チラシの裏SS投稿掲示板




No.15304の一覧
[0] メノス・ワールド(迷宮世界)現実→*異世界*TSもの(R-15)[ru](2013/04/18 21:09)
[1] 導入(プロローグ)[ru](2010/01/21 01:13)
[2] チュートリアルその1[ru](2010/01/21 01:08)
[3] チュートリアルその2[ru](2010/01/26 01:21)
[4] ようこそ迷宮都市へ[ru](2010/01/23 23:39)
[5] 職を得るために[ru](2010/01/26 01:23)
[6] 職業選択[ru](2010/01/26 01:24)
[7] 職と信仰[ru](2010/02/08 00:13)
[8] ゆめのなかへ【序・終】[ru](2010/02/11 22:15)
[9] 【コマンドヘルプ】[ru](2010/02/11 22:26)
[10] はじめてのめいきゅう[ru](2010/02/18 01:20)
[11] 暗い迷宮の中へと[ru](2013/04/18 21:05)
[12] エンカウント[ru](2010/02/18 01:54)
[13] 取引[ru](2010/02/22 07:11)
[14] 承諾[ru](2013/04/18 20:57)
[15] 第二層[ru](2010/02/22 07:26)
[16] 探索終了[ru](2010/03/02 00:07)
[17] *R指定*夜、熱に襲われる【一章・終】[ru](2013/04/12 02:57)
[18] ------【一章までの設定など】------[ru](2010/03/04 22:14)
[19] 二章導入[ru](2013/04/12 02:55)
[20] PTを組むこと[ru](2013/04/06 02:31)
[21] 酒盛り[ru](2013/04/13 01:29)
[22] 色々初体験なこと[ru](2013/04/06 02:19)
[23] 初心者の塔・第一層~[ru](2013/04/13 01:31)
[24] 初心者の塔・第二層~[ru](2013/04/13 01:32)
[25] 初心者の塔・第三層~[ru](2013/04/13 01:33)
[26] 初心者の塔・第四層~[ru](2013/04/13 01:35)
[27] 頂上にて[ru](2013/04/13 01:46)
[28] ダンジョン探索は帰るまでがダンジョン探索です[ru](2013/04/13 01:49)
[29] 逃走劇[ru](2013/04/18 20:26)
[30] *R指定*一夜明けて[ru](2013/04/18 20:30)
[31] 入手品を試すのこと[ru](2013/04/26 02:35)
[32] 行きはよいよい帰りは~~[ru](2013/05/06 02:27)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[15304] *R指定*一夜明けて
Name: ru◆9c8298c4 ID:8a8c7330 前を表示する / 次を表示する
Date: 2013/04/18 20:30



 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 能力 の 変動 がありました。
 あなた の 筋力 が 1 上がった。
 あなた の 耐久 が 1 上がった。
 あなた の 器用 が 1 上がった。
 あなた の 意思 が 1 上がった。

 あなた は 身体を休め12% の 潜在能力 をアップさせた。

 あなた は 16時間眠り 心身の疲れ を取った。
 あなた は 目を覚ました。
 おはようございます! プレイヤー えいじ

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





 目を覚まし、ぼーっと天井を見た後、身体を起こす。
 窓からはオレンジ色の光が入ってきていた。

 「まだこんな時間か」
 そんなことを俺は呟き、一回ベッドへと倒れた後、なんだか違和感に襲われ呟く。
 「コマンド、タイム」

 砂時計を見れば、一番下へ零れ落ち始めたところだろうか。

 つまり今は夕刻。
 どうやら随分と眠ってしまったようだと思いながら天井を見つめること暫し。


 こうして天井を眺めていると、いつもと何も変わらない気がしてくる。
 昨日の出来事は本当にあったことなのかな。
 ぼんやりと考える。 

 頭に浮かぶのは助けを呼ぶルミウスであり(まぁ、俺の名前は呼んでなかったが)、
 俺のミスによって首を狩られるトーレルであり、
 俺を生かしてくれたベレスの姿だ。

 「ベレス……」
 呟く。

 愛嬌のある豚面が浮かび、
 そういや出会ってほんの二日しか経ってないのだよなぁ。
 一緒に酒飲んでパーティーを組んだ最初の一回目。それだけの間柄だ。

 そう思っても、「逃げろ」というベレスの声を思い出す。

 俺の手を握っていた手の感触と熱さを思い出す。
 もしあそこで俺が何もしなければベレスは助かったかもしれない。
 もしあそこで俺が投げるのを躊躇しなければベレスは助かったかもしれない。
 俺はじっと自分の手を見つめながら、

