<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

チラシの裏SS投稿掲示板


[広告]


No.13727の一覧
[0] 【習作】 英雄たちのその後って? 【現実→AD&Dっぽい異世界】【チート能力】[ぽんぽん](2013/07/06 08:18)
[1] 01 TRPG[ぽんぽん](2011/01/03 07:02)
[2] 02 現状の確認[ぽんぽん](2011/01/08 18:19)
[3] 03 準備[ぽんぽん](2011/01/15 10:10)
[4] 04 森からの脱出[ぽんぽん](2011/01/30 10:42)
[5] 05 森からの脱出02[ぽんぽん](2011/02/11 08:35)
[6] 06 ウォウズの村[ぽんぽん](2011/03/05 18:23)
[7] 07 夜の酒場[ぽんぽん](2011/03/19 18:09)
[8] 08 魔法[ぽんぽん](2011/03/26 15:54)
[9] 09 治療[ぽんぽん](2009/12/13 09:46)
[10] 10 想い[ぽんぽん](2009/12/13 09:55)
[11] 11 正体[ぽんぽん](2009/12/19 14:04)
[12] 12 黒聖処女[ぽんぽん](2010/02/28 09:03)
[13] 13 葛藤[ぽんぽん](2009/12/27 09:16)
[14] 14 来訪[ぽんぽん](2009/12/30 11:51)
[15] 15 引き渡し[ぽんぽん](2010/01/02 14:51)
[16] 16 旅立ち[ぽんぽん](2010/01/11 12:04)
[17] 17 城下町エドラス[ぽんぽん](2010/01/16 14:11)
[18] 18 戦乙女[ぽんぽん](2010/01/23 16:57)
[19] 19 冒険初心者[ぽんぽん](2010/01/31 11:59)
[20] 20 見極め[ぽんぽん](2010/02/28 09:01)
[21] 21 戦闘[ぽんぽん](2010/02/19 06:00)
[22] 22 ただいま勉強中[ぽんぽん](2010/02/28 11:38)
[23] 23 ハイローニアスの使い[ぽんぽん](2010/03/14 11:45)
[24] 24 依頼[ぽんぽん](2010/04/11 07:59)
[25] 25 地下墳墓(カタコンベ)[ぽんぽん](2010/04/17 09:01)
[26] 26 地下墳墓(カタコンベ)02[ぽんぽん](2010/04/25 18:01)
[27] 27 地下墳墓(カタコンベ)03[ぽんぽん](2010/05/09 10:22)
[28] 28 地下墳墓(カタコンベ)04[ぽんぽん](2010/05/23 10:00)
[29] 29 地下墳墓(カタコンベ)05[ぽんぽん](2010/06/06 10:06)
[30] 30 地下墳墓(カタコンベ)06[ぽんぽん](2010/06/27 17:24)
[31] 31 タエ[ぽんぽん](2011/02/26 04:35)
[32] 32 思い[ぽんぽん](2010/07/18 12:09)
[33] 33 海沿いの街・セーフトン[ぽんぽん](2010/08/01 11:10)
[34] 34 海沿いの街・セーフトン02[ぽんぽん](2010/08/15 12:04)
[35] 35 海沿いの街・セーフトン03[ぽんぽん](2010/08/29 11:00)
[36] 36 戦乙女(ヴァルキュリア)[ぽんぽん](2010/09/26 16:41)
[37] 37 戦乙女(ヴァルキュリア)02[ぽんぽん](2010/10/03 11:24)
[38] 38 戦乙女(ヴァルキュリア)03[ぽんぽん](2010/10/16 20:28)
[39] 39 告白[ぽんぽん](2010/10/31 10:40)
[40] 40 またね[ぽんぽん](2010/11/14 10:23)
[41] 41 白蛇(ホワイトスネイク)[ぽんぽん](2010/11/27 18:26)
[42] 42 サーペンスアルバス[ぽんぽん](2010/12/11 19:27)
[43] 43 日常[ぽんぽん](2011/02/26 04:36)
[44] 44 日常02[ぽんぽん](2011/01/08 18:22)
