チラシの裏SS投稿掲示板




No.13626の一覧
[0] 【習作】暁物語(元ネタ:源氏物語)[紫敷布](2009/11/11 22:02)
[1] プロローグ[紫敷布](2009/11/03 16:48)
[2] 1話[紫敷布](2009/11/03 16:56)
[3] 2話[紫敷布](2009/11/18 18:25)
[4] 3話[紫敷布](2009/11/05 23:13)
[5] 4話[紫敷布](2009/11/07 13:48)
[6] 幕間1[紫敷布](2009/11/07 13:57)
[7] 5話[紫敷布](2009/11/08 21:18)
[8] 6話[紫敷布](2009/11/09 22:42)
[9] 7話[紫敷布](2009/11/10 23:15)
[10] 8話[紫敷布](2009/11/13 23:51)
[11] 幕間2[紫敷布](2009/11/15 22:38)
[12] 9話[紫敷布](2009/11/18 18:30)
[13] 10話[紫敷布](2009/11/22 20:07)
[14] 11話[紫敷布](2009/12/01 22:29)
[15] 12話[紫敷布](2009/12/14 22:08)
[16] 13話[紫敷布](2010/02/06 22:48)
[17] 14話(前)[紫敷布](2011/02/23 21:31)
[18] 14話(後)[紫敷布](2011/02/23 22:07)
[19] 帰ってきた「クリスマス特番」(再掲載)[紫敷布](2011/02/24 22:02)
[20] なんで今頃「新春特番」(お蔵入りのお披露目)[紫敷布](2011/02/24 22:16)
[21] 15話[紫敷布](2011/02/25 22:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13626] 3話
Name: 紫敷布◆07eba287 ID:a5147822 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/11/05 23:13


 
 時は、平安…… 冷泉帝の御世であった頃……
 
 光る源氏の大臣の御子息の中に
 
 美しさの方向性が、性別的に逆の方向に突き抜けた、珠のような男の子が居りました。
 
 その美貌は、生母に瓜二つと噂され、
 
 振りまく笑顔は、多く公達を魅了し、
 
 若君の居る所は、まるで、春の陽光の中に居るような暖かな感覚と、
 
 初冬に吹く、木枯らしような喪失感を味わうことになると、人々は語り継ぐのでした。
 
 これは、数奇な運命を辿り、21世紀の時代から、平安の世に生まれ変わった、
 
 暁の君の半生の物語 ―――――
 
 
 

 
 兄上が元服しました。
 
 後学の為に、元服の儀式とか見たかったのですが、他所の屋敷で儀式を行った為、見れませんでした。
 
 元服というと、四十七人の武者が乱舞する映画の影響で、
 
 若武者が父親から、切腹の作法を教わるイメージしか思い付かなくて…。
 
 流石にそれは、無いと思うけど……。
 
 どうやら自分の元服まで、儀式の詳細は不明になりそうです。(我が家の男児は、もう自分だけですから…)
 
 
 そんなこんなで、今まで母方の祖母の家に住んでいた兄上も、お隣の二条東の院に、お引越し……
 
 これから兄上様と初対面です。
 
 
 
 ………
 
 
 なんというか、顔立ちは、すごく父上に良く似ています。
 
 女癖の悪さまで似ていないと良いのですが……。
 
 たしか原作だと、比較的まともな人だったよね!?
 
 違っていたらどうしよう…
 
 親バカすぎる父上や…、 と・く・に、姉上の例が有るから、正直な所、自分が覚えている人物イメージは
 
 全くといって良いほど、役に立ってないような気がする。
 
 明石の姫って、あんなに活動的だったかなぁ?
 
 もしかして、ここでの姉上の実母である明石の御方って、凄い豪傑なのでしょうか?
 
 う~~~~ん…??   良く覚えていないけど……。
 
 『女だてらに琵琶の名手』とか…… って、記述が有った??
 
 普通の女人がしない事を、するのが得意な人なのは確かなような気がするけど…………。
 
 まぁ父上の性格からして、御方様方と顔を会わす機会なんて、まず無いと思うから、深く考えるのは止めよう。
 
 
 
「初めまして兄上。暁です」
 
 これから対姉上で、多々お世話になるでしょうし、初めての印象は大事ですから、礼儀正しく挨拶をします。
 
 ハテ? なんか戸惑っています。心なしか目が泳いでいるし。
 
 まぁ………、理由は考えるまでもないな。
 
「あっ…… いや、今まで弟が居るって聞いていたものだから…。まさか姫だとは思わなくて……」
 
 いぁ…まぁ…… 無理も無いよね……。こんな格好(女装)していたらねぇ………。
 
 隣でニヤニヤしている親父を、蹴り倒したいです。
 
 まだ袴着すらしてないのに………。
 
 其のうち、この格好で外に連れまわされるとか
 
 …………無いよね?
 
「いえ、弟で合っています……」
 
 正直この格好で男だと認めたくはないではあるが、誤解は速やかに解かねばならないし……。
 
「………………………」
 
 ああああ、沈黙しないでぇぇぇ!!
 
