<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

チラシの裏SS投稿掲示板


[広告]


No.13727の一覧
[0] 【習作】 英雄たちのその後って? 【現実→AD&Dっぽい異世界】【チート能力】[ぽんぽん](2013/07/06 08:18)
[1] 01 TRPG[ぽんぽん](2011/01/03 07:02)
[2] 02 現状の確認[ぽんぽん](2011/01/08 18:19)
[3] 03 準備[ぽんぽん](2011/01/15 10:10)
[4] 04 森からの脱出[ぽんぽん](2011/01/30 10:42)
[5] 05 森からの脱出02[ぽんぽん](2011/02/11 08:35)
[6] 06 ウォウズの村[ぽんぽん](2011/03/05 18:23)
[7] 07 夜の酒場[ぽんぽん](2011/03/19 18:09)
[8] 08 魔法[ぽんぽん](2011/03/26 15:54)
[9] 09 治療[ぽんぽん](2009/12/13 09:46)
[10] 10 想い[ぽんぽん](2009/12/13 09:55)
[11] 11 正体[ぽんぽん](2009/12/19 14:04)
[12] 12 黒聖処女[ぽんぽん](2010/02/28 09:03)
[13] 13 葛藤[ぽんぽん](2009/12/27 09:16)
[14] 14 来訪[ぽんぽん](2009/12/30 11:51)
[15] 15 引き渡し[ぽんぽん](2010/01/02 14:51)
[16] 16 旅立ち[ぽんぽん](2010/01/11 12:04)
[17] 17 城下町エドラス[ぽんぽん](2010/01/16 14:11)
[18] 18 戦乙女[ぽんぽん](2010/01/23 16:57)
[19] 19 冒険初心者[ぽんぽん](2010/01/31 11:59)
[20] 20 見極め[ぽんぽん](2010/02/28 09:01)
[21] 21 戦闘[ぽんぽん](2010/02/19 06:00)
[22] 22 ただいま勉強中[ぽんぽん](2010/02/28 11:38)
[23] 23 ハイローニアスの使い[ぽんぽん](2010/03/14 11:45)
[24] 24 依頼[ぽんぽん](2010/04/11 07:59)
[25] 25 地下墳墓(カタコンベ)[ぽんぽん](2010/04/17 09:01)
[26] 26 地下墳墓(カタコンベ)02[ぽんぽん](2010/04/25 18:01)
[27] 27 地下墳墓(カタコンベ)03[ぽんぽん](2010/05/09 10:22)
[28] 28 地下墳墓(カタコンベ)04[ぽんぽん](2010/05/23 10:00)
[29] 29 地下墳墓(カタコンベ)05[ぽんぽん](2010/06/06 10:06)
[30] 30 地下墳墓(カタコンベ)06[ぽんぽん](2010/06/27 17:24)
[31] 31 タエ[ぽんぽん](2011/02/26 04:35)
[32] 32 思い[ぽんぽん](2010/07/18 12:09)
[33] 33 海沿いの街・セーフトン[ぽんぽん](2010/08/01 11:10)
[34] 34 海沿いの街・セーフトン02[ぽんぽん](2010/08/15 12:04)
[35] 35 海沿いの街・セーフトン03[ぽんぽん](2010/08/29 11:00)
[36] 36 戦乙女(ヴァルキュリア)[ぽんぽん](2010/09/26 16:41)
[37] 37 戦乙女(ヴァルキュリア)02[ぽんぽん](2010/10/03 11:24)
[38] 38 戦乙女(ヴァルキュリア)03[ぽんぽん](2010/10/16 20:28)
[39] 39 告白[ぽんぽん](2010/10/31 10:40)
[40] 40 またね[ぽんぽん](2010/11/14 10:23)
[41] 41 白蛇(ホワイトスネイク)[ぽんぽん](2010/11/27 18:26)
[42] 42 サーペンスアルバス[ぽんぽん](2010/12/11 19:27)
[43] 43 日常[ぽんぽん](2011/02/26 04:36)
[44] 44 日常02[ぽんぽん](2011/01/08 18:22)
[45] 45 3ヶ月[ぽんぽん](2011/01/22 18:11)
