チラシの裏SS投稿掲示板




No.13727の一覧
[0] 【習作】 英雄たちのその後って? 【現実→AD&Dっぽい異世界】【チート能力】[ぽんぽん](2013/07/06 08:18)
[1] 01 TRPG[ぽんぽん](2011/01/03 07:02)
[2] 02 現状の確認[ぽんぽん](2011/01/08 18:19)
[3] 03 準備[ぽんぽん](2011/01/15 10:10)
[4] 04 森からの脱出[ぽんぽん](2011/01/30 10:42)
[5] 05 森からの脱出02[ぽんぽん](2011/02/11 08:35)
[6] 06 ウォウズの村[ぽんぽん](2011/03/05 18:23)
[7] 07 夜の酒場[ぽんぽん](2011/03/19 18:09)
[8] 08 魔法[ぽんぽん](2011/03/26 15:54)
[9] 09 治療[ぽんぽん](2009/12/13 09:46)
[10] 10 想い[ぽんぽん](2009/12/13 09:55)
[11] 11 正体[ぽんぽん](2009/12/19 14:04)
[12] 12 黒聖処女[ぽんぽん](2010/02/28 09:03)
[13] 13 葛藤[ぽんぽん](2009/12/27 09:16)
[14] 14 来訪[ぽんぽん](2009/12/30 11:51)
[15] 15 引き渡し[ぽんぽん](2010/01/02 14:51)
[16] 16 旅立ち[ぽんぽん](2010/01/11 12:04)
[17] 17 城下町エドラス[ぽんぽん](2010/01/16 14:11)
[18] 18 戦乙女[ぽんぽん](2010/01/23 16:57)
[19] 19 冒険初心者[ぽんぽん](2010/01/31 11:59)
[20] 20 見極め[ぽんぽん](2010/02/28 09:01)
[21] 21 戦闘[ぽんぽん](2010/02/19 06:00)
[22] 22 ただいま勉強中[ぽんぽん](2010/02/28 11:38)
[23] 23 ハイローニアスの使い[ぽんぽん](2010/03/14 11:45)
[24] 24 依頼[ぽんぽん](2010/04/11 07:59)
[25] 25 地下墳墓(カタコンベ)[ぽんぽん](2010/04/17 09:01)
[26] 26 地下墳墓(カタコンベ)02[ぽんぽん](2010/04/25 18:01)
[27] 27 地下墳墓(カタコンベ)03[ぽんぽん](2010/05/09 10:22)
[28] 28 地下墳墓(カタコンベ)04[ぽんぽん](2010/05/23 10:00)
[29] 29 地下墳墓(カタコンベ)05[ぽんぽん](2010/06/06 10:06)
[30] 30 地下墳墓(カタコンベ)06[ぽんぽん](2010/06/27 17:24)
[31] 31 タエ[ぽんぽん](2011/02/26 04:35)
[32] 32 思い[ぽんぽん](2010/07/18 12:09)
[33] 33 海沿いの街・セーフトン[ぽんぽん](2010/08/01 11:10)
[34] 34 海沿いの街・セーフトン02[ぽんぽん](2010/08/15 12:04)
[35] 35 海沿いの街・セーフトン03[ぽんぽん](2010/08/29 11:00)
[36] 36 戦乙女(ヴァルキュリア)[ぽんぽん](2010/09/26 16:41)
[37] 37 戦乙女(ヴァルキュリア)02[ぽんぽん](2010/10/03 11:24)
[38] 38 戦乙女(ヴァルキュリア)03[ぽんぽん](2010/10/16 20:28)
[39] 39 告白[ぽんぽん](2010/10/31 10:40)
[40] 40 またね[ぽんぽん](2010/11/14 10:23)
[41] 41 白蛇(ホワイトスネイク)[ぽんぽん](2010/11/27 18:26)
[42] 42 サーペンスアルバス[ぽんぽん](2010/12/11 19:27)
[43] 43 日常[ぽんぽん](2011/02/26 04:36)
[44] 44 日常02[ぽんぽん](2011/01/08 18:22)
[45] 45 3ヶ月[ぽんぽん](2011/01/22 18:11)
