろーーーーっ!!!![さくらいらくさ](2011/08/28 00:24)
[94] 転生武道伝コタ・・・ま? 79時間目 泥中之蓮 いつのまにかルームメイトがクラスのマスコットになってたんだが?[さくらいらくさ](2011/09/04 10:44)
[95] 転生武道伝コタ・・・ま? 80時間目 邯鄲之夢 俺が女性関係で調子に乗ると、本当に碌なことがない[さくらいらくさ](2011/08/31 23:54)
[96] 転生武道伝コタ・・・ま? 81時間目 一家団欒 父親の情けない姿って、見ると妙に切なくなるよね…………[さくらいらくさ](2011/09/04 10:12)
[97] 転生武道伝コタ・・・ま? 82時間目 七難八苦 俺の知らないところで死亡フラグが乱立していく…………[さくらいらくさ](2011/09/07 13:41)
[98] 転生武道伝コタ・・・ま? 83時間目 灯台下暗 口にする言葉は慎重に選びましょう[さくらいらくさ](2011/09/11 23:56)
[99] 転生武道伝コタ・・・ま? 84時間目 九死一生 自分が草食系だとは思わないけど、明らかに狩られる側なのは何故?[さくらいらくさ](2011/09/25 00:52)
[100] 転生武道伝コタ・・・ま? 85時間目 哀鴻遍野 気持ちは分かるけど、つーかその水分は一体どこから絞り出してんのさ?[さくらいらくさ](2011/09/25 00:18)
[101] 転生武道伝コタ・・・ま? 86時間目 千辛万苦 …………ジーザス…………[さくらいらくさ](2011/10/04 03:07)
[102] 転生武道伝コタ・・・ま? 87時間目 臥薪嘗胆 まだだっ!! まだ終わらんよっ!!!![さくらいらくさ](2011/10/09 02:32)
[103] 転生武道伝コタ・・・ま? 88時間目 蓴羹鱸膾 美しい思い出の筈なのに、何故か蔓延るラスボス臭[さくらいらくさ](2011/11/21 01:10)
[104] 転生武道伝コタ・・・ま? 89時間目 和気藹藹 母の語る親父象が、思い出補正じゃなかったと思い知る[さくらいらくさ](2011/11/01 19:56)
[105] 転生武道伝コタ・・・ま? 90時間目 断腸之思 決断って、迫られると焦って、後で後悔すること多くない?[さくらいらくさ](2011/11/07 01:46)
[106] 転生武道伝コタ・・・ま? 91時間目 跳梁跋扈 怪奇!! 長頭木乃伊男現る!?[さくらいらくさ](2011/11/10 23:45)
[107] 転生武道伝コタ・・・ま? 92時間目 出発進行 旅行前のテンションて、色々とカオスだよね?[さくらいらくさ](2011/11/21 01:09)
[108] 転生武道伝コタ・・・ま? 93時間目 呉越同舟 席順とか適当で良いと思う!!(切実)[さくらいらくさ](2011/11/21 18:50)
[109] 転生武道伝コタ・・・ま? 94時間目 風雲急告 俺、新幹線がトラウマになりそうだわ…………[さくらいらくさ](2011/11/26 02:40)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[15332] 転生武道伝コタ・・・ま? 4時間目 管鮑之交 フラグ?いいえケ○ィアです
Name: さくらいらくさ◆829d3bc8 ID:3cbc67de 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/08/14 00:06
「犬上さん、こちらが大広間です! えと、新年会とかの大きな催しをするときに使います!」

