<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

チラシの裏SS投稿掲示板


[広告]


No.13727の一覧
[0] 【習作】 英雄たちのその後って? 【現実→AD&Dっぽい異世界】【チート能力】[ぽんぽん](2013/07/06 08:18)
[1] 01 TRPG[ぽんぽん](2011/01/03 07:02)
[2] 02 現状の確認[ぽんぽん](2011/01/08 18:19)
[3] 03 準備[ぽんぽん](2011/01/15 10:10)
[4] 04 森からの脱出[ぽんぽん](2011/01/30 10:42)
[5] 05 森からの脱出02[ぽんぽん](2011/02/11 08:35)
[6] 06 ウォウズの村[ぽんぽん](2011/03/05 18:23)
[7] 07 夜の酒場[ぽんぽん](2011/03/19 18:09)
[8] 08 魔法[ぽんぽん](2011/03/26 15:54)
[9] 09 治療[ぽんぽん](2009/12/13 09:46)
[10] 10 想い[ぽんぽん](2009/12/13 09:55)
[11] 11 正体[ぽんぽん](2009/12/19 14:04)
[12] 12 黒聖処女[ぽんぽん](2010/02/28 09:03)
[13] 13 葛藤[ぽんぽん](2009/12/27 09:16)
[14] 14 来訪[ぽんぽん](2009/12/30 11:51)
[15] 15 引き渡し[ぽんぽん](2010/01/02 14:51)
[16] 16 旅立ち[ぽんぽん](2010/01/11 12:04)
[17] 17 城下町エドラス[ぽんぽん](2010/01/16 14:11)
[18] 18 戦乙女[ぽんぽん](2010/01/23 16:57)
[19] 19 冒険初心者[ぽんぽん](2010/01/31 11:59)
[20] 20 見極め[ぽんぽん](2010/02/28 09:01)
[21] 21 戦闘[ぽんぽん](2010/02/19 06:00)
[22] 22 ただいま勉強中[ぽんぽん](2010/02/28 11:38)
[23] 23 ハイローニアスの使い[ぽんぽん](2010/03/14 11:45)
[24] 24 依頼[ぽんぽん](2010/04/11 07:59)
[25] 25 地下墳墓(カタコンベ)[ぽんぽん](2010/04/17 09:01)
[26] 26 地下墳墓(カタコンベ)02[ぽんぽん](2010/04/25 18:01)
[27] 27 地下墳墓(カタコンベ)03[ぽんぽん](2010/05/09 10:22)
[28] 28 地下墳墓(カタコンベ)04[ぽんぽん](2010/05/23 10:00)
[29] 29 地下墳墓(カタコンベ)05[ぽんぽん](2010/06/06 10:06)
[30] 30 地下墳墓(カタコンベ)06[ぽんぽん](2010/06/27 17:24)
[31] 31 タエ[ぽんぽん](2011/02/26 04:35)
[32] 32 思い[ぽんぽん](2010/07/18 12:09)
[33] 33 海沿いの街・セーフトン[ぽんぽん](2010/08/01 11:10)
[34] 34 海沿いの街・セーフトン02[ぽんぽん](2010/08/15 12:04)
[35] 35 海沿いの街・セーフトン03[ぽんぽん](2010/08/29 11:00)
[36] 36 戦乙女(ヴァルキュリア)[ぽんぽん](2010/09/26 16:41)
[37] 37 戦乙女(ヴァルキュリア)02[ぽんぽん](2010/10/03 11:24)
[38] 38 戦乙女(ヴァルキュリア)03[ぽんぽん](2010/10/16 20:28)
[39] 39 告白[ぽんぽん](2010/10/31 10:40)
[40] 40 またね[ぽんぽん](2010/11/14 10:23)
[41] 41 白蛇(ホワイトスネイク)[ぽんぽん](2010/11/27 18:26)
[42] 42 サーペンスアルバス[ぽんぽん](2010/12/11 19:27)
[43] 43 日常[ぽんぽん](2011/02/26 04:36)
[44] 44 日常02[ぽんぽん](2011/01/08 18:22)
[45] 45 3ヶ月[ぽんぽん](2011/01/22 18:11)
[46] 46 イル・ベルリオーネ[ぽんぽん](2011/02/26 04:41)
[47] 47 顔合わせ[ぽんぽん](2011/03/19 14:08)
[48] 48 旅の準備[ぽんぽん](2011/03/19 14:09)
[49] 49 ケア・パラベルへ[ぽんぽん](2011/04/09 10:28)
[50] 50 ケア・パラベルへ02[ぽんぽん](2011/04/02 18:00)
[51] 51 ケア・パラベルへ03_カスピアン[ぽんぽん](2011/04/23 17:48)
[52] 52 ケア・パラベルへ04_ソランジュ[ぽんぽん](2011/05/03 17:57)
[53] 53 ラクリモーサ[ぽんぽん](2011/05/14 17:56)
[54] 54 ケア・パラベルへ05_待ち伏せ[ぽんぽん](2011/05/28 17:51)
[55] 55 ケア・パラベルへ06_芽生え[ぽんぽん](2011/06/11 20:15)
[56] 56 旅の少女[ぽんぽん](2011/06/26 07:08)
[57] 57 確信[ぽんぽん](2011/07/16 18:51)
[58] 58 痴漢[ぽんぽん](2011/08/06 07:42)
[59] 59 兄妹[ぽんぽん](2011/08/15 04:15)
[60] 60 強くなるために[ぽんぽん](2011/08/27 16:49)
[61] 61 蠢動[ぽんぽん](2011/09/10 17:52)
[62] 62 開幕[ぽんぽん](2011/10/01 15:44)
[63] 63 前哨戦[ぽんぽん](2011/10/15 17:36)
[64] 64 決意[ぽんぽん](2013/03/02 06:41)
[65] 65 回顧[ぽんぽん](2011/11/19 17:17)
[66] 66 一騎当千[ぽんぽん](2011/12/10 16:57)
[67] 67 一騎当千02[ぽんぽん](2011/12/29 15:53)
[68] 68 想い交錯[ぽんぽん](2012/01/15 12:40)
[69] 69 英雄への想い[ぽんぽん](2012/02/26 07:14)
[70] 70 急転[ぽんぽん](2012/02/26 08:43)
[71] 71 防衛[ぽんぽん](2012/03/10 11:33)
[72] 72 反撃[ぽんぽん](2012/03/31 19:58)
[73] 73 魔王[ぽんぽん](2012/04/21 11:33)
[74] 74 魔王と白蛇[ぽんぽん](2012/05/20 12:37)
[75] 75 チート[ぽんぽん](2012/08/17 11:06)
[76] 76 決着[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[77] 77 黒い悪魔[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[78] 78 黒い悪魔02[ぽんぽん](2013/03/02 06:50)
[79] 79 黒い悪魔03[ぽんぽん](2013/03/02 06:51)
[80] 80 黒い悪魔、白い騎士[ぽんぽん](2012/11/03 10:19)
[81] 81 悪を討つ一撃[ぽんぽん](2013/03/02 06:55)
[82] 82 援軍到着[ぽんぽん](2013/03/02 06:57)
[83] 83 妙子と勇希[ぽんぽん](2013/03/02 06:58)
[84] 84 愛しさ切なさ悲しさ[ぽんぽん](2013/04/29 12:19)
[85] 85 異様過ぎる何かとの遭遇[ぽんぽん](2013/06/23 09:03)
[86] 86 異様過ぎる何かとの遭遇02[ぽんぽん](2013/06/23 09:10)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13727] 76 決着
Name: ぽんぽん◆d1396e89 ID:b329828d 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/08/17 11:09
ゆっくりと、キースは息を吐く。
今まで全身に漲らせていた力を抜くためだった。
そして手馴れた動作で、サンブレードを鞘へとしまった。