[46] 46 イル・ベルリオーネ[ぽんぽん](2011/02/26 04:41)
[47] 47 顔合わせ[ぽんぽん](2011/03/19 14:08)
[48] 48 旅の準備[ぽんぽん](2011/03/19 14:09)
[49] 49 ケア・パラベルへ[ぽんぽん](2011/04/09 10:28)
[50] 50 ケア・パラベルへ02[ぽんぽん](2011/04/02 18:00)
[51] 51 ケア・パラベルへ03_カスピアン[ぽんぽん](2011/04/23 17:48)
[52] 52 ケア・パラベルへ04_ソランジュ[ぽんぽん](2011/05/03 17:57)
[53] 53 ラクリモーサ[ぽんぽん](2011/05/14 17:56)
[54] 54 ケア・パラベルへ05_待ち伏せ[ぽんぽん](2011/05/28 17:51)
[55] 55 ケア・パラベルへ06_芽生え[ぽんぽん](2011/06/11 20:15)
[56] 56 旅の少女[ぽんぽん](2011/06/26 07:08)
[57] 57 確信[ぽんぽん](2011/07/16 18:51)
[58] 58 痴漢[ぽんぽん](2011/08/06 07:42)
[59] 59 兄妹[ぽんぽん](2011/08/15 04:15)
[60] 60 強くなるために[ぽんぽん](2011/08/27 16:49)
[61] 61 蠢動[ぽんぽん](2011/09/10 17:52)
[62] 62 開幕[ぽんぽん](2011/10/01 15:44)
[63] 63 前哨戦[ぽんぽん](2011/10/15 17:36)
[64] 64 決意[ぽんぽん](2013/03/02 06:41)
[65] 65 回顧[ぽんぽん](2011/11/19 17:17)
[66] 66 一騎当千[ぽんぽん](2011/12/10 16:57)
[67] 67 一騎当千02[ぽんぽん](2011/12/29 15:53)
[68] 68 想い交錯[ぽんぽん](2012/01/15 12:40)
[69] 69 英雄への想い[ぽんぽん](2012/02/26 07:14)
[70] 70 急転[ぽんぽん](2012/02/26 08:43)
[71] 71 防衛[ぽんぽん](2012/03/10 11:33)
[72] 72 反撃[ぽんぽん](2012/03/31 19:58)
[73] 73 魔王[ぽんぽん](2012/04/21 11:33)
[74] 74 魔王と白蛇[ぽんぽん](2012/05/20 12:37)
[75] 75 チート[ぽんぽん](2012/08/17 11:06)
[76] 76 決着[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[77] 77 黒い悪魔[ぽんぽん](2012/08/17 11:09)
[78] 78 黒い悪魔02[ぽんぽん](2013/03/02 06:50)
[79] 79 黒い悪魔03[ぽんぽん](2013/03/02 06:51)
[80] 80 黒い悪魔、白い騎士[ぽんぽん](2012/11/03 10:19)
[81] 81 悪を討つ一撃[ぽんぽん](2013/03/02 06:55)
[82] 82 援軍到着[ぽんぽん](2013/03/02 06:57)
[83] 83 妙子と勇希[ぽんぽん](2013/03/02 06:58)
[84] 84 愛しさ切なさ悲しさ[ぽんぽん](2013/04/29 12:19)
[85] 85 異様過ぎる何かとの遭遇[ぽんぽん](2013/06/23 09:03)
[86] 86 異様過ぎる何かとの遭遇02[ぽんぽん](2013/06/23 09:10)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13727] 38 戦乙女(ヴァルキュリア)03
Name: ぽんぽん◆d1396e89 ID:9fc8f5b1 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/10/16 20:28
「これでも長く生きておるのでの。
 魔法にはこちらに分があったか。
 ひひ、[戦乙女(ヴァルキュリア)]、次は何を見せてくれる?
 さあ、次じゃ。
 早く、早く、早く!
 ひひひ、ひひひ、ひひひ……!」