「うお!?ホンマにでっかいなぁ・・・・・・前住んでたとことは段違いやわぁ・・・・・・」


目下、目の前をトコトコと可愛らしい足取りで歩く刹那を微笑ましく見守りつつ屋敷の中を案内してもらっている。

舌足らずながらも、一生懸命に説明してくれようとしている刹那の姿には、本当に心洗われるようだった。

・・・・・・もう、ロリコンでいいや、なんて思ってしまった俺を、誰が咎められようか。


「そ、それでわっ、次は道場にご案内しますねっ」

「お! 道場か、ええな! 俺も自由につこうてええんか?」

「えーと、誰か大人の人がいれば大丈夫だと思います」


む、道場は保護者同伴じゃないとダメか。明日から何処で身体鍛えようかね。

その辺も、後で長に相談しておくべきだろう。




―――――――と、それはさておき




いい加減、話の展開に皆さん付いて来れないと思うので、これまでの経緯を少し整理しておこうか。

先ほどの俺と刹那の戦闘(個人的にはそう言って遜色ないくらい洒落になってなかった)は、長と刹那のお師匠様によってあっさりお開きとなった。

ていうか強制終了? 俺も刹那も、こう、手刀で延髄をズバッとね。

まったく、長、というか、この世界の大人は何か、手加減ってものを知らないのか?

首が取れるかと思ったぞ?

で、気を失った俺達は、一時客間に運ばれて、寝かされていた。

そんなに時間も掛からずに、まず俺が目を覚まし、次いで刹那も目を覚ました。

刹那は起きた瞬間、再び俺に斬り掛かろうとしていたが、刹那のお師匠様だという女性に制止されて、しぶしぶといった体で一応は大人しくなった。

その後、長から俺がどういった素性の者か説明を受けて、自己紹介と相成った訳だ。

しかし長に説明を受けているときの刹那ときたら、顔を真っ青にしたかと思ったら、だんだん真っ赤になって、しまいには半泣きで俺に謝る始末。

もう本当に持ち帰って四六時中愛でていたいくらいに愛らしかったですとも!

いや、己のボキャブラリーの少なさが恨めしい。あの異常な愛らしさはきっと言葉じゃ伝わらないと思う次第なのです、はい。

で、俺は刹那が斬り掛かってきたのが勘違いだと分かっていたし、

何よりあんな愛くるしい生き物を起こるなんて人道に反する真似は出来そうもないのですんなり謝罪を受け入れた。

そして、長の提案により、仲直りの印にと、刹那に本山の中を案内してもらう運びとなった訳だ。

先ほども言った通り、普通に接していると刹那は歳相応に舌足らずで、見ていて微笑ましい。

そんな感じだから、会話しているこちらも毒気を抜かれて、外見相応の言葉遣いと言うか、喋り方になってしまう。

おかげで長や刹那のお師匠さんの暖かい視線が痛いこと痛いこと・・・・・・中の人、今年で26ですよ?