そんなキースの行動に、周囲の面々は目を離すことができない。

そして、ゆったりとした足取りで、キースはビックバイの元へと歩み寄る。
そのあまりにも無防備と言える行為に――


「ホ、ホワイトスネイク……!!」


全身を震わせて、口元を押さえて、目に涙を溜めて、マリエッタは口にする。
今、マリエッタは、不安と心配でおかしくなりそうだった。
だがそれでも、その視線はキースから離れることはない。
不安と心配以上に、マリエッタにはそれを上回る信頼を感じ取ることができたからだ。


「クソが、何考えてやがる!?」


血が流れんばかりにと、ローレンは握り拳を作った。
彼女の全身を纏う雷が強さを増していく。
だが、動くことはできない。
ローレンには、主の命令は神の言葉以上の意味合いを持つのだから。


「殿方が見せる瞬間の輝き。
 眩しくて、強くて、気高くて、なんて――」


ラクリモーサは自身の唇を舌で濡らす。


「愛おしいのかしら――」


そして、胸を押さえるように、自分の体を抱きしめた。
ラクリモーサは熱い吐息をもらす。
だが。
ほんの少しだけ、ラクリモーサの瞳には寂しげな要素が含まれていた。


「あれで生粋の戦士とかって言われてもね~。
 あんな戦士普通ないよ。
 反則っしょ、そんなのは~」


呆れたように、ロレインは肩をすくめてしまう。
口調や言葉自体は軽いものだった。
だが、ロレインがキースを見る瞳は鋭いものだった。
それは野生の猫が獲物を見つめる目だ。