でっぷりとしたお腹を撫でながら、レンブランは立ち上がる。


「このまま兵士達に逆らえず、蹂躙され、嬲られ、死んでしまうのかのう?
 ひひひ。
 それは、それで一興。
 女、子供に生涯消えぬ悪夢を見せてあげられることでしょう……ひひひ。
 それとも、パラディン(聖騎士)が弱者である兵士をひねり潰す?
 ああ、なんて我ながらよいアイディアなのでしょう。
 ひひひ、イきなさい兵士諸君……」


聞くと吐き気がこみ上げてくるようなレンブランの不快な声。
それは、またも兵士だけではなく、[公開処刑場]にいる全ての人々の耳に飛び込んだ。


「ひひひ」


指示を出し終えたレンブランは、でっぷりとした身体を椅子にゆだねた。


「いけません。
 レンブランさんの口調ではなく、素の私が出てしまいそうです。
 これも全てあなたがいけないのですよ、戦乙女。
 あなたが魅力的すぎるから、ひひひ……」






-----------------------------------
038 戦乙女(ヴァルキュリア)03
-----------------------------------

兵士達の雄叫び。
数え切れないぐらいの長槍(パイク)の矛先。
それは、まるで津波と形容するに相応しい光景だった。

津波のような攻撃が、今にも襲いかかろうとしている状況。
タエは凜とした姿勢を崩さずに対峙していた。

タエは、今回の事件の元凶と思われるレンブランへ一瞬だが視線を向ける。
すると、はっきりと目があった。
レンブランの表情は明らかに[勝者]、つまり、上から目線でこちらを見ているのがわかった。


「どこまでテンプレな悪代官なの。
 東野英治郎版の水戸黄門もびっくりってもんよ。
 ったく、このまま、やすやす問屋が卸すなんて思わないでよね――」
 

タエは遠くにいるレンブランに対して、剣の切っ先を向けて宣言する。


「パラディン(聖騎士)って地味よね。
 みんなファイター(戦士)を選ぶから仕方が無いと思うけど。
 良い機会だから教えてあげるわ」


妙子は「D&D」で遊ぶために、自身のキャラクターを作っていた頃を思い出す。
勇希やダンジョンマスターから、「パラディン(聖騎士)って微妙じゃない?」などと言われていたのだ。
確かに攻撃力や命中率は、生粋のファイター(戦士)の方が上だ。
呪文に関しても、当然、僧侶(プリースト)には及ばない。
それに加えて、パラディン(聖騎士)には厳しい多くの縛りもある。

だがそれを踏まえても、妙子はパラディン(聖騎士)の[ある2つの特殊能力]に惹かれた。
これがあるから、妙子は自身のキャラクターにパラディン(聖騎士)を選んだのだ。


「呪文だけじゃない。
 パラディン(聖騎士)には、まだその先があるってことを――!」
 

[ファースレイヤー・ホーリーブレード(彼方狩る聖なる剣)]を、タエは大空に向けて掲げる。


「ひかりに歩め、さらば深き
 ひかりに歩め、さらば暗き
 ひかりに歩め、さらばまた
 ひかりに歩め、さらば墓よ
 銀光、吼猛ける獅子
 架空の希望を許すまじ――」


絶対零度を想起させる銀の刃から、まばゆいばかりの[光輝]が発せられる。
[光輝]はノーマルマン(一般人)でも確認できる程、圧倒的なものだった。
それは兵士のみならず、セーフトンの街の人々、そしてレンブランまでも届く。


「取っておきよ。見て、せいぜい驚きなさい。
 今回、お代は入らないわ――!」


タエは[ファースレイヤー・ホーリーブレード(彼方狩る聖なる剣)]を、何もない空間に向かって強烈に切り下げる。


「消えて、無くなれえぇぇ!」


刃に纏った光が、タエを中心として煌々と一面を輝き照らした。





「あ、あれ……? 俺、こんなところで何を?」

「わ、俺の長槍の穂先が無え~!?」

「うぉ、お、俺もだ、アレアレ???」


レンブランに仕えていた兵士達は戸惑っていた。
今まで何をしていたかが、誰もわかっていないのだ。
お互いが、横にいる兵士に向かって状況を確認している。

これには、処刑を見学に来させられていた住民達も驚くだけだった。
先程まで怒号を上げて戦闘を行っていた兵士達が、急におろおろし始めたのだから。


「どう、パラディン(聖騎士)も中々やるでしょ?」


正気に戻ったと思われる兵士を見て、さすがのタエも一息を付く
だが、それも一瞬。
[ファースレイヤー・ホーリーブレード(彼方狩る聖なる剣)]の切っ先を、遠くにいるレンブランに向ける。


