チラシの裏SS投稿掲示板




No.15304の一覧
[0] メノス・ワールド(迷宮世界)現実→*異世界*TSもの(R-15)[ru](2013/04/18 21:09)
[1] 導入(プロローグ)[ru](2010/01/21 01:13)
[2] チュートリアルその1[ru](2010/01/21 01:08)
[3] チュートリアルその2[ru](2010/01/26 01:21)
[4] ようこそ迷宮都市へ[ru](2010/01/23 23:39)
[5] 職を得るために[ru](2010/01/26 01:23)
[6] 職業選択[ru](2010/01/26 01:24)
[7] 職と信仰[ru](2010/02/08 00:13)
[8] ゆめのなかへ【序・終】[ru](2010/02/11 22:15)
[9] 【コマンドヘルプ】[ru](2010/02/11 22:26)
[10] はじめてのめいきゅう[ru](2010/02/18 01:20)
[11] 暗い迷宮の中へと[ru](2013/04/18 21:05)
[12] エンカウント[ru](2010/02/18 01:54)
[13] 取引[ru](2010/02/22 07:11)
[14] 承諾[ru](2013/04/18 20:57)
[15] 第二層[ru](2010/02/22 07:26)
[16] 探索終了[ru](2010/03/02 00:07)
[17] *R指定*夜、熱に襲われる【一章・終】[ru](2013/04/12 02:57)
[18] ------【一章までの設定など】------[ru](2010/03/04 22:14)
[19] 二章導入[ru](2013/04/12 02:55)
[20] PTを組むこと[ru](2013/04/06 02:31)
[21] 酒盛り[ru](2013/04/13 01:29)
[22] 色々初体験なこと[ru](2013/04/06 02:19)
[23] 初心者の塔・第一層~[ru](2013/04/13 01:31)
[24] 初心者の塔・第二層~[ru](2013/04/13 01:32)
[25] 初心者の塔・第三層~[ru](2013/04/13 01:33)
[26] 初心者の塔・第四層~[ru](2013/04/13 01:35)
[27] 頂上にて[ru](2013/04/13 01:46)
[28] ダンジョン探索は帰るまでがダンジョン探索です[ru](2013/04/13 01:49)
[29] 逃走劇[ru](2013/04/18 20:26)
[30] *R指定*一夜明けて[ru](2013/04/18 20:30)
[31] 入手品を試すのこと[ru](2013/04/26 02:35)
[32] 行きはよいよい帰りは~~[ru](2013/05/06 02:27)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[15304] PTを組むこと
Name: ru◆9c8298c4 ID:7a6be6f7 前を表示する / 次を表示する
Date: 2013/04/06 02:31







 仲間を探すといっても、俺が当てに出来る人物は限られているわけで。
 一瞬ミュレンさんのことが頭に思い浮かんだけれど、すぐにかの提示版を思い出し、

 「コマンドタウンガイド」
 と呟き、ポップアップされた項目の一つである提示版をタッチする。

 
 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 1.依頼
 2.募集
 3.雑談

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 
 随分と便利だよなぁと、件のしっぽの美しい女神の姿を思い出し、
 やっぱり早まったかなぁと少々自身の信仰する神の姿を思い浮かべつつ、募集をタッチ。
 とりあえずはドラゴン退治やら塔の攻略やらのベテラン的な募集を目で流していくと、一つの募集が目に当たった。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 攻略始まりの塔等。経験不要。後衛職求む。前衛でも応相談。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 少々考えつつも、こういうのは度胸、ええいままよという感じで申し込みボタンを押す。

 これで果たして申し込んだことになるのかしらと初めて使った機能に若干不安を覚えつつも、
 不意に*ポン*という音と共に浮かび上がったポップアップに、安心しつつも苦笑。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ルイミスがあなたをチャットへと招待しています。部屋番号は49371番です。
 招待に応じますか?              Y/N