[46] 46 イル・ベルリオーネ[ぽんぽん](2011/02/26 04:41)
[47] 47 顔合わせ[ぽんぽん](2011/03/19 14:08)
[48] 48 旅の準備[ぽんぽん](2011/03/19 14:09)
[49] 49 ケア・パラベルへ[ぽんぽん](2011/04/09 10:28)
[50] 50 ケア・パラベルへ02[ぽんぽん](2011/04/02 18:00)
[51] 51 ケア・パラベルへ03_カスピアン[ぽんぽん](2011/04/23 17:48)
[52] 52 ケア・パラベルへ04_ソランジュ[ぽんぽん](2011/05/03 17:57)
[53] 53 ラクリモーサ[ぽんぽん](2011/05/14 17:56)
[54] 54 ケア・パラベルへ05_待ち伏せ[ぽんぽん](2011/05/28 17:51)
[55] 55 ケア・パラベルへ06_芽生え[ぽんぽん](2011/06/11 20:15)
[56] 56 旅の少女[ぽんぽん](2011/06/26 07:08)
[57] 57 確信[ぽんぽん](2011/07/16 18:51)
[58] 58 痴漢[ぽんぽん](2011/08/06 07:42)
[59] 59 兄妹[ぽんぽん](2011/08/15 04:15)
[60] 60 強くなるために[ぽんぽん](2011/08/27 16:49)
[61] 61 蠢動[ぽんぽん](2011/09/10 17:52)
[62] 62 開幕[ぽんぽん](2011/10/01 15:44)
[63] 63 前哨戦[ぽんぽん](2011/10/15 17:36)
[64] 64 決意[ぽんぽん](2013/03/02 06:41)
[65] 65 回顧[ぽんぽん](2011/11/19 17:17)
[66] 66 一騎当千[ぽんぽん](2011/12/10 16:57)
[67] 67 一騎当千02[ぽんぽん](2011/12/29 15:53)
[68] 68 想い交錯[ぽんぽん](2012/01/15 12:40)
[69] 69 英雄への想い[ぽんぽん](2012/02/26 07:14)
[70] 70 急転[ぽんぽん](2012/02/26 08:43)
[71] 71 防衛[ぽんぽん](2012/03/10 11:33)
[72] 72 反撃[ぽんぽん](2012/03/31 19:58)
[73] 73 魔王[ぽんぽん](2012/04/21 11:33)
[74] 74 魔王と白蛇[ぽんぽん](2012/05/20 12:37)
[75] 75 チート[ぽんぽん](2012/08/17 11:06)
[76] 76 決着[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[77] 77 黒い悪魔[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[78] 78 黒い悪魔02[ぽんぽん](2013/03/02 06:50)
[79] 79 黒い悪魔03[ぽんぽん](2013/03/02 06:51)
[80] 80 黒い悪魔、白い騎士[ぽんぽん](2012/11/03 10:19)
[81] 81 悪を討つ一撃[ぽんぽん](2013/03/02 06:55)
[82] 82 援軍到着[ぽんぽん](2013/03/02 06:57)
[83] 83 妙子と勇希[ぽんぽん](2013/03/02 06:58)
[84] 84 愛しさ切なさ悲しさ[ぽんぽん](2013/04/29 12:19)
[85] 85 異様過ぎる何かとの遭遇[ぽんぽん](2013/06/23 09:03)
[86] 86 異様過ぎる何かとの遭遇02[ぽんぽん](2013/06/23 09:10)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13727] 06 ウォウズの村
Name: ぽんぽん◆d1396e89 ID:9fc8f5b1 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/03/05 18:23
[ウォウズの村]は川沿いに作られていた。
村人が住んでいる住宅は木々で造られており、何十棟かはありそうだった。
周囲には川が走っており、向こう岸は[ドルーアダンの森]。
一方の、森側では無い地域には田畑が広がっている。
自然と調和している村だった。