「でも、まだまだ終らないわよ」


腰を屈めて、タエは[ゼファー・ブーツ(風のブーツ)]へ力を集中させる。


「せーのっとぉ!」


青白く光りを発する[ゼファー・ブーツ(風のブーツ)]で、タエは石畳を思い切り蹴る。
「ドンッ」と音を立てた刹那、タエは目にも止まらない早さで[跳躍]した。



-----------------------------------
・[ニュートラライズマジック] 

ホーリーソードを使用しているパラディン(聖騎士)はオーラを発生させる。
この能力は抜刀時にのみ発揮される。
[ニュートラライズマジック]は、パラディン(聖騎士)のレベルと同レベルの敵対的な魔法を中和してしまう。

※ホーリーソードは極めて特殊なウェポンである。

-----------------------------------





レンブランは太った身体を「ブルブル」と振るわしていた。
今までの自分の認識では、思いもしない光景を見たことによる興奮から来ていた。


「ひひ、ひひひ、[戦乙女(ヴァルキュリア)]ぁ……!
 [アストラル海のエネルギー]を呼び出しおった!
 ことこどく、一瞬で、全てのワシの魔法が砕け散った!
 ……
 街と人、全ての魔法が……!
 ひひひ、ひひひ……!
 不条理な力。それが[英雄]の条件……!
 ひひひ。
 だが、だからこそ。
 だからこそ、ヌシを――」

「だから私を、何なのかしら――?」

「……ひひひ、いささか下品じゃないかのう。
 勝手な来訪というのは……ひひ」


レンブランはゆっくりとした動作で、声がする背後に振り返る。
そこには、いつの間にか[戦乙女]が立っていた。


「ミッチェルをあんな目に遭わせた人に、そんなこと言われたくないんだけど」

「ひひひ、それはそれはスマヌのう。
 でも、本当に会えて嬉しいぞ。
 ひひひ。
 あああ、タマラぬ。
 処女雪のような肌、その光輝く金の髪、人々に力を与える瞳!
 ひひひ。
 ああ、全てが、ひひひ、全てが愛おしい。
 のう、[戦乙女(ヴァルキュリア)]ブリュンヒルデ・ヴォルズング」

「……初対面だと思うんだけど
 呼び捨てされるような間柄だったかしら?」


タエは[ファースレイヤー・ホーリーブレード(彼方狩る聖なる剣)]を構え直す。
警戒のレベルを上げる必要を感じたからだ。

これまでの旅で、タエは[ブリュンヒルデ・ヴォルズング]の強さを、自身の経験で知っている。
また、この世界にすむ人々からの[英雄]に対する畏敬の念も、だ。
だがこの目の前の男は、[戦乙女(ヴァルキュリア)]ブリュンヒルデ・ヴォルズングと知っている。
その上で、このような言動をしているのだ。
加えて、タエの特殊技能[ディティクト・イービル【邪悪探知】] に凶悪なレベルの反応を示している。


「ひひひ。
 おお、これはスマン。
 ずっと、ワシからは見ていたので、初対面という感じがしなくてのう」

「あらら……
 人を覗くなんて素敵な趣味してるじゃない」

「ひひひ、よく言われるよ」

「……ないわー……」


タエは思わず溜息を付く。
この男の存在の全てが、タエを不快な気持ちにさせていた為だ。


「で、覗き魔の悪代官さん。
 1つ確認させてもらっていいかしら?
 このまま大人しくする気はある?」

「ひひ。
 そのようにワシが見えるかね、[戦乙女(ヴァルキュリア)]よ」


それは、タエとしては想定内の答えだった。
逆に「大人しくしよう」などと言われた方が警戒していたかもしれない程だ。


「まあ、見えないけど。
 ただ、今回はさすがに諦めた方がいいんじゃないかしら?」

「何を言う、[戦乙女(ヴァルキュリア)]。
 目の前に出された温かい食事。
 やわらかいベッド。
 生まれたままの姿の異性。
 目の前にして、誰が途中で止めるというのか?
 ひひひ」