まぁ、精神は肉体に引っ張られると言うことなのかも知れないが、何となく、自分が成長していないような気がして寂しいのは気のせいではないだろう。

・・・・・・話が逸れたな。

何はともあれ、刹那は最初のような険のある態度も完全に軟化し、俺を同類で同い年の男友達くらいには認識してくれたらしい。

記憶にあるこのかへの接し方に比べて、大分親しげに接してくれているような気がする。

もっとも、俺はこの時点での刹那がどのように暮らしてきたかは知らない。

しかし、麻帆良で再会した時のこのかの印象を聞いた限りでは、この時点で自分と周囲との人間の間に壁を作っていたことが予想される。

それを考えると、今の刹那の態度は随分好感触なのだろう。

自分が人間でないことを気にして、このかを遠ざけている部分があったからな。

俺が同じ半妖だと聞いて、親近感が湧いたのかもしれないな。

心の中で、まだ見ぬ親父と、今は亡きお袋にグッジョブと言わずに入られなかった。



「着きました!ここが道場です!」


おっと、いろいろと回想しているうちに、いつの間にか道場についていたようだ。

元気良く、右手を掲げ、ででん!とでも効果音がつきそうな感じで刹那がそう言った。


「おぉ~!!流石は西日本最大の魔法組織!!道場も立派なもんや!!」


その道場を見て、心から俺は簡単の言葉を漏らした。

まず、広い。

普通の中学校の体育館4個分はあろうかという広さだ。

加えて、清掃も行き届いている。

磨き上げられた松の板の目は、曇り一つなく塵や埃も一切落ちていない。

何より、充実した魔法対策。

ざっと見た限りでは、遮音、物理衝撃、魔法衝撃への各結界がそれぞれ何重かに敷かれているらしい。

詳しく調べると、もっと多くの術式が見つかりそうだ。


「ここでは、私達神鳴流の剣士も稽古するので、とても頑丈に作られてるんですよっ」


少し自慢げに、そして楽しそうに微笑む刹那。

なるほど。彼女には、今まで武道について語れる同年代の友人などいなかったのだろう。

だから、今初めて、この道場の素晴らしさを理解できる人間に出会えた、そのことで興奮が抑えきれないのだろう。

刹那の瞳は、新しい玩具を買ってもらったばかりの子供のそれに似ていた。

だからだろう、そんな刹那の雰囲気に当てられたように、俺のテンションが無意味に高くなってしまったのは。


「せやろうなぁ・・・・・・くぁ~~~~~!! はよぉここで身体動かしたいわ!!」


実際、さっきの戦闘は不完全燃焼だったしな。

かといって、ここで刹那と闘り合うつもりは流石にないけどね。次やったら多分、本当に追い出される気がするし・・・・・・。

流石に長が手ずから相手してくれることは無いだろう。してもらっても勝てる気はしませんが。

いや、それでもそれは面白いかもしれない。“英雄”と呼ばれる人間との勝負。それは何と魅力的なことだろう、と、そこまで考えついて我に返った。

まずいな・・・・・・。小太郎の身体になってからこっち、俺はつくづく“勝負”が好きになっている。

もちろん、その“勝負”というのは“戦闘”であり、即ちその技術を競い合い“敵”を倒すものである。

しかしながら、村に居た頃は命の危険を伴った殺伐としたものではなく、生前から行っていた競技内での技の競い合いに近いものしか行っていなかった。

生前から、俺は剣道でも試合や互角稽古と言った、戦術を競う場面を最も楽しみにしていたし、白黒きっちりつける勝負事を好む傾向にあった。

だからこそ、自身の異常性に、俺は気が付くことなく、これまで生きてこれた。

しかし、もう目を背けてはいられない。俺は気が付いてしまったのだから。

自らの命を賭けた、混じり気無しの“勝負”こそが、己にとって、最も“愉しい”と。

これは、先に俺達の前に現れるであろう、月詠と同じ性癖、即ち“戦闘狂”バトルマニアと称される変態の一種であるということ。

・・・・・・自分で言ってて悲しくなってきたな。

まぁ、それは割りと生前から理解していたことだし、今更覆すつもりも無い。

むしろ武を志すものとして、その在り方は望むところだ。

客観的に分析すれば、その在り方にはいくつかの欠点が付きまとうが、それも今は懸念事項足りえるほどのものでもない。

当面は、この嗜好の赴くまま、己を鍛え、技を練磨していけばいい。




なんて、考えながら百面相してたせいだろうか、いつの間にか、刹那が不思議そうに俺の顔を覗き込んでいた。


「ああ、スマン。自分のことほったらかしてしまっとったな」

「あ、い、いえっ、そうじゃなくてっ、えと、なんて言えばええんやろっ、そのっ」


覗き込まれていたことに気が付いて、慌てて声をかけたら、逆に刹那が慌て始める。

突然慌て始めた理由は分からないが、真っ赤になった頬っぺたと、素に戻った京弁が可愛いので良しとする。

うむ、可愛いは正義。

しばらくわたわたした後、ようやく落ち着きを取り戻したのか、刹那は、今度は真剣な顔で俺に尋ねた。


「・・・・・・犬上さんは、何であんなに強くなれたんですか?」


What?