そんな[ウォウズの村]に到着して、
ゲイルさんに、宿屋まで連れて行っていただくことになりました。


「わあ、人がいっぱい!」


人々が行き交っており楽しそうな話し声や、商売をしている人の声が耳に入ってきます。
興奮気味なわたしに、ゲイルさんが苦笑されました。


「おいおいノアさん。 
 [ウォウズの村]でそんなこと言うなんてなあ。
 今までどこに住んでたんだ?
 そんなんじゃ[城下町エドラス]辺りまで言ったら腰ぬかすぜ?」

「え、えと、しばらく森で暮らしていたんです。
 ひさしぶりにたくさんの人を見て、
 ホッとしたというかテンションあがったというか……」

「森? どうして森なんかに?
 [魔術師ビッグバイ]が倒されて、モンスターが減ったとはいえなあ。
 ゴブリンなんかのモンスターがいねえわけじゃないんだ。
 無理はしちゃなんねえよ」

「[魔術師ビッグバイ]!
 それって、あの、魔法使いでモンスターまで操った!?」

「おぅ、もしかしたら、森で暮らしてたからノアさん知らないのか?
 モンスターどもの親玉だった[魔術師ビッグバイ]が冒険者に退治されたんだぜ」

「あ、あはは、そ、そうだったんですか」

「おいおい、この大陸中の子供でも知ってるぞ。
 頭悪い俺だって知ってる、そりゃ、ちとやばいぞノアさん」

「あぅ、あはは……
 知らないというか、よく知っているというか……」


[魔術師ビッグバイ]
ものすごく知っています、はい。

退治した冒険者って、わたしたちのパーティですもん。

あれは惨かった。
配下に[ブラックドラゴン]がいたんでですよ!
他にもたくさんのモンスターを操って、たどりつくのにも必死でした。

で、[魔術師ビッグバイ]自身もさらにすごかった。
ウィザード・スペルLV8やLV9の呪文連発!
攻撃呪文は「容赦がない」の一言に尽きます……



-----------------------------------
・[ビックバイズ・クレンチド・フィスト【魔術師ビックバイの戦う手】] LV8スペル
実態の無い大きな手(こぶし)を作りだす呪文。
手は自動的に攻撃を行い、命中判定に失敗は無い。手のAC(防御力)は0。
hp(ヒットポイント)は使い手の最大hpが適用される。

・[ビックバイズ・クラッシング・ハンド【魔術師ビックバイの破壊の手】]LV9スペル
実態の無い大きな手を作りだす呪文。
命中判定に失敗は無い。
この手に捕まれたものは締め付けによるダメージを受け続ける。
-----------------------------------


あの戦いは本当にギリギリでした。
何回も祈りながらST判定(セービングスロー)のダイス(さいころ)を振ったよ~!


-----------------------------------
・[ST判定(セービングスロー)]
攻撃に対してダイス(さいころ)を振って、回避の如何を決定するもの。
これは受けるダメージを軽減するために使用されることもある。
-----------------------------------


「ま、そこらの話は、酒場でへたくそな詩人が歌って教えてくれるさ!
 そいつらに、その辺りは聞けばいいってやつよ。
 とりあえず[ウォウズの村]唯一の宿屋はここさ」


ゲイルさんが指さした建物。
[森の木陰亭]と書かれた木製看板が垂れ下がっていました。





-----------------------------------
006 ウォウズの村
-----------------------------------

よく西部劇なんかで見るあれ。
押すと「ぎぃ」となる扉の出来損ないみたいなやつ。
あれなんの意味があるんだろ?
そんなことを考えつつ、ソレを押して[森の木陰亭]に入りました。


「ここは1階が食堂になってる。
 この村のみんな、夜になるとよくここへ来て飲むんだよなあ。
 だから酒場かねえ?
 で、2階が宿屋ってわけだ」


午後の早い時間だったためだと思う。
1階の食堂エリアには、今、お客さんはいませんでした。


「おーい、感謝しろ! 客をつれて来てやったぞ」


ゲイルさんがカウンター席に乗り出して、奥の方に声をかける。


「うるさいぞ、全く! 何事だ!
 感謝してほしかったら、まず、てめえのツケをはらいやがれ、ぼけ」


奥から、これまた、ゲイルさんと同じような感じの低い声が帰ってきた。


「ほっとけ、いずれ倍にして返してやるってんだ」

「んな台詞、一度でも返してから言うもんだ」


奥からは前掛けエプロンをした、もっさもっさの髭をもった男性がやってきた。


「ほれ」


髭の男性はゲイルさんにビール? みたいな物を差し出した。
ゲイルさんはそれを一気に飲み干します。


「ふぅ、マスターの性格は終わってるけど。
 酒はうめえなあ……ほらよっと」


ゲイルさんの方は、4匹ほどのウサギをカウンターに置きました。


「ふん、良い獲物だな。
 狩人の性格は終わってるけどな」


髭のご主人は、ウサギを見て、満足げな笑みを浮かべています。

このやりとりっていつものことなのかな?
なんかお互いに慣れた感じがします。


「旅の娘さん、ノアさんってんだ。
 俺の逃げた馬を押さえてくれてな、宿代、特価で頼むぜ」


ゲイルさんに紹介されて、わたしもカウンター席に近寄っていく。


「こんにちは、ノアです。
 しばらく滞在させていただきたいと思ってます。
 よろしくお願いいたします」


わたしは丁寧な挨拶を心がける。
やっぱり第一印象って大切だよね!

お店のご主人が、ちょっと慌てたように髪の毛をかきむしりました。


「……あ、ああ。
 す、すまねえな。ちょっとぼーっとしちまった。
 で、でもよ、いいのかい?
 あ、あんたみたいな娘さんが落ち着けるような宿じゃねえと思うけど……」

「なに照れてんだよ」

「う、うるせえ! てめーは酒でも飲んでおとなしくしてろ」


あは、やっぱりこの二人は良いコンビだ。
親友同士なのかな?


「雨と風がしのげれば、それだけで快適です」


わたしは二人のやりとりを見ながら、頭を下げてお願いしました。





とりあえずは、1週間ほど、こちらに泊まらせていただくことにしました。
代金は9sp(シルバー)でした。大分、安くしてくれたと思います。

案内された部屋もとっても清潔でした。
華美なものは一切ないけれども、きれいに手入れされているのが一目でわかるぐらい。
全然不満なんて無いよ~!
それにもう、今のわたしはベッドがあるだけで大満足ですよ、ええ!

