チラシの裏SS投稿掲示板




No.13626の一覧
[0] 【習作】暁物語(元ネタ:源氏物語)[紫敷布](2009/11/11 22:02)
[1] プロローグ[紫敷布](2009/11/03 16:48)
[2] 1話[紫敷布](2009/11/03 16:56)
[3] 2話[紫敷布](2009/11/18 18:25)
[4] 3話[紫敷布](2009/11/05 23:13)
[5] 4話[紫敷布](2009/11/07 13:48)
[6] 幕間1[紫敷布](2009/11/07 13:57)
[7] 5話[紫敷布](2009/11/08 21:18)
[8] 6話[紫敷布](2009/11/09 22:42)
[9] 7話[紫敷布](2009/11/10 23:15)
[10] 8話[紫敷布](2009/11/13 23:51)
[11] 幕間2[紫敷布](2009/11/15 22:38)
[12] 9話[紫敷布](2009/11/18 18:30)
[13] 10話[紫敷布](2009/11/22 20:07)
[14] 11話[紫敷布](2009/12/01 22:29)
[15] 12話[紫敷布](2009/12/14 22:08)
[16] 13話[紫敷布](2010/02/06 22:48)
[17] 14話(前)[紫敷布](2011/02/23 21:31)
[18] 14話(後)[紫敷布](2011/02/23 22:07)
[19] 帰ってきた「クリスマス特番」(再掲載)[紫敷布](2011/02/24 22:02)
[20] なんで今頃「新春特番」(お蔵入りのお披露目)[紫敷布](2011/02/24 22:16)
[21] 15話[紫敷布](2011/02/25 22:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13626] 4話
Name: 紫敷布◆07eba287 ID:a5147822 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/11/07 13:48




 
 時は、平安…… 冷泉帝の御世であった頃……
 
 後世の世に、浮き名を流しまくった大臣の御子息の中に
 
 美しさの方向性が、性別的に逆の方向に突き抜けた、珠のような男の子が居りました。
 
 その美貌は、生母に瓜二つと噂され、
 
 振りまく笑顔は、多く公達を魅了し、
 
 多く女人達を、絶望の底に突き落とすのでした。
 
 人々は語り継ぎます……………。
 
 若君の居る所は、
 
 春の陽光の中に居るような暖かな感覚と、真冬の吹雪の中の無力感を味わうことになると―――
 
 これは、数奇な運命を辿り、遠き未来の果てから、平安の世に生まれ変わった、
 
 暁の君の半生の物語 ―――――
 
 
 

 
 
 
 大学寮 ――――
 
 兄上が、『2、3年の間、元服を遅らせたと思って、此処で確りと学びなさい』と、
 
 父上に、無理矢理放り込まれた場所。 まぁ……文字の通り、大学です。
 
 『一般の一学生と同じような扱い』と、口では言っていたものの、実は、家庭教師が付いているとか……。
 
 
 一般を舐めるなーーー!!!
 
 と、1000年後の庶民を代表して、突っ込みを入れそうになったのは、仕方のないこと……。
 
 そして、現在の兄上の姿は、間違いなく10年後の自分に降かかるであろうことは、
 
 自分のような、幼児でも気が付くでしょう………。
 
 ならば!! この暇な時間を利用して、後々の為の予習をするのも有りでしょう……。
 
 という訳で、兄上の勉強部屋にお邪魔しています。
 
 
「来るのは良いのだけれど………。その格好で本宅を離れるのは、不味くない…のかい?」
 
 ………だって、何時の間にか、こんな服(女物)しか残っていなくて………。
 
 此処まで、するか!? ですよ………。
 
 
 そう、最近の自分は、殆ど女童の格好になってる。
 
 以前、母上の機嫌を損ねた一件の後始末で、着せ替え人形役をしていたら
 
 気が付いた時には、男物の衣装が無くなっていた。
 
 本当にもう………、物語が違うだろおおお!!
 
 本気で、父上に泣付きました。
 
 あの父上も、袴着までの遊びのつもりだったのが、予想外の母上の暴走に
 
 流石に慌てて、『貴方の名誉が守られるように、早急に手を打ちます』と約束してくれた。
 
 そりゃ父上だって、本気で『女装趣味の息子持ち』の評判なんて、望んでないだろうからねぇ……。
 
 早く、父上が対策を講じてくれることを期待しつつ、今日も『史記』を読みますか。
 
 『鴻門の会』とか、懐かしいですなあ………。


 
 
「それにしても、良くその歳で『史記』なんて読めるね……」
 
 半ば感心、半ば呆れといった様子の兄上。
 
 まぁ漢文は、苦手でも無ければ得意でも無かったし…
 
 それに一部は、高校の時に習ったし…
 
 そしてなにより、『史記』に関しては、横山先生に大感謝です。
 
 『史記』『三国志』『殷周伝説』は、読みふけっていたからですねえ…
 
 部分部分しか読めない文章でも、何となく何の記述であるか推測できる所が多いのですよ!
 