「……はあ。
 覗き魔のアンタならわかるでしょ。
 とっとと[クレヤボアンス【透視】]あたりでも使ったら?
 今回は呪文を唱える事、許可したげるわ」


タエは[ファースレイヤー・ホーリーブレード(彼方狩る聖なる剣)]を[公開処刑場]方面に向けた。
レンブランは剣の切っ先方面へ意識を向ける。


「……[戦乙女(ヴァルキュリア)]……」


レンブランは低い声でうめくように言葉を吐いた。
ここに来て初めてであろう、苛立ちの成分を感じる口調だった。
レンブランはボソボソとした小さな声で言葉を呟く。
呪文の詠唱だった。


-----------------------------------
・[クレヤボアンス【透視】] LV3スペル

目標地点の光景を心の中に思い浮かべることができる。
目標地点はどれだけ離れていてもよいが、
その場所は使い手が知っている場所か、明白な場所でなければならない。
目標地点が闇に覆われている場合、見えるのは暗い闇ばかりとなる。

-----------------------------------


「……
 ……
 ……
 ひひひ。
 無粋、無粋、無粋よのう……」

「わかった?
 ものすごくいっぱい、おっかなーいハイローニアスの僧兵さんが来てるでしょ?」


タエはここに来るために[跳躍]した際に、
ハイローニアスの僧兵達がこちらに向かっているのが見えたのだ。
どうやら目の前の気味の悪い男にも伝わった、タエはそう確信した。


「邪魔、
 邪魔、
 邪魔、
 無粋、
 無粋、
 無粋……」


レンブランが顔を手で押さえはじめる。
苦悶、光悦、よくわからない声を上げはじめた。
何が起きても良いように、タエは再び剣と盾を構える。


「ああ……!
 ワシの身体が、ヌシを欲する……!
 こんな皮を捨ててしまえとうるさいわ……」


顔を押さえているレンブランの手。
その指と指の間から、「ポタリ」と肌色の液体が落ちてきた。


「私の[ニュートラライズマジック]でも完全にディスペルされてないなんて。
 ……ふぅん。
 ずいぶん、凝った変装じゃない」

「そう褒めるでない。
 増長してしまうではないか、ひひひ」


この瞬間、タエは「ゾクリ」としたものを押しつけられた。
[勇気のオーラ]を纏っていても、何かを感じてしまうほどの力が目の前の男から――


「ひひ。
 もう、この[身体]が持たぬか。
 ひひ、恐るべきは聖騎士(パラディン)の力じゃて。
 この身体でも、呼ばれもしない客をもてなす事は容易じゃが――
 ……
 ……
 ひひ、今回は尻尾を巻いて逃げさせてもらうとしようかのう。
 [本当の姿]で、誰も邪魔の無い所でヌシとは会いたいから。
 ひひひ。
 ひひひ。
 ひひひひひひ――」

「ちょ、あ、あんた待ちな――!」


目の前の男から感じる[邪悪な力]の放出。
[ディティクト・イービル【邪悪探知】] でタエが感じた時には、既に遅かった。

タエの手は届かない。

[邪悪な力]は空高く飛んでいく。
その直後だった。
レンブランの身体が、ゆっくりと崩れ落ちていった。


「くっそ、あの悪代官……!」


倒れたレンブランからは[悪]は既に微塵も感じられない。
そして倒れたレンブランは、既に息絶えていた。


「ふざけんじゃないわよ……!」


半分顔が溶けたレンブランの身体に、タエは自身の法衣をそっと被せた。






話の展開を早くしようと思って、このような感じになりました。
次話辺りで、お姉ちゃん編は終了にしたいな。

今回のお姉ちゃん編は、聖騎士(パラディン)の能力紹介という意味だけで見ると満足しています。
ちなみにタエのパラディンは「AD&D」と4版の「D&D」の聖騎士(パラディン)を参考にさせていただいております。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030908107757568