「ヒヒ。
 なんともまあ。ヒヒヒ、なかなかどうして……
 ホワイトスネイクも楽しませてくれるのう。
 これは過小評価だったわ、ヒヒ」


周囲の生き物を不快にさせる声を撒き散らちらす。
ヴェクナは厭らしげに笑った。
肩を震わせて、まるで、しゃっくりでもしているかのようだった。





-----------------------------------

076 決着

-----------------------------------


「次に打つ手は何だ、毒蛇――?」


ビックバイは楽しげに口の端を上げる。


「懐から毒付きのナイフか?
 未知なる魔法具か?
 それとも逆をついて、そのまま正面から来てくれるのか?
 何でもいい。
 好きなだけ、俺に毒を吐きかけるがいい――」


ビックバイは両手を大きく広げる。
それはまるで、懐に飛び込んで来いと言わんばかりの体だ。


「おいおい……」


一方のキースは、そんなビックバイの対応にため息をつきたくなった。
心の中では、ビックバイに対して、手の甲で突っ込みを入れているぐらいにだ。


「お前の中で、俺、どんだけ危険人物にされてんだよ!?
 ラスボスにそんな評価されんのは、いいんだか、悪いんだかなあ。
 ま、今回は、その中のどれでもねーよ。
 一つ提案でもしようと思ってな」


苦笑交じりの笑みを、キースは浮かべる。
そして、貴公子然とした金髪をかきあげる。
その上で、見下すような視線をビックバイへと向けた。


「おまえ、随分弱くなったな?」


キースの口から、言葉の爆弾が投下された。


「――!!??」


爆弾に対して、周囲の面々は固まってしまった。
今、キースが言ったことが理解できない。
呼吸もできない。
脳に酸素が回らない。
指先も動かすことができない。

何を言った?
そう、あの魔王ビックバイに対して――

周囲は固唾を呑んで見守ることしかできない。

そんな中で、キースは大きなため息をついた。
ビックバイに見せ付けるように。


「ふむ」


周囲の空気が凍りついたかのような雰囲気の中。
当のビックバイ自身は、なにやらうなずく素振りをみせていた。
それを見たキースは、さらに言葉を続ける。


「しかもさ、後ろの4人?
 今のお前の部下、仲間?
 よくわからんけど、昔のお前じゃありえねーよ。
 ブラックドラゴンにクラーケン、グレートメデューサ、悪魔の大群。
 そんなんばっか引き連れてたじゃんか。
 何、どうしちまったんだ?
 そんな――」


ビックバイの後方に控えている4人に、キースは視線を一瞬だけ向ける。
だが、それは一瞬。
すぐに、キースはビックバイへと視線を戻した。


「本気だせねーよ、今のお前じゃ」


キースの言葉に対して、ビックバイは何も返答しなかった。
だが、視線を落とす。
その先は、自身の両手だ。
そして何度か握り拳を作っては広げるといった動作を繰り返す。

それからビックバイは目を閉ざした。
それは瞑想しているかのように他の者には見て取れた。


「ふむ」


ビックバイは何度か小さく頷く。
そして、ゆっくりと目を開いていった。


「ホワイトスネイクの言い分は確かかもしれん。
 体内魔力の流れを調べてみたが、あの時と比較すると良くは無い。
 なんだか弁でもしているかのような、とでも言えばよいか――」
 