 「あれ?」
 不意に顔を伝うなにか。

 ぽろぽろと、それは洪水のように流れ出してきて、
 「なんで」

 止まらない。頭の中は何故かあの豚面のことでいっぱいになってきて、
 「馬鹿馬鹿馬鹿っ。馬鹿め。ベレスの馬鹿が」

 悪態をつきながらも涙が止まらず、わんわんと泣き出してしまった。



 ようやく泣き止んだ後、ふたたびベッドに寝転び、天井をぼんやりと見つめながら、

 「あー結構俺、アイツのこと好きだったのかもなぁ」

 勿論、恋愛だとか恋だとかそういうものでは微塵もないが。
 そんなことを思っていると「抱かせろ」とベレスの声が聞こえた気がした。

 

 なんだか熱っぽい手を見つめ、それから起き上がり、鏡へと向かう。
 そこには女の子が泣きそうな表情でこちらを見ている。

 俺は目の前の女の子がベレスに蹂躙されるのを想像してると、なんだか彼女も熱っぽい顔つきになってきて、それにちょっと興奮しながら鏡にキス。
 残念だけど、この身体は俺だけのもんだ等と妙な独占欲を感じ、再びベッドに戻り寝転ぶ。

 
 既に慣れた作業。ピカーっとスパーク。
 一分もかからず事を終えると、俺は「はぁはぁ」と吐息を漏らしながら、昇った身体が落ちていく感覚を味わう。
 その強い気持ちの良い感覚は段々と収まっていき、やがてゆらりとした波に浮かんでるような感覚へと変わっていく。 

 不意にお腹が*ぐー*っと鳴った。

 そうだ、ご飯を食べよう。
 俺は起き上がると服を整え、そのまま部屋を出た。 








 