「念のために言って置きますが、この格好は、そこの変態親父の趣味ですので!!」
 
 流石に、無実の罪で、変態趣味持ちの汚名を着せられるのは、遺憾であります。
 
 万が一、このまま噂話が、都を闊歩したら……
 
 とても恥ずかしくて、元服した後、堂々と外を歩けません……。
 
 ひたすら隠し通さないと、悲惨な未来が待っているよぉぉ。(涙)
 
 
 でも、人の口に戸は立てられないと言うしなぁ………。
 
   見知らぬ姫の噂が立つ

     ↓
 
   親父がすっ呆ける
 
     ↓
 
   主上の耳に入る
 
     ↓
 
   噂の姫を見てみたい。出仕させなさい!!
 
 
 ………… 何!? その『とりかえばや物語』的な展開!!
 
 
 
 御伽噺じゃないんだから、洒落では済まないだろう!!
 
 ………って、この世界は、御伽噺でした!!
 
 嫌だ!!! 女御入内だけは嫌っーーーーーーー!!
 
 
 
「だ、大丈夫かい? なんか先程から顔色が赤くなったり青くなったりしているけど……」
 
「ハッ!! いえ、ちょっと先の事に思いを巡らせて、つい取乱してしまって……」
 
「そうか……… 君も苦労しているんだね」
 
 嗚呼、分かります……。この兄上は、私と同じ糞親父の被害者なのですね……。
 
 
「兄上!!何時か偉くなって、一緒に、あの節操なしをギャフンと言わせましょうね!!」
 
 
「暁!!!!」
 
「兄上!!!」」
 
 
 
「やれやれ……。本人が居る前で、口さがない事を………」
 
 悪口を言われたくないなら、息子達にも「真っ当な」愛情を注いでください!!
 
「こんなにも、貴方達のことを気にかけているというのに………」
 
 歪んだ愛なぞ、息子達は望んでおらんわ!!
 
 
 
 
 
 後で聞いた話なのですが、当時兄上は、態と無茶苦茶低い官位を
 
 元服後に授けるように手配した父上に、少々切れていたらしい…………。
 
 でも癪だけど、その件は、親父の方が正しいんだよね。
 
 
 
 
 

 


「所で父上…。無理矢理とはいえ、父上の望み通りの格好になったのですから、
 
 代わり1つお願いしたい事があるのですが?」
 
 
「貴方が御強請りとは、珍しいですね………。
 
 先に言って置きますが、女装させるのを止めろというのはダメですよ……」
 
 
「出来れば、其れもお願いしたいのですが、今日のお願いは別件です………」
 
「ほぉ…… 何ですか? 其れ以外であれば、1つ位なら多少の無理は聞いてあげますよ…」
 
「折角兄上が戻られた事ですし、男兄弟同士なら気楽ですから、
 
 これを期に、(二条東の院の)兄上の近くに部屋を移りたいのですが………」
 
 
「なっ!! いえ、何でもありません! 因みに、母上と姉君に相談はされたのですか?」
 
「いえ……。ですから、父上から説得して頂けたらなぁと………」(ニヤッ)
 
「クッ…… そう来ましたか………」
 
「如何しました? 父上………。『やっぱり今のは無し』ですか?」(ニヤニヤ)
 
「いえ……。宜しいでしょう。私からお話をしてみましょう……。  た だ し!!!」
 
「?」
 
「お願いは1つ………。つまり、私が説得するのは1人です!!!」
 
「!!!!!」
 
「母上には、私からお話をして置きましょう。姉君の説得は、御自分でされるように………」
 
「!!!!!!!!!!!!!!」
 
 
 
 
――――― 翌日
 
 
「……あっ、……父上。 昨日のお願いの件ですが……」
 
「あぁ………。あれですか……………。実はですね…」
 
「いえ、やっぱり部屋を移るのは、一寸早いかなぁ……… と思い直しまして……… ハハハハ…」
 
「そうですか……」
 
「「ハァァ…………………………………………」」
 
「御願いは取消しするそうですが、私は昨日、上にお話をしましたので、今回はこれで終わりですよ……」
 
「あっ、イイデス………。無理言ってすみませんでした……」
 
「なに…構いませんよ……。昨日の時点で予想は付きましたし…。今回は痛み分けですね……」
 
「「ハァァァァァ…………………………………………」」
 
「所で父上……。この時間から母上の所に渡るなんて珍しいですね?」
 
「昨夜から上の機嫌が頗る悪くなっていてねぇ……。暫く御機嫌を取る必要が有るのですよ」
 
「はぁぁ~、この分だと、袴着が終わるまでは引越しは無理っぽいなぁ………」
 
「私は元服が終わるまで、無理だと思いますけど…………」(ボソッ)
 
「エッ!? 何か言いました??」
 
「何でもありません。では、上の御機嫌伺いに行きますので……」
 
 
 
 
 
(暁日記:第3巻 「夕霧」より抜粋)
 
 
あとがき:
 
 感想を書いて下さった諸氏に、感謝の意を表します。
 聡い方は気付かれているでしょうが、物語時点の一部の官位・役職が若干変わってます。
 
 「源氏」      太政大臣 (原作:内大臣)
 「葵の上の兄」   内大臣  (原作:中納言・大将)
 「紫の上の父宮」  式部卿宮 (原作:兵部卿宮)
 「源氏の弟宮」   兵部卿宮 (原作:帥の宮)
 
 本当は、春になったら昇進するんですが、物語の人名は役職で書くことが多いので
 すぐに呼び名が変わるのもなんだしなあ…と思ったからです。
 
(了)
 
 


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.087003946304321