ビックバイはクロークを翻して、改めて、キースへと対面する。


「だが、お前が全霊で剣を振るわないと意味が無い。
 どうしたら全力で俺に切りかかってくれるのだ?」


ビックバイとキースの視線が交差する。
だが、キースは返答しなかった。

沈黙の時間。

そして――


「……
 ……
 ……
 ……と、でも問えばいいか、毒蛇よ。
 相変わらずのからめ手、安心したぞホワイトスネイク」


ビックバイは笑った。
それは子供のように。
純粋。
ただ、ただ、楽しげに残酷げに――

一方、微妙な評価をもらったキースはため息交じりに肩を落とした。


「相変わらずひねくれた答えだなー。
 ほんと、中二マインドが大暴れしたような受け答えありがとよ。
 ま、そんなわけだから――」

「ヒヒ、お待ちを――」


キースが言葉を続けている時だ。
先の言葉を発する直前、まさに絶妙と言えるタイミング。
その瞬間、周囲を不快にさせるしゃがれた声が間に入った。


「ヒヒヒ――」


ヴェクナだった。
彼の声、いや、存在自体が全ての者を不快にさせる。
不快はいつものことだ。
だが、今、周囲に与える不快の度合いは極みに達していた。

魔王と英雄の会話を遮ったのだから。

周囲(主に、横の3人だが)の面々から、訝しげな目をヴェクナは向けられた。
だが、そんな中で、当のヴェクナは痛痒などとは無縁のように見えた。
いけしゃあしゃあと、不快な言葉を発し続ける。


「ヒヒ。
 ホワイトスネイクを本気にさせるなど、簡単ではありませんか!
 ヒヒ、そこの女!
 今から、その女を殺すとしましょう。
 脳を吸いましょう。
 皮膚を嘗め尽くしましょう。
 目を飲み込みましょう。
 英雄様であるホワイトスネイク様は、これで、本気を出して――」


ヴェクナの言葉は途中で止まった。
今度はキースのターンだった。


「さっきは言わなかったけどよー。
 やっぱ言うわ。
 なんで、こんな三下を部下にしてるんだ?
 ないわー」


一瞬で、キースはヴェクナの目前に立っていたのである。
しかも手にしていなかったサンブレードも、いつの間にか抜刀されている。
無論、その切っ先はヴェクナの喉元。
5cmも突き出せば、喉を突き刺さるだろう位置であった。


「動くな。
 マリエッタさんに手出して見ろ。
 間違いなく、俺はお前に本気をだしてやるよ。
 けどな。
 ビックバイ、もう、お前には一生剣を向けねーよ。
 何をしてこようが、無視してやる。逃げ続けてやる。
 ああ、それは俺だけじゃない。
 他のメンバー達にも徹底させるからな。
 期待すんなよ?
 で、お前は一生面白くない人生でも健やかに過ごしやがれってもんだ」


貫かんばかりに、キースはヴェクナを睨み付ける。
一気に、キースの周囲は空気が重くなった。
武の無い者は、理由も分からないまま腰を抜かしてしまっただろう。
多少なりとも力があるものには、強制的にわからされるだろう。

今、キースの全身からは殺気が溢れだしていることが――


「ヒヒ、いかがされましょうか。
 我が主よ、ヒヒ」


だが、やはりヴェクナには何も通じていないようだった。
ヴェクナはビックバイへと視線を向ける、
と――


「動くな、と言ったんだがなー。
 それには口も目も、全部入ってるぞ。
 何もするな」


キースはサンブレードを3cm程前に突き出した。
その行為で、ヴェクナは口を閉ざした。
だが、時折、「ヒヒ、ヒヒ」といった呼吸だか笑い声だか判断しかねる音が漏れていた。


「5年待ってやる。
 体調を完全してこいよ。
 そしたら、俺も本気でやってやる。
 お前の気が済むまでな。
 あっと、それに――」


キースは一息つく。
タメをつくり、「ニヤリ」と人の悪い笑顔を浮かべた。


「そん時は、俺の仲間ももれなくついてくる。
 残念。
 ますますお前には勝ち目ないなー。
 さて、どうする?
 ああ、一つ保障してやるよ。
 気持ちよくノックダウンさせてやるけど?」