 
 迷宮世界











 「お。姉ちゃんいらっしゃい」

 流々の冠亭。既に常連となっていた俺に店主のラウスが声をかけた。

 「や」
 俺は手をあげると、そのままカウンターへと座り、
 「とりあえずいつもの」

 「あいよ」
 そう言って、はちみつ酒の入ったガラス瓶から木のコップへと注ぎ、俺へと差し出した。

 *ごくっ*と少量喉に含む。甘い酸味とアルコール特有の熱が身体を満たす。
 満足感を味わい、はふぅと吐息を漏らした。

 「……何かあったのかい?」

 ん、と見ればこちらを見つめる店主の姿。
 首を傾げると、人差し指で自分の左眼を指差した。

 ああ、と俺は頷いた。
 「何でもありません」
 残りのはちみつ酒を一気に飲み干す。
 「……ただ、ちょっと、PTが全滅したくらいです」


 「…そうか」
 ラウスが布を差し出した。
 「悪いことを聞いたな」


 はて、この布はなんだろうかと思いつつも、瞳がぼやけているのを感じ、
 「いえ、すみません」

 顔を拭う。
 それにしても変な気分だ。
 先ほど大泣きしてすっきりしてもう大丈夫なはずだったのに。

 自分はこんなに泣き上戸だっただろうか。


 「ありがとうございます」
 そう言って、布を返す。


 「……いや。長かったのか?」


 「いえ、一回組んだだけの間柄だったんですけどね」
 そう言って笑うと、

 店主ははちみつ酒を俺のコップに注ぎ言った。
 「酒はただにしておくよ。ところでご注文は?」


 軽いものが食べたいな。
 「カナブキとバインハムのセットで」


 「あいよ」
 店主が厨房へと戻っていく。






 * * *





 美味しい食事を堪能し、酒が程好く回った後、俺は酒場を出た。

 ゆらりゆらりと気持ちよい風に当たりながら歩いていると、ドン、と何かにぶつかった。
 俺は尻餅をついた。

 「気をつけろ」

 「すまん」
 謝り立ち上がる。見上げればそこにはどこか見慣れた顔。豚のような顔があって。


 「ベレス?」
 立ち上がり詰め寄る。

 「ベレスぅ?」
 彼はそう言ってマジマジ俺を見た後、ぐふっと下品に笑い、
 「まぁなんでもいいか」
 そう言って、俺の手を掴んだ。


 ぞわぞわとした不快感が、身体中を満たす。
 心地良い酔いが覚めていく。

 よくよく顔を見ればあの愛嬌のある顔ではなく、醜悪で下品な豚面で。

 全然ベレスと違うじゃないか。なんでこんなのと間違えたんだ、と心の中で舌打ち。
 「おい、放せ」

 「あ?」
 そう言って、にやにや笑う豚に俺は耐え切れなくなって、

 「放せって言ってんだ。この豚」


 瞬間、スパークが迸った。
 *パァン!*という音がそこに響く。


 なんだ、何が起こった?
 俺は混乱する。

 景色がぐらぐら揺れ、頬にじんわりと熱とともに痛みが浮き上がってくる。


 「おい、女。今何て言った?」


 身体が持ち上げられる。
 俺は咄嗟に右手を懐に入れて、

 「放せって言ってんだよ!豚っ!」

 そのまま薬の確認もせずに投げつける。


 *パリン*


 「ぶひゃ」
 中の液体がオークへと降りかかり、手が離れる。
 俺は背中から落ち、痛みに顔を顰めた。

 豚に眼を戻す。
 身体はぐらぐらしており、今にも倒れんばかり。

 「へめぇ……」
 と、豚は憤りこちらへと一歩進み、ストンと崩れるように膝をつく。

 そのまま顔面をぶんなぐる。じぃんと拳が痛む。
 ダメージを与えられたかどうかはわからないが、その衝撃でオークの身体がよろめき仰向けに倒れた。


 「ひぇめぇ、にゃににゃがらった」
 呂律の回らない口で何事かしゃべる。

 麻痺薬だったかと納得した後、左懐から試験管を取り出し、蓋を抜いて目を瞑り顔に振り掛ける。
 途端、泣きそうなじわじわする痛みが消失する。


、俺は鞘から刀を抜き、そのまま豚をしとめんと歩く。
 俺は刀を振りかぶった。

 「にゃ、にゃめ……」

 「死ね」
 そのまま振り下ろす。


 鈍い音が響く。オークが呻き声をあげた。

 「安心しろ、峰打ちだ」
 そんな言ってみたかった台詞を言いつつ、そのままボカボカと身体中に刀を振り下ろした後、どこかすっきりした気分で、

 「てめぇの豚面に免じて今日は許してやんよ」
 何か言いかけたそいつの顔を軽く峰でぶっ叩き、
 「次はねーかんな」

 刀を鞘に納め、倒れる豚面は放置。
 ちょっと上機嫌で鼻歌なんか歌ってみたりして。


 ふと、可愛らしい男の子が、どこか熱っぽい表情でこちらを見ていた。
 鼻歌聴かれてたのだろうか。ちょっと恥ずかしい。そんなことを考えていると、たたっと駆け寄ってきて、

 「お姉さん強いんですね。凄いです。あんなに大きな人を倒すだなんて」

 どうやら全部見られていたらしい。
 若干照れて、「まぁね」と応えつつ、その場を去ろうとして、

 ふと手を掴まれる。はて、と首を巡らせば、

 「あの、ちょっと一緒にどこかでお話しませんかっ」
 どこか天使のようなキラキラした瞳の少年。

 「ごめん、手放して」

 「あ、ごめんなさい」

 この純真そうな少年には悪いが、今日はもう宿でごろごろしたいのであって。
 「今日はもう休みたいんだ。次の機会にね」

 「そうですか……」
 しょんぼりと肩を落とす少年。

 申し訳ないけど君が女の子ならワンチャンあったかもしれないなぁと思いつつ。

 「それじゃね」
 手を振ると、少年も手を振り返してくれた。


 すっきりした気分で俺は宿に戻った。



 * * *



 シャワーを浴び、ベッドに倒れこむ。

 そういえば、と思い出し、バックパックから指輪を取り出し、
 「鑑定」
 スキルを発動。


 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 アイテムの正体を看破できなかった。より上位の鑑定、もしくは再びスキルを実行する必要がある
 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 そんな小窓が再び出現。
 リベンジとばかりにスキルを繰り返すと、四回目にやっと成功する。


 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 それ は ☆シルバーリングフォースアロー『影に潜む一家』であることが完全に判明した。

 指にはめる輪だ
 それは白銀で作られている
 それは炎では燃えない
 それは魔法フォースアローを秘めている(1h1)[最大2発]
 それは運勢を維持する
 それは旅の熟練をあげる*
 それは体力回復を強化する**
 それは暗黒の耐性を授ける**
 それは呪いの言葉から保護する*
 もし店で売れば 1476G ぐらいになるだろう

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 魔法!
 俺は鑑定を成功させると、その指輪の驚くべき力を読み取ることができた。