何だって? 俺が強い? いえいえご冗談を。

本当に強かったら、子供に追い詰められて暴走とかしませんから。


「俺は強ぉなんかないで? そんなん言うたら、桜咲のんが強いんちゃうか?」


実際、初見で繰り出してきた瞬動は完璧だった。その後の戦術も、こちらの回避先を完全に読んだ上での奇襲、見事だった。

俺がアレを捌けたのは、親父の太刀、という反則染みた代物を持っていたからだ、俺の実力じゃない。

・・・・・・ちなみに、太刀は俺が気絶するのと同時に再び鞘に収まったそうです。長が回収してくれていました。


「そんなことありません!!私の太刀は、ほとんど犬上さんに弾かれました!!あのタイミングであんなこと、お師匠さまくらいしかでけへん!!」

「うそん」


おう、思わず声に出ちまったぜ。

いやぁ、あれ周りから見たらそんなにギリギリやったんか・・・・・・。

くわばらくわばら。本当、親父様さまだな。

しかし、そんなこっちの事情を知らない刹那の顔は、段々険を帯び始めていた。

何だろうな、彼女の何かを渇望しているような、この表情は。

台詞の後半は、興奮し過ぎて再び素に戻っていた。


「あんなんマグレや。ほら、死にそうになったら出る、火事場のなんとかってな」

「そんな・・・・・・ううん、せやったら、死ぬほど頑張れば、あんなんできるゆうことやんな!」

「ちょちょちょっ!?ちゃうやろ!!そないなぽんぽん出せるもんとちゃうわ!!」

「???そーゆー意味とちゃうん?」


俺の言葉を聴いて、刹那が思案顔で恐ろしいことを口走り始めたので流石に止めた。

この娘、やりかねない・・・・・・・。こらっ、そんな愛らしくきょとん、とした顔で首を傾げてもダメなものはダメです!!・・・・・・可愛いけどさっ。


「・・・・・・なんでそないに強さにこだわんねん?歳考えたら、桜咲は十分強い方やで?」


自分のことは棚に上げて、俺は刹那にそう問い掛けた。

もちろん、俺は彼女が強く在ろうとする理由を十二分に知っていたし、そう在ろうとしていた彼女は、生前からのお気に入りの一人だ、今更、確認することも無い。

しかし、それでも俺は、それを彼女の口から聞きたかったのかもしれない。

その強さの理由を、決意の、固さを。

俺の問いに、彼女は身を固くしていたがしばらく迷った後、俯いたまま搾り出すように、しかしはっきりと、


「・・・・・・守りたい人が、おんねん」


そう、告げた。

それはたった一言。

口にしてしまえば、何のことなど無い、唯の言葉。

しかしながらその“決意”ことばは、俺の胸に、吸い込まれるようにして、響いていた。

思わず、唇が吊り上る。なんとまぁ、青臭いものだと、自嘲する。

何故、わざわざ、彼女にその理由を問うたか?だと、そんなの当の昔から知っていたではないか。

俺は生前から、小太郎と成る、その前から、桜咲刹那という少女に惹かれていた。

その決意に、その在り方に、その美しい、生き方に。

だからこそ、その隣に立ちたいと、そう願い、俺は無意識に、彼女に問い掛けていたのだ。

・・・・・・まったく、今年で26が聞いて呆れる。こんなの唯の中学生ではないか。

しかし、これで俺はその資格を得るチャンスを手にした。

ならば後は、それを掴まなければならない。


「・・・・・・俺はな、桜咲と逆や。どうしても、ぶっ飛ばしたいヤツがおんねん」

「ま、守りたいだけやと、強ぉなれへんのっ!?」

「少し聞いてくれ・・・・・・けどな、桜咲の気持ち、何となくやけど分かるねん。俺は、守りたかった人、守れへんかったからな・・・・・・」

「っ!?・・・・・・」


燃え盛る、山間の村落。木霊する断末魔。誰よりも近しく、今は誰よりも憎い、その男。

脳裏に、今も鮮明に浮かぶその光景を思い描いて、俺は刹那に語りかける。

一つ、一つ、言葉を選びながら。


「せやから、守るために強くなりたい。桜咲の気持ち、大事にしたらええねん。俺はそう思うんが、遅過ぎたんや」

「・・・・・・けど、せやったらなんで、犬上はんはそんな強いん?」

「ちゃうってゆーたやろ?俺は強ぉなんかない。もちろん、桜咲も今は、強ぉなんかない。」