[45] 45 3ヶ月[ぽんぽん](2011/01/22 18:11)
[46] 46 イル・ベルリオーネ[ぽんぽん](2011/02/26 04:41)
[47] 47 顔合わせ[ぽんぽん](2011/03/19 14:08)
[48] 48 旅の準備[ぽんぽん](2011/03/19 14:09)
[49] 49 ケア・パラベルへ[ぽんぽん](2011/04/09 10:28)
[50] 50 ケア・パラベルへ02[ぽんぽん](2011/04/02 18:00)
[51] 51 ケア・パラベルへ03_カスピアン[ぽんぽん](2011/04/23 17:48)
[52] 52 ケア・パラベルへ04_ソランジュ[ぽんぽん](2011/05/03 17:57)
[53] 53 ラクリモーサ[ぽんぽん](2011/05/14 17:56)
[54] 54 ケア・パラベルへ05_待ち伏せ[ぽんぽん](2011/05/28 17:51)
[55] 55 ケア・パラベルへ06_芽生え[ぽんぽん](2011/06/11 20:15)
[56] 56 旅の少女[ぽんぽん](2011/06/26 07:08)
[57] 57 確信[ぽんぽん](2011/07/16 18:51)
[58] 58 痴漢[ぽんぽん](2011/08/06 07:42)
[59] 59 兄妹[ぽんぽん](2011/08/15 04:15)
[60] 60 強くなるために[ぽんぽん](2011/08/27 16:49)
[61] 61 蠢動[ぽんぽん](2011/09/10 17:52)
[62] 62 開幕[ぽんぽん](2011/10/01 15:44)
[63] 63 前哨戦[ぽんぽん](2011/10/15 17:36)
[64] 64 決意[ぽんぽん](2013/03/02 06:41)
[65] 65 回顧[ぽんぽん](2011/11/19 17:17)
[66] 66 一騎当千[ぽんぽん](2011/12/10 16:57)
[67] 67 一騎当千02[ぽんぽん](2011/12/29 15:53)
[68] 68 想い交錯[ぽんぽん](2012/01/15 12:40)
[69] 69 英雄への想い[ぽんぽん](2012/02/26 07:14)
[70] 70 急転[ぽんぽん](2012/02/26 08:43)
[71] 71 防衛[ぽんぽん](2012/03/10 11:33)
[72] 72 反撃[ぽんぽん](2012/03/31 19:58)
[73] 73 魔王[ぽんぽん](2012/04/21 11:33)
[74] 74 魔王と白蛇[ぽんぽん](2012/05/20 12:37)
[75] 75 チート[ぽんぽん](2012/08/17 11:06)
[76] 76 決着[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[77] 77 黒い悪魔[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[78] 78 黒い悪魔02[ぽんぽん](2013/03/02 06:50)
[79] 79 黒い悪魔03[ぽんぽん](2013/03/02 06:51)
[80] 80 黒い悪魔、白い騎士[ぽんぽん](2012/11/03 10:19)
[81] 81 悪を討つ一撃[ぽんぽん](2013/03/02 06:55)
[82] 82 援軍到着[ぽんぽん](2013/03/02 06:57)
[83] 83 妙子と勇希[ぽんぽん](2013/03/02 06:58)
[84] 84 愛しさ切なさ悲しさ[ぽんぽん](2013/04/29 12:19)
[85] 85 異様過ぎる何かとの遭遇[ぽんぽん](2013/06/23 09:03)
[86] 86 異様過ぎる何かとの遭遇02[ぽんぽん](2013/06/23 09:10)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13727] 07 夜の酒場
Name: ぽんぽん◆d1396e89 ID:9fc8f5b1 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/03/19 18:09