 この指輪を身につけると、どうやらあのナーガが使っていた魔法を使うことができるようだ。
 それは1時間に1回自動的にチャージされ、最大2発まで放つことができるらしい。

 何だかんだ言って魔法に憧れている俺は早速身に着けると、

 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ☆シルバーリングフォースアロー『影に潜む一家』

 指にはめる輪だ
 それは白銀で作られている
 それは炎では燃えない
 それは魔法フォースアローを秘めている(1h1)[最大3発]
 それは運勢を維持する
 それは旅の熟練をあげる*
 それは体力回復を強化する**
 それは暗黒の耐性を授ける**
 それは呪いの言葉から保護する*
 もし店で売れば 1476G ぐらいになるだろう
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 なんか最大チャージ数が増えた。すわこれがアイテム師の恩恵!等と興奮すること暫し。
 早速明日はこの指輪と手に入れたナイフの効果を試してみようと、俺は目を瞑る。





 ちなみになんだか興奮して寝付けなかったので何時ものアレを行い、無理矢理身体を睡眠モードに移行させた。





 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 好感度 の 変動 がありました。
 流々の冠亭の店主 ラウス の 好感度 が上がった。
 現在 の 好感度 は 【好意的】 です。
 オークの冒険者 ザージ の 好感度 が下がった。
 現在 の 好感度 は 【うざい】 です。
 男娼 アベルス の 好感度 が上がった。
 現在 の 好感度 は 【普通】 です。

 能力 の 変動 がありました。
 あなた の 魅力 が 1 上がった。

 あなた は 身体を休め2% の 潜在能力 をアップさせた。

 あなた は 8時間半眠り 身体の疲れ を取った。
 あなた は 目を覚ました。
 おはようございます! プレイヤー えいじ

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 ステータス

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 所持金 297G 81S
 カルマ 2

 筋力  8 Great
 耐久  9 Good
 器用  8 Great
 感覚  5 Good
 習得 12 Great
 意思  6 Good
 魔力  0 Nothing
 魅力 13 Great

 クラス   アイテム師
 信仰神   ドルーグ
 獲得スキル 交渉Lv.2 剣技Lv.1 言語Lv.Max 投擲Lv.0 アイテム鑑定Lv.3 アイテム効果上昇
 状態異常  なし

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 装備

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 鉛の刀(4d3)

 倭国に伝わる由緒正しい細身の剣だ
 それは鉛で出来ている
 それは錆びにくい
 それは(4d3)のダメージを与える(貫通率20%)
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ☆艶やかなる法衣『さようなら現世』 [7,0]

 僧侶用の服だ
 それは布で出来ている
 それはDVを7あげ、PVを0減少させる
 それは習得を維持する
 それは体力回復を強化する*
 それは剣術の理解を深める**
 それは重装備での行動を阻害する****
 それは盲目を無効にする
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 布のズボン [3,0]

 下半身を守る服だ
 それは布で出来ている
 それはDVを3あげ、PVを0減少させる
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 皮の靴 [2,4]

 足先を守る靴だ
 それは皮で出来ている
 それはDVを2あげ、PVを4上昇させる
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 銅の腕輪 [0,1]

 腕にはめる輪だ
 それは銅で出来ている
 それは酸では錆びない
 それはDVを0あげ、PVを1上昇させる 
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 翡翠の指輪 [6,0]

 指にはめる輪だ
 それは翡翠で出来ている
 それは炎では燃えない
 それは酸では錆びない
 それはDVを6あげ、PVを0減少させる
 それは生命を5上げる
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ☆シルバーリングフォースアロー『影に潜む一家』

 指にはめる輪だ
 それは白銀で作られている
 それは炎では燃えない
 それは魔法フォースアローを秘めている(1h1)[最大3発]
 それは運勢を維持する
 それは旅の熟練をあげる*
 それは体力回復を強化する**
 それは暗黒の耐性を授ける**
 それは呪いの言葉から保護する*
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ☆透き通ったリターニングスローナイフ『エンジェルモメント』(1d20)(11)

 投擲用の短剣だ
 それは硝子で作られている
 それは炎では燃えない
 それは投げた後手元に戻る(100%)
 それは武器として扱うことができる(1d20 貫通 15%)
 それは攻撃修正に11を加え、ダメージを0増加させる
 それは電撃属性の追加ダメージを与える***
 それは魅力を維持する
 それは裁縫の技能を下げる***
 それは音への耐性を授ける**
 それは速度を4上昇させる
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 後書き
 次回は手に入れた武器の検証です。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027915954589844