「・・・・・・うん」


苦い表情で、しかし刹那はしっかりと、俺の言葉に頷いてみせる。

そんな彼女が、本当にいじらしくて、胸が暖かくなるのを感じた。


「俺も桜咲も、今は強ぉなる途中なんや。これから、強ぉなんねん」

「強ぉなる・・・・・・せ、せやけど、どないしてっ?」


結局、俺が具体的なことを何一つ言っていないことに気が付いて、狼狽した刹那はすぐにそう尋ねてきた。

しかし、俺は尊大な態度でそれをぴしゃりと跳ね除ける。

・・・・・・こ、心が痛いっ。


「そんなん知らんわ。」

「ええっ!? そ、そんなん、犬上はんいけずや~!!」

「やかましい。俺かて、そんなん知りたいわ。せやからな、自分で見つけんねん。強ぉなる方法をな」

「自分で・・・・・・?」


刹那は俺の言葉に、再びきょとん、と首をかしげる。

・・・・・・あーもう!!可愛いなぁ!!


「せや。自分は神鳴流の稽古でも何でもしたらええ。俺もいろいろ鍛えるさかい。で、ときどきお互い、どれだけ強なったか手合わせして確かめるんや。どや?」

「稽古して、手合わせして、確かめる? け、けど、せやったら、いつもお師匠さまとしとるえ?」

「だあほっ。そんなんお師匠さんがぶっちぎりで強いに決まっとるやんけ。」

「うっ!? そ、そうやんな・・・・・・」

「せやから、俺と自分で確かめんねん。多分、今の俺らの強さは、同じくらいやしな」

「そうなん? それで勝てたら、うち、強なってる?」


恐る恐る問い掛ける刹那に、俺は笑って頷いた。


「けど、ええん?犬上はんに付き合うてもろて?」

「そんなん気にせんでえーねん。言うたやろ?俺も強ならなあかんって」

「・・・・・うん。せやったね。犬上はん、うちが強なるの、手伝ってくれはる?」


再び、決意に満ちた表情で、刹那は、俺にそう確認する。

そう彼女が決意したのなら、俺の答えは決まってる。

最上級の笑みを浮かべて、力強く俺は答えた。


「当たり前や。こっちこそ、頼むで? “刹那”」

「!?・・・・・・えへへっ、よろしゅう頼んますえ“小太郎”はん?」


見てるこっちまで幸せになりそうな笑みを浮かべて、刹那は、その右腕を差し出してきた。

その右腕をしっかりと握り返して、俺は決意を、もう一つ追加することにした。



強くなる。あのクソ兄貴をぶっ飛ばせるくらい、強く。


そして、守る。この花のような笑顔が、昏く曇ることのないように、守り抜いてみせる。



無邪気な笑顔と、歳の割りに少し固い少女の手の温もりに、俺は今一度その在り方を誓った。














皆さん、こんばんわ、お久しぶりです。

さくらいらくさです。

まず、まえがきから、ここまで読んでくださった皆様方に心からのお礼を申し上げたいと思います。

前回の更新から打って変わって、非常に間が開いてしまったこと、大変申し訳ございません。

あまりに音沙汰がないため、みなさんこう思ったことでしょう。

「何?作者、また脱兎落ち?www」と、そう思わずにいられなかったに違いありません。

まことに弁解しようもございません。読者の皆様の指摘にも在りました通り、作者は非常に日常を描くことを不得手としておりまして。

つきましては今回この4時間目・・・・・・難産でした。

ええ、難産でしたとも。

しかしながら、こうやって皆様の前にお出しすることが出来ましたこと、心より嬉しく思っております。

しばらく更新速度は、今回のように遅くなってしまうことが予測されますが、前回のように、皆様のご声援によって、一念発起する恐れもあります。

過度な期待はせず、お待ち頂けると幸いです。

さて、感想掲示板におきましては、皆様の感想、ご意見、ご要望、ご質問を随時受け付けております。

皆様からのお便り、心よりお待ち申し上げております。

それではまた、次回のあとがきにてお会いできること、心より祈っております。





草々




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.033066034317017