また、今日の夕飯はゲイルさんが採ってくれたウサギ料理とのことです。
腕によりをかけてくれるっていう。すごい楽しみ!
ゲイルさんも、夜になったらまた来ると言っていました。

そんな夕飯までには、後、2時間ぐらいとお店のご主人がおっしゃっていました。

微妙な時間が空いたので、わたしは荷物の整理をすることにしました。
これは早いところやっておかないとね!





「やっぱり武器は槍だよね~!」


なんでわたしのメインウェポンが槍になったのか。
はい、それはLVが1の時に、一番安くて攻撃力があった武器だからです。

わたしは4次元バックパックから長槍[グングニル]を取り出しました。

この[グングニル]の柄はとねりこの木だったはず。
確かこれはイグドラシル(世界樹)から切り取ったっていう伝説があったと思います。
そんな槍の先端は、凍えそうな程に冷たく銀色に光り輝いていました。
また、ルーン文字も埋め込まれていました。


「えーと、Dahmsdorf, Φvre Stabu, Wurmlingen……」


[攻撃する者][疾駆する者]「試す者]……などなどの意味だった。
なんか普通に読めちゃいました。
また、一番最後の単語には[ノア]という私の名前が刻まれています。


「このルーン文字の名前で、投げてもわたしに戻ってくれるのかな?」


わたしはぎゅっと[グングニル]を握りしめる。
体内から力と自身がわき上がってきます。


「わたしの一番の相棒だもんね、これからよろしくね」


わたしは[グングニル]を綺麗に磨くことにしました。
マジックアイテムである[グングニル]にはホコリや汚れなんて全くありません。
でも、なんとなく、わたしは磨きたくなったのだ。



-----------------------------------
◇[グングニル]

武器:スピア
特性
・レジェンダリィ・ウェポン[伝説的な武器]
・インペイリング・ウェポン[貫通する武器]
・ピアシング・ウェポン[貫く武器]
 
パワー
・グングニルは投じると何者もかわすことができず、敵を貫いた後は持ち手のもと戻る[無限回]

-----------------------------------



「えーと、次はあの鎧を確認っと」


次に、わたしのメイン防具であるアーマーを取り出しました。
出した瞬間に、なんか周囲の空気が変わった気がします……
……
……あぅ。

見れば見るほど、真っ黒な鎧です。
星の無い夜のような黒い水晶でした。
恐ろしく手をかけて装飾されているのですが、それはまるで他の鎧を嘲笑うかのようです。


「うはー、ものすごい魔力を感じるよー」


もう、なんか存在が圧倒的です。
ん? あれこれも文字が書いてある?
 

「えーと「魂も宿らぬ骸、骸、我が許へ……」……うう、何これ、こわ!」


その瞬間でした。
黒い水晶の鎧が、真っ黒な光を放つ――!


「きゃっ! こ、これってば……」


自分を見ると、あっという間に鎧を装備しておりました。
手には[グングニル]。
もう、いつでも戦える状態ですよ、今!?!?


「び、びっくりしたあ。
 そうだ、この鎧ってば[サモンド・アーマー]だったんだ」


ゲーム中ではさすがに、鎧や服装の頻繁な脱着までは細かく行いませんでした。
おかげですっかり忘れていました。

[サモンド・アーマー]は異次元空間に隠すことができる効果があります。
そして、どんな場所、どんな未来でも、鎧を着ていなければ一瞬でこの通り。


「これって、不意打ちなんか受けたときに便利だなー」


がっちゃんがっちゃん音を鳴らしながら、少し動いてみる。


「でも、夜とかに子供とかが見たらトラウマになるよ、この格好……」


なんだか日曜日にテレビでやっていた仮面ライダーみたい。
あっという間にこんな格好なんて。
まあ、正義の味方じゃなくて、悪役の方ですけど。


「はあ、とりあえず鎧脱ご……」


後で異次元に返す時のコマンドワード探さなきゃ!
もう、最初にそっちが見つかれば良かったのに。

一人でプレートメイル脱ぐなんて、ものすごく大変なんだから~!





40分ぐらいかけて、ようやく脱ぎ終わりました……



-----------------------------------
◇[ヴォイドクリスタル・ラフィング・デス・アーマー(虚無水晶の嘲笑う死の鎧)

特性
・鎧の着用者は、逆らう死霊たちに対してねじれた黒い圧倒的な力を持つ。
・敵が使用してきた武器の攻撃力を半減させる。

パワー
・鎧を異次元に隠すことができる。[無限回]

-----------------------------------








男は愛嬌、女は度胸。
そんなキャラクターが大好きです。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.035502910614014