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 ヴァーチャルリアリティなゲームでもやってるのだと錯覚しそうだな、そんなことを思いつつ俺はYを押した。



 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ナヴィ : エイジさんが入室しました

 べバス : お

 トーレル : む

 ルイミス : こんちゃー

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 さて、チャット画面に入れたのはいいのだけれど、問題はどうやって入力するかが分からないのである。
 新たにポップアップしたもう一つの画面に発言、退席、というボタンがあるのを見るに、こちらに書くのであろうか。
 というのも、そこにはキーボードも文字入力システムも見当たらないのであって。

 「どうやんだろ」
 と、呟く。

 瞬間、『どうやんだろ』と、もう一つの画面に表示。

 「音声入力とは……」
 感嘆しつつ呟く。

 とりあえず、『どうやんだろ。音声入力とは……』というのをクリアし、


 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ナヴィ : エイジさんが入室しました

 べバス : お

 トーレル : む

 ルイミス : こんちゃー

 エイジ : こんにちわ。これで入力されんのかな?

 ルイミス : おや、チャットは初めて?

 エイジ : 最近きたもんで

 べバス : なれりゃ便利さ

 トーレル : 小難しいこともないしな

 ルイミス : うんうん。で、とりあえず職業は?

 エイジ : アイテム師かな

 べバス : アイテム師だぁ?聞かねぇ職だな。

 ルイミス : え?てことはもしかして結構熟練者?

 トーレル : 職人って可能性もあるが。

 べバス : なんでおまえら知ってんだよw で、どんな職なんだ?

 エイジ : いや、まだ2~3回しか潜ってない初心者だよ。

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 にしてもこれ本当に向こうでやってたチャットと変わんないなぁと思いつつ。声に出さなければいけないのが面倒だが。


 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ルイミス : あれ?アイテム師って魔法職の二次じゃなかった?

 エイジ : とりあえず未鑑定のものを鑑定できる。ただ始めたばかりなので効果はお察し。

 トーレル : 目利きが出来る商人から派生することもあるらしいとか耳に挟んだことはあるがな

 べバス : まぁ、便利そうだな。いいんじゃね?

 トーレル : こちらも構わん

 ルイミス : むしろありがたいよ。鑑定代も馬鹿にならないからね

 エイジ : 成ったばかりだし、あんま期待されても困るがw

 ルイミス : あ、ちなみに後衛?

 エイジ : あーえっと、薬代も馬鹿にならないからな…普段は剣で闘ってる。

 ルイミス : ってことは前衛か。前衛過多ですなぁw

 べバス : その辺のことは潜ってから考えりゃいいさ。どうせ行くのはゆるいダンジョンだろ?

 トーレル : わしも同感だ。深く考えることでもあるまい

 ルイミス : 確かにそうなんだけど。とりあえず実際にあって話そうか

 べバス : 新入りの歓迎に酒でも飲もうぜw

 トーレル : お前さんもたまには良いことを言う。

 べバス : うっせwww

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 とりあえず待ち合わせやら何やらを話し、チャットを閉じる。
 なんていうか随分とゲーム感覚的にPTは結成できたもんだが、問題は現実に会った時だなぁとそんな事を思う。
 ベッドにごろんと横になりつつ俺は呟いた。
 「あー緊張する」











 迷宮世界










 「にしても」
 と、俺は馬車に揺られながら呟いた。

 今自分が居るグラフーインは迷宮『都市』と言われるだけあり、それなりに広い。
 大体東京3~4区ぐらいだろうか。だからこそ移動手段が面倒になってくるわけで、そろそろ乗馬を覚えないといけないなぁとそんなことを思う。