-----------------------------------
007 夜の酒場
-----------------------------------

1階に降りると、いつの間にか店内はお客さんで賑わっています。
鎧を脱ぐのに一生懸命でわかりませんでした。

混み合っている店内で空いている席を探していると、マスターが声をかけてくれました。


「おおノアさんか、ちょっと待っていてくれ。
 すぐに料理出して来るから」

「あ、マスター。ありがとうございます」


わたしはカウンターの席に着くことしました。
周りを見渡すと、みんな本当に楽しそうにお酒を飲んでいました。
一生懸命働いて、全力でお酒を飲んで、大騒ぎです。


「あれ、ギター?」


そんな中で、
少し独特な形をした、ギターのような弦楽器を持った男の人が目につきました。
どうやらこれから演奏しそうな雰囲気!
この世界の音楽を聴けそうです~!

 



あは、不協和音、微妙なコード進行。
よく言えば、前衛的? そ、それともこれが普通なのかなあ?
あんまり上手くないとは思うけど、音色は雰囲気が出てるなー。
音楽って不思議です!


「わたしも、ひさしぶりにピアノ弾きたいなあ」


思わず愚痴ってしまう。
日本にいたときは毎日弾いていたから、なんていうか禁断症状というか。
こっちにピアノってあるのかな?
なんとなく、テーブルの上で指をしばらく動かしてみる。
ショパンのエチュード、イ短調 Op.10-2を弾き終わる頃に料理が運ばれてきました。


「はい、お待たせ。
 今日は煮込んだウサギ肉だ。
 とっても身体が温まる。あと、飲み物はどうする?」

「あ、えと……
 ……うーん……牛乳ってありますか?」


この世界の飲み物がよくわからない。
だから、一番無難な、それでいて変じゃないものを注文してみます。


「はは、開店以来、初のオーダだな」


微笑しながら、マスターは牛乳を出してくれました。





「美味しい!」


ひさしぶりに暖かいご飯!
ホコホコに湯気が立ち上っています。
にんじんや長ネギ、タマネギ、豆とかもいっぱい入ったスープ。
この中に、きつね色ぐらいに油で焼いたモモ肉が入っていました。


「お肉も柔らかいな~、料理できる人ってすごい!」


ちなみに、わたしは料理は得意じゃありません。
前に、おにいちゃんに食べてもらったときの感想――

「俺、なんか乃愛に悪いことした!?」

まじめに作ったのに……
……それ以来、料理は封印中です。
というか、作らせてもらえません。


「お、ノアさん。
 どうだい、料理だけは最高の店だろ?」


ゲイルさんが声をかけてきてくれました。
わたしの横の、カウンター席に腰を下ろします。


「とっても美味しいです。
 どうやってこんな味になるんだろう?」

「ああ、あいつは料理だけは一級品だからな」


自慢げに、ゲイルさんは笑います。
そんなゲイルさんを見たマスターが、すぐにお酒を持って近寄ってきました。


「お、来たか。穀潰し」


きっといつものやり取り、いつもの行動なのでしょう。
ゲイルさんの目の前にお酒を置きます。


「早く俺にも飯、飯。腹減って仕方がねえ」

「俺はお前のお袋じゃねえんだぞ、たく」


ぼやきながら、マスターが裏の厨房へと消えていきます。
きっと、文句を言いながら、でも、ゲイルさんに最高の料理を持ってくるんだろうな。





お腹いっぱい!
今日は気持ちよくベッドで眠れそうです~!

そんなこと思いながら、ゲイルさんに挨拶をして席を立ちます。
けど、ゲイルさんはまだ飲んでいくそうです。
なんでも、夜はこれからが本番とのこと。
自然に生きる狩人らしいというか、豪快だなー。
と、思いつつ、2階の自室に戻るために階段へと向かいます。
そんな時、不自然な方向を向いて食事をしている年配の方が見えました。


「あたた」


なんだか、言葉と表情から露骨に痛そうな状態であることがわかります。
ちょっと気になります。
どこか怪我でもしているのでしょうか?
……
……
余計なお節介かもしれない。
けど、今のわたしなら何か役にたてるかもしれない。
知らない方だけど、うん、話しかけてみよう!