 推測しているだけで、正確にあまり読めてはいないけど……。
 
 
「兄上~。これ何て読むの?」
 
「どれどれ?」
 
 …
 
 ……
 
 すっごく優しくて、良いお兄さんです。
 
 原作に近い雰囲気の人で、ヨカッタ、ヨカッタ………。
 
 

 
 
「そう言えば、暁…。確か今日は、家運が最悪の日だから、外出できない日の筈だけど……」
 
 夕暮れが迫る頃、何かを思い出したように呟く兄上……。
 
 えっ!? そんな話…… 聞いてないよ??
 
「此方に来る前に、父上も母上も何か言っていなかった?」
 
 ……………え~~~と、うん…聞いてないと思う。
 
 無断で出て来たから、何も聞いてないのは本当だし。
 
 ……嘘は付いてないよね? 
 
 そんな私を見て、頭を抱える兄上……。
 
「そんな事ばっかりしていて、悪霊とか魑魅魍魎とかに襲われたりしても知らないよ…」
 
 寧ろ一度、拝んでみたいのですが…
 
 いや、単に怖いもの見たさって奴ですが…。恐らく本当に遭遇したら腰を抜かすだろうなぁ……。
 
 基本的に、小心者ですから……。
 
「兄上は、悪霊とか妖怪の類って見たことあります?」
 
 実は、自分は生まれてこの方、そう云ったモノとの遭遇経験はない。(前世を含めて)
 
 姉上は、昔、別宅で妖怪を見たことがあるって言っていたし、恐らく母上も、何かしら見てはいるだろう。

 父上に至っては、言うまでもないですね………。ダース単位で水子が憑いていそうだ………。
 
 兄上が経験有りならば、これは、もう………、『未知との遭遇』にリーチが掛かったも同然!!
 
 
「従兄弟達と叔父上の屋敷で、肝試しをした時に1度ね……。
 
 正直、2度と遭遇したいとは思わないけど……」
 
 おおっ!! これは『未知との遭遇』フラグが立った!?
 
 これは帰り道に、期待せざろう得ない!!
 
「駄目だよ… 帰りはちゃんと迎えを呼ばないと!! 今、本宅に使いを出すから………」
 
 え~~~~~~! 折角のフラグがぁぁ~~~~~~。
 
「何か遭ったら、僕も父上から、お叱りを受けるんだから!!
 
 それに…………今頃本宅は、大騒ぎになっていると思うけど………」
 
 ですねぇ…………。此方で羽を伸ばしたした分、お叱りも3倍でしょうか?
 
 兄上、今日は泊まっちゃ駄目ですか?
 
 そ、そんなぁ!! ニッコリ笑って首を横に振らないで下さい………。
 
 兄上には見捨てられる、未知との遭遇は無い、お仕置きは3倍…
 
 確かに出かけない方が、良かったかもしれません。
 
 いいんだ………、部屋の隅で「の」の字でも書いてやる。
 
 
 …
 
 ……
 
 
「ねぇ、暁……(汗)」
 
「何…? にいさん?」
 
「そんなに妖の類が見たいなら、陰陽師にでも頼んで、式神でも呼んで貰ったら?」
 
「「………………………」」
 
 陰陽師って、本当に居るの…!?
 
「……なにを当たり前のことを」
 
「「………………………」」
 
 式神って実在するの………!?
 
「……居るよ。僕も昔、叔父上の屋敷で、見せて貰ったことが有るから……」
 
「「………………………」」
 
 その手が有るのか!!!
 
 
 
 

 
「父上!! 陰陽師呼んで! 今すぐ呼んで!! 火急的速やかに呼んで!!!!」
 
「行き成り何ですか!? というか、貴方、全く反省していませんね?」
 
「式神!!式神見たいの!! お願い父上!!」
 
 普段であれば、子供の駄々として、突っ撥ねられるかもしれないが、
 
 今日の自分には、『気迫』が『必死さ』が、なにより『勢い』が有った。
 
 そのまま厄日の為に、家に来ていた陰陽師と御対面することに………。
 
 
 その結果は…………………
 
「………如何やら、今日は式の調子が悪いようです」
 
 どうせ、こんな事だろうと思ったよぉぉぉ!!
 
 その場で項垂れる自分の背中に、「お話…しようか?」状態の母上が、手を置くのでした。
 
 
(暁日記:第4巻 「誰彼」より抜粋)




あとがき:
 
 感想を書いて下さった諸氏に、感謝の意を……
 
 本日は2話更新です………。昨夜、うっかり寝てしまったからでは無い筈…?
 
 
(了)
 


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023924112319946