キースの言葉が終わると、場は沈黙に包まれた。
誰かが唾を飲み込む音が聞こえるのではないかと思うほどに、だ。
どれぐらい続いたのだろうか。


「クク、ハハハハハ!!」


その沈黙を破ったのは、魔王の哄笑――


「ククク、白蛇の毒は心地よい。
 なんとも言いがたい。
 まるで芳醇な香りの酒の如し、だ。
 全てを飲み干したくなる」


腰に手を当てて笑う姿は、威風堂々。
魔王と言うよりは、この瞬間は覇王と呼ぶに相応しい姿だった。


「気を使わせて悪いな、ホワイトスネイクよ。
 お前の毒、飲み干させてもらうとしよう」


ビックバイは高らかに告げる。
それはまるで宣誓だった。


「だが、5年もいらん。
 それはさすがに、お前達に申し訳ない。
 俺はそこまで無恥ではないぞ。
 2年だ。
 それまでに完全にしてこようではないか」


ビックバイの言葉に、キースは一瞬だけ肩眉を潜める。


「2年――」


そんなキースに対して、ビックバイはギラギラとした目を返す。


「ああ。
 俺の中で、神がそう言っているからな」

「神……?」


魔王と呼ばれる者が言うには、いささか似つかわしくない言葉。
それにキースはどこか引っかかるモノを感じた。


「気にしないでいい。
 それより感謝するぞ。
 久しいな。
 こんなに楽しかったのはどれぐらいぶりかわからん。
 やはりお前達は最高だ」


ビックバイはキースに告げると、クロークを翻して背を向けた。


「お前の芳醇な毒を味わいながら、楽しみに待つとしよう――」


ビックバイは歩みだす。
一歩一歩、ビックバイとキースの距離は離れていった。
そんなビックバイに従う形で、ロレイン達は後に続いていった。


「あんな反則の塊の戦士、あは、楽しい~♪」
「無礼な……!!!!! 殺す、殺す、ブチ殺してやる……!!」
「殿方同士の逢瀬、フフ。子宮で考える女同士では決してたどり着けない境地ね」
「ヒヒ、ヒヒ、ヒッヒッヒ」


各々が言葉を呟きつつ――


「開け――」


そしてビックバイは言霊を発する、と、
そこには、既に開かれている巨大な両開きの扉が顕現した。


「な――!」


これに、キースは驚愕の言葉を発した。
彼の表現では、豪華絢爛、海外の教会の門かよ、といったチープな言葉でしか表現できない。


「また会おう、俺を倒した英雄よ――」


ビックバイと4人は、その扉の中へと歩いていく。
キースは黙って、5人の背中を見届けていた。





「はふぅ~」


大きく息を吐きながら、キースは「へなへな」とその場へと座り込んだ。


(やばかった~!
 とりあえずってだけだが、なんとかなったー!
 けど、ビックバイってなんじゃそりゃ!
 なんでいるんだよ~!!
 しかし2年かー。
 すくねー!!!
 5年くらいありゃ逃げ出す算段がつけられたかもしれんのになー。
 いや、失敗したか。
 10年って言えばよかったか?
 そうすりゃそれが5年になったかもしれん。
 いや、5年から2年。
 うん、十分と考えよう。
 しっかし、こりゃ、気合いれて、帰る方法さがさないと洒落にならん。
 いや、あいつをなんとか止めないと――
 にしても、あんな簡単に帰っちゃっていいのかね?
 いや、マスターにそういうキャラ設定されたから、どうにもならんのか?
 あんなんだったら、うちら4人そろっても「まだそろってませーん」っていえば、
 戦わないで待ってくれるんじゃないか、あの様子じゃ。
 って、いや、最後の門だ!
 あれってもしかして、もしかしなくても、あの魔法か!?
 だったら、いや、まて、結論急ぐな――)


と、一瞬で、キースの頭の中では様々な考えが駆け巡る。
だが、さすがにあまりのことで、すぐに結論は出そうになかった。


「あ――!」


そして、キースは慌てて立ち上がる。
向かったのは、呆然とキースを見ているマリエッタの元へ、だ。


「悪かった。
 完全にとばっちりだよな、ゴメンな」


キースはマリエッタの元へ近寄ると、右手を、マリエッタの両膝の下へと差し込む。
左手は背中を抱えるように抱きかかえて――


「よっこらせっと――」

「あ、あ、あの!?!」


キースはマリエッタを抱きかかえた。
いわゆる、お姫様抱っこ状態である。


「ホ、ホ、ホ、ホ、ホワイトスネイク!?!?」


マリエッタは頬を染めてしまい、発した言葉も呂律が回らない状態だった。


「大変だったろ、いきなりわけわからんことに巻き込まれちゃったもんな。
 そりゃ、混乱するわ。
 雨もずっと降ってたし、熱もありそうだ。
 うし、なら急がないとな」


キースは、マリエッタをゆっくりと地面に立たせるように降ろした。


「あんまりビシっと決まらなかったけど、最低限クリアってことで許してくれ。
 ニエヴェスさんも心配だからな。
 急いで帰るとしよう」
 

キースはマリエッタに笑みを向けた。


「サーペンスアルバスに、な――」








なんだか最後は駆け足になりましたが、とりあえず一区切りです!
やっと少しはストーリーが展開してきたかな、と思います。



少しはかっこいいキースを表現できたでしょうか?
一番影が薄かったと思いますし。



いや、最近はノアの方が影が薄いか……?



登場人物がエライ多くなりました。
空気にさせず、その上で、ちゃんと書き分けができているか不安です。



実は当初は、○○○が○○○るという全く違う展開になる予定でした。
あんまりにもあんまりだったので没!


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.032355070114136