「どうされました、大丈夫ですか?」

「ん、娘さん。見ない顔じゃな?」


ご老人は、ちょっと不思議そうな面持ちでわたしを見つめてきました。
のぞき込むって感じです。
やっぱり、こういった村とかに知らない人がいるから警戒しているかも。


「ええ、今日からこちらの宿にお世話になっているもので。
 ちょっと辛そうにされていたから……
 ……大丈夫ですか?」

「ああ、よく出来た娘さんじゃのう……
 ……どこかのゲイルとかあたり見習ってほしいぐらいじゃ」

「聞こえてるぞ、パケ爺さん」


お酒を持ちながら、ゲイルさんがこちらのテーブルにやってきました。


「耳だけはいいのう」

「耳の悪い狩人なんぞいるか」

「耳が良くても、口と頭と性格と顔が悪くてはのう……
 ……あたたた……」


お爺さんはパケさん。
みんなからは、パケ爺さんと呼ばれているそうだ。
この[ウォウズの村]の村長さんらしいです。


「大丈夫ですか?」

「いや、何、ちと寝違えての、あたた……
 ……朝から痛みがずっととれん」

「んなの、飲んで寝ちまえば治るぞ、おーい2杯追加-」


ゲイルさんは大きな声で、指を2本掲げます。
遠くからマスターの、「おー」という声が聞こえてきました。


「確かにゲイルさんなら、それで治りそうですけどね」


でも、寝違えるって、かなりきついんだよね。
行動にも結構制限されちゃうし。


「ちょっと失礼しますね」

「娘さん?」


頭の中で行うべきことが見えてくる――


「ちょっとの間だけ、椅子に深く座って背筋を伸ばしてくださいね」


お爺さんの座っている椅子の真後ろに、わたしは移動しました。
身体が自然と動きます。


「痛いのは右側ですよね?」

「ああ、右を向こうとすると痛くて痛くての……
 ……あたた」


わたしはおじいさんの右手首を持ちます。
痛くない位置まで、手首を後ろに引き上げていく。
その位置でしばらく止めました。


「娘さん、わし痛いのは首なんじゃが……?」

「あは、もう少しだけ付き合ってくださいね」


今度は左手でおじいさんの右手の甲を支えます。
そのまま右手で肘を前から後ろへ軽く引く。
そして、このまましばらく制止っと――
……
……
……うん、もういいかな?


「はい、おしまいです」

「わしが痛いのは首じゃぞ?
 手を動かしただけで、何も、って……おや?」

「どうした爺さん? とうとうボケたか?」


いつの間にか2杯来ていたお酒。
ちなみに2杯目を飲みながら、ゲイルさんはこちらを伺ってきました。
2杯目は、パケさんのじゃなかったの?


「い、痛くない!
 いや、少しは痛みもあるんじゃが……
 全然違うぞぃ!?」

「あは、よかったです」


寝違えって、脇の下の神経の圧迫が原因。
[治療]スキルは本当に助かります、自分に対しても人に対しても有益だもんね!


「はい、後はっと――」


腰のポーチから、わたしはすり潰したヤブガラシを取り出します。


「ちょっと冷たいかもしれないです」


ヤブガラシを、パケお爺さんの首になでるように塗ります。


「おお……気持ちいいのお……」

「はい、スースーして気が紛れると思います。
 これで明日には完治していると思いますよ」

「娘さん、若いのにすごいの!」


パケお爺さんはわたしの両手をとって、ぶんぶんと上下に振ってくれました。
……よかった、喜んでくれて!


「へー、ただもんじゃないとは思ったけど。
 ノアさんは[薬草使い(ハーバリスト)]だったのか?」

「[薬草使い(ハーバリスト)]ですか?
 んー、そういうのは意識したことありません。
 けど、薬草とか、人の治療とかには詳しいんですよ」


ゲーム中の一般技能で[治療]と[薬草学]の両方のスキルを覚えていてよかった!
この2つを覚えると、体力の回復なんかにボーナスがプラスになるんだけど、
今、まさにその恩恵を実感です!


「礼を言わせてくれ、娘さん。本当に助かったわい!」


何度も何度も、お礼を言われてしまいました。
なんだかこちらが恥ずかしくなってしまいます。

でも。
思い切って声をかけて良かったと思います。
本当に、本当に今日は気持ち良く眠れそうです!







話の展開が亀のように遅いです。
早く他のキャラクターを出したいな。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.056073188781738