 「どうした、お客さん」
 俺の呟きを聞きつけたのか、運転手が……って馬車も運転手とか言うんだろうか等と、少し疑問が浮かんだ。

 「いや後どれくらいでつくのかと思ってね」

 「そうだな……後20分かそこらって感じじゃないかい?」

 「ありがとう。ぼんやりと外を眺めてることにするよ」
 俺はそう呟いて、ぼんやりと景色を眺める。

 多少の日にちは流れたものの、こうやってゆっくり町並みを眺めるのは、初めての経験だからであって。

 グラフーインの交通手段として一番メジャーなのがこの馬車タクシーというものなのらしい。
 よくよく見ればそこかしこにある同じ色――青い衣装を着せられた馬を見ることができた。

 ファンタジーなのにファンタジーじゃないなぁとそんなことを思いながら町並みと行き交う様々な種族を眺めていると、
 不意にがくんと、馬車が止まった。


 「着きましたぜ。フェルグ中央公園はこの階段を上がったところだ」

 「ありがとう」
 感謝と共に提示された料金を支払い、そのまま軽く手を振って、階段を登る。

 「コマンドタウンガイド」
 呟き、ポップアップされた項目からメール送信を選択。対象はルイミス。


 ついたよーとだけ呟き送信。

 果たして数分も経たないうちに*ポン*と音が鳴り、

 『今行く。こちらドワーフと鎧を着けた戦士とつけてない戦士。時計台周辺にて待ってくれると分かりやすいです』

 その返信に従って首を巡らす。
 公園内には誰も居なかった。あるのはまるでLEDのような赤い文字で時間を知らせる上に細長いデジタル時計。
 近くへと足を進めた。

 アナログじゃないだけで随分と違和感があるなぁとそんな事を思いながら、刻まれていく時間をぼーっと見ていると、

 *ガチャっ*
 
 という金属が触れ合う音に加え、なにやら話し声のようなものが聞こえてくる。

 そちらを見れば一目でドワーフと分かるずんぐりむっくり、大きな斧。そして長い髭である。そしてその横には鎧を着た大柄な人物と、軽い軽鎧を身に着けた人の姿。

 俺はそのまま軽く手を挙げ、その3人組へと足を進める。

 それに応じ、手を上げたのは大柄な男。そのまま互いに足を進め、

 「えいじです。よろしく」

 「トーレルだ」
 と、ドワーフが言った。
 「とりあえず酒でも飲んで……どうしたお前さん方」

 後ろを振り返った後、訝しげにドワーフがたずねる。

 俺も俺で首を傾げた。というのも、なんか二人が固まっているかのように見えたからであって。

 「いや別に。別にどうもしてないさ。べレスだ。じゃあさっそく酒飲みに行こうぜ。えーじちゃん」
 ぐふっとどこか下品に笑いながら大柄な男が言った。
 よくよく見れば大柄というより太っているという感じで、顔はとても見目麗しいとは言えないもので。

 「あーいや。どうもルミウスです。えいじさんって女の人…だったんですね。男だとばかり」
 まぁこちらも見目麗しいとはとても言えないが、豚のような顔のべレスに比べればかなりマシだなぁとかそんな失礼な事を思いつつ、
 
 「性別なんてどうでもいいと思うが」
 と、呆れたようにドワーフが言った。

 「はっ、これだからドワーフってやつは」
 と、べレスが肩をすくめる。

 「お前さんが過剰すぎるんじゃ」

 「はぁ。どうでもいいがいきなりちゃん付けはヤメロ」
 なんていうか肌がざわつくからであって。

 「かてぇこと言うなって。ほら、酒飲みにいくぞ」
 親しげにその大柄な腕を俺の肩へと乗せ、首を後ろに巡らし言った。



 その重みに苦笑しつつ、「ああ、そうだな」と、俺は頷いた。









 後書き
 前のPCは書き溜めてたデータごと壊れましたが新しいPCはきっと上手くやってくれるはずです。
 正直二週間ぐらいで次をアップする予定でしたがいつの間にかものすごい月日が流れてました。
 申し訳ありません。そしてこれからもよろしくです。
 凄い久々に書いているせいか、文章に齟齬のようなものを感じなければ良いなぁと少々不